リンパ浮腫の記事一覧

※ ここでは、自宅でできるリンパ浮腫のマッサージ機について説明をします。

まずは、■リンパ浮腫という疾患について

全身に網羅されたリンパ管を流れるリンパ液が、なんらかの原因で流れが滞り四肢に溜まった状態を言います。
このリンパ浮腫という病気は、発症してしまうと完治することはほとんどありませんから、一生つきあって行くという厄介な病気といえます。

次ぎに、■リンパ浮腫の症状について
この病気の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、ゆっくりと症状は進行しますので、自覚症状があまりないまま気付かずにいることがよくあります。
リンパ浮腫は症状を放置しておいても自然に治ることがない病気です。

そして、■リンパ浮腫の治療マサージ・外科的手術にあたっての注意点を書きます。
リンパ浮腫の治療には、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、病院と納得のいくまで相談することをお勧めします。

 

※ 自分で毎日行う行う自宅でのマサージです。

【運 動】筋肉の運動でリンパ管へ外部から圧力を掛け、リンパ液を心臓に戻るサポートをする方法です。毎日の運動が大切です。

【弾性着衣】弾力性のあるストッキングやソックスでの圧迫方法です。悪化予防や改善に向けるためには大変大切な方法です。

【マッサージ機】空気圧を利用した、リンパ誘導マッサージの補助的な方法で『波動型マッサージ機』を使用するマッサージです。

毎日のマッサージや専門医療機関でのケアには時間と金ががかかります、そんな時に空気圧でできる『波動型マッサージ機』がおすすめなのです。

※ 機械である以上、使用時に気を付ける点があります。

●使用する前と後には 正常なリンパ筋と胸や腹部を手を使ってリンパ誘導マッサージを行うことが大切です。
●朝・昼・夜の1日3回、各2~30分が目安です。
●コリをほぐすのではありませんので、皮膚に弱い力がかかる程度の圧力が調度よいのです。
●改善が見られない・むくみが悪化した・痛みが増した 場合はは使用を直ぐに辞めてやめてすぐに専門医師に相談しましょう

※ リンパ浮腫の治療マサージは、『医療リンパドレナージセラピスト』と呼ばれる資格の持つ施術師が常駐する医療機関に行かれることをお勧めします。

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、医師の診断および指示に基づき、患者さんやご家族への生活指導、リンパ浮腫保存的治療法である「複合的理学療法」により、治療を行う施術者のことです。

「リンパドレナージ」の考え方は、いわゆる肩や腰の凝りをとるための「マッサージ」とは本質的に異なり、リンパ浮腫における「マッサージ」は優しく皮膚をさするように行うもので、「リンパドレナージ」として区別して呼称しております。ドレナージとは「排液」という意味で、むくみとなるリンパの液を皮下から排液すると言う意味です。

自分自身で身体を動かすことは、生活の中でできるマッサージとも言えますが、リンパドレナージは足または手の先端から中心部(心臓)に向けてマッサージを行います。

二次性リンパ浮腫は、腋の下または鼡径部のリンパ節を切除しており、これらの部分のリンパ液の流れが悪いことが根本的原因ですので、これらの周辺部分のリンパ液の流れを良くすることで当然全体のリンパ液の流れは良くなります。

※ リンパ浮腫にならないための予防策としては

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

※ 腕へのリンパ浮腫マッサージの方法を詳しく説明しております。

リンパ浮腫の治療には、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、病院と納得のいくまで相談することをお勧めします。

※ 腕のマッサージを説明する前に、リンパ浮腫について簡単に説明をします。

◆リンパ浮腫とは、全身に網羅されたリンパ管を流れるリンパ液が、なんらかの原因で流れが滞り四肢に溜まった状態を言い、この病気は、一度発症してしまうと完治することはまずありませんから、一生つきあって行くという厄介な病気といえます。

◆症状としては、一般的に痛みを伴わないことが多いのがこの病気の特徴はです、ゆっくりと進行しますので、自覚症状があまりないまま気付かずにいることがよくあります。また、リンパ浮腫は症状を放置しておいても自然に治ることがない病気です。

◆原因については、一つは原因が明らかでない『原発性リンパ浮腫』と原因が明らかな『続発性リンパ浮腫』とがあります。

前者は、リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などがこの原因です。生後すぐから浮腫がみられていたり、高齢になってからむくむ場合がありますが、これもリンパ管の発達が問題となっております。

