手首の記事一覧

手首の間接が痛いとか言う症状に至ったことはありませんか?

手首に起こる関節痛には、比較的軽いものから手術が必要なものまで、さまざまで多岐にわたっております、いずれにしても後遺症が残らないよう、それぞれの症状に応じた処置を採る必要があります。

ここでは、関節痛の症状について、正しい知識を身に付けて戴き、その対応について簡単に整理してみました。

 

◆ 捻挫や骨折に対しては、基本的には安静が必要です。

捻挫や骨折は、比較的スポーツ選手に多い怪我ですが、一般人でも日常生活のなかで、転んでつい手をついてしまい、手首を損傷させることがあります。
手首の関節の捻挫や骨折ともなると、それ相応の適切な治療が必要となります。

捻挫や骨折では、患部とその周辺をできるだけ動かさないように、固定する必要がありますし、骨折の場合はギプスでの固定が必要でしょう。

症状が回復していれば、ギプスを取外し通常の生活に戻れますが、いきなり激しい動きで酷使させることは避け無ければなりません。
弱った筋肉のリハビリに励み、徐々に様子を見ながらのが慣らしていくのがコツです。

 

◆ 手首の関節痛は、変形性関節症である可能性もあります。

急性期で炎症が起きている場合は、まずはアイシングで冷やします。
症状が治まってきたら、関節が変な風に固定化されるのを防ぐべく、運動療法で従前の健康な状態に徐々に近付けていきます。

 

◆ 只の関節痛だと思っていたら、リウマチである場合も考えられます。

リウマチの治療に当たっては、専門医による抗炎症剤や運動療法で、様子を見ながら適切な治療方法が採られます。

リウマチは、悪化すれば骨が変形していくので、無理をしないことを条件に、できる範囲で手首を動かすケアも必要になります。
納得のいくまで、専門医との十分な相談も必要でしょう。
 

◆ 手根管症候群による関節痛ではありませんか。

人によっては、手首の関節痛で手術が必要になる場合もあるのです。

その代表例がが、「手根管症候群」と言い、手術をして、関節痛の原因となっている神経の圧迫を取り除き、症状を改善させていきます。

 

◆ 腱鞘炎は手首に起こりやすい病気です。 

手首の腱鞘炎の代表的なものとしてはドゥケルヴァン病「」があります。
この「ドゥケルヴァン病」とは、「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」が「橈骨茎状突起部」と「伸筋支帯」で狭窄された状態のことを言っております。

この場合、親指を動かすとき手首に痛みが生じるので、物を持ち上げたり、物を掴んだりする作業が困難になってしまいます。

 

◆ 手首の関節痛についての纏め

以上ように、手首の関節痛については、バラエティーに富み、多岐にわたるのが大きな特徴で有ります。

『捻挫程度は冷やしていれば治る』など、自己判断で軽く考えるのではなく、大事に至る前に専門医で診察を受け正しい治療をするのが賢明で有ります。

手首

不幸なことに、不慮の事故で手首を骨折してしまったら、残念ながら、公私ともにとても不自由で、日常の生活に大きな支障があります。

こんな場合、誰もが一刻でも早く直し、現状に復帰したいと思いますが、そのリハビリなどその治療は、どの位かかるものでしょうかをしらべました。

 

◆ 怪我での、手首骨折は、頻度が高いです

手首は、橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃくこつ)という二本の骨で出来ており、二本の骨のうち太い方を橈骨と言います。

手首の関節ではこれらの二本の骨がアーチ状になっていて、手首が上下左右に動くよう出来ています。

手首の骨折は、転んで手をついた時に多くみられ、橈骨が手首側で骨折することを「橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折」といい、手をついた時の向きにより、骨のずれる方向(手の甲側・掌側)が変わります。

骨のずれは、手の甲側にずれることが多く、手首が、食器のフォークを伏せて置いたような、変形が見られます。の様に曲がって腫れます。
症例は少ないですが、手のつき方によっては手のひら側にずれることもあります。

