吐血の記事一覧

吐血の顔文字があるなんて、つい最近まで知りませんでした。
皆さんよく考えてつくるものだと、ついつい感心してしまいますが、
実際使うことは有るものでしょうか。

 

 
◆◇◆  吐血の、顔文字を知っておられましたか。

吐血の顔文字はこれです、知っておられましたか?

■  _:(´?`」∠):_

■ (#)’3`;;)・;’.、グハッ

■ ( ´゚Д゚)・;’.、カハッ

■  ( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

■ ( ´Д`)・;’.、カハッ

■ `;:゙`;:゙;`(゚Д゚*)ガハッ

意外と多いので、ビックリしました、何かで使われた事が有りましたか?

こんなのもあるようです。

■ ( ^o^)・:∴

■  (*゚Д゚)・:∴(吐血)

■ ブハッ(๑°Д°).∴

■  _| ̄|○、;’.・ オェェェェェ

■  ▒▓█▇▆▅▃▂▁(¯ε¯*)

良く皆さん考えられますね、そして上手です、感心させられます。

お遊びとしては、使用されてはいるかとは思いますが、まさか本当の吐血の時に、
使われたことは無いと思いますけれど、でも分かりませんね。

 

 
◆◇◆  吐血とは、どんな症状で、何が原因でしょうか。

咳と一緒に、血液が口から出てくる状態が、吐血であります。
病気を患っていたり、ストレスを感じていたりすると、この様な吐血症状が、
出てくる場合があります。

何度も咳をしてしまい、その後に、血を吐く症状が多いのですが、
なかには、最初の咳から吐血してしまう人もおられます。

また、その症状も、原因である病気によって様々異なり、血を吐く現象により、
喉が焼けるように痛かったり、呼吸困難になってしまうと言った症状もあります。

数十分もの長い間、血を吐くなどを、反復繰り返してしまうこともありますので、
症状を良く観察しておくことが大切です。

身体で何かおかしいとか、体調が悪かったりとか、吐血が起こる前の症状にも、
気になることが有った場合は、すぐに病院に行き、診察することが大切です。

吐血とは、胃・腸・十二指腸の消化器系の病気などが原因に考えられますが、
ストレスが原因で吐血する人も、数多くみかけます。

自分次第で、ストレスの発散させることが出来れば、ストレスを感じなくなり、病気にもかかりにくくなったり、吐血をすることもなくなります。

吐血

愛猫

可愛いペットである猫が、万が一吐血でもしたら、飼い主は大慌てでしょう。
この時、飼い主がどう対処するかによって、猫の命が助かるか否かに関係します。
ここでは、猫が吐血する原因と その対処方法について、詳しく見てみましょう。

 
◆◇◆  猫が吐血した場合の、症状について。

猫にも、口から血を吐く症状があり、喀血と吐血の2種類があります。

肺・気管支などの呼吸器官系統から出血により、吐き出される血液を喀血と言い、消化器官系統から出血して血を吐く場合を吐血と言います。

喀血・吐血の区別は大変重要で、病気が起きている場所を判断するのに必要です、
口から血を吐いた、猫を良く観察し、診察の時に獣医師に伝えて下さい。

■ 猫の喀血とは
喀血とは、吐き出した血液は鮮やかな赤色で、血液に泡が混ざっている場合が、 ほとんどです。

猫の場合は、犬の場合とは多少違い、吐き出している途中で飲み込んだり、
吐き出した血液を舐めて隠すので、非常に発見が難しいと言えます。

猫が吐きそうな様子が見られるときは、必ず観察している事が大切です。

猫の喀血の主な原因は、誤飲・交通事故・喧嘩などで、気道内や肺にダメージを
負ったケースが多い様です。

気管支・肺・心臓の病気や、腫瘍によっても、喀血を起こす場合があります。

■ 猫の吐血とは
猫の吐血の、主な原因は胃や十二指腸をはじめとする、消化器官内部の病気や、 腫瘍が起きていると推測されます。

猫の吐血の場合、胃や十二指腸での出血が多い様です、肛門側の消化器官内で、
出血が起きた場合は、下血や黒色便となって現れる事がほとんどです。

吐き出された血液は、黒っぽい赤色で、喀血よりも、血液量が多い事です。
胃や十二指腸からの出血でも、下血や黒色便がでる事もあります。

 

