洗髪の知識の記事一覧

意外と正しい洗髪の仕方を知らない人が多い様です。洗髪は日常生活に置いて絶対欠かせないものであるがので、洗髪の仕方はまずはシャンプー選びから。
自分頭皮の状態を知り、それあったシャンプー選びの基本を簡単に説明しておりますので気楽に学んで頂きたい。

 

◆◇ 洗髪の仕方

洗髪のしかたは、より効果のある洗髪とするためには、やはり知識として身につけて置くことが大切と思います。
其の事を念頭に入れてお読みくだされば幸いです。

日常の洗髪は清潔感を保つこととともに、抜け毛・薄毛予防や育毛において最も重要な生活習慣でも有ります。

洗髪の仕方がおろそかだと育毛剤の効果も半減し、洗い過ぎも逆に皮脂の過剰分泌を促す。

正しい洗髪方法とホホバオイルの使用、シャンプー選びが重要です

 

◆◇ 一般的な洗髪の仕方、髪の洗い方について

第一に「は、お湯でしっかり洗う「事前洗い」、次にシャンプーでよく洗い、場合によっては2度洗いすることもあります。

その後しっかりとすすぎ、タオルドライ・乾燥となります。丁寧に乾かすことも洗髪における重要な要素です。

特に夏場は、自然乾燥にまかせこれが意外とおろそかにされている方が多いのではありませんか。

長時間濡れたまま放って置くと雑菌が住み着いてしまうことになりますので、せっかくの洗髪も無駄となってしまうことを忘れないでください。

 

◆◇ シャンプー選びは育毛剤選びよりも重要
シャンプーはその主成分から「高級アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石けん系シャンプー」の3つ種類に分けることが出来ます。

アミノ酸系がおすすめです。シャンプー選びのコツは、「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。

やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。

それともう一つ、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶこと正しい洗髪の仕方には重要です。

基本的には次の3点を基本に選ぶことをお勧めします。

1、頭皮が乾燥している、潤いがない人向け
2、頭皮が脂でベタベタ、固まりが出来る人向け
3、頭皮の状態に特に問題がない人向け

すなわち、正しい洗髪の仕方は、個々人の頭皮の状態に最適なシャンプーを選ぶべきで、家族共通ではないことを知るべきです。

特に中年以上の男性は注意が必要でしょう。以下に一つずつ説明してゆきましょう。

1、頭皮が乾燥している、潤いがない人向けには

頭皮が乾燥しやすい方は要注意です。頭皮から潤いが失われると髪が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまいます。
また、特に冬場で外気が乾燥していたり、夏でもクーラーなどで乾燥しているとより一層頭皮は乾燥します。頭皮が乾燥していてもシャンプーすることで汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用するとますます頭皮は乾燥しやすくなります。

2、頭皮が脂でベタベタ、固まりが出来る人向けには

頭皮が脂の分泌過剰でベタベタであったり、頭皮をこすると脂の固まりが取れる、というような方は、まず頭皮の脂を落とすことが重要です。
シャンプー選びの際は「洗浄力が強いこと」、それでいて「頭皮に優しいこと」を条件に選ぶ必要があります。

3、頭皮の状態に特に問題がない人向けには

頭皮の脂の分泌量に問題ない人は、頭皮を清潔にして髪が生えてきやすい環境を作ることが大切です。
育毛剤選びも重要ですが、毎日使うシャンプー選びも重要。
汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用すると頭皮はダメージを受けてしまいます。

以上、簡単に「洗髪の仕方」と「シャンプー選び」の基本を書きました。

洗髪の知識

正しい洗髪方法として、大まかな5つの洗髪の手順が有ります、そのポイントを紹介します。

特にシャンプー選びには気遣いが必要です、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶことが重要です。

生活に欠かせない洗髪にも関わらず、その洗髪の手順をよく知らない人が多いです。
基本的な洗髪の手順・方法をここでは学んで頂きたいと思います。

 

◆◇ 正しい洗髪方法 大まかな5つの手順とそのポイント

洗髪の手順とは言っても、こうでなければればいけないと言う決まりが有るわけではないですが、効果的な洗髪のためには基本的な手順を知って置くことが必要でしょう。
その基本を知った上で自分なりにあなたの好きな方法でもかまいません。

