吐血の記事一覧

吐血とは、咳と一緒に、血液が口から出てくる状態で、病気を患っていたり、
多くのストレスを感じていると、この様な症状が出てくる場合があります。

ここでは、吐血が起きた際の看護に関することについて、紹介しております。

 

 
☆★☆ ストレスが起因して起こる病気が、吐血の原因です。

吐血の原因としては、食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍 等の病気が一般的です。

外傷があって、食道・胃・十二指腸が直接損傷して、吐血する事はまずなく、
むしろ、頭部外傷からの強いストレスがあり、急に、胃にびらんや潰瘍が発生し、
出血が起こり、それで、吐血が起こることがあると考えられます。

何度も繰り返し咳をしてしまい、その後に、血を吐くことが多いのですが、
なかには、最初の咳で吐血してしまう人もおられます。

その症状についても、病気によって様々に異なり、血を吐く現象により、
焼けるように喉が痛かったり、呼吸困難になってしまうと言う症状もあります。

数十分もの長い間、血を吐くなどを、反復繰り返してしまうこともあるので、
症状を良く観察しておくことも、看護をする上で、とても大切なことです。

体調が悪かったり、身体で何かおかしいとか、吐血が起こる前の症状も、、
気になることが有った場合は、すぐに病院に行き、診察する様にしてください。

吐血は、病気などが原因に考えられますが、ストレスが原因で吐血する人も、
多くおります。

これらの、症状を良く観察し、医者に伝えることも看護の一環と思います。

 

 
☆★☆ 具体的には、吐血は、以下の病気が原因となります。

吐血する原因となる病気は実に様々です、呼吸器系の病気であったり、
消化器系の病気も考えられますし、実は他の場所にあることもよくあります。

吐血する病気には、どんなものがあるか、具体的に紹介します。

■ 消化器官の病気
消化器官の病気で、吐血してしまうというのは非常に多いようです。
食道・胃・十二指腸は上部消化器官とも言われ、具体的には以下の病気です。

・胃がん ・胃潰瘍 ・十二指腸潰瘍 ・食道静脈瘤

消化器系疾病の場合は、血液の色が比較的黒に近いような色をしていますが、
食道静脈瘤だけは、真っ赤な鮮血であること・血液量が多いことが特徴です。

■ 呼吸器官の病気
何らかの異常が肺や気管支に生じ、吐血してしまうことがあります。
炎症や細菌の繁殖が主な原因ですが、具体的には以下のような病気です。

・肺がん ・気管支拡張症 ・肺結核

消化器官の吐血と違うところは、血液量が少量でかつ色も鮮やかということで、
咳き込む様子が見られた場合は、呼吸器官を疑うといいでしょう。

これらのことも看護には、大切な情報と言えます。

 

 
☆★☆ 吐血を見た場合の、看護の仕方を学びましょう。

吐血した人を見かけた場合は、ためらわずに次の看護を行ってください。

①吐物が、気管に入らないように、左を下にして、顔を横向きに寝かせます。

②吐血が一応治まったら、冷たい食塩水でうがいをさせ、口中を綺麗にさせます。
うがいによって嘔気を誘発するようなら、ただちに中止する。

③胃部を氷のうなどで冷やします。
このとき胃部を圧迫しないように、氷のうを調節してつるすのがコツです。

⑤談話を禁じます、必要な場合は筆談にします。

⑥吐血後、医師の指示で、1~2日間絶食させます。
口が渇いたら 、冷水や番茶などでうがいをさせます。

吐血があった場合は、救急車を呼び、病院に急行することが第一ですが、
応急処置として、吐血による窒息が起こらないように、気道確保に要注意です。

また、顔面の外傷患者は、鼻出血や口腔内の出血を飲み込み、
吐き出すことで 大量の吐血をすることがありますので、注意が必要です。

吐血

一般的に、みぞおちの辺りにかけて、痛みが出るのが、十二指腸潰瘍です。
この痛みは、胃潰瘍の場合は食後に出ますが、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に、
出やすいとされています。
実際には、この様な痛みは感じなくとも、内視鏡検査では潰瘍が見つかる患者も、いるので、一概には言いきれないものもあります。

ここでは、十二指腸潰瘍と吐血関係について、詳しく説明しています。

 

