肋間神経痛の記事一覧

ロキソニンテープは、肋間神経痛の場合に、良く処方される貼り薬です。
ロキソニンと言う薬は、痛み止め・熱冷まし 等として、市販もされておる、
身近なものなのですが、副作用も有るので、注意して使用する必要があります。

ここでは、肋間神経痛に良く使用される、ロキソニンテープ、の
効果と副作用ついて、見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛に使用される、ロキソニンテープ作用と効果について。

解熱鎮痛消炎剤の一種である、ロキソニンテープは、
炎症を鎮め、腫れ・発赤・痛み 等の症状の、抑制作用と、解熱作用があります。

但し、熱・痛みの原因そのものを、治すことはできない、対症療法薬です。

この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬」であり、いろいろな痛みに対し、
幅広く使用されております。

肋間神経痛では、このロキソニンテープは安全性が高く効き目もよいので、
一番よく使用され、熱や喉の、痛みをともなう風邪にも、使用されています。

ロキソニンテープの作用と効果について、改めて言いますと、

効能は、皮膚から浸透し、炎症を引きおこすプロスタグランジンの生合成を抑え、
炎症に伴う腫れや痛みをやわらげます。

通常、変形性関節症・筋肉痛・外傷後の腫脹・疼痛の消炎・鎮痛に用います。

次のような方は、事前に必ず、担当の医師と薬剤師とご相談してください。
・薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方。
・アスピリン喘息または既往歴がある方。
・妊娠または授乳中で、他に薬などを使っている方

 

★◇★ 肋間神経痛で使用される、ロキソニンテープに潜む、副作用について

肋間神経痛と診断されると、最初、飲薬のロキソニンを処方されるのが多いです。
ロキソニンは、解熱剤や痛み止めとして市販でも最近では手に入りやすく、

肩こり・腰痛・生理痛・歯痛・風邪の高熱時など、一般に広く用いられています。
炎症を抑える効果もありますので、鎮痛だけではなく、治す効果があります。

そのために、肋間神経痛でも、一般的な内服薬と言えるでしょう。
効果があれば、副作用もあるのが、薬と言うもので、良い事だけではありません。

この薬は、身近なものであるだけに、用量を良く守らなかったりすると、
辛い肋間神経痛だけでは無く、様々な副作用にまで、悩まされる様な、
ことになりかねません。

以下に、ロキソニンに起こりがちな副作用を紹介します。

2つの副作用・・・・ロキソニンで起きる、気をつけたい副作用、

① 胃腸障害
1日何回迄と、決められた量や、何時間かは、指示を厳守してください、
食欲不振・吐き気・胃部モヤモヤ感・腹痛・下痢 等の症状が起きます。
酷くなると、消化管に穿孔・大腸に潰瘍・喘息発作の、危険性があります。

② 湿 疹
薬疹と言い、薬やその代謝物が原因で起こる、皮膚粘膜の症状が出る
場合があります。
いつもロキソニンを飲んだあとに、突然唇がたらこ状に腫れ上がる、
腕に湿疹ができて痒くなる、などある場合には、皮膚科を受診して下さい。

今まで大丈夫だった方でも、副作用と言うのは、その日の体調が悪かったり、
ストレスで免疫力が低下していたりと、身体の、バランスの崩れから、
現れることが良くあります。

肋間神経痛だけに、気を向けていると、肋間神経痛からくる症状なのか、
ロキソニンによる副作用なのか、見極めが非常に、困難になるので要注意です。

素人判断で解ったふりはせずに、他に主治医を持っている人であっても、
ロキソニンを飲み始めてから、少しいつもと違う症状がある様だと感じたら、
皮膚科に相談してみるのも、一つの対処法です。

ロキオニンの保管方法の注意点としては、
①乳幼児、小児の手の届かないところに保管する。
②高温を避け、しゃ光した気密容器に保管する。
③薬が残った場合、保管しないで廃棄する。

以上の3点です。

肋間神経痛

肋間神経痛になった場合、この治療期間はどのくらいなのか、気になります。
その答えは、個人差が大きくて、はっきり断定することは難しいです。

ここでは、肋間神経痛の治療に要する期間について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛は、治療期間の目安はありますか。
肋間神経痛が、治るまでに要する、治療期間はどのくらいなのか。
そもそも、肋間神経痛自体にも、様々な症状の出方をするねで、難しい質問です。

