脳出血の記事一覧

脳出血の、治療法の基本は、血圧を下げ、自然回復を待つことですが、
この、安静待機には、出来れば自宅ではなく、病院に入院して戴くのが、
症状の変化もわかるし、検査も、万一の手術も、出来ますので安心です。

ここでは、脳出血での入院ついて、詳しく見てみましょう。

 

★☆ いざ脳卒中になったら、まず何を、どうすればいいか?

最も大事なことは、様子を見ないで、直ちに医師の受診を受けることです。

罹りつけの医院の先生に電話で相談するか、あるいは119番で救急依頼を、
落ち着いて、時間を置かずに、連絡しましょう。

脳梗塞は、発症後4.5時間以内であれば、tPAという治療法が可能です、
今までの治療に比べても、明らかに結果は良いものとなっています。

ここで問題となるのは、何といっても、時間です。
発症後4.5時間というのは、治療が開始できるまでの時間です。

病院に到着しても、診断してから治療を始めるまで、にも時間がかかります。
そのために、幾らでも早く、病院に到着することを、望まれるのです。

脳卒中であると、感じられた場合は、迷わず救急車を依頼することです、
救急隊は、tPA治療に対応できる、病院については、把握しております。

また、脳卒中について分からないことがあれば、詳しく相談できる、
罹りつけ医院を、決めて置くことも、とても重要です。

 
★☆ 脳出血は、入院するのが必須でしょう

脳出血を発症した場合、まず入院は避けられません。

治療して、容態が安定したとしても、事態急変の、可能性もあるために、
安心できるようになるまでは、入院し緊急事態に備える必要があるのです。

脳出血で倒れたとしても、一晩経過後は、検査しても問題が無い場合は、
医師の判断で、退院して大丈夫な時もあります。

当然、医師の最終判断が、必要になるわけですが、慌てて退院しても、
また再発し、入院するよりは、多少不便でも、入院を続けていた方が、
良いに事に、決まってますので、素直に医師の方針に従事が大切です。

脳出血そのものは、治ったとしても、後遺症や併発症が多いために、
直ぐに、退院することには、ならないとされています。

特に、後遺症については、日常生活が出来なくなる、影響がありますので、、
手足の麻痺や、言語機能の喪失などが、発生し散るような場合は、
それが回復するまでは、入院を余儀なくされることもあるでしょう。

後遺症から、回復するためには、リハビリが必須となりますが、、
確りとした、リハビリを行うためには、設備やトレーナーなどが揃っている、
専門の病院に入院して、行うことが大切あります。

ある程度回復したら、通院でもリハビリを、継続できますので、
それまでは、入院が必要ですし、その方が早期回復にも繋がります。

脳出血は、患者個々人で特徴や、内容が違うので、何日間入院が必要かは、
難しい問題であり、検査をして、回復度や再発可能性を、総合的に判断して、
最終的には、医師が、入院の継続の有無を定することになります。

 
★☆ 脳出血による、入院期間は、患者個々人でちがいます。

脳出血で倒れて、病院に担ぎ込まれた時点では、入院期間は全く不明です、
というのは、脳出血自体の治療よりも、後遺症や併発症の方が厄介で、
治るのに、どれ程度かかるかの、判断できないことが多いからです。

脳出血の治療といえば、緊急で、必要な場合は外科手術で脳の中の血の塊を
取り出すこと、血圧を下げて血液の凝固を防ぐ薬を投与すること、

そして自然治癒による回復をひたすら安静にして待つというものです。
脳内の血管の破れはいずれ自然に塞がりますし、脳の中に流れ出た血も、
塊にならなければいずれは洗い流されます。

脳出血の治療はそれだけで、回復したら退院しても良さそうなものですが、
実はここからが大変な治療があるのです。

脳出血が、厄介と言われるところは、脳出血自体が落ち着き、治っても、
その後遺症から、回復しない限りは、治ったとは言えないことです。

脳の損傷により、言語機能や運動機能が麻痺すると、話せなくなったり、
身体が不自由になったり、することが良くあるのです。

これらの機能は、後天的なものですので、
機能が失われたとしても、リハビリ訓練で、修得することは可能なのです。

但し、大人である現在と、新生児の頃とでは、学習能力もかなり違いますし、
前の運動中枢が、不完全な状態で、残っていたりして、
新しく中枢を、訓練するには、大変な時間と手間がかかることです。

倒れる前までは、何でもなく出来ていたことが、脳出血の後遺症で、
上手に出来なくなりますし、患者にとって、大変に屈辱的なことですし、
また、リハビリも肉体的・精神的にも、とんでもなく大変な作業です。