愛猫

 

 

◆◇◆  猫が吐血した場合、どう対処するかについて。

猫が吐血したら、まずは意識の確認をして下さい、意識が無い場合には、
必ず心拍や呼吸の有無を確認ししてください。

そのうえで、体を動かさない様に大きなタオルの上などに乗せ、安静を保てる様、
簡易担架を作って、早急に獣医師に診てもらう事です。

喀血の場合は、出血がやわらげ、失血するリスクを低減する目的のために、
アイスノンなどを用いて、タオルに包み、胸や首に当てて冷やして下さい、
血管の収縮し、出血を最小限に止めることが出来ます。

大切なのは、猫の状態や症状をよく観察して、獣医に詳しく伝えることです、
これによって、診断や対処が正確になりますので、落ち着いて、行動して下さい。

吐血

愛犬

犬が吐血した場合、吐いた血を飲み込むことが多ので、飼い主は吐血したのかを、
分からないままにいる場合が多いものです、少量の出血の場合はなおさらです。
飼い主は、日頃から犬の様子には十分に注意して置く必要があります。

ここでは、犬が吐血した時の症状について、詳しく見てみましょう。

 

 
◆◇◆  飼い主の義務、それは犬が吐血したら、何かSOSの発信と思う事。

犬が、口から血を吐き出すという症状には、人と同様に次の2種類があります。

■ 喀 血、
肺や気管支などの、呼吸器粘膜に起こる、炎症・損傷・腫瘍 等が原因で出血し、
その血が、咳とともに口から吐き出されることです。

吐き出した血液は、泡の混じった、鮮やかな赤色で、あるのが特徴であります。

肺炎・肺水腫・気管支炎・咽頭炎 等の、呼吸器の炎症の他、事故や喧嘩などで、 肺や気道に、傷がついてしまったことも、原因に考えられます。

また、フィラリア症や心不全、稀に肺癌である可能性も十分考えられます。
■ 吐 血、
食道・胃・十二指腸 等の消化器に起こる、炎症・損傷・腫瘍 等が原因となって、
出血した場合に、その血が口から吐き出されることをいいます。

吐血の場合は、出血して吐き出されるまでに、ある程度の時間が経過するために、
どす黒く泥っとした血液が排出され、中には、未消化の食物や消化液が混じる、
ことも多いです。
但し、消化器系でも、口の中・喉などから出血した場合の血液は黒ずみません。

歯周病を原因とする、口腔内出血は、涎に血が交じっている程度で少量です。
また、口腔内の腫瘍によって、度々出血が繰り返されることもあります。

時々は、口の中に異常がないかを、犬が暴れたり、嫌がったりしない程度に、
チェックしてみることも大切です。

また、鼻腔内の炎症・腫瘍で出血が起き、それが口腔内に流れ込んでいる、
可能性もあるので注意が必要です。

急性胃炎・慢性胃炎・腫瘍 が原因で、消化管の粘膜に炎症が起き、ただれたり、、腫瘍ができたりして、出血していることが考えられます。
犬は、異物の誤飲で、消化管が傷つけられている可能性も十分に考えられます。

犬が吐血の症状がある場合、肛門からの出血により、便に血液が混じったりする、
下血という症状がみられることも良くあります。

 

