低血糖の記事一覧

「夜間低血糖」については解らない事が多いようです、

読者がお持ちの、その様々な疑問点の解消のために、

症状の出かた・発症の原因・予防の方法 等々を整理しました。

 

「夜間低血糖」の症状としては、個人差こそありますが、

動悸・冷感・悪寒などの「気持ち悪さ」を感じてしまい、

目が覚めることが多いようです。

眠い2

 

 

◆◇ 夜間低血糖の、症状・発症原因・予防方法・・・

冒頭では、「夜間低血糖」の症状は、個人差がありますが、

「気持ちの悪さ(動悸・冷感・悪寒など)」を感じて、

目が覚めることが多いと言いました。

 

「夜間低血糖」については、意外に解らない事が多いようです。

 

その解らない疑問点について、その疑問解消のために、

「夜間低血糖」の、症状・発症原因・予防方法を纏めてみました。

どうぞご参考にして頂ければうれしいです。

 

活動しない就寝中(夜間)の人間の身体は、

もともとは血糖値が上がらない仕組みを持っているものですが、

糖尿病患者で、インスリン注射を打っている方は、

健常者に比べて、血糖のコントロールが不安定であるために、

夜間(就寝中)には、低血糖が起こりやす区なります。

 

50~60mg/dlを下回るような、低血糖が起こった場合は、

通常は目を覚ましますので、低血糖に対する適切な対応を、

とることが出来易いです。

 

然し、60~70mg/dl程度の緩やかな、低血糖症状の場合は、

目が覚めないことがあります。

 

そのような低血糖を繰り返し続けていると、

「無自覚性低血糖」に移行し易くなり、

また、低血糖のリバウンドと言える、ソモジー効果を惹き起こし、

翌朝(起床直前の時間帯)には、高血糖の原因にり易いので、

余程の注意が必要であります。

寝る男2

 

 

◆◇ 夜間低血糖の症状は個人差があるのですが?

前項でも説明しました様に、

「夜間低血糖」の症状には、個人差がありますが、

動悸・冷感・悪寒などで、気持ち悪るくななってしまい、

眠れずに、目が覚めることが多いです。

 

但し、急激に血糖値が下がった場合などでは、

本人は目が覚めずに、寝ていて気がつかないこともあります。

 

家族などの近くにいる人が、

「汗をかいてうなされる」、

「寝ぼけて変なことを言っている」など、

普段と違う様子に、気づかれる場合もあります。

 

そんな時には、本人が起きられる場合は糖質を摂ってもらい、

もし、自発的に摂れない場合は、

用意があればグルカゴン注射をしてください。

 

朦朧としている様な意識の場合には、

無理に飲ませると、誤嚥を起こすことがありますので、

改善傾向がなければ、速やかに救急車を呼んで、

掛かりつけの医療機関へ搬送をお願いすることです。

 

「夜間低血糖」を予測する手立ても、必要であります。

 

予測のためには、生活の様子と血糖値の繋がりを知る必要があり、

毎日のデーターを記録しておくと大変役に立ちます。

 

毎日記録する内容としましては、

①その日の、生活を振り返ること。

②寝る前の、血糖自己測定を行うこと。

の僅か2点です、簡単ですね。

 

この日記を書く続けることが重要な資料となります。

救急車2

 

 

「無自覚性低血糖」については、

こちらを、ご参考にされてください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/

低血糖

低血糖症という病気は、今すぐにでも改善してゆきたいものです。

 

「多糖類」を多く取ることが、その改善には効果があると、

調べて解りましたので紹介します。

低血糖症の疑いのある方の、検査についても調べてみました。

 

低血糖とは、血糖値が正常時と比べ異常に低くなる状態を言い、

約70~110mg/dLの範囲内が、正常とされる血糖値です。

 

糖尿病の特徴には、血糖値が正常値よりも高いことですが、

糖尿病の多くの人は、低血糖をときおり経験してしまいます。

 

一方、糖尿病でない人には、低血糖はめったに起こりません。

検査で、低血糖と診断された方は、早速改善に努めてください。

医療・体重計

 

◆◇ 低血糖の検査とは、どの様にして・・・

低血糖の症状は、血糖値が60mg/dLよりも低くならなければ、

めったに起こらないものです。

 

