手首の記事一覧

手首の骨折は良くありますが、脱臼する事は非常に稀なことです。

稀ではありますが、転んで手をついてしまい、手首付近の痛みが取れないような場合には、「月状骨周囲脱臼」と言い、「手根骨」という小さな骨の集まりを、繋いでいる靭帯が損傷して起こる障害もあります。

一方、指の脱臼はスポーツ傷害では最も多い脱臼です。
麻酔なしでも整復する事も可能ではありますが、多くは骨折を伴っている事もありますので、レントゲン検査は受けておく事が大切です。

 

◆ 亜脱臼とは

「亜脱臼」とは別名「不完全脱臼」と言います、関節から骨の関節面が外れかかっている状態のことを言いています。

関節が形成する骨の互いの関節面が、部分的に接触してしまっていることを言いますので、関節が外れてしまっている状態の「脱臼」とは違い、「亜脱臼」は関節が外れかけている状態の事を指して言います。

 
◆ 必ず、医者の診察を

手首の怪我の多くは、バランスを崩した時に、転倒時して起こりやすいものです。

身体のバランスを崩し、机や壁に倒れ掛かったり、地面に手を付いた時に、手首に大きな負荷がかかり、関節に損傷を負わせてしまいます。

それ以外には、重たい荷物を長時間持つ様な力仕事したり、スポーツなどでも手首の怪我は良く起こします。

痛みがあれば医師の治療を受けることも選択できますが、痛みが少ない場合や痛みが無い場合が厄介です。
手首に違和感を感じる程度では、医師に診てもらおうとも思わない場合が多いからです、痛みが無い場合はなおさらのことです。

動かしてみて、ガクッと骨のずれる感じや、バネのように弾ける感じのある場合は、「骨折」「脱臼」「亜脱臼」の可能性もあるので、痛みが無い場合でも大事をとって、一度は病院で診てもらう方が良い様です。

 
◆ 手首の痛む時、その治療は原因の特定から

手首が痛いときは、とにかく「手首を使わず、湿布を貼って安静にしておくのが一番」とよく言われており、安静にしながら、鎮痛や抗炎の為の湿布を貼っておくことというのは、治療の効果も期待できるでしょう。

しかし、その手首の痛みの原因自体が、特定できていないのであれば、その湿布の治療や安静にしておく事が、正しいものかどうかは分かりません。

ましてや、手首を酷使したことによるものが、手首の痛みのであれば、その方の日常生活において手首を使うことが、必須なことくらい容易に想像できますし、仕事の都合もあれば余計に安静にして置ける訳にはいかないです。

また、痛みの原因が特定できない場合、手首の痛みを治療するのに、冷やしたり、温めたり、揉んだり、などを、自己判断で治療を行わない事が大切です。

まず、自分の痛みがどこからきているのか、「骨折」「脱臼」「亜脱臼」か等を、しっかりと知る必要があり、その原因に対しての根治治療を行うことが、一番重要となります。

症例によってはレントゲンでも異常が見当たらず、原因が分からない場合もあるので、なおさら素人治療には注意が必要です。

手首

手首の骨折は、残念ながら大変不幸なことで、公私ともにとても不自由で、日常の生活に大きな支障があります。

こんな場合は、一刻でも早く直し、現状に復帰したいと誰もが思うものです、その復帰のためのリハビリなどその治療についてしらべました。

 

 頻度が高い怪我と言えば、手首骨折です

橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃくこつ)という二本の骨で出来ているのが手首です。

手首の関節は、この二本の骨がアーチ状になっていて、手首が上下左右に動くよう出来ております。

転んで手をついた時に多くみられるのが、手首の骨折で、橈骨が手首側で骨折することを「橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折」といい、手をついた時の向きにより、骨のずれる方向(手の甲側・掌側)が変わります。

骨のずれは、手の甲側にずれることが多く、手首が、食器のフォークを伏せて置いたような、変形が見られ腫れます。
症例は少ないですが、手のつき方によっては手のひら側にずれることもあります。

また、骨が弱くなっている高齢者の場合の「橈骨遠位端骨折」は、単純な折れ方ではなく、とても複雑な折れ方をする場合があります。

 