可愛い愛犬 ☆愛犬

 
◆◇◆ 犬が吐血したら、出血量・出血頻度にも、観察を確りと対応を。

犬が吐血・喀血に関わらず、次の症状がみられる様な場合は、命に係わる危険性が、高くなりますので、良く観察してください。

出血量が多い・短時間に何度も吐く・激しく咳込む・呼吸困難・チアノーゼ 等々

できるだけ早急に、近くの動物病院に連れて行き、診察を受けてください。

また、出血が止まらない様な場合には、血液が固まりにくい疾患である、
血小板減少症・血友病などの、遺伝病を持っている可能性があります。

この様な犬については、ちょっとした出血でも、命取りになるので、動物病院で、
確りとした処置をしてもらわなければなりません。

興奮させたりすると、呼吸を苦しくさせたりすることが有るので、
無理に口を開かせて、吐いたものを拭き取ろうとはせずに、血を吐いてしまったら、まずは安静にさせておくことです。

呼吸を楽にさせてあげてるために、首輪・胴輪・衣服 等は全て外して下さい。、
また、吐いたものを誤飲しないように、頭を下に向けさせて寝かせてください、
間違っても、仰向けに抱き上げたりしないよう、十分注意してください。

吐血

吐血とは、口から血を吐く症状を言いますが、同じような症状に喀血があります。
吐血も喀血も、口から血を吐くという、症状としてはとても似てはおりますが、
吐板血の出血場所に大きな違いが有り、細かい点でも基本的に違いが有ります。

ここでは、吐血と喀血との違いについて、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 吐血の原因は、具体的には次の病気です。

吐血の原因となる病気には様々あります。
消化器系の病気が中心ですが、その原因が、実は他の場所であったりします。

具体的に吐血する、消化器官の病気を、以下に紹介します。
消化器官の病気で、吐血してしまうというのは非常に多いようです。

食道・胃・十二指腸は上部消化器官とも言われ、具体的には以下の病気です。

・胃がん
・肝硬変
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・食道静脈瘤
・病気ではありませんが、副作用で吐血してしまう医薬品もあります。

吐かれた血液については、上部消化管からの出血なので、次の特徴があります。

・暗赤色
・泡がない
・水に沈む
・胃液のために酸性
・喀出物に食物残渣が混じっている

尚、食道静脈瘤の場合は、真っ赤な鮮血であることと、血液量が多いのが特徴です。

病院に到着する前に、吐血した場合の応急処置としては、
吐血による窒息が、起こらないように、吸引などの気道確保が中心になります。

また、顔面の外傷患者は、鼻出血や口腔内の出血を飲み込み、吐き出すことで、
大量の吐血をすることがありますので、ので注意が必要です。

 

 
☆★☆ 喀血の原因は、具体的には次の病気です。

呼吸器官の病気が中心で、肺や気管支に何らかの異常が生じ、喀血してしまいます、
炎症や細菌の繁殖が主な原因ですが、具体的には以下のような病気です。

・肺結核
・肺がん
・気管支拡張症

他には、肺炎・肺梗塞・肺化膿症・肺ジストマ症・塵肺・激しい咳・血管疾患、等々
があります。

肺声門より下部の、気管・気管支・肺実質からの出血をいいま。

胃や腸などの、消化器官の吐血と違うところは、肺に由来するために、
血の色も鮮やかな、鮮紅色ということです。
また、泡沫状が多く、水に浮く特徴があります。

出血量が少量であれば、自然に止血することも多いのですが、量が多い場合は、
呼吸不全や窒息を起こすことがあります。

この場合、病院に搬入後、気管挿管と呼ぶ、気道確保の後に、人工呼吸を行ったり、
気管支鏡を用いた止血術を、行うことがあります。

咳き込む様子が見られた場合は、呼吸器官を疑うといいでしょう。

吐血

咳

吐血には、咳こみながらする吐血と、胃の内容物と一緒に吐血する2種類があり、
咳こみながらの吐血は『喀血』と呼び、呼吸器官からの出血が原因であるのが多く、胃の内容物と一緒に吐血する場合は、消化器管からの出血が原因であることが多い。

