脳溢血の記事一覧

「脳溢血」の治療には、「薬物治療」と「外科的手術」があります。

なかでも、「外科的手術」は、
繊細な臓器である、脳の手術のため、慎重で確実な治療が要求されます。

ここでは、「脳溢血」の「外科的手術」について、詳しく説明しています。

 
■□ 脳溢血の外科的手術治療とは、どんな手術ですか。

繊細な臓器である、脳に、「脳溢血」症状が出た場合は、早急な治療が必要です。

最悪な場合、命を落とすことさえもある、この病気を治療するためには、
直接、手術で原因となっている箇所を、治す以外は、ありません、

脳溢血の外科的手術とは、どのようなものなのでしょうか?

脳溢血の患者には、脳内に血腫と呼ばれる、血の滞留している部分が見られます。
血腫の大きさや、患者の年齢、病気期間 等々、総合的に判断して
外科的手術を、行うかどうかの決定をします。

また血腫が破裂し、非常に危険な状態に陥っているような場合は、
救命処置として緊急手術を行うことがあります。

脳溢血の手術法としては、頭蓋骨を切り取り治療する「開頭術」と、
頭に小さい穴を開け、そこからチューブ状の医療器具を挿入して、
直接血腫を吸引する方法「吸引術」があります。。

どちらも一長一短があり、患者に合わせた、適切な治療が必要です。

具体的には以下のような手術法があります。

・・・脳室ドレナージ
脳室とは脳内部にある穴のことで、髄液と呼ばれる液体で満たされています。
「脳溢血」になると、血液がこの脳室で溜まってしまうことがあります。
この脳室にチューブを挿入し、中に溜まった血液を体外へ排出する手術を
「脳室ドレナージ」と呼んでおります。とは、です。

・・・開頭血腫除去術
「脳溢血」を引き起こし、重篤な症状が出ており、今すぐ手術をしなければ、
死亡してしまう、ような緊急性ある場合に、行う手術が「開頭血腫除手術」です。
出血箇所を確認後、頭蓋骨を切り取り、直接、出血箇所の止血や血液吸引
などを行います。

・・・CT定位的血腫除去術
CT装置をもちいて、体内の状態を撮影します。
この術式は、CTにより脳内の血腫場所を確定したのち、
頭蓋骨に小さい穴を開け、そこにチューブを通して血液を除去します。

 

 