①予洗い…シャワーで頭皮を濡らします(最低1分)この段階で8割方の汚れは落ちるそうです。
②シャンプー…量は5百円玉程度の大きさが適量です。軽く泡立ててから洗うのがコツです。
③洗髪…髪の毛ではなく頭皮をしっかり洗います。指先の腹を使います、爪を立てる方法はは絶対禁止です。
④すすぎ…すすぎは1分半程度が目安です。つい手を抜く人が多いので注意してください。また、すすぎすぎも良くありません。
⑤乾燥…ドライヤーを頭から20cmくらい離して髪全体を乾かします。髪を濡れたまま放置しないこと、完全に乾かしすぎ無いこと。

 

◆◇ シャンプー選びのコツは

「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。 やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。

もう一つ、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶこと正しい洗髪の仕方には重要です。

基本的には次の3点を基本に選ぶことをお勧めします。

①、頭皮が乾燥している、潤いがない人向けには
頭皮が乾燥しやすい方は要注意です。頭皮から潤いが失われると髪が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまいます。
また、特に冬場で外気が乾燥していたり、夏でもクーラーなどで乾燥しているとより一層頭皮は乾燥します。
頭皮が乾燥していてもシャンプーすることで汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用するとますます頭皮は乾燥しやすくなります。

②、頭皮が脂でベタベタ、固まりが出来る人向けには
頭皮が脂の分泌過剰でベタベタであったり、頭皮をこすると脂の固まりが取れる、というような方は、まず頭皮の脂を落とすことが重要です。
シャンプー選びの際は「洗浄力が強いこと」、それでいて「頭皮に優しいこと」を条件に選ぶ必要があります。

③、頭皮の状態に特に問題がない人向けには</p>
頭皮の脂の分泌量に問題ない人は、頭皮を清潔にして髪が生えてきやすい環境を作ることが大切です。
育毛剤選びも重要ですが、毎日使うシャンプー選びも重要。汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用すると頭皮はダメージを受けてしまいます。

すなわち、個々人の頭皮の状態に最適なシャンプーを選ぶべきで、家族共通ではないことを知るべきです。

特に何でも良いとする中年以上の男性には注意が必要でしょう。

洗髪の知識

毎日の生活に欠かせない洗髪にも関わらず、その洗髪の方法をよく知らない人が多いです。
基本的な洗髪の方法をここでは学んで頂きたいと思います。

洗髪の方法とは言っても、こうしなければいけないと言う決まりが有るわけではないので、基本的にはあなたの好きな方法でもかまわないのです。
しかし、より効果のある洗髪とするためには、やはり知識として身につけて置くことが大切と思います。

 

◆◇正しい洗髪方法が重要

洗髪の方法は清潔感を保つこととともに、抜け毛・薄毛予防や育毛にも影響します。
洗髪の方法がおろそかだと育毛剤の効果も半減し、洗い過ぎも逆に皮脂の過剰分泌を促す、正しい洗髪方法が重要です

一般的な洗髪の方法、髪の洗い方(シャンプー)について紹介しましょう。
正しい洗髪の第一は、お湯でしっかり洗う「事前洗い」、次にシャンプーでよく洗い、場合によっては2度洗いします。

その後しっかりとすすぎ、タオルドライ・乾燥となります。
丁寧に乾かすことも洗髪における重要な要素です。

特に夏場は、自然乾燥にまかせこれが意外とおろそかにされている方が多いのではありませんか。
濡れたままの紙を長時間放って置くと雑菌が住み着いてしまうことになりますので、せっかくの洗髪も無駄となってしまうことを忘れないでください。

 

◆◇ シャンプー選びも、とても重要

シャンプー選びは育毛剤選びよりも重要です。

シャンプーはその主成分から「高級アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石けん系シャンプー」の3つ種類に分けることが出来ます。
アミノ酸系がおすすめです。

シャンプー選びのコツは、「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。
やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。

それともう一つ、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶこと正しい洗髪の仕方には重要です。
基本的には次の3点を基本に選ぶことをお勧めします。

1、頭皮が乾燥している、潤いがない人向けには
頭皮が乾燥しやすい方は要注意です。頭皮から潤いが失われると髪が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまいます。
また、特に冬場で外気が乾燥していたり、夏でもクーラーなどで乾燥しているとより一層頭皮は乾燥します。
頭皮が乾燥していてもシャンプーすることで汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用するとますます頭皮は乾燥しやすくなります。

