側弯症の記事一覧

背中7

腰椎変性側弯症は、腰椎変性・側弯変形により、腰痛・下肢痛・痺れ・歩行障害 等中年以降に生じるもので、病態は複雑であり、側弯があると言って必ずしも症状が、生じるわけではなく、原因がどこにあるかを精査する必要があります。

ここでは、腰椎変性側弯症とは、どの様な病気かについて、詳しく説明しています。

 

 
★★ 腰椎変性側弯症 ・・・ 腰痛の原因はなにか。

腰椎変性側弯症は、加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して椎体を支える力が弱く
なり、腰椎が左右に曲がったりずれたりする疾患です。
さらに、腰痛や下肢痛を生じ、多くは「脊柱管狭窄症」を合併します。

「腰部脊柱管狭窄症」は好発年齢を50歳以降とし、腰・下肢痛をきたす疾患です。

腰椎には、脳から繋がる神経が入っている、「脊柱管」というトンネルがあり、
この「脊柱管」が狭くなって、神経が挟み込まれた状態を「脊柱管狭窄症」といい、
腰椎後方(背中側)の黄色靭帯が肥厚してしまい、椎間関節が変形して厚くなり、
神経を押してきます。

症状で、典型的なものは、臀部から下肢の後面を通り、下腿部や足まで放散する痛み
や痺れで、これを「坐骨神経痛」と言っています。

安静時には症状が無くても、少し歩くと痛み・痺れ・脱力感が現れてきて、歩くこと
が困難となり、休むことで暫くは復活しますが、再度歩行すると同じ症状が現れる、
といった「間欠性跛行」と呼ばれる歩行障害をきたします。

病状が進行することで、下肢の筋力が低下したり、排尿時の違和感や便秘 等が、
起こることもあります。

背中7 ★★ 老人の背中

 

 
★★ 腰椎変性側弯症の症状と治療方法。

加齢に伴い、椎間板や椎間関節が変性する、脊椎疾患の「腰椎変性側弯症」とは、
本来は、真直ぐであるべき椎体の、骨のブロックが左右にずれたり、変形したりし、さまざま症状をもたらします。

主な症状としては、腰や背部の痛みですが、この症状が進行してくると神経を圧迫し
下肢の痺れ・痛み・筋力低下 等が起こり、日常生活に影響する場合があります。

この症状を、緩和するための治療方法としては、「保存的療法」と「手術療法」が
あり、症状・レントゲン写真・MRI画像 等を診て、担当医師が適した治療法を、決定します。

■ 保存療法としては、
・内服治療
・コルセットによる局所の安静
・硬膜外、神経根ブロック注射  等を行います。

■ 手術療法としては、 
・XLIF(eXtreme Lateral Interbody Fusion)
2013年より日本国内にて始められた、最新の「低侵襲脊椎固定術」です。
然し、難易度が非常に高いため、受けられる施設もごくわずかです。

これで従来の術式に比べ、出血量・傷口・入院期間、が大幅に短縮されました。

これまでは、長期療養が必須だった、「多椎間脊椎固定術」の患者に対しても、
医師の確認が必要ですが、退院後直ぐに、日常生活・デスクワークに、復帰可能
となりました。

重労働、スポーツ復帰出さえも、手術後約3~6ヵ月で、可能となりました。

側弯症

背中6

脊柱が正常ですと、正面からも背面からも、ほゞ真っ直ぐに伸びて見えますが、
横から見た場合は、前後にカーブしており(左側から見た場合はS字型にみえる)、
これを「生理的弯曲」といいます。

この弯曲状態が異常であることを「脊柱変形」といいます。
「脊柱変形」は、脊柱が捻じれながら横に弯曲していく「側弯症」、後方に凸に曲が
ってくる「後弯」側弯と後弯が合併したのを「後側弯症」の3つに分けられます。