普通、2週間位を目安に、痛み止め・抗炎症剤の貼り薬・飲み薬を使ったり、
注射をするのが、一般的な取り敢えずの治療法です。

この、治療法で、患者の身体に合うか合わないか、まずは試して見るのです。
2週間経ってから、病院を再診して、薬を増量したり、変更したりします。

一旦は治っとしても、冬の寒い季節になると、毎年ぶり返す人もいますし、
きっかけらしいきっかけがなかった人は、治療期間が、2週間以上たっても、
はっきりしない、傾向にあります。

まずは、治療期間の目安は、2週間と自分として考えて置いてください。

帯状疱疹ウイルスの場合は、あくまで目安なのですが、痛みのピークは、
帯状疱疹が出た2週間後、一ヶ月後には大体治っていることが多いようです。

帯状疱疹が治ったとしても、痛みだけは残っているということもあります。
肋骨骨折なども、骨折の部分が治っても、肋間神経痛が残る場合もあるので、
はっきりとは言いきれません。

原発性肋間神経痛の場合は、特に原因がはっきりしないので、
短期間で治る場合もありますが、何十年も症状が、出たり出なかったりという、
人も居るようです。

治療期間を云々するよりも、どうしたら治るかと、考えてみては同でしょう。

 

 

★◇★ 肋間神経痛の予防は、ストレスを溜めないこと

肋間神経痛として多いのが、原因がはっきりしない、原発性肋間神経痛です。

ここで言う原因不明というものは、レントゲン・CT・MR 等で検査しても、
肋骨骨折も、神経にも、異常が無いと言うという場合です。

体の異常が無いものの、肋間神経痛の症状は出ている・・・?
ここで、考えられることは、原因は、ストレスと・・・?と言うことになります。

肋間神経痛と言うものは、一度掛かってしまうと、治せば、完全に治るという、
ものではない場合が多く、永く痛みと上手に付き合っていく人が多い様です。

特に、ストレスが原因となる場合、ちょっとした疲れで、ストレスが溜まって、
くると、肋間神経痛の症状が現れるようになってしまうことが多いです。

ですから、肋間神経痛になる前の予防として、ストレスを溜めない生活をする、
習慣を身に着けることです。

人それぞれ、ストレス解消法には、違いがあると思いますので、
自分独自の、ストレス解消法・気分転換法を、見い出すことが必要です。

肋間神経痛に、ならない為にも、適度な気分転換をするなどして、

ストレスを溜めないように心がけて置きたいものです。

肋間神経痛

背中の痛みが、肋間神経痛の症状で有ることは、良くあります。
肋間神経の、走行方向が、背中からお腹側へ走っているからです。

ここでは、背中に現れる、肋間神経痛の症状について、説明しています。

 

★◇★ 良く背中に痛みが出る、肋間神経痛の症状。

胸の痛みもちろんですが、肋間神経痛が起こるときは、呼吸や咳ををする度に、
背中にまでも痛みがはしり、とても痛くてつらいものです。

背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経のことを、肋間神経というのです。
肋間神経は、胸髄から出た12対の、胸神経の前肢のことを、言っております。