ここでは、咳き込みながらの吐血(喀血)症状について、詳しく紹介しております。

 
☆★☆ 咳き込んで吐血するいる場合は、吐血以外の症状をよく観察する。

吐血をしてしまった際には、その時の吐血外の様子を、見ることはとても重要です。
咳き込むような様子があるとすれば、それは胃や腸の消化器官からではなく、
はいや気管支の呼吸器官からの、出血が考えられるからです。

口から、血液を吐き出してしまう症状には、厳密な定義があります。

① 消化管からの、出血症状を「吐血」と言います。
消化器官からの出血の場合は、胃の内容物と一緒に吐血してしまいます。

② 呼吸器官からの、出血症状を「喀血」と言います。
吐血の際に咳き込む様子が見られると肺や気管支の疾患が考えられます。

 
☆★☆ 咳き込む吐血(喀血)で考えられる病気は何か。

吐血(喀血)があって、呼吸器系に異常を来たす病気には、具体的のはどの様な、
ものがあるのでしょうかは、以下に述べております。

■ 肺結核
肺結核とは、結核菌が肺に入り込むことで発病する病気です。
吐血(喀血)の他、咳き込み・微熱・胸痛・食欲不振などが見られ、結核菌を、
持っている人からの飛沫によって感染するといわれています。

この病気は近年では、余り見られなくなりましたが、それでも年間2~3万人程、
の方が感染するといわれています。

一昔前は、不治の病とも言われ、隔離病棟での治療で、死を待つばかりでしたが、
現在では十分に治る病気ですので、しっかりと治療を受けるようにして下さい。

■ 肺がん
肺がんとは、肺に悪性腫瘍(がん)が出来てしまう病気です。
少量の吐血(喀血)や長期間の咳があり、症状が進行し胸の痛みを発症します。
遺伝的な要素も十分ありますが、喫煙や大気汚染といった要因もあるようです。

この病気の症状は、進行が比較的遅いために、症状が出てきたと思った時には、
かなり悪化しているということもあります。

そのために吐血(喀血)咳が続く様な症状に気づいた時には、すぐ病院で検査を、
受けて医師の指導を受けてください。
■ 気管支拡張症
気管支とは、口や鼻から取り込んだ空気を、左右の肺に分配する役割ですが、
これが、染症や気道閉塞、先天性や免疫異常などが原因で、気管支が拡張したまま
元に戻らなくなる病気を「気管支拡張症」言います。

気管支の拡張が起こると、気管支を綺麗にする浄化作用が、低下してしまいます、
その結果、細菌などが繁殖しやすい環境となってしまって、気管支に炎症を、
起こしてしまうことがあります。

この炎症部から出血し、結果として吐血症状(喀血)が見られ、呼吸器官からの、
出血なので、咳き込むといった様子も見られる様になります。
■ グッドパスチャー症候群
咳こみながら、痰や血痰が出る吐血が見られ、さらに呼吸困難になる様な場合は、
グッドパスチャー症候群の疑いがあります。

日本での初めて発症例は、1919年にがあり、その後、100年程経過した、
現在まで50例しか見られない、非常に珍しい病気です。

グッドパスチャー症候群とは、血液中に肺胞壁の基底膜と、腎臓の糸球体にある、
基底膜に反応する、抗基底膜抗体ができることで、肺出血と糸球体腎炎が、
引き起こされる病気です。

この病気になると、咳こみながらの血痰や吐血(喀血)が出たり、倦怠感や悪寒、
発熱などの症状が見られ、進行し悪化してしまうと、尿毒症の症状が出てきます。
■ 他には、咳こみながらの吐血で
貧血が進行すると、腎不全浮腫高血圧になることもあるようです。
席で苦しむ ☆ 咳

 

☆★☆ 吐血(喀血)と、咳が続いたらすぐに病院で診察を。

吐血症状を引き起こすような状態には、体内では病気が、かなり進行していることが
十分考えられます。
それに加え、長い期間咳が続くようであれば、呼吸器に重篤な問題があるでしょう。