 
☆★☆ 十二指腸潰瘍での、吐血の発症について。

十二指腸に、何らかの原因で炎症が発生して、潰瘍や腫瘍 等ができますと、
吐血や下血が、起こったりすることが良くあります。

吐血は、胃がむかむかして、重苦しい感じとなり、十二指腸潰瘍で出血した、
血液が口から吐き出されるのです。

この際に、吐き出される血液の色は、十二指腸の様な消化器系の場合は、出血後、時間が経過していることと、胃酸の影響があって、黒褐色に変色しています。

逆に、紅赤色の鮮血の場合は、肺などの呼吸器系からの出血と思ってください。
但し、消化器系であっても、食道動脈瘤が破裂しての吐血も紅赤色の鮮血です。

吐血した場合の患者本人は、苦しくて顔が青ざめて、冷汗が出てきだして、
不整脈になったりすることも有ります。

吐血した場合、この様な症状が出ましたら、直ぐに救急者を呼ぶのは当然ですが、
救急車が到着する前の応急処置として、吐血物によって窒息が起こらないように、
吸引などでの気道確保が必要になります。

 

 
☆★☆ 吐血の多くは、ストレスが起因して起こる病気が原因です。

吐血とは、嘔吐や咳と一緒に、血液が口から出てくる状態で、病気を患ってたり、
多くのストレスを感じていると、この様な症状が出てきます。

何度も嘔吐や咳をしてしまい、その後に、血を吐くことが多いのですが、
なかには、最初の嘔吐や咳で吐血してしまう人もおります。

その症状も、原因となる病気によって様々異なり、血を吐く現象により、
喉が焼けるように痛かったり、呼吸困難になってしまうと言った症状もあります。

血を吐くなどを、数十分もの長い間、反復繰り返してしまうこともあるので、
良く症状を観察しておくことが大切です。

身体で何かおかしいとか、体調が悪かったりとかの、吐血が起こる前の症状にも、
気になることが有る様な場合は、すぐに病院に行き診察することが大切です。

吐血とは、病気などの他に、ストレスが原因で、吐血する人も多くおります。

自分次第で、ストレスの発散させることが出来れば、ストレスを感じなくなり、
病気にも罹りにくくなり、吐血をすることもなくなると思います。

吐血

胃・小腸・大腸の粘膜に、生じた炎症のことを胃腸炎と言い、微生物による、
感染症で起こるものが普通ですが、化学物質や、薬の摂取が原因とし、
起こることもあります。

ここでは、胃腸炎の吐血に対する原因と処置に関する事を、説明しています。

 

 
☆★☆ 胃腸炎の、症状と原因について

胃腸炎とは、胃・小腸・大腸の粘膜に、生じた炎症のことをいっております。
通常、胃腸炎は、微生物による感染症で起こるものですが、
毒性のある化学物質や、薬の摂取が原因として起こることもあります。

胃腸炎の診断は、幾つかの検査と、
患者が、最近汚染された人に接したか、汚染された食物や水を摂取ししたか、
抗生物質を服用していないかに、基づいて行います。

排便後や便に触れた後に、確りと手を洗うことが、感染症を防ぐ最善の方法です。
抗生物質はある種の細菌を根絶する場合にのみ使います。

胃腸炎に罹ってしまうと、軽症から重症までの下痢が起こるものですが、
食欲不振・吐き気・嘔吐・痙攣痛・腹部不快感 等の症状も伴う事が良くあります。

普通、健康な成人の場合は、普通は症状が軽く、不快感と多少の不便が起きます。

然し、重い病気に罹っている人・衰弱している人・乳幼児・かなりの高齢者は、
脱水症状がが起きて、体液の電解質バランスが崩れ、命に係わることがあります。

胃腸炎になる、原因としては、
胃腸炎を起こす感染症には、人から人へと広がるものがあり、下痢をしている人が
排便後にしっかり手を洗わないと感染しやすくなります。

感染している人の、便に汚染された物に触れた後に、口を触った場合も、感染が生じます。感染者の便により生じる感染は、全てべて糞口感染と呼ばれます。

患者は時に大勢の場合もあり(この場合は流行といいます)、感染した人の便で、汚染された食べものや、飲料水から感染が広がることもあります。

どんな食品でも、加熱調理や殺菌が不十分だと細菌で汚染され、胃腸炎の原因に、
なることがあります。

プールの水が人の便で汚染されていた場合、玉に汚染された水を飲んでしまって、
感染することもあります。
感染性の微生物を持っている動物に触れることで胃腸炎を起こす場合もあります。

感染性胃腸炎の原因には、ウイルス・細菌・寄生虫があり、毒性のある化学物質や薬が原因で胃腸炎が起こることもあります。

 

 
☆★☆ 胃腸炎で血を吐くことがあるのでしょうか。

胃腸炎に罹ると、典型的な下痢、吐き気、嘔吐、腹痛があります。
嘔吐の際に、粘膜の炎症で出血した血液が、食道を逆流して、嘔吐と一緒に、
口から吐き出されることも有り得ます。
 吐血(とけつ) とは。
吐血の原因とは、食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気が一般的です。

外傷で、食道・胃・十二指腸が直接損傷して、吐血するのはまずありません、
むしろ、頭部外傷からの、強いストレスで、急に胃にびらんや潰瘍が発生し、
出血が起こり、それで、吐血が起こることが多いと考えられます。

