絶食の記事一覧

3日間で行う絶食(プチ絶食)は、ダイエットに十分な効果を発揮します。
家庭内で行う、手軽で安全な、プチ絶食について説明しましょう。
”手軽で安全な”とは言っても、正しく行わないと、リバウンドで逆効果となり3日間が水の泡とるだけでなく、危険にさえさらされることも有ります。

 

★ 「プチ絶食」3日間の正しいやり方

「プチ絶食」は、飲み食いを我慢し続ける、断食と違って、辛くも苦しくも無く簡単に行え、決して難しいことではありません。。

3日間のスケジュールを確り守って行うことが大切で、スケジュール通りに正しく行えば、安全でしかもダイエット効果効果は間違い有りません。

【1日目】
夕食からが「プチ絶食」の始まりです、夕食は、いつもより少なめで、消化の良い食事を摂ってください。
食事後は水以外の物は控え、絶食が始まるという意識を持つようにして、自己暗示をかけるようなものです。

【2日目】
朝から、一切の固形物は口にしませんが、酵素ドリンクを1日に5~6回に分けて飲むのがポイントです、空腹を感じた時には、炭酸水で割った酵素ドリンクを飲みます。
一旦、内臓機能を休ませ、その後、内臓機能を健康的に回復させる、ということを目的としております。

【3日目】
朝食から、食事を開始しますが、この3日目が非常に重要であり、ここで失敗する方が多いので注意が必要です。
食事開始とは言っても、急に普通食を食べるわけではありません。「すきっ腹」に急に食物を入れると、胃に負担がかかりすぎてるので、特に動物性食物(肉や魚)や脂っこもの、甘いお菓子などは絶対に厳禁です。

朝食は、重湯やお粥など消化の良いものを少しずつ食べ始めます。昼食にはお粥の量を少し増やし、夕飯には普通の食事に戻していきますが、もう少し我慢して、腹八分目で消化のいいものを摂ります。
★ 【3日目】の「回復日」についてもう少し詳しく

絶食3日目は回復日と言って、絶食で最も大切な日と言えます。

わずか1日だからといって甘く見てはいけません。「1日絶食」したら一日かけて普通の食事に戻していくことが大切です。

リバウンドを防止するためにも、回復食も夕食の通常食も、ゆっくり噛んで味わいながら、時間をかけ、少しずつの摂取で良いのです。
★ 3日間「プチ絶食」の意図と効果

【 意 図 】

意図1、今までの、自分の過剰摂取に気付くことです。
絶食を実施して、誰もが感じるとことと思います。自分の過剰摂取していた事に気付くことが大きな目的です。
気付くことで通常食に戻してからも意識が変わります。

意図2、体質改善し生活習慣の見直す気になることです。
絶食が終了すると、爽快感を得られます。朝の目覚め・疲れにくさ・集中力アップが感じられます。
1日々の過ごし方が一変し、充実感を得られることから、生活習慣を見直すきっかけとなります。

【 効 果 】

以下のような効果が期待できるます。
体重の減少・代謝能力のアップ・血流促進・排出の効果・美容の効果・免疫力のアップetc です。

絶食

大腸憩室炎(けいしつえん)とは、大腸にできた「くぼみ」に炎症を起こし、激痛や熱などを伴う病気です。
この憩室炎(けいしつえん)は、主に大腸に多く発症しますが、消化器官ですべてに見られる病気です。

 

★ 憩室炎(けいしつえん)と憩室症(けいしつしょう)

憩室炎(けいしつえん)とは、消化器官の圧力のかかる場所にできた「くぼみ」の炎症で、激痛や熱などを伴い、炎症がない場合は憩室症(けいしつしょう)と呼ばれています。

憩室症は、日本では40歳以上の人に多くみられますが、アメリカでは60歳以上で50%以上、90歳になると、殆どの人にこの憩室症はみられるようです。

日本でも、最近では憩室炎になる人が増えてきており、食物繊維摂取の減少など、食生活の変化も関連している様だといわれております。

憩室炎の多くは、薬や食事療法、休養を中心とした治療が行われ、症状が深刻な場合は手術を行うこともあります。
憩室症自体は無症状であり心配することはないようです。

 