肋間神経痛とは、この肋間神経の、支配領域が痛む症状を言っているのです。
背中の痛みと言うのは、とても、辛いものがある様です。

肋間神経痛の起こる、原因について少し述べたいと思います。
肋間神経痛は、以下の2つに分けられます。

①原因不明の原発性肋間神経痛
②明確な原因の続発性肋間神経痛

原発性肋間神経痛とは、心因性の痛みや続発性の痛みを除いたうえで、
末梢神経に、何らかの病変も、見出さないものを言っております。

深呼吸・咳・大きい声 等で、痛みが誘発される他に、痛みの無い方向に、
体を曲げて、神経を伸ばすようにしても、痛みがおこるそうです。

昔は、中年の方に多いといわれていたようで、
筆者の父も、50年前に、40歳の時に、肋間神経痛になりました。

現在は、ストレス社会と言われ、年齢はあまり関係無くなってきているようで、
若い方の患者さんも、結構多いようです。

確率としては、相当低くなりますがが、肋間神経痛にも、命に関わる可能性が、
有ることは有る、と言う話も聞きます。

どんな病気でも、早期発見、早期治療に、越したことはありませんので、
決して侮らず、身体に異常を発見したら、専門医に診てもらう習慣が必要です。

 
★◇★ 背中の痛む帯状疱疹は、肋間神経痛の症状と似ています。

背中は、肋間神経痛の症状と場所の関係で、良くポイントとして、挙げられます。、

胸髄という、背中の辺りから肋骨の間を、帯のように走っているのが肋間神経で、
この肋間神経は、胸の辺りまで繋がっているのです。

呼吸するだけで、背中まで痛みが響くという、肋間神経痛の解り易い症状が、
発症したならば、早急に医者の診断を仰ぐ行動も、可能なことですが、

実際は、重量物を持ち上げたことが、きっかけとなったり、運動不足の方が、
急な運動をして、何かの拍子で、痛みが続く場合もあるので、大変厄介です。

思いもよらない、きっかけにもならない、事でも、、首から背中の辺りに、
つっぱる感じがして、一瞬、呼吸もままならない、感じから始まる人もいます。

一度痛みだすと、くしゃみ・咳、大声を出した時、という些細なことでも
電流が走ったかのような痛みが、背中を襲われる場合も少なく無い様です。

『 にっくき肋間神経痛、恐るべし、 』と表現したくなってしまいます。

帯状疱疹と言う病気は、肋間神経痛の症状も、場所が背中という点では、、
良くにており。これも、注意すべき病気であるは間違い御座いません。

筆者、約30年前に、この帯状疱疹に罹り、20年前にも罹りました。
2回はかからないと言いますが???、いずれにしても痛みには参りました。

悪さをした帯状疱疹が、肋間神経痛に波及、してくる事もあるそうです、
筆者は、大丈夫でしたが、ストレスや疲れは、本当に侮れないものです。

日々生活をしている上で、ストレスを溜めないで置くことは、難しい事ですが、
有る出来事に遭遇した時に、物事を肯定的にとらえるか、否定的になるのかが、
病気になるか、ならないかの、分岐点になっているような気がします。

読者の皆さんも、肯定的に生きる習慣を、身に着けておいて欲しいものです。

肋間神経痛

E146_ishidaiseikou_TP_V

肋間神経痛とは、その時々の原因によって、症状が変わります、
この、症状を肋間神経痛といっており、病気の名称ではありません。

肋間神経痛を治すには、この症状を確りと、検査・診断したうえで、行うことが、
大変重要なことで、素人判断では、症状に隠された、重大疾患を見過ごすことが、

あるので、必ず専門医の検査を実施して、現状を把握することが大切です。
ここでは、肋間神経痛患者の治し方について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛の治し方は、先に症状の、検査・診断が重要です。

肋間神経痛の治療については、その原因によって、方法が分けられます。

一番最初に、専門医の、検査・診察が最優先となりますし、潜む重大疾患を、
見落とさない様にすることが、最大の目的となります。

外傷後の、血腫・背骨の悪性腫瘍 等が、原因で出現する場合は、
まず最初に、メディカル治療が施こされて、その後に、腫瘍や血腫に対しての、
治療を施します。

胸部の痛みについては、肋間神経痛と同じ様な、胸膜炎と言う病気があります。
胸膜炎は、骨格系統の痛みとは、明らかに鑑別することは可能ですので、
通常の、整形学的な検査で、診断された上で、治療が施こされます。

初めに痒みが出る、神経の支配域については、痒みの後に、後に発疹が現れ出し、
痛みへと移行していきます。

痛みが、初めから出ることも、良くありますが、この、痛みは感染症からの、
もので、薬物療法による、治療が主体となります。

骨格系の異常から発症する、肋間神経痛については、変形などの重大症状を、
診断しながら、筋肉・関節の操作をする事が、痛みに対しては、特に有効です。

肋間神経痛の治し方は、まずは検査・診察をしっかり行い、痛みとなる、
本当の原因を、完全に把握した上で、治療方法を選択することが大切です。

病院での治療にも、原因がはっきりしない場合は、限界がありますので、
専門医と良く相談した上で、民間療法に足を運んでみることも、必要でしょう。

肋間神経痛というのは、治癒成績が良好の、症状病気でもあります、
骨なのか、筋肉なのか、内蔵なのか、神経自体の問題なのか、をしっかりと、

見極めたした上で、それぞれ専門の治療医を、紹介をうけ、そこで治療すれば、
良い治療結果を得られると思います。

この様に、肋間神経痛の治し方には、検査と診断がとても重要となります。
どんな病気でも、的確な診断があって、的確な治療が、選択できるからです。
また、重大な命に係わる疾患も、隠されている事が多々ありますので、過信せずに、

