低血糖の記事一覧

読者の皆さんの中で、空腹時や食後に”痙攣” や”冷汗”の症状が、

ある場合は、低血糖症ではないかと疑ってみる必要が有ります。

 

“痙攣” や”冷汗”症状が、空腹時や食後にあるということは、

血糖値が下がってしまった時に起きる、ホルモン分泌のために、

血管が収縮して、一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

心臓3

 

 

■□ 食後や空腹時に ”痙攣” や”冷汗”が出る様な場合は

通常、一般の医師の場合、低血糖と言うと、

糖尿病で治療中の患者がインスリンを多く打ちすぎた時だとか、

インスリン産生腫瘍(インスリノーマ)等の特殊な病態で起きる、

としか認識されおりません。

 

“痙攣” や”冷汗”等の症状が現れた場合は、

その様な原因で症状が出たのではなく、

低血糖状態が頻繁に起きていると考えた方が良いようですので、

専門医の診察を受け判断してもらうことをお勧めします。

 

この様な症状の場合の、低血糖状態と言うのは、

私たちが生活をしてゆく上で、非常に重要な機能である、

『 糖をもとにして、エネルギーを生産 』という、

働きが、うまく活動しなくなってしまう、

いわゆる「代謝異常」の状態を意味ししているのです。

 

このような代謝異常で「機能的に血糖の調節がうまくいかず、

血糖が下がってしまう」と言う病態を

『機能性低血糖症』と呼んでおります。

肩こり2

  

 

■□ ありとあらゆる症状が起こりえる、低血糖症について

“痙攣”や “冷汗”だけではなく、

”目のかすみ””吐き気””耳鳴り””顔面の感覚がなくなる”

”視野が狭くなる””体のどこかお痛み”などなど、

現代医学では説明がつきにくい症状が起こることがあるのです。

 

これら ”痙攣” や”冷汗”等の様々な症状は、

血糖値が下がってしまった時におこる、

アドレナリンなどのホルモンの分泌が、血管を収縮して、

一時的な血行障害が起こるためと考えられております。

 

CTやMRIなどの医療器械を使って検査を行っても、

このような症状に対しては、何も異常が見つかることは無いです。

MR!

こういう患者さんにに対しては、

適切な栄養素の補給と食事の内容の改善を行うことで、

“痙攣” や”冷汗”等の様々な症状は改善していくのです。

 

低血糖

“空腹の時”や”食時の後”に「しびれ」の様な違和感がある場合は、

低血糖症を疑ってみる必要があります。

 

空腹時の「しびれ」の症状は、

血糖値が下がってしまった時に、

ホルモン(アドレナリン等々)が分泌されるため、血管が収縮し、

一時的な血行障害が起こることからくるものと考えられています。

 心臓病

 

◆◆ 食時の後や、空腹の際時に「しびれ」が起こる場合

 

食後や空腹時に「しびれ」がでる様な場合は、

低血糖症の神経障害と疑ってみる必要がありますので、

一度専門医に診てもらうことを、是非お勧めします。

 

低血糖と言うと、一般の医師の場合は、

糖尿病の患者が、インスリンを、多量に打ちすぎた時とか、

”インスリノーマ ”などの、特殊な病態で起きるの程度としか、

認識されて無いのが通常です。

 

「しびれ」等の症状が発生した際は、

そうでは無く別の原因で低血糖状態が頻繁に起きている、

と考えた方が良いようです。

 

この場合での低血糖状態と言うのは、

”糖 ” をもとにして「エネルギーを生産する」という、

私たちが日常生活を行っていく上での、

非常に重要な機能がうまく働かなくなってしまう、

いわゆる「代謝異常」の状態を意味しております。

 

このような「代謝異常」の状態で

「機能的に血糖の調節がうまくいかず、血糖が下がってしまう」

と言う病態を「機能性低血糖症」と呼びます。

 

胃潰瘍

 

 

 

 

◆◆ ありとあらゆる症状が起こりうる、低血糖症

 

