脳出血の記事一覧

137379302_119a7a15f3_m

脳出血とは、高血圧で、脳内血管が破れて出血するという病気ですが、
右脳と左脳の機能から、それぞれの後遺症の特徴についてご紹介します。

 
★☆ 大脳は、左脳・右脳の、2つの半球に分かれております。

左右の半球は、主に身体の反対側の、運動・感覚の機能をを司ります。

例えば、
脳出血が、右脳の場合は、左側に運動麻痺や感覚障害が出現します。
脳出血が左脳の場合は、右側に運動麻痺や感覚障害が出現します。

右脳でも、左脳でも、後遺症は同じで、右脳だからとか、左脳だからとか、
と言うような、そういう違いが出ることは、ことは一切ありません。

137379302_119a7a15f3_m
★☆ 優位半球と劣位半球と、言うものがあります

言語的・論理的思考を司る側を優位半球、その対側を劣位半球と呼びます。
大脳半球の働きには、左脳と右脳に、違いがあるのです。

基本的に言えば、左半球が優位半球(右利きが多い)であることが多いです。

それぞれの半球の特徴は以下の通りです。

優位半球(左半球)・・・ 言語的思考・計算
劣位半球(右半球)・・・ 空間的能力・音楽的能力

右利きの人と、左利きの人の、脳出血の後遺症は、ここに違いが出るのです。

★☆ 左脳と右脳の後遺症の違いとは?

それぞれの半球が、障害されて出現する、代表的な後遺症は以下の通りです。

優位半球(左脳):失語症

■失語症とは、以下の状態をいっております。

・聴く・読む・話す・書く 等の、言語機能が失われた状態。
・言葉の入力・出力が、できない状態。
・言われたことが、理解できない状態。
・言いたいことが、伝えられない状態。
・高次脳機能障害の中で、認知症に次いで、多く見られる後遺症です。

脳出血の後遺症で、失語症になると、
コミュニケーション能力が低下し、社会復帰が困難になるケースが多いです。

劣位半球(右脳):半側空間無視

■半側空間無視とは、以下の状態を言っております。

・すべての視野が、目に入っているにも関わらず、
意識して注意を向けない限りは、左側の物体に気が、つかない。
・食事の際に、お皿の左半分を残したり、
歩いている時に、左側の物体にぶつかったりする。
・基本的に左側を無視してしまう状態になります。

右脳(劣位半球)を障害した、患者の約4割に出現する、不思議な後遺症です。
見えているはずなのに、視覚障害がないのに、「気づかない」どうして?
って思います、不思議な後遺症です。

半側空間無視があると、車の運転は極めて困難となります、

意識して、左側に注意を向けなければ、左の障害物にぶつかったり、
歩行者をはねたりする、可能性の非常に高い、危険極まりない運転になります。

どうしても、運転したい場合は、適性検査を合格する必要があります。

脳出血

脳出血の後遺症と、水頭症の症状は、とても良く似ているそうですが、
外見ではわからないため、医師による、適切な検査・処置が必要でです。

ここでは、脳溢血と水頭症とのの関係について、詳しく説明しております。

 
★☆ 脳出血を起こしてしまうと、水頭症なるリスクが生じます。

脳の中では、脳脊髄液と呼ばれる液体が、常に循環を繰り返しています。

この脳脊髄液は、脳の保護・細胞に栄養を届る・老廃物を回収する、と言う
大きな役割を持ち、常に脳内を循環し、最後に吸収されて役目を終了します。

然しがら、脳が、脳出血などの病気を、発症してしまいますと、
脳脊髄液の、循環・吸収お機能が、崩れてしまうことがあるのです。

そうなると、脳脊髄液は、脳を圧迫し始めて、様々な症状を引き起こします、
これが水頭症と言う病気なのです。

 
★☆ 水頭症ってなに? 水頭症の診断方法

水頭症とは、読んで字の如く、頭の中が水浸しになる病気ですが、正確には、
「脳脊髄液が脳内に充満してしまう病気」のことです。

実際には、脳脊髄液の、産生(脳の脳室で生産)・循環・吸収などの異常から、
脳室が正常以上に大きくなった状態を、指しております。

本来は、1日に数回、脳脊髄液の循環が起きていて、
常に、脳を健康に保ってくれているのが、脳脊髄液なのです。

脳脊髄液が、正常以上に産生され、その吸収が追いつかないとき、
あるいは、何らかの原因で、脳脊髄液の循環路が、閉塞することによって、
脳内に、過剰に脳脊髄液が貯留して、水頭症となるのです。