また、「橈骨遠位端骨折」は、骨が弱くなっている高齢者の場合は、単純な折れ方ではなくて、複雑な折れ方をする場合があります。

 

◆ 手首の骨折のリハビリについて

手首骨折の治療法としては、「ギプス固定治療」と「手術的治療」があります。

・この、選択については。

少しでも手術をしないで、不安定な骨折部分を安定させる方法があれば、の方が患者さんに対しては負担も少なく、有効な治療になると考えられます。

なんでも、かんでも、手術療法と言うのではなく、固定療法での治療に可能性がある限り、患者に負担のかからない「ギプス固定治療」を選択して、治療を進めることが大切なことだと思います。

・リハビリについて。

手術をする場合、しない場合どちらにしても、ギプスなどによって手首を固定していると、手首の動きが硬くなったり、力が弱くなりますから、ギブス内で力を入れる訓練をします。

ギプスが外れたらリハビリを行います。手首という大事な所ですから、できる限り痛みを残さない、動きが悪くならない、力が弱くならないように治療します。

・具体的には。

手首に限らず骨折の治療は、患部を長期間固定して行います、その結果として患部の周辺の筋肉が衰え、固定していて動かせない関節部分も硬直してきます。

つまり、リハビリによって治すのは骨自体ではなく、手首に限らず骨折治療によって衰えた筋肉や固まってしまった関節を、もとの状態に戻すことが本来の目的となります。

よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリによって骨を強くするのだと勘違いされる方もいらっしゃいますが、そうではなく、骨折後のリハビリによって、骨折した周辺筋肉と関節機能を元の状態回復させるのです。

手首

指が曲がらない、手首が痛いとか、もしかして、それは「腱鞘炎」の症状かもしれません。

腱鞘炎は、軽そうな病気と思って軽視していると、その症状が悪化し筋肉が固まって、手首や指が動かなくなることになりかねません。

ここでは、腱鞘炎の症状について、正しい知識をえて戴くために整理してみました。

 

◆ 手首の腱鞘炎の症状

腱鞘炎は手首に起こりやすい病気で、「ドゥケルヴァン病」が、手首に起きる腱鞘炎の代表的なものです。

「ドゥケルヴァン病」とは、「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」が「橈骨茎状突起部」と「伸筋支帯」で狭窄された状態のことを言っており、親指を動かすとき手首に痛みが生じるので、物を持ち上げたり、物を掴んだりする作業が困難になってしまいます。

手首には炎症があり、腫れ・痺れ・熱帯びがあります。
特にテニスをしている人に多く、一般的に中年の女性の方に多く見られるようです。

手首が少し痛い、親指を動かすと違和感を感じるなど、少しでも異変があれば「ドゥケルヴァン病」の診断のために、簡単な「フィンケルシュタインテスト」を行って見てください。

「フィンケルシュタインテスト」とは
手を、前に伸ばした状態で、親指を他の指で握り込み、小指の方向へ傾けたときに、手首に痛みが発症しないかを診断をするものです。

ストレッチのように、筋を伸ばしたときの心地よい痛みとは違い、すこし強めの痛みを感じる方は、一度専門医の診療を受けに行くことをお勧めいたします。
◆ 手首の腱鞘炎になりやすい方

手首の腱鞘炎になりやすい方は、仕事以外にも日常生活の中でも沢山おられます。

毎日パソコンなどでタイピングやマウス使用で手首と指を酷使している方・赤ちゃんを長時間抱っこするお母さん・ピアノやギターなどの楽器演奏者・テニスや野球などの手首を使うスポーツ選手etc
手首や指を長時間もしくは断続的に使い続ける人に多い症状です。

 