後者は、癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれるのがこの原因です。

リンパ管の発達には個人差があり、リンパ管を手術で失ってもリンパ浮腫にならない人もいれば、癌の手術後すぐに発症する人もいたり、5年・10年後に症状が現れる人もあります。

リンパ浮腫の治療マサージは、『医療リンパドレナージセラピスト』と呼ばれる資格の持つ施術師が常駐する医療機関に行かれることをお勧めします。

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、医師の診断および指示に基づき、患者さんやご家族への生活指導、リンパ浮腫保存的治療法である「複合的理学療法」により、治療を行う施術者のことです。

□ 腕へのマッサージ □

乳癌などの手術で脇の下のリンパ節を切除した場合、この部分のリンパ液の流れが悪くなります、そのためリンパ液を正常なリンパ節の残っている反対側の脇の下まで誘導する目的でマッサージを行います リンパ浮腫のマッサージは、一日2~3回(朝、昼、夕)、各15~20分ずつ行うのが適当です

まず、 マッサージ開始前にまず準備運動 を行います。

① 肩回しを10回(両腕を前から後ろへ大きく回転しましょう、このとき鎖骨が動くのを感じて下さい)

② 腹式呼吸を5回(口からゆっくり息を吐き、鼻からゆっくり息を吸いましょう、このときおなかが膨らむのを感じてください)

※ マッサージの方法と順序

『方法』は、
手のひら全体でゆっくりとすり上げます。
硬くなった部分は手のひら全体でやわらかく揉みほぐします。
発赤や痛み等の炎症ががあるときは、マッサージを中止します。

『順序』は、
イ、最初に手術していない方のわきの下をマッサージし、わきの下のリンパ節へ流れ込みやすくします。
ロ、前胸部は、手術していない方のわきの下に向けて流します。
ハ、二の腕は、肩先に向けて流します。
ニ、前腕は、手首から肘に向けて流します。
ホ、手は、指先から手首に向けて流します。

「リンパドレナージ」の考え方としては、いわゆる肩や腰の凝りをとるための「マッサージ」とは本質的に異なり、リンパ浮腫における「マッサージ」は優しく皮膚をさするように行うもので、「リンパドレナージ」として区別して呼称しております。ドレナージとは「排液」という意味で、むくみとなるリンパの液を皮下から排液すると言う意味です。

自分自身で身体を動かすことは、生活の中でできるマッサージとも言えますが、リンパドレナージは足または手の先端から中心部(心臓)に向けてマッサージを行います。

二次性リンパ浮腫は、腋の下または鼡径部のリンパ節を切除しており、これらの部分のリンパ液の流れが悪いことが根本的原因ですので、これらの周辺部分のリンパ液の流れを良くすることで当然全体のリンパ液の流れは良くなります。

逆に、その部分の流れが悪いままでリンパ節までのリンパ管の流ればかり活発にしますと、リンパ液はこれら周辺のリンパ節の手前で溜まってしまって、逆に流れが悪くなってしまうことがあります。

ですから、出来る限り鼡径部または腋周辺部分を中心部(心臓)へ向けて行い、最後に手足のドレナージを行うのです。リンパドレナージの基本的考え方からしますと、リンパ管が最終的に静脈に合流する左鎖骨上窩から始めることとされています。

※ リンパ浮腫外来では、何らかの原因でリンパ浮腫を発症した患者さん個々人の症状に応じた専門的治療(リンパ液を正しい方向に誘導する治療)を行います。

リンパ浮腫外来のある医療機関は全国にあります。このような病院はインターネットをお使いの皆さんであれば簡単に検索できると思います。

『リンパ浮腫・外来』と入力することで、簡単に見つかりますが、近くにないばあいもありますので、突然その病院に行く前にかかり付けのの医院でまずは相談するのが良いでしょう。

※ 最後に、リンパ浮腫にならないための予防策としては、

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫の治療マサージ・外科的手術にあたっての注意点を書きます。

リンパ浮腫の治療には、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。
「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、病院と納得のいくまで相談することをお勧めします。