脳出血の回復は、再発の危険が薄くなれば、医師の判断で退院できますが、
後遺症が残っている場合は、帰宅しても、生活するだけでも苦労しますし、

定期的に、リハビリ施設に通うというのも、とてもきつい話となりますので、
そうだとしたら、治るまでは、入院しリハビリと、考える方も多いです。

この様に、脳出血による、入院期間は、どんどん長くなっていき、
数ヶ月から数年単位までに、入院期間が伸びてしまうことも有るのです。

リハビリをしても、完全にもとの状態にまで回復するとは限りません、
逆に言えば、、完全に元通りになるのは、難しいものです。

自宅で出来る、リハビリに切り替えるという、選択肢もありますし、
リハビリをうち切り、現在の状態に適応する、という方もいるのです。

この様に、患者個々人の、環境によって、入院期間が不定になるのです。

脳出血

脳出血の、治療法の基本は、血圧を下げ、自然回復を待つことですが、
然し、緊急の場合は、外科手術で、血の固まりを、取り除くこともあります。

ここでは、脳出血の治療法ついて、詳しく見てみましょう。

 

 
★☆ 脳出血の基本的な治療法は、比較的簡単でシンプルです。

脳出血の治療法は、比較的簡単で、脳内で発生した血管の破れが、自然治癒
する事を松子とが基本路なります。

但し、脳の中に血の塊が出来てしまった場合は、外科手術で、血の塊を、
取り出す必要があるのです。

この場合、文字通り手術ですから、場所により脳を切り分ける必要がある
事なので、そう易々と実施することはできません。

外科手術は非常に危険を伴うので、、手術のリスクが、その血の塊を
放置するリスクよりも、低くなければ、実施しないことが、多いのです。

言葉を変えて言えば、血の塊が大きくて、放置しておくことで、命の危険や
重大な後遺症が残りそうな場合にのみ、外科手術を実施することになります。

しかも、大変緊急であり、遅れれば、患者が死んでしまうような場合に限り、
のみ実施することが多く、まさに、最後の手段が外科手術と言えます。

この様な、緊急手術を除けば、脳出血の治療法は、いたってシンプルです。

基本的には、外科手術以外に、脳内の血管の破れを、治す方法はないため、
自然治癒に任せること以外にはないのです。

自然治癒に任せる、とは言っても、治り易くすることは、もちろんですので、
これ以上の、血管からの出血を、防ぐ手立てとして血圧を下げたり、
止血剤を投与したりして、安静にして、自然治癒するのを待つ訳です。

脳の中に広まった血は、取り出す方法がありませんので、
自然に、洗い流されるのを待つことになります。

治療法とは、これでいいのですが、実際には、脳出血が治った後の、
後遺症への対処とそのリハビリ、および併発症の治療が本番と言えます。

 
★☆ 脳出血の、様々な治療法があります。

脳出血を起こしてしまうと、半身麻痺やろれつが回らなくなるといった
運動障害や、視覚が狭まる感覚障害なども、見られることがあります。

しかし、脳出血の程度によっては症状が軽度のときもあり、薬の服用し、
経過観察をする、方法もあります。

脳出血の治療法は、患者の症状の重さの、程度によって変わるのです。

具体的にはどういった治療法を以下に説明します。?

①手術による治療法

前述の通り、
脳出血で、出血した血液は自然吸収され、症状が緩和することがあるので、
重度の障害・意識障害が無ければ、経過観察とするのが、基本の治療法です。

また手術はかなりのリスクが、ある理由から。

病気を起こしてしまい、重篤な障害や意識不明が見られ、出血量が多いと
判断されるときにおいて、手術を行うことがあるのです。

頭蓋骨を削り、直接手術する開頭術や、一部穴を開け、チューブを通し、
血液を排出する脳室ドレナージという手術治療法もあります。

②降圧薬いよる治療法

この病気の主原因は高血圧です。
継続的な高血圧は、血管に負荷を与えて、脆く破れ易くしてしまいます。

その結果、血圧が上昇した際に、血管が切れて病気が引き起こされるのです。

降圧薬のよる治療法は、脳出血発病後に、降圧薬を投与することで、
原因である、高血圧そのものを、直接治療することができるので、

病気の再発防止の、治療を行うには、とても効果的な方法です。
身体への負担も少なく、高齢者に対しても、行うことができる治療法です。

脳出血

脳出血で、脳細胞が傷ついたりすると、てんかん症状が出ることがあり、
脳出血患者の、約3割に、この症状が見られるそうですす

ここでは、脳出血とてんかんに関する事について、詳しく見てみましょう。

 

 
★☆ 脳出血とてんかんは、麻痺の症状が、共通する関係があります。

脳出血の症状のひとつに、痙攣があります。
この治療には、本来まったく違う病気なのですが、てんかんの薬を使います。

脳出血とてんかんは、痙攣の症状と、その発症状況が、共通しているために、
てんかんの「痙攣阻止薬」を脳出血にも使用しているのです。

痙攣以外にも、脳出血とてんかんには、共通する症状があります。
症状が進行すると、突然前触れもなく発症すること・意識を失うこと・
ちょっとした刺激が引き金になること 等々が共通しております。