★ 大腸憩室炎の予防はどのように

以下に、大腸憩室炎の予防のための方策を纏めましたので、参考になさってください。

・食物繊維は、たっぷり摂ろう
食物繊維の摂取は、「くぼみ」形成の予防に効果を発揮します。食物繊維が水を吸収することで便の量を増やし、軟らかくする働きがあります。
食物繊維には水溶性と不溶性のものがありますが、どちらのタイプでも役立ちますので、食物繊維を多く含み気軽に飲める「ケール青汁」を飲用するのも良いことと思います。

・毎日の運動は欠かさずに
運動との因果関係が明確に証明されていませんが、運動を毎日することで、腸の動きを活発にし、腸内圧力を減らす働きがあります事から、憩室炎の予防には有効だといわれています。

・十分な水分摂取を
食物繊維をせっかく沢山とっても、水分が不足していると逆に便秘になることもあるので水分摂取は積極的にして注意して下さい。

・排便タイミングを逃さない
主婦はついつい、排便タイミングを逃してしまいます、排便のタイミングを逃すと、便の軟らかさを失い、排便時に大腸に余計な圧力がかかる原因となります。

 

★ 大腸憩室炎の食事療法

日本の場合、大腸憩室炎の手術後は、「絶食」や「流動食」を中心に、食事療法としての治療となりますが、最近は、低食物繊維の食事療法も勧められています。

炎症の部位によっても食事療法が変わることがありますので、担当医師や栄養士のアドバイスを確り受けて実施することが大切です。

絶食

国の難病にも指定されている、潰瘍性大腸炎ですが、この病気は「絶食」することが効果有りなのかについて説明しています。

 

■■ 潰瘍性大腸炎とはどんな病気

「潰瘍性大腸炎」と言う病気は、近年になって、急速に広がりを見せて来た難病で、全国に、約11万人もの患者がいると言われています。

20~30代の若い世代に、発症するのが多いとされてましたが、最近では40~60代の患者も多くなって来た様で、今では誰にでも発症する病気といえます。

何らかの影響によって大腸に炎症が起こり、ただれ・潰瘍ができる病気が「潰瘍性大腸炎」で、今でも原因は不明とされて居る上に、一度症状が起こると完治することが難しく、長きに渡って再発を繰り返す厄介な病気なのです。

 

■■ 潰瘍性大腸炎の治療の方法

潰瘍性大腸炎は厄介な病気で、いつの間にか発症し、治療をすれば症状を抑制できますが、また症状が再発することを繰り返してしまう難病です。

症状が治まったと思い、治療を止めると、高い確率で再発する病気で、合併症を起こしている場合には、その状況に応じた適切な治療をすることが大切です。

潰瘍性大腸炎には、2つの治療法がありそれについて説明します。

1、薬物治療
潰瘍性大腸炎を患った多くの方が行うのは薬による薬物による治療です。
薬物療法は潰瘍性大腸炎の基本の治療方法であり、薬を飲み続けておれば、症状は極力抑える事ができます。

薬物療法で使用される代表的な薬はステロイド系の薬物ですが、ステロイド系薬物は副作用が強く、顔の浮腫や皮膚症状などの副作用があります。があります。

2、手術による治療
手術療法は、患者全体の15% 前後と、あまり実施されておりませんが、かなり症状が重かったり、炎症部分の切除がどうしても必要な場合のみ行われています。

潰瘍性大腸炎の多くは、適切に薬を服用し、食生活と生活習慣を見直すことで症状を抑えることがでるので、潰瘍性大腸炎で手術することは稀なことです。
自己判断するのではなく、医師とよく相談をして正しい治療を行う事が肝要と言えましょう。

 

■■ 潰瘍性大腸炎の食事療法

潰瘍性大腸炎の、治療の第一歩は食事療法による、食生活の改善で、「絶食」よりも、腸に負担がかからない食事をとることが大切です。

具体的には
・暴飲暴食は避け、腸に負担が多い繊維質の食材は避け、消化の良い食事をとる。
・栄養のバランスを考えた食事のメニューにする。
・脂肪分の多いもの、塩分を控え薄味の食事にする。
・極端に熱い物や冷たい物7は腸を刺激するで控える。
・お酒・コーヒー・紅茶・炭酸飲料・香辛料は腸の運動を刺激するので控える。