まずは現状把握をお勧めいたします。E146_ishidaiseikou_TP_V

 
★◇★ 肋間神経痛の、治し方を決定するための、症状の特徴について。

肋間神経痛の、症状の特徴として、次のようなものがあります。

痛みの症状が出るのは、姿勢を変えたとき・呼吸するとき・物を持ち上げるとき、
ですが、また、肋間神経痛の発症中に、くしゃみ・咳 等の生理現象で、
チョットした力が、加わって、肋骨が骨折すると言う、危険性もあるのです。

これは、中年女性の、骨粗鬆症の症状が出やすい方に、特に多く見らえる様です。

がんの転移・胸椎の圧迫骨折、によっても、肋間神経痛は、起こります、
これは、脊柱部分に変化が現れるためで、他の病気の診断中に発見され易いです。

がんの転移による発症となると、痛みの影響で、横になって眠ることが出来ず、
夜間であったとしても、椅子にでも座って、眠るしか方法は無いようです。

肋間神経痛

ツボ治療は、一人で手軽に、場所を選ばずに、できる東洋医学の治療です。

ここでは、肋間神経痛にとても効くと言う、評判のツボを紹介しています。

 

 

★◇★ 民間療法で、肋間神経痛の、 ツボ 治療

東洋医学では、肋間神経痛に、ツボを刺激して、治す方法をとっているようです。
なかでも、鍼灸治療は肋間神経痛には、非常に効果的とされています。

鍼灸治療では、痛みの起きている肋間部位や、その肋間神経の神経根に、
針を刺し、刺激することで、痛みを軽減させていいく方法です。

症状によっては、お灸や吸い玉などを併用させていくことも有る様です。
また、自分でツボを押して、肋間神経痛を治せると言う、ツボをネットでの、
紹介記事も、数多く掲載されているようです。

私も、ネットで調べてみましたので、それを次項で紹介しています。

肋骨と言うのは、左右に各々12本あります。
そのうち、第11・第12肋骨は、胸骨についてなく、浮動肋骨と呼んでいます。

その浮動肋骨に、外部からの強い衝撃や、ねじれを、加えられると、
神経の根部が刺激され、肋間神経痛がおこるのです。

肋間神経痛というのは、僅かな身体のひねりでも、激痛をを感じるものです。
肋間神経痛の痛みは、結構つらいので出来るだけ症状を緩和させたいものです。

この時にツボを活用して症状を緩和させているという方法があるのです。

 

 

★◇★ 肋間神経痛に効く、具体的な ツボ 治療

ツボは、幾つかありますので、自分にとって覚え易い部位は試してみて下さい。

『 神 封 』(しんぼう)というツボは、
狭心症の痛みから肋間神経痛まで、さまざまな胸の痛みに、効果があります。
あおむけに、寝かせ、胸に両手をつきます。
それぞれ人差し指・中指・薬指をそろえて左右のツボを同時に指圧します。

『 郄 門 』(げきもん)というツボは、
動悸や、息切れをともなう、胸の痛みに効果があります。
場所は、前腕部の、掌側の、中心辺りになりますので、相手の腕をつかむように、
親指で、強めに押し込むように、指圧します。

『  膻 中 』(だんちゅう)というツボは、
左右の乳首の、丁度中間の辺りにあります。
何となく押してみると解りますが、鈍く痛いと感じる部分が『だんちゅう』です。
普段から押してみて、確認して置くと良いでしょう。

ツボを押すときは、ただ押すだけでは効果がありません、ゆっくりと3秒くらい
かけて押し、また同じ時間ぐらいをかけて戻すようにしてください。

長時間押しても、逆効果になるますので数分で、終了するようにしてください。
自分自身で行えるツボばかりです、是非、試してみてください。

肋間神経痛

肋間神経痛は、神経の痛み以外に、息苦しさを感じることもあるそうです。

ここでは、肋間神経痛と、息苦しさについて、見てみたいと思います。

 