低血糖症の場合は、ありとあらゆる症状が起こりえますが、

「しびれ」の他に

例えば、吐き気・耳鳴り・視野が狭くなる・目のかすみ・

顔面の感覚がなくなる・体のどこかに痛みが起きる等々、

現代医学的にも説明がつきにくい様な症状が起こる事があります。

 

「しびれ」等のこれらの症状というは、血糖値の低下した時に、

アドレナリンなどのホルモンが分泌されるために、

血管が収縮し、一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

 

このような症状に対してCTやMRIなどの検査を行っても、

当然、何も異常が見つかることはありません。

 

こういう患者さんに対しては、

適切な、「栄養素の補給」と「食事の改善」を行うことで、

「しびれ」等のこれらの症状は、改善していくものなのです。

 

temptation_pi-08063

 

低血糖

”空腹 ”になると、低血糖を起こす病気や条件があるようです。

例えば、何も食べないで大量のアルコールを飲んだりすると、

肝臓に蓄えられている糖の放出を、アルコールがを妨げますし、

 

肝臓疾患者は(ウイルス性肝炎・肝硬変・肝臓癌など)、

充分に肝臓に糖を蓄えられなくなります。

 

乳児や小児に場合、糖消費を制御する酵素系に異常がある子ですと

空腹時低血糖になりやすいのです。

 

食後や空腹時にめまいがする場合は、低血糖症を疑ってみる必要があります、一度専門医に診てもらうことをお勧めします。

 

めまい症状は、空腹時にアドレナリンなどのホルモンが、分泌され血管が収縮して一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

 医師・検査

 

 

 

 

 

 

◆◇ 空腹時に低血糖を起こす幾つかの病気や条件がある。

 

血糖値が低いと、多くの器官の機能が妨げられてしまいます。

 

”脳 ”の場合は、糖を主なエネルギー源としておりますので、

低血糖の際には、特に敏感に反応します。

 

通常の範囲を超えて大幅に血糖値が低下してしまうと、

これに反応した”脳 ”は、

 

副腎を刺激してアドレナリンを、膵臓を刺激してグルカゴンを、

下垂体を刺激して成長ホルモンを、それぞれ放出させます。

 

これらのホルモンは、全て肝臓から血液に糖を放出させます。

 

多くの尿病患者の場合、よく低血糖を経験することがありますが、

糖尿病でない人には、低血糖症状はめったに起こりません。

 

それは、運動量が多かったり、

糖尿病の薬を服用後、普段より食べる量が少なかったりした場合、

薬の作用で血糖値が低くなりすぎることがあるからです。

 

空腹時低血糖は、

食事なしで時間がたつと適度な血糖値を維持できなくなります。

 

健康人であれば、長時間の空腹や、長時間の激しい運動でも、

絶食後であっても、低血糖を起こすことはまず無なさそうですが、

稀に、空腹時低血糖を起こすことがあります。

 

大量のアルコールを、何も食べずに飲んでいると、

肝臓に蓄えられた糖の放出を、アルコールが妨げてしまいます。

 

ウイルス性肝炎・肝硬変・肝臓癌などの肝臓疾患者は、

肝臓に糖を十分に蓄えられずに、

糖消費を制御する酵素系に異常がある乳児や小児は、

空腹時低血糖になりやすいです。

 

以上の様に、糖尿病でなくても低血糖疾患を起こし易い人は、

通常の一日3食だけでなく、少量の食事を何回も摂ることで、

低血糖が避けられますので、是非試してみて下さい。

 

酒宴

 

 

 

 

◆◇ 食後や空腹時に起こる、”めまい ”の場合

 

食後や空腹時に”めまい ”がする場合は、

低血糖症を疑ってみる必要があります、

一度、専門医で診断されることを推奨します。

 

普通、一般の医師は低血糖と言いいますと、

糖尿病患者のインスリン打ちすぎた時だとか、

インスリノーマ(インスリン産生腫瘍)などの、

特殊な病態で起きること程度でしか認識していません。

 

