吐血の記事一覧

長い期間、ストレスにさらされ続けていると、胃液の分泌が増加しだして、
胃そのものが持つ、防御システムが壊れ、胃の粘膜や胃壁が荒らされて、
潰瘍が生じ吐血することも有ります。

ここでは、ストレスと吐血の関係について、詳しく見てみましょう。

 

 
◆◇◆  ストレスと胃潰瘍、そして怖い吐血との関係。

胃潰瘍は、胃が炎症を起こしてしまい、穴が空く病気のイメージがありますが、
これに伴って吐血症状を引き起こし、出血量が多いと死亡することもある非常に怖い病気の一つでもあるのです。

胃潰瘍になるメカニズムは、ストレス等の影響で、消化液と胃を守る粘膜との、
バランスが崩れることがあります。
この様に、バランスが崩れてしまうと、消化液が、通常消化しない粘膜にまで、
影響を及ぼし、胃潰瘍となってしまうのです。

胃潰瘍は、炎症箇所や穿孔部から出血することで、吐血症状を引き起こします。

また、出血した血液が、そのまま腸に流れていくと、便と一緒に排出される、
ことになり、この際は、血液が体内で科学反応を起こすために、黒い色の、
タール便となって出てきます。

 

 
◆◇◆ 胃潰瘍の原因と、吐血の症状について。

胃潰瘍を起こす、胃液のバランスが崩れる原因は、様々なものがあります。

ストレス・ピロリ菌の感染・過剰なアルコール摂取・香辛料の大量摂取・喫煙・暴飲暴食が原因のこともあります。
ようするに、胃に負担のかかる行為は、胃潰瘍の原因になると考えてください。

特にストレスは、胃液のバランスを崩す。大きな要因の一つともいえるもので、
過度なストレスは、消化液の分泌を促進させる一方で、血流を悪くしてしまい、
粘膜の生成を抑制してしまいます。
このために、患部から出血し、吐血症状を起こしてしまうのです。

若い人が、胃潰瘍を起こす理由は、継続的で過度なストレス、といわれており、
この病気の治療には、原因となるストレスの解消が、重要となります。

吐血の起こる症状は、胃潰瘍がある程度進行した時に現れます。

 

 

◆◇◆  吐血してしまったら、どう対処したら良いか。

胃潰瘍が、重症化して、吐血してしまったときは、早急に病院で診察する様に、
することです。
吐血が発症してしまうと、腹部の激痛に襲われることになってしまいますが、
自分で、動けないようでしたら、周りの人に助けを求めるようにて下さい。

また、吐血時は、吐き出た血液が、気管支や肺に入り込み、窒息する場合も、
あるので、顔を横向きにしたりして、十分注意を払ってください。
楽な姿勢にし、毛布などで体温が下がらないようにすることも大切です。

吐血を引き起こすまでに、悪化した胃潰瘍は、ストレスや暴飲暴食など、
胃への過度な負担が原因でありますので、生活環境の改善に努めて下さい。

吐血

レトリバー

飼い犬が、吐血でもすると、飼い主の動揺は、計り知れないと思います。
然し、こんな時こそ飼い主は、冷静に飼い犬の状態を見極め、必要な対策を、
とるよう心がけましょう。

犬の場合は、吐いた血を、飲み込んでしまうことが多いため、飼い主は、
血を吐いたかどうかを、解らず終いにいるものです、出血が少量の場合は、
なおさら気づかないこともあるので、犬の様子には十分注意してください。

ここでは、犬の吐血の症状について、詳しく見てみましょう。

 

 
◆◇◆  愛犬の吐血は、何のSOSかを推察する、飼い主の義務です。

愛犬が、口から血を吐き出すという症状には、大きく分けて次の2種類です。
①喀血   ②吐血

① 喀血とは、
肺・気管支 等の、呼吸器粘膜に起こる、炎症・損傷・腫瘍 等が原因で、出血し
その血が、咳とともに口から吐き出されることです。

吐き出した血液は、鮮やかな赤色で、泡が混じっているという特徴があります。

肺炎・肺水腫・気管支炎・咽頭炎 等どいった、呼吸器の炎症のほかに、
事故やケンカなどで、肺や気道が傷ついていることも、原因に考えられます。

また、フィラリア症や心不全、まれに肺癌である可能性もあります。
② 吐血とは、
食道・胃・十二指腸 等の、消化器で起こる、炎症・損傷・腫瘍 等が原因で、
出血があった場合に、その血が口から吐き出されることをいいます。