 

★◇★ 肋間神経痛は、ストレスが原因で、息苦しくなることがある

息苦しさが、肋間神経痛であった例の、ご紹介です。

突然、右胸の辺りに痛みを感じ、その後、突然息苦しさまで襲ってきて、
立っているのも辛くなったそうです。

周りは、自分が息苦しくて、死にそうなことは、全く気がついてない様子で、
やっとの思いで、近くの内科医に飛び込み診察をお願いしたそうです。直行。

息苦しい状態は相変わらず続いていたのですが、
医院では、尿検査から始まり、全身状態を確認するために、一通りの検査です。

検査のあとは診察ですが、
息苦しくやっとの思いなのに、口を開けさせられて喉をチェック。

そして息苦しい胸の音を聴診器を当てて聞いたあとに、レントゲン検査です、
正面の他、横からとか何枚か写真を撮りましたが、撮る瞬間に息を止めることが、
とても辛かったそうです。

結局、レントゲンは異常なしで、肋間神経痛と診断され、ストレスが原因では、
と言われて、ゆっくり休むよう指示されたそうです。

恐るべし肋間神経痛です。
ストレスで、息苦しくなり、肋間神経痛だったとは・・・・・。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状には、どんなものがありますか。

肋間神経痛の症状の特徴は、痛みに関係する、肋間神経に限定しておりまして、
発症した際には ”激痛 ”という表現がぴったりな痛みを伴います。

なんの前触れもなく、突然発作的に起こりますので、とても厄介とも言えます。

発作的発症の神経痛は、長い痛みが続くもので無く、一回ずつの痛みの間隔は、
短くて、短い時間の間に、頻繁に痛みが伴うのです。

症状が酷くなると、痛みがさらに増大し、身体の他の部分まで痛くなる、
と言うケースがあります。これをを投射痛といっています。

肋間神経痛の症状は、皮膚や粘膜の刺激で触発され、この部分を引き金点、
又は引き金帯、ともいいます。

発作時は、引き金になる箇所を刺激しないように工夫するのが大事ですね。

以下の4点が、引き金点の特徴です。
・神経が、筋膜を通過する箇所
・神経が、二股に分岐している箇所
・神経が、深いところから表面に出てくる箇所
・神経が、頭蓋骨から外に出てくる骨の穴の箇所

肋間神経痛

130580s

肋間神経痛の症状の治療法に、東洋医学を取り入れることも、一方法であり、

さらには、アロマオイルを使ってのマッサージには、効果があるとの話もあり、
治療と合わせて、上手く取り入れることで、痛みを減らすことができる様です。

ここでは、肋間神経痛患者の東洋医学による治療と、アロマテラピーでの、
痛みの緩和についてご紹介しましょう。

アロマ130580s
★◇★ 肋間神経痛の症状に、東洋医学の鍼灸治療

肋間神経痛と言うのは、他の神経痛に比べて、発症の時期に特徴があります。
10代~30代前半、そして50代に発症のピークがあるのが肋間神経痛です。

肋間神経痛の発症は、明確に原因が解る場合もありますが、原因不明が多いです。
・不良姿勢・骨粗鬆症 等が、原因で引き起こされる、肋間神経痛、
・慢性的なストレスによって、引き起こされる、肋間神経痛、
・その他、内臓の問題が、引き金となり起こる、肋間神経痛
等々と、原因は様々あるのです。

肋間神経痛と思ったら、まずは、内科医を受診し、内臓を診察してください、
内臓に問題が見つからなかった場合には、東洋医学での治療も一考ありです。

肋間神経痛とは、肋間神経の走行に沿って、痛みが起こる神経痛で、
背中や身体の側面部分に、もの凄く強い痛みが発生する、神経痛の一種です。

症状としては、突如として激痛が走り、痛みの程度としては、もの凄い強い痛みです。

東洋医学の鍼灸治療治療は、痛みの無い治療ですので安心です。
鍼灸治療の特性として、痛みを軽減させる能力が高いことがあげられています。

この特性を生かし、肋間神経痛の痛みを和らげることを第一とする治療です。
その後、症状が軽減した後に、肋間神経痛が再発が起こらないように
身体全体のバランスを改善する、整体療法を行います。

