肋間神経痛の記事一覧

肋間神経痛の症状は、神経の場所によって違いますが、心臓にも痛みがあります。

ここでは、肋間神経痛の症状が、心臓に出ることについて、詳しく見ていきます。
★◇★ 肋間神経痛の症状、なのに、心臓に痛みが ??
肋間神経痛の症状とは、肋骨に沿い、胸から腰まで伸びる肋間神経が、
刺激されたり、圧迫されたり、して発症するために、心臓周辺で痛みが起こると、
心臓病と勘違いされることが、良くあります。

これは、心臓をわしづかみにされた感じや、心臓に突然発作的な激痛を感じたり、
するからです。人によっては、慢性的な鈍痛を感じるだけの場合もありますし、

重いものを持ち上げた瞬間や、運動で身体を捻ったとたんに、心臓がズキンと、
息ができないほどの痛み、だったりします。

この様に、一度も感じた経験がない痛みで、有ったりするので、本人も周りも、
狭心症や急性心筋梗塞を、疑ってしまいます。

最初から、肋間神経痛の症状だと、直接専門医へ運ぶ様なことは、まず皆無です。

以下に紹介する紹介する体験談は、心臓病患者(男性)によるものです。

心臓病患者であるその男性は、日頃、運動や無理な行動をとらない様にしており、
冬の寒い早朝、妻と一緒に、嫁いだ娘の家族に会いに行こうとして、準備中、
心臓の辺りに、違和感を感じたことからの、始まりです。

主治医である、罹りつけの内科医がおり、朝の心臓の症状を相談したのでした、
処方された薬を、毎日飲んでいるか等の診察後、心電図を取ることになりました。

心臓に負荷をかけて心臓の様子を見る、負荷心電図というものもとったりしても、
これといった、異常が見つからないために、心臓ではなくストレスからの疲れ、
との診断で、精神安定剤が処方されました。

肋間神経痛の症状であるのに、精神安定剤だなんて、しかも心臓の症状なのに、
と思いましたが、心臓の異常でもないのに、心臓辺りに痛みがあると言われると、
余計に不安がつのり、痛みが増してくる事が、有ったそうです。

この様に、人の身体は、本当に複雑なもので、心臓の病の症状に頼って、
病院を通っても、なかなか正しい診断にたどり着かない現実がうなずけます。

 
★◇★ 肋間神経痛かなと、疑ってみるためのチェックリスト

あなたの身体に、最近、こんな症状を感じることはないですか?

①胸をギュウっと締め付けられるような、痛さがある。
②しばらくすると収まるが、時々胸が痛む。
③胸が押されるような、感じがする。
④胸の辺りが、チクチク痛む。
⑤肋骨を押すと痛い。
⑥肺の辺りが痛い。

更に、こんな症状の経験は、ないですか

①肋骨は痛いけど、原因は思いつかない。
②冷たいものが、大好きでよく食べる。
③以前、交通事故にあった事が有る。
④湿疹が帯状にある(帯状疱疹)。
⑤椎間板ヘルニアを持っている。
⑥最近、疲れが溜まっている。
⑦ストレスがたまり気味だ。
⑧骨粗鬆症と、言われた。

以上、チェックリストに、沢山思い当たる節がある場合は、
早めに、病院の診察を受けてみることが大切です。

病院で一度でも、診てもらうことで、自分自身が肋間神経痛だと思っていても、
実は、他の重大な病気だった、ということもありうることです。

自分では、大丈夫という自己判断は、さらに重症化に進行してしまい、
取り返しの付かない、重大事なことになってしまうかもしれません。

ここに出したチェックリストはあくまで一例です。
肋骨や、胸の辺りが痛いと言うときは、自分勝手な判断は絶対に慎み、
変だなと思ったら、専門医にきちんと診てもらいましょう。

肋間神経痛

肋間神経痛の症状と、場所の関係では、背中の痛みもよく挙げられます。
身体の肋間神経の、走行方向が背中から、お腹側へ走っているからです。

ここでは、背中に現れる、肋間神経痛の症状について、説明しています。

 