突然前触れもなく発症する、という意味では、同様に大変に危険な病気です。

例えば、時々ニュースで、話題になる事がありますが、
パイロットが飛行中に、脳出血の発作を、起こしてしまったとか、

車を運転中に、てんかんの発作を起こして、事故とかを、稀に耳にします。
これらは、ある意味では、防ぐことが難しい状況で有ります。

極端なことを言えば、自動車運転免許を、与えないようにする 等の
意見もありますが、職業選択の自由から、反対する声も多くある現状です。

但し、パイロットは、てんかん持ちならば、商業航路の操縦許可はおりず、
職業の自由という問題ではなく、危険性の排除の問題です。

脳出血とてんかんは、症状こそ多少は似ていますが、実際には発症時には、
間違えることは、まず、あり無いと思います。

てんかんの発作というものは、独特のものであり、意識を失っても、
意識があるような、行動をとることも良くあるのです。

 
★☆ 脳出血とてんかんの予後は、十分に治癒可能

そもそもてんかんとは、脳内の電気信号が、異常に興奮してしまい、
様々な影響を引き起こす、発作症状です。

この発作が起こると、身体の痙攣・硬直・意識を失うとことが起こります。
てんかんの、意識不明は一時的な症状とも言われています。、

序文で言いました様に、脳出血後のてんかん症状は約3割の人に見られます。
そして、痙攣だけではなく、一時的な記憶の抜け落ちや動作の繰り返し等が、
見られることがあるようです。

ところが、脳出血によるてんかん症状は一過性であることが多いとされ、
薬を服用することで、十分に改善を、見込むことができるのです。

家族は心配ですが、十分に治癒可能な病気ですので、ご安心ください。

 

 

★☆ 脳出血やてんかんに成らない為に、生活習慣の改善

脳出血は後遺症が残ってしまうと、生活を大きく変えてしまうほど
周りの方々に対して、影響力のある病気です。

しかし、
自覚症状のないまま、進行するので、非常に厄介な病気なのでもあるのです。

病気の主な原因は、生活習慣に隠されていると、言われておりますので、
自覚症状がない分、これら原因を改善することが、病気を予防する上で、
とても大事なことなのです。

脳出血

脳出血、左被殻出血の症状は、右側の麻痺・感覚・視野障害です。

脳出血はその出血する部位によって色々な呼び方があります。
被殻出血・視床出血・小脳出血・皮質下出血・脳幹出血(橋出血)です。

脳出血の中でもっとも多いのが、脳の中央にある被殻に発症する、
被殻出血はでありまして、脳出血全体の、40%の占有率です。、

そのうち、被殻の左部分に出血するものを左被殻出血といっております。
ここでは、脳出血の左被殻出血に関する事について、詳しく見てみましょう。

 

 
★☆ 人間の脳は左右に分かれ、その逆側の身体を制御しています。

左被殻出血であれば、反対側の右半身に障害が発生します。

但し、出血の様子や血が流れた部位によっては、障害の程度が変わります、
また、患者の「優位半球」がどちらにあるかでも変わってきます。

優位半球とは、ある機能が、大脳半球の片方に、主として働く半球のことで、
人間は、左右どちらかの脳の半球に、機能が集中しているのです。

一般的に、右利きの方の脳は、左脳が優位半球になるとされておりますので、
その方が、左被殻出血を発症すると、右側の重要な機能の多くが、
麻痺する可能性があるのです。

被殻出血によって、発症する主な症状は、片麻痺・感覚障害・視野障害等で、
これらが進行すると、意識障害も発生します。

左半球が優位半球であった場合は、失語症を発症する可能性が高いです。

発症時の、被殻出血の症状は、激しい頭痛が起こり、意識が朦朧として、
そのまま意識を喪失するというものです。

この状態であれば、躊躇なく素早い救急車の要請が必要で、
設備が整った病院に、運び込むしかありません。

意識喪失状態では、患者が窒息する可能性があるため、気道の確保だけは、
しっかりとやってお区事を忘れないことです。

 
★☆ 右片麻痺は、積極的なリハビリで治ります。

右片麻痺が、重度の場合は、日常生活に介助を、要する可能性があるため、
積極的に、リハビリ実施し、日常の動作の自立を図る必要があります。

リハビリでは、麻痺した手足の機能訓練や、麻痺があるなりの動作方法の、
獲得が重要ですが、麻痺はどこまで治るのか、気になるところです。

被殻出血での、麻痺の程度は、血腫量の大きさに左右されますが、
正確には、運動を支配する神経が通う「内包後脚」という部位まで、
血腫が及んでいるかどうかが決めてです。

中程度の出血量の被殻出血でも、内包後脚に血腫が及ばなければ、
麻痺は軽症か、ほとんど認められる事な無いと思います。

 

 

★☆ 被殻出血で言語障害の失語症は治る、そのためのリハビリの方法は?