◆ 手首の骨折の治療について

手首骨折の治療法としては、「ギプス固定治療」と「手術的治療」があります。
この、選択については、
少しでも手術をしないで、不安定な骨折部分を安定させる方法があれば、「ギプス固定治療」が患者さんに対しては負担も少なく、有効な治療になると考えられます。

固定療法での治療に可能性がある限りは、手術療法と言うのではなく、患者に負担のかからない「ギプス固定治療」を選択して、治療を進めることが大切なことだと思います。

 

◆ 手首の骨折の治療後のリハビリについて

手術をする、しない、に関わらず、ギプスなどによって手首を固定していると、手首の動きが硬くなったり、力が弱くなりますから、ギブス内で力を入れる訓練をし無くてはなりません。

ギプスが外れたらリハビリを開始ます。手首という大事な所ですから、できる限り痛みを残さない、動きが悪くならない、力が弱くならないように治療してゆきます。
具体的なリハビリとは、
手首に限らず骨折の治療は、患部を長期間固定して行いますので、その結果として患部の周辺の筋肉が衰え、固定していて動かせない関節部分も硬直してきます。

つまり、リハビリによって治すのは骨自体ではなく、骨折治療によって衰えた筋肉や固まってしまった関節を、もとの状態に戻すことがりはびりの本来の目的となります。

よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリによって骨を強くするのだと勘違いされる方もいらっしゃいますが、そうではなく、骨折後のリハビリによって、骨折した周辺筋肉と関節機能を元の状態回復させるのであることをご理解下さい。

手首

手首や親指の付け根にできる腫瘍で、ガングリオンがあります。

悪性ガンではありませんので、深刻になるような心配ないのですが、病名だけを聞くとチョット怖く、手首は見える場所で目立つこともあり、あまり良い気はいたしません。

ガンクリオンと言う腫瘍は、手首以外にも出来るのですが、手首に発症するのが一番多い様です。

 

◆ ガングリオン(結節腫)について

手首にはもともと小指側に骨の出っ張りがありますが、手首や親指の付け根の部位できる、出っ張りがガンクリオン(結節腫)です。

この出っ張りの中身は、小さな袋に入ったゼリー状の透明で柔らかいものです、若い女性になりやすい病気であり、まれに首や足、膝裏にもできる人もいるそうです。

ガングリオンは痛みもなく、袋の中に水が溜まって腫れているだけで、悪性のものではないので、見た目以外は特に問題がないことが多いのですが、出きた場所・大きさによっては、手の神経を圧迫してしまうので痛みを感じる時もあります。

大きくなってくると見た目が気になるので、手術で除去する場合もありますが、多くの場合は、手術しなくても自然消滅しますので、無理に手術の必要はありません。

特に、なりやすい職業としては、ギターや、ピアノなどの楽器類や、パソコンをよく使う人だそうです。

ストレスやホルモンバランス不安定が原因で、血流障害が起き、脂肪腫や腫瘍ができてしまいます。それが「ガングリオン」になる様です。

血流障害を解消しさえすれば、自然治癒することがあるらしいので、「しびれ」や「痛み」が感じられない場合は、そのまま放って様子を見ていても大丈夫なようです。

現在の社会では、ストレスが溜まる要因が確かにたくさんあり過ぎ、ストレスを溜めるなと言っても難しいですが、リラックスの時間をできる限りとる様にすることが良いででしょう。

 
◆ ガングリオンの治療方法 その① 

治療は色々とあるのですが、手首の痛みが感じなければ、そのまま放っておいてもかまいません。

気になるようでしたら、ちょっと乱暴な方法ですが、次のような方法があります。、

手首に中に出来た袋の中に、ゼリー状のものが入っているので、外から圧力をかけてその袋をおし潰してしまうます、うまくいくと簡単に潰れてしまい、出てきたゼリーは吸収されます。

ただしこの方法は何度かやるうちに大抵は潰れなくなり、さらに固くしこりのようになることもあります。

 

◆ ガングリオンの治療方法 その②

ガングリオンに痛みがある場合は、神経が圧迫されておるので、かなり痛いようです。

しこりが肥大化する様であれば、注射器で、しこりの中にあるゼリー状の物質を、吸引して取り除く必要があります。

ただし、袋は房のように幾つもの部屋にわかれていることが多くて、一箇所から吸い出しても残ることが多く、その為に、針を何度も突き刺すようにして、中の房を潰してから行う必要があります。