子供や乳児には、先天的にこの部分に異常がある場合もあります。
髄液の産生量が、そもそも多かったりすることがあり、循環し終えた
脳脊髄液の、吸収に問題があって、水頭症を発病することがあります。

「この脳室は正常以上に大きい」「この人は水頭症だ」と言うことを、
医者はどのようにして、診断するのでしょうか。

現在では、CTなどの画像で、診断することが、一般的になっていまして
脳室の幅と、脳の横径の比率を、はかって水頭症と診断します。

脳脊髄液の循環・吸収障害により、脳室周辺部が、画像上で黒く見えることも、
水頭症を疑わせる、所見となります。

脳脊髄液が脳に過剰に貯留すると、脳の圧が高くなります。
そのため、乳幼児期の、頭蓋骨がまだ固まりきらない場合に、水頭症になると、
頭囲が拡大しだし、頭が大きくなってきます。

乳児検診のときには、必ず頭囲を測定し、母子手帳の、「頭囲成長曲線」に
数値を記載して置くことは、最も単純で有効な、水頭症の発見方法です。

脳出血によって、引き起こされる水頭症は、脳脊髄液の吸収に問題があって、
発病するもので、脳出血によって吸収する血管等に異常が発生すると、
は行き場を失うため、脳を圧迫し始めてしまうのです。

 

★☆  水頭症の症状と、、治療について説明します。

水頭症になると、その症状としては、
脳脊髄液の脳圧迫によって、障害ともいえる、様々な症状が現れ始めます。

具体的には以下のようなものがあります。

・意識障害
・記憶障害(物忘れ)
・歩くときに支えが必要(ふらつく)
・尿失禁
これは、脳出血後の後遺症として、よく見られる症状で、外見からは、
もちろん水頭症の判断はできません。

そのため、CT検査によって、脳内部の脳脊髄液量を、検査することで、
水頭症の発病が無いか、どうかを診断することがあります。

水頭症になった場合の治療としては、以下のような治療法があります。

   ■脳室ドレナージ
脳出血によって、脳室内に溜まってしまった、脳脊髄液をチューブによって、
外部に排出する治療法です。

脳室に、直接チューブを挿入するため、細菌・ウィルス感染のリスクがあり、
患者はチューブの届く範囲内でしか動けないという、デメリットがあります。

   ■シャント術
脳室にチューブを挿入し、その先を身体の内部の安全な場所に接続することで、
髄液を流し出す治療法です。

脳室ドレナージとは異なり、感染リスクの心配がありません。
同時に、排出量や圧力調整が出来ることも、大きなメリットです。

脳出血

脳出血とは、高血圧で、脳内血管が破れて出血するという病気ですが、
場所が脳であるだけに、病気自体は完治しても後遺症があり厄介です。

ここでは、脳出血の好発部位とその症状について、詳しく見ていきます。

 
★☆ 脳出血の発症し易い部位とその症状どの部位でしょうか。

脳出血には、発症し易い部位、所謂、好発部位があり、それぞれの症状は、
どんなものなのかについて、説明しています。があります

ます、好発部位とは、ある症状や病変が、良く発生しやすい臓器や組織のこと、
当然、脳出血にも、好発部位があります。

脳出血の場合は、いわゆる、出血しやすい部位を指しています。

高血圧脳出血の、好発部位とその割合は以下の通りです。

被 殻 出 血    40% から 50%
視 床 出 血    30%
大脳皮質下出血        10% から 15%
小 脳 出 血        10% から 15%
脳 幹 出 血     5% から 0%

