手荒れの記事一覧

手洗い

手荒れの治療は、家庭でも容易にできます。
市販のハンドクリームを購入して手に塗るだけでもかなりの治療効果がありますし、ひどい場合でもその上からゴム手袋などをはめて一晩過ごせば、大抵の手荒れは症状が改善します。

 

 
☆★ 手荒れ治療の基本は、何と言っても、保湿です。

手荒れというのは、手にひび割れなどが出来て乾燥している状態をいいます。
程度が酷くなったものは、あかぎれと呼ばれ、通常、痛みや出血を伴います。

手荒れの治療の基本は、保湿クリームを塗って手を保湿することです。

手荒れでお悩みの主婦にとって、辛い水仕事からの解放は大変有り難い事ですが、実際は、中々難しい事の様です。

食器洗い程度の、協力をしてくれる、理解のあるご主人であれば、良いですが、
余り期待できそうもない、主婦はどのようにして、手を守れば良いでしょう。

また、美容師・看護師・介護士 等の職業の方には、水洗いや薬品洗浄などで、
辛い手荒れがある事ことと思います。

手荒れ治療は、基本が保湿でありますが、それをどのようにしてを行うかのを、
5点を紹介します。

・作業中は、直接水に触れない様、綿手の上に薄手のゴム手をかけて作業をする
・たっぷり保湿クリームを塗り、綿手をつけて寝る。
・ぬるま湯を使い、水滴はタオルで丁寧に拭き取る。
・保湿クリームを塗り、空気との接触を避ける
・手を冷たくしない様に、保温に気を配る。

手洗い  ☆★ 手洗い後は、丁寧に拭き取ること。

 

 
☆★ 5点の治療で、手荒れが治せない場合は専門医です。

これでも手荒れが防げない場合は、専門医である皮膚科医に診てもらう事です。

素人判断で治療してしまうと、重症化させてしまい、治るものも治りません、
早めに皮膚科医で治療することです。

手荒れは、命に関わるような症状になることはめったにありません、
また、日常生活に多少の不便は出ても、行動不能になるわけではないために、
つい軽視しがちになります。

然し、放置すると他の病気引き金になる場合もあるため、早期の治療が必要です。

手荒れ

ハンドクリーム

手荒れが酷くて、いつもお悩みを抱えている方が多いなかで、手が荒れたときは、ハンドクリームが唯一の対応策となります。

半面「手マネキン」と言われ、綺麗な手をお持ちの職業の方も居られます、
この様な方は、どんなバンドクリームをお使いなのでしょうか、

手荒れ用のハンドクリームは、何でもいいというわけではありません。
ご本人の体質と合うものを選ばなくては、効果が出ないどころかかえっても、
悪化する可能性すらあります。

ここでは、ハンドクリーム選びのヒントは何かについて、詳しく説明します。

  ハンドクリーム  ☆★ ハンドクリーム

 
☆★ 手荒れの敵は、乾燥が一番です。

手荒れの一番の原因は、皮膚のバリア機能がボロボロになってしまい、
肌の水分が無くなってしまう、乾燥が一番の敵なのです。

その乾燥を防ぐために、皆さんハンドクリームをお使いの事と思いますが、
ハンドクリームは、どれでもいいという訳ではありません。

一般的なハンドクリームは、すごくベタベタする感じです、
ベタベタは油分中心のクリームで、ただ手をコーティングしているだけなのです。

手荒れ予防は、コーティングだけではなく、保湿も物凄く大切ですので、
保湿効果のあるハンドクリームを選ばなければなりません、
顔への化粧と同じと考えてください。

一口にハンドクリームとは言っても、用途別に様々な種類のものがあります。

単純に荒れてしまった手の、皮脂の代わりをするためのものから、
ひび割れ・出血に対応した、薬効入りのもの、
かゆみ止め・鎮痛剤入りのものもあり、要と別にねらぶ必要があります。