★◇★ 背中にも痛みが出る、肋間神経痛の痛み症状

肋間神経痛が起こるときは、胸の痛みもちろんですが、呼吸や咳ををする度に、
背中まで痛みがはしり、とても痛くてつらいものです。

肋間神経というのは、背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経のことです。
胸髄から出た、12対の胸神経の前肢を、肋間神経と言っています。

この肋間神経の、支配領域が痛むのが、肋間神経痛と言っているのです。
背中の痛みと言うのは、とても辛いものが、あるそうす。

肋間神経痛の原因について少し述べたいと思います。
原因不明の原発性肋間神経痛と、明確な原因の続発性肋間神経痛に分けられます。

原発性肋間神経痛は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いたうえで、末梢神経に、
何らかの病変も、見出さないものを言っているそうです。

深呼吸・咳・大きい声 等で、痛みが誘発される他に、痛みの無い方に、
体を曲げて、神経を伸ばすようにしても痛みがおこるそうです。

昔は、中年の方に多いといわれていたようですが、(50年前、父は40歳)
現在は、ストレス社会と言われ、、年齢は関係無くなってきているようで、
若い方の患者さんは、結構多いようです。

肋間神経痛の阿合は、確率としては相当低いのですが、命に関わる可能性もある、
と言うこと話も聞きます。

どんな病気でも早期発見、早期治療にこしたことはありませんので、
決して侮らず、身体に異常を発見したら、専門医に診てもらう習慣が必要です。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状と似ている、背中の痛む帯状疱疹について

肋間神経痛の症状と場所の関係で、背中もポイントとしてよく挙げられます。、

肋間神経は、胸髄という、背中の辺りから肋骨の間を、帯のように走っており、
胸腹部という、胸の辺りまで繋がっているのです。

呼吸するだけで、背中まで痛みが響くという、わかりやすい肋間神経痛の症状が、
でてくれば、早急な医者の診断を仰ぐ行動も可能です。

然し実際は、重いものを持ち上げたことがきっかけであったり、運動不足の人が、
急に運動をして、何かの拍子で痛みが続く場合もあるので、大変厄介です。

きっかけらしい、きっかけにもならない事でも、、首から背中の辺りに、
つっぱった感じがして、一瞬呼吸もままならない、感じから始まる人もいます。

一度痛みだすと、くしゃみや咳、大声を出した時、という些細なことでも
電流が走ったかのような、痛みに背中が襲われる場合も少なく綯い様です。

『 恐るべし、にっくき肋間神経痛 』とでも表現したいくらいです。
肋間神経痛の症状と、場所も背中という点で、良く似た帯状疱疹と言う病気です。
これも、とても注意すべき病気でもあるのです。

私も、約30年前に、この帯状疱疹に罹りました
そして、20年前にも罹りました。(2回はかからないと言いますが???)

帯状疱疹が、悪さをして肋間神経痛へ、波及してくる場合もあるそうです、
私は、大丈夫でしたが、ストレスや疲れって、本当にあなどれ無いものです。

ストレスを溜めないで置くことは、日々生活をしている上では難しい事ですが、
有る出来事に遭遇した時に、物事を肯定的にとらえるか、否定的になるかが、
病気になるか、ならないかの分岐点になっているようです。

肯定的に生きる習慣を身に着けておきたいものです。

肋間神経痛

030480s

肋間神経痛の症状には、みぞおちが痛む、ということもありうるのです。

ここでは、みぞおちに現れる、肋間神経痛の症状について、説明しています。

 

★◇★ みぞおちの痛みも、肋間神経痛の症状として有り得るものです。

肋間神経痛の症状で、みぞおちが痛いという、場合もあります。

みぞおちの痛みは、胃にも近い場所であるので、食べ物の原因も考えられますが、
姿勢によっては、右の肋骨の辺りが、ギュッと締め付けられる、感じで痛nだり、

ピンポイントでみぞおちの場所が、痛むなどの、異変を感じるた場合には、
取り敢えずは、内科・消化器内科で、検査・診察を受けて見てください。

胃の検査を実施しても、異常無く、胃腸薬 等を飲んでも、痛みが取れない時は、
肋骨に、ヒビが入っている可能性もありますので、整形外科の方に廻されて、
レントゲンを撮り、画像診断する場合があります。