なんと、被殻出血と視床出血が脳出血の7割を、占めることになっています。
脳出血の、好発部位別に、どんな症状かについては以下のとおりです。

被殻出血・・レンズ核線条体動脈外側枝から出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、半盲、失認・失行

視床出血・・後視床穿通動脈および視床膝状体動脈から出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、眼瞼下垂、視床痛

大脳皮質下出血・・大脳が障害されるため出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、半盲、失認・失行

小脳出血・・小脳が障害されるため出血する。
(症状)運動失調、回転性のめまい、嘔吐

脳幹出血・・脳幹が障害されるため出血する。
(症状)四肢麻痺、意識障害、呼吸障害(死亡率は高い)

 

 

★☆ 高血圧性脳出血に、なぜ、好発部位があるのでしょうか。

高血圧性脳出血は、被殻・視床・小脳・脳幹・大脳皮質に好発しますが、
出血の源は、脳の深部にある、穿通枝と呼ばれる、細い血管となっています。

また、脳出血の発症原因は、高血圧と動脈硬化であり、
脳内細動脈で、発生した動脈壊死と、それを基盤とする、小動脈瘤の破綻に、
よるものと考えられています。

その訳は、
小動脈瘤は、レンズ核綿条体動脈内・外側枝・視床への穿通動脈に、多発する
と言われているからなのです。

穿通動脈というものは、
脳血管撮影では、とても細くいので、出血血管を鮮明な確認はできません。
穿通動脈での症状としては、頭痛・片麻痺・意識障害などがあります。

脳出血

上肢および下肢の、左右どちらかの側だけが麻痺した状態が片麻痺です。
大麻痺は、脳皮質から頸髄までの障害によって生じてくるもので、
脳出血などで損傷した脳の、反対側に麻痺が起こる様になります。

ここでは、脳出血と片麻痺の関係について、少し詳しく見てみましょう。

 
★☆ 脳出血では、何故、身体の片方だけ麻痺し、両方は麻痺しないの?

大変不思議に思うことでもあります、以下にそのメカニズムを紹介します。

人間の脳は、左脳・右脳に2つに分かれています事は、ご存知と思います。

脳の機能は、様々な指令を、神経を通して、身体の各器官に、信号発信を行い、
それを確りと伝えることにあります。

体を動かそうとする運動神経と、熱い冷たい等をと感じる感覚神経が解り易い、
代表的な例と思います。

脳の血管が出血し、ダメージを受けると、その部分の運動を担当する、
脳細胞が死んでしまいます。

そうなってしまうと、脳からの指令を、上手く伝えることができなくなり、
それが、麻痺と言う「動かない」として表れてきます。

脳から指令を伝える、神経の構造は特徴的で、首の辺りで交差しているのです。
そのため、左脳がダメージを受けたとしたら、右に麻痺の症状は出るのです。

右脳がダメージを受けたとすれば、当然左に麻痺症状が出てきます。
これが、片麻痺となるメカニズムなのです。

また、脳は左右に分かれているために、どちらかがダメージを受けますが、
左右両方が、ダメージを受ける事は、本当に稀にしかありません。

と言うことで、脳卒中は、基本的に片麻痺となってしまうのです。

参考までに、こんな例もあるのです。
脳梗塞を左脳に発症して、右の片麻痺になってしまった後に、
今度は右脳が脳梗塞となり、左の片麻痺になっり、両麻痺となってしまった。
本当に稀な出来事で、特殊な例では有りますが、これも事実です。

身体、特に脳は、まだまだ未知の部分が多い場所で、不思議なことが多いです。

 

 

★☆ 脳出血と、それによる片麻痺との、上手な付き合い方。

脳出血は前述したとおり、普通の生活を送ることを、困難にさせてしまい、
周り人や家族への負担は、大変大きなものに、なることがあります。

片麻痺となれば、家族のサポートが、必須であり、とても重要となる事ですが、
逆に言えば、家族のサポートなしでは、患者は生きて行けないということです。

なりたくて、なった脳出血では、無いでしょうけれど、
身体を、動かなくなってしまい、日常生活全てが負担になってしまいます、
これを事実として受け止めることからリハビリが始まります。