 

■■ 潰瘍性大腸炎の絶食

潰瘍性大腸炎は、食事について意識しがちですが、極端に食事制限をしてしまうと、逆にストレスを抱えて症状が悪化する危険も有ります。

ストレスにならない程度に、良くないとされる腸に負担のかかる食物、食べ過ぎを控えることが重要で、無理して「絶食」する必要もありません。

絶食

手術での全身麻酔の前の絶食は、当たり前のようですが、それは何故なのかを調べてみました。
■■ 誤嚥性肺炎や窒息を予防するのための危険回避です。

全身麻酔は、胃や腸にも麻酔がかかります、そのことにより、食事内容は停滞しますし、麻酔の副作用で嘔気・嘔吐もよくあります。

また、胃の内容物が、麻酔中・麻酔直後、気管や肺に入り込み、肺炎が起きる危険もあります。それを事前に防止するために、手術前の絶食が必要なのです。

この誤嚥性肺炎は、消化管に通過障害のある人・胃に食べ物が貯まっている人が起こし易く、他には、妊婦・外傷を受けたばかりの人・腹部に大きい腫瘍のある人などに多い様です。

この様に、麻酔の合併症を減らすために、手術前の絶食が必要なのです。

手術を受ける方が、医師から手術前に絶食の指示を受けた人は、身の安全のために必ず守って下さい。方法・期間等については、担当医から詳しく支持を聞くことが重要です。
■■ 麻酔とその専門医の役割について。

手術をするには、大概が麻酔を必要とします。
麻酔のほうほうとして、「全身麻酔」の他にも、いろいろな種類があります.手術内容・患者の身体状態 に応じて、患者に最も適切な麻酔の方法を選びます。

その麻酔を専門に行うのが「麻酔科医」なのです。
つぎに、「麻酔科医」の役割や,麻酔のための処置について若干説明したいと思います。.

手術をするということは、身体に傷をつける事になるので当然痛みが伴いますし、患者の身体にいろいろな影響を及ぼします。

手術に立ち会う「麻酔科医」は、身体への有害な影響を、最小限にくい止めるために、全身の状態を、より良い方向へと導くために、仕事しているのです。

従い、手術時における「麻酔科医」の役割は,患者の痛み対応のためだけに留まらず、患者の生命を危険に脅かされないよう、患者全身の状態を、手術前から手術後に渡り、絶えず観察し必要な処置を施して居ります。
■■ 手術前の絶食は、いつから開始ですか

何もかも、手術であれば絶食するものでは無く、患者によって異なることは当然のことです。
ASA(米国麻酔科学会)での、ガイドラインとしては、
基礎疾患のない患者の場合は、麻酔開始 2時間前までの飲水は推奨しておりますが、消化吸収の悪い牛乳などは絶対だめにしております。

飲食物によって、出術前の時間にも違いがあります。以下に他の食物を列記してみます。

普通食・・・・・・・・・・・・・・・・・8時間
水・スポーツドリンク・お茶など・・・・・2時間
母 乳・・・・・・・・・・・・・・・・・4時間
人工乳・牛乳 ・軽食(トースト など)  ・・6時間

絶食

「急性胃腸炎」一度や二度はどなたにも経験のある、腹痛があってキツイ病気です。
その治療には「絶食」することで、嘔吐・下痢かなり緩和されます。急性胃腸炎になった時の注意することについて纏めてみました。

 

★ 急性胃腸炎の際の正しい「絶食」方法とは?