吐血した場合、救急車が到着する前、の応急処置として、吐血によって窒息が、
起こらないように、吸引などでの気道確保が中心になります。

 

 
☆★☆ 急性胃腸炎の症状・原因・治療について

急性胃腸炎の症状としては、胸やけ、むかつき、嘔吐などから始まりまして、
みぞおち辺りにかなりの痛みが生じたり、 吐き気やゲップがよく現れたりします。

症状が酷くなってくると、吐血や下血が現れるようになり、それに従って食欲が、
極度に減退します。
食中毒などの場合は、吐き気に加え、高熱が出るようになります。

急性胃腸炎の原因としては、
・口の中にいれるもの。
・食べ物や薬剤などが関係しているもの。
・細菌などの感染から起こるもの。
がありますが、現代人は、かなりストレスなどの影響もあるようです。

具体的には、食べ過ぎ・強刺激の香辛料・アルコール類・非ステロイド系消炎・
鎮痛剤・ステロイド剤・抗がん剤・塩酸や硫酸などの強酸・アルカリの強いもの・砒素・パラコートなどが関係しています。

急性胃炎の治療としては、病状の程度や原因よって異なりまして、一般的には、
食事療法と薬物療法が併用した処置がとられる様です。

食事療法では、軽い症状の場合は、食事回数と食事の量を減らす処置がとられ、
吐血や下血を起こしている場合は、食べ物を控える処置がとられる様です。

食中毒が原因の急性胃腸炎の場合は、高熱や激しい下痢で脱水症状を起こす、
危険性があって、点滴注射が必要となることもあります。

病原性大腸菌による場合の治療については、細菌毒素が体内に回らないように、
早期に治療を行うことが大切になります。
腐ったものを口に入れた場合は、体内に吸収しないように胃の洗浄が行われます。

薬剤療法では、胃酸分泌抑制剤、胃粘膜保護剤、消化剤などが使用され、
ストレスがかなり悪影響を及ぼしている場合は、精神安定剤の使用される場合も、
あるようです。

吐血

肺炎は、日本人の死亡原因としては、番目に多く、特に65歳以上の高齢者では、
1番多い病気ですが、年代には関係なく、誰にも罹り易い感染症でもあります。

ここでは、肺炎からの吐血に関することついて、詳しく見てみます。

 

 

☆★☆ 肺炎とは、どんな症状・原因で、吐血することはあるか。

肺の司る機能は、体内の二酸化炭素と、体内に取り込んだ酸素を交換する、
重要な器官です。

肺の組織が、細菌などの病原体に感染し、炎症を起こしてしまうのが肺炎です。

細菌:肺炎の原因としては、最も多く、細菌性肺炎と呼んでいます。
ウイルス:インフルエンザウイルス等が原因で、ウイルス性肺炎と呼んでいます。
他の病原体:マイコプラズマ、鳥を媒介して感染するクラミジアがあります。

感染する原因としては、高齢である、他の疾患に罹った、等々の理由によって、
身体の免疫力が低下し、肺に病原体が侵入して、感染するケースが多いようです。

特に、風邪やインフルエンザに罹って、ウイルスに気管が傷つけられてしまうと、
病原体を体外に排出することができず、肺炎に罹り易くなってしまいます。

肺炎の主な症状としては、咳・痰・発熱・胸痛・息苦しい等、良く風邪の症状と、
間違えられやすいですが、症状が長引き、風邪よりも重い症状なのが特徴です。

また、病原体によっては、咳・熱があまりでない場合もあり、風邪と勘違いする、ケースも多い様なので、注意が必要です。

肺炎は、放っておくと重症化しやすく、入院治療が必要になってしまうこともあり風邪が長引いたり、高熱や激しい咳が、3~4日も続くようでしたら、
医療機関を必ず受診して下さい。

 

 
☆★☆ 肺からの出血は、吐血とは言わず、喀血と言います

 喀血(かっけつ) とは。
一般的には、結核・肺がん・気管支拡張症 等が、喀血の原因となる病気です。
胸部の外傷・気管・気管支損傷等、外傷の時に起こる喀血もあります。

出血量が少量であれば、自然に止血することも多いのですが、量が多いと、
呼吸不全や窒息を起こすことがあるので、病院に搬入後は、気管挿管と呼ぶ、

気道の確保の後に、人工呼吸を行ったり、気管支鏡を用いた止血術を、
行うことがあります。

 吐血(とけつ) とは。
吐血の原因とは、食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気が一般的です。

外傷で、食道・胃・十二指腸が直接損傷して、吐血するのはまずありません、
むしろ、頭部外傷からの、強いストレスで、急に胃にびらんや潰瘍が発生し、
出血が起こり、それで、吐血が起こることが多いと考えられます。