然し、”めまい ”など、そうではない原因で、

低血糖状態と言うのは、頻繁に起きていると考えるのが正解です。

 

この場合の低血糖状態と言うのは、糖を基に「エネルギーを作る」

私たちが生きていく上で非常に重要な機能が、

上手に働かなくなってしまうという、

いわゆる「代謝異常」の状態を意味します。

 

このような

「血糖の調節が機能的にうまくいかず、血糖が下がってしまう」

と言う病態を「機能性低血糖症」と呼んでいます。

 

低血糖症では、あらゆる症状が起こりえます。

 

例えば

めまい・耳鳴り・目のかすみ・体のどこかに痛みが起きる

・一時的に視野が狭くなる・一時的に顔面の感覚が無い等々、

現代医学的にも説明がつきにくい症状が起こることがあります。

 

これら”めまい ”等の症状は、血糖値が下がってしまった時に、

アドレナリンなどのホルモンが分泌されるため、

血管が収縮して一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

 

こういった症状に対して、

「CT」や「MRI」などの高度な検査を行ったとしも、

何も異常所見が出る様なことは、当然にありません。

 

こういう方に対しては、

適切な栄養素の補給と食事の改善を行うことで、

”めまい ”等の症状が改善していく事を理解してください。

 

笑う2

低血糖

空腹時や食後において、”吐き気 ”を もようす様な場合は、
まずは、低血糖症を疑ってみる必要があるようです。

それというのは、
一般的に、空腹時に起こる ”吐き気” の症状は、
血糖値が下がった時に、アドレナリンなどのホルモンが分泌され、
そのために、血管が収縮してしまい、
一時的に血行障害が起こるためであると、考えられています。

つわり
◇ 血糖値が低くなると、血圧が一時的に上昇します。

低血糖症かなと、疑ってみる必要があるのは、
食後や空腹時に ”吐き気” がする場合です、
その様な症状があれば、一度専門医での診察をお勧めします。

”低血糖”と言うと、通常の場合ですと、
糖尿病の患者が、間違えてインスリンを多く打ちすぎた時だとか、
「インスリン産生腫瘍」などの、特殊な病態で起きることでしか、
一般の医師には認識されていません。
※ インスリン産生腫瘍(インスリノーマ)
膵臓に生ずる、インスリン分泌内分泌腫瘍のことで、
大部分は「ランゲルハンス島B細胞」由来の腫瘍である。
この場合の低血糖状態と言うのは、
”糖”を基にして「エネルギーを作る」という、
我々が生きる上でとても重要な機能が、上手く働かない状態になる、
所謂「代謝異常」の状態になることを意味しています。

この様な
「機能的に血糖の調節がうまくいかずに、血糖が下がってしまう。」
と言う病態を「機能性低血糖症」と呼んでいます。

E146_ishidaiseikou_TP_V
◆◇ 低血糖状態は、他の原因で頻繁に起きているとも考えられる。

低血糖症の場合の症状は、ありとあらゆるかたちで起こりますが、
「吐き気」「耳鳴り」「目のかすみ」「一時的に視野が狭くなる」
「一時的に顔面が無感覚になる」「体の一部に痛みが起きる」等々、

現医学的には説明がつき難い様な、症状が起こることがあります。
これら”吐き気”等の症状は、
血糖値の低下症状時に、アドレナリン等のホルモンが分泌される為に、

血管が収縮して一時的な血行障害が、起こるものと考えられます。

この様な症状に対して、CTやMRIなどの精密検査を行ったとしても、
何ら異常所見が出ることは当然にありません。

こういう患者に対しては、適切な栄養素の補給と食事の改善の、
指導を行うことによって、吐き気等の症状が改善して行きます。

病院・CT検査

低血糖

 

低血糖の症状になると、意識レベルが低下して、冷汗が有り、
身体の表面は冷たくなってきます。

そんな状態なので、血圧も下がってそうに思いますが、実は逆であり、
低血糖発作の時には高頻度で血圧は上昇するということがわかりました。

低血糖の時の血圧はどのように変化するのでしょうか、
低血糖血圧の関係について、調べてみましたので、参考になれば幸いです。

検査

 

 

◆◇ 血糖値が低くなると、血圧が一時的に上昇します?