2、頭皮が脂でベタベタ、固まりが出来る人向けには
頭皮が脂の分泌過剰でベタベタであったり、頭皮をこすると脂の固まりが取れる、というような方は、まず頭皮の脂を落とすことが重要です。
シャンプー選びの際は「洗浄力が強いこと」、それでいて「頭皮に優しいこと」を条件に選ぶ必要があります。

3、頭皮の状態に特に問題がない人向けには
頭皮の脂の分泌量に問題ない人は、頭皮を清潔にして髪が生えてきやすい環境を作ることが大切です。
育毛剤選びも重要ですが、毎日使うシャンプー選びも重要。汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用すると頭皮はダメージを受けてしまいます。

すなわち、正しい洗髪の仕方は、個々人の頭皮の状態に最適なシャンプーを選ぶべきで、家族共通ではないことを知るべきです。
特に何でも良いとする中年以上の男性には注意が必要でしょう。

洗髪の知識

日常生活に置いて絶対欠かせないものの一つに洗髪があります。ここでは洗髪の時間について説明したいと思います。
時間にも二つが有ります、洗髪にかける時間・洗髪の時間帯の二つです。

結論は朝シャンは避け、夕方から22時頃の時間帯にに、5分以上の時間をかけて洗髪することが効果のある洗髪時間と言えるでしょう。

日常生活に置いて絶対欠かせないものの一つに洗髪がある。
然しながら正しい洗髪の方法がよく知らない読者が多い、正しい洗髪の仕方・時間・シャンプーなどを、ここでは学んで頂きたいと思います。

 

◇◆ 洗髪の仕方と時間について

シャンプーなどとは言っても、こうしなければいけないと言う、決まりが有るわけではないので、基本的には読者の好きな方法でもかまわないのですが、より効果のある洗髪とするためには、やはり「やるべき事」「やってはいけない事」を知って置くことが大切と思います。
其の事を念頭に入れてお読みくだされば幸いです。

・・・まずは洗髪にかける時間について

洗髪時間は、5分以上が理想です。

洗髪の第一は、お湯でしっかり「事前洗い」をし、次にシャンプーでよく洗い、場合によっては2度洗いします。

その後しっかりとすすぎ、タオルドライ・乾燥となります。丁寧に乾かすことも洗髪における重要な要素です。
特に夏場は、自然乾燥にまかせこれが意外とおろそかにされている方が多いのではありませんか。

濡れたままの紙を長時間放って置くと雑菌が住み着いてしまうことになりますので、せっかくの洗髪も無駄となってしまうことを忘れないでください。
洗髪時間と同時に、シャンプー選びも正しい洗髪にとって重要です。

シャンプー選びのコツは、「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。
やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。
・・・次に洗髪をする時間帯について

「朝シャン」は、朝の時間帯に洗髪すること、この言葉が使われ出したのは80年代後半です、特に女性では今でも朝にシャンプーする人が結構します。

確かに、学校や職場で女性の髪から、シャンプーの良い香りがするのは悪い気はしませんねし、高印象を与えることでしょう。
しかし頭皮にとっては朝シャンはよくないのです。

それは、髪が最も成長する時間帯は10時から14時の間といわれています。
髪が成長するこの時間帯は頭皮環境が整っていません、毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態では、毛根に十分な栄養分が届かず、成長を邪魔します。

いくら育毛剤や発毛剤をつけていたとしても、土壌が整っていないこの時間に洗髪しても全く意味がないのです。

さらに朝の時間に洗髪をすることで、皮脂が全て取り除かれてしまった状態で紫外線に頭皮がさらししまいます。
適度な皮脂で髪の毛をコーティングして、守らるべき状態もくずしてしまうというもう一つの悪条件を引き起こします。

髪を洗う理想的な時間帯は午後10時までに洗うことなのです。

洗髪の知識

「水での洗髪は全く効果が無いと言ってよい」 洗髪は清潔感を維持するに欠くことのできないものとして日常生活になじんではいるものと思います。
然し、暑い夏は、毎日シャワーでシャンプーを使わず水で洗い流している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、本当に洗髪効果が全くないことを知ってほしいと思います。洗髪の適度な温度があるのです。

 