多くの患者は、殆どが「側弯症」であり、原因のわからない「特発性側弯症」で、
ついで、生まれつき背骨の奇形をともなっている「先天性側弯症」が多いです。
この他に、脊椎以外の病気による「変形症候性側弯症」など、様々にあります。

ここでは、側湾症の治療で、手術療法を行うことについて、説明しております。

 

 
★★ 特発性側弯症の早期発見について

生まれつき椎体に奇形があったり、癒合したりして起こるのを「先天性側弯症」
と言います。

一方「特発性側弯症」は、成長とともに発症して進行する、原因不明の側弯症であり
発症時期で「乳児期側弯症」「学童期側弯症」「思春期側弯症」に分類されます。
欧米では「乳児期側弯症」が最も多く、日本では「思春期側弯症」が最も多く、
特に、女子に多く発症します。

「学童期側弯症」「思春期側弯症」は、学校検診で発見されることが多いのですが、
担当する医師は、整形外科医とは限らないために、見落とされる場合もあります。
どちらにしても、他の疾患同様に、早期発見・早期治療が基本です。

早期発見のためには専門医による側弯症検診が重要ですが、 検診の実施については都道府県によって異なります。

正式な側弯の角度は、エックス線写真で、特殊な計測方法を用いて計り、脊柱が左右
に10度以上弯曲すると「側弯症」と診断されます。

ちなみに、外見上は20度位までの側弯は、専門家が見ればわかりますが、一般の人
には30度を超え無いとわかりません。

風呂で、お子さんの背中が、歪であるなどの体型の異常に気づいて、受診される方も
多くあるようです。

背中6★★ 入浴で気づく子供の側湾症

 

 
★★ 治療についての、手術療法の適応判断は?

治療方法には、側弯の程度により違いがありますが、まず「装具療法」を行います。この他「体操療法」「電気刺激」「メラトニン(ホルモン)療法」等がありますが、現実に治療効果があるのは「装具療法」といえます。

側弯症の「手術療法」としては、「矯正術」が行われます。
「矯正術」は、矯正率(術前と術後の角度の割合)で評価し、通常の場合は、矯正率は70%を超え、安定した成績を得られる手術といえますし、さらに矯正率が80%超えると、見た目で殆ど正常の方とわからなくなります。

一般的には、胸椎の場合は、湾曲が50~55度を超えたら「矯正術」を考えます。
胸椎で40度以下であれば、肋骨の隆起が目立つ様な、特殊タイプを除いては、ほとんど手術は行いません。

手術が必要な理由は、50度超える湾曲が有ると、成長が止まった後も、体の重さで椎体や椎間板がくさび状に変形するなどして、年に1度・2度と進行しまいます。
つまり、胸椎の場合、50~55度以上では成長が終了した後でも、進行するリスクが高いので、手術の適応となるのです。

胸椎の上部の場合は、進行することが少ないので、多少曲がっていても余り目立ち
ません、よって手術の適応となることは、多く有りません。

胸椎~腰椎の移行部の場合では、湾曲が40度を超えたら手術を考えます。
胸椎から腰椎の移行部の腰椎では、腰痛などの自覚症状を取り除くことと、後々の
椎間板の変性を考えて、手術が適応となるのです。

側弯症

背中2

側湾症(側弯症・側彎症とも表記します)とは、背骨がS字状に横に曲がってしまう
病気で、「機能性側弯症」と、「特発性側弯症」の2種類があります。

■ 「機能性側弯症は」、悪い姿勢や日常生活の癖などで筋肉のバランスが崩れて、
背骨が曲がり、へび背とも呼ばれます。

■ 「特発性側弯症」は、成長とともに背骨が湾曲する、原因不明の側弯症で、
思春期の女子に好発し、背骨がS字に曲がると同時に、捻じれが加わります。

ここでは、側湾症になった時の、治療方法について詳しく説明しております。

 