治療は、東洋医学概念を基本にして、西洋医学の治療経験を取り入れて、
各施術院、オリジナルの方法で行っておりますす。

鍼灸治療で、肋間神経痛に使用する「鍼」は、
太さが0.2㎜前後の髪の毛と同じ位の、太さの針を使用し、
1本1本密封されている、使い捨ての鍼ですすので、感染の心配は有りません。

アロマ130580s
★◇★ 肋間神経痛の痛みの症状を、アロマセラピーで緩和しよう

肋間神経痛の治し方については、別に詳しく紹介しておりますが、
病院での治療とは別に、自宅で自分で出来る方法もあるので、紹介します。

天然精油のアロマオイルを使っての方法です、
これは、痛みを和らげる処方として、効果があることも、証明されております。

三大鎮痛精油と言われているオイルとして、
ラベンダー・カモミール・スイートマージョラムは有名ですです。

ラベンダーやカモミールは、紅茶にして香りを楽しんだり、お風呂に入れたりし、
ゆっくりと浸かることは、ストレスを和らげるには、とても効果を発揮します。

入浴で身体を暖めたあと、痛む部位には、優しく塗りこんでマッサージをしたり、
温湿布にすると、さらに効果があり、治療と合わせてやると良いと思います。

これらのハーブは、健康な人の脳にも、すごい抗酸化作用があるんです、
アロマの良い香りで、心身共にリフレッシュし、仕事の効率も上がります。

いつまでも若々しく保ために、身体に必要な、酵素の減少を防止し、
結果的には、老化防止と認知症予防にまで、効果があると言われています。

ハーブは、薬なかった時代の昔から、薬として調合され使用されていました。

肋間神経痛の症状がある方は、
夜、痛みで良く寝付けない時など、ラベンダーの香りを、枕・クッション・
ぬいぐるみ 等の小物に、少し湿らせておくと、鎮静作用でリラックスできて、
とても寝つきがよくなります。

反対に、朝は、覚醒作用のあるカモミールで、すっきり爽快に起きられるようです。

鎮静作用覚醒作用も、両方とも、脳の海馬という部位の、活性化作用です。

肋間神経痛

肋間神経痛ん場合、良く処方されるのが、ロキソニンです。
ロキソニンと言う薬は、痛み止め・熱冷まし 等として、市販もされておる、
身近なものなのですが、副作用も有るので、注意して使用する必要があります。

ここでは、肋間神経痛の症状とロキソニン、その副作用ついて、見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛に使用される、ロキソニンと言う薬について、

ロキソニン(ロキソプロフェン)とは、解熱鎮痛消炎剤の一種で、
炎症を鎮め、腫れ・発赤・痛み 等の症状の、抑制作用と、解熱作用があります。

但し、対症療法薬ですから、熱・痛みの原因そのものを、治すことはできません。

この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬」と呼ばれおり、いろいろな痛みに対し、
幅広く使用されております。

なかでも、このロキソプロフェンは安全性が高く効き目もよいので、一番よく
使われ、熱や喉の、痛みをともなう風邪にも、使用されています。

ロキソニンは服用してから、30分程度で、最大の効果が出現してきます。
これは、血液中の濃度が、最も高くなる時間を指しております。

遅い感じもますが、内服薬の鎮痛剤としては、効果は早いものに分類されます。
鎮痛作用についても、強い部類に該当します。

しかし、胃腸への副作用もあり、そう珍しくありません。
60人に1人程度は、胃痛などの副作用が、出ているように感じられます。

 
★◇★ 肋間神経痛で使用される、ロキソニンに潜む、副作用について

肋間神経痛と診断されると、最初、飲薬のロキソニンを処方されるのが多いです。
ロキソニンは、解熱剤や痛み止めとして市販でも最近では手に入りやすく、

肩こり・腰痛・生理痛・歯痛・風邪の高熱時など、一般に広く用いられています。
炎症を抑える効果もありますので、鎮痛だけではなく、治す効果があります。

そのために、肋間神経痛でも、一般的な内服薬と言えるでしょう。
効果があれば、副作用もあるのが、薬と言うもので、良い事だけではありません。

身近な、薬であるだけに、用量をよく守らないと、辛い肋間神経痛だけでは無く、
様々な副作用にまで、悩まされる様なことになりかねません。

ここでは、ロキソニンに起こりがちな副作用を紹介します。

ロキソニンで起きる、気をつけたい、2つの副作用

・副作用・① 胃腸障害
1日何回迄と、決められた量や、何時間かは、指示を厳守してください、
食欲不振・吐き気・胃部モヤモヤ感・腹痛・下痢 等の症状が起きます。
酷くなると、消化管に穿孔・大腸に潰瘍・喘息発作の、危険性があります。