吐血の場合は、出血して吐き出されるまでの、時間を要しておるために、
黒ずんで泥っとした血液が排出され、なかには、未消化の食べ物や消化液 等が
混じっていることもあります。

同じ消化器系でも、口の中や喉などから出血した場合の血液は黒ずみません。
歯周病を原因とする、口腔内出血は、涎に血が交じっている程度で少量です。
また、口腔内の腫瘍によって、度々出血が繰り返されることもあります。

口の中に異常がないかを、犬が暴れたり、嫌がったりしない程度で、
チェックしてみることもたいせつです。
さらに、鼻腔内の炎症・腫瘍で出血が起き、それが口腔内に流れ込んでいる、
可能性もあるので注意が必要です。

急性胃炎・慢性胃炎・腫瘍 等が原因で、消化管の粘膜が炎症を起こし、
ただれたり、腫瘍ができたりして、出血していることが考えられます。
さらに、異物の誤飲により、消化管が傷つけられている可能性もあるでしょう。

吐血の症状がある場合、肛門からの出血により、便に血液が混ざる、
下血という症状がみられることもあります。

 

 
◆◇◆ 出血量・出血頻度にも、関心を持って対応を。

喀血・吐血に関わらず、出血量が多い・短時間に何度も吐く・激しく咳込む・
呼吸困難・チアノーゼ 等々の症状がみられる様な場合は、命にかかわる危険性が高くなりますので、良く観察してください。

できるだけ早急に、近くの動物病院に連れて行き、診察を受けてください。

また、出血が止まらない場合には、
血液が固まりにくい疾患の、血小板減少症・血友病などの、遺伝病を持っている
可能性があります。
この様な犬は、ちょっとした出血でも、命取りになるので、動物病院で処置を、してもらわなければなりません。

興奮させたり、呼吸を苦しくさせたりすることが有るので、無理に口を開かせ、
吐いたものを拭き取ろうとはせずに、血を吐いてしまったら、まずは安静です。

首輪・胴輪・衣服 等は全て外して、呼吸を楽にさせてあげて下さい。
さらに、吐いたものを誤飲しないように、頭を下に向けさせ、仰向けに抱き上げ
たりしないよう、十分注意してください。

愛犬 レトリバー☆ レトリバー

 
◆◇◆  「血を吐く」犬の病気について、さらに詳しく説明。

■ 肺水腫
肺炎の進行や心臓疾患により、肺に多量の液体がたまって、酸素の交換が
妨げられている状態を指します。

発症初期は、咳が出たり、鼻水が出る程度ですが、進行すると咳が止まらず、
血の混じった泡状の、鼻水が出てきます。

舌や歯肉が紫色になる、チアノーゼ・呼吸困難の症状が現れ、横たわるのを、
嫌がって、お座り姿勢をとり続けるようなら、かなり重症と思ってください。

■ 急性胃炎
何度も嘔吐を繰り返し、ときには血が混じることもあります。
水を飲んでは、嘔吐を繰り返すので、脱水症状に陥る場合もあります。

■ 慢性胃炎
時々吐くという状態が、数週間続くので、食欲がなくなり、胃の粘膜がただれ
て血を吐いたり、黒っぽいタール便を出します。

■ 血小板減少症
出血の際、血液を固める作用の、血小板が減少することで、起こる病気です。 口や鼻などの粘膜や、白い被毛の犬の皮膚に、紫色のあざのような出血斑が
見られるのが特徴で、進行すると、尿などに血が混じるようになります。

吐血の他に、鼻血が止まらなくなることもあり、重度では貧血を起こします。 主に感染症や白血病などが原因で発症しますが、マルチーズなどは遺伝に
よる場合もあります。

この病気は、症状を抑えられても完治することはありません。

吐血

新生児

新生児には、消化管出血によって、吐血が見られることが有ります。
この、新生児の消化管出血は、下血を含めて、「新生児メレナ」と呼ばれます。

メレナとは、黒色便を意味しており、
以前は新生児消化管出血の、大部分を占めると考えられていた、
「ビタミンK欠乏性出血」の代名詞として、使用されていましたが、

最近では、すべての新生児消化管出血を一括して「新生児メレナ」と、
呼ぶことが多いようです。

ここでは、新生児における、吐血の症状について、詳しき見ております。

 