■□ 「脳溢血」の、外科的手術のリスクとは何。

「脳溢血」の「外科的手術のリスクとして、注意しなければならないことは、

脳という、とてもデリケートな、臓器が手術対象であることから、
たとえ手術が成功したとしても、その後の経過には、特段の配慮が必要です。

特に、病気が発症してしまい、血管が破裂してしまった様な場合、
確率的に、普段の生活に戻れるのは、2割とも言われ、とても厳しい状況です。

出血箇所は血管が非常にもろくなっているために、手術後の再出血には、
特に注意しなければなりません。

また脳浮腫と呼ばれる、脳溢血によって脳内に水が溜まってしまう病気を
発症することもあります。

水が脳内を圧迫するため、
重篤な後遺症が残ることがあるため、非常に注意が必要です。

また脳室ドレナージを行った場合は、
脳にチューブを繋いだまま、手術を行うため細菌感染のリスクもあります。

このように「脳溢血」の外科的手術リスクは、非常に高いものとなります。

 
■□ 脳溢血にならないためにも、予防が大切

残念ながら、「脳溢血」は発症する前には、ほとんど自覚症状がないことが、
特徴です。そのため病気を予防することが重要なポイントとなってきます。

そして、この病気は高血圧が原因として考えられているため、
これをしっかりとコントロールすることがとても大事なのです。

健康診断で高血圧を指摘された。
肥満のかた、しょっぱいもの好きな方、とは普通の人と比べて、
脳溢血のリスクが高いかもしれ無いという自覚が必要です。

そのような方は、
脳溢血予防のために、まず生活習慣から改善する努力の実行が大切です。

脳溢血

「脳溢血」は、重篤な後遺症や、最悪の場合死亡する怖い病気ですが、
その治療方法は、症状の大小によってが変わってきます。

外科的手術は、緊急性を要する場合は行いますが、別の治療の場合もあるのです。

ここでは、「脳溢血」の具体的な「治療」の方法について説明しています。

 
■□ 脳溢血の治療は、大きく分けて、2種類

脳溢血には、症状の大小によって、様々な治療法があって、
患者個々の症状に応じて、最も適した方法を選択していくことになります。

具体的には、大きく分けて、以下の2種類の治療法があ有ります。

///// 薬物治療

脳溢血を発病した時に、
出血範囲が狭い場合、もしくは高齢で体力が低いと判断されると
外科的手術を行うことの、できない難しいことがあります。

その場合は、薬物を投与して、出血を抑えるといった治療を行うことがあります。

また、高血圧が、脳溢血の原因、と解っていますので、
この場合は、血圧を下げる降圧剤の投与を行うことで「脳溢血」を治療します。

投与は、継続的に必要がありますので、慎重な投与を必要とします。

発病して、痙攣が出ている患者には、その発作を抑える薬を投与したり、
脳に水が溜まる、「脳浮腫」と呼ばれる症状が出てしまった患者には、
脳圧降下剤という薬を投与することがあります。

この病気は様々な症状が有りますので、
症状に、合わせた薬を投与していく、ことが治療の要となります。
///// 外科的手術

出血箇所が広範囲の場合や、継続的に症状が出る場合は、
外科的手術での、「脳溢血」治療が有効です。

特に、死に至るような、救急性がある場合は、開頭術で、
出血箇所の止血や血液の吸引などを行うことがあります。
外科的手術の実施は、リスクが高いため、命の危険性がある場合に限ります。

また手術が成功しても、植物人間や重篤な後遺症が残ることも多いため、
特に慎重な判断等の、特に注意が必要です。

 

■□ 「脳溢血」治療の外科的手術と、そのリスク

脳はとても繊細な臓器のため、症状が出たときには、早急な治療が必要です。

最悪な場合、命を落とすことさえもある、この病気を治療するためには、
原因となっている箇所を、直接、手術で治す以外は、ありません、
では、脳溢血の外科的手術にはどういったものがあるのでしょうか?

脳溢血の患者には、脳内に血腫と呼ばれる、血の滞留している部分が見られます。
外科的手術を、行うかどうかは、血腫の大きさや患者さんの年齢、病気期間等、
総合的に考慮して決定します。

また血腫が破裂し、
非常に危険な状態の場合は、救命処置として緊急手術を行うことがあります。

脳溢血の手術法としては、
頭蓋骨を切り取り治療する「開頭術」と、血腫を吸引する「吸引術」があり、
「吸引術」は、
頭に小さい穴を開け、そこからチューブ状の医療器具を挿入して、
直接血腫を吸引する方法です。

どちらも一長一短があり、患者に合わせた治療が必要です。
具体的には以下のような手術法があります。

・・・開頭血腫除去術
・・・脳室ドレナージ
・・・CT定位的血腫除去術
「脳溢血」の外科的治療のリスクとして、注意しなければならないことは、

脳という、とてもデリケートな、臓器が対象であることから、
たとえ手術が成功したとしても、その後の経過には、特段の注意が必要です。

特に、病気を発病してしまい、血管が破裂してしまった場合、
普段の生活に戻れる確率は、2割とも言われとても厳しい状況です。

手術後は、出血箇所は血管が非常にもろくなっているため、
再出血には、特に注意しなければなりません。

また脳浮腫と呼ばれる、脳溢血によって脳内に水が溜まってしまう、
病気を発症することもあります。

水が脳内を圧迫するため、
重篤な後遺症が残ることがあるため、非常に注意が必要です。

また脳室ドレナージを行った場合、
脳にチューブを繋いだまま、手術を行うため細菌感染を起こすリスクもあります。

このように「脳溢血」の外科的手術リスクは、非常に高いものとなります。

脳溢血

「脳梗塞」とは、脳へ血液を送る血管(動脈)が詰まってしまい、
大切な脳細胞へ血液が流れなくなって、脳細胞が死んでしまう病気です。

前触れもないまま、突然に起きる「脳溢血」と言う病気は、
罹ってしまったら、手遅れと言っても過言ではないと思います。

だからこそ、「脳溢血」にならないよう、普段の予防が、とても大切なのです。

ここでは、「脳溢血」と、その「予防」について詳しく説明しております。

 
■□  脳溢血で起こる、「感覚の異常」と「神経の異常」について

脳内の出血は、重篤な後遺症を残すことがあります。
脳溢血で現れる、感覚と神経の異常について、もう少し詳しく見てみます。

・・「感覚の異常」・・
脳の、感覚を司る部分に、障害が起こり、
半身麻痺・めまい・頭痛・意識障害・失語症が発作時に見られて、
身体に重篤な障害を発症させることとなります。