◆ 手首の腱鞘炎の原因は

一般的に、手首の腱鞘炎の主な原因としては、手首・指の 使い過ぎや酷使によるもと言われおり、誰もが罹る可能性がある病気です。

手首の使い過ぎにより、腱と腱鞘の摩擦が短時間に集中することで、腱鞘に炎症の症状が生じるのです。

急性的な場合は、普通はしばらく安静にしておけば、すぐに治りますが、それを反復繰り返していると、慢性化してしまいます。

一度慢性化してしまうと、今度は簡単には治りにくくなってしまい、完全に治らず、長年にわた、腱鞘炎と付き合っている人も居るようです。
慢性化しないように、手首・指の 使い過ぎには十分に注意する必要があります。

 

◆ 手首の腱鞘炎の予防

前述のように、腱鞘炎は一度慢性化してしまうと、完全な治療は難しく、厄介な病気で有ります。
一番の治療は腱鞘炎にならないことで、要するに腱鞘炎に罹らないよう、予防することが最重要ということになります。

腱鞘炎の予防は、単純にその原因となる指や手首の酷使をやめればいい訳です。
然しながら、そんなに簡単に、日常生活を変えるというわけにはいかないと思いますので、そのような状況の中でも発症しないように、ケアすることがやはり大事なことと思います。

 

◆ 手首の腱鞘炎の予防のケアはどの様に

指や手首をよく使ったあとは、努めてストレッチをして、筋肉の緊張を解いてあげることです。
曲げ伸ばしをして、指や手首のこりをよく解すしておけば、腱の負担も減り炎症が起きにくくなります。

少し熱を感じたりしてすでに炎症を起こしている可能性がある場合は、しっかりアイシングをし、炎症を抑えてから上記のようにストレッチをしましょう。

もし、痛みを感じている場合は、それ以上の無理はせず安静にして症状を抑えることです。
無理に痛みを押しとおし、酷使し続けることは、決してやってはいけません、それ分、腱鞘の寿命を縮めてしまうからです。
思い切り、気分転換と意識づけて、しっかりと手首を休ませ症状を抑えて下さい。

手首

ウエストだけではなく、手首・足首も「細くしたい」 と悩んでいる人が圧倒的に多いなかで、「手首が細い、なんとか手首を太くしたい」と悩める人も多い事も事実です。
悩みは、人それぞれであるんだろうなと実感しております。

手首・足首は、筋肉が付かず、骨と皮膚だけなので、「手首が細い」悩みがあり、なんとか手首だけを太くしたいというのは、なかなか難しいように思いますが、手首だけを太くする、トレーニングはあるものでしょうか。

 

◆ 関節なので太くすることはできない、手首や足首

「手首が細い」からと言って、手首を太くしたいと思っても残念ながら不可能です、これが現実なのです。

「関節」と「関節」の間で、筋肉は伸び縮みして働くものですので、手首のような「関節」の上に筋肉が有ったとしても、筋肉としての役には立っておりません。

正確には、関節部分にも筋肉の末端は通ってはいますが、然し、それを一生懸命体を鍛えたところで、「関節」に、筋肉をつけたりはしないような仕組みになっています。

筋肉は、「関節」と「関節」の間で肥大するものであって、「腕」や「脚」とは違い、手首・足首の関節の部分は、どんなに鍛えても太くなるようなこことは無いのです。

手首・足首の太さが、人によって違うのは、主に遺伝的な骨格の違いであると理解するしかありません。
「手首が細い」からと言って、どんなにトレーニングしたとしても、見た目で分かるほど細い手首の太さを変えるのは、まず無理なのです。

 

◆ 手首を太くしようとするんのは、外見上の悩みで無意味です。

手首・足首・ウエストなどを、太くしたいという願望は、痩せ型の体型の方の殆どの方がお持ちです、「手首が細い」「細さが目立ち、気になる」という、外見上の悩みをお持ちの方の願望の中心にあるようです。