 
◆◇◆  吐血にも、出血の場所により、違いがある。

吐血とは、食道・胃・十二指腸 等の、消化器系の器官から出血した血液を、
口から排出することをいいます。

出血してから、吐血するまでの時間の違いによって、吐物の色が異なります。
食道での出血の場合には、吐物は鮮血色で真っ赤な色であり、胃・十二指腸の、出血の場合は、出血してから吐血するまでの、時間経過があって、その間胃酸に
よって塩酸ヘマチンへ変化するために、血液は黒色化し茶褐色となります。

また、口から血液を吐く場合、肺から出血する「喀血」や、鼻や口腔内からの出血を飲み込んだことも、原因であることもあります。

新生児が、突然吐血してしまったら、とてもびっくりしてしまうと思います。
身体の作りがまだ出来上がっていない新生児は、僅かな異常でも要注意です。

 

 

◆◇◆  新生児の吐血の原因とは

新生児の消化管出血から起こる、吐血や下血症状を、総称して「新生児メレナ」
と呼びます。
新生児における吐血の原因には、大きくは、3つに分けることが出来ます。

■ 母体血の嚥下によるもの。
分娩時に母体血を嚥下したり、授乳の際の乳頭周囲からの出血を、誤って
血液を口に含んでしまいます。時間が立つと血液を吐いてしまいますが、
新生児には異常が見られません。これを「仮性メレナ」といいます。

■ 出血性素因(血液凝固障害)によるもの。
①先天性凝固因子欠乏症
②新生児ビタミンK欠乏性出血症
③凝固因子産生障害
④血小板減少症

■ 消化器官の異常によるもの。
急性胃粘膜病変・消化性潰瘍・腸回転異常症・細菌性腸炎・腸管アレルギー・ 壊死性腸炎、腸重積など。

 

新生児☆新生児

 
◆◇◆  吐血など、新生児の異常には、敏感になる

生まれたばかりの赤ちゃんの身体は、まだまだ完全に出来上がっていません。
そのため少しの異常でも、命に関わることがありますので、吐血症状が出たら、
かなりの注意が必要です。

新生児の場合、些細な異常にも敏感になり、しっかりと気付いてあげて下さい。

吐血

がん患者は、年々増え続け、現在では日本人の、死亡原因の第一位です、がんは
進行すると、吐血したり血便が出ることもある、怖い病気です。
然し、早期発見・早期治療をすれば、完治できる病気です。

 
◆◇◆  がんの特徴と 癌 との違い

がん とは、自律性増殖を繰り返しながら成長し続け、周囲の臓器を圧迫して、
害を及ぼしたり、正常細胞や隣接する臓器に、浸潤したり転移したりして、
他の正常な組織が、摂取しようとする栄養を、どんどんと吸収しながら、
次々と新しいがん組織をつくって行く、悪性の腫瘍です。‟癌”とも書きます。
良性の場合は、自律性増殖はしますが、転移・浸潤はしません。

すべての臓器と組織には、基本的に、がんは発生します。
‟がん”は、主に悪性腫瘍全体を示すときに用いられ、
‟ 癌 ”は、上皮性腫瘍の場合に表現されることが多いようです。

がんが発症する人は年々増え続け、現在では、日本人の死亡原因の、第一位と
なっおり、進行すると、吐血したり血便が出ることもあります。
然しがんは、早期発見と早期治療さえすれば、完治できる病気でもあります。

 
◆◇◆  主な がん の症状

がんの初期には、殆ど自覚症状はありませんので、早期発見が難しい病気です。

‟胃がん”が進行した場合には、腹痛・胸やけ・吐き気・嘔吐・もたれ・食欲不振 等があらわれ、更に進んだ場合、全身が衰弱して腹水がたまったり、吐血や 下血が起こります、他の臓器に移転してしまった場合、低タンパク血症・脱水症状があらわれ、転移した臓器に障害がおこってきます。

‟大腸がん”で進行した場合、もっとも多い症状は血便であります、
便が細くなる・下痢・便秘・腹痛・貧血症状 等々といった症状も現れます。

‟肺がん”の場合、‟肺門がん”は早期から頑固なせきが出ますし、‟肺野がん”
は、転移・進行すると、激しく咳や血痰が出たり、声がかすれたりしてきます。

‟食道がん”が進行した場合には、食べ物を飲み込むときに、しみたり、痛みを感じたりしてきます。さらに進行すると、痛み・咳・血痰・声のかすれ 等
が起こります。

‟肝臓がん”が進行すると、腹部や背中の痛み・食欲不振・貧血・微熱 等の
症状が起こります。
また、肝臓の働きも悪くなりますので、黄疸・腹水 等の症状も現れ、吐血したり血便が出ることもあります。