 
★★ 側弯症の、主な原因と症状について。

序文で「特発性側弯症」は、その原因は不明で、思春期女子に多いこと記しました。
側湾症全体の、約7割は、この特発性側弯症です。

「特発性」とは「突発性」のことではなく、原因がわからないという意味です。

「機能性」とは、へぶ背とも呼ばれ、身体のどこかの部分の不調が原因となって、
身体がゆがみ、そのバランスをとろうと背骨が湾曲します。

事故などの衝撃や、ヘルニアなどの腰痛が原因で、背骨が曲がることもありますし、
老化などで筋力が弱まると、筋肉のバランスが崩れ、へび背になりやすくなります。
■ 「機能性側弯症」の症状は、
腰痛・五十肩・背中痛 等の発症があり、また、湾曲した背骨に内臓が圧迫され、
消化が悪くなったり、便秘・下痢 ん 等の、様々な不調が現れます。
体の代謝が落ちるので、痩せずらくなったりします。

■ 「特発性側弯症」の場合の症状は、
背骨が曲がっても、直接的な痛みはありませんが、肩こり・腰痛・股関通・節痛
を起こすことがあります。
子供の場合は、痛みは軽度ですが、落着きがない・集中力がない・運動が苦手・
立つ時片足に体重をかける・比べて疲れやすい 等の漠然とした症状が、現れるこ
とが多いです。
主に側湾症は、成長期の子供と、中年以降の方に起こるものとがあります。

側弯症の症状の進行がすすむと、次の様に外見にも歪みが発症してきます。
・顔が歪む
・手足の長さが違う
・肋骨の凹凸が違う
・首が傾く(斜頸する)
・肩甲骨の、凹凸が違う
・左右の、肩の高さが違う
・ウエストの、くびれが違う
・バストの、大きさが明らかに違う

背中2 ★★ 女性のまっすな\愚な背中

 

★★ 側弯症の治療には、どんな処置が必要か。

側湾症の治療には、原因は不明とはいっても、身体のバランスに何らかの崩れが、
関係していると考えられますので、まずは骨盤を矯正するのが早道です。

側湾症の患者さんは、必ず骨盤がゆがんでいます。
骨盤が歪むことで、背骨が曲がってしまったのならば、骨盤を真っ直ぐに整えれば、背骨は自然と真っ直ぐに戻ろうとするはずです。

無理に真っ直ぐにさせるのではなく、身体の手足のバランスを調整することにより、本来のバランスを取り戻そうとする力を助けて、骨盤を整えていく方法です。

成長期のお子さんの場合は、進行も早いものですが、治りも早いですので、できるだ
け早く治療を開始しましょう。

「特発性側弯症」の場合は、整形外科でレントゲン写真で、湾曲の角度を測ります。
ほとんどの場合は、S字を描いていますので、頸椎・胸椎・腰椎の3か所です。

■ 軽 度
湾曲の角度が30度以下で、軽度の場合は、「経過観察」となります。

■ 中 度
湾曲の角度が30度を越している場合は、矯正装具を装着します。
湾曲が進行する成長期に、コルセットで固定して、進行を遅らせるのが目的です。

■ 重 度
角度が50度以上で、湾曲がひどい場合や、腰痛等が併発して症状がひどい時、
内臓への影響がある場合は、手術を勧められます。

いずれにしても、原因が不明なので、明確な治療法が確立していない現状です。
成長期を過ぎて、進行が止まったとしても、背骨は曲がっている状態ですので、
大人になって筋力が衰えたときなどに、様々な不調が出てきます。

側弯症

背中1

側湾症は、早期発見で、適切な治療をすれば、手術には至らない病気です。
然し、発見が遅れ不幸にも進行してしまった場合、残念ですが、手術することを、
ためらってはいけない病気でもあります。

この判断は、専門の整形外科医でも、医師より異なることもありますので、患者は
悩まれることが有ると思います。
ここでは、側湾症の診断のための検査について、詳しく説明しています。

 

 
★★ 側湾症とは、いったいどんな病気でしょうか?