マッサージを説明する前に、リンパ浮腫とはどのような病気かをまず知っておく必要がありますので、以下に簡単に説明をします。

◆ リンパ浮腫という疾患について
全身に網羅されたリンパ管を流れるリンパ液が、なんらかの原因で流れが滞り四肢に溜まった状態を言います。
このリンパ浮腫という病気は、発症してしまうと完治することはほとんどありませんから、一生つきあって行くという厄介な病気といえます。

◆ リンパ浮腫の症状について
この病気の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、ゆっくりと症状は進行しますので、自覚症状があまりないまま気付かずにいることがよくあります。
リンパ浮腫は症状を放置しておいても自然に治ることがない病気です。
◆ リンパ浮腫の原因について

原因が明らかでない『原発性リンパ浮腫』
リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などがこの原因です。生後すぐから浮腫がみられていたり、高齢になってからむくむ場合がありますが、これもリンパ管の発達が問題となっております。

原因が明らかな『続発性リンパ浮腫』
癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれるのがこの原因です。

リンパ管の発達には個人差があり、リンパ管を手術で失ってもリンパ浮腫にならない人もいれば、癌の手術後すぐに発症する人もいたり、5年・10年後に症状が現れる人もあります。

リンパ浮腫の知識や治療に対する情報は、医師の方でもが少ない状況であり、リンパ浮腫は「治らないから仕方ない」とか「手術した癌は治っているから命には別状ない」といった説明程度で、発症が見られてからも日常生活の注意点や十分な治療法等の説明も少なく、癌の手術前にリンパ浮腫が発症する可能性を十分に説明されていない患者さんも多いようです。

※ リンパ浮腫にかかったら、専門に治療している医療施設に行くことをお勧めします。

これらの治療を専門とする医療機関が「リンパ浮腫外来」なのです。リンパ浮腫外来には、厚生労働省委託事業 癌のリハビリテーション研修におけるリンパ浮腫研修運営委員会が策定した、「専門的なリンパ浮腫研究に関する教育要綱」に則り、一定時間の研修を修了した医療従事者である「リンパ浮腫の研修修了者」が駐在する医療機関です。

リンパ浮腫の治療マサージは、『医療リンパドレナージセラピスト』と呼ばれる資格の持つ施術師が常駐する医療機関に行かれることをお勧めします。

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、医師の診断および指示に基づき、患者さんやご家族への生活指導、リンパ浮腫保存的治療法である「複合的理学療法」により、治療を行う施術者のことです。

「リンパドレナージ」の考え方は、いわゆる肩や腰の凝りをとるための「マッサージ」とは本質的に異なり、リンパ浮腫における「マッサージ」は優しく皮膚をさするように行うもので、「リンパドレナージ」として区別して呼称しております。ドレナージとは「排液」という意味で、むくみとなるリンパの液を皮下から排液すると言う意味です。

自分自身で身体を動かすことは、生活の中でできるマッサージとも言えますが、リンパドレナージは足または手の先端から中心部(心臓)に向けてマッサージを行います。

二次性リンパ浮腫は、腋の下または鼡径部のリンパ節を切除しており、これらの部分のリンパ液の流れが悪いことが根本的原因ですので、これらの周辺部分のリンパ液の流れを良くすることで当然全体のリンパ液の流れは良くなります。

逆に、その部分の流れが悪いままでリンパ節までのリンパ管の流ればかり活発にしますと、リンパ液はこれら周辺のリンパ節の手前で溜まってしまって、逆に流れが悪くなってしまうことがあります。

ですから、出来る限り鼡径部または腋周辺部分を中心部(心臓)へ向けて行い、最後に手足のドレナージを行うのです。リンパドレナージの基本的考え方からしますと、リンパ管が最終的に静脈に合流する左鎖骨上窩から始めることとされています。

リンパ浮腫外来では、何らかの原因でリンパ浮腫を発症した患者さん個々人の症状に応じた専門的治療(リンパ液を正しい方向に誘導する治療)を行います。

リンパ浮腫外来のある医療機関は全国にあります。このような病院はインターネットをお使いの皆さんであれば簡単に検索できると思います。

『リンパ浮腫・外来』と入力することで、簡単に見つかりますが、近くにないばあいもありますので、突然その病院に行く前にかかり付けのの医院でまずは相談するのが良いでしょう。