血糖値が、この数値より少し高くても、

血糖値が急激に低下した場合には、症状が現れる人もいますが、

この数値よりずっと低くなるまで、症状が現れない人もおります。

 

それでは、低血糖をどのような方法で、検査をするのでしょうか。

 

まず、最初に行うのが血糖値も測定です。

低血糖の典型的な症状があって、さらに血糖値が低くあり、

特に、1回でも症状が明らかに低血糖値と関連して出現すれば、

糖尿病でなくても「低血糖症」の診断が確定されます。

 

その場合、糖分を摂取して数分以内に血糖値が上がり、

症状が解消すれば、その診断は確実に裏づけることになります。

 

糖尿病患者ではなくても、低血糖に陥りやすい人は、

食事は、通常3食摂るところを、少量の食事を何回に分けて摂る、

所謂、空腹状態を作らない様にすることで低血糖は避けられます。

 

低血糖を起こしやすい人は、

医療関係者にたいして自分の状態を知らせるために、

医療識別のブレスレットやタグを身につけるか持ち歩くべきです。

 

笑う4

 

 

 

 

 

◆◇ 低血糖症の改善は、どんな方法で・・・

 

「多糖類」の飲み物を摂ることを、低血糖症の改善にお薦めします。

 

糖類には「多糖類」と「単糖類」の2種類がありまして、

通常飲食する大部分の糖類は「単糖類」の白砂糖が代表例です。

 

其の「単糖類」という糖類は、

摂取すると直ぐに血糖値が上がるのですが、直ぐに下がるので、

慢性的に摂るような結果になることになってしまいます。

 

さらに、内臓にかかる負担も大きく、糖尿病になったりします。

 

一方「多糖類」という糖類は、

手軽に入手できるの「てんさい糖」がその代表例ですが、

価格も普通の白砂糖と大差がなく味も殆ど一緒ですので、

口にしても、特別に不満はでないものと思います。

 

その他には、自然の野菜・甘味のあるジュースで作る事も有り、

低血糖を治すには、カボチャ等の甘い野菜を使った食事が有効で、差し当たて「単糖類」の糖分摂取を控える事です。

 

再度、繰返して言いますと、

「単糖類」は消化・吸収される際は、簡単に分解されるために、

その効き目が早いですが、そのかわりに落ち込みも早いのです。

 

一方「多糖類」は、

分解も吸収も進行が徐々にであり、体に優しいということです。

 

女性特有の特徴として、夕方になると気分の落ち込みが大きく、

デザートなど甘いものが欲しくなるようです。

 

その様な時には、「単糖類」の甘いものばかりを食べていると、

直ぐに気分が高揚しますが、反面、その後に落ち込みますので、

繰返し甘いものが欲しくなるという、悪循環になりやすいのです。

 

そうなると、本格的に色々な病気になったりし良くはありません、

従って、糖分を摂るなら「多糖類」が良いのです。

 

低血糖の改善を目指すとするならば、

野菜等の「多糖類」の摂取に努めることが大切と言えます。

 

 

 

◆◇ こちらもどうぞご覧ください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/

低血糖

「低血糖症」と呼ばれる患者さんは、食事への配慮が大切です。

具体的にはどのような配慮が必要かについて、説明します。

 

最も大切なのは、膵臓に負担をかけない食事を摂ることです。

 

その為には、菓子・白いパン・白米などの糖質を多く含む食品を、

摂るのは出来る限り控えて、肉・魚・魚介類・豆類・野菜・海藻・きのこ等々を多く摂るようにし、確りと栄養バランスを考えて、食べることが重要であります。

 

朝食を抜いた生活等と言う、悪習慣は厳禁とも言い切れます。

 また、宴会の席でのアルコール摂取は、低血糖にも注意が必要。

 

お酒の量も当然ながら、何も食べずにお酒を飲むと言うことは、

危険極まりない行動なのです。

 

良質の蛋白質と一緒に、適度な量を飲むことが大切なことです。

酒・ワイン

  

◆◇ 低血糖症の人の、食事に対する配慮は・・・

 低血糖症と言われる人の、

食事に対しての配慮は、どのように必要かを整理してみました。

 