確かに、用途別となってはおりますが、最も重要なのは、皮膚との相性です。

一人一人、人の皮膚には違いがあり、誰にでも合うという万能のクリームは
存在しません。
下手すると逆効果で、アレルギーが出てしまうことすら、あるかもしれません。

当初は、ハンドクリームなんか気休めだと、半信半疑でいたのに、
つけて、手荒れが解消したというようなものに、巡り会えたら最高です。

反面、幾らつけても全然効果がないとか、むしろ痒くなってしまったいうものは、
相性が良くない訳ですから、即時に使うのをやめて下さい。

基本的に何が合っているのかは、使ってみなければ解らないのですが、
お店の方に相談すれば、ある程度は相性にあったものをの選別はできます。

とりあえずは、使ってみることが、最適なハンドクリーム選択の唯一の道です。

 

手荒れ

白色ワセリンは、手荒れ予防に大変良い良いと聞きました。

軟膏の殆どには、白色ワセリンが入っているそうです、
例えば、目の中に入れる眼軟膏・口内炎時の軟膏・皮膚に塗る軟膏 等々です。

目や口に入れても問題が無いのですから、皮膚に付けても問題はないですし、
これらは、薬局でも簡単に入手することが出来るそうです。

ここでは、手荒れに効く、ワセリンについて、詳しく説明しております。

 

 

 
☆★ ます、ワセリンとはいったい何でしょうか。

ワセリンとは、Wikipediaによりますと、
鉱物油から得た炭化水素類の混合物を、脱色して精製したものであり、
大部分は、分岐鎖を有するパラフィン及び、脂環式炭化水素を含みます。

一般的には、白色ワセリンを指す場合が多く、
皮膚に塗ることで、表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐ事によって、
皮膚の乾燥を防ぐ効果と、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあり、
鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤の基剤や、化粧品などの基剤として用いられています。

他には、潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられています。

精製による純度の違いにより、「黄色ワセリン」「白色ワセリン」がありますが、
医療用では「白色ワセリン」を用いることが殆どで、眼軟膏には特に純度の高い
ものを用いることが多です。

「湿潤療法」として使用される事があり、乾燥をきっかけとする皮膚病や、
切り傷からの出血を一時的に止める為にも多用されており、
ボクシングの試合で良く用いられております。

 

 

 
☆★ ワセリンは、精製の度合いによって、品質と価格が変化します。

精製度が低いとされる、価格の安いワセリンは、不純物が比較的多いですが、
精製度が高いものは、不純物の含有量が少ない反面に、価格も高くなります。

「黄色ワセリン」は、精製度が低く安価ですので、皮膚トラブルのない人が、
使用する分には、全く品質的には問題はありません。

精製殿高い「白色ワセリン」には、大きくわけて2種類があります。
「日本薬局方」と表示されたもので、より精製度が高いものは、
紫外線を浴びやすい顔、炎症のある皮膚に適してます。

「日本薬局方」の表示がない「白色ワセリン」は、「化粧油」に分類されますが、
なかには「日本薬局方」と同等の、品質を持つ商品もあります。

ワセリン・白色  ☆★ 白色ワセリンの数々

 

 

 
☆★ 手荒れ予防に、白色ワセリンが良い訳は。

家事には、水仕事は付きもので、食器洗い作業で、手がカサカサに荒れてしまい、
酷くなると、亀裂・湿疹になり、なかなか治らない様です。

ひとによっては、ハンドクリームをつけたり、尿素入りのクリームで保護しても、
なかなか治らないようで、主婦だから手荒れ仕方がないと、半分諦めている方も、
なかにはいらっしゃる様です。

無味無臭な「白色ワセリン」が安全で効果があり、薬局でも簡単に入手すること
が出来るそうです。

下手な、ハンドクリームや保湿クリームよりも、効果があるとするなら、
一度、専門の皮膚科医と相談して、試してみる価値がある様です。

それでも、手の保湿には日、頃からの気遣いが必要で、以下に記載する努力は、
最低限必要な事とは思います

・綿手の上に、薄手のゴム手をかけて作業をし、直接水に触れない。
・手洗いは、ぬるま湯を使い、水滴はタオルで丁寧に拭き取る。
・就寝前は、保湿クリームをたっぷりと塗り、綿手をつける。
・手を冷たくする事のないようにして、保温に気を配る。
・保湿クリームを塗り、空気との接触を避ける。