急性胃腸炎の時は、食べない(絶食)ことが、正しい治療方法の一つではありますが、それども注意することがあります。

・水分補給は積極的に
嘔吐・下痢は、侮れません、で水分を放出した上に、絶食で水分が補給できない状態ですので、脱水症の恐れがありますので危険です。

・早期に普通の食事再開を
嘔吐・下痢が治まれば、食事を再開し栄養を補給する必要があります。
とは言っても、傷んだ胃に普通食はきついですので、重湯・お粥と少しずつ消化の良い物から摂取することが大切です。

・こんなj症状の時は病院へ
「絶食」しても、2~3回下痢や嘔吐を繰り返す時、発熱を伴う下痢の時、こんなj症状の時は早急に病院へゆくことです。

 

★ 急性胃腸炎の安全な食事再開の方法

急性胃腸炎は「絶食」し、飲食の制限はしますが、栄養の補給がなくては治ろうものも治らず、症状が長引いてしまいます。

先にも「早期に普通の食事再開を」と書きましたが、正しく安全に行わないと、腹痛をぶり返し、むしろ悪化することにもなりかねません。

焦らず様子を見ながらゆっくりと、普通食に戻すようにしなければナチません、その過程を少し詳しく書いてみました。

こんな流れになろうかと思います。

1段階…水分のみの生活
「絶食」中ではあっても、脱水症予防のために積極的な水分補給です。

2段階…流動食の導入(1日目)
嘔吐・下痢の症状が消えたら栄養補給開始です。重湯・プリン・ヨーグルトが良いでしょう。

3段階…ペースト食(2・3日目)
2段階で、問題がなければ、お粥などのペースト状の食事です、スープや果物も良いでしょう。

4段階…普通食(4・5日目)
普通食とは言っても、うどん・お粥などの消化が良い物から徐々に徐々に、量を普通に戻してゆくのです。

絶食

エコー検査とは、「超音波検査」のことで、脾臓・腎臓・膵臓・肝臓・胆嚢・膀胱・前立腺・子宮・卵巣等のあらゆる臓器の形態的な変化や、腫瘤の有無について調べる検査です。
超音波の反射を利用して体内をみる検査で、痛みもなくとても安全な検査と言えます。

 

■■ 腹部のエコー検査の注意点

腹部エコー検査の時の注意点を、以下にまとめてみました。

基本的には「絶食」して行う
腹部エコー検査は、緊急の場合を除き基本的に絶食して行います。水分補給はかまいません。
勘違いが良くあるので、注意しないといけないのは、水分とは水やお番茶のことで、コーヒーやジュースは水分には含まれません。
午前の検査の場合は、当日の朝食から食べ物は、摂ってはいけません。午後の検査の場合は、検査予定時間の4時間前より絶食です。

普段服用されている薬は飲んで構わない
糖尿病の方で、「経口血糖降下剤」・「インスリン」を飲んでる方は例外ですので、担当医師と必ず相談して下さい。

・健康診断の時は他の検査よりも、腹部エコー検査を優先して実施します。先に
腹部エコー検査当日、内視鏡鏡検査やレントゲン検査がある場合は、超音波検査を先に行います。

下腹部検査の場合、尿が溜まった状態で検査を受ける
尿検査がある場合は、腹部エコー検査後に尿の採取することを忘れない事です。

 

■■ 腹部エコー検査の方法と検査時間

検査の方法は、上半身を脱衣して仰向けに寝て行います。
腹部の体表面にゼリーを塗布し、その上から探触子を体表面に当てながら検査を進めます。
腹部エコー検査の、所要時間は約15~30分程度です。終了後、ゼリ-は拭き取って下さい。

 

■■ 腹部エコー検査後の食事

腹部エコー検査後は、内視鏡やレントゲン検査がない場合は、「絶食」は解除されます。

絶食

絶食とケトン体との関係を知り、安全な「絶食」を目指す意味で書きました。

 

■■ ケトン体とは、いったい何でしょうか

脳は、ブドウ糖をエネルギー源として、利用し活動しております。

絶食が続き、飢餓状態になった時は、身体に蓄積されているブドウ糖は、枯渇状態となっており、脳への供給するエネルギー源が有りません。

そこで、新たなエネルギー源が必要となり、脂肪酸が燃焼し始めますが、その時、肝臓はケトン体(アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸)という物質を生成するのです。

整理すると、ケトン体とは、脳へエネルギー源を供給するために、肝臓で生成される物質のことなのです。

 

■■ 絶食療法による危険性

ケトン体が生成されることにより、体内の糖質の残量が僅かになってしまったとしても、脳の活動は継続されることになりますし、脂肪の減少によりダイエットにもつながる、ということがお解りと思います。