‟すい臓がん”の場合は、進行しても特有の症状はありません、腹痛・背中の痛み・食欲不振・体重減少 等、他の病気やがんと同じような症状が出ます。
膵頭部に出来たがんが、大きくなって胆管を圧迫すると、胆汁の流れが悪くなり
黄疸が出ることがあります。

主ながんの症状については、異常です。

 
◆◇◆  がんに罹る、原因や環境要因

罹りやすい がん の種類は、ここ数年で大きく変化しており、がんの罹患率、
がん での死亡率は年々増え続けております。
その原因として、ライフスタイルや食事内容の変化や、 身体活動・生活環境・
環境汚染・医療の進歩 等々があげられ、高齢化も関係があると思われます。

がんに罹る、直接的原因としては、嗜好食品や喫煙がもっとも重要であります、
塩辛いもの・高脂肪質・アルコール類なども、問題視されております。

‟肝がん”の場合は、B型肝炎・C型肝炎の、ウイルスが重要です。

遺伝や、がん にかかりやすい体質についても、注目されていますが、
‟大腸がん”は、他の がん に比べ、その傾向が 強いようです。

他の要因としては、肥満と運動・大気汚染・紫外線・食品添加物・感染・
ホルモンバランス・副作用・放射線などがあります。

悪いと言われる原因を、出来る限り避けることが、がん 予防すの鉄則であり、
発がん物質の生成を、抑制するといわれる、生野菜・果物・食物繊維の多い食品
・牛乳などの、食品を多く摂取するような食事に心掛けて、バランスの取れた、
規則正しい生活を続けることが大切です。

定期的な、がん検診で、早期発見・早期治療することがもっとも重要です。

吐血

生ビール

楽しい飲み会の席、然し、ついつい飲み過ぎてしまい、気分が悪くなる方も、
多くおられると思いますし、さらには、吐かれる方もおられます。

吐くことを繰り返すことで、胃から出血をする「マロリーワイス症候群」に、
なる場合があるの、吐血の場合は注意が必要です。
出血が多い場合には、ショック状態になり、輸血が必要になることもあります。

ここでは、飲まない人も絶対に覚えておいた方が良い、アルコールによる、
身体のトラブルをご紹介します。

 

美味しい生ビール☆生ビール

 

◆◇◆  アルコールの飲み過ぎで、吐血までしてしまう症状について。

アルコールを飲んだあとに、嘔吐を繰り返していると、胃が裂けてしまい、
その裂けた傷から、出血を起こす症状を、「マロリーワイス症候群」と言い、

マロリーさんと、ワイスさんの二人の医師が、最初に報告したことで、
このような名前が付けられました。

飲酒の後、嘔吐をする際、お腹には強い圧力(腹圧)がかかり、この圧力は、
繰り返し嘔吐をすることによって、その度にかかってしまいます。
その結果、食道の出口から、胃の入り口付近にかけて、粘膜が縦に裂け、
そこから出血するという症状です。

出血が起きるといっても、通常は、痛みは無く、出血も自然に治ることが多い
のですが、もし、この出血が止まらない場合などには、内視鏡による止血治療
などが必要となってきます。
出血量によっては、ショック状態に陥ることもあるので、軽視は禁物です。

その原因はアルコールで、飲酒時に、発生しやすいといわれておりますが、
この「マロリーワイス症候群」自体は、飲酒以外で吐く時にも、発症します。

アルコールを飲み過ぎると、食道と胃のつなぎ目にある「下部食道括約筋」と
いう筋肉が緩んでしまい、吐く際にいつも以上に、圧力がかかってしまいます。
だから、飲酒の度に、吐久野を繰り返しているのは、危険なんですね。

「酒を飲んで、悪酔いした時は、吐けば大丈夫」と言っておられる方は、
本当に危険なので、注意してください。

当然ですが、吐血がずっと止まらないような場合は、精密検査などが必要で、
必ず医療機関を受診するようにしてください)

そのような状況に至らない様、お酒を飲むなら、ほどほどにしてください。

 