・副作用・② 湿 疹
薬疹と言い、薬やその代謝物が原因で起こる、皮膚粘膜の症状が出る
場合があります。
いつもロキソニンを飲んだあとに、突然唇がたらこ状に腫れ上がる、
腕に湿疹ができて痒くなる、などある場合には、皮膚科を受診して下さい。

副作用と言うものは、今まで大丈夫だった方でも、その日の体調が悪かったり、
ストレスで免疫力が低下していたりと、身体の、バランスの崩れから、
現れることも良くあります。

肋間神経痛だけに、気を向けていると、肋間神経痛からくる症状なのか、
ロキソニンによる副作用なのか、見極めが非常に、困難になるので要注意です。

素人判断で解ったふりはせずに、他に主治医を持っている人であっても、
ロキソニンを飲み始めてから、少しいつもと違う症状がある様だと感じたら、
皮膚科に相談してみるのも、一つの対処法です。

但し、まずは肋間神経痛でお世話になっている、主治医に報告しましょう。
自分でもこんな副作用があることを念頭に入れて、確認する勇気も必要です。

それで、主治医が起こるような事があれば、その医者はその程度だと思うべきで、
患者をリスベクトして、多方面から、肋間神経痛に一緒に立ち向かおうとする、
良心的な、主治医に転医すべきと思います。。

肋間神経痛

肋間神経痛とは、何らかの原因で、肋骨に沿って走る神経が痛む症状のことで、
あくまで症状のことで、病名では有りません。

ここでは、肋間神経痛の症状になる、様々な原因について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛の、症状になる原因は、不明なものが多いです

何の前触れもなく、突然に訪れる肋間神経痛、その原因とは一体何でしょう。

肋間神経痛とは、肋骨に沿った痛みを指して呼ぶ、神経痛の一種です。
簡単に言いますと、神経の圧迫による神経痛が、肋間神経痛であるのです。

原因は、とても様々であり、素人判断では、中々解るものでは無いので、
必ず、医療機関で、検査・診察をして、確認するようにしなければなりません。

何故かと言いますと、素人判断してしまうと、そこに潜む原因に重い病気が、
肋間神経痛を発症している可能性が考えられるからです。

原因の中には、感染症によるものや、腫瘍とか心臓病に係わる関連痛も、
発症してしまう恐れお考えられるからです。

肋間神経痛は脊髄神経が、圧迫されている状態で、初めて痛みが伴います。
神経を圧迫する可能性がある要因は以下の種類ですので、参考にして下さい。

・・骨 折
高齢の骨粗鬆症患者は、重いものを持ったり、運んだり、前に体勢を傾けたり、
尻持ちをついた時に、圧迫骨折を起こすことが良くあります。
骨折で出来た骨片が、神経を圧迫することもあるので、骨折の際、神経痛が
発症した場合は、肋間神経痛かもしれません。

・・腫 瘍
筋肉や骨に発生した腫瘍が、肋間神経を刺激してしまい、痛みが発生します。

・・血 腫
内出血を起こした際、その出血した血液が、内部で固まり、その塊が
肋間神経を覆って、痛みが発症してしまう可能性があります

・・脱 臼
小さな子供の場合は、簡単に脱臼してしまいますが、もし脱臼した場合は、
骨のズレが、脊髄神経の刺激をしている可能性があります。

・・椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアで有っても、背骨の中で起きているヘルニアで神経を圧迫する、
可能性が良くあります。

・・感染症
トイレで力んだり、普通にくしゃみをしたとき、両側に症状が出たら
脊髄病変の可能性があります、 病院での診察と的確な判断が必要です。
脊髄病変が悪化すると、上位運動ニューロンへと症状が進行しますので、
支配筋の麻痺を起こます、早い段階での検査が必要です。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状は、ストレスが一番の原因ですか?