筋肉隆々の身体を持つ、スポーツ選手やボディビルダーのような、筋肉が十二分に発達しているアスリートでさえ、手首・足首やウエストはそんなに太くは有りません。

手首・足首を太くしたとしても、逞しい身体に見えたりすることはありえません。
そんな事より、他の部分をしっかり鍛えて筋肉を太くすれば、手首・足首・ウエストの細さは、逆に、体型にメリハリを付け、たくましい体をアピールすることになると思います。

「手首が細い」それが魅力的な身体と、逆手にとって日常生活をされほうが、よっぽどましな気がします。

 

◆ ちなみに、ウエストの場合は、主に体脂肪で太くできます。

手首は無理でも、ウエストを太くしたい場合は簡単です、
腹周りに脂肪を付ければ良いので、比較的容易にに太くする事ができます。ただし、実際はあまり希望者はおりませんけれども。

「腕」や「脚」と同様に、ウエストも筋力トレーニングで太くするのは、非常に難しい部位の一つなのです。

腹筋や背筋を鍛えることで、ウエストの筋肉は少しは太くなりますが、やはり「腕」や「脚」のように大幅な筋肥大は起こりません

手首

昔から、寒い時には3つの「首」を覆うことで、寒さが半減し、身体の保温に効果を発揮するといわれております。

この3つの「首」とは、身体の中の『首』 『手首』 『足首』 の3か所のことで。ここを冷やしてしまうと、気温以上に寒さを感じますし、逆に、カイロなどで覆い温めると、予想以上に暖かく感じるものです。

 

◆ 『首』 『手首』 『足首』を冷やす、温める

首と名の付く箇所『首』 『手首』 『足首』は、血管が表面に浮き出ている場所です。

ここを冷やすことで、冷えた血液が全身を回るために、夏の熱中症対策では、ここを冷やします。
逆に、冷やさないようにすることで、冷たい血液が全身へ循環するのを防げるので、冬の寒さ対策のポイントになるのです。

だから、カイロで温めるだけではなく、最近は、冬期間ネックウォーマー・手首ウォーマーがバカ売れし、夏の時期には、ネックスカーフなどが売れるのです。皆さん自身が効果を実証済みと言えるでしょう。

参考に、身体の中で血管が表面に浮き出ている所といえば、他には、脇や腿の付け根があります。夏・冬の体温管理・健康管理の参考にしてください。

 

◆ 手首に限定して、温めることを考える

冬の身体の、「冷え対策」の参考にしていただきたいので、手首に限定して説明してみたいと思います。

冬期間ともなれば、足元とともに手が氷のように冷たくなり、指先が思ったように動かなくて辛い思いをしている方は多いと思います。
冷え性の方・高齢者にとって、とても辛くて憂鬱な季節と言えるでしょう。
ましてや、外出時は、袖口・手首から入ってくる冷気も、かなり体を冷やします。

カイロを腰に巻いて温める事が多いでしたが、最近ではとても重宝なものが販売されております。
それは、手首ウォーマーです。手首ウォーマーを着ければ、袖口から侵入する冷気をブロックでき、保温効果が上がります。
モット欲を言えば、手首を温めれば、手も身体も効果的に保温できるというわけです。

今、市販されている、手首ウォーマーは、手首をカバーするだけではなく、指穴付きの物もあります、これならば、手の平も甲も同時に温めることができるし、パソコンなどの手仕事などには、手の冷えや苦痛から解放されるでしょう。

 

◆ 温めるを纏める

冬場は手元を温め、袖口から入り込んでくる冷たい冷気をシャトアウトして、身体の保温効果を高めましょう。
「手首ウォーマー」に、こだわらなくとも、袖口の長い毛糸の手袋であらば、その効果は抜群です。100円ショップでも売っていますよ。

手首

もし、手首痛がある場合、怪我だけが原因ではなく、色々な病気が原因となって居ることが考えられます。
捻挫・脱臼・骨折・腱鞘炎、キーンベック病etc、それぞれの怪我や病気があるでしょう、痛みの原因を知ることがまずは大切です。

 