血糖値が低くなってしまうと、アドレナリン等の、ホルモンが分泌されて、
血糖値をあげる作用が働きます。

アドレナリンが分泌されることとは、血圧も上昇する方向に作用することになり、
一時的に血圧が、上昇することが考えられます。
低血糖というのは、過剰な糖質(菓子・飲み物に含む)の摂取したことで、
それに対応する、膵臓は疲弊してしまい、インスリン分泌の量を制御できずに、
血糖コントロールが不安定となって、血糖値が急激に下がってしまい、
様々な、身体的・精神的症状を引き起こす病気のことです。

糖尿病でもないし、食事も確り取っている、とくに大きな病気はないと言う、
その様な日頃健康な人でも、低血糖を起こすことがあります。

これを「低血糖症」と称しており、その原因の一つが食事にあるのです。
■ 現代の食生活は、昔と比べ、相当に変化しました。

私たちが子供の頃の昭和30年代は、「サツマイモ」や「おにぎり」だった、
おやつは、現代では、お菓子が主流となっています。

本来、おやつと言うものは、子供が3度の食事では足りない分を、
補給するためのものでした、今は必要のない大人までもがおやつを食べます。

美味しいお菓子やスイーツが、巷では溢れすぎており、仕方ないことですが。

口から摂取した食べ物が、お菓子・アイスクリーム・炭酸飲料等々の、
糖質ばかりであることは、低血糖を引き起こす要因なのです。

あれ、「糖質をとっているから、高血糖になりそうなのに???」
不思議だとは、思いませんか。。

そう何です、
お菓子や炭酸飲料等の糖分は、身体に吸収されるのが早いので、
急激に血糖値は上がり、高血糖状態になるのです。

然し、人間の身体は、血糖値を高すぎも低すぎもしない、
ちょうどいい、値でコントロールしているのです。

だから、急に上がり過ぎた血糖値を「異常事態」ととらえて、
膵臓は、正常な血糖値に戻そうと、頑張ってインスリンを出します。

この時に、インスリン分泌が多くなり過ぎてしまい、
血糖が急降下し、今度は低血糖になってしまうのと言うメカニズムです。
■ 血圧というのは、血管内の血液の有する、圧力のことです。

血圧とは、一般には動脈の血圧のことを言います。

心臓の、収縮期と拡張期の血圧を、それぞれ以下の様に表し、
収縮期血圧(または最高血圧)、
拡張期血圧(または最低血圧)
単位はmmHg(水銀柱ミリメートル)を使用します。

血圧は、常時一定ではなく、ちょっとした身体や心の動きで変動します、
極論に言えば、立ったり座ったりするだけでも変わります。

血糖値が低くなると、アドレナリン等のホルモンが分泌され、
血糖値をあげる方向に作用しますと前述しました。

アドレナリンが分泌されると、血圧も上昇する方向に作用するので、
その結果として、一時的に血圧が上昇することになるのです。

これは生理的な症状ですので、異常とは言えません。

このような事から言えることは、
血糖値と血圧とには、の直接的な因果関係はないものと思われます。

参考にこちらもご覧ください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/

 