患者本人の、リハビリの努力と忍耐は、毎日で、辛いかもしれませんが、
患者は、家族への感謝、 一方、家族は、患者への理解と労わりをもって、

双方が根気強く、回復に向かって希望を捨てない様にしてください。

 

★☆ 脳出血の片麻痺等には、積極的なリハビリが大切です。

脳の活性化のために、こんなトライをする、スポーツ選手が多いです。
利き側とは、逆の手足を、積極的に使うことです。

右利きの人でいえば、左手でご飯を食べるようにすることです、
最初のうちは、難しでしょうが、根気強く訓練を続けることで、
次第に慣れてきて、箸を、不自由なく使えるようになるのです。

こちらはハードルが高いですが、字を書くことにも挑戦します、
聞き手と同じとは言えませんが、書ける様にになってくるのです。

肝心の脳活性化については、疑問ですが、訓練次第では出来ることの証明です。

脳出血の、典型的な後遺症に片麻痺があります、半身の麻痺症状です。
そうなると当然、日常生活が不自由になってきますので、麻痺回復のために、

スポーツ選手の、訓練同様に、積極的なリハビリの実施は、大切なのです。
本当に、少しずつではありますが、成果は形として現れてきます。

脳出血

脳出血で、2番目に多い言われる、視床の脳出血は、脳出血全体の約3割位の
占有率であるのです。

ここでは、視床に起こる、脳出血について、色々調べましたので、説明します。

 
★☆ あまり聞きなれない、視床とは何のことでしょうか。

視床とは、大脳の中心部にあって、間脳に属する、大きい灰白質の塊りです。

背側は大脳半球で、腹側は視床下部に覆われている臓器であって、
元々は、視覚に関係が深いとして、視床の名を付けられた、経緯があります。

知覚系統の一大中心であり、脊髄・延髄・橋(きょう)等から上ってくる、
知覚神経繊維は、全て視床内の核で終わり、大脳皮質への中継部となってます。

 
★☆ 脳出血が、視床で発生した場合、身体への影響は?。

脳出血にも色々ありますが、視床の脳出血は、
大脳半球に囲まれた位置にあり、間脳の一部とされる、視床での出血です。
序文でも述べているように、脳出血の中では2番目に多く、3割の占有率です。

場所をしめすと、、
この部位は、脳に囲まれた奥底に位置し、メス等が届きにくい部位にあり、
血の塊を摘出する手術では、もっとも難しい場所が、視床とされています。

視床の担う機能は、身体中から送られてくる、視覚・聴覚・体性感覚等の、
感覚刺激を、大脳新皮質に中継・伝達する重要なもので有りのです。

視床が脳出血になってしまうと、全身の感覚の伝達が、うまく機能しなくなり、
脳と身体の双方が混乱することになるのです。

 
★☆ 視床出血の症状とは、どんな様子になりますか?

視床出血の一般的な症状としては、痺れ・片麻痺・感覚障害等が、発症します。

その理由としては、神経系を通じて伝達される感覚刺激が、途中で妨害されて、
変質させられているためであります。

このように、機能が破壊されると、全くの無感覚になることもあるのです。
視床出血の後に、視床痛と呼ばれる激しい痛みが、半身に発生しても来ます。

脳出血が、視床部分だけで、留まる場合の症状は、あちこちに痺れを感じます。
基底核部の内包に、出血が到達した場合は、麻痺が発生します。

視床脳出血は死亡率が高く、もし、死亡するのを免れたとしても、
上記の症状の、痺れや麻痺の他に、痛みや意識障害等の後遺症が、残ります。

先にも述べましたが、視床は脳の下部に存在するため、外科手術はやり難く、
一度発症したら、「薬物治療」などで、対処するしかないこともあり、

そうした意味では、大変危険で、厄介な病気でもあるのです。

脳出血

OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V

私は、全く知らなかったのですが、虫歯菌が脳出血を誘発していることを、
皆さんは、ご存知でしたか?