手荒れ

指2

水仕事が毎日となる、主婦・看護師・介護士・調理師、美容師・理容師 等に、
みられる強い手荒れを「主婦湿疹」「手湿疹」と呼ばれております。

これらの方々は、水仕事・消毒・薬品使用 等々で、仕事上避けることのできない、
「職業病」と言っても良いのではないでしょうか。

乾燥する時期は、誰でも手が荒れやすくなるものですが、「主婦湿疹」「手湿疹」で
悩む方は、暖かい時期がきても良くならず、通年悩まされる方も少なくありません。

ここでは、手荒れや湿疹の原因と、予防・治療について、詳しく説明します。

 

 
☆★ 水仕事に、手荒れや湿疹が起きる訳は、何でしょう。

手荒れや湿疹には、その方によって症状の起こり方にちがいがありますが、
主には、カサカサ・赤み・痒み・ひび・あかぎれ 等の症状があります。

「主婦湿疹」は、手以外には症状がみられないことから「手湿疹」とも呼ばれますが
なぜ、手に限って症状が生じるのでしょうか。

人の皮膚には、通常「毛包」と「汗腺」があります。

「毛包」には、皮脂腺がついており、そこから皮脂が分泌されます。
皮脂と言うのは、皮膚表面を刺激や乾燥から守る「脂」のことで、
皮脂と表皮細胞にある脂質と、「汗腺」から分泌される汗が混ざって、
保湿クリームのような役割を、果たしております。

然し、水仕事をされる方は、洗剤・石鹸・水・お湯を、頻繁に扱っていることで、
皮脂や角質が落ちてしまいます。

その結果、皮膚を保護する機能が弱まってきて、刺激物が侵入しやすくなり、
「主婦湿疹」「手湿疹」がおこるのです。

特に「主婦湿疹」は、アレルギー体質の方に起こり易く、原因となる仕事を、
中止できない方は治りづらいとされています。

「主婦湿疹」には「乾燥型」と「湿潤型」の2つのタイプに分けられます。

「乾燥型」は、皮膚がカサカサし、酷い場合はひび割れが生じ、指紋が消えるたり、皮膚が硬くなる 等の症状も見られることがあります。

一般的には、利き手の、親指・人指し指・中指等よく使う指先から症状がはじまり、個人差はありますが、次第に掌全体に広がっていきます。

「湿潤型」は、小さな発疹や水ぶくれができるのが特徴です。
指の腹や掌から発症することが多く、手の甲にも症状がみられます。

 指2☆★ 手荒れ予防

 

 

 
☆★ 手荒れや湿疹の、予防と治療について

手荒れや湿疹というのは、一旦症状が出てしまうと、治りにくいのが特徴ですので、
その様にならないためにも、日頃の管理が必要です。

手荒れや湿疹の、予防については、以下のことに注意してください。

・手を冷たくしない様に、保温に気を配る。
・作業中でも、直接水に触れないようにする。
・綿手の上に、薄手のゴム手をかけて作業をする
・ぬるま湯を使い、水滴はタオルで丁寧に拭き取る。
・保湿クリームをたっぷりと塗り、空気との接触を避ける
・寝るときは、たっぷり保湿クリームを塗り、綿手をつける。

治療の注意点としては、
症状が現れたら悪化しないうちに、専門の皮膚科医に診てもらい正しい治療と指導を受けることが大切です。

医院では、湿疹の場合に処方するのは、ステロイド外用剤です。
ステロイドを塗ったとしっても、手荒れや湿疹の完治は無いとされているので、
自分自身の日常ケアで、症状が出ないよう努力することが一番の治療と言えます。

手荒れ

手5

手のかゆみが少し酷くなると、無意識のうちに掻きむしってしまい、
さらに、手の荒れが広がって、益々酷くなることがあります。

かゆみと手荒れには、どの様な関係があるものしょうか。
乾燥肌のかたは、皮膚にかゆみを引き起こすことはよく知られておりますし、
湿疹とは、かゆみを伴う皮膚の炎症の総称のことです。

従って、手荒れとかゆみとは、大いに相関があることになります。

 

 

 