「低血糖症」とは、血液に含有するブドウ糖(糖質)の割合が、

低下してしまう事で、すなわち血糖値が急激にダウンしてしまい、

様々な症状(重症は昏睡状態)を起こしてしまう病気のことです。

 

過剰な糖質や刺激物・保存料漬けの食品(ビタミンやミネラルが喪失)の、摂取・常に競争や不眠を強いられる社会的ストレス等々により、

近年は、健康を損なう原因が急激に増えて来ておるのです。

 

これらの原因の蓄積が、じわじわと「低血糖症」へと、

少しずつ進行させて行くのです。

 

従って、膵臓から生成されるインスリンなどのホルモン分泌が、

うまく対応できなくなって、発症してしまうのです。

 

食事で、大切なのは膵臓に負担をかけない食事をすることです。

 

お菓子・白いパン・白米などの、糖質を多く含む食事は控えて、

肉・魚・魚介類・豆類・野菜・海藻・きのこなどのおかずを、

積極的に良く摂り、栄養のバランスを考えて食べる事が大切です。

 

①一日決まった時間にしっかりと食事をする。

②朝食ぬきの生活は厳禁です。

③良質の蛋白質を含む、卵・納豆・魚・肉など適量を確りと摂る。

④蛋白質 ⇒ 野菜 ⇒ 炭水化物(糖質)の順に気遣い食事をする。

⑤糖質は、量は控えめにして主食のごはん・パンから摂る。

⑥ミネラル豊富な、乾物を効果的に摂る。

⑦糖分を摂るなら「多糖類」を、「てんさい糖」が一番手軽です。

 

酒・生ビール

 

 

 

 

 

◆◇ アルコールと低血糖について

 何も食べずに酒の飲み過ぎは、低血糖に至る可能性が高いです、

宴会の席では急性アルコール中毒同様に注意が必要です。

 

飲んだアルコールを分解する時に、

糖が使われ血糖値が下がっていくことに因って起こる、

『アルコール性低血糖』という病気です。

 

通常であれば、『何となく、おかしいな』と、

自分自身で、感覚的に予測できるのがほとんとどですが、

「無自覚性低血糖」という病気がありまして、

この場合は自分では気づかないことがあります。

 

夜間に、就眠中やアルコールに酔っている時には特に要注意です。

 

合併症の神経障害がある人の場合は、何の低血糖症状がなくても、

いきなり意識障害を起こすことがあります。

 

「アルコール中毒」患者について、

アルコールの代謝は、同時に糖の新生を抑制してしまうため、

重篤アルコール中毒患者は、低血糖が生じる可能性が高いのです。

 

そのような低血糖患者の場合は、

何日にもわたって、アルコールを摂取しつづけるような、

重度の「アルコール中毒」患者にしか見られ無いものですが、

「アルコール中毒」患者ではなくとも、

二日酔いの症状である、だるさ・脱力感といった症状は、

低血糖の症状である可能性が十分あります。

 

酒の量もさることながら、何も食べずにお酒を飲むと言うことは、危険極まりない行動なのです。

 

良質の蛋白質と一緒に適度な量を口にすることが大切なことです。

 

 

◆◇ こちらもどうぞご覧ください。

http://www.byoukiness.com/hossa/

 

低血糖

低血糖の発作が出た場合の対応としましては、

「動悸」「発汗」などの、明らかな低血糖症状がある場合には、

早急に糖質をジュースやペットシュガーなどで糖分を摂取します。

 

軽度の低血糖が疑われる様な場合には、

自分で血糖値の測定を行っている方であれば、

まず、血糖を測り血糖値が低くなっておれば補食します。

 

意識を消失した場合には、

ブドウ糖の注射が必要ですので、通院しなければなりません。

 薬4

  

□■ 低血糖時の対応は、「糖質を摂って安静にする」

 低血糖になってしまった時は、「糖質を摂って安静にする」、

これが基本ですが、「低血糖発作はどんな症状か」を、

知って置くことが大切です。

 

軽いものであれば「生あくび」や「空腹感」程度の症状ですが、

重くなってしまうと「麻痺」「こん睡」場合によっては、

「死」に至ってしまうこともあり、決して侮れない病気なのです。

 

低血糖症状は、個人個人起こり方に法則がありますので、

具体的には、自分の低血糖症状・法則を知っておく必要があり、

処置の仕方も違ってきます。

 

それに加えて、血糖値は低くはなっていなくても、

高血糖からの血糖降下で、低血糖症状が現れることもありまので、

血糖値だけで判断できない事も、理解して置く必要があるのです。

 

 

□■ 低血糖の症状が、発症する要因について学習します。

 処置説明の前に、どんな時に低血糖が起こるかを調べてみました、

是非、下記を参考にしておいて下さい。

 

それでは、どんな時に低血糖が起こるのでしょうか?