さらに中身が液体ではなくゼリーなので細い針では吸い出すことが出来ないので、かなり太い針を使う必要がありますので、ちょっと痛いことと、刺したあとにも何度を針先を動かすので怖いです。

このような方法で中のゼリーを吸い出しても、残念ながらすぐに再発することが多いのが難点です。

この原因は手首に負担をかけているためですが、とは言っても、仕事や習慣で手首に負担をかけることを簡単にはやめられないのが現実な様です。

 
◆ ガングリオン手術とそれに掛かる費用

手術が必要の場合は、専門の整形外科医で行わないと、再発や神経損傷などの合併症が起こることがありますので、必ず、手首を専門とする整形外科医で手術を行って下さい。

参考の為に、ガングリオンの外科的治療法は、保険適用されない場合もあるので、事前に相談してください。

手首のガングリオンの手術には、穿刺手術、除去手術、レーザー手術の3種類の方法があります。

《 穿刺手術 2千円程度 》
この手術はガングリオンに針を刺し、中の液体を抜き取る手術で、日帰りの手術が可能なので、比較的安価で容易に手術ができます。
でも、この穿刺手術は再発率が高いので、繰り返し何度も通院することになると、その都度2千円程度の費用がかかることを承知しておく事が必要です。
《 除去手術 2万円~6万円程度 》
この除去手術は、皮膚を切開し、ガングリオンを袋ごとそっくり取り除く手術です。

手術費用はガングリオンの大きさによって値段が大きく異なります。そして、保険が適用されないので他の手術に比べて費用がかさみます。
ガングリオンの大きさが5cm程度の場合、手術は日帰り可能ですが、大きさが10cm程度の場合は、入院して手術を行う必要があります。
また、除去手術の費用に関しては病院ごとの差も大きいので一度医者に相談してください。
《 レーザー手術 一回500円程度 》
レーザー手術は低出力半導体レーザーによってガングリオンを消去する治療法です。
穿刺手術・除去手術にくらべてガングリオンの再発率が低く、後遺症や痛みも生じないので最近注目されている手術方法です。

この手術は、一回の治療では終わらず、一ヶ月間の毎日通院期間が必要です、毎日の通院は、時間的・金銭的に費用は嵩むものと覚悟が必要です。

手首

ここ数年、テニスの 錦織 圭 選手の活躍はめざましいもので、テニスブームの再来とまで言われており、何処も彼処もテニススクールは大繁盛です。

錦織選手と同じようなショットとまでは行かなくても、せめて、あのようなボールが打てる位の、手首の筋肉を鍛えたいと思うのは、テニスをする者にとって、ごく自然な願望ではないでしょうか。

テニスの他にも、バトミントン・柔道・相撲・レスリング、野球 等々、手首を鍛えたいスポーツは沢山あります、どの様にすれば鍛えられるでしょうか。

手首と言う部位は、筋肉の着いてないところなので、なかなか鍛えにくいところと聞いております。
ここでは、そんな悩みをお持ちの方に、少しでも手首を強くする為の鍛え方を紹介します。

 

◆ 手首を鍛える・その1・・・ダンベルを使って

前腕・手首の筋トレメニューです、まずは、1~2キロ程度のダンベルを持って、ベンチに座ります。

A,リストカール、 鍛える筋肉は「前腕屈筋群」です。

・ベンチに座り、手のひらを上に向け、両手にダンベルを持って、前腕をひざの上に固定します。
・ゆっくりと手首だけを曲げてダンベルを上げ、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

B,リストエクステンション 、鍛える筋肉は「前腕伸筋群」です。

・ベンチに座り、手のひらを下に向け、両手にダンベルを持ち、前腕をひざの上に固定します。
・ゆっくりと手首だけを曲げてダンベル上げ、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

手首を痛めないために・・・・・この筋トレをする上での注意点

・手首を下げる時は、そのまま鉄アレイの重さで、カクンと下げないようにして下さい。
○手首の力を使って、ゆっくり下げるようにして下さい。
×重さを使って下げると、手首を痛めてしまうので気を付けて下さい

 