☆★ 指先に起こるかゆみは、手荒れの初期症状です。

指先にかゆみが出だしたら、手荒れの初期症状と思って間違いは無い様です。

このかゆみが、少し酷くなってくると、知らず知らずのうちに掻きむしったりし、
余計に、手の荒れが広がり酷くなってくるので、その原因である乾燥から、
手を守ってやらなければなりません。

乾燥から手を守る、と言うことは、手を水や空気に直接触れないようにする為に、
保護クリーム等で、保湿することです。

保湿する方法としては、以下の5点で、

■水に触れる様な場合は、ぬるま湯を使い、水滴はタオルで丁寧に拭き取る。

■直接水に触れない様に、綿手の上に薄いゴム手袋を、重ねて作業をする。

■就寝前には、たっぷりと保湿クリームを塗り、薄手の綿手をつけて寝る。

■日中は、必要な都度保湿クリームを塗り、直接空気との接触を避ける

■手を冷さないように、常に保温には気を配る。

乾燥肌・敏感肌の方はおられますので、
その様な方は、常に、肌荒れ・かゆみ・湿疹等の症状が現れたら
直ぐに、皮膚科医で診察をし、正しい治療と指導を受けることが大切です。

それ以外の方であっても、素人判断で処置をしないで、悪化しないうちに、
一度は専門の皮膚科医に診察をうけ、正しい治療と指導を受けてください。

手5 ☆★ かゆい指先

 

 

 
☆★ 手荒れの原因には、色々あります。

原因の基本は、手の部分の皮膚の「乾燥」によって、引き起こされる症状です。

その症状の主なものとしては、
「ひび割れ」「ざらざらになる」「かゆみや痛み」「炎症による腫れ」
などです。

かゆみと言うのは、皮膚に異常が発生した場合の、サインのようなものであり、
色々な原因で発症します。

手荒れの原因の基本である「乾燥」でも、皮膚にかゆみが生じてきます。
また炎症を起こすと、痛み・かゆみ・出血を伴うことがありますし、
かゆみには、アトピーやアレルギーによるものもあり、原因は様々です。

大抵のかたは、こんな悪循環の、経験をしていることと思います、

『 かゆみを感じると、人はその部分を掻きたくなるのは当然です。
然し、これを掻きむしる事によって、さらに炎症がひどくなり、
痛みや痒みが増長して、そしてまた掻くことで、もっとひどくなる 』

という悪循環です。

かゆいからと言っていって、掻いていたら、益々症状がす悪化してしまいます。

かゆみを鎮める成分を含む「ハンドクリーム」を塗り治りを待つことです、
それでも、我慢できないようでしたら、ハンドクリームを塗った上に、
ゴム手袋などをして、容易には掻けない様にすることで、治りも早くなります。

但し、ゴム手袋は蒸れてしまうので、注意が必要です。

手荒れ

手洗い

最近は、子供の手荒れが増えているきている様です。
学校や公共施設で子供には、手洗い励行が叫ばれており、
感染症予防にも、手洗い・うがいは、欠かせ無い大切な事です。

何となく、子供には、大人より肌がみずみずしいという、イメージを持ちますが、
手に関しては間違いであります。
基本的には、子供は大人よりも、皮脂の分泌量が少なく、乾燥肌になり易い性質
がありますので、子供の手荒れには、大人とは少し違った、対応が必要とします。

それは、特に変わったことをする事ではありません。
と言うのは、自分での対応を、出来ないのが子供なので、大人が気配りをしてやる
必要があるということです。

 

 

 
☆★ 子供にも現れる、「主婦湿疹」と言う手荒れ。

最近「主婦湿疹予備軍」と呼ばれる、子供が増えているようです。

「主婦湿疹」とは、
主に、炊事・洗濯などの水仕事ん、繰り返しが原因で起こるかぶれのことです。
主婦は、毎日の家事で洗剤や石鹸を使うために、皮膚表面にある脂分が奪われ、
保護膜がなくなったため、物理的な刺激や刺激物の侵入などで、起こる病気で、
「慢性刺激性接触性皮膚炎」とも言います。

学校や公共施設では、ノロウィルスやインフルエンザ 等の対策で、
手洗い励行が、叫ばれており、感染症予防には、手洗い・うがいは、
欠かすことのできない、大切な事です。