 

◆食事量が少なかったとき

◆食事時間が遅れてしまったとき

◆食事をとらず、アルコールばかり飲んでいたとき

◆下痢・嘔吐がひどいとき

◆空腹時やインスリンの効果が強い時間帯に

ハードな運動を行ったとき。

◆解熱剤・鎮静剤などの、インスリンの作用を増強する

薬を飲んでいたとき。

◆インスリン量が多すぎるとき

◆勝手にインスリン量を増やしたとき

 

軽い低血糖の症状としては「生あくび」や「空腹感」ですが、

重い低血糖の症状は「麻痺」や「こん睡」場合によっては、

「死」に至ることもあり、決して侮れない甘く見てはいけない、

「低血糖」と言う病気であるのです。

 

腹痛4

  

 

□■ 低血糖の発作時の処置について詳しく学習します。

低血糖の症状は、個人個人起こり方に法則があります、

自分の低血糖症状・法則を、具体的に知っておく必要があり、

それに応じて、処置の仕方も違います。

 

また、血糖値それ自体が低くはないものとしても、

高血糖からの血糖降下で、低血糖症状が現れることもありまので、血糖値だけでは判断できない事も、知って置く必要があるのです。

 

さて、其の発作が起きたの場合の処置としては、

発汗や動悸など明らかな低血糖症状がある場合には、

有無を言わさず、即 糖質を摂取しなければなりません。

 

軽度の低血糖で、自己血糖測定を行っている方は、

まず血糖を測り状態を数理で確認する事です。

 

血糖値が低いのであれば補食をし、意識を消失した場合には、

ブドウ糖の注射が必要ですので医者に行かなければなりません。

 

さらに、外出先で、低血糖発作が意識障害を起こした時に備え、

自分が糖尿病であること・氏名・自宅住所・主治医の連絡先を、

記したIDカードを、常時携帯しておきましょう。

 

いざという時に、必ず役に立ちますので、

どうぞ、主治医に相談して入手しておきましょう。

 

 ◆◇ こちらもどうぞご覧ください。

http://www.byoukiness.com/hossa/

 

低血糖

子供の低血糖は、心にも大きな影響をもたらす原因にもなります、

脳の働きが低下するとされる「低血糖」は、

集中力や忍耐力が低下して、無気力状態になり易くなります”

 

赤ちゃんにとって、非常に大切なエネルギー源となるぶどう糖が、

少ない状態のことを、「低血糖」という意味になります。

 

子ども

□■ 子供が、低血糖になると・・・・・

低血糖になると脳の働きが低下します、集中力や忍耐力も低下し、

無気力状態になりやすくなるものです。

 

その様なことから、子供が低血糖になってしまうと、

その子たちの心にも、大きな影響をもたらす原因にもなるのです。

 

下がった血糖値を上昇させる為に、アドレナリンが分泌されると、

気分がえらく高揚して、時には攻撃的になってしまったりもします。

 

アドレナリンというホルモンは、「攻撃ホルモン」ともいわれます、

例えば、お腹が空いたときには、誰でもが「イライラ」したり、

「怒りっぽく」なったことの、経験が有ると思います、

 

その状態というのが、血液中の糖分が不足していることに対して、

アドレナリンが、働きだし始めた証拠なのです。

 

この様にして、糖分を摂りすぎてしまった子供は、無気力の状態と、

キレやすい状態を繰り返す、困った子供になってしまいます。

 

糖分のとり過ぎだけが、子供たちの心の異常の原因であるとは、

当然言い切れませんが、「低血糖症が生む症状」と言うのは、

「引き篭もり」や「登校拒否」から、「家庭内暴力」などの、

問題行動に至る、現代の子どもたちの特徴と同じと言えます。

 