また、呼吸器に関する病気は、長期間の治療が必要となることもあるので、
十分注意してください。

継続的な、吐血(喀血)咳き込みが、見られるようであればなにはともあれ、
すぐに病院へ行き、診察を受けてください。

吐血

吐血とは、胃や腸からの出血症状を言い、肺や気管支からの出血により、血を吐く場合は、厳密には、喀血という言葉で、使い分けています。

呼吸器系から出血し、咳と伴に血液が吐き出されることを喀血といいます。
喀血があるとだれでも驚きますが、ほとんどの原因は、重い病気ではありません。

ここでは、肺による吐血(喀血)症状について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 肺からの出血で吐血する、症状の特徴について。

真っ赤な紅色をした吐血は、肺 等の呼吸器官から出血したもので、消化器官から、出血した場合は、消化液や空気と化学反応を起こしており、黒い色になっています。

また、出血量は少く、咳き込むといった症状が、一緒に見られます。

特に、呼吸器官でありますので、血液が気管支に詰まったりすることがあって、
咳き込むという症状が、引き起こされるのが特徴です。

 

 
☆★☆ 肺からの出血で、吐血する症状の原因について。

感染症が、原因となって発生するのが、肺からの吐血(喀血)のほとんどです。
ときには、鼻からの出血が原因となることもありまして、その血液が気道に入り、
咳とともに吐き出されます。

痰に、血が混じった原因がわからない場合や、血の量が多い場合は、医師により、
詳しく診断・評価が必要です。

腫瘍、特に肺癌が喀血症例の多くを占め、血栓により動脈の一つが詰まることで、
肺組織が壊死する肺塞栓症により喀血することもあります。

その他の原因としては、肺静脈の高血圧があり、心不全や僧帽弁狭窄症で
発生することがあります、動静脈奇形や肺血管の炎症などの肺循環障害により、
吐血(喀血)することもあります。

肺からの吐血(喀血)の量は、比較的少量であり、真っ赤な紅色の血液を、確認することができます。

 

 

 
☆★☆ 肺の病気に気付くためにの、注意点について。

吐血の症状は、初期の段階で見られるのが少ないために、吐血が発見されたときは、病気が進行して悪化してしまっていることが予想できます。
然し乍ら、肺の病気は自覚症状が比較的少なく、気付くことが難しいのが現状です。

そのためには、身体の些細な症状をしっかりと受け止めることが大事です。
長期間咳が続いたり・胸に痛みがあったり・喫煙を続けていたり等々、
これらのことに、少しでも心当たりがある人は、十分注意することが必要です。

何よりも、吐血症状が出たら、すぐに病院へ行き診察を受けることです、
前述しました様に、病気がかなり進行し悪化かしている可能性が十分にあるので、
しっかりと納得のいく、治療してもらうようにして下さい。。

吐血

厳密にいうと、吐血は胃腸からの出血症状を言い、肺や気管支からの出血により、血を吐く場合は、喀血という言葉で、使い分けています。

ここでは、結核による吐血症状について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 結核であっても 吐血は起こります、それが腸結核です。

結核菌によって発症する、呼吸器官の病気を結核と言います。
これは、結核菌の増殖により、肺細胞が破壊されて、出血や痰などが見られます。これに伴って、吐血症状を引き起こすことがあるのです。

吐血とは厳密に言うと、胃や腸からの出血症状を指し、喀血は、肺や気管支からの
出血によって血を吐く場合を指して、言葉を使いわけています。
喀血症状の大きな特徴は、真っ赤な血液が痰や泡に混じって出てくることです。

ところが、結核が悪化が進み、腸から出血し吐血症状を、呈することもあります。
これを、腸結核と言っておりますが、この場合は化学変化によって黒っぽい、
血液を吐血してしまうという症状が見られることになります。