リンパ浮腫の治療には、「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

リンパ浮腫の手術療法に関しては、手術的治療については専門の医療機関にご相談ください。

※ リンパ浮腫にならないための予防策としては、

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫の手術を説明する前に、リンパ浮腫とはどういう病気かをまず知っておく必要がありますので、以下に簡単に説明をします。

1、リンパ浮腫とは?
全身に網羅されたリンパ管を流れるリンパ液が、なんらかの原因で流れが滞り四肢に溜まった状態を言います。

2、リンパ浮腫の症状は?
この病気の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、ゆっくりと症状は進行しますので、自覚症状があまりないまま気付かずにいることがよくあります。
リンパ浮腫は症状を放置しておいても自然に治ることがない病気です。

3、リンパ浮腫の原因は?

 

『原発性リンパ浮腫』
リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などがこの原因です。生後すぐから浮腫がみられていたり、高齢になってからむくむ場合がありますが、これもリンパ管の発達が問題となっております。

『続発性リンパ浮腫』
癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれるのがこの原因です。リンパ管の発達には個人差があり、リンパ管を手術で失ってもリンパ浮腫にならない人もいれば、癌の手術後すぐに発症する人もいたり、5年・10年後に症状が現れる人もあります。

先にも書きました通り、リンパ浮腫という病気は、発症してしまうと完治することはほとんどありませんから、一生つきあって行くという厄介な病気といえます。

それに、医師の方でもリンパ浮腫の知識や治療に対する情報が少ない状況で、リンパ浮腫は「治らないから仕方ない」とか「手術した癌は治っているから命には別状ない」といった説明程度で、発症が見られてからも日常生活の注意点や十分な治療法等の説明も少なく、癌の手術前にリンパ浮腫が発症する可能性を十分に説明されていない患者さんも多いようです。

リンパ浮腫にかかったら、専門に治療している医療施設に行くことをお勧めします。これらの治療を専門とする医療機関が「リンパ浮腫外来」なのです。リンパ浮腫外来には、厚生労働省委託事業 癌のリハビリテーション研修におけるリンパ浮腫研修運営委員会が策定した、「専門的なリンパ浮腫研究に関する教育要綱」に則り、一定時間の研修を修了した医療従事者である「リンパ浮腫の研修修了者」が駐在する医療機関です。

※ リンパ浮腫外来では、何らかの原因でリンパ浮腫を発症した患者さん個々人の症状に応じた専門的治療(リンパ液を正しい方向に誘導する治療)を行います。
リンパ浮腫外来のある医療機関は全国にあります。このような病院はインターネットをお使いの皆さんであれば簡単に検索できると思います。

『リンパ浮腫・外来』と入力することで、簡単に見つかりますが、近くにないばあいもありますので、突然その病院に行く前にかかり付けのの医院でまずは相談するのが良いでしょう。

※ リンパ浮腫の外科的治療(手術)については次の2点があるようです。

リンパ浮腫が進行し悪化してくると、象皮症(皮膚が極度に変形する)や、運動障害・知覚障害・疼痛等が現われて、外科手術が必要となる場合もあります。

◇顕微鏡下リンパ管静脈吻合術(引き込み法、Degni法)
◇顕微鏡下リンパ管静脈吻合術(顕微鏡下リンパ管細静脈吻合法)

リンパ浮腫の治療には、「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。
リンパ浮腫の手術療法に関しては、手術的治療については専門の医療機関にご相談ください。

※ このリンパ浮腫にならないための日常生活での予防策

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。

②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

『リンパ浮腫の治療はどんな病院が良いか』のタイトルでは、リンパ浮腫かなと思ったら、リンパ浮腫外来のある、リンパ浮腫の研修修了者のいる病院で治療を受けることが一番とお伝えしました。

然し、リンパ浮腫外来への通院だけで、「本当に完治するのか?」「入院治療は必要ないのか?」との不安もおありのことと思いますので、このことについてもう少し詳しく説明しましょう。

※ リンパ浮腫外来とはどのような医療機関でしょうか?