◆ 「手首痛」その原因を知る

字を書くことも、物を持ったり握ったりすることも、困難なほど手首が痛い時があります、これでは日常生活までも満足に過ごせないことにもなりかねません。

手首痛の程度が軽かったりすると、甘くみがちですが、実は深刻な状況だったりして、とんでもない長期間の治療に至る事があるので、確りした専門医の診断を仰ぐことです。

ここからは、手首の痛みの原因・治療について、簡単に説明しておきます。

 

◆ 「手首痛」は、手首の神経に刺激が加わることで起きる   

手首痛の発生の原因は、基本的には、手首の神経に刺激を加わることで、痛みが発生します。また、痛む箇所・痛み方でも、様々な症状があります。

大きく分けて3つの神経が、手首に通っています。
小指側にある尺骨に沿った「尺骨神経」・ちょうど真ん中を通る「正中神経」・親指側の橈骨に沿った「橈骨神経」の3つです。

手首を動かしたときに痛む場合も、同じように原因は違ってきます。
手首を内側に曲げた時に痛む場合は、「尺骨」に関係・手首を外側に曲げた時に痛む場合は、「橈骨」に関係・場合によっては「正中神経」にも関係してくるでしょう。

手首痛の要因となるものは、日常生活では数多く存在しております。
近年では、一番多いのがパソコンで、キーボードやマウス操作するときの、姿勢や力の入れ具合次第では、手首を痛めてしまうこともあるのです。

 

◆ 「手首痛」は、原因に対しての根治治療が一番大切

手首痛の場合は、「手首を使わず、湿布を貼って、安静にしておく」とよく言われてきました。
確かに、手首を安静にすることや、消炎の湿布はそれなりに、効果が期待できますが、痛みとなっている原因を特定せずして、その治療が本当に効果があるかはわからないままです。

ましてや、日常の仕事に関する事からくる手首の痛みは、手首の酷使がその方の本来業務であれば、仕事の都合もあり安静などしていられる訳にもいきません。

手首痛の治療には、痛みがどこからきているのか、何が原因で痛むのかを、確り判断する必要があり、その原因に対しての根治治療を行うことが、治癒を早める一番の対応と言えます。

手首

手首や足など関節付近に、こぶ状のものができる事があります。
若い女性によくみられ、痛みもないことから、手首に軟骨がでてきたと 勘違いされる方もいらっしゃるようです。
それは、ガングリオン(結節腫)かもしれません。

 

◆ ガングリオン(結節腫)について

手首や親指の付け根の部位できる、ゼリー状の「こぶ」や「しこり」は、「ガングリオン」と言う、若い女性がなりやすいく、まれに首・足・膝裏にもできる人もいるそうです。

ガングリオンは痛みも感じず、袋の中に水が溜まって腫れているだけで悪性のものではありません。

「こぶ」や「しこり」が大きくなり、見た目が気にして手術で除去する場合もありますが、多くの場合は、手術しなくても自然消滅しますので、無理に手術の必要はありません。

特に、職業としては、ギターや、ピアノなどの楽器類や、パソコンをよく使う人に多くなるのだそうです。

ストレスやホルモンバランスの不安定が原因で、血流障害が起き、脂肪腫や腫瘍ができてしまいます。それが「ガングリオン」になるといわれています。

自然治癒することは、血流障害を解消しさえすれば、あるらしいので、「しびれ」や「痛み」が感じられない場合は、そのまま放って様子を見ていても大丈夫なようです。

現在の社会では、ストレスが溜まる要因が確かにたくさんあり過ぎ、ストレスを溜めるなと言っても難しいですが、リラックスの時間を可能な限りとる様にすることが良いと思います。

 

◆ ガングリオンの治療方法

ガングリオンに痛みは、神経が圧迫されておるので、かなり痛いようです。

痛みが手首に感じなければ、そのまま放っておいてもかまいませんが、「こぶ」や「しこり」が肥大化する様なら、注射器で「こぶ」や「しこり」の中にある、ゼリー状の物質を吸引して取り除く必要があります。