ここでは、虫歯菌が、脳出血とどの様に関係するかを、調べてみました。

 
★☆ 虫歯菌が脳出血を誘発する・・・・・虫歯と脳出血の関係について

高血圧が、脳出血の主な原因であることは、良く知られておりますが、
虫歯菌も、脳出血のリスクを、上げることがあるのだそうです。

脳出血と虫歯菌??・・・一見、全く関係なさそうに、見えますが、
なんと、両者には深い関係が、あるの出そうです。

前から、歯周病菌は、心臓病などに影響を及ぼすことは知られて居りました、
そのことを調査していた、ところ、脳出血の発生にも、相関があるのを、
確認されたのです。

虫歯発生のメカニズムには、ミュータンス菌が、多いに関係しておるのです。

ミュータンス菌は、食物によって摂取された、「糖」を大変好む菌です、
ミュータンス菌によって、「糖」が分解されると、毒素を吐きだし、
歯を侵食して、虫歯を作ってしまうらしいのです。

ミュータンス菌には、様々な種類のがあるそうですが、脳出血に関係するのが、
「コラーゲン結合タンパク質」と呼ばれるものを持っている菌です。

この菌の保有者は、人間の8%といわれておりまして、
この菌は、血管に損傷があると、そこに、タンパク質を作る性質があるので、
その損傷箇所を、治りにくくしてしまうのが、この菌の怖い所なのです。

その結果、血管はしだいに脆くなり、脳出血のリスクを高めてしまうのです、
虫歯を放置している人は、脳出血には注意が必要でしょう。

脳出血患者の約3割が、この菌の保菌者だったとの、調査結果がでてます。
この様な、リスクは出来る限り、排除しておいた方がいいでしょう。

とは言っても、この特定の菌のみを駆除する方法はまだ存在しないため、
基本的には、歯周病菌が出ないように、口内を清潔に保つ方法で、
対処すべきと思います。

『まさか虫歯で?』と思うかもしれません。、でも事実なのです。

OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V
★☆ 虫歯の治療が、脳出血の予防には、不可決です。

傷や怪我と違って、虫歯は、放って置いても、治ることは絶対ありません。
歯医者で治療なければ、完治することは無いでしょう。

治療と同時に、毎日の正しい歯磨きをがなければ、ミュータンス菌の好む、
「糖」の分解が進み、どんどんと虫歯菌は、増殖して行きます。

虫歯の予防の第一としては、ご飯は良く噛むことです。

良く噛むことにより、唾液が大量に分泌されます、唾液には、口内の虫歯菌を、
殺菌したり、繁殖を防ぐ、効果があるのです。

噛む回数が少ない(噛むより、呑み込む)人は、虫歯予備軍ともいえます。

虫歯菌予防の第二としては、正しい歯磨きをすることです。

朝起きたときに、口がネバネバしているとすれば、前夜の歯磨き不足です。
ミュータンス菌が繁殖し、毒素を作り出している証拠でもあります。

虫歯予防の第三としては、やはり歯医者に行き、確り治療することです。
欧米に比べ、歯への医療費が極端にが少ないとされる、日本人ですが、

定期的な歯のメンテナンスは、やはり虫歯菌予防には必要なことです。
歯石を除去するだけでも、虫歯のリスク、即ち脳出血のリスクを減らせます。

脳出血

temptation_pi-08063

脳出血患者の、症状の進行を見守るには、細かい観察と、気付きが大切です。

ここでは、脳出血患者の看護と観察にについて、調べてみることにしました。


★☆ 脳出血を観察する方法

脳出血の患者には、観察が大切とは言いっても、目に見える身体の皮膚と違い、
出血している様子を、肉眼で見ることは、絶対に不可能です。

脳出血という病気の、進行状況を観察する方法としては、外部からの観察と、
電子機器を使用して、脳の内部を撮影して、画像で観察する方法があります。

外部からの観察とは、
脳出血を起こした、患者の様子を、経過チェックする方法です。

診察する際に、表情・手足の動き・身体の震え・音声の乱れ・言葉内容・
ろれつは回っているか 等々の、異常が出る部分をチェックすることで、

脳出血の個々人の症状により、病気や後遺症の状態を確認するわけです。
意識不明状態のときは、様子を伺うことは、当然にできませんが、
その意識不明の症状こそ、重度の進行状況ということになります。