肋間神経痛の症状が出る場所と、みぞおちの場所は、離れていて関係がないと、
考えがちですが、以上の様な症状は、意外に多いようです。

痛みが、みぞおちの右とか、左とかだったり、就寝中に寝返りした時だったり、
単に姿勢を変えただけのタイミングだったり、と言う風に、肋間神経の症状は、
いろいろな状況で発症するものです。

030480s

色々と検査をしても、特に異常が発見出来なかった場合に、
医師から、『肋間神経痛からくる痛みでしょう』とかを、
言われる様でしたら、『要は解らん』と言う感じで、付けられる病名、でもある様です。

くしゃみや咳といった生理現象から、肋間神経痛に発展することもある様です。
高齢女性が風邪をひき、咳が止まらず、咳の弾みで肋骨に入ったヒビが原因で、
肋間神経痛の症状が出ていた、例も聞いたことが有ります。。

みぞおちが痛くなる、肋間神経痛症状の、原因の1つに、胸椎椎間関節症という、
病気があります。

この病気は、背骨同士をつなぐ、椎間関節が、捻ったり・反ったり、といった
身体の動作や、くしゃみや、とっさにとった無理な体制、等の動作で、
身体を傷めた場合に起こりものです。

普段から猫背で、常時関節に負担がかかった姿勢で、生活していても起こります。
傷んだ関節は、レントゲンや血液検査をしても、異常が現れない事が多いので、

とても扱いが厄介な上に、場所がみぞおちの痛みとして認識される、
こともありますから、ますます診断がつきにくい、状態であると言えます。

みぞおちが痛む時は、安静に過ごし、痛みが和らいでいる時には、運動などで
背筋を鍛えておくことも、肋間神経痛の症状を再発させない、予防策になります。

009644s
★◇★ 肋間神経痛になり易い、人は居るのでしょうか

前の項目で、みぞおちの痛みも、肋間神経痛の症状の場合があると書きました。

実際に、肋間神経痛になり易い人、と言うのはおられるのでしょうか。

肋骨に沿って走っている、神経が痛むことを、肋間神経痛といいます。

この病気に罹ったた人でなければ、痛さは当然のこと、肋間神経痛という名前も、
知らない方は意外と多い、あまり認知されていない症状でもあります。

肋間神経痛には、理由がはっきりしないまま、なることだってありますし、
肋骨を骨折したからとか、ヘルニアだったからとか、明確に原因が解って、
肋骨神経痛になることもあります。

ストレスが原因で、肋骨神経痛になることだってあるし、自分がストレスを、
感じていない場合もあると思います。

この様なことから、誰にでも肋骨神経痛になる、可能性は十分にあるんです。
肋骨神経痛のことを、他人事とはせずに、皆が知っておいてほしいものです。

なり易さでいうと、中年期以降の女性が多いそうです。
理由は、「骨粗鬆症」になる人が、多いからだといわれています。

普段お酒をたくさん飲む人、喫煙者もなり易いです。
もっとも、 煙草やアルコールは、肋間神経痛だけでなく、いろんな病気の素です。

肋間神経痛

肋間神経痛の症状や原因、起こりやすい場所について紹介しています。

ここでは、肋間神経痛と良く間違え易い、脇腹に起こる痛みに、ついての説明、
知っておくと役に立ちますし、何科を受診したらよいのか確認出来ます。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状の場所、が脇腹から想定できる原因

肋骨に沿って走っている神経が、何らかの原因で圧迫されて痛くなる症状を、
肋間神経痛と言っておるので、当然、肋骨の辺りが痛いということになる訳です。

然し、脇腹の痛みも、原因は肋間神経痛での、胸や背中に起こる痛みとは、
そんなに変わりは無いのです。

違うのは、障害となっている神経の、場所が違うと言うところと思います。
ちなみに、肋間神経痛の症状として、神経を痛めるのは、第4~第8肋骨が、
多いと言われるそうです。