そのような、悪い状態に至らないための対策として、

ジュース・お菓子 などの、糖分が大量に含んだ食品を、

飲食する習慣を、頻繁にさせない様にする事が大人の責任です。

 

米・パンなどの消化時間の遅い穀類で、確りとカロリーをとり、

野菜の他 様々なな食材を使った バランスのよい食生活を,

心がけることが大切です。

 

親の多忙を理由に言い訳して、食事代わりにお菓子を与える、

なんて言うことは、間違っても絶対にやってはいけません。

 

赤ちゃん5

□■ 赤ちゃんの、低血糖症とは・・・・・

血液はぶどう糖を、身体のエネルギー源として運ぶ役割を持っています。

ぶどう糖は赤ちゃんにとって、非常に大切なエネルギー源なんですが、

赤ちゃんの低血糖症とは、この血液の中のぶどう糖が少ない状態、

即ち「血糖値が低い」ということを意味します。

 

2つの、「低血糖になる原因」について説明します。

 

一つの原因は、小さく生まれてしまたっために、

自分の身体を維持する、エネルギーが不足している場合です。

 

もう一つの原因は、

お腹の中にいるとき(妊娠中)に、血糖値の高い状態が続いていたために、

血糖値を下げる働きをするホルモン(インスリン)が分泌していた事も、

上昇している場合です。

 

 

落ち着かなかったり・元気がなかったり・皮膚の色が悪く見えたり・

呼吸が乱れたりする場合が、低血糖の程度によりあらわれます。

 

低血糖を放置しておくと、脳に障害を起こてしまい、

将来的に発達や発育に問題が、発生してしまう場合もあります。

 

このような症状が出たような場合は、

無条件に赤ちゃんを入院させて、治療しなければなりません。

 

その場合は、ぶどう糖を含んだ点滴をするのが治療方法です。

 

さらに、ぶどう糖の点滴だけでは不十分な場合は、

血糖値を上昇させる、血糖上昇ホルモン剤を使用する事になります。

 

身体の状態と血糖値とが、ある程度までに安定したところで、

糖分補給の点滴から、哺乳または細いチューブによる胃への、

直接注入へと治療方法を移行していきます。

 

血糖値が安定してきて、

ぶどう糖の点滴が不要になって初めて、退院の通知が出されます。

低血糖

低血糖の対応については、ブドウ糖を摂取する事が一番良いです。

食事を摂らない時、急激な運動をした時等々の、色々な要因から、急激に血糖値が低下して、様々な「低血糖症状」が現れたなら、

まず、血糖値を上げる為に、即「ぶどう糖」を摂取することです。

看護師2

 

 

◆◇ 怖い「低血糖症状」の対応の一番は、ブドウ糖の摂取です。

 

様々な要因から急激に血糖値が低下してしまって、

色々ん低血糖症状が現れましたら、まず血糖値をあげる為には、

「ぶどう糖」摂取を早めにおこない、血糖値を上げることです。

 

糖尿病患者の方で、グルコバイやベイスンといった、

α-グルコシダーゼ阻害剤を飲んでいる場合なら、なおさらです。

 

何故「ぶどう糖」摂取かと言いますと、

「砂糖」はブドウ糖と果糖が結合したものであり、

「デンプン」はブドウ糖がたくさん鎖のように繋がっているもの。

 

これらの「糖」が,私たちの身体から分泌している、

消化酵素に結合されて、「ブドウ糖」単独の状態になって初めて、

血中に吸収されるという仕組みになっています。

 

だからこそ最初から、

「ブドウ糖」を直接摂取する方が吸収が速いし効果もあるのです。

 

 

◆◇ 「ブドウ糖」を用意して置く方法について・・・。

 

どんな方法で、有効な「ブドウ糖を」用意して置くかですが、

主として、次の3種類があります。

 

①インスリンを処方されている方

それが、病院で処方箋を渡され、外部の調剤薬局で薬をもらう、

というしくみ(院外処方)であるならば、

薬局に低血糖用のブドウ糖について、申し出てみてください。

インスリンメーカーが用意したものを無料でくれると思います。

 

②ブドウ糖キャンディと言われる、ラムネ菓子の様なものを、

薬局・薬店で求めておく。

 