被殻の周囲は、言語領域で有名な、連合線維・投射線維が、あります。
被殻出血で、血腫がここまでに及ぶと、言語障害(失語症)が現れます。

この血腫の量と、血腫が広がっていく方向(進展方向)によって
失語症の程度は、様々で有ります。す。

失語症というものは、発症後2週間の間に、最も著明に改善しますし、
約12ヶ月で、急性期に認められた失語症状は、40%は回復されています。

言語聴覚リハビリテーションは、発症1〜3ヶ月の間が、非常に重要であり、
発症早期から、言語聴覚士の介入が必要と、言えるでしょう。

左被殻出血で、血腫量が少なく、早期に認めた失語症の場合、
日常生活には、ほとんど支障のないレベルにまでに、
最終的には、改善するケースが、多いようです。

脳出血

脳出血の起こりやすい部位は、ある程度は決まっていると言われます。

ここでは、脳出血の種類に関する事について、詳しく見てみましょう。

 
★☆ 脳出血は、出血する部位によって、種類が決まります。

脳出血の種類というのは、出血の起こる脳の部位、によって決まりますが、
また、脳出血の起こりやすい部位も、ある程度は決まっているようです。

※被殻出血・・・脳出血のなかで、一番多い(約5割)とされています。

脳の被殻部分の、血管から出血するもので、脳出血の中では症状は、
比較的に軽いとされてますが、それでも頭痛や意識朦朧状態が発症します。

死亡率はそれほどは高くありませんが、悪化すると大変危険であるため、
意識状態や出血量によっては、外科手術を行う場合もあります。

※視床出血・・・この種類は、脳出血全体の約3割を占めます。

視床部位に出血するもので、症状は手足の痺れ・麻痺・感覚障害 等々です。

かなり危険な、脳出血で有り、多くの場合、命に関わる程の危険性があり、
助かったとしても、後遺症として、意識障害・痺れ・半身麻痺 等が残ります。

後遺症は、リハビリにより回復しますが、完全に元に戻ることは稀な様です。
また、合併症として急性水頭症が発症のおそれがあり、緊急手術が必要です。

※小脳出血・・・この種類は、脳出血全体の約1割を占めます。

症状は、嘔吐・激しい頭痛・歩行障害・意識障害 等で、血腫が小さい場合、
薬物療法で対応しますが、大きい場合は、外科手術を必要とします。

※皮質下出血・・・この種類は、脳出血全体の約1割を占めます。

出血は大脳皮質の直下で発生し、他の脳出血に比べると、比較的症状が軽く、
予後も良好な場合が多いとされてます。痙攣・軽い意識障害の症状が出ます。

※脳幹出血(橋出血)・・・、比較的少ない種類の脳出血です。

脳幹に出血があり、急激に意識が喪失し、多くは、急速に死に至ります。
存命でも、意識障害・呼吸障害・四肢の麻痺・眼球運動障害が、継続します。

発作後、数時間で死に至り場合があり、出来るだけ早い、治療が必要です。

 
★☆ 周囲の気づきと、緊急な救急車手配が、脳出血には必要です。

脳出血は、種類に関係なく、激しい頭痛・意識障害・手足の麻痺などが、
前触れもなく突如として、大体共通して起こるのが特徴です。、

いきなり手を額にやったかと思うと、そのまま倒れて意識を失う、
これが、脳出血発症の現実を示しています。

そのような状態になった人を、見つけた場合は何はともあれ救急車です。

脳出血の治療は専門設備がある病院でないとできないことも多いため、
その際、見たままの症状を、正確に救急隊員に伝えることです。

 
★☆ 参考に脳出血の種類毎の手術適応基準を紹介します。

脳出血を起こしてしまったとき、脳に血液が溜まってしまうため手術で、
除去しなければならないことがあります。

全ての脳出血が手術適応となるわけではなく、一定の基準があるのです。
脳出血の種類毎の手術適応基準について見て行きましょう
被殻出血

被殻は身体の運動に関する機能を司り、片麻痺や視野の狭まる症状が出ます、
症状が悪化すると意識を失うこともあります。

記憶障害や運動障害が見られるか等の神経学的所見を診断し、中程度の判断、
若くは、出血量が31mL以上で、脳圧迫が見られる場合に、手術適応となる。

視床出血

視床とは大脳と中脳を繋ぐ間脳と呼ばれる脳の一部です。視覚、嗅覚などの、
感覚に関する機能を司り、この部分に出血が起こると、被殻出血と同様に、
視野が狭まったり、運動機能に重篤な障害を起こすことがあります。

基本的に開頭手術を行われることがありませんが、脳室まで出血が進行し、
重篤な症状を起こしている場合は、手術適応となることがあります。
この場合は、脳室ドレナージと呼ばれる、血液排出の術式を行います。

小脳出血

後頭部にある小脳、運動に関する機能を司っていて、発病すると
立ち上がれなくなる・歩けなくなるといった症状が出始めます。
症状が悪化すると、呼吸障害も現れることもあるため注意が必要です。