吐血した場合、救急車が到着する前、の応急処置として、吐血によって窒息が、
起こらないように、吸引などでの気道確保が中心になります。

肺
☆★☆ 肺炎は、お年寄りには、特に注意が必要です。

前述した様に、肺炎の症状は風邪の症状と良く似ていますが、基本的には、
症状が長引く、かぜの症状よりも重い、などの違いがあります。

特に注意が必要なのは、お年寄りの場合です。
お年寄りは、症状がでにくく、周囲の人も気がつかずに過ごしてしまいがちで、
重篤な状態になって初めて、医師の診察を受けるケース多いのです。

お年寄りは抵抗力が弱いため、肺炎にかかりやすいですから、次のような症状が、ある場合には、すぐに罹りつけの医院を受診してください。

・いつもよりも、元気が無い
・食欲が無く、好きなものも食べたがらない。
・意識がもうろうとしている。
・呼吸や脈拍が早い。

医者を受診の時は、身近な人が付き添い、症状などを医師に伝えて下さい。

吐血

吐血とは、赤い血液が口から吐き出してしまう、状態を言っております。
吐血を起こす原因となる病気は、様々あると聞きますが、実際はどの様な病気で、
どんな症状になるのでしょうか。

ここでは、吐血の原因となる病気について、詳しく見てみます。

 

 

☆★☆ ストレスが起因して起こる病気が、吐血する原因です。

吐血というのは、口から血液が、吐き出てくる状態を言っておりまして、
多くのストレスを感じ続けていると、内臓器官に病気を患う事が多くあって、
その結果として、この様な症状が出てくる場合があります。

また吐血の症状も、病気によって様々異なっており、血を吐く現象によっては、
喉が焼けるように痛かったり、呼吸困難になってしまうと言う症状もあります。

長時間もの間、血を吐く状態を、反復繰り返してしまうこともあるので、
症状を良く観察しておくことも大切です。

体調が悪かった状況だったり、身体で何かおかしいと感じる状態だったり等の、
吐血が起こる前の症状についても、気にかかることがあるような場合には、
すぐに病院に行き、診察・検査することが大切です。

吐血とは、病気などが原因に考えられますが、ストレスが直接の原因で、
吐血する人も多くストレスには注意が必要です。

自分独自で、ストレスの発散させることを心得ていれば、ストレスを感じなく、
病気にもかかりにくくなったり、吐血をすることもなくなります。

 

 
☆★☆ 吐血する病気とは、多岐にわたっており様々です。

吐血する原因となる病気は様々で、消化器系の病気だっり、呼吸器系の病気も、
考えられますし、実は他の場所にも、原因があったりすることがあります。

具体的に吐血する病気には、どんなものがあるか、以下に紹介します。

 消化器官の病気での吐血
消化器官の病気で、出血してしまい、吐血するというのが、一番多いようです。
上部消化器官とも言われる、食道・胃・十二指腸には、以下の病気です。

・胃がん
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・食道静脈瘤

食道静脈瘤については、真赤な鮮血であることと、血液量が多いのが特徴です。
他の3疾病の場合は、血液の色が比較的黒に近いような色をしています。

■ 呼吸器官の病気での吐血
肺や気管支になんらかの異常が生じて、出血し吐血してしまうことがあります。
炎症や細菌の繁殖が主な原因ですが、具体的には以下のような病気です。

・肺結核
・肺がん
・気管支拡張症

消化器官の吐血と違うところは、血液量が少量で色も鮮やかということです。

咳き込む様子が見られた場合は、呼吸器官の病気を疑うのが筋でしょう。

 

 
☆★☆ 吐血と、喀血との、違いとは何かについて。

■ 吐血(とけつ) とは。
吐血の原因とは、食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気が一般的です。

外傷で、食道・胃・十二指腸が直接損傷して、吐血するのはまずありません、
むしろ、頭部外傷からの、強いストレスで、急に胃にびらんや潰瘍が発生し、
出血が起こり、それで、吐血が起こることが多いと考えられます。

吐血した場合、救急車が到着する前、の応急処置として、吐血によって窒息が、
起こらないように、吸引などでの気道確保が中心になります。

また、顔面の外傷患者は、鼻出血や口腔内の出血を飲み込んでしまい、それを、
吐き出すことで、大量の吐血をすることがありますので、ので注意が必要です。

■ 喀血(かっけつ) とは。
一般的には、結核・肺がん・気管支拡張症 等が、喀血の原因となる病気です。
胸部の外傷・気管・気管支損傷等、外傷の時に起こる喀血もあります。