①リンパ浮腫という病気の症状は、リンパ液の流れが停滞し腕や脚がむくむことで、一般的に痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなく気が付かずにいることがよくあります。

②リンパ浮腫になる原因としては、リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などが原因とする『原発性リンパ浮腫』、癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれる『続発性リンパ浮腫』の原因です。

※ これらの治療を専門とする医療機関が「リンパ浮腫外来」なのです。

リンパ浮腫外来には、厚生労働省委託事業 癌のリハビリテーション研修におけるリンパ浮腫研修運営委員会が策定した、「専門的なリンパ浮腫研究に関する教育要綱」に則り、一定時間の研修を修了した医療従事者である「リンパ浮腫の研修修了者」が駐在する医療機関です。

リンパ浮腫外来では、何らかの原因でリンパ浮腫を発症した患者さん個々人の症状に応じた専門的治療(リンパ液を正しい方向に誘導する治療)を行います。

リンパ浮腫外来のある医療機関は全国にあります。このような病院はインターネットをお使いの皆さんであれば簡単に検索できると思います。

『リンパ浮腫・外来』と入力することで、簡単に見つかりますが、近くにないばあいもありますので、突然その病院に行く前にかかり付けのの医院でまずは相談するのが良いでしょう。

リンパ浮腫の治療には、「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

リンパ浮腫の手術療法に関しては、手術的治療については専門の医療機関にご相談ください。

最後に、このリンパ浮腫にならないための日常生活での予防策を、簡単に説明してみたいと思います。

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫かなと思った場合、その診断と治療はどの病院に行けば良いかと思案される場合があると思います。

まず、リンパ浮腫むくみがあることが前提となりますが、病院に行く前にリンパ浮腫とはどういう病気かをまず知っておく必要がありますので、簡単に説明をします。

①リンパ浮腫とは何ですか?   リンパの流れが障害されて、臓器や組織の細胞の隙間にタンパク質の多い水分が貯留した状態を言います。

②リンパ浮腫、その症状は?   この病気の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなく気が付かずにいることがよくあります。

③リンパ浮腫になる原因は?   リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などが原因の『原発性リンパ浮腫』・癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれるのが『続発性リンパ浮腫』の原因です。

 

※ リンパ浮腫の治療法についても簡単に説明します。

①むくみに気付いたときには、放置せず直ぐに担当医を受診すること。
リンパ浮腫の専門的な知識や技術を持つ医師の助言をえて、自分の症状に合った治療を行います。

②リンパ浮腫を発症した場合は、むくみを改善し、むくみの重症化を防ぐこと。
日常生活上では、スキンケアを行うことが自己管理の中心となります。

これらのリンパ浮腫についての知識を、ある程度持ったうえで病院に行かれた方が、医師の問診などの返事には役に立つものと思われます。
但し、患者さん自身の勝手な判断や先入観は厳禁ですので、あくまでも知識としての情報です。

※ それでは、リンパ浮腫の治療に適した病院は?についてです。

リンパ浮腫外来のある、リンパ浮腫の研修修了者のいる病院で治療を受けることが一番と考えます。このような病院はインターネットをお使いの皆さんであれば簡単に検索できると思います。

『リンパ浮腫・外来』と入力することで、簡単に見つかりますが、近くにないばあいもありますので、突然その病院に行く前にかかり付けのの医院で相談するのが良いでしょう。

リンパ浮腫の治療には、「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

リンパ浮腫の手術療法に関しては、手術的治療については専門の医療機関にご相談ください。

※ 最後に、このリンパ浮腫にならないための日常生活での予防策を、簡単に説明してみたいと思います。

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。

常に、皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない事が大切です。

リンパ浮腫

リンパ浮腫の治療法を説明する前に、リンパ浮腫とはどういう病気かをまず知っておく必要がありますので、簡単に説明をします。

①リンパ浮腫とは何ですか。

リンパの流れが障害されて、臓器や組織の細胞の隙間にタンパク質の多い水分が貯留した状態を言います。

②リンパ浮腫、その症状は?

この病気の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなく気が付かずにいることがよくあります。

③リンパ浮腫になる原因は?

リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などが原因の『原発性リンパ浮腫』・癌治療による後遺症(乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患によって起る)の一つといわれるのが『続発性リンパ浮腫』の原因です。

 

【 リンパ浮腫の治療法 】

それでは、リンパ浮腫の治療法について説明します。

①むくみに気付いたときには、放置せず直ぐに担当医を受診する。

日常生活上では炎症を予防するためにスキンケアを行い、リンパ浮腫の専門的な知識や技術を持つ医師の助言をえて、自分の症状に合った治療を行います。

②リンパ浮腫を発症した場合は、むくみを改善し、むくみの重症化を防ぐ。

日常生活上では、スキンケアを行うことが自己管理の中心となります。

リンパ浮腫の治療には、「保険診療」の治療ほかに、病院独自の「自由診療」(保険外診療)を行っている場合もありますので、個々の症状に応じて、リンパ浮腫の専門的診療施設を受診し、専門的な運動を組み合わせた治療を受けることです。

リンパ浮腫の手術療法に関しては、手術的治療については専門の医療機関にご相談ください。

※ また、このリンパ浮腫にならないための日常生活での予防策

①むくみの有無を日頃観察し、むくみの早期発見を心掛ける。
②炎症を予防するためにスキンケアを行う。(皮膚の清潔を保つ・皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚を傷付けない)

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫の予防について、調べてみましたので紹介します。

予防の前に、リンパ浮腫とはどういう病気かを知っておく必要があります。

■リンパ浮腫とはどんな病気ですか?

リンパの流れが障害されて、臓器や組織の細胞の隙間にタンパク質の多い水分が貯留した状態を言い、原発性と続発性に2つに分類されております。

■リンパ浮腫のにかかるとその症状は?
症状の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなく「むくみ」に気付かないことがよくあります。

■リンパ浮腫の進行程度による症状は?
初期症状は、リンパ液がたまり皮膚の厚みが増し、それまで見えていた静脈が見えにくくなる・皮膚をつまんだときにしわが寄りにくくなる等の症状がみられることがあります。
軽・中度の症状は、腕や脚が癌の治療前と比べて太くなり、腕や脚がだるい・重い・疲れやすいなどの症状が出始めます。場所によっては、身体のむくんだところを指で押すと押し跡が残ります。
重症の症状としては、むくみが進行し、皮膚の乾燥・皮膚の硬化や肘・手首・指・膝・足首などの関節が曲がりにくくなり、さらには動かしたときに違和感が感じるなどと言った変化があらわれます。

■リンパ浮腫になる原因は
原発性リンパ浮腫は、リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などによって起こるのが原因です。
続発性リンパ浮腫は、乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患などによって起このが原因です。癌治療による後遺症の一つと言えます。

※ そのリンパ浮腫にならないための予防策を、具体的に説明してみたいと思います。

◆日常生活で気を付けることは、むくみの有無を日頃観察しておくことです。

①むくみの早期発見を心掛ける。

②炎症を予防するためにスキンケアを行う。                      次のことに注意して皮膚の保護を行うことが大切です。
・皮膚の清潔を保つ ・皮膚の乾燥を防ぐ ・皮膚を傷付けない

③日常生活上での注意点を守る。
・癌などの治療後は、手術した側の腕で、採血・点滴・血圧測定はしない。
・食生活や体重管理について、標準体重を維持する。
・体に負担をかけすぎないために
・衣類・装飾品の選び方としては、体に負担のかからない物を選ぶ

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫の原因を知る前に、簡単に症状について知っておきましょう。

リンパ浮腫とは、リンパの流れが障害されて、臓器や組織の細胞の隙間にタンパク質の多い水分が貯留した状態を言い、原発性と続発性に2つに分類されております。

リンパ浮腫の症状の特徴は、一般的に痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなくむくみに気が付かないことがよくあります。

※ 進行程度による症状は、

①リンパ浮腫の初期症状は、リンパ液がたまり皮膚の厚みが増し、それまで見えていた静脈が見えにくくなる・皮膚をつまんだときにしわが寄りにくくなる等の症状がみられることがあります。

②リンパ浮腫の軽・中度の症状は、腕や脚が癌の治療前と比べて太くなり、腕や脚がだるい・重い・疲れやすいなどの症状が出始めます。場所によっては、身体のむくんだところを指で押すと押し跡が残ります。

③リンパ浮腫の重症の症状としては、むくみが進行し、皮膚の乾燥・皮膚の硬化や肘・手首・指・膝・足首などの関節が曲がりにくくなり、さらには動かしたときに違和感が感じるなどと言った変化があらわれます。