◆ 手首を鍛える・その2・・・身近な物を使って

A,ペットボトルに砂を入れて手首を振る

・最初は、無理せずに少量の砂から始めます。
・慣れてきたら徐々に砂を増やしていきます。

B,なわとびの縄を使って、縄を回す

・肘を体のそばによせてて安定させ、上手に手首を使って縄を回します。

C,木の棒の両端を持って手を伸ばし、手首だけで棒を巻く

・30cmくらいの木の棒の中心に糸を結びつけます。
・その糸の反対側に、水を入れたペットボトルをたらした物を用意します。
・木の棒にその糸を巻く・戻す、ということを繰り返します。

 

◆ 手首を鍛える・その3・・・他にも様々な方法で

A,風呂場の浴槽内で、スナップを効かせる動きをする。・・・水の抵抗で鍛えられます。

B,リストローラーという、手首を鍛える為の器具購入し鍛える。・・・お金に余裕があればです

C,セーム皮(スポーツタオルでもよい))を使って、雑巾絞りを繰り返す。

手首

「リウマチ」の痛みは、罹った人にしか解らないほど酷く、関節が変形してしまう場合もあります。
「リウマチ」で苦しむ人は、年々増加傾向にあるそうで、今では全国で70万~100万人ともいわれております。

ここでは、「リウマチ」の症状やその治療等について、整理してみました。

 

◆ リウマチの初期症状

指や手首の、「腫れ」と「こわばり」は、リウマチ症状の初期シグナルとして注意が必要です。

「腫れ」は、初めは指の関節に出ることが圧倒的多く。特に指先から数えて2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節に発症します。

「こわばり」は、朝布団から、起き上がる時、特に発症します。
「朝のこわばり」は、関節リウマチの代表的な症状の一つで、朝に、体がこわばる理由は、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、浮腫むためと考えられています。
長い人では1時間以上、短い人でも数分は、こわばりがつづくそうです。

関節リウマチの腫れや痛みは、初期のころは、常に持続するわけではなく、よくなったり悪くなったりしながら、じわじわと進行してゆくのが、大多数のケースです。

 

◆  「手の関節」のリウマチの症状

手には「指関節」と「手首の関節」の2つの関節があり、リウマチの場合、最初におかされるのは「手首の関節」です。

また、手指の第2・第3関節は、リウマチ患者のほとんど全員が、病変が起こる(罹患率91%)部分であると言えますす。

そして、手首についてです。
前腕は2本の骨からできており、親指側を橈骨、小指側を尺骨と使用しております。

橈骨手根関節(この2本の骨の端と手根骨の間にある関節)も、リウマチには、おかされやすい部位で、熱感があったり、押さえられると痛む圧痛を感じやすいところです。

また、腫れが長くつづき関節包が緩んでくると、骨と骨は簡単にずれてしまい、そうしてリウマチ特有の形をした変形が起こります。

 

◆ 関節リウマチの治療

関節リウマチの治療は、炎症による関節や骨の破壊をできるだけくい止めて機能を維持し、生活の質を高めることにあります。

そのために、治療の中心となるのが、「基礎療法」「薬物療法」「理学療法」「手術療法」の4つの療法です。

手首などの、関節リウマチは、おもに「薬物療法」が中心になりますが、患者さんの状態の合わせて、他の療法による治療も行います。

 

◆ 「基礎療法」によるリウマチの治療

リウマチの「基礎療法」としては、患者さん自身が、病気の特徴を理解して症状を悪化させないような、暮らし方をするということが前提です。

手首などの、関節リウマチは、安静と運動のバランスが重要で有ります。
安静方法には、全身の症状が強いときの「全身的安静」と、関節の炎症が激しいときの「局部安静」、さらには、病気の事についてだけではなく、生活全般のストレスを溜めないように「精神的安静」があります。

 

◆ 「薬物療法」によるリウマチの治療

注射と投薬が、「薬物療法」によるリウマチ治療の中心になります。のみ薬は医師の指示どおりに従い、きちんと内服を続けることが大切でありますす。

さらには、定期的に通院し診察を受け、病状の変化や痛みの状態を、医師とよく相談することです。

また、手首等身体の発疹や口内炎等の副作用(他には、下痢・吐き気・便の色の異常 等)があれば、早目に診察を受けるように心掛けてください。

手首

手首というところは、スポーツをしたり、遊んでいたりして、転んで、ひねったり、くじいたりすることが良くあります。

手首は、日常生活の中でも、よく使う場所ですし、使わないことにはいかない場所でもあり、手首を怪我してしまうと、日常生活が、制限されることが多くなり、非常に不便にです。

 

◆ 手首の骨の「ひび」の特徴

特徴としては、手首の骨の「ひび」は、本当に些細なことでも発生してしまうことが良くあることです。
チョットしたことで、ふとした瞬間にどこかにぶつけてしまい痛みを感じたけれど、特に意識せず放置しておいたが、いつまで経っても痛みが続く・・・?