再発や神経損傷などの合併症が起こることがありますので、手術が必要の場合は、必ず、手首を専門とする整形外科医で行って下さい。

参考の為に、ガングリオンの外科的治療法は、健康保険が適用されない場合もあるので、事前に相談してください。

 
◆ ガングリオン手術の費用

手首のガングリオンの手術には、穿刺手術、除去手術、レーザー手術の3種類の方法があります。

《 穿刺手術 2千円程度 》
この手術はガングリオンに針を刺し、「こぶ」の中の液体を抜き取る手術で、日帰りの手術が可能なので、比較的安価で容易に手術ができます。
でも、この穿刺手術は再発率が高いので、繰り返し何度も通院することになると、その都度2千円程度の費用がかかることを承知しておく事が必要です。
《 除去手術 2万円~6万円程度 》
この除去手術は、、「こぶ」周辺の皮膚を切開し、ガングリオンを袋ごとそっくり取り除く手術です。

手術費用はガングリオンの大きさによって値段が大きく異なります。そして、保険が適用されないので他の手術に比べて費用がかさみます。
ガングリオンの大きさが5cm程度の場合、手術は日帰り可能ですが、大きさが10cm程度の場合は、入院して手術を行う必要があります。
また、除去手術の費用に関しては病院ごとの差も大きいので一度医者に相談してください。
《 レーザー手術 一回500円程度 》
レーザー手術は低出力半導体レーザーによってガングリオンを消去する治療法です。
穿刺手術・除去手術にくらべてガングリオンの再発率が低く、後遺症や痛みも生じないので最近注目されている手術方法です。

この手術は、一回の治療では終わらず、一ヶ月間の毎日通院期間が必要です、毎日の通院は、時間的・金銭的に費用は嵩むものと覚悟が必要です。

手首

手首が痛いとか、指が曲がらないとか、そのような症状に至ったことはありませんか? もしかして、それは「腱鞘炎」の症状かもしれません。

腱鞘炎と言われても、名前からして、聞いた感じのイメージが軽そうだからといって、決して軽視してはなりません。

軽そうな病気と思って、甘く見ていると、症状が悪化して筋肉が固まり、手首や指が動かせなくなる大きな事故に繋がります。

最悪、手術をする場合があったり、その後遺症で悩まされたりと、手が不自由な生活を送る結果になりかねないのです。

ここでは、腱鞘炎の症状について、正しい知識を身に付け悩みから解放していただくために整理してみました。

 

 腱鞘炎は手首に起こりやすい病気です。 

手首の腱鞘炎の代表的なものとしてはドゥケルヴァン病「」があります。
この「ドゥケルヴァン病」とは、「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」が「橈骨茎状突起部」と「伸筋支帯」で狭窄された状態のことを言っております。

込ん場合、親指を動かすとき手首に痛みが生じるので、物を持ち上げたり、物を掴んだりする作業が困難になってしまいます。
◆ 腱鞘炎の原因について。

腱鞘炎に罹る大きな原因として、一般的には、手首・指の 使い過ぎや酷使によるもと言われおり、誰もが罹る可能性のある病気です。

使い過ぎや酷使により、腱と腱鞘の摩擦が短時間に集中することから、腱鞘に炎症が生じてしまいます。
急性的に生じたような場合は、しばらく安静にしおくことで、普通はすぐに治りものですが、それを長く繰り返していると、慢性化してしまいます。

一度慢性化してしまうと、今度は途端に治りにくくなってしまい、長年と腱鞘炎が完全に治らない人も中には居るほどです。
慢性化することにならないように、手首・指の 使い過ぎには十分に注意する必要があります。
◆ 腱鞘炎になりやすい方について