これは、痛む部位は、脇のすぐ下よりも、脇から5cm程下の部分が痛くなる、
ことが多いと考えられております。

他に、似たような脇腹(側胸部)の痛みが出るものとしては帯状疱疹があります。
この病気は、当初は湿疹もできずに、肋骨の走行に合わせた部分に痛みが走り、
これが、肋間神経痛の症状と似ているのです。

但し、帯状疱疹の場合は、遅れて赤い発疹や水ぶくれが発症して来ますので、
このような、発疹などの症状で、皮膚に異常があれば皮膚科へ行って下さい。

肋間神経痛で、注意が必要なのは、脇腹の場所が痛むといっても、他にも色々、
違った来る原因が、あるということです。

肋間神経痛の症状と間違え易い、脇腹の痛む主な原因は、次のの2点です。

 ■脇腹の肉離れによるもの

例えば、・自転車で、転倒しそうになった
・ボールが突然飛んできて、とっさによけた
・重い荷物を運搬中、バランスを崩したが頑張って持ちこたえた
・ゴルフ・野球などスポーツで、反射的に脇腹を廻す動作をした

など突然の急な動作によって、筋肉がねじれてしまった場合に起こります。

 ■肋骨痛によるもの

昔、肋骨を骨折したことがあって、骨折した場所を、身体が無意識のうちに、
庇ってしまい、脇腹や背中を丸めることが癖になって、肋骨の周りに、
負荷がかかり続けてしまった。

この様に、肋間神経痛の症状と、似て非なる病気があるということを、
念頭に、整形外科を受診するのがよいのか、神経内科を受診するのがよいのか、

最初に自分が診察する、診療科を選択するうえで、非常に重要なポイントなので、
覚えておくとよいでしょう。

尚、肋間神経痛が疑われる場合は、近くに「神経内科」があれば、一番望ましく、
近くになければ「内科」で相談されると良いと思います。。

肋間神経痛の症状自体は、非常に解りにくいものが多いですが、神経痛の中では、
多く見られる代表的な病気でもあるのです。

周期的な、脇腹の痛みがある、痛みの発作と発作の間は、何事も無かったように
痛みがケロリと消えている 等の場合には、神経内科の医師に相談することです。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状による、脇腹以外の場所と要因

肋間神経痛の症状と場所、と聞くと、痛む脇腹や胸の辺りに湿布を貼って、
なんとか、痛みをだまし乍ら、生活している人を想像しませんか。

神経痛というと、身体のどの部分を指しているのか、良く解りませんと言う声が、
聴かれます、確かにこうした意見は、実は正解なのです。

肋間神経痛の症状と言うのは、突然発作的に、脇腹に急性の激痛が走ったり、
肋間神経の走っている、脊髄から肋骨の間とは、全く関係のない背中だったり、

と広範囲に及び、診断名にたどり着くまでには、専門医でも時間がかかる、
ことも少なくありません。
そうした意味では、何科を受診したら良いかと迷う、厄介な病気でもあります。

肋間神経痛の症状は、胸にある12本の神経、左右で24本の神経に、
皮膚や粘膜の刺激が加わり、圧迫されることが引き金となり、痛みが起きます。

肋骨に沿った神経は、腹部まで走っておりますので、人によっては
「心臓が痛い」「肺が痛む」「脇腹がキリキリ痛い」「背中が痛い」などと、
訴える場所は種々様々となるのです。

肋間神経痛で、痛みを感じる場所としては、心臓のあたり・肺辺りが多いですが、
身体の前だけでなく、背中側も痛いということも、よくあるものです。

痛みが起きやすい場所を、簡単にいいますと以下の通りです。

・神経が、筋膜(筋肉・内臓の保護膜)を通過する部位。
・神経が、二股に枝分かれしている部位所。
・神経が、身体の深い所から、表面近くに出てくる部位。

以上が、肋間神経痛の痛みの症状が、起きやすい場所となります。

肋間神経痛

166227s

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走っている神経が、何かの原因で圧迫されて、
痛くなる症状です。
ここでは、肋間神経痛の症状が出る場所、について詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛は、どの場所が痛くなる症状ですか。?