結核菌が腸まで感染することで起こるのが、腸結核と言う病気です。
腸からの出血にともなって、吐血症状を引き起こしまうのです、便に血液が混ざっ
て、黒い便を排出することになり、腹痛・下痢・熱 等が見られる様になります。

肺結核と一緒に腸結核を発病することは、日本人ではごく稀なことであって、
どちらか一方を発病してしまうことが多いです。

 

 
☆★☆ 結核に罹った際の、吐血症状に関する注意点。

結核を発病してしまった時、特に気をつけるべきことは、肺や気管に血液を含む、
痰が詰まる症状で、これを放っておくと、窒息してしまうことがあるからです。
症状が進行し、出血量が多くなってきた様なら、要注意として管理すべきです。

結核での吐血時の特徴は、血液が少量であることですが、咳き込む事も多いのです。継続的な咳が、何時までも続き、少量の吐血が見られる様でしたら、結核の疑いの、恐れがあるので、すぐに病院で治療を受けるようにしてください。

また、結核は、比較的若い層の人にも、発病することがあるので注意して下さい。
結核患者全体の35%は、60歳以下の方と言われております。
全身の倦怠感があり、咳や痰がある様なら、病院で検査を受けて下さい。

他人への、感染を防ぐ心がけが大切です。

 

 

 

☆★☆ 結核の治療についての注意点。

数十年前は、不治の病とされていた結核でしたが、今は、完治可能な病気です。
抗結核薬を使用することで、原因菌を死滅させることができ、腸へのに感染の場合、
絶食療法で処置をすることがあるため、少し辛い治療になるものと思います。

結核は、投薬治療の場合は、半年以上かかることが、一般的と言われており、
中断した場合は、回復が難しいので、諦めずに完治まで継続することが重要です。

もし、腸内に狭窄・穿孔がある場合は、手術治療を行う必要も出てきます。

自覚症状が比較的少ないので、発症を気付く人も少ないために、前述した症状が、
継続的に見られる場合は注意してください。

吐血があった場合は、放置せず直ぐに病院で診察し適切な治療を受けてください。

吐血

病名で、吐血性腸炎という名称は、あまり使われることが無いようです。
それは、そもそも腸炎というには、吐血症状を引き起こすことが無いからです、
然し、吐血の症状が間接的には引き起こすことがありますので、吐血性腸炎と、
呼ぶこともある様ですです。

ここでは、胃痛が吐血を引き起こす関係について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 吐血性腸炎の原因と症状について。

前述してますように、吐血性腸炎という言葉はあまり使われることがありません。

何らかの原因で、小腸や大腸に炎症が起こってしまう病気を、腸炎といっており、
その原因は、主に細菌感染が多いのですが、薬などの作用によっても炎症症状が、起こることがあります。

症状としては、下腹部の痛みを訴えることが多くみられます。
出血した血液が便に混じることで、下血を引き起こすこともあり、
これは、便の色が通常よりも、赤い色をしていたり、血液が便の周りに付着、
していることから解ります。

腸炎の多くは、不衛生な環境や食べ物によって、引きこされることが多く、
腐った食材、また細菌感染した魚などには、十分警戒するべきです。
死亡することはめったにありませんが、かなり苦しい症状が出ると言われてます。

 

 
☆★☆ 吐血性腸炎に、罹らないために、為すべきこと。

細菌に因る感染が、一番の原因でありますので、何かを食べる際は、
食材を確りと調理をするようにすることが大切です。

特に、魚や肉などの生ものは、出来る限り火を通してから、食べることです。
これだけでも、だいぶ感染予防ができると思います。

原因はなににしろ、吐血症状があった場合は注意が必要です。
血を吐くこと自体、ビックリし、かなり同様するかもしれませんが、冷静になり、
すぐに病院で診察・治療を受けるようしてください。

早期治療が悪化を防止し、治療期間を短くする事になるのです。

 