出血量が少量であれば、自然に止血することも多いのですが、量が多いと、
呼吸不全や窒息を起こすことがあるので、病院に搬入後は、気管挿管と呼ぶ、

気道の確保の後に、人工呼吸を行ったり、気管支鏡を用いた止血術を、
行うことがあります。

吐血

一口に吐血とは言っても、良く観察してみると、様々な症状が考えられます。
血液量はどうか、血の色はどうか、下血は出ているか、腹痛は出ているか 等々、
吐血以外にもこれら症状が見られることがあるのです。

ここでは、吐血の症状から、病気を判断するについて、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ どんなものが、吐血の症状に、見られるのか。

吐血の症状は、原因とされる病気によって様々です。
血液の量・下血の有無・血液の色・腹痛の有無・・・・・等々、吐血以外にも、
これら症状が見られることがあるのです。

そして、一つ一つの症状を繋いでいくことで、病気を特定して行けるのです、
以下に、それらの症状を記してみました。

■ 吐血症状と血液量について
吐血してしまった際は、血液量を見ることが、とても重要なことです。
大量の出血を伴う場合では「食道静脈瘤」というような病気が考えられますし、
咳き込無用なときに、少量の血液が出るようであれば、気管支や肺の病気を、
疑うことができます。

出血が多量の場合は、非常に危険な状態であって、ショック状態に陥ること、
も十分に想定できますし、命の危険性もあるため、早急な治療を必要とします。

少量の場合であっても、継続的に吐血している様な場合であれば、
潰瘍やがんが考えられるので、十分な注意が必要でしょう。

■ 吐血症状と下血について
下血と言うのは、肛門から血液成分が排出される症状のことを言っています。

トイレットペーパーに血液が付着する程度のこともあれば、
便に血液が赤くどろっと付着していているなど、様々な状態があります。

吐血を伴う病気を患っているときは、タール便という非常にどす黒い便が、
出ることがあります。

これは、胃や十二指腸で出血した際に、血液が、食道ではなく小腸の方に、
流れてしまい、大腸で便と一緒になることで起こります。

黒っぽい便になるのは、血液が長い消化管を通るために、化学変化を起こし、
変色してしまっているためです。

■ 吐血症状と腹痛について
腹痛は、胃・十二指腸・食道と言う様な、上部消化管の異常で良く見られる、
症状であり、吐血した後に、腹部の痛みが見られるようであれば、潰瘍・炎症・ がん 等々の可能性が十分に考えられます。

具体的にいいますと、胃粘膜病変・胃癌・胃潰瘍・十二指腸潰瘍 等があり、
つわり・飲酒などの、度重なる嘔吐がありますと、胃の粘膜から出血する、
マロリー・ワイズ症候群というのもあります。

 

 
☆★☆ 吐血についての、原因にはどんなものがあるか。

血を吐いてしまうという症状は、精神的・身体的なストレスが原因のことが多く、仕事などで、毎日強いストレスを感じている様な人は、胃・十二指腸に潰瘍が、
出来易いことが以前からわかっています。

喫煙や過度なアルコール摂取は、胃の粘膜に傷をつけ易く、急性の胃粘膜病変を、起こしてしまうことがあります。

これら病気を防ぐためには、ストレス発散のために、適度な運動と、気分転換を、
行うことを心がけるとともに、喫煙や飲酒にも気遣いが必要と考えます。

 

 

 

☆★☆ 吐血しない様にするための、予防方法について。

吐血をしないための、予防としては、
自分にとり、ストレスと感じているものを、改善していくことが大切です。

人間と言う生き物は、ちょっとしたことで、ストレスと感じなくなったり、
感じたりするのが激しい生き物なので、自分にとって、何が、ストレスになる、
かを把握していることが大切です。

何かにつけて、直ぐに薬などに頼る人もいます。

そのような方は、日頃から良く医者と話し合って置く事が大切になってきます。
自分で勝手に薬を選んで、失敗することもあったり、逆に悪化させてしまったり
することも多々あります。
周りの意見を聞いたり、医者に頼ったりすることが、大切なことになります。

吐血

猫の吐血に飼い主が気づくのは、大抵は、部屋の床などに血がついていた場合や、
猫のケージ内やベッド、トイレなどで見つける場合が多いです。
この様な場合、見た目ではあまり変化を感じませんが、良く観察していると、
よたついていたり、元気がないという事もあります。

ここでは、猫の吐血に関する対処方法ついて、詳しく見てみましょう。

 

 
◆◇◆  考えられる、猫の吐血と、不調の原因は何でしょう

猫の吐血か否かは、出血箇所を特定する事が最初の作業です。

猫が出血した原因として、まず、怪我や傷を考えますます、外傷などが無い場合は、
体内からの出血を疑います、口・鼻・子宮・肛門からの出血を考えましょう。

■ 鼻の炎症による出血
鼻からの出血があった場合は、副鼻腔炎などが多いです。
膿を伴って出血している事もあります。

■ 陰部・泌尿器からの出血
陰部からの出血だった場合、子宮蓄膿症・猫下部尿路疾患 等が考えられます。
泌尿器が異常の場合は、熱中症・膀胱炎 等が原因での血尿である事もあります。