こんな場合は、もしかしたら手首に「ひび」がはいってしまっているかもしれません。
骨に「ひび」が入ってる、怪我の最大の特徴は継続する痛みでり、何もしないときは痛みが出ませんが、手首を動かしたときに痛みが出るようでしたら要注意です。

手首の「ひび」はとても些細なことで起こるのです。
人によってはドアノブに手首をぶつけてしまっただけでも亀裂が入ることがあるようですので、エッこんなことで手首に「ひびが」? と思うかもしれませんが十分に起こりえることなのです。
◆ 手首を強ぶつけた際、その時の症状は。

手首を思い切りぶつけてしまった時、骨に「ひび」が入ってしまうこともあります。
こんな場合は、比較的分かりやすい症状が出るものです、それを具体的に言えば、激痛・内出血・患部が赤く腫れ上がる 等のような症状です。

手首に、これら症状が見られるようでしたら専門医の診察を受けるようにしてください、もしかして「ひび」だけではなく、骨折している可能性もあるため注意が必要だからです。
◆ 捻挫と間違うと、とても厄介です。

手首の骨の「ひび」は、前述した症状が全く見られない場合があり、このようなこに至った場合は、最も厄介なことになります。

強くぶつけたつもりではないのに、いつまで経っても痛みが引かない・・・このようなときは「ひび」が入っていることが予想すべきです。

ひねった場合は、自己判断で捻挫と決めつけてしまう人もいるようですが、捻挫の場合は比較的早い段階で回復することが多いようですので、数週間も長い期間が経過しても、痛みがあるようでしたら、それは捻挫ではなく「ひび」の可能性があるので注意してください。
◆ まずは、必ず整形外科でレントゲン。

骨のことだから整体や接骨院に行けば大丈夫、と思っている人は少なくないようです。
しかし、手首の「ひび」の判断はレントゲンを用いて検査することが一番良い方法ですが、整体や接骨院ではレントゲン撮影をすることが出来ず、詳しい状況を判断することができません。

まずは、必ず専門医である整形外科医院で、手首のレントゲンの撮影を受けるようにしてください。
◆ 放置すると後遺症が残ることも有ります。

「ひび」といえど列記とした骨折に間違いないのです。
「ひび」は亀裂骨折といいますが、適切な処置をしなければ手首に後遺症が残ることもあり、その後遺症とは、手首の変形や、手首動かしにくくなる、といったことがあげられます。

「時間がない」「億劫だ」といって、病院に行かない人もおりますが、正しい治し方をしなければ、その後の生活に支障が出ることあります。
後々のためなら、なるべく早めに時間をとって専門医に行くようにしましょう。

手首

手首に負担がかかりすぎる生活を続けていると、手首を回すだけで激痛が走る時があります。
これは、ドゥケルヴァン腱鞘炎と呼ばれるものです。

パソコンやピアノの操作、書き物が多い生活を続けていると、指を曲げる時に激痛が走り指を曲げられないときがあります。
これも腱鞘炎ですが、一般的には「バネ指」と呼ばれています。
腱鞘炎の症状について、正しい知識を身に付けていただくために整理してみました。

 

◆ 腱鞘炎は手首に起こりやすい病気です。 

手首の腱鞘炎の代表的なものとしては「ドゥケルヴァン腱鞘炎」があります。
この「ドゥケルヴァン腱鞘炎」とは、「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」が「橈骨茎状突起部」と「伸筋支帯」で狭窄された状態のことを言っております。