電子機器を用いて、機械的な検査で、観察する方法でとは、
脳内で起こっている状況は、X線や超音波を使用して画像で捉えることです。

最近の科学技術の進歩が早く、今では、撮影した映像をそのまま3次元の、
映像としてコンピュータ内に再現したり、リアルタイムで脳内の様子を
写すこともできるようになりました。

この方法で解る事は、血の塊がんの有無、大きさ・広がり 等々の状況で、
外科手術の、実施判断の大きな手かがりになり、有効に利用されています。

この観察を、継続して実施することにより、時系列的に、血の塊の様子を、
的確に捉えることができるわけです。

進行状況によっては、手術の是非の判断にも、重要な証拠になります。

temptation_pi-08063

★☆ 脳出血患者の看護と観察

脳出血患者に対しての、看護と観察の具体的なものは、以下通りです。

■看護の目標としては

・突然の入院・検査・治療・手術への、不安を解消し、治療協力に誘導できる。
・創部・付属物からの、感染予防ができ、清潔を保つことが出来る。
・廃用症候群を予防でき、リハビリテーションが早期に開始できる。
・頭蓋内圧亢進で、再出血予防ができ、生命の安全・維持を図る。
・身体的変化を受容して、目標に沿った、ADLの拡大が図れる。
・疼痛が、コントロールでき、安全・安楽な姿勢を保持する。

■観察の基準点としては

・ドレーンの管理と創感染の徴候、を観察する。
・運動障害の有無、部位と程度、を観察する。
・言語障害の有無と程度、を観察する。
・水分出納バランス、を観察する。
・意識レベルの推移、を観察する。
・頭蓋内圧亢進症、を観察する。
・バイタルサイン、を観察する。
・瞳孔の変化、を観察する。

以上が、看護師としての具体的な、看護と観察についてですが、
家族看護でも、多少のお役には立てる項目もあると思います。

脳出血

脳幹部の出血は、抜群に危険度の高い脳出血で高血圧が原因です。

ここでは、脳幹部脳出血について、詳しく調べてみることにしました。

 
★☆ 脳幹部脳出血は、脳出血でももっとも危険な病気です。
脳幹部脳出血とは、脳幹に発生する脳出血のことで、脳の中で、中脳・橋・
延髄・間脳を指して、脳幹と言っています
簡単に言えば、人間の生命活動を維持するのに必要な部分のことです。

脳幹が、担っている機能は、呼吸・体温保持・心臓の制御 等で、生物としての、
基本的な維持活動中枢、と言える重要な臓器のひとつであります。

という言葉が、報道などで良く聞かれますがが、「脳死状態」とは、
この脳幹全体、が機能しなくなった場合の状態であり、脳および身体全体の、
機能が停止してしまった状態と言えます。

脳幹に出血が発生した場合は、基本的な、身体の維持機能を、侵す訳ですので、
生命維持が、難しくなるような症状を発症することになります。

他の部位の脳出血では、頭痛・吐き気・意識混濁 等の、初期症状が出ますが、
脳幹部脳出血の場合は、最悪の場合、発症後数分で呼吸が止まり、死亡します。

たとえ、軽度の場合であっても、心臓の制御ができなくなり、鼓動が乱れたり、
体温が上下したりして、一つでも長時間続くと、命が危ない状況になるので、

脳出血の内でも、最も危険な病気、最も治療が難しく、回復が困難な病気、
と言えるの出はないでしょうか。

脳幹部脳出血が発生すると、運動機能や意識に関する障害は、発生しません、
然し、『生命維持装置』の装着なしでは、とても生きて行けない病状に
なることが多く、当然、それに伴った、身体衰弱お発症してくるのです。