側湾症の読み方は「そくわんしょう」と言い、正式には「側彎症」と書くのですが、
漢字が難しいので、現在は「側湾症」と書くようになったと言うことです。
本来は「側弯症」と書きますが、「側湾症」書く場合もあるようです。

側湾症の診断と治療には専門的な知識と経験が必要で、次の3つの治療法の判断に、
・放置しておいてもよいのか、
・保存的治療(手術以外の治療)が必要なのか、
・手術をしたほうが良いのか

十分な診察と検査を行う必要があります。
この診察と検査には、身体検査・X線検査・CT検査・MRI検査・超音波検査・
血液検査 等の、必要な検査を行ったうえで診断し、治療方法を決定します。

側湾症の治療の第一歩は診断です。
X線画像を見て、背骨が曲がっているからと言って、すぐ側側湾症と決めつけ、治療をするにはいきません。
しっかりとした検査と診断をしてから判断し、治療を開始するべきものです。

主に側湾症は、成長期の子どもと、中年以降の方に起こるものとがあります。

 

 
★★ 側湾症の原因の、検査と診断はどの様にする?

一口に側湾症といっても、その病気の原因は様々で100種以上もあるとされます。

まず、側湾症の原因を良く調べることが大切です。これは他の病気でも同じですが、
側湾症とは背骨が曲がっているということで、その原因を調べる必要があります。

頭のてっぺんから、爪先つま先まで、まなく診察して、身体の状況を調べます、
知覚検査や反射などの神経の検査も行い、X線などの補助検査を行ったうえで、
今、考ええられる診断をつけなくてはなりません、もちろん治療法も異なります。

側湾症は、放置してしまうと進行する病気でもあり、特に注意が必要ですので、
専門医での正確な診断と、適切な治療を受けられることをお勧めします。

背中1  ★★ 真っ直ぐな背中

 

 
★★ 側湾症の学校検診と自分で出来る検査

義務教育の小中学校では、学校保健法で脊椎の検診が義務付けられているのですが、検診の方法はさまざまですが、背中に縞状の光を当てて検診する、「モアレトポグラフィー」が一般的のようです。

参考に、義務教育の小中学校時期に起きる側弯症を、以下に区別しています。

■ 学童期側弯症
3~10歳で発症するものです。
約6割は、治療しないと進行してしまいます。

■ 思春期側弯症
もっとも多い年齢層で思春期に発症します。
右胸椎カーブが多く、圧倒的に女子に多いです。

側弯症を、自分で自分の身体を検査する方法を紹介します。

■ 鏡に上半身を写して自分の身体を見てみましょう。
・右と左の肩の高さは、同じですか?
・両腕と腰の間のすきまは、右左とも大きさ・形が同じですか?

■ 他の人にチェックしてもらってください。
・右と左の肩甲骨の高さは、同じですか?
・身体を捻ら無い様に注意し、左右の手のひらを合わせ、身体を前かがみにしま、
右と左の背中の高さや、腰の筋肉の高さは同じですか?

この検査で、左右が違うからといって、すべて側弯症とは限りませんので、かならず
専門医にいってレントゲン検査を受けてください。

側弯症

新生児

ブロックのように積み重なって、脊柱を構成している1つ1つの骨を、「堆体}と、
と言い、 首の部分を「頚椎」、胸の部分を「胸椎」、腰の部分を「腰椎」と言い、
「仙骨」は、一番下の部分です。

正常なら、正面から見た時の、脊柱は真直ぐですが、もし、左か右にカーブしていた場合、その状態を「側弯症」といいます。

一方、横から見る脊柱は、3つの緩やかなカープになっております。 最初は首で、緩やかに後ろにカーブし、胸部分で、今度は前のほうに緩やかにカーブし、最後に、腰の部分で緩やかに後ろにカーブしているのが正常です。

これは、身体への負担軽減のために、カーブしているので、逆に、カーブがなくて、真直ぐですと、負担が増えてしまい、痛みが出てきます。

ここでは、側弯症の症状とは、どの様なものかについて、詳しく説明しています。

 

 
★★ なぜ側弯症になるのか、原因は何か?