③ブドウ糖ではありませんが、

「ブドウ糖果糖液糖」あるいは「果糖ブドウ糖液糖」を、

使用しているドリンク類を薬局・薬店等でお求めください。

「オロナミンC」ドリンクがいい例です。

 

兎にも角にも、、低血糖の症状が出たなら一刻も早く、

「ブドウ糖」で血糖値を上げる対策を取ることが一番です。

 

医療・血圧

 

 

◆◇ ブドウ糖の過剰摂取による鼻血について

『ブドウ糖等の糖分を、摂取しすぎると鼻血がでるという』事は、

医学的な根拠はありません。

 

然し、糖分を過剰摂取すると血圧が上昇して、

鼻血を誘発してしまうのではないか、という一説はあるのです。

 

鼻の出血する場所というのは、

鼻中隔の前方にある「キーゼルバッハ部位」からが殆どです、

「キーゼルバッハ部位」は、血管が豊富に集まっている事に加え、

粘膜が薄く、鼻の入り口にあるのでとても傷が付き易い部位です。

 

そんな部位ですので、血圧の上昇に加えてキーゼルバッハ部位の、

粘膜の柔軟性が失われると、出血し易くなると言われています。

花粉症・女の子

鼻をかんだり、乾燥したりした状態だと、容易に血管が切れて、

鼻出血を起こすのも良い例ですね。

低血糖

本当は怖い「低血糖」、決して甘く見てはいけない病気です。

 

まず、「低血糖発作」とはどんな症状か、について整理してみます、

「生あくび」や「空腹感」というものは、軽い症状ですが、

重い症状となると「麻痺」や「こん睡」が有りまして、

さらには、場合により「死」に至ることもあるのです。

 

この様に「低血糖」を決して甘くみてはならない病気です。

 失敗2

 

 

 

 

 

□■ 本当は怖い低血糖の発作に備えて・・・

 

低血糖の発作は、本当に怖いことを知って欲しと思います。

 

発作に備えて、どんな事を心掛けて置くかを学んでもらいたく、

丁寧に説明してまいりたいと思います。

 

最初に、「低血糖発作」はどんな症状か、から説明します、

症状にも、軽いものから、重いものまで、様々な症状が有ります。

 

軽い症状については「生あくび」や「空腹感」がありますが、

重い症状となると「麻痺」や「こん睡」場合によっては、

「死」に至ることもあって、決して甘くみてはいけない病気です。

 

具体的な「低血糖症状」には、個人個人起こり方に法則があり、

自分自身の、低血糖の症状・法則を自覚しておく必要があります。

 

また、血糖値そのものは低くなくても、

高血糖からの血糖降下で、「低血糖症状」が現れることもありまので、

血糖値だけでは、判断できない事も認識して置く必要があります。

 

 

 

 

 

 

□■ どんな時に低血糖が起こるのか・・・

 

それでは、どんな時に低血糖が起こるかを調べました、

是非下記事項を参考にして置くことが大切です。

 

・食事量が少量だった時、食事時間が遅くなってしまった時。

・アルコールばかり飲んで、食事を摂らずにいた時。

・下痢や嘔吐がひどい時。

・空腹時やインスリンの効果が強い時間帯に、

激しい運動を行った時。

・解熱剤や鎮静剤などの

インスリンの作用を増強する薬を飲んでいた時。

・インスリン量が多すぎる時や、勝手にインスリンを増量した時。

 

メタボ1

  

 

□■ 発作の場合の対策について・・・

低血糖の発作が出た場合の対策としては、

 

「発汗」や「動悸」など、明らかに低血糖症状と解る場合には、

ジュースやペットシュガーなどで、直ぐに糖質を摂取します。

 

軽度の低血糖と疑われる様な場合には、

血糖値の自己測定を行っている方は、

まず血糖を測り、その結果 血糖値が低ければ補食します。

 

最悪、意識を消失した様な場合には、

ブドウ糖の注射が必要ですので、医者に行かなければなりません。

もし、外出先での低血糖発作で意識障害を起こした時に備えて、

自分が糖尿病であることや、氏名・自宅住所・主治医の連絡先が、

一目で分かる「IDカード」を、いつも携帯しておくことです。

 

外出時にいつも持って行くもの(財布や運転免許証等)、と一緒に、

入れておくと良いでしょう

 

必ず「持っていて良かった」と、いざという時に思うはずですので、

主治医と良く相談し、早めに入手し準備しておきましょう。

 

低血糖

「無自覚性低血糖」と言う病気の名は聞いたことがありますか?