 
◆◇◆  アルコールの飲み過ぎで、吐血以外に注意すること。

飲酒量が多すぎて、吐血以外で注意することは、「急性アルコール中毒」で、
最近は、患者が増えており、社会問題としても、取り上げられております。

アルコールと言う物質には、脳を麻痺させる作用があり、アルコールを大量に、摂取すると、この作用が働き、生命を維持するために、脳の中枢部分までをも、
麻痺させることがあります。
そうなると、呼吸停止したり、心臓機能が停止したりして、とても危険です。

「急性アルコール中毒」は、短時間でたくさんのアルコールを、摂取し他結果、
起こる中毒症状で、血液中のアルコール濃度に比例して、症状が重くなります。

以下の四つの状態が、あるといわれています。
■ 微酔期(びすいき)。
ほろ酔い気分で、陽気に酔っ払っている状態。

■ 酩酊期(めいていき)。
真っ直ぐ歩けず、明らかに運動能力が落ちてる状態。

■ 泥酔期(でいすいき)
フラフラになり立つことができなかったり、記憶力が低下している状態。

■ 昏睡期(こんすいき)。
意識を失い、最悪の場合は死んでしまうこともあります。

ちなみに、血中アルコール濃度が0.4%」を超えてしまうと、1~2時間で、
約半数の人が命を落としてしまうそうです、飲み過ぎには注意が必要です。

吐血

◆◇◆  吐血パフォーマンスの、Dir,en,greyとは、いったい何者ですか。

Dir,en,grey(ディル・アン・グレイ)とは、1997年に大阪府で結成した、
日本のロックバンドです。

日本を始めとして、世界各国で活動し、以下の記録があります。
・アルバム『UROBOROS』は、世界17ヵ国で、同時期発売。
・米ビルボード誌の、Top Heatseekersチャートでは、1位。
・Top Independent Albumsチャートでは、9位。

ライヴ活動も、各国で積極的に行っており、
南米を含む全米からヨーロッパ、アジア、オーストラリアまで
合計、30カ国以上で公演を行っている

楽曲は、メタル、ハードコア等をベースに、民俗音楽など、数々のテイストを、多く織り交ぜている点が特徴的である。

歌詞は、初期から一貫して、人間や自然の「痛み」について、様々な視点から
書かれており、聞き手やライブの観客に対してのメッセージを発信している。

 
◆◇◆  Dir,en,grey と言うバンド名について。

“灰色の銀貨”という意味で、あるだろうとされている。
「DIR」 が、ドイツ語で「銀貨」、
「EN」  は、フランス語で「〜の」、
「GREY」は、英語で「灰色」       を合わせた造語です。、

バンド名は、活動初期から「Dir en grey」と表記されていたが、
2006年7月発売の、19枚目のシングル「凌辱の雨」以降は、
主に「DIR EN GREY」の表記で統一している。

 
◆◇◆  メンバー京の、吐血パフォーマンスについて。

京(きょう)は、日本のロックミュージシャンであり、歌手・作詞家で、
京都府出身のロックバンド Dir,en,grey および sukekiyo のメンバーです。

Dir,en,grey の作詞は、すべて 京 が担当している。

作詞のスタイルは、まず曲を聴き、そこからイメージを広げながらの作詞で、、
当初から、一貫して悲観的で重く「痛み」や「悲しみ」を表現する、歌詞を書いてきたが、詞を書きためたりはしない。

京 は、ライブ中に吐血したり、身体を切り刻み、出血させるなどといった、
過激な自傷パフォーマンスを行うために、身体には、傷痕が数多く残っている。
吐血・出血については、血糊を使用していたが、実際に自分の肌を傷付けて、
血を流していた、2009年以降は、吐血パフォーマンスは殆ど行っていない。

吐血

健康診断で、肝機能検査の結果は異常なしにもかかわらず、肝臓病が密かに、
進んでいる「隠れ肝臓病」があります、原因は、C型肝炎ウイルスによる感染で、
10〜30年という長い間に肝臓が障害を受けていることによるものです。

CC型肝炎の人は、ただ疲れやすく、少し横になり休めば、また動けるという、生活で、数年後には、胸に強い痛みを感じ、吐血と肝硬変が発症します。

ここでは、C型肝炎と吐血との関係について、詳しく紹介しております。

 