然しながら、
絶食ダイエットは、痩身効果があることは、以前から提唱され実践されてきましたが、これらのダイエット方法には、常に体調不良や死に至る、危険があることも忘れてはなりません。

簡単で家庭でもできる「プチ絶食」は、多くの数の成功事例もあるのですが、やり方を間違えると、身体に変調をきたしリバウンドするケースも多々あるのです。

 

■■ ケトン体は強い酸性を示す危険な物質

注意をしなくてはいけないことは、このケトン体と言う物質は、強い酸性を示す危険な存在であるということです。

過剰に体内に残留してしまうと、ケトアシドーシスといった問題を引き起こし、頭痛・吐き気・嘔吐・腹痛・最悪の場合は昏睡にいたる大変危険な状態となるのです。

従って、絶食ダイエットを目指すのであれば、医療機関との相談は必須の条件と考え、自分だけの判断で行なうことを、避けるの重要です。

 

■■ 安全にダイエット成功させるために

健康的にダイエットを成功させるためには、
危険性のある「絶食」に挑戦するよりも、通常必要な栄養を過不足無く摂取して、運動により脂肪燃焼を促す方が、真のダイエット成功へとつなげるる理想の方法と思います。

絶食

妊娠と悪阻(つわり)の関係は、まだ解明されていないことが多々ありますが、有力説としては、妊娠のために分泌されるhCGというホルモンに、体がついていけないためと考えられています。
 妊婦の悪阻(つわり)の治療はどの様に

悪阻(つわり)の場合の治療は、ビタミン剤の入った点滴投与と絶食療法などを行ないます、重症の方には、鎮吐剤・鎮静剤・肝庇護剤などを、点滴のなかに加えることがあります。

入院中は、精神的な安静を保ち、ゆっくり休めるように配慮してもらうことができます。参考までに、悪阻(つわり)で入院すると、健康保険が保険が適用されます。、

妊娠中の悪阻(つわり)が重症であり、入院と判断される目安に尿で計る「ケトン体」の量があります。
ケトン体とは、体内の血糖値が下がり、その不足した分を脂肪で代謝した時に尿中に排出されたアセトンの名前です。悪阻(つわり)のせいで食べられず、飢餓状態だったり自家中毒だったりすると、その症状が進むにつれてケトン体が増えていきます。
★ 妊娠と悪阻(つわり)の関わりや原因

妊娠・悪阻(つわり)関わりや原因については、まだまだ解明されていませんがりますが、原因としては、ホルモンの変化が考えられます。

急激に黄体ホルモンが増加した妊婦には、体内の代謝が自然と大きく変わってきますが、その大きな変化に妊婦の身体が付いていけず、自律神経のバランスが崩壊し、ムカムカ感や嘔吐などの、つわりの症状が出てきます。

悪阻(つわり)は、朝起きた際の空腹時に強く症状が感じられるものですが、仕事をしている人などは、朝よりも仕事から帰宅した後に、疲れが出て悪阻(つわり)の症状が出やすくなるのです。

絶食

胃潰瘍は十二指腸潰瘍と同じく、胃液が粘膜を消化して生じる消化性潰瘍とよばれ、日常的に良くみられる病気ですが、その治療として「絶食」は有効でしょうか。
胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、潰瘍の発生部位が異なるだけで、原因や症状は本質的に同じものです。

 

★★ 胃潰瘍の症状と原因

胃潰瘍の、自覚症状は様々で、自覚症状をともなわない場合もあるのです。
胃潰瘍には、腹痛がもっとも多い症状であり、とくに心窩部(みぞおち)に心窩部痛として現われます。

この腹痛は、十二指腸潰瘍程ではありませんが、食事との関係が強く、空腹時に痛みを感じることが多く、食事の摂取により軽快するという特徴があります。

したがって、空腹時に痛みがある場合、牛乳や食物を胃内に入れると、胃酸が薄まり痛みが軽減することになります。

胃潰瘍痛の原因はまだ明確ではありませんが、胃酸とのかかわりでと言われます。

食後、胃酸の分泌は増えますが、食物と混ざり合って胃内のpHはさがりませんが、空腹時では食物が胃内にないため、胃酸によりpHは下がり、酷い時にはpH1.0~2.0程にもなるために、心窩部痛が誘発されるのではと考えられています。
 