然しながら、幾ら大切な事であっても、
過度の手洗いをする事は、皮脂の欠落から乾燥肌になってしまいます。

それに、子供の場合には、洗剤の流し残しにも、気をつけなければなりません、
さらに輪をかけ、速乾性のアルコール消毒液は、肌の水分を奪いやすいのです。

この様な事から、最近の子供は乾燥肌の手になってしまって、主婦と同じ様に、
カサカサ・ひび割れ・あかぎれ 等が、起こってしまうケースが多いと聞きます。

こうなってしまうと、
子供の手荒れは、大人と違って治すのが大変苦労することになります。

手洗い ☆★ 子供の手洗い

 

 

 
☆★ 大人と違って、子供の手荒れ対策は、難しい。

先に書きました様に、子供の手荒れ対策には、大人以上に神経を使う必要があり、
それも、大人が気をつけて観察する必要があります。

薬品に触れる場合はもちろんのこと、水で遊ぶ場合や、その後の手洗いにも、
確りみておく必要が、出てくるのです。

さらには、長期間部屋にいる様な場合は、部屋の湿度を一定に保つ工夫とか、
入浴後には保湿クリームを塗ってやるとか、子供の衣類をチェックする 等々の、
気配りが対策が必要となります。

子供にも、保湿クリームを持たせたり、消毒液の使い過ぎ・洗剤のすすぎについて解るように指導することが、親の責務と言えましょう。

綿手袋も必要によっては、渡しておいたりして、子供の手荒れは、
親が守ってやるしか予防対策はありません。

もし、手荒れができてしまった後は、手当・治療は大人と同じです。

軽症であれば、ハンドクリーム程度で十分ですが、
少しでも、おかしいと感じたならば、すぐに皮膚科で診察してもらって下さい。

外部刺激に対する抵抗力や、免疫の面では子供は大人ほど完成していないため、
何でも無く見える症状でも、重大な病気につながる可能性があります。

繰返しになりますが、子供の様子をよく注意・観察することが基本です。

手荒れ

手2

美容師・理容師の方は、手荒れになりやすい仕事と言えます。
洗剤・リンス液・お湯どれをとっても、シャンプー時の水仕事は、手荒れの大敵でこの対策は、本人のみならず、店のオーナーの重要な任務の一つでもあります。

お肌に優しい、洗剤・リンス液・パーマ液 等への配慮や、ハンドクリームの配慮も、店員確保の重要な福利厚生施策となります。
ここでは、理容師・美容師さんの、手荒れ予防対策について、説明しております。
☆★ 理容師・美容師さんは手、荒れになりやすい仕事です。

シャンプーの水仕事は、理・美容師にとって、手荒れに対する気遣いとケアが、
重要な日課であり、理・美容師生命にもかかわる、職業病とも言えるでしょう。

手身近な、対策としましては、

・シャンプー作業は、難しいですが、直接水に触れない様に工夫をする。
・ぬるま湯を使い、水滴はタオルで、丁寧に拭き取る。
・保湿クリームをたっぷり塗り、空気との接触を避ける
・寝るときは、たっぷり保湿クリームを塗り、綿手をつける。
・手を冷たくならないように、保温に気を配る。

☆★ 手2

☆★ 理・美容室オーナーの、努力義務として。

前文でも書きましたが、理・美容室の一番の職業病と言えば手荒れです。

今でも多くの、理・美容師さん達は、手荒れに悩んでおり、
せっかく美容師を目指したのに、途中で美容師を辞めてしまう、原因の中でも、
上位にあり、手荒れは深刻な悩みで、ハンドクリームが手放せません。

色々なメーカで、理・美容師の手が荒れないハンドクリームのサンプルを持って、
色々と試しているようです。

試してみて、理・美容師の手荒れに効くハンドクリームならば、どんな方にでも、
効果がある事になるので、メーカも試供には必死の様です。

ここでは、手荒れ対策のハンドクリームについて、知識を高めておきましょう。
色々なことをを知識として、解っていると、自分に適したものを選べるように、なりますので、是非参考にしてください。