※ リンパ浮腫の原因は

原発性リンパ浮腫は、リンパ節やリンパ管の発育不全・圧迫・狭窄・閉塞などによって起こるのが原因です。

続発性リンパ浮腫は、乳癌・子宮癌・前立腺癌 等のリンパ節郭清後や放射線照射後に静脈疾患などによって起こるのが原因です。癌治療による後遺症の一つと言えます。

がんの治療で、リンパ節の摘出手術や放射線治療によってリンパの流れが停滞し、生涯にわたり腕や脚がむくむことがあります。

このむくみをリンパ浮腫とよんでおります。リンパ浮腫の発症時期には個人差があり、手術後すぐに生じる場合もあれば、5年・10年経過してから発症する場合もあります。

がんの治療を受けた全ての患者さんにリンパ浮腫が発症するわけではありませんが、一度発症すると治りにくいという特徴があります。

軽いむくみ程度であれば、普段の生活のなかで自己管理をしながら生活を送ることができますが、一旦重症化すると生活に支障を来すことがありまので、発症後は早い時期から治療を始め、悪化防止に努めることが重要です。

一般的に、リンパ浮腫は痛みを伴わないことが多いうえに、ゆっくりと症状は進行しますので、適切な治療を受けずに放置したり、炎症を繰り返す事により、皮膚の線維硬化が進行して、象皮症などになることもあります。

 

※ むくみを感じたらできるだけ早く受診し、治療を開始することが大切です。

注1 リンパ、体内には、動脈と静脈のほかにリンパ管(※2)と呼ばれる管があり、脳や眼球を除く全身の皮膚のすぐ下に網目状に張り巡らされ、リンパ液という液体が輸送と身体の中で使われて不要になったタンパク質や水分を回収しています。

注2 リンパ管、弁によって逆流しにくつくられており、一定のリズムでリンパ液(注3)を運んでいます。運動による関節の動き・筋肉のポンプ作用・動脈の拍動・呼吸運動・接触によっても、リンパ管の働きは促進されます。

注3  リンパ液、タンパクや白血球などを運びます。また、わきの下・首の付け根・脚の付け根 などには、豆のような形をした組織があり、感染やがんが全身へ広がることを抑える役割を持っています。

リンパ浮腫

※ リンパ浮腫の症状を知る前に、簡単に原因について知っておきましょう。

がんの治療のなかで、リンパ節を取り除く手術や放射線治療によってリンパの流れが停滞し、生涯にわたり腕や脚がむくむことがあります。

このむくみをリンパ浮腫とよんでおり、乳癌・子宮癌・卵巣癌・前立腺癌・皮膚癌などの治療による後遺症の一つです。

リンパ浮腫の発症時期には個人差があり、手術後すぐに生じる場合もあれば、5年・10年経過してから発症する場合もあります。

がんの治療を受けた全ての患者さんにリンパ浮腫が発症するわけではありませんが、一度発症すると治りにくいという特徴があります。

軽いむくみ程度であれば、普段の生活のなかで自己管理をしながら生活を送ることができますが、一旦重症化すると生活に支障を来すことがありまので、発症後は早い時期から治療を始め、悪化防止に努めることが重要です。

リンパ浮腫の症状としては、一般的に、リンパ浮腫は痛みを伴わないことが多く、症状はゆっくりと進行しまするので、自覚症状があまりなくむくみに気が付かないことがよくあります。

※ リンパ浮腫の進行程度による症状は

① リンパ浮腫の初期症

リンパ液がたまって皮膚の厚みが増すと、それまで見えていた静脈が見えにくくなる・皮膚をつまんだときにしわが寄りにくくなる・などの症状がみられることがあります。適切な治療を受けずに放置したり、炎症を繰り返す事により、皮膚の線維硬化が進行して、象皮症などになることもあります。むくみを感じたらできるだけ早く受診し、治療を開始することが大切です。

② リンパ浮腫の軽度から中等度の症状

腕や脚が癌の治療前と比べて太くなり、腕や脚がだるい・重い・疲れやすいなどの症状が出始めます。場所によっては、身体のむくんだところを指で押すと押し跡が残ります。

③ リンパ浮腫が重症化したときの症状

むくみが進行し、皮膚が乾燥しやすい・皮膚が硬くなる等や肘・手首・指・膝・足首などの関節が曲がりにくくなり、さらには動かしたときに違和感が感じるなどと言った変化があらわれます。

リンパ浮腫