 
★☆ 脳幹部脳出血の症状、脳幹部はどの様なものですか

脳出血と言うのは、脳内の様々な部分で、出血が起こりことですありますが、
前述したように、脳幹部脳出血は非常に危険な脳出血だといわれています。

当たり前の様に呼吸をしたり、心臓が動いたりしているのは、脳幹部の担う、
機能のおかげであり、脳幹部はいわば身体の「生命維持装置」なのです。

脳幹部脳出血を起こしてしまうと、生命維持が出来なくなってしまいます。
具体的に言うと、強い頭痛が起き、意識喪失となり、呼吸機能・心臓機能が、
停止することがあるのです。

また、症状は徐々に進行するのではなく、急速進行であることも特徴の一つと、
いえます、脳出血全体の5%の占有率でありますが、死亡率は非常に高いため、
特に注意が必要なのではないでしょうか。

脳幹部には、身体体生命維持に関わるあらゆる神経が束になって集まっており、
手術治療で手術をして、神経を傷つけると、最悪死亡することもあるため、
脳幹部脳出血は、非常に困難な治療になってしまうのです。

術後も、殆どが。半身麻痺 等々の、重い後遺症が残ることお様ですので、
設備の整った病院に入院して、継続治療する事が必須となる様です。

脳出血

頭痛

脳出血とは、読んで字の如く、脳内の血管が破れ、出血してしまうことですが、
出血量の、多い、少ないによって、病状にどのような変化が出るのでしょう。

ここでは、脳出血の出血量の影響について、詳しく調べてみることにしました。

 
★☆ 出血量と、脳出血の重症度は必ずしも、比例しません。

脳出血は、脳内の血管が破れ、出血してしまうことによる病気ですが、
その出血量よりも、血腫として固まるかどうかが、病気の重症度を決めます。

つまり、大量の出血であっても、その血液が固まらずに、洗い流されれば、
重大な事にはならないない場合もあるのです。

反対に、少ない出血量であったとしても、それが、大きな血腫になってくると、
外科手術で、その血腫を摘出しなければならない、場合もでてきます。

脳出血の出血量から診て、手術が必要かどうかの、判断については、
10mℓ未満の、出血量の場合は、手術の必要は無いとされています。

例えば、意識障害などを発症していても、薬物投与で、自然治癒に任せる方が、
安全で良い、つまり外科手術の方が、リスクが大きいと判断されるわけです。

手術が必要と判断されるのは、
被殻出血は、血腫量が、31mℓ以上の場合、
小脳出血は、血腫の最大径が、3cm以上で、さらに進行中の場合、
皮質下出血は、血腫量が、50mℓ以上の場合、
で有って、意識が傾眠から半昏睡であるなら、要手術となるようです。

当然、あくまでも、基本的な判断基準であって、それ以外の条件も考慮して、
最終的に、外科手術が必要かどうかを、医師が決定するのです。、

脳出血症状の、進行速度の違いは、出血量の違いによるものですが、
いきなり意識不明といった場合は、かなり危険な状態である、いえますので、
早急な治療が必要です。

この場合の、死亡率は高く、助かったとしても後遺症が残ることが多いです。

頭痛
★☆ 脳出血の出血量で変わる、症状の違い

脳出血が発症した時、その後の症状は、出血量によって、変わります。

出血量が多ければ、それだけ死亡や後遺症のリスクは高くなり、
出血量が少ない時は、特に大きな処置はせず、経過観察のこともあるのです。
一般的に、出血量が31mℓ未満の場合の脳出血は、重篤な症状が起こらず、
手術を施さないことが多いようです。
この量では、出血があっても、30分程度で自然に止血されるためです。