どんな症状の病気で、その原因・対策について調べて見ましょう。

 

「無自覚性低血糖」とは、

自分の身体は、既に低血糖状態になっているにも関わらず、

名称どうり、低血糖であることを、自覚をしておらないために、

 

ある低血糖値を超えたため、一気に昏睡状態となるケースがあるのだそうです、それが無自覚性低血糖と言う病気だそうです。

 

朝

 

 

 

□■ その病気の症状・その原因・予防策について

「無自覚性低血糖」と言う病気は、

どんな症状で、原因・予防策についていったい調べて見ましょう。

 

低血糖になると、普通の場合は、動悸・冷や汗・震え・頭痛等の、

いわゆる「低血糖症状」が出るものですが、

 

「無自覚性低血糖」の場合、何らかの原因でそれらの発症が無く、

そのまま低血糖状態に移行してしまうことがある様です、

れを「無自覚性低血糖」と呼んでいるのです。

 

患者当人が、低血糖であることを自覚しておらず(できず)に、

身体は既に低血糖状態になっている訳ですから、

それにも関わらず、ある低血糖値を超えてしまったために、

一気に昏睡状態になってしまうと言うケースがあるのだそうです。

 

高所作業・クルマを運転等々をしている場合などには、

重大事故を引起こす可能性が高く、極めて危険な病気と言えます。

救急車

 

 

□■ 低血糖症状は自律神経症状と中枢神経症状から成り立つ

一般に、低血糖症状は自律神経症状と中枢神経症状から、

成り立っているのですけれども、

 

「無自覚性低血糖」は、

糖尿病の合併症による、自律神経障害がある患者に起こし易く、

さらには、罹病期間が長ければ長いほど「無自覚性低血糖」が、

多く発症することが知られているそうです。

 

その対策としては、携帯する事が出来る砂糖を常に持ち歩き、

もし途中で低血糖になったら 直ぐにも食べられるように、

して置くことです。

 

また、周囲の人にも自分が低血糖になる可能性を伝えて置いて、

低血糖になったときには、直ぐ少量の砂糖を食べさせて欲しいと、

伝えておく事もとても重要なことです。

看護師1

 

 

□■ 「無自覚性低血糖症」をもつ者の運転免許について

平成14年6月に、警視庁交通局運転免許課では、

「無自覚性低血糖症」患者が免許を申請した場合の、

警察側窓口における処理対応のガイドラインを作成しました。

 

① 診断書作成にかかる医師の要件

「無自覚性低血糖症」の主治医は、

糖尿病の診療に熟達した経験豊富な医師であることが望まれる。

 

② 適性検査および適性検査にかかる医師の要件

例え医師といえども、一回の診療でそれまでの、経過・病歴・

治療内容等と切り離して「運転を控えるべき」か否かの判定は、

決して容易なことではない。

主治医からの情報提供を受けて総合的に判断するのことが、

必要不可欠であります。

低血糖

糖尿病を患っている人にとって、

インスリンが「低血糖の鍵」と言えます。

 

低血糖を起こす疾患や原因には、様々なものがありますが、

糖尿病の薬物療法に伴うものが最も多く発症しており、

インスリンの過剰な状態になった時に、低血糖になります。

笑う1

  

 

 

□■ 低血糖は、どんな時に起こり易いのか

 

糖尿病の治療で、インスリン治療や経口血糖降下剤投与を、

受けている人が、次のような時に低血糖になり易いです。

 

・食事するのが遅れた・食事を抜いた・量が少なかった

・激しい運動をした・長時間の運動をした

・酒を飲んだ・風呂に入った

・インスリンを多く打ち過ぎた

・薬の量を間違えてたくさん飲んだ

 

等々で、薬が効きすぎて血糖値が下がり過ぎるのです。

  

 

 

 

□■ 「交感神経症状」と「中枢神経症状」が低血糖の症状です。

 

低血糖の症状には交感神経症状と中枢神経症状の二つがあります。

 