出血範囲が3cm以上にわたり、意識混濁などの重篤な症状が見られる場合、
また、出血によって脳幹を圧迫し、水頭症(脳室肥大化の病気)等の、
病気を合併している場合に手術適応と判断します。
皮質下出血

脳の比較的外側で起き、強い頭痛と意識障害を発症することがありますが、
一過性の症状であることが多く、初期段階では気づきにくい特徴があります。

脳の表面から深さが1cm以下の場合、手術適応と判断されます。
また、60歳以下であること、出血量が50mL以上であり、
意識混濁など重篤な症状が出ている場合に、手術適応と判断されます。
脳幹出血

脳幹とは、脳と脊髄を繋ぐ部分で、脳の指令を体に伝える重要な器官です。
ここには、神経が多く存在しているため、基本的には手術は行われません。
しかし、脳室まで影響がある場合は、手術適応と判断されることがあります。

脳出血

脳出血の検査にはCTが使用されますが、この中にはCTとMRIが含まれます。

ここでは、脳出血の検査にCTが有効であることについて、詳しく見てみます。

 
★☆  脳出血の検査は何故、CTが有効かについて

今では、脳出血の検査に、CTを使うことは、常態化しております。

これは、直接的に、脳に触れることなく、画像としてデータを取得できて、
短時間で、脳内部内部の検査ができるからです。

CTとは、Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略称であって、
コンピュータを使って、物体を破壊することなく、その断面像を撮影する、
あらゆる技術手法を指しています。

CTには、「CT4」と「MRI」がありますが、こらはまったく違う検査方法です。
一般的に、単にCTと呼ぶ場合は、「CT4」と呼ばれる方法を指す指しています。
「CT4」」は、X線CTのことです。

これに対し、MRIは「核磁気共鳴現象」を利用して物体の断面図を撮る方法で、
いわゆるCT4(以後CTと言う)とはまったく違う原理に基づいています。

CTの原理はレントゲン写真と同じで、身体に「X線」を透過する、画像写真撮影で、
その影から内部構造をデータ化するものです。

脳出血の場合、脳内に血の塊があれば、影となって写るので、状況確認できます。

一般的なレントゲン写真と違い、CTはX線カメラを、脳の周りで一周させて、
あらゆる方向から写真を撮ることによってデータを収集し、コンピュータで処理して、
脳のレントゲン3D写真を構成するわけです。

3D写真は色々な角度から見ることができるので、脳の中に血の塊が、
どのように広がっているのかを確認することができます。

ただ確認するでけでなく、手術の前に手術対象の様子が判るので、
大変効果が高い検査方法と言えます。

 
★☆ 脳出血のCT画像撮影と検査診断

頭部をX線撮影し、それをコンピューター処理して、
頭蓋骨の内部の様子を、5mm~10mm間隔の、輪切りにした画像を映し出す検査です。

造影剤を使用する「単純撮影」と、造影剤をしない「造影撮影」があり、
造影剤を血管内に投与することで、脳の腫瘍や梗塞部位の周辺には、不規則な円状の、
増強効果が認められるようになります。

従来のCT装置は、ガントリー内へベッドを少しずつスライドさせてはいったん止め、
X線照射をしていました。

最近は、X線管球自体を螺旋状に回転させる、『ヘリカルCT』という装置も用いられ、
ベッドを止めず、一定時間で速やかに、スライドさせれば、撮影できるので、
検査時間は従来に比べて、大幅に短縮、患者の負担も軽減されているのです。

従来CTの輪切りでは、スライス間に情報が抜けることがありますが、
ヘリカルCTでは連続した情報で確認できます。

任意部分の断面画像を得たり、高精度三次元画像まで得られるようになりました。

 
★☆ 脳出血に活躍する、頭部CT検査とはどのような検査か?

脳出血の場合は、単純撮影と造影撮影の両方を行なうのが一般的です。

検査着に着替え、検査台に仰向けに寝ますと、身体をガントリーと呼ばれる、
丸いドーム状の中へスライド移動し、頭部にX線が照射されます。

最初に単純撮影を行ない、その後、造影剤を2分くらいかけて点滴静注し、
造影撮影を行ないます、検査にかかる時間は、5分~20分程度です。

最新のヘリカルCTで、有ればたった20秒程度終了してしまいます。

 
★☆ 脳出血に活躍する、頭部CT検査で、何が解るか?

脳の先天性病気の診断・外傷による脳内の血腫の大きさ場所・脳腫瘍の大きさ場所・
種類・良性か悪性か・脳血管障害の場所や障害範囲が、頭部CT検査で解ります。

くも膜下出血の原因となる「動脈瘤」も、発見することもできますが、
「動脈瘤」の発見を目的とするならば、頭部MRI検査を受けるのが一般的です。

脳に出血があると画面に白い影が映るので範囲がわかり、出血部位も推定できます。
脳梗塞の場合には、梗塞や周りのむくみの部分は黒っぽく映し出されます。

くも膜下出血では、広がった血液が白い像として映り、出血の原因となった
動脈瘤の場所も推定できます。

また、脳腫瘍は白っぽい像が映りますが、造影撮影すると、その影が増強されます。

 
★☆ 診断の結果、異常があったらどうするか?