 
☆★☆ 吐血性腸炎と胃炎との関係

稀なことですが、腸の炎症を引き起こす細菌が、胃にも感染してしまうと、
胃炎を引き起こし、それが原因で吐血症状を発症することがあります。

吐血症状の前には、基本的に胃痛や嘔吐などの症状が多く見られますので、
この段階で治療することが、悪化を予防する重要なポイントでありますす。

このように、吐血性腸炎も胃炎も細菌感染を原因としているという共通点から、
吐血の原因となる、胃炎を引き起こす細菌が、腸に感染している状態と、
言えるのかもしれません。

胃に出血があり、吐血した時の特徴として嘔吐が見られます。
この場合は、血液が胃の内容物や胃液と化学反応することで、嘔吐物に混じった、
血液は黒っぽくなっているという特徴もあります。

吐血症状に加えて、下腹部の痛みを訴えるようであれば、胃だけではなく、
腸にも異常があると推定できますので、その際は医療機関を受診してください。

吐血

胃の病気には激しい胃痛や吐血を引き起こしてしまうものがあります。一般的には胃がんや、胃潰瘍、そして胃炎などがあります。胃潰瘍と胃炎、二つの病気を合わせて胃粘膜病変とも言うことがあります。

ここでは、胃痛が吐血を引き起こす関係について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 胃痛を起こす、病気の原因は、ストレスです。

胃に関する病気の原因の殆どは、ストレスが多いといわれています。

例えば、仕事の悩みなどの、精神的なストレス・酒の飲み過ぎによるストレスが、
あげられます、このストレスの日々の蓄積が、病気を発病してしまうのです。

毎晩かなりの量の晩酌をしている、仕事の事で良く眠れない日が続く、等々、
これらのことは、胃にダメージを与え続け、炎症・潰瘍・癌、までも発病する、
リスクを高めてしまっています。

他には、喫煙もこれら病気のリスクを、高めることが分かっています。

もし、心当たりがあるようであれば、日々の生活を見直し改善することが重要で、
気分転換や休肝日を作ることを、努めて心がけるようにして下さい。

美味しいお酒も、やりがいのある仕事も、胃痛から吐血するような事になったら、
苦労して積み重ねた、実績も何も無くなってしまいます。

 

 
☆★☆ 胃痛と言う異常信号に、気付くことが大切です。

胃痛から吐血症状が出てしまった場合は、病気の進行はかなり悪化しているのが、
予想できますし、治療にはそれ相当の、時間と体力が必要となってきます。

それには、吐血症状が出る様な迄に、悪化してしまう前に、症状に気付くことが、
重要なポイントといえます、精神的なストレス・胃痛・げっぷ・満腹感・違和感
等を、少しでも感じるようでしたら要注意として気を付けてみることです。

そのためには、何よりも正しい生活習慣を身に着けることが大事です。

飲酒・喫煙 等は、量を抑え、たしなみ程度の楽しみと、されたら良いのでは、
と思います、とにかく過剰な量は、決して身体によい訳はありません。

また、忙しさにかまけて、身体から発する危険信号を無視し続けていると、
やがては、取り返しの付かないことになるかもしれません。

胃痛などの異常が見られる場合は、まず身体を休め、確りと病院で検査と診察を、
受けるようにして下さい。

 

 
☆★☆ 胃痛に加えて、吐血症状を起こす病気の注意点。

胃には、胃がん・胃潰瘍・胃炎 等、激しい胃痛や吐血を引き起こしてしまう、
病気があり、胃潰瘍と胃炎、この二つの病気を合わせて‟胃粘膜病変”とも、
言うことがあります。

胃の粘膜が、何らかの原因で傷つけられ、そこから出血することで、吐血症状は、
発症するものです、然し、胃痛は吐血までに至る、よりも前に発症しておるもの、
ですが、疲れなどを理由として、見過ごされがちであるのも、少なくないです。