とは言っても、安心のできる、完全な止血には、数時間程度を要するために、
血圧を上げる行動は非常に危険となります。

然し、脳と言う臓器は、出血を起こすと、血液が足りないと判断し、自動的に、
血圧を上げ様とをするので、更なる出血と症状の悪化を招くことがあります。

そのため、診断後、血圧を下げる降圧剤を投与して、これを予防するのです。

 
★☆ 出血量が多くなる原因は、高血圧にあります。

脳出血を起こしてしまったとき、その出血量は、高血圧によって変わります。
高血圧の人ほど、血管が切れてしまったときの出血量は多いのです。

これはホースの水と一緒で、水の勢いがある時(高圧)と無いとき(低圧)では、
ホースの出口から出る水の量は違います、この原理なのです。。

主な原因が高血圧で、脳出血を起こすといわれておりますが、
発症した後も、また高血圧によって症状が悪化してしまうことがあるのです。

高血圧を改善することは、脳出血の予防と、発症後の症状悪化防止となります。

そのために、日頃のの血圧管理は、非常に大事なことでも有るのです。
血圧を上げると言われる、塩分の過摂取は、日本人に深刻問題とされています。

毎日の食事を気を配るのは、脳出血予防の第一歩でもあるのです。

脳出血

皆さんは、虫歯が脳出血と関係があることをご存知でしたか?
わたくしは、この記事を書くまでは、全く知りませんでした。

さっそく、虫歯と、脳出血の関係について、詳しく調べてみることにしました。

 
★☆ 虫歯と脳出血の関係・・・虫歯菌が脳出血を誘発する?

脳出血の原因は多くは、高血圧といわれています。
何と、身近な虫歯が、脳出血のリスクを上げることがあるだそうです。

虫歯と脳出血は、一見関係ないように思われますが、実は関係があるのです。

歯周病菌と言うのは、心臓病などに影響を及ぼすことは知られて居りました、
それを調査したところ、脳出血の発生との相関も、確認されたのです。

虫歯の出来るメカニズムには、ミュータンス菌が、大いに関係しております。
ミュータンス菌と言う菌は、食物によって摂取された、糖を大変好みます、

ミュータンス菌により、この糖が分解されると毒素を吐きだし、歯を侵食して、
虫歯を作ってしまうのです。

様々な種類のミュータンス菌がありますが、その中でも脳出血に関係するのが、
「コラーゲン結合タンパク質」と呼ばれるものを持っている菌です。

人類のこの菌の保有率は、8%といわれております。

この菌の怖い所は、血管に損傷があると、タンパク質を作る性質があることで、
その損傷箇所を、治りにくくしてしまうのです。

その結果として、血管はどんどん脆くなり、脳出血リスクを高めて行くのです。
虫歯を長く患っている人は、特に脳出血には、注意が必要でしょう。

調査したところ、脳出血患者の約3割が、この菌の保菌者だったとのことです。
結果論でありますが、リスクは出来る限り、排除しておいた方がいいでしょう。

とは言っても、この特定の菌のみを駆除する方法はまだ存在しないため、
基本的には、歯周病菌が出ないように、口内清潔に保つ、いう方法で
対処すべきと思います。

虫歯で?『まさか』思うかもしれません!、でも相関関係が存在するのです。

 

★☆ 脳出血を予防のためには、虫歯の治療を薦めます。

虫歯というのは、傷や怪我と違い、放って置き、治ることは絶対ありません。
歯医者に行かなければ、完治することはは難しいでしょう。

同時に、毎日の正しい歯磨きをがなければ、ミュータンス菌の好む、糖の、
分解が進み、どんどんと虫歯は、増えて行きます。

虫歯予防の第一は、ご飯を良く噛むことです。
良く噛むことにより、同時に唾液が大量に分泌され、唾液には、口内の菌を、

殺菌したり、繁殖を防ぐ、効果があります。
噛む回数が少ない(噛むより、呑み込む)人は、虫歯予備軍ともいえます。

虫歯予防の第二は、正しい歯磨きをすることです。
朝起きたときに、口がネバネバしているとすれば、前夜の歯磨き不足です。
ミュータンス菌が繁殖し、毒素を作り出している証拠でもあります。

虫歯予防の最後は、やはり歯医者に行くことです。
欧米に比べ、歯への医療費が極端にが少ないとされる、日本人ですが、

定期的な歯のメンテナンスは、やはり虫歯予防には必要なことです。
歯石を除去するだけでも、虫歯のリスク、即ち脳出血のリスクを減らせます。

脳出血