・・「神経の異常」・・
脳の神経回路に、異常を来たし、
半身の痛み・半盲・高熱・嘔吐・呼吸困難などが症状が見られます。
早急に、適切な処置をしないと、命にかかわる恐れもあります。

■□ 脳溢血の、主な危険因子は、高血圧、高脂血症、糖尿病

脳梗塞の危険因子のうちで、重要なものには、
高血圧・高脂血症・糖尿病・多血症・心臓病 等々があります。

そんなことから「脳溢血」も、いわゆる一つの生活習慣病でもあるのです。
危険因子の有無のチエックを行い、「脳溢血」の予防に努めなければなりません。

そう言った危険因子の見つかった方は、食事療法、運動療法、薬物療法などで、
正常の状態に戻しておかなければなりません。

なかでも、脳溢血の最大の危険因子は、現在でも高血圧が第一位です。

血圧が高いと言われても、普段は、痛くも痒くもないのが、高血圧です。

だからこそ、自己管理が重要で、
・塩分を控える。
・適正体重となるよう、食事量を腹八分目にする。軽運動をする。
・血圧降下に効果のある、ミネラルを含む食品を積極的に摂取する。

等々を積極的に実施し、高血圧の予防に努める必要があるでしょう。

 
■□ 目が覚めた朝に、発症が多い「脳梗塞」
ここで、脳の血管が詰まる「脳梗塞」について説明します。
「脳梗塞」は、朝起きた時に、時に発病することが多いです。
朝起きた時に、何らかの症状が出現したと言う時には、特に注意が必要です。

朝に発症が、多い理由は、
①夜中に血圧が下がり、血液の流れが悪くなっていること。、
②朝方に血液中の水分が、足りなくなって血液がドロドロになっていること。
③起床時に、交感神経が緊張し、逆に血圧が上がっていること。

朝、起きた時に、以下の症状に気付いた時は、すぐに病院へ行く事です。
しびれる・ろれつが回りにく・しゃべりにくい・めまいがする
・半身の手足が動かせない 等々の症状の時です。

また、「脳梗塞」は安静時、にも、睡眠中にも発症します
脳梗塞患者の4割は、睡眠中の発病であると言われている様です。

 
■□ 血圧の上がりやすい、冬場に多い「脳溢血」

血圧は夜間に、下がりやすいことから、
血管がつまる「脳梗塞」は夜間に起こって、
朝、起床時に気付くことが多いと説明しました。

一方、脳の血管が破裂する「脳溢血」は、
血圧の上がりやすい日中に多い特徴があります。
さらに血圧は、一般に寒い冬期間は高くなり易いので、冬場に多くなります。

特に、冬の朝、寒いトイレ中に、「脳溢血」を起こす方が多く見られます。、
和式トイレは、しゃがみこんでの利用のために、腹圧を上昇させ易いので、

血圧が上がりやすいことから、洋式トイレの使用が勧められます。

脳溢血

「脳溢血」は、何の前触れもなく、突然に発症する病気です。

脳溢血に限らず、脳の病気は、重篤な後遺症を引き起こすことがあるため、
しっかりとした予防対策が必要であり、それがとても重要です。

それには、病気の起こる原因を、確りと理解する必要が有ります。
ここでは、脳溢血を引き起こす原因について、理解を深めたいと思います。

 
■□ 脳溢血は、脳の血管異常が、大きな原因とされています。

脳の血管が何かしらの圧力により、破裂出血するのが脳溢血という病気です。

重篤な後遺症が残ることさえもある、とても危険な病気の一つです。
時には、 命の関わることも少なくは無く、非常に厄介な病気と言えます。

原因は、血管に関係していると、いわれてるのが、脳溢血であり、
血管に異常がある病気「高血圧」と「動脈硬化」が原因でもあるようです。
脳溢血とこれら症状にはどういった関係があるのでしょうか。                             詳しく見て行きましょう。