頭部CT検査で、異常が発見された場合には、

必要に応じ、さらに頭部MRI検査・頭部血管造影検査・眼底検査などを受け、
治療方針に従って、治療や処置を受けることが大切です。

異常が発見された場合に、疑われる病気としては、

脳梗塞・脳出血・脳腫瘍・脳動脈瘤・外傷による脳挫傷や血腫・水頭症など
が疑われるので、医師の指示に従い、早急な治療を行うことが重要です。

脳出血

脳出血なった場合に、その治療には外科手術によるものと、
薬物投与(止血薬、降圧剤、抗脳浮腫薬)によるものがあります。

ここでは、脳出血治療の薬物投与ついて、詳しく見てみましょう。

 
★☆ 脳出血治療の原則、自然治癒に任せること、薬や手術ではない。

脳出血の治療は、緊急な手術を除けば、いたってシンプルです。

脳内の血管の、破れを治す方法は、外科手術の他に無いため、
後は、自然治癒に任せることになります。

当然、治りやすくすることはもちろん必要でありますので、これ以上に、
血管からの出血を防ぐために、血圧を下げたり、止血剤を投与したりして、
後は、安静にして、自然と治癒するのを待つしかありません。

脳内に広まった血液は、手術で取り出す方法しかないので、死に至る様な、
緊急事態では無い限り、自然と、流し出されるのを、待つことになります。

治療としては、これでいいのですが、実際には脳出血自体が治った後の
後遺症への対処と、そのリハビリと併発症の、治療が本番と言えます。

この病気の原因は、主として高血圧といわれております。
継続的な、高血圧は血管に負荷を与えるため、脆く破れ易い状態です。

ある時、血圧が上昇した際に血管が切れてしまい、脳出血と言う、
病気を引き起こしてしまうのです。

高血圧患者には、降圧薬と言う薬を、脳出血発病後に投与することで、
脳出血の原因である、高血圧そのものを、治療することができるので、

病気の再発・治療を行うとても効果的な方法で、体への負担が少なく、
高齢者に対しても行うことができる治療法です。

 

★☆ 脳出血は、基本的には薬物療法で悪化を防ぎます。

脳出血の悪化・再発防止には、基本的に薬物療法で治療しますが、
その薬は用途別に止血薬、降圧剤、抗脳浮腫薬の3種類があります。

■止血薬
脳出血が発症した直後は、とりあえず脳内出血を止めることが最優先です。脳は頭蓋骨に囲まれていて、
外部からは、直接止血ができませんから、止血薬を使います。

■降下剤
血圧が高いと、脳出血の再発が、起きやすいために、使用します。
止血薬と血圧降下剤を同時に使用します、止血したといっても高血圧が、
続くと、また同じところが破れて脳出血する可能性が高くなります。

■抗脳浮腫薬
これは、脳の浮腫を取るための薬です。

これらの混合薬を、点滴や注射などで迅速に投与することが基本であり、
あとは安静にして経過を見るというのが脳出血の治療です。

当然、事前にCTなどで、脳内映像を撮って、血の塊の有無と状態を、
診断し、総合的な今後の治療の方向を、定めるわけです。

血の塊が、一定以上に大きかったり、患者の意識が戻らずに肉体的にも、
危険な場合は、緊急で外科手術を行ってそれを排除することもあります。

ただし、脳の手術は大変危険ですから、基本的には本人の承諾が必要で、
本人が、意識不明の場合が多いので家族の承諾になります。

薬の投与は、治療中はずっと続けらるのが基本ですが、患者の容態により、
降圧薬を除けば、短期間の投与となります。

脳出血

身体が未完成な新生児(赤ちゃん)は、脳出血のリスクが高いそうです。
ここでは、新生児の脳出血について、色々な面から説明をしています。

 
★☆ 脳出血の前に、新生児の定義など、のついて知りましょう。

皆さんは、小さい子供のことを赤ちゃんと、呼んでいることと思います。

「赤ちゃん」等の呼び方について、どの様な定義があるのでしょうかを、
調べましたので、以下に紹介します。

赤ちゃん →赤ちゃんとは、産まれたばかりの子供のことで、
赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言います。

【 参考① 】「赤ちゃん」の語源
新生児は、多血症気味で、皮膚色は、薄らと赤く見えるます。
これは、分娩の際、陣痛の圧力で、胎盤内の血液が、新生児の体内へ、
絞り出されるためなのです。

【 参考② 】どの「赤ちゃん」も、愛らしい外見なの
生きるためには、他から援助を必要とする、弱い存在であために、
この援助を、受け易いようにに、有利な形質なのでは、との解釈です。