側弯症の発症の原因は沢山あり、「先天性」や、「遺伝性疾患」によるものなど、
原因がわかっているものもありますが、然し全体の8割は、原因のわからない側弯症
で、これをといいます。

「特発性」とは、「原因がわからない」という意味で、「突発性」とは違います。
また、側弯症が「遺伝」するというよりは、「側弯症になりやすい体質」が「遺伝」するものと考えられています。

「先天性」には、つぎのものがあります。
・出生時にすでにあった脊椎の異常による「先天性側弯症」
・中枢神経系統の異常による「脳性麻痺」等
・結合組織の異常「マルファン症候群」等
・筋肉の病気の「筋ジストロフィー」等
・遺伝子異常の「ダウン症候群」等

レントゲンで確認しても異常がないのですが、外見的に背骨が曲がっているように見えてしまうもので、こうした側弯症は治療の必要はありません。

「構築性側弯症」は、所謂「特発性側弯症」のことで、症状の進行を防ぐことは、
できません。

これに対して、経過観察や治療を必要とする側弯症を「機能性側弯症」といいます。

 

★★ 側弯症だと、どのような外見・症状になるか。

弯曲が大きくなると、幾つか物理的な影響が出てくる可能性があります。

・足の長さが違ってくる可能性があります。
・胸郭がだ円形になり、左右どちらかの肋骨が、他方より目立つこともあります。
・女子の場合、バストの形が左右で違って見えることもあります。
・肋骨の間隔が不均等になると、肺機能が影響を受ける場合があります。

これにより、スポーツをするのが難しくなるかもしれませんが、、側弯症によって
行動が大幅に制限されることは無いと思います。

側弯症の背骨のカーブは、脊椎の特定の場所に現れることが多く、特に、現れやすい
部分というのもあり、カーブ位置によって、背中の見た目も異なり、また治療も微妙
に異なってくる場合があります。

以下に、側弯症のカーブの位置による分類について説明します。

■ 胸椎型
特発性側弯症のなかでも、もっとも多いカーブ・パターンの一つです。
右側へのカーブの場合が多く、肋骨の捻れが目立ちやすいので、見つけやすい。

■ 胸腰椎型
これも、特発性側弯症に多く見られる、カーブ・パターンです。
カーブの長さが長くなる傾向があり、肋骨の捻れや肋骨の盛り上がりは、胸椎型
よりは目立たないが、それでもかなり目立つ方です。

■ 腰椎型
背中の下のほうに現れ、左側にカーブしている場合が多いです。
カーブは目立ちにくいが、他の種類のカーブより柔軟性が少ないです。

■ ダブル型
逆方向の2つのカーブがある、S字型カーブを示します。
2つのカーブが、互いにバランスを取ろうとするために、一番目立ちにくく、
痛みも出にくいとされてまする。
一見すると、背骨が曲がっていないように見えます。

新生児 ★★ 乳幼児の側弯症は自然治癒します

 

 
★★ 側弯症の発症年令による、分類は次の通りです。

■ 乳幼児期側弯症
だいたい、3歳になる前に発症するもので、数は非常に少ないです。
男児に多く、治療せずとも自然に治るケースが多い。

■ 学童期側弯症
3~10歳で発症するものです。
約6割は、治療しないと進行してしまいます。

■ 思春期側弯症
もっとも多い年齢層で思春期に発症します。
右胸椎カーブが多く、圧倒的に女子に多いです。

■ 成人期側弯症
約8割は、思春期から特発性側弯症だったのですが、大人になるまで気づかないで
いたものです。

■ 変性側弯症(老人性側弯症)
加齢による側弯症です。

側弯症

背中3

脊椎の構成は、7つの頚椎・12の胸椎・5つの腰椎に分けられて出来ていまして、
正常な脊椎であれば、前から見た場合直線状ですが、横から見る、頚椎は前に、
胸椎は後ろに、腰椎は前にカーブしておるものです。