低血糖

低血糖症貧血は、その症状が良く似ており、
自律神経失調症とも、見間違える可能性のある病気です。

・イライラする。
・落ち着きがない。
・卒倒した。
・倦怠感が生じる。
・集中力に欠ける、 等々の症状であったとしても、

食生活を改善することで、その症状が良くなるのであれば、
自律神経失調症では有りません。

また、自律神経失調症は、更年期障害仮面うつ病の、
症状とも似ておりまので、症状を良く観察することが大切です。

ここでは、低血糖症と貧血の症状について、
少し詳しく説明しておりますので、是非参考にされてください。

 
◆◇ 自律神経失調症と、誤診されやすい病気、低血糖症について。

低血糖症という病気について、簡単に説明しますと、
血糖値が常に低いということではなく、 血糖値が乱高下する症状を言います。

糖尿病は、血糖値が高い病気であることは、良く知られていますが、
血糖値が低いといって、健康であるとは言い切れません。

日本では、あまり知られていない病気なのですが、
低血糖症の症状は、自律神経失調症の症状と、見間違え易いです。

低血糖症と言う病気は、アメリカでいち早く注目されており、
この患者は、アメリカ国内で、2~4千万人がいると言われており、
食文化が西洋化した日本にも、潜在的患者がいるものと推測されています。

低血糖症は、うつ病や自律神経失調症の症状と似ていることから、
日本では、『仮面うつ病』ともいわれ、
アメリカでは、『偉大なる物まねし』とも、言われております。

日本の食文化はが、昔の食文化が変化してきており、
菓子、清涼飲料、ダイエットフード等の「単糖類」の食べ物が増え、
栄養のバランスが崩れやすい、食文化となりました。

単糖類に偏りすぎると、低血糖を生じやすくなり、
身体のだるさ・イライラ・集中力の欠如が生じてきます。

この様に、食事が乱れている生活をしている方は、
いかなる精神疾患の治療をしても、良くはなりません、
「低血糖症」を疑ってみる必要があります。

「低血糖症」を疑われる場合は、
「単糖類」の多い間食を控え、低血糖を改善する食生活するだけで、
簡単に症状が改善されることがあります。

笑う3
◆◇ 自律神経失調症と、誤診されやすい病気、貧血について。

女性には、男性にはない、生理不順・更年期障害などの、
女性特有の症状を引き起こす病気が有ります。

「気分が、優れない」
「身体が、だるい」
「倦怠感が、ある」

など、具体的にどこが悪いのか、はっきりしない症状があります。

同時に引き起こした、他の病気にも気づかないことも多い様で、
女性は男性よりも、薬の副作用が多く見られたという報告もあります。
女性の場合、自律神経失調症とよく似た症状に、貧血があります。

貧血は、血液や血液中の鉄分が不足すると、起こり易いことは良く言われ、
特に女性は、妊娠・出産・生理 等による出血があり、
どうしても、男性と比べ、体内の血液や鉄分が不足しがちになります。

慢性的な、体内の鉄分が不足する状態が続いた場合、
頭痛・疲れ・倦怠感 等、自律神経失調症によく似た症状を引き起こします。

精神と身体の不調を訴えた、女性患者の1/4は、貧血症状である、
とも言っている、医師もいる程です。

「貧血」が原因の病気の場合は、精神疾患の治療をしても、効果は無く、
治療や食事で、鉄分を摂取することにより、症状が劇的に改善されます。

 

低血糖

 

中高令者にとって、糖尿病は誰でもなりうる病気、と言われています。

一方、低血糖は糖分が、不足しているための症状なので、
主に、空腹時や夜間に、異常な空腹感・脱力感・手指のふるえ・冷汗・動悸など、
突然に出現します。

この場合は、糖分を摂ることで、低血糖状態を改善する事が出来ますが、
糖尿病から起こる、低血糖の方が、糖尿病そのものよりも、むしろ重要なのです。

ここでは、糖尿病低血糖の関連について整理してみました。

眠い

 

 

◆◇ 低血糖とは、血糖値が必要以上に、低くなり過ぎた状態です。

前文で、糖尿病は中高令者にとって、誰でもなりうる病気と書きました、
危険な病気の発症にも、つながる可能性がある病気ですので、
糖尿病についての、症状・原因・治療・検査の情報に関心を持つことが大切です。