自然と笑顔のような表情を、つくることを新生児微笑と言います。

【母子保健法】では、出生からの経過期間によって、以下に区分します。
乳 児:1歳に満たない子供を指す。
新生児:出生後28日(4週間)未満の乳児を指す。
早期新生児:出生後7日未満の乳児を指すこともある。
嬰 児:また、生まれて間もない乳児を指すことも有る。

 
★☆ 新生児の脳出血は、脳が発達過程なので、多くの問題があります。

脳出血を起こす、新生児はよくおりますが、主に、早産の未熟児です。

理由は、母親の胎内で、十分に発育せず、身体の内部が完成しないうちに、
生まれ出てしまったために、出生後、ストレスや重力等々の影響を受けて、
身体の未完成な部分が、壊れてしまうためです。

未熟児とは言っても、人間の子どもとしては、ほぼ完成しているので、
すべてが、脳出血を起こすわけではなく、何らかの強いストレスとか、
単に、運が悪かったとしか、言えない理由です。

成人の脳出血の場合、すでに、脳ががっちりと組み上がっているので、
影響を受けても、血の塊などで強引に破壊されるケースが多いのですが、

身体が未完成である、新生児は、脳内出血などを起こすと、その影響は、
後々尾を引くことになります。

新生児の脳は、まだまだ未発達です。そこに血が流れ込みますと、
脳の、正常な発達を阻害する、可能性が高くなります。

 
★☆ 新生児の、脳出血の治療についても、多くの問題があります。

新生児には、薬物療法や外科手術は、致命的なことになりかねません、
治療には、より慎重な取り組みが、必要となります。

脳出血で、脳の発達が阻害されると、阻害された状態のままで、
機能を整えてしまうこともあります。

この場合は、一見正常にみえますが、成長するに従い、脳内の血の塊は、
問題を起こすこともあるようです。

幼い内に手術して、血の塊を取り出そうとしても、未発達な脳への、
致命的な影響は、覚悟しなければならないことから、ある程度成長して、
手術ということで、経緯を見守ることが、多いとされています。

当然、その血の塊が問題を起こしそうな時は、すぐに手術になります。

新生児は、脳出血がなくても色々な問題が起こりやすいので、
何か発生した場合に、それが脳出血の後遺症なのかそうでないのか、
判断するのは、専門医でも、非常に難しい場合があります。

正常に育ち、特に麻痺や障害が見あたらないとしても、油断は大敵です。
発達途中の脳なので、しばらくすると影響が出てくる可能性もあります。

従って、脳出血を起こした新生児については、定期的に精密検査を怠らず、
何事もないからといって、油断はせずに、注意して見守ることです。

新生児の間に脳出血を起こし、以来特に何事もなく成人してから頭痛や身体の不調に見舞われる場合がありますが、これは長年おとなしくしていた脳内の血の塊が問題を起こしているケースがあります。その場合は、できるだけ早く手術が必要です。

脳出血

初めに、病態とは何か、症状との違いについてですが、
病態 → 患者の個々人の、病気の様子(原因や発生機序)であり。
症状 → 患者個々人の病的な状態。現象を言っております。

ここでは、脳出血の病態について、いろいろ考えてみましょう。

 

 

★☆ 脳出血とは、何かを考える。

脳内に、血腫を形成したものを、脳出血(脳内出血)といいます。

従来、脳出血は、脳血管障害の死亡原因で最も多いものであったが、
近年の高血圧管理の普及により、脳出血が占める割合は減少している。

見過ごされてきた、小出血の診断が、画像診断の発達にで、容易になった。

然し、脳出血の発症時には、小出血であっても急速な血腫拡大を生じ、
致死的経過を招くことは、現在でも良くあることで、疾患としての、
重要性は、少しも低下しておりません。

高血圧性脳出血は、脳出血のなかで最も多く見られ、高血圧による
脳内細小動脈の血管壊死・類線維素変性とそれに続く動脈分岐部の
小動脈瘤の破綻によって生じるものです。

脳出血は、出血部位によって
被殻出血・視床出血・皮質下出血・小脳出血などに分類されております。
如何にその治療内容を、詳しく記しております。

■被殻出血
主体は、被殻出血は定位的血腫吸引術であり、開頭手術は脳ヘルニアが、
進行して、休憩処置が必要な症例について行われる。

■視床出血
侵襲が大きいので、直達手術の適応はなく、血腫が脳室に穿破し、
急性水頭症を、呈した際には、脳室ドレナージの適応がある。

■小脳出血
直達手術の適応となることが最も多い。血腫が直径3cm以上で
脳幹圧迫症状がみられたものには、積極的手術が必要になる。
■皮質下出血
開頭手術や定位的血腫除去術が、行われることがありますが、
血管腫や動静脈奇形により、血腫が生じた可能性が、
他の部位より高い場合は、出血源に対する処置が必要となる。