肋骨に沿って走っている神経が、何らかの原因で圧迫されて痛くなる症状を、
肋間神経痛と言っており、当然、肋骨の辺りが痛いということになるわけです。

肋骨は、心臓・肺など、身体の大事な臓器を、守ってくれている重要な骨です。
胸の辺りに、左右12本ずつ、合計24本も、肋骨はあるので、広範囲です。

肋骨に沿って走る神経も、24本ありますが、上からの7本と下の5本は、
神経の通っている方向が違います。

上から7番目までは肋骨に沿って走っていますが、8番目以降の下の5本は、
お腹の方に走っております。

肋間神経痛とは、上から7番目迄の肋骨の、範囲を指しておりますので、
8番目以降の部分は、肋間神経痛とは言わなくなってしまいます。

痛みを感じる場所としては、心臓のあたり、肺辺りが多く、身体の前だけでなく、
背中側も痛いということもあるのです。

簡単にいいますと、痛みが起きやすい場所というものがあります。

①神経が、筋膜(筋肉・内臓を保護する膜)を通過する場所。
②神経が、二股に枝分かれしている場所。
③神経が、身体の深いところから、表面近くに出てくる場所も

以上が、肋間神経痛の痛みの症状が、起きやすい場所です。

 

★◇★ 肋間神経痛かなと、疑ってみるためのチェックリスト

最近、あなた身体に、こんな症状が感じませんか?166227s

・胸をギュウっと締め付けられるような、痛さがある。
・しばらくすると収まるが、時々胸が痛む。
・胸が押されるような、感じがする。
・胸の辺りが、チクチク痛む。
・肋骨を押すと痛い。
・心臓の辺りが痛い。
・肺の辺りが痛い。

更に、こんな症状・経験が、ありませんか

・肋骨は痛いけど、原因は思いつかない。
・冷たいものが、大好きでよく食べる。
・以前、交通事故にあった事が有る。
・湿疹が帯状にある(帯状疱疹)。
・椎間板ヘルニアを持っている。
・最近、疲れが溜まっている。
・ストレスがたまり気味だ。
・骨粗鬆症と、言われた。

以上、チェックリストに、沢山当てはまるという、思い当たる節がある場合は、
早めに、病院の診察を受けてみることが大切です。

病院で一度診てもらうことで、自分分が肋間神経痛だと思っていても、
実は、他の重大な病気だった、ということもあるかもしれません。

また、自分では大丈夫という自己判断は、さらに重症化させて、しまったりして、
取り返しの付かない、大変なことになってしまうかもしれません。

ここに出したチェックリストはあくまで一例です。
肋骨や、胸の辺りが痛いと言うときは、自分勝手な判断は絶対慎み、
おかしいと思ったら、専門医にきちんと診てもらいましょう。

肋間神経痛

肋間神経痛とは、症状を表す言葉であって、その時によって原因が分かれます。
また、腫瘍や内出血での、血腫による神経刺激が、肋間神経痛の自覚症状として、
現れることもあります。

自己診断は、ある程度可能でありますが、重大な疾患を見過ごかねませんので、
必ず専門医の、検査を実施して、現状を把握することが大切です。

ここでは、肋間神経痛患者の治療について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛は原因によって、治療方法が分けられます。

肋間神経痛の治療については、その原因によって、方法が分けられます。

最初は、専門医での、検査・診察が最優先となりますし、重大な疾患が潜んで、
いるかを見落とさない様にすることが、最大の目的となります。

外傷後の血腫・背骨の悪性腫瘍 等が、原因で出現する場合は、まず最初に、
メディカル治療が施こされ、その後、腫瘍や血腫に対しての治療を、施します。

肋間神経痛と同様な、胸部の痛みについては、胸膜炎と言う病気があります。
胸膜炎は、明らかに骨格系統の痛みと、鑑別することは可能です。
通常の、整形学的な検査で、診断され治療が施こされます。