◇◆ その洗髪の適度な温度について

実際、たとえシャンプーを使用したとしても、水だけで洗髪をしても外的汚れは完全に洗い流す事は出来ません。

やはり大切なのが、洗う時・漱ぐ時に使用する水の温度なのです、やはり適度な温度が有るのです。
この事を知って行う洗髪に最大の効果が現れるのです。

・洗髪温度は35℃~42℃が適温です、

特に老人の方には確り管理してほしいものです。
但し、お湯の温度はシャワー本体の『温度設定』の『目盛』はあてになりませんから正確な温度設定が出来ません…必ず自分自身の肌で確かめて下さい。
皮脂同士は非常に癒着し易く、空気酸化も起し易く、お湯の温度が高い方が、皮脂が乳化し取れ易いのは事実です…が、肌が老化しては意味が有りません…し、酸化皮脂膜はお湯は高温度でも取れません。</p>

42℃以上の温度で洗髪すると、
毛穴が開く状態になります。
『毛穴が開いた』部分の肌を見ると一見丈夫そうな毛穴の様に見えますが、実際は老化した肌です。

老化ですから脱毛が症状が出始ます、脱毛は早い方で3ヶ月、遅い方で2年以内に『毛穴が開た』部分が脱毛するといわれますので注意が必要です。

35℃以下の温度で洗髪しますと、
酸化皮脂膜や排気ガス等の外的汚れが完全に除去されず、頭皮はオイル焼けに…髪の汚れが『落ちぞこない』になります。

従って、水での洗髪は全く効果が無いと言ってよいと考えます。

 

◇◆ 正しい洗髪、大まかな5つの手順とそのポイントを紹介します。

①予洗い…シャワーで頭皮を濡らします(最低1分)この段階で8割方の汚れは落ちるそうです。

②シャンプー…量は5百円玉程度の大きさが適量です。軽く泡立ててから洗うのがコツです。

③洗髪…髪の毛ではなく頭皮をしっかり洗います。指先の腹を使います、爪を立てる方法はは絶対禁止です。

④すすぎ…すすぎは1分半程度が目安です。つい手を抜く人が多いので注意してください。また、すすぎすぎも良くありません。

⑤乾燥…ドライヤーを頭から20cmくらい離して髪全体を乾かします。髪を濡れたまま放置しないこと、完全に乾かしすぎ無いこと。

洗髪の知識

清潔感の維持には、欠くことのできない洗髪、洗髪に適度な温度をご存知でしょうか。洗髪の手順とともに、温度の管理は洗髪の大切な要素です。
洗髪温度は必ず適温に守って欲しいものです。特に老人の方には確り管理してほしいものです。

適温より高くても低くても、洗髪効果が無いばかりではなく、頭皮の老化などの弊害が生じます。

 

◆◇ 洗髪の適度な温度について

清潔感を維持するに欠くことのできない洗髪、はご存知でしょうか、まさか水では洗ってはいないと思いますが、意外と適温を知らない方が多いようです。

ここではその洗髪の適度な温度について学んで頂きたいと思います。

洗髪温度は、35度以上42度以内が適温です、特に老人の方には確り管理してほしいものです。
但し、お湯の温度はシャワー本体の『温度設定』の『目盛』はあてになりませんから、正確な温度設定が出来ません・・・必ず自分自身の肌で確かめて下さい。

・・高温の場合のマイナス
皮脂同士は非常に癒着し易く、空気酸化も起し易いです、お湯の温度が高い方が、皮脂が乳化し取れ易いのは事実ですが、肌が老化しては意味が有りませんし、酸化皮脂膜はお湯は高温度でも取れません。
42度以上の温度で洗髪すると、毛穴が開く状態になります。

『毛穴が開いた』部分の肌を見ると、一見丈夫そうな毛穴の様に見えますが、実際は老化した肌なのです。

老化ですから脱毛の症状が出始めます、脱毛は早い方で3ヶ月、遅い方で2年以内に『毛穴が開いた』部分が脱毛するといわれますので注意が必要です。

・・低温の場合のマイナス

逆に温度が低すぎる(35度以下)で洗髪しますと、酸化皮脂膜や排気ガス等の外的汚れが完全に除去されず、頭皮はオイル焼けに…髪の汚れが『落ち損ない』になります。

 