低血糖の状態になると、様々な症状があらわれて来ます、対処せずに放っておくと
「昏睡」という、死亡に至る危険な状態になってしまいますので、要注意です。

糖尿病患者の治療として、薬物療法の経口血糖降下薬の治療やインスリン療法を、

行っている方が、注意しなければならないのが、この「低血糖」なのです。

低血糖の症状というのは、初期段階では、あくび・不快感・思考力低下・
急激な空腹感 等々の、軽い症状が起こります。

さらに、低血糖状態が進行してくると、眠気・イライラ・だるさ・吐き気・
目のちらつき・頭痛・無気力 等々の症状があらわれてきます。

これら、低血糖の初期症状が発症した時は、素早く対処することが必要です。

またさらに、低血糖が進行した場合は、冷や汗・手の震え・どうき 等々の症状や
めまい・頻拍・顔面蒼白 等々の症状が起こります。

そのまま放ってしまうと、最後には、意識がなくなり、痙攣・昏睡という、
危険な状態になってしまいます。

ここまで症状が悪化してしまったら、すぐに救急車を呼び、病院へいって治療を、
受けるしか治療の方法はありませんし、治療が遅れると、脳に後遺症が残ったり、
命を落とすことにもなりかねません。

対処方法としては、低血糖の初期症状があらわれたら、直ぐに、砂糖を
10~20gぐらいを食べることです。

低血糖と言うのは、糖分が不足している状態でありますので、糖分をとることで、

血糖値が改善されますので、心配することは無いのですが、低血糖にならない様に
規則正しい日常の生活習慣に、見直すことも必要でしょう。

 

 

 

 

◆◇ 食後の眠気の原因は低血糖!  昼食の摂り方に工夫を。

職場で昼食を済ませ、午後の仕事に取り組みましたが、少し時間が経過すると、
突然に強烈な眠気襲ってくる時があります。

コーヒーを飲んだり・顔を洗ったり・ガムを噛んだり 等々、それぞれの方法で、
昼食後の睡魔と闘っている方も、多いのではありませんか。

この症状を、「お腹が一杯になれば、眠くなるのは生理現象、仕方がないこと」
と諦めてはおりませんでしょうか。
実は、食事の摂り方の工夫で「食後の睡魔」を防げるのです。

食後に睡魔に襲われる原因は、2つです。

■ 脳への血液循環が、減ることが原因によるもの

これ現象はよく知られております、食物の消化のために、血液が消化器官へと、
集中して、脳への血液循環が減少したためです。
■ 低血糖が原因となるもの。

こちらは、あまり知られておりません。
低血糖と言いますと、糖尿病患者さんが使用する薬によって、引き起こされる
ものと思われるかもしれません。
然し、健康な人でも食事の摂り方で、低血糖状態に陥ることがあるのです。
誰にでも起こりうる「食事による低血糖」について解説したいと思います。

低血糖による、食後に襲う睡魔の正体は、「炭水化物」にあるのです。

なぜ、食後に低血糖になってしまうのか、食事で急激に血糖値が上昇すると、
それを下げようとして、「インスリン」が過剰に分泌されるためです。

食後、急激に血糖値が上がってしまう原因は、「炭水化物」に含む「糖質」
が体内で消化され、「ブドウ糖」に変化するからです。

「炭水化物の摂り過ぎるは、急激に血糖値が上昇し、低血糖を招く」のです。

このことは、食事の内容をいつもと少し変えるだけで、低血糖による食後の、
眠気防止に多いに効果があります。
食事内容の変更については、以下の5点です。

■炭水化物だけの食事はやめる。
■白米・白いパンを、玄米・ライ麦パン・玄米パンに変える。
■糖分を控えるため、甘いデザートや缶コーヒー・清涼飲料水は控える
■食事はゆっくり30分以上かけて食べ、腹八分目を意識する
■食べる順番を、食物繊維→タンパク質→炭水化物に変える

低血糖にならないためには、
日頃から、血糖値を意識して、血糖値を上げ過ぎない食事に心がけることです。

こちらも参考にされてください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/

低血糖