腱鞘炎になりやすい方は、仕事以外にも日常生活の中でも沢山おられます。

毎日パソコンなどでタイピングやマウス使用で手首と指を酷使している方・赤ちゃんを長時間抱っこするお母さん・ギターなどの楽器演奏者・テニスや野球などの手首を使うスポーツetc
手首や指を長時間もしくは断続的に使い続ける人に多いです。
◆ 腱鞘炎の予防について

前述のように、腱鞘炎は一度慢性化してしまうと、完全な治療は難しく、厄介な病気で有ります。
一番治療は腱鞘炎にならないことで、要するに腱鞘炎に罹らないよう、予防することが最重要ということになります。

腱鞘炎の予防は、単純にその原因となる指や手首の酷使をやめればいい訳です。
然しながら、そんなに簡単に、日常生活を変えるというわけにはいかないと思いますので、そのような状況の中でも発症しないように、ケアすることがやはり大事なことと思います。
◆ 腱鞘炎の予防のケアはどの様に

指や手首をよく使ったあとは、努めてストレッチをして、筋肉の緊張を解いてあげることです。
曲げ伸ばしをして、指や手首のこりをよく解すしておけば、腱の負担も減り炎症が起きにくくなります。

少し熱を感じたりしてすでに炎症を起こしている可能性がある場合は、しっかりアイシングをし、炎症を抑えてから上記のようにストレッチをしましょう。

もし、痛みを感じている場合は、それ以上の無理はせず安静にして置くことです。
無理に痛みをおし、酷使し続けることは、決してやってはいけません、それ分、腱鞘の寿命を縮めてしまうからです。
思い切り、気分転換と意識づけて、しっかりと手首を休ませて下さい。

手首

多くの方の、ゴルフでの悩みは、ドライバーショットではないでしょうか。

ご存知の通り、ドライバーは非常にシャフトが長く使いにくいクラブであります。
その為もあって、アイアンのようには、手首をうまく使うことが困難になるようです。

基本的なゴルフ理論では、手首の多用は厳禁とされていますが、 シングルクラスの上級者になると、コックの反動を利用して、ヘッドスピードを上げるたりすることも可能なようです。

然し、上級者以外は、手首のひねりや返しなどを行うことはは、スムースなスイングの妨げにしかなりませんので、スイングは普通に・柔らかく・そして自然なスタイルで行うのがベストです。

自然な流れのスイングのから連動して、自然に手首が動作してゆくと言う流れが理想的と思います。

 
◆ ドライバーがうまく打てない方に伝授

ドライバーで、きれいな弾道のストレートボールを打つことは、やみくもに練習を繰り返しても、非常に難しいです。

一つの方法として試してみてください。

それは、わざと手首を多用して練習してみることです。

テークバックの引き始めが、手首の使いどころです。
スイングの始動時に、手首をわざとL字にひねって、スイング始めから、いきなりシャフトを水平にしてみてください。

一般的には、テークバックからトップまでに、大きく円を描きながら、 体の真横にきたタイミングで、シャフトが水平になるのが普通の流れです。

ですが、ここで手首をわざとL字にひねって、いきなり水平にするのです、

そうすることによって、どうなるのかの答えは分かりませんが、この様に、いろんな角度から、試してみる必要もあるようです。

 

 

◆ トップ時の手首の角度が大切

「己を知り、己を変える」努力と覚悟がなければ、ただもの練習場に通いボールを打っても、「上達はしない」これが、ゴルフの難しく面白いところでもあります。

或る体験者によれば、前述のようにわざと手首をひねって、スイングの練習を実施したところ、 たまたま良いショットが打てたと言う話を聞いたことがあります。

その時に、出た結論は「トップ時の手首の角度です」と体験者は言っておりました。
フックグリップ気味の彼にとっては、トップで手が甲側にまがりやすい癖があり、それが原因の一つだった様です。