神経の支配域については、まず初めに、痒みが出るます、その後に発疹が現れ
痛みへと移行していきます。

痛みは、初めから出ることも、多くありますが、これらは感染症からの痛みです。
薬物療法による、治療が主体となります。
骨格系の異常から来る、肋間神経痛については、変形などの重大症状を調べつつ、
筋肉や関節の操作をする事が、痛みに対しては特に有効となります。

肋間神経痛の治療は、まず検査・診察をしっかり行い、痛みとなる本当の原因を、
しっかりと把握した上で、治療方法を選択することが大切です。

原因がはっきりしない場合は、病院での治療にも、限界がありますので、
専門医と良く相談した上で、民間療法に足を運んでみることも、必要でしょう。

肋間神経痛は、治療での治癒成績がよい病気でもあります、
筋肉なのか、骨なのか、内蔵なのか、神経自体の問題なのか、を診断した上で、
各種治療の専門医を、紹介してもらう事で、良い結果を得られると思います。

この様に、肋間神経痛の治療には、検査と診断がとても重要となります。
どんな病気でも、的確な診断から、的確な治療が、選択できるからです。

また、重大な命に係わる疾患も、隠れている事がありますので、
決して過信せずに、まずは、検査・診断で、現状把握をしてください。

 
★◇★ 肋間神経痛の、症状の特徴について。

肋間神経痛の、症状の特徴として、次のようなものがあります。

姿勢を変えたとき・呼吸するとき・物を持ち上げるとき、痛みが現れるのです。

肋間神経痛の発症中に、くしゃみ・咳 等の生理現象で、チョットした力が、
加わって、肋骨が骨折すると言う、危険性もあるのです。

これは、特に、骨粗鬆症の症状が出やすい、中年女性に多く見らえる様です。

肋間神経痛は、がんの転移・胸椎の圧迫骨折、によっても起こりのです。
これは、脊柱部分に変化が現れるために、他の病気の診断中に発見され易いです。

がんの転移による発症となると、痛みの影響で、横になって眠ることが出来ず、
そのために、夜間であっても、椅子にでも座って眠るしか方法はありません。

肋間神経痛

肋間神経痛とは、あまり聞きなれない、言葉かも知れません。
然し、これまでに、誰もが思い当たる痛みを、経験したことが実は多いのです。

肋骨? 背中? 胸?  動くと痛い!どこかにぶつけた覚えもないのに・・・、
内側からズ~ンとくるような、強烈な痛さ加減で、とても苦しいようです。。

ここは、肋間神経痛になったら、病院は何科に行くかについて、説明しています。

 

 

★◇★ 肋間神経痛の、診察・治療は、何科に行きますか。

肋間神経痛を疑う様な、痛みが出た場合、何科で診療を受ければ良いのかですが、
肋間神経痛のことだけを考えれば、整形外科での診察となります。

然し、肋間神経痛を、引き起こす要因の一つに、「内臓疾患」がありますので、
てまひまが、掛かってしまいますが、まずは、内科で診察・検査を行うことです。

内科で、異常ががなければ、次に整形外科へ、行った方が安心できます。

勤め人であれば、1日の休暇を、取る事になりますが、「身体が資本」です、
たかが、肋間神経痛と侮らず、専門医での詳しい、診察・検査をお薦めします。

肋間神経痛は、痛みを我慢し放って置けば、治まってしまうこともありますが、
見過ごしてしまいがちな症状や、内臓器官の病気の可能性も潜んでいます。

肋間神経痛の原因を、突き止めることは、非常に難しい事ですので、面倒がらず、
必ず、専門医の診察を受け、痛みや原因に対する、対処や治療について、
納得のできる説明を受けてください。

 
★◇★ 肋間神経痛かどうかを、見極める為の、自己診断

まずは、背中の痛みが感じられる様なら、まずは自己診断をしましょう。

自己診断での初めは、まず、痛みとなる原因が有るか無いか、外傷があるか否か、
を注意深く、思い起こしてみることから確認が始まります。

特に、何もしていないのに、ちょっとした拍子に、動けなくなった背中の痛み、
若しくは、肋骨に沿って走る神経痛、もしくは痛みがある様なら、
肋間神経痛を、疑ってもよさそうです。

ここで、肋間神経痛か否かを見極める、チェック項目を簡単に紹介します。!