 
★☆ 脳出血の病態、とは何かを考える。

脳出血の病態としては、
脳出血の8割を、直接・間接的に、高血圧が原因を占める特徴があります。

高血圧以外の原因で、脳出血を生じた場合は、
動静脈奇形・脳腫瘍からの出血・動脈瘤破裂・もやもや病などになります。

高血圧症で、脳出血を発症し易い理由は、脳内血管が、他の動脈に比べ、
壁の厚さ・中膜筋細胞の比較的少量・外弾性板がないこと・
外膜結合組織に乏しいこと 等の特徴が、有るためです。

このことに因り、脳内血管は、他の部位の血管よりも早く、高血圧による、
破損や壊死が発生する可能性が高いとされています。

脳出血の病態は、このようにほぼ特定されていると言っても良いのですが、
この病気は、突発的に発生するため、緊急対処が、最も重要となります。

然し、脳内で発生した破損は、素人や通常の病院では対処できないため、
専門病院か、必要な設備がある総合病院に、できるだけ早く搬送して
治療を行う必要があります。

脳出血の、病態としては、
外見からは、「てんかん」等の、原因による、「意識障害」と違いはなく、
これは脳出血だと、判断をくださためには、相当の医学的知識が必要です。

従って、高血圧の人や、脳出血の既往症がある人は、
日頃から、自分は、脳出血を引き起こし易い、身体であることを意識して、

健康診断は定期的に受診し、高血圧症状を常に把握しておくべきです。

脳出血

通常、めまい・頭痛 等の症状が出るのが、脳出血なのですが、
症状が出ても、気付かないままに治ってしまう、陳旧性脳出血もあります。

ここでは、陳旧性脳出血の症状と、その特徴について、説明ています。

 
★☆ 陳旧性脳出血とは、詳しくはどの様なものですか

陳旧性脳出血とは、あまり聞き慣れない病名ですが、
脳出血発病後から、ある程度の時間が経ってしまった状態の病気です。

「陳旧性」とは医学用語で、急性・亜急性と同様に、時間経過を表します。
時間経過は、大体一ヶ月程度を指します、陳旧性脳出血は、症状が出ても、
気付かないまま治ってしまった脳出血といえます。

別の言い方をすると、
陳旧性脳出血は、急性脳出血が発症しても、自覚症状がなかったために
気づかず、そのまま放置されて治った跡や、単純に脳出血が回復した
状態をそういうわけです。

治療してあってもそうでなくてもこの呼び名になります。

そもそもそれを見つけようと探していて見つかるものではなく、
既に治った跡であり、それ自体はもう何の影響もないのです。

しかし、陳旧性脳出血と言えど、やはり脳出血です。

過去に、脳出血を、気付かずにいたことに対しては、警戒するべきです。
このままの生活を続けることは、次に大病を発病する可能性もあるのです。

CTで画像検査しても、新しい脳出血か、陳旧性脳出血かは、
判断できないことが多く、治療に影響を与えることもあります。

患者の病歴が予め判って入れば、判断ミスの可能性は少なくなります。

問題は、脳出血自体は、もう治っているのに、その結果だけが残り、
脳出血の症状を、発症する場合です。

脳出血では無い訳ですから、CTで検査しても確認できない訳です。

昔、治癒したはずの脳出血によって、言語障害・意識障害・失語症・麻痺・
健忘症、神経症状などが、出た場合は、陳旧性脳出血を疑うべきであり、
その状況は、脳出血とは違っております。

通常の脳出血とは違い、血の固まりが無いので、その痕跡は存在せず、
脳出血ではないと診断して、治療が遅れる可能性もあります。

もし以前に脳出血を経験している場合は、必ず医師に確認すべきです。

 
★☆ 陳旧性脳出血の発見と注意点

前述したものと、多少重複しますが、
陳旧性脳出血は、脳のCT画像を撮った際に発見されることが多いです、
画像には出血の痕跡として残りますが、大きな症状発症は少ないでしょう。

しかし、そこには学ぶべき、大きい事があるのです。

脳出血は高血圧を原因として発病することが分かっています。
血圧が高いということは、血管に負担がかかっていて、脆く破れやすくて、

陳旧性脳出血のような、軽症で済む場合もありますが、
もしかしたら、とんでもない重症となっていたのかもしれません。

このような痕跡が、発見された場合は、一度生活を振返ることが大事です、
陳旧性脳出血という病気を発病していたということは、

通常の脳出血を引き起こす可能性が、少なからずあったのです、
十分に再発する可能性が今もってある事を認識してほしいのです。

脳出血の原因の、高血圧は悪いとされる、生活習慣によって発病します。
塩分は血圧を上下に左右されし、運動不足もまた血圧を上げる原因です。

これを、きっかけとして、生活習慣の改善をして見てはどうでしょうか。

社会人になると、仕事に追われて、食事に気を払うことは少なくなる、
かもしれませんし、運動なんて時間が・・・と思うかもしれません。

これらの日々の積み重ねによって病気が作られてしまうのです。
病気の予防のために、生活習慣改善は必須といえませんか。

脳出血