側弯症とは、この脊椎が、前から見て10度以上も曲がる状態のことを言っており、
原因は色々とありますが、多くはその原因が明確でない「特発性側弯症」です。

ここでは、側弯症とは、どの様な病気かについて、詳しく説明しています。

 

 

★★ 側弯症とは、いったいどんな病気か?

側弯症とは、7つの頚椎・12の胸椎・5つの腰椎で、構成されている脊椎が、
通常は前から見るとて直線なのですが、何かが原因して、10度以上も曲がった
状態になることを指しております。

多くの側弯症は、成長期の子供に発症しますが、自覚症状がほとんど無いために、
本人も周りの人達も気づかないことが多く、外見の変化が明らかに分かる頃には、
脊椎の変形が相当進んでいる場合もある様です。
従って、治療のタイミングを逸しないためには、何と言っても早期発見が大切です。

側弯症になる原因には、神経・筋肉の病気・外傷・腫瘍 等、色々とありますが、
多くはその原因が明らかでない「特発性側弯症」といわれるものです。

 
★★ 「特発性側弯症」になる、色々な原因があるようです。

前記した様に「特発性側弯症」の原因は分かっておりません、と言うより原因が、
分からない側弯症を「特発性側弯症」と言うのです。

脊椎におこる側弯症は、次のように「機能性側弯症」と「構築性側弯症」の、
二つに分類されております。

■「機能性側弯症」は、
生活習慣や姿勢の悪さから生じる側弯症のことです。
日常生活の中で、要因を取り除くことにより、改善される可能性があります。
・習慣性の不良姿勢によるもの(姿勢 等を注意することにより改善)
・腰椎椎間板ヘルニアなどの痛みによるもの(椎間板ヘルニアの治療で改善)
・骨盤の傾斜によるもの(脚長差・股関節の病気 等、靴の高さ調整で軽減)

■「構築性側弯症」は、
いわゆる「特発性側弯症」のことで、症状の進行を防ぐことはできません。
脊椎自体に異常があり、姿勢を変えても矯正できない側弯症で、この8・9割は、
現在でも原因が不明な「特発性側弯症」です。
・先天性側弯症
・外傷性側弯症
・脊椎側弯症
・脳性小児マヒによる側弯症
・神経疾患の合併症による側弯症
・その他の原因による側弯症
・成長時期の側弯症(乳児期側弯症・学童期側弯症・思春期側弯症)

 背中3 ★★ 高校野球選手の背中

 

 

★★ 側弯症は、自然治癒する?・進行する?・遺伝する?

■ 自然に治癒しますか?
「構築性側弯症」の場合は、自然治癒する可能性は極めて低く、治療する以外に、
治癒する事はありません。

「機能性側弯症」の場合は、自然治癒する可能性は高いと考えられます。
然し、一部の「乳幼児側弯症」「学童期側弯症」の場合は、経過観察中にカーブが
減少することがあります。

■ 成長期を過ぎても側弯症は進行しますか?
一番悪化する時期は、成長期ですので、神経線維腫症・神経筋性側弯症 等の特殊
な原因によるものを除けば、一般に成長期が終了で側弯は進行しません。
但し、高度な弯曲を有するものは、成長終了後も少しずつ進行しますので、
定期的なレントゲンによる経過観察が必要です。

■ 側弯症の遺伝はありますか?
最近、遺伝子関与の研究報告が散見されますが、はっきりとした遺伝子や発症形式
は分かっておりません。

側弯症