子宮蓄膿症に関しては、レントゲン検査や超音波検査などで調べします。
猫の下部尿路疾患に関しては、お腹を触って確認してから、尿検査を行い‟ph”を
確認することで診断します。

■ 循環器系・呼吸器系からの出血
心臓や肺などに問題があった場合は、喀血してしまう事もあります。
喀血の場合は泡を吹いてしまう事もありますが、猫の場合、この喀血を飲んで
しまう事も多いため、飼い主が留守だった場合は気がつきにくいかもしれません。

■ 消化器系からの出血
猫の吐血の場合、胃潰瘍や胃炎などで、吐いた物の中に血が混ざる事があり、
この場合、血は消化液によって茶色っぽい状態で、吐しゃ物に混ざっています。

 

 
◆◇◆  猫の吐血には、どう対処するかについて。

猫の吐血に気付いたら、まずは、何よりも先に意識の確認をして下さい、
もし、意識が無い場合には、必ず心拍や呼吸の、有無を確認ししてください。

その確認をしたうえで、大きなタオルの上などに乗せ、体を動かさない様にして、
安静を保ち、出来れば簡易担架を作って、早急に獣医師に診てもらう事です。

喀血の場合は、出血がやわらげ、失血のリスクを低減する目的で、アイスノン等で、
胸や首に当てて冷やして下さい、血管の収縮させて、出血を最小限に出来ます。

大切なのは、猫の状態や症状をよく観察して、獣医に詳しく伝えることです、
これによって、診断や対処が正確になりますので、慌てずに確りし行動して下さい。

 

 
◆◇◆  猫の吐血には、まずは、猫の生態の知識をつけておく。

■ 猫の体内の血液量は思ったよりも少ないです。
猫の血液量は、体重の7%以下と(3kgの猫であれば200ml位)考えて下さい、
人間にとっては、少量見えても、猫からすると大量の出血量かもしれません。

■ 猫は、体調が結構悪くても、我慢する動物であることです。
見るからにおかしいな、と感じた時は、かなり具合が悪い場合が多いです。

出血があった時には、念のために獣医に診せるようにしましょう。
喀血の場合は急を要する事が多いので、一刻も早く連れて行くようにしましょう。

■ 犬には生理がありますが、猫には生理がありません。
猫は、交尾した時に排卵する動物です、生理での出血はまず無いと考えて下さい。
陰部からの明らかな出血がある様な時には、異常がありっ病気であることを、
疑って病院へ連れて行くようにしましょう。

吐血

喀血と吐血、口から血を吐くという症状は、とても似てはおりますが、
出血場所に大きな違いが有り、細かい点でも基本的に違いが有るのです。

ここでは、喀血と吐血との違いについて、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 喀血は、具体的には次の病気が、原因となります。

吐かれた血液を良く観測し、喀血と吐血を見極める事が、とても重要なことで、
肺声門より下部の、気管・気管支・肺実質からの出血を喀血といいます。

呼吸器官の病気が中心で、肺や気管支に異常が生じると、喀血してしまいます、
炎症や細菌の繁殖が主な原因ですが、具体的には以下のような病気があります。

・肺がん
・肺結核
・気管支拡張症

他には、肺炎・肺梗塞・肺化膿症・肺ジストマ症・塵肺・激しい咳・血管疾患、
等々もあります。

胃・腸などの、消化器官の吐血と違うところは、喀血は肺に由来するために、
血の色はとても鮮やかな鮮紅色となり、泡沫状が多く、水に浮く特徴があります。

出血量が少量であれば、自然に止血することも多いのですが、量が多くなると、
呼吸不全や窒息を起こすことがあります。

この場合、病院に搬入後、気管挿管と呼ぶ気道確保の後に、人工呼吸を行ったり、
気管支鏡を用いた止血術を、行うことがあります。

咳き込む様子が見られた場合は、呼吸器官を疑っても良いでしょう。

 

 
☆★☆ 吐血は、具体的には次の病気が、原因となります。

吐かれた血液を良く観測し、喀血と吐血を見極める事が、とても重要なことで、
吐血の原因は、消化器系の病気が中心ですが、実は他の場所であったりもします。

消化器官の病気で、吐血してしまうというのは、非常に多い症状で、
食道・胃・十二指腸は、上部消化器官とも言われ、具体的には以下の病気です。

・胃がん
・肝硬変
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・食道静脈瘤
・病気ではありませんが、副作用で吐血してしまう医薬品もあります。