肋間神経痛は、とても激痛荷なりますが、しかし数分経つと治ることがあるので、
病院へ行くほどではない、ことも多いと思います。

ここからは、肋間神経痛はストレスが原因ある、実例の紹介です。

肋間神経痛の経験がある患者の話ですが、
ある日、胸部が激しい痛みに襲われ、また肋間神経痛だろうと思いながら、

しばらく我慢していたのですが、痛みはいつもより激痛で、最近この痛みが頻発
するので、通院した時のこと。

総合受付で症状を話すと、内科に回され、レントゲンを撮り、画像診断の結果、
整形外科へ回され、整形外科での受診結果は、思った通り、肋間神経痛でした。

整形外科での医師からは、ストレスでも肋間神経痛になることを言われました。
まさかストレスが原因とは、思ってもいなかったので、驚いたとの話でした。

ストレスで、円形脱毛症や神経性胃炎になることは、聞いたことがありますが、
肋間神経痛で原因がストレスだなんて本当にびっくりしたとのことでした。

やはり、ストレスは身体には、どんなことにも良くないのですね、
ストレス解消法を積極的に取り入れ、健康な毎日を過ごして戴きたいと思います。

肋間神経痛

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

肋間神経痛の症状で、診察は何科に掛かれば良いか、とても迷うものです、
ここでは、これだけは、注意して頂きたい勘所を、説明しております。

 

★◇★ 肋間神経痛の症状は、病院は何科で診察するべきか。

初めて、肋間神経痛の症状が出た方は、まず、何科で診察を受ければいいのか?
そんな疑問を抱いてる方や、質問が結構ある様です。

肋間神経痛の症状には、多種多様にある事は、ご存知のことと思いますが、
改めて、復習の意味でその症状を、下記に簡単に紹介します。

①咳・くしゃみをする際に、痛む場合
②生理・妊娠の際に、胸・背中が痛む場合
③原因が、ストレスであり、慢性的な痛みの場合

肋間神経痛の症状で、特に多いのが、上記の3項目でありますが、これ以外にも、
さまざまな症状が見られます。

肺が痛む場合、たとえば、胸が締め付けられる様な、痛みや息苦しいなどは
肋間神経痛以外にも、ほかの様々な病気が考えれれます。

喘息・結核・肺化膿症・気胸・肺気腫・横隔膜ヘルニア・肺がん・間質性肺炎等、
簡単に思いつくものでも、相当に多くの、疾病の可能性が考えられます。
従って、まずは、総合病院の呼吸器科で、診察してもらうのが良いと思います。

また、ストレスが原因になる事もありますので、心療内科・精神科での診療も、
検討しておくことも必要と思います。

診断が難しい肋間神経痛の症状 OZP73_komattasensei20140321_TP_V

 

 

★◇★ 肋間神経痛の症状で、何科で診察か迷った時、東洋医学の選択もあり。

東洋医学とは言っても、沢山有りますので、どれを選んだら良いか迷います、
ここでは東洋医学を選ぶ際の気をつけたい看板名を紹介します。

肋間神経痛の症状で、何科にかかったら良いかは、前述しましたが、

①湿布・痛み止めの、処方だけだった。、
②一通りの検査をしたけど、異常ないと言われた。
③ストレスが原因だろうから、家で休養してくださいと言われた。

など、西洋医学の診断だけでは、治療として満足出来ない人もいると思います。

そのような方には、東洋医学としての、鍼灸やカイロプラクティック 等を、
試してみることも良いのではないでしょうか。

但し、こうした東洋医学の場合は、無資格の人が施術しているところもあり、
逆に、肋間神経痛の症状を悪化させてしまう場合もありますので要注意です。

肋間神経痛は、放置すると症状が進行し、痛みを長引かせる原因にもなります。
はり師・きゅう師・指圧師 等の、国家資格免許を持っている、信頼のできる
治療院かどうかを確認した上で、通院するようにするのが大切です。

民間の、無免許無資格治療院の場合は、
カイロプラクティック・整体・エステティック・タイ式・気功、等です。

勿論、きちんとしたと研修をしている事とは思いますが、肋間神経痛の症状が、
悪化しても、何の補償も無いことも、覚悟しておくことが必要です。

肋間神経痛