血糖値が下がるとインスリンの分泌は減り、

血糖を上昇させるインスリン拮抗ホルモンの分泌が増えて、

血糖が下がり過ぎないように、人間の身体は調節されています。

 

この交感神経系のカテコールアミンと言うホルモンにより、

現れるのが動悸・冷汗・震えなどの症状なのです。

 

また、これ以上血糖が下がると、中枢神経の機能が低下して、

「命が危険だよ」という警告症状でもあるのです。

 

低血糖の殆どが、糖尿病の人が血糖値を下げるために使用する、

インスリンやスルホニル尿素薬などの薬が原因で起こります。

 心臓

 

 

 

□■ 「インスリン反応」や「ふらつき」とは何?

 

インスリンの使用後に生じる「低血糖」のことを、

「インスリン反応」あるいは「ふらつき」と呼んでいます。

 

血糖値を出来る限り、正常値の近くに維持しようと、

懸命に努力している時に「インスリン反応」がよく見られます。

 

体重が減っていたり、あるいは腎不全の人というのは、

一般的に低血糖になりやすいという傾向があります。

 

高齢者は若年者に比べて、

スルホニル尿素薬の使用で低血糖になり易い傾向がある様です。

 

 

 

低血糖

 

 

大抵の病気には、数値によって決定するという定義がありますが、

“低血糖”と呼ばれるには、それにも定義があると思います。

 

“低血糖”の場合の定義は、「○○以下」等という数値ではない、

と言うことを認識して欲しいものです。

 

「○mg/dl以下」だから”低血糖”です、と言うように

数字で定義してはいけないのです。

 

医師6

 

 

 

 

 

□■ 低血糖と呼ばれるには、その定義があると思います。

 

冒頭で、”低血糖”の場合の定義は、数値ではないと申しましたが、

“低血糖”と呼ばれるには、それなりに定義があると思います。

 

まずは”低血糖”とはどんな病気かを知らなければなりません、

血糖値の数値について調べて見ましょう。

 

血糖値とは、

血液内に含む、グルコース(ブドウ糖)の濃度のことであり、

その数値は、健常者の場合は空腹時で大凡80-100mg/dl程度、(空腹時血糖値という)であり、食後は若干高い値を示します。

 

人間の場合の血糖値は、

血糖値を下げるには、インスリンを分泌し、

血糖値を上げるには、アドレナリン、グルカゴン、コルチゾール、成長ホルモン等々のホルモンを分泌することによって、

「非常に範囲の狭い正常値」の、血糖値に保たれているのです。

 

言い換えますと、

血糖値が高くなった時には、それを調節するホルモンは、

インスリンが唯一であり、このたった一つの調節メカニズムが、

破綻した場合に、糖尿病を発症することになるのです。

 

一方、低血糖症を引き起こす要因である、

「極度に食事を取らなかったり」「糖尿病の薬を飲み過ぎたり」

「特別な病気がある場合」には低血糖症を引起こし易くなります。

例えば、血糖値が50mg/dlを下回るようなことがあると、

大脳のエネルギー代謝が維持できなくなってしまい、

精神症状を起こし始めて、意識消失を引き起こすようになります。

 

それが重篤な場合には、死に至ってしまうと言われています。

 

ここで重要で大切なことは、

“低血糖”の定義は、数値ではないと言うことを認識してください。

血糖値「○mg/dl以下」なのだから低血糖をというように、

数字で定義してはいけない、”低血糖”は数字ではないのです。

 

医師5

 

 

 

 

 

□■ “低血糖”とは、症状を来すほど血糖値が低くなったもの。

 

「症状を来す程に血糖値が低くなったもの」を”低血糖”と言い、

「血糖値が高い」と「正常上限」の間には、

「高めの血糖値」があり、

「血糖値が低い」と「正常下限」の間にも

「低めの血糖値」がある、

と言うレベルを考えなければならないのです。

 

症状を来している”低血糖”には、必ず対応が必要としますが、

「低めの血糖値」に対してどこまで対応するかは、

ケースバイケースに因ることになるのです。

 

この様に数字だけで判断すると、対応を誤る危険性があるので、

必ず医師の診断により、治療方法を考える事が大切なのです。

 

低血糖