親指を動かすとき手首に激痛が生じるので、物を持ち上げたり、物を掴んだりする作業が困難になってしまいます。
◆ 腱鞘炎の原因について。

腱鞘炎に罹る大きな原因として、一般的には、手首・指の 使い過ぎや酷使によるもと言われおり、誰もが罹る可能性のある病気です。

使い過ぎや酷使により、腱と腱鞘の摩擦が短時間に集中することから、腱鞘に炎症が生じてしまいます。
急性的に生じたような場合は、しばらく安静にしおくことで、普通はすぐに治りものですが、それを長く繰り返していると、慢性化してしまいます。

一度慢性化してしまうと、今度は途端に治りにくくなってしまい、腱鞘炎が完全に治らず、長年と激痛になやんで居られる人も少なくありません。
慢性化することにならないように、手首・指の 使い過ぎには十分に注意する必要があります。
◆ 腱鞘炎の予防について

腱鞘炎と言う病気は、一度慢性化してしまうと完全な治療は難しい、大変厄介な病気といえます。
何といっても、一番の治療は腱鞘炎にならないことです、要するに腱鞘炎に罹らないよう、予防することが最重要ということになります。

腱鞘炎の予防はいたって単純です、その原因となる指や手首の酷使をやめればいい訳です。

とはいっても、そんなに簡単に日常生活を変える、というわけにはいかないと思いますので、そのような状況の中でも発症しないように、ケアすることがやはり大事なことと思います。
◆ 腱鞘炎の予防とケアはどの様に

指や手首をよく使ったあとは、努めてストレッチをして、筋肉の緊張を解いてあげることです。
曲げ伸ばしをして、指や手首のこりをよく解すしておけば、腱の負担も減り炎症が起きにくくなります。

少し熱を感じたりしてすでに炎症を起こしている可能性がある場合は、しっかりアイシングをし、炎症を抑えてから上記のようにストレッチをしましょう。

激痛出なくとも多少の痛みを感じている場合は、それ以上の無理はせず安静にして置くことです。
無理に痛みをおし、酷使し続けることは、決してやってはいけません、それ分、腱鞘の寿命を縮めてしまうからです。

思い切り、気分転換と意識づけて、しっかりと手首を休ませて下さい。

手首

手は、スポーツをしたり、遊んでいて転んだりして、ひねったり(捻ったり)、くじいたり(挫いたり)することが多いものです。

日常生活の中で、手首はよく使うし、使わないことにはいかない場所でもあり、手首を捻挫してしまうと、日常生活をするうえで、制限されることが多くなり、非常に不便になってしまいます。

捻挫したときは応急処置を行いますが、軽い捻挫だろうと思っても手首は、骨と靱帯が複雑に構成されていますので、整形外科や接骨院に行くことが、治療の長期化を防止する意味で大切なことです。

手首の捻挫は、やっかいな怪我で、外見上は軽症とは見えても、骨折をしている可能性も高いので、接骨院だけではなく、最初は必ず整形外科に通院して、レントゲンを撮撮り診断を仰ぐ必要があります。

「ひねった」てしまったら、その「ひねった」箇所を動かないよう固定して、安静にしておく必要がありますが、手首は、日常生活上どうしても使うことは多くなりがちで、捻挫が完治していないうちに、無理をしてしまうと、同じ箇所を、また痛めてしまう可能性がありますので、無理をしないような工夫と努力をすることが大切です。

 

◆ 手首を「ひねった」・・・その時の症状は

「ひねった」程度によって、症状の強弱や出方は変わってきますが、「痛み」「腫れ」「内出血」などが、手首の捻挫の主な症状です。

「痛む症状」
捻挫をすると、本来の動きをするときに痛みが走り、時間が経つにつれて痛みは増してくるのは危険信号です。

これは、「ひねって」痛めた関節が、本来の機能を失っているために起きるもので、特に、捻挫の原因となった時と同じような向きに捻ったり、捻挫で損傷した靱帯部位を、押したりしたときにも痛みは走ります。

出来るだけ動かさないように、「ひねった」部位を固定しながら、すぐに病院に向かいましょう。

「腫れる症状」
捻挫をした手首が腫れることは、よくあります、左右を見比べてみて、明らかに「ひねった」方が腫れている場合は要注意です。

これは、捻挫のほとんどのケースであって、関節包靱帯を損傷しているからためです、関節包靱帯の内面にある滑膜層が、炎症を起こして腫れてしまうのです。

腫れの発症を起こす成分は、滑膜層から分泌される液状の物質で、関節の可動範囲を狭めたり、痛みを引き起こしたりします。この時の腫れの治療が不適切だったりすると、腫れが慢性化して関節軟骨の変形に繋がることもあるので注意が必要です。