★★ 胃潰瘍の食事

悪心、嘔吐、出血など自覚症状が激しい発作時には、一時的に「絶食」とし、点滴により栄養を補給します。
しかし、長期間、空っぽな胃にしておくことは、飢餓による消化管運動の収縮誘因となり、必ずしも胃の安静につながりません。

出血した場合も一時的には「絶食」しますが、止血後は比較的速やかに、重湯・粥食など柔らかい胃にやさしい食事から開始するようにします。

現在では、効果的良い薬が出ているために、急性期の場合を除き、家庭で管理できる程度の病状の場合には、「絶食」のような厳しい食事制限はしません。

むしろ、バランスのとれた食事を腹八分目と、ある程度の注意をしながら、規則正しく、よく噛んで、食べることが大切なのです。

絶食

食事療法でカロリーを減らして治療している糖尿病は、「絶食」すればいいはずと、お考えの方も居られるでしょうが、糖尿病に「絶食」と言う治療はありません。
糖尿病の食事療法は、低カロリー食を摂るのであって、摂らないということでは有りません。
「絶食」となると、水以外の物のの摂取はしないおですから、何も栄養が入って来ない状態になり、むしろ危険な行為となります。、

 

■◆ 糖尿病とはどのような病気か理解しましょう。

近年、糖尿病は生活習慣が原因の病気として、誰もが気になる病気として注目されるようになり、メタボリックシンドロームという言葉の流行とともに、国家上げての最大関心病となっております。

しかし糖尿病と言う病気は、生活習慣だけではなく、様々な原因で発症する病気で、メタボ体型で無い方も安心はできない病気とされております。

糖尿病とは、簡単にいいますと、血液中のブドウ糖濃度が通常の人に比べ、異常に高い値を示す病気です。

さらに、糖尿病といっても、症状が似ているものの、様々な型が存在し、それぞれがまったく違う病気と考えた方が分かり易いかもしれません。

・1型糖尿病
膵臓にある、インスリンを分泌するβ細胞が、主に自分の免疫細胞に攻撃されて死滅し発症する病気です。
この1型糖尿病は生活習慣は関与して居らず、食事療法・運動療法では改善しません。

・2型糖尿病
糖尿病と言えば、通常はこのタイプです。
生活習慣が大きく関与し、カロリーの取りすぎや運動不足が原因では無いかといわれています。

1型・2型 の糖尿病は、いずれも原因は未だに完全に解明されては居りません。

 

■◆ 糖尿病は、何故怖い病気と恐れられているのか 

糖尿病が怖いと言われるのは、糖尿病自体ではなく、糖尿病が引き金になる合併症になのです。
糖尿病の合併症は放っておくと、死に至るような病気が数多く有り非常に危険で怖いと言っていいでしょう。

糖尿病には3大合併症と呼ばれるものが有ります。
それは、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症 の3つです、重症になるとそれぞれ非常に深刻な症状になりしに至る場合が良くあります。

このために、糖尿病の治療は、合併症を起こさないようにすることが最大の目的といわれる所以です。
最初は自覚症状が無い糖尿病です、糖尿病と診断された頃には、既にいくつかの合併症は発症していると言われています。

 

■◆ 糖尿病に絶食は何故悪いのか

身体の維持には、栄養摂取が必須であります。「絶食」したとしてもしても、一部の栄養素は体内で暫くは調達可能ですが、調達不可能なものも沢山有ります。

何もも栄養が入って来ない状態になる「絶食」は、確かに糖尿病患者の血糖値は下がりますが、その間に別の病気になってしまうのがむしろ心配なのです。

血糖値は下げればいいというものでは無く、正常範囲内で安定させておくことが重要なのです。
もし範囲以下になってしまったら、低血糖という状態になり、昏睡状態に陥ってしまい、命取りとなります。

この様に、糖尿病患者が「絶食」勝手に行うのは非常に危険な行為であるので、医学知識のない素人感覚で行うことではないのです。

糖尿病は、医師の指示に従い、決められた量の食事をきっちりと摂ることが、最高の治療と言えるわけです。

絶食