 
■□ 高血圧が脳溢血の原因となる、その理由

高血圧は、血液を押し出す力が強く、血管に負荷がかかっている状態です。
継続的な高負荷状態が長く続くと、血管が硬くなり、破れやすくなります。

高血圧のために、弱くなった脳内の血管が破れ、出血しまうことが、
原因となり、脳溢血が発症するのです。

 
■□ 動脈硬化が、脳溢血の原因となる、その理由
高血圧によって、継続的に血管に負荷がかかると、血管は柔軟さを失い、
硬くなった状態になります。これを動脈硬化といいます。

動脈硬化が進行すると、血液の柔軟な受け入れができなくなります。
その結果、強い負荷がかかって来ると、切れてしまうことがあるのです。
これは脳溢血の一つの原因といわれています。

 
■□ 脳溢血の予防策

脳溢血の原因とされる、高血圧・動脈硬化に、ならないための、
予防策三っつを紹介します。

①:食事の改善・・・塩分を控えることです。
塩分は、高血圧の誘発に起因し、心臓等の、様々な臓器に影響を与えます。
普段生活で、塩辛いものを好む方は、
唐辛子・山椒といった、他の調味料で塩分調整をすると良いでしょう。

②:運動習慣・・・2回/週は景雲王をやろう。
運動は、身体の代謝を向上させ、血液の循環を円滑にしてくれます。
体に溜まった老廃物を回収して、体を健康に保ってくれる効果があります。
運動をしている方は、していない人と比べ、脳溢血発症リスクが半分です。

③:定期的な検査・・・自分の現状の確認しよう
脳溢血は、ある日突然症状が現れる特徴があります。
自覚症状なく進行するため、予測することは難しいのです。
健康診断を、定期的に受けることで、常に身体の状態を確認できます。

脳溢血

睡眠中に「脳溢血」を起こした場合、「いびき」が見られることがあります。

事前に、何かのサインもなく、突然に発症する「脳溢血」ですが、
いびきをかき始め、そのまま、意識不明になり、死にいたることもあります。
とても厄介で危険な病気の一つでもあります。

「脳溢血」と「いびき」は、一体どういった関係があるのでしょうか?

ここでは、「脳溢血」発症と、「いびき」について説明しております。

 
■□ 脳溢血で、あらわれる症状と発作

「脳溢血」の症状は、
気分が悪くなって来て、頭痛・めまい・嘔吐 等が現われてきます。
手足の痙攣・大小便の失禁を、伴う場合も、時には有ります。

少し時間がたってくると、以下の様な症状も現れだします。、
・ろれつが回らず、思うように話せない、
・片麻痺(片側の手足の力が抜けて思うように動かせない状態)
・よだれ(片側の口角から)
・舌をまっすぐに伸ばせない

軽症である場合は、
ろれつが回らない・軽い片麻痺・半身のしびれ・
感覚が鈍くなる程度ですみます。、

重症になった場合は、
意識障害が出現し、進行すると深い昏睡状態におちいり、
「いびき」をかき、呼吸状態が悪くなり、そのまま死亡することもあります。

「脳出血」の発作は、日中の活動時におこることが多く、
ストレスのかかる会議・興奮状態の時・急激にからだに力を入れたり・
腹圧を加える・寒い場所に移動  といったことがきっかけとなっておこります。

良く、冬のトイレや入浴前後の寒い脱衣場での発作は、少なくありません。

 
■□ 睡眠と「いびき」・「脳溢血」について知りたい。

「いびき」は、舌がのどを塞いだために、起こるものですが、

「脳溢血」を引き起こした場合に起こる「いびき」は、
身体機能が低下し、舌の筋肉が緩むことで、無意識に出てしまうのです。

高齢者の睡眠中の「いびき」に要注意は、予防の上で大事なことなのです。

普段「いびき」をしない人に症状が見られる、尚更、注意が必要かもしれませんね。

高齢者は、睡眠中、「むせかえる」こともあります、大事に至ることは少ないですが、
苦しそうであれば、危険性がないとも言えないので、注意が必要です。

また「無呼吸症候群」という病気があります。
これは、睡眠中に一定時間呼吸が停止状態になる病気ですが、
「無呼吸症候群」からも「脳溢血」が引き起こされることもあるのです。