 
◆◇◆ 隠れ肝臓病といわれる、C型肝炎の症状と吐血。

お酒の飲み過ぎが肝臓病の原因といわれますが、お酒も飲まずに肝炎になり、
自覚症状のないままに肝硬変になっているという恐ろしい病気がC型肝炎です。肝硬変の70%の人、肝臓癌の90%の人が、ウイルスが原因でなるようです。

『21世紀の国民病』と言われており、1~2%の割合で、C型慢性肝炎の、
患者がいると推定されております。

疲れやすく、横になり少し休めば動けるという、生活が続き、数年後には、
胸に強い痛みを感じ、どんぶり1杯程の、大量吐血の後、肝硬変で入院という、
方もあります。

C型慢性肝炎は、肝臓癌だけではなく、食道静脈瘤の破裂・肝性脳症 等なども起こすことがあるそうです。

 

 

◆◇◆ 隠れ肝臓病、C型肝炎の原因は、何ですか。

C型肝炎感染は、子どもの頃の予防接種の時に、起きていたと言われています。

集団での予防接種による、注射器・注射針の、使い回しによる感染でした。
この、注射器・注射針の使い回しは、1950年代から続けられ、1988年に
全ての使い回しがやっと中止されました。
ですので、1989年以降に生まれた人は、ひとまずは安心のようです。

この様に、血液製剤の輸血・手術などの経験もなく、C型肝炎に感染して、
本人がC型肝炎感染に気づいていない人は、100〜200万人いるそうです。

 

 
◆◇◆ C型肝炎には、健康診断でも解らない死角

健康診断で、肝機能の状態を示す、血液検査は、AST(GOT)、ALT(GTP)で、
これらは、肝炎になって、もれだした酵素を測っているそうです。

C型肝炎ウイルスの中には、免疫細胞が攻撃しないものがあり、酵素が出ないこともあるようです。

また、肝硬変が進むと、肝細胞が少なくなり、酵素も出ない状態になります。
肝臓に障害があっても、肝機能検査では、正常値の範囲になることがあり、
健康診断でも解らない、死角があるとのことです。

肝機能検査の正常値は、
男性は、AST(GOT)、ALT(GTP)ともに、30以下、
女性は、AST(GOT)、ALT(GTP)ともに、19以下 が正常値です。
男性と女性では、酵素の量が違うから正常値も、違ってくるそうです。

吐血

疾患のなかで、吐血を引き起こすのは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん 等で、
これらの疾患を、早期に発見するためには、消化器の定期健診が、重要です。

また、食道静脈瘤・非ステロイド性消炎鎮痛薬の服用・アルコールの飲みすぎ・
過度のストレス 等々、によって起こる急性の胃粘膜病変でも、吐血します。
ここでは、吐血の原因について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 吐血の原因と症状は、人により様々です。

吐血とは、咳とともに赤い血が口から出てくる状態を言っております。
病気を患っていたり、多くのストレスを感じていると、この様な症状が、
出てくる場合があります。、

大抵の人は、何度も咳をしてしまい、その後に、血を吐くことが多いですが、
なかには、最初の咳で吐血してしまう人もおられます。

また、血を吐く現象により、喉が焼けるように痛かったり、呼吸困難になって、しまうと言った症状もあり、人により症状は、様々異なります。

数十分もの長い間、血を吐くなどを、反復繰り返してしまうこともあるので、
症状を良く観察しておくことも大切です。

吐血が起こる前の症状も、体調が悪かったり、自分の身体で何かおかしいと、
気になることが有った場合は、すぐに病院に行き、検査することが大切です。

原因は、病気なども考えられますが、ストレスで吐血する人も多くおります。

自分次第で、ストレスの発散させることが出来れば、ストレスを感じなくなり、病気にもかかりにくくなったり、吐血をすることもなくなります。

 

 
☆★☆ 吐血しない様にするための、予防方法について。

吐血をしないための、予防としては、
自分にとり、ストレスと感じているもの、原因を改善していくことが大切です。

人間と言う生き物は、ちょっとしたことで、ストレスと感じなくなったり、
感じたりするのが激しい生き物なので、自分にとって、何が、ストレスになる、
かを把握していることが大切です。

何かにつけて、直ぐに薬などに頼る人もいます。
そのような方は、日頃から良く医者と話し合って置く事が大切になってきます。
自分で勝手に薬を選んで、失敗することもあったり、逆に悪化させてしまったり
することも多々あります。
周りの意見を聞いたり、医者に頼ったりすることが、大切なことになります。

吐血