しかし、始動時から手のひら側に手首を調整してやれば、必然的にトップ状態時では理想の角度になっていたのです、これは、大発見と言えましょう、

只、今もこのスタイルで実施しているかといえば、もちろん実施している訳ではありません。
このスタイルでスイングすると、テークバック時の軌道がおかしくなり、高確率にカットしたスライスや、 大幅なフックショットなどのミスショットを生む危険性があるからです。

ただ、何かの原因を掴むきっかけとなるのは良い事では無いでしょうか。
例え間違ったスタイルだったとしても、それをすることで何かが発見が出来たとしたら、 多少フォームが乱れるリスクを背負ってでも、あれこれと模索してみるべきと思います。

手首

私たちの周りには、手首を「コキコキ」「コリコリ」と音を鳴らす人をたまに見かけます。
その方の癖の様で、いつも鳴らしてしている様子で、全く痛みを感じないためか、全く気にされていないようです。

このように、手首が鳴る原因には、大きく分けて二つあると言われていますが、具体的な原因については医師の正確な診断が必要でしょう。

手首が鳴る原因と、その音について詳しく調べてみましたので紹介します。

 

◆ 手首が鳴る音について

手首が鳴る音は、骨の「コキコキ」「ゴリゴリリ」「ポキポキ」という音以外にも種類の違う音が鳴ることがあります。
それは腱の柔軟性が失ったために、「ギシギシ」と雪を踏みしめたときのような音の発生です。

腱鞘炎など、腱に損傷が生じた疾患では、このような音を良く聞かれるようです。
このために、手首に痛みが生じて、音が鳴るようでしたら注意が必要で、早急に専門医の検査を受信してください。

 

◆ 原因・その1、クラッキング

クラッキングとは、骨から鋭い音がする現象のことで、指の関節を「ポキポキ」と鳴らす(節を抜く)人は数多くおりますが、同じ原理で手首の骨からも「ポキポキ」と音が鳴ることもあります。
「骨と骨の間の関節にある潤滑液が移動したときに発生する気泡の破裂音」といわれているのが、クラッキングでありますが、周りの骨に反響して音が大きく聞こえるのだそうです。

クラッキングによって骨が破壊されることもあり、癖になっている人が多く、徐々に骨が太くなっていくという特徴があります。
放っておくと、将来的には関節が動かなくなる、こともあるため、あまりや音を鳴らさない方が良いと思います。

さらに、長年にわたって無理に関節を曲げると靭帯が緩んでしまい、これによって余計に疲れを感じてしまうようになるという危険性も指摘されております。

この音は1度鳴らすと、しばらくは鳴らすことができないという点が、原因・その2の「関節のゆるみ」」と大きく違うところです。
「関節のゆるみ」ということはないので、治療の必要はないと思います。

 

◆ クラッキングのクセには諸説あります。

① 硬くなった関節周囲のストレッチで、疲労物質が流し去られるために快感を得て、心地良いと感じるとされる説。

② 関節内部は痛みを感じないため、クラッキングによる強い衝撃をうけても、ストレッチによる快感だけを感じてしまう説。

③ クラッキング音を出すことにより、関節の可動域が広がったことを脳が快感と感じるという説

④ クラッキング音そのものが脳に快感を与えているという説。

 

◆ 原因・その2、関節の「ゆるみ」

手首は、たくさんの骨が繋がって出来ておりますが、その骨と骨の関節が「ゆるみ」でいることで音が鳴ることがあります。
こののため、動かすだけで「ゴリゴリ」と音が鳴るのです。

関節の「ゆるみ」の原因は、捻挫の後遺症や老化といったものが考えられます。
特に捻挫の後遺症は、受傷時にしっかりとした治療を行わなかったために、靭帯が引き伸ばされたままで放置されていたことが多いようです。

関節の「ゆるみ」は稼動域を広くしてしまうため、捻挫の再発生がし易いという状態を作ってしまうことがあります。
そのため、過去に捻挫をした経験がありながら、確りと、治療をしてこなかったという方は、念のために、一度検査を受けたほうが良いようです。

手首