酸素不足により、血管にダメージを与えることも、有り得ますので
「いびきを、」急にかき出し、急に収まる、という場合は、
用心するようにしてください。

そして「いびき」のほかに、「四肢の痙攣」・「呼びかけに応答しない」
といった症状が出たら「脳溢血」の可能性が高いでしょう。

その場合は、早急な対応が必要ですので「気道を確保」した後、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

 

脳溢血

「脳溢血」は、別名「脳出血」ともいわれ、「脳卒中」の一種です。
重篤な障害を起こす病気で、死に至る可能性もある、とても怖い病気です。

こんな怖い病気であるにもかかわらず、事前に何かのサインもなく、
突然に発症する上に、意識不明になることも有るため
とても厄介な病気の一つでもあります。

ここでは、「脳溢血」発症と、「意識不明」について説明しております。

 
■□ 脳溢血で、どうして意識不明になる障害が起こる?

「脳溢血」は脳内の血管が破れることで、脳内に血液が溢れてしまう病気です。
この時、脳内ではどういったことが起きているのでしょうか?

脳内に出血した場合、血腫と呼ばれる血の塊が形成されます。
この血腫が、周囲の脳を圧迫し、圧迫された脳細胞の機能を低下させます。

この血腫が大きい場合に、脳幹を圧迫して、意識障害が生じ、意識不明になる場合があるのです。

「脳幹」とは、延髄・橋・中脳・間脳(視床、視床下部)から構成され、
生命維持に必要な機能を司っています。

出血量が多く血腫が「脳幹」を圧迫して、意識不明となるなどの、
意識障害や呼吸障害がある場合は、手術による治療をおこなう事になります。

 
■□ 脳溢血の手術で意識障害が、回復する確率と余命については?

既に、意識不明になっている様な場合は、かなり悪い状態であると言えます、
この様な場合の、手術の目的は、まず救命することが優先となります。

救命手術が成功できたとしても、植物状態になる可能性も十分ありえます。

「脳溢血」患者によって様々ですので、
厳密に、どの程度の確率で、意識が回復するかどうかは、数値で表すことは、
不可能に近いと言わざるを得ません。

然し、発症から手術までの時間・脳内の出血量とその部位・年齢・全身状態
・出血量 等が、回復要因に強く影響を受けることは間違いありません。

手術後の余命についても、一概には言えません。

意識不明であるということは、脳幹へのダメージは深刻であることですので、
患者の状態が落ち着くまでは、急変する可能性が高く、油断はで来ません。

また一度「脳溢血」の発症した、既往症のある患者は再発リスクも高いです。
手術後、数日や数週間で再出血をして、死亡する事例もあれば、
年単位で生存して、意識障害が遷延する事例も数多く見られます。

余命に関しても、回復確率同様に
全身状態・年齢・感染症の合併症 等々の要因に左右されます。

 

■□ 脳溢血という病気で、意識不明になる前に

「脳溢血」は自覚症状が無いままに、ある日突然発病することがあります。、
然し、身体の麻痺は前兆とも言える症状ですので、この症状が出始めたら、
すぐに病院へいくことが大事です。

治療を延ばすと、取り返しの付かなくなることがあるため、注意が必要です。

 

脳溢血

脳内の血管がなんらかの原因で破裂し、出血するのが「脳溢血」です。
脳へのダメージは、深刻なもののため、発病したら早急な対応が必要です。

出血箇所により、症状が異なることがありますが、感覚異常・神経異常の、
症状が現れてきます。

ここでは、「脳溢血」と、その「症状」について詳しく説明しております。

 
■□  脳溢血で起こる、感覚と神経の異常についてもっと詳しく

脳内の出血は重篤な後遺症を残すことがあります。
脳溢血で現れる、感覚と神経の異常についてもう少し詳しく見てみます。

・・感覚の異常
脳の、感覚を司る部分に、障害が起こり、
半身麻痺・めまい・頭痛・意識障害・失語症が発作時に見られて、
身体に重篤な障害が発症することとなります。

・・神経の異常
脳の神経回路に異常を来たし、
半身の痛み・半盲・高熱・嘔吐・呼吸困難などが見られ、
早急に、適切な処置をしないと、命にかかわる恐れもあります。

■□ 脳溢血の症状の現れ方と、その原因は何ですか

「脳溢血」と同様に、「脳梗塞」や「脳塞栓」である「梗塞脳」も、
血管の破裂によって起こる病気、として知られておりますが、
「脳溢血」とは違って、これらは血栓が血管に詰まることで発病するもので、
心臓異常・めまい・立ち眩み等の、比較的解りやすい自覚症状があります。