吐かれた血液については、上部消化管からの出血ですので、次の特徴があります。

・暗赤色
・泡がない
・水に沈む
・胃液のために酸性
・喀出物に食物残渣が混じっている

尚、食道静脈瘤の場合は、真赤な鮮血であることと、血液量が多いのが特徴です。

吐血した場合の応急処置として、救急車が到着する前にやっておくるべきことは、
吐血による窒息が、起こらないように、吸引などの気道確保が中心になります。

また、顔面に外傷を負った患者は、鼻出血や口腔内の出血を飲み込み、
吐き出すことで、大量の吐血をすることがありますので、見分けに注意が必要です。

 

吐血

飼犬が、急に血を吐くと、飼い主の動揺は、計り知れないと思います。
血を吐くという事は、軽い病気でないことは、明白ですが、いざ吐血したときに、飼い主がパニックにならず、冷静に判断や対処ができるように、したいものです。

ここでは、犬の吐血の症状に、隠れている病気ついて、詳しく見てみましょう。

 
◆◇◆  犬の吐血は、SOSかを推察する、飼い主の義務です。

飼犬が血を吐くところを見ていればいいのですが、見てない所で血を吐いたり、
その血の量が少量だったりすると、犬がその血を飲みこんだり、吐いたものを、
舐めてしまって、症状が飼い主に届かない場合があります。

そのため、犬の健康状態は毎日管理し、犬の発するSOSを察知してください。
犬が、口から血を吐き出すという症状には、大きく分けて次の2種類です。
   
① 喀 血
気管支や肺などの呼吸器の粘膜の、炎症・腫瘍などが原因であり、
血の色は鮮やかで、血液に少量の泡が混じっていたりします。

肺炎・肺水腫・気管支炎・咽頭炎 等とった、呼吸器の炎症のほかに、
事故・ケンカなどで、肺や気道が傷ついていることも、原因に考えられます。
また、フィラリア症・心不全・肺癌である可能性もあります。

② 吐 血
食道・胃・十二指腸 等の、消化器で起こる、炎症・損傷・腫瘍 等が原因で、
出血して吐出されるまで、時間が経過し、黒ずんで泥っとした血液が排出され、 なかには、未消化の食べ物や消化液 等が混じっていることもあります。

消化器系でも、口の中や喉などから出血した場合は、血液は黒ずみませんし、
歯周病を原因とする、口腔内出血は、涎に血が交じっている程度で少量です。
また、口腔内の腫瘍によって、度々出血が繰り返されることもあります。

犬が吐血した時は、口の中の異常の有無を、犬が暴れたり、嫌がらない程度で、
チェックしてみることも大切です。

さらに、鼻腔内の炎症・腫瘍で出血が起き、それが口腔内に流れ込んでいる、
可能性もあるので注意が必要です。

急性胃炎・慢性胃炎・腫瘍 等が原因で、消化管の粘膜が炎症を起こし、
ただれたり、腫瘍ができたりして、出血していることが考えられます。
さらに、異物の誤飲により、消化管が傷つけられている可能性もあるでしょう。

吐血の症状がある場合、肛門からの出血により、便に血液が混ざる、
下血という症状がみられることもあります。

 
◆◇◆ 出血量や出血頻度にも、関心を持ち適切な対応を。

喀血・吐血に関わらず、出血量が多い・短時間に何度も吐く・激しく咳込む・
呼吸困難・チアノーゼ 等々の症状がみられる様な場合は、命にかかわる危険性が高

くなりますので、良く観察してください。

この場合は、大至急動物病院へいきましょう、時間が経てば経つほど、
取り返しのつかない状態になってしまう恐れがあります。

出血が止まらない症状がある場合には、血液が固まりにくい疾患である、
血小板減少症・血友病などの、遺伝病を持っている可能性があります。

この様な犬は、ちょっとした出血でも、命取りになるので、動物病院で適切な、
処置をしてもらわなければなりません。

興奮させたり、呼吸を苦しくさせたりすることが有るので、無理に口を開かせ、
吐いたものを拭き取ろうとはせずに、血を吐いてしまったら、まずは安静です。

首輪・胴輪・衣服 等は全て外して、呼吸を楽にさせてあげて下さい。
さらに、吐いたものを誤飲しないように、頭を下に向けさせ、仰向けにして、
抱き上げたりしないよう、十分注意してください。