「ひねって」から、時間が経つほど症状が悪化する場合は、必ず専門の医療機関を受診することです。接骨院や整骨院はレントゲンなどの検査が出来ないので、はじめに受診するのは整形外科医院にすることです。

「内出血の症状」
「ひねった」程度が酷い捻挫の場合は、内出血が起こります。関節包靱帯や側副靱帯などが断裂して、そこから内出血をしてしまうのです。

内出血を起こしているときは、捻挫個所が青黒くなり、皮下出血班が広がっているので、目視で簡単に確認できますから、内出血を起こしているのを確認したら、きちんと固定する必要があります。

この固定するのを怠たると、関節が動くたびに傷口が開き、靱帯の再生を妨げ、関節の修復にも時間を要することになりますので十分な注意が必要です。

 

◆ 「ひねった」手首・・・その応急処置は 

熱をもっているのは、患部が炎症を引き起こしている証拠ですので、放置せずに応急処置を施す必要があります。
『応急処置が適切で、早かったので、怪我が軽く済んだ』というケースは数多く見られるので、適切な応急処置で、捻挫が悪化するを防止しましょう。

「ひねった」時の応急処置の原則は、手首だけではなく、捻挫全てについて同じです。R(安静)・I(冷却)・C(圧迫)・E(拳上)の4原則が基本になってきます。 手首に特化した情報を加えながら、説明したいと思います。

・R(安静)
机のように腕の体重を預けられる所で、安静にできる姿勢を取りましょう。この時に氷水を入れた袋を準備しておきます、氷嚢があるとベストです。

・I(冷却)
捻挫は炎症なので、アイシングをすることです。

良く間違えていることは、、コールドスプレーだけで対処してしまうことです。コールドスプレーは一瞬しか表面しか冷やせないので、必ず氷水の入った袋でしっかりと冷やしましょう。
「氷」ではなく、必ず、氷の入った「氷水」であることを間違得ないでください。0℃であることが絶対条件で、冷たくし過ぎは、良くないからです。

・C(圧迫)
最低でも20分以上は「氷水」で冷やしながら、病院に向かうと良いでしょう。

その際は、ハンカチなどの柔らかい布をあてて、その上からきつく巻き過ぎないように包帯を巻くとベストです。

・E(拳上)
患部は、心臓より上に保ち、血液が患部にいかないようすることが大切です。

手は普段、下におろしていることは多いので、ついつい下ろしたくなってしまいますが、内出血を防ぐためにも心臓より上に保って置く様に注意しましょう。

手首

気づかないうちに、手首の親指側の付け根に、軟骨のような「しこり」が、出来ていたという経験はありませんか?

別に痛いわけでなかったので、気づくかないままに、ほっとくと治ったりするものですが・・・・・。
それは、もしかして、ガングリオン(結節腫)かもしれません。

 

◆ ガングリオン(結節腫)とは何でしょう。

手首や親指の付け根の部位できる、軟骨のようなゼリー状の「しこり」は、「ガングリオン」と言う病気です。
若い女性に罹り易く、まれに手首以外でも首や足、膝裏にもできる人もいるそうです。

ガングリオンと言う結節腫は、袋の中に水が溜まって腫れているだけなので痛みもなく、悪性のものでもありません。

とは言っても、大きくなってしまうと、見た目が気にななってきます。
手術で除去する方法もありますが、多くの場合は自然消滅しますので、無理に手術をする必要は無いと思います。

ストレスやホルモンバランス不安定が要因となり、血流障害が起きて、そこから脂肪腫や腫瘍ができてしまいます。
それが「ガングリオン」になる様です。

血流障害を解消さえすれば、自然治癒することがあるらしいので、「しびれ」や「痛み」が感じられない場合は、そのまま放って様子を見ていても大丈夫なようです。

現代社会では、ストレスが溜まる要因が確かにたくさんあり過ぎ、ストレスを溜めるなと言っても難しい状況ではありますが、リラックスする時間をできる限りとる様にする、努力も必要ででしょう。