然し、ほとんどの場合「脳溢血」は、前触れとされる症状は一切なく、
突発的に症状が現れることが特徴です。
ほとんどの場合と書いたのは、本当に、極めて稀なのですが、
「一過性脳虚血発作」と呼ばれる病気が現れることが、あるためです。

「一過性脳虚血発作」は、「脳溢血」の前兆とも、言われています。
本来は、脳梗塞などの前兆として現れる病気です。
脳内に「血栓」が一時的に詰まり、軽度障害を発症する病気です。
ほとんどの「脳溢血」は、ある時、突然に、起こる、ということが多いため、
病気を予測することは非常に難しいです。

ところが、この病気の原因とされる、病気について理解すると、
「脳溢血」のリスクが高い患者で、あるかどうかを判断することが可能です。
その原因とされる病気は「高血圧症」なのです。

「高血圧」は、「脳溢血」の原因として発病することがあり、
何と「脳溢血」患者の7割は「高血圧」というデータがあるほどです。
「高血圧」であることのリスクは、脳の血管を破裂させ、「脳溢血」を発病させてしまうのです。
健康診断で「高血圧」と指摘を受けている人は、注意が必要でしょう。

 
■□ 脳溢血の症状が出たら、取り敢えず、どうすれば良いの

「脳溢血」は、生命機能が低下し、呼吸困難や嘔吐を発症してしまいます。
呼吸困難や嘔吐は、呼吸を止める原因となるため、まず、気道の確保です、
呼吸停止することを、防止することが、最優先です。

まずは、嘔吐物で、のどを詰まらせないように、顔を横向けにします、
その後、救急車の手配してください。
のどに異物が詰まっている様なら、異物の除去を確実に行います。

この病気は、一刻一秒を争う、命に係わる、とても危険な病気の一つです。

意識喪失してしまうこともあるために、
こんな症状の患者を見つけたときには、素早く行動することが大事です。
周りにも、助けを呼び掛け、迅速に救急車を呼ぶようすることが重要です。。

脳溢血

脳溢血」は、別名「脳出血」とも言い
脳内の血管がなんらかの原因にで破裂し、出血を伴う病気です。
脳へのダメージは、深刻なもののため、発病したら早急な対応が必要です。

ここでは、「脳溢血」と、その「初期症状」について説明しております。

 
■□  脳溢血とはどんな病気ですか

脳卒中は、症状により「脳溢血」「脳梗塞」「くも膜下出血」に分けます。

「脳溢血」は、別名「脳出血」とも言い
高血圧などが原因で、脳内の血管が破裂し、出血する病気です。
脳に深刻なダメージを与えるため、発病したら緊急対応応を要します。

「脳溢血」の発症の原因には、主に高血圧症の関わりが大きいです。

高血圧症とは、その名の通り、高血圧で血管の壁を押す力が強いことです。
継続的に強い力が、血管壁に加わっていると、血管は柔軟性を失い、
という病気を引き起こします。

「脳溢血」も同様で、高血圧によって脳内の血管壁が、柔軟性を失って
起こるもので、急激に血圧が高くなった時、その圧力に耐えられなくなり、
脳の血管が破れてしまうことが生じます。これが「脳溢血」と言う病気です。
高血圧症の患者は、
「脳溢血」「動脈硬化症」には、十分な注意が必要といえるでしょう。

 

■□ 脳溢血には、どんな「初期症状」見られるか

一般的に、脳卒中には、初期症状というものがありません。

すなわち、例外はありますが、早期発見の望めない厄介な病気です。
そのために、その予防対策が重要となります。
脳ドック等は、その危険因子を調べたり、脳の血管状態を調べたりするので、
予防対策には大変有用と言えます。

睡眠障害は、高血圧の原因になる等、脳卒中を誘因することにもなるので、
この、近睡眠障害を積極的に検査治療する施設が、最近急速に増えています、
この様な施設の、受診も予防対策には有用でしょう。