 
◆◇◆ 犬の吐血症状の病気について、少し詳しく説明します。

■ 肺水腫
肺炎の悪化や心臓疾患によって、肺に多量の液体がたまり、酸素交換が妨げられ
ている状態を指します。

発症初期は、咳が出たり、鼻水が出る程度ですが、進行すると咳が止まらず、
血の混じった、泡状の鼻水が出てきます。

舌や歯肉が紫色になるチアノーゼや呼吸困難症状が現れ、横たわるのを嫌がり、
お座り姿勢をとり続ける様である場合は、かなり重症と思ってください。

■ 急性胃炎
嘔吐を何度も繰り返し、ときには血が混じることもあります。
水を飲んでは、嘔吐を繰り返すので、脱水症状に陥る場合もあります。

■ 慢性胃炎
吐く状態が数週間も続くので、食欲が減少し、胃粘膜がただれて血を吐いたり、
黒っぽいタール便を出します。
 
■ 血小板減少症
出血の際、血液を固める役割の、血小板が減少することで起こる病気です。

口や鼻などの粘膜や、白い被毛の犬の皮膚に、紫色のあざのような出血斑が、
見られるのが特徴で、進行すると尿などに血が混じるようになります。

鼻血が止まらなくなることもあり、重度になると貧血を起こします。
主に感染症や白血病などが原因で発症しますが、マルチーズなどは遺伝に
よる場合もあります。
この病気は、症状を抑えられても完治することはありません。

吐血

酒豪と言われる方でも、決して酒の飲み過ぎは、身体によい訳はありません。
「肝硬変」や「マロリー・ワイス症候群」と言った病気に罹ってしまい、
吐血したり、死にもつながることも有ります。

ここでは、飲み過ぎが、吐血症状に至る係わりついて、詳しく紹介しております。

 
☆★☆ 飲み過ぎで、吐血症状に至った、経験談を紹介します。

酒を飲み過ぎは、いとも簡単に吐血症状を、引き起こしてしまうことがあります。
酒の飲み過ぎで、吐血した経験は、筆者の私にはありませんが、二日酔どころか、
三日酔までに至ったことが有ります、酒はほどほどに、嗜むことが大切です。

飲みすぎて、吐血した経験がある、友人の話を、簡単に紹介します。
勤務先での、同僚の送別会の時らしいですが、職場先輩に酒を無理矢理薦められ、
いつも以上に、かなりの量のお酒を飲んだらしいのです。

友人は、もともと酒に強い体質で、酒に自信もあり、当日は気分が良かったのか、
いつもよりペースが進み、ついつい飲み過ぎてしまったらしいのです。

帰宅は午前様で、玄関につくなり、急に気分が悪くなり嘔吐してしまい、
それが何度も、吐いては治まり、収まってはまた吐きを、繰り返した様です。
そんなこんなしている内に、嘔吐物が赤く染まってきたとのことです。

少量らしいのですが、血液が嘔吐物に混じっており、いわゆる吐血してしまい、
それを見て酔いも急に覚めてしまったとのことです。

危険を感じながら、寝ていた奥さんを起こし、救急車を呼び、入院しました。
大事に至らなかったとの事ですが、奥さんに怒られたのは、間違いありません。

 
☆★☆ 吐血の原因は、飲み過ぎが意外と多いです。

友人の、吐血の原因は、嘔吐を繰り返すことによって、胃酸が逆流することで、
消化器官が傷ついてしまい、出血症状が起こったらしいです。
これが「マロリー・ワイス症候群」と呼ばれるものです。

酒の飲み過ぎが、嘔吐を誘発して、消化器官から出血してしまっていた様です。
私も、酒は強いと自負してましたが、この話を聞きショックで動揺したことを、
覚えております。

そのごは、当然のことながら、友人も私も、酒の量は控えるようになりました。

「マロリー・ワイス症候群」という病気は、重症化するということは殆ど無く、
処方薬を飲み、暫く安静にして過ごすことで、出血も止まるそうなのですが、
暫くの間、医者からは消化器官へ刺激を与えない様に、食事は制限される様です。

 
☆★☆ 飲み過ぎする事のないよう、酒は楽しんで飲みましょう。

飲み会などでは、誰でも羽目をはずすことは、抑えたほうが良いようです。

特に、お酒に弱い人には、飲むのを強要しない様に周りは気を付けたいものです、
飲み過ぎは、嘔吐してしまうことも十分ありますし、度を越してしまった場合は、
吐血してしまうことさえもある事を、認識して楽しんで飲むことが必要です。

アルコールは、気分を良くし、楽しくさせてくれる、作用がありますが、
飲みすぎは、身体にとっては、楽しいどころか、毒以外何物でもありません。

たとえ少量の吐血ではあっても、吐血してしまう症状は、消化器官のダメージが、
大きいので、くれぐれも酒の飲み過ぎには、十分注意するようにして下さい。

他に、お酒の飲み過ぎで、吐血症状を起こす、もう一つの病気があります。
「食道静脈瘤」という病気です。

酒の飲み過ぎによって起こる「肝硬変」が、原因となって吐血してしまいます、
吐血量が多く、命の危険性さえもある病気です。

「肝硬変」は、普段からアルコール度数の高いお酒、相当の量を飲んでいる人が、良く罹る病気で、比較的時間をかけて発症する事が多いようです。

このような事態にならない様、周りからも注意してあげることが大切です。

吐血