以下の項目に、該当するのが、4点以上有れば、肋間神経痛と考えられます。

・視力が悪い。
・タバコを吸う。
・神経質なほうだ。
・姿勢が悪いほうだ。
・足元が冷えるほうだ。
・肩こりが激しいほうだ。
・いつも眠い感じがしている。
・最近、運動不足気味である。
・いつも眠い感じがしている。
・仕事は、デスクワークの多い。
・ストレスを溜め込みやすいほうだ。
・周りの視線や評価が気になるほうだ。
・集中すると周りが見えなくなるほうだ。

この様な簡単な自己診断をしたうえで、まずは、内科で診察を受けましょう。

 

★◇★ 肋間神経痛の治療について。

一般的な、肋間神経痛の治療は、鎮痛薬の服用・患部に湿布塗布 程度お治療で、
様子を見るしかありません。

外傷による発症の場合の治療は、肋骨を固定するための、器具を使用します、
長引く様ならば、局所麻酔薬を使用して神経を、ブロックさせる事をします。

東洋医学療法の、鍼治療・低周波治療 が、有効とされる場合もあります。
注意しなければ為らない事は、狭心症と間違えられる、可能性がある事です。

これは、狭心症にも、似た様な痛みが有るからで、永く肋間神経痛の治療を、
続けていながら、一向に快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は、

狭心症、若しくは他の臓器系疾患と疑って、早期診断を受けるべきであります。

肋間神経痛

4861706277_cd96c8b66c_m

肋間神経痛は、肋骨に沿って走る神経が、何らかの原因で痛む症状のことで、
病名では無く、あくまで症状のことです。

ここでは、肋間神経痛になる原因について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛の、症状になる原因は、不明なものが多いです。

肋間神経痛の症状の原因は、不明なものが多いですが、考えられる原因としては、
不自然な姿勢をとった時・運動不足・疲労で、神経が骨や筋肉に、はさまれて、
突然的に起きるのが、一番多い様です。

また、帯状疱疹ウイルスが、原因となり、痛みを生じる続発性のものもあります、
ウイルスに感染すると、通常であれば疱疹が現れるのですが、
稀に現れない場合がある。

この場合、発作的症状の度合とは、著しく異なり、痛みが非常に激しくなります。

4861706277_cd96c8b66c_m
★◇★ 肋間神経痛の、症状の特徴について。

肋間神経痛の症状には、姿勢を変えたとき・呼吸するとき・物を持ち上げるとき、
痛みが現れるのが特徴であり、発症中に、くしゃみ・咳 等の、生理現象から、

外部の、チョットした力を、加えられて、肋骨が骨折する危険性もあるのです。
特に、骨粗鬆症の症状が表面化しやすい中年女性に多く見らえる様です。

肋間神経痛は、がんの転移・胸椎の圧迫骨折、によっても起こります。
これは、脊柱部分に変化が現れるために、他の病気の診断中に発見され易いです。

がんの転移による発症となると、痛みの影響で、横になって眠ることが出来ず、
そのために、夜間でも椅子にでも座って眠るしかありません。

 
★◇★ 肋間神経痛の治療について。

一般的な、肋間神経痛の治療は、鎮痛薬の服用・患部に湿布塗布 程度お治療で、
様子を見るしかありません。

外傷による発症の場合の治療は、肋骨を固定するための、器具を使用します、
長引く様ならば、局所麻酔薬を使用して神経を、ブロックさせる事をします。

東洋医学療法の、鍼治療・低周波治療 が、有効とされる場合もあります。
注意しなければ為らない事は、狭心症と間違えられる、可能性がある事です。

これは、狭心症にも、似た様な痛みが有るからで、永く肋間神経痛の治療を、
続けていながら、一向に快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は、

狭心症、若しくは他の臓器系疾患と疑って、早期診断を受けるべきであります。

肋間神経痛