◆◇ 洗髪の正しい方法について

参考に、正しい洗髪方法として、大まかな5つの手順とそのポイントはいかのとおりです

①予洗い…シャワーで頭皮を濡らします(最低1分)この段階で8割方の汚れは落ちるそうです。
②シャンプー…量は5百円玉程度の大きさが適量です。軽く泡立ててから洗うのがコツです。
③洗髪…髪の毛ではなく頭皮をしっかり洗います。指先の腹を使います、爪を立てる方法はは絶対禁止です。
④すすぎ…すすぎは1分半程度が目安です。つい手を抜く人が多いので注意してください。また、すすぎすぎも良くありません。
⑤乾燥…ドライヤーを頭から20cmくらい離して髪全体を乾かします。髪を濡れたまま放置しないこと、完全に乾かしすぎ無いこと。

洗髪の知識

洗髪は日常生活に置いて絶対欠かせないものであるが、意外と正しい洗髪の仕方を知らない人が多い様です。
まずは自分頭皮の状態を知り、それにあったシャンプー選びの基本を簡単に説明しております。

◆◆ 正しい洗髪とは、何でしょう

日常生活に置いて絶対欠かせないもの洗髪ですが、正しい洗髪の方法がよく知らない読者が多いことに驚きを隠せない。
正しい洗髪の仕方はどのようなものであるかを、ここでは学んで頂きたいと思います。

正しい洗髪とは言っても、『こうしなければいけない』と言う決まりが有る訳ではないので、基本的には読者の好きな方法でもかまわないのです。
然し、より効果のある洗髪とするためには、やはり「やるべき事」「やってはいけない事」を知って置くことが大切と思います。

日常の洗髪は清潔感を保つこととともに、抜け毛・薄毛予防や育毛において最も重要な生活習慣でも有ります。
洗髪がおろそかだと育毛剤の効果も半減し、洗い過ぎも逆に皮脂の過剰分泌を促す。
正しい洗髪方法とホホバオイルの使用、シャンプー選びが重要です。
◆◆ 髪の洗い方(シャンプーの仕方)

一般的な洗髪方法、髪の洗い方(シャンプー)について紹介しましょう。

正しい洗髪の第一は、お湯でしっかり洗う「事前洗い」、次にシャンプーでよく洗い、場合によっては二度洗いをします。
その後しっかりとすすぎ、タオルドライ・乾燥となります。丁寧に乾かすことも洗髪における重要な要素です。

特に夏場は、自然乾燥にまかせ、意外とおろそかにされている方が多いのではありませんか。
濡れたままの髪を長時間放って置くと、雑菌が住み着いてしまうことになりますので、せっかくの洗髪も無駄となってしまうことを忘れないでください。

◆◆ シャンプー選びも正しい洗髪にとって重要

シャンプー選びは育毛剤選びよりも重要です。
シャンプーはその主成分から「高級アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石鹸系シャンプー」の3種類に分けることが出来ます。

シャンプー選びのコツは、「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。
やはり高級アルコール系ではなく『アミノ酸系』がよいでしょう。

それともう一つ、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶこと正しい洗髪には重要です。

基本的には次の3点を基本に選ぶことをお勧めします。
・頭皮が乾燥して、潤いがない人向け
・頭皮が脂でベタベタで、固まりが出来る人向け
・頭皮の状態に特に問題がない人向け

すなわち、正しい洗髪の仕方は、個々人の頭皮の状態に最適なシャンプーを選ぶべきで、家族共通ではないことを知るべきです。
特に中年以上の男性は注意が必要でしょう。以下に一つずつ説明してゆきましょう。

・頭皮が乾燥して、潤いがない人向け

頭皮が乾燥し易い方は要注意です。頭皮から潤いが失われると髪が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまいます。
特に冬場で外気が乾燥していたり、夏でもクーラーなどで乾燥しているとより一層、頭皮は乾燥します。

頭皮が乾燥していても洗髪で汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用するとますます頭皮は乾燥しやすくなります。

・頭皮が脂でベタベタで、固まりが出来る人向け

頭皮が脂の分泌過剰でベタベタであったり、頭皮をこすると脂の固まりが取れる、というような方は、まず頭皮の脂を落とすことが重要です。
シャンプー選びの際は「洗浄力が強いこと」、それでいて「頭皮に優しいこと」を条件に選ぶ必要があります。

・頭皮の状態に特に問題がない人向け

頭皮の脂の分泌量に問題ない人は、頭皮を清潔にして髪が生えてきやすい環境を作ることが大切です。
育毛剤選びも重要ですが、毎日使うシャンプー選びも重要。汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用すると頭皮はダメージを受けてしまいます。

以上、簡単に「正しい洗髪の仕方」の基本を書きました。

洗髪の知識