ハンドクリームには「尿素」と「ワセリン」の、有効な二大成分があります。

■ 尿 素
尿素とは、尿のことではありませんので、勘違いされない様にお願いします。
とは言っても、尿素と言う名前を聞くと、あまり良い印象を、浮かばない方が、 多い事と思います。

尿素の、手荒れ効果となる、主なものは2つです
・「保湿効果」で、乾燥した肌に潤いを与えてくれます。
・「タンパク質を分解する効果」で、ガサガサと硬くなった角質層を、
しっとりとさせ、皮膚を正常な状態に戻してくれる効果です。

■ ワセリン
ワセリンとは、石油から生成された作られた油分を、ベースにして作られた、
クリーム状の物質です。
肌にワセリンを肌に塗ることで、肌の水分が逃げにくくなる効果があります。

クリームとして使う場合は、「手荒れ治療」というよりは、「手荒れを予防」と
して、大きな効果を発揮します。

手荒れ

指2

手荒れの対策をしてますか。
主婦・介護師・看護師・理容師・美容師の方にとって、一年中悩みの種になっては
いないでしょうか。
肌が弱く荒れやすい方、職業としている方は、死活問題と思います。

ここでは、手荒れ対策の参考になればと思うことを、詳しく記載してみました。

 

 
☆★ 手荒れの種類について、整理してみましょう。

手荒れの種類には、以下の2種類があります。

■ 秋冬の季節によるもの 
・・・・・ 湿疹・アトピー性皮膚炎 等です。
毎年、秋冬の季節に手荒れに悩まれる人は、兆候が現れる始める前から、
皮膚科医等へ行って、薬を飲むなどの、事前対策が必要です。

■ 職業上の薬品かぶれ 
・・・・・ 接触性皮膚炎 等です。
職業としている方が、カサカサに荒れたままの手で、お客さんに接するのは、
マナーに欠けるし、客が遠退いてしまいますので、本気の対策が必要です。
早めの予防とケアで、手荒れは殆んどは治ります。
かゆみ・ひび割れ 等の兆候が現れる様でしたら、こじれる前に皮膚科医に行き、
診察を受けて薬を処方してもらい、治すことです。

洗剤や髪染 等の「薬品かぶれ」は、ゴム手袋を装着することで防止できますが、手袋をすることで、今度は手が蒸れてくることもありますので、必要の無い時は、出来る限り手袋をはずして置くという、気配りも大変重要になります。

何れにしましても、とても煩わしいことには違いは有りません。

指2☆★ 手荒れの無い綺麗な手

 

 
☆★ 手荒れ対策って、難しいことではありません。

家事のやり方に、工夫してみることです。

毎日の家事でも、わずかな気遣いが、手荒れ防止につながりますので、
煩わしく、ちょっと面倒だと思っても、そこを頑張れるかどうかで差が出ます。

この基本的なことではあるますが、悩みが深刻な方こそ、実施する価値ありです。

■ 手の洗いすぎに、注意してください。

水だけでも汚れは落ちますので、洗剤や石鹸をあまり使わないのが大切です。
石鹸は、外出から帰ってきた時や、トイレの後のみとし、それ以外は水で洗う
だけでも大丈夫です。

手荒れに悩む方には、殺菌力が強いものは、刺激も強いのでさけて、
無添加石鹸・敏感肌用石鹸を使用するようにしてください。

■ 洗ったあとは、きちんと拭いてください。

手を洗った後はすぐに「清潔で」「乾いた」「柔らかい」タオルを用いて、
手全体をやさしく包み込むように水分をきちんと拭き取ります。
間違っても、濡れたままの状態で放置しない事です。

■ ハンドクリームをつけることを、習慣つけてください。

手を洗ったあとは、保湿成分が失われてしまいます。
すぐに、手を拭きハンドクリームを塗ることを習慣づけるのがポイントです、
洗面所だけではなく、寝室・リビング・玄関 等に、置いておくと便利です。

注意する事は、油分の多いハンドクリームは、水では落ちにくいので、
1日に数回塗るだけでも効果がありますが、べたつくのが難点ですので、
日中は、ローションやさらっとしたクリームタイプを、使用すると良いです。

手荒れ