残念ながら、「脳溢血」にも、ほとんど「初期症状」が無いと言えます。
「初期症状」が無く、ある日突然、発病するので、気がついたら、
病院のベッドの上って、ことも十分に有り得る病気で要注意です。

 
■□ 一過性脳虚血発作は、考えようでは「初期症状」

「一過性脳虚血発作」は、数分~数10分程度の一過性の発作です。
この段階では意識不明や昏睡といった、命に関わる症状が現れることはなく、
発作が治まれば通常の生活に戻ることができます。

本来ならは、重度障害を引き起こす「脳梗塞」の前兆として現れる病気です。

然し発作時間が長くなったりすると、
命に関わる「脳溢血」を発病することがあるため、油断は禁物です。

「一過性脳虚血発作」で、起こる症状としは、以下のとおりですので、
この様な症状の時は、気を付けて様子を診る様にしましょう。

・・・運動障害
歩くことや立つことがの日常の動作が困難になります。

・・・ 感覚障害
気分が悪くなり、吐き気が出るなどが見られます。

・・・言語障害
言葉を上手く話せず・口も閉じず、よだれ出る ことがあります。

 

脳溢血

脳溢血とは、脳の血管に異常があり、重篤な障害を起こす病気です。
最悪、死に至る可能性もある、とても怖い病気でもあります。
こんな怖い病気であるなら、事前に何かの病気のサイン(前兆)があれば、
良いと考えますが、実際はどうなのでしょうか?

ここでは、「脳溢血」発症と、その「前兆」について説明しております。

 
■□  脳溢血とはどんな症状になる、病気ですか

脳卒中には、「脳梗塞」「くも膜下出血」「脳溢血」があります。

「脳溢血」は、別名「脳出血」とも言い
脳内の血管がなんらかの原因によって破裂し、出血を伴う症状です。
脳に深刻なダメージを与えるため、発病したら早急な対応が必要です。

「脳溢血」の発症の原因には、高血圧症が関わっているといわれています。
その名の通り高血圧症とは、高血圧で血管の壁を押す力が強いことです。
継続的に血管壁に強い力が加わると、血管は柔軟性を失い、動脈硬化症を起こします。

同様に「脳溢血」も脳内の血管が高血圧によって、柔軟性を失うために、
起こるもので、急激に血圧が高くなった時、その圧力耐えられなくなり、
脳の血管が切れてしまうことがあるようです。これが「脳溢血」です。
高血圧の患者は、「脳溢血」には、十分な注意が必要といえるでしょう。

 
■□ 脳溢血の前兆には、どういったものがあるか

残念ながら、「脳溢血」には、ほとんど前兆が無いと言われています。
他の、脳の病気とは異なり、前兆が無く、ある日突然、発病するので、
気がついたら病院のベッドに居た、何てことも十分有り得る病気なのです。

然し稀にですが、「一過性脳虚血発作」と呼ぶ、病気の発病することが、
「脳溢血」の前兆とも言うべきことがあります。

次項以降で、この症状について少し詳しく説明しております。

 
■□ 一過性脳虚血発作について

「脳溢血」の前兆とも言われる、「一過性脳虚血発作」は、
脳内に「血栓(血の塊)」が一時的に詰まる、軽度障害を発症する病気です。
本来は、脳梗塞(血栓が脳内動脈に詰まり、重度障害を引き起こす病気)、
などの前兆として現れる病気です。

「一過性脳虚血発作」は、数分~数10分程度の一過性の発作です。
この段階では意識不明や昏睡といった、命に関わる症状が現れることはなく、
発作が治まれば通常の生活に戻ることができます。

然し発作時間が長くなったりすると
命に関わる「脳溢血」を発病することがあるため、非常に注意が必要です。

「一過性脳虚血発作」で、起こる症状は以下のようなものがあります。

/// 運動障害
日常の動作が困難になり、歩くことや立つことが難しくなります。
頭痛を訴えることが見られ、立ちくらみ・視覚障害の症状も見られます。

/// 感覚障害
気分が悪くなる、嘔吐してしまうなどが見られます。
他には、物にぶつかったり・目の焦点が定まらない等の症状が現れます。

/// 言語障害
上手く言葉を話せない・口が閉じられず涎が出る ことがあります。
会話内容が理解不可・聞き取れない 等 、情報伝達に重篤な障害が出ます。

 

脳溢血