 

◆ ガングリオンの治療方法

ガングリオンで、神経が圧迫されておりますと、かなり痛みは激しいようです。

でも、手首に痛みを感じなければ、そのまま放っておいてもかまいませんが、「しこり」が肥大化する様であれば、注射器で、「しこり」の中にあるゼリー状の物質を、吸引して取り除く必要があります。

手術を要する場合は、専門に罹って手術する必要があります。
手術は専門医で行わないと、再発や神経損傷などの合併症が起こることがありますので、必ず、手首を専門とする整形外科医で手術を行って下さい。

参考の為に、ガングリオンの外科的治療法は、健康保険の保険適用ができない場合もあるので、事前に医師と相談してみてください。

 

◆ ガングリオン手術の種類と費用

手首のガングリオンの手術には、穿刺手術、除去手術、レーザー手術の3種類の方法があります。

《 穿刺手術  》 手術費用は、2千円程度

この手術はガングリオンに針を刺し、中の液体を抜き取る手術で、日帰りの手術が可能なので、比較的安価で容易に手術ができます。
でも、この穿刺手術は再発率が高いので、繰り返し何度も通院することになると、その都度2千円程度の費用がかかることを承知しておく事が必要です。
《 除去手術  》 手術費用は、2万円~6万円程度

この除去手術は、皮膚を切開し、ガングリオンを袋ごとそっくり除去する手術です。

手術費用はガングリオンの大きさによって値段が大きく異なります。そして、保険が適用されませんので、他の手術に比べて費用がかさみます。
ガングリオンの大きさが5cm程度の場合、手術は日帰り可能ですが、大きさが10cm程度と大きい場合は、入院して手術を行う必要があるようです。

また、除去手術の費用に関しては病院毎の差も大きい様なので、事前に医者に相談してください。
《 レーザー手術  》 手術費用は、一回500円程度

レーザー手術は、低出力半導体レーザーを使用してガングリオンを消去する治療法です。
穿刺手術・除去手術にくらべて、ガングリオンの再発率が低く、後遺症や痛みも生じないので、最近は特に注目されている手術方法です。

この手術の難点は、一回の治療では終わらず、一ヶ月間の毎日通院期間が必要です、毎日の通院は、時間的にも・金銭的にも余裕がないと厳しい物と思われます。
当然費用は嵩むものと覚悟が必要でしょう。

手首

『パソコンを使い過ぎて、肩こりがきつくて辛い』

と言う人が多くなりました、パソコン作業は、目線が下向きになりがちで、肩こりに苦しむ人は少なくありません現代病と言うのでしょうか?。
また、同姿勢での長時間作業で、慢性的な肩こりや首のこりに悩んでおられる方も、少なくはないのではありませんか。
自宅で子供さんや、孫さんに肩もみをしてもらってはいませんか?

肩こり・首のこりを解消する、手首のストレッチをここで紹介します。
他人を介助せずに、自分自身で出来るのでとても重宝です、ぜひ、肩から首までの緊張をほぐす効果を、実感して戴きたいと思います。

 

◆ 「手首のストレッチの方法」

このストレッチは時間に制限はありません、動きが少ないですが、じっくりやることで高い効果を期待できます。

・まず、正座した姿勢から、尻を持ち上げ両手を床につきます。その際、手は外側から回転させ、指を自分側に向けて下さい。

・次に、腕の筋肉を伸ばすようにして、ゆっくりとお尻を下げます。その際、手首を気持ちよく伸ばしてください。

・さらに、肩のこりに効かせるように、左右に身体を揺らします。その際、揺らす時は上半身をゆっくり動かし、左右に体重移動をしてください。

なかなか効果が得にくい場合は、少し両手の付く場所を開いたりして、自分のベストポジションを見つけて下さい。

 

◆ この「手首のストレッチの方法」が効かないなぁ? と感じたら

「ストレッチ方法は効かないなぁ?」と感じたら、親指の形を変えて効く場所を探してみましょう。

親指だけ開いてみて下さい、効く部分に変化が出るのが分かりますので、自分の一番疲れている部分を気持ちよくなるように、いろいろと工夫してみて下さい。

 

◆ 腱鞘炎で医師に通院している場合は、必ず医者の許可を得てから行うようにしてください。

手首