きりきりするような鋭い胃痛が、継続的に続くようだったら注意が必要でしょう、
どの様な病気であっても、なにかの痛みや症状が長い期間続くようでしたら、
それは何かの病気のサインと捉えて欲しいと思います。

胃の病気の代表的な症状が胃痛であり、進行すると吐血が引き起こります。
そのために、吐血症状が見られたら、相当病気が進行していると考えられるので、
すぐに病院で治療をするようにして下さい。

吐血

嘔吐時、吐物に血液が混じることがあります。
過食嘔吐のために、口の中・のど・食道・胃のどこかに、傷が出来ての吐血です、
特に、強い痛みが無い場合は、胃と食道の境目の表面の、裂けかもしれません。

繰り返す嘔吐によって、食道・胃に負担がかかったために、胃と食道の継ぎ目の、表層粘膜が裂けてしまうことがあるのです。
これが、「マロリー・ヴァイス症候群」という状態です。

ここでは、過食嘔吐と吐血に関して、詳しく見てみましょう。

 

 
☆★☆ 過食嘔吐とはどんな病気でしょうか。

過食嘔吐と吐血症状の、とても密接な関係があるのです。

と言いますのは、この病気が長引くことがあると、消化器官を傷つけてしまって、
嘔吐だけではなく、吐血症状までをも、引き起こすことがあるからです

名が表す通り、というのは、食べ過ぎで、嘔吐してしまう病気です。

身体の生理反応ではない嘔吐は、自分でのどを刺激したり、水を大量に飲む事で、
嘔吐を誘発することができます。

過食嘔吐は、精神的なものが原因といわれており、『 痩せたい 』という願望が、
過剰に表面化したものといわれています。

吐血症状が出るというのは、相当数嘔吐を繰り返している、ことが予想できます。

 

 

☆★☆ 過食嘔吐が引き起こす、吐血の原因について。

繰り返される過食嘔吐があると、たびたび食道や口頭を胃酸が通ることで、
そこの粘膜を傷つけてしまい、出血症状を引き起こし、吐血してしまうのです。

これを「マロリー・ワイス症候群」といいます。

主に、傷つけてしまう部位は、食道と胃のつなぎ目の部分や食道自体です。
吐血は、大量の飲酒やつわりによっても、引き起こされますが、
過食嘔吐のおいても、良く見られる症状です。

また、過食嘔吐で出血した血液が、そのまま消化器官を流れ出て、下血となって、
現れることもあります。
そのために、タール便と呼ばれる、通常の便の色より黒い便になったりします、

これは、胃や食道からの出血であることを現す、典型的な症例です。

 

 

 
☆★☆ 過食嘔吐からの、吐血の特徴

過食嘔吐からの吐血には、その血液には特徴があります。

それは、吐かれた血の色は、比較的鮮やかな赤色ということです、
過食嘔吐で、吐かれる血液は出血して間もないため、このような色をしています。

血液の量そのものは、対して多く無い様ですが、嘔吐物が大量に出るために、
血液の量が多いと、錯覚することがあるようですが、心配はいりません。

然し、頻発に吐血があると、慢性的な貧血となるために注意が必要です。

また、胃酸が失われることで、体内のイオンバランスが崩れることがありますし、
心臓の脈拍に大切な、カリウムを失ってしまうために、
不整脈といった重篤な症状を引き起こすこともあるのです。

 

 

 
☆★☆ 過食嘔吐と吐血が見られたら、まずは病院で診察です。

過食嘔吐の際に、吐血症状が見られる様なときは、消化器官に相当のダメージを、
受けていることが予測できます。

しかしながら、本人は病的に痩せなければと思っていたり、異常に気付いて無い
ことがほとんどのようです。

過食嘔吐や吐血症状で、周りに苦しんでいる人がいるのであれば、
まずは病院に連れていくようにしてください。

そのまま放置していては、身体が持たなくなるので、早めの対応が必要です。

吐血