水分補給の記事一覧

スポーツしていて、喉の渇きを感じた時は、早急な水分補給を訴えてます。

これを我慢して、喉が渇いたままで、スポーツを続けていると言うことは、
水分の不足だけではなく、熱中症の原因のもなる、大変危険な状態なのです。

一昔前は「スポーツ中は、水分補給をしてはいけない、根性で我慢するだ」
などというのは、今では、どんなスポーツでも言いません。

ここでは、スポーツ中の水分補給の大切さについて、詳しく説明しています。

 
◆◇ スポーツに大切な水分補給の必要性とは。

確り、水分を補給しながらスポーツを行うことは、脱水症防止と運動そのものの、より良いパフォーマンスの向上にもつながるのです。

この水分補給の必要性としては、大きく3つの理由があります。
■ 汗で失われる水分を補うため

私たちは、運動時には必ず「汗」をかきます、私たちの体の中の水分量は、
体重の60%とされており、運動でなく普通の生活していても、尿・汗 等で、
多くの水分が失われております。

量は、大凡1.2?/日であり、それを補うために、水を飲む必要が有るのです、
スポーツをしているときには、汗をかくので、尚更のことです。

汗の量は運動量や外気温などによっても異なりますが、1?/1時間ものの大汗を
かくこともある様で、適宜に水を飲まないでいれば、体内の水分量が不足して体に様々な不調をきたすことになります。

 

■ スポーツパフォーマンスを落とさないため。

発汗して、身体の水分が不足しても水分補給しないでいるとどうなるのか?

まず、行っているスポーツのパフォーマンスレベルが低下します。

長時間運動をしていると、次第に動きが鈍くなってくるという経験はありませんか
これは、疲労・体力消耗だけで無く、身体の水分量の低下が関係しております。

パフォーマンスの低下と言うのは、身体の水分量が体重の約1%消耗した、
あたりから徐々に始まって動きが鈍くなってきます。

体重の2%の消耗ですと、喉は渇きを訴え始めるようになり、パフォーマンスは、
確実に低下しますが、自覚症状は少ないです。

3~4%の消耗は、苦しくなり急に疲れが出てきて、自他ともにパフォーマンスの低下を認識します。

5%以上も消耗章申しますと、吐き気・目眩 などが生じ、スポーツを続けることが難しくなり、危険な状態に陥ることになります。

高いパフォーマンスを保ち続けるには、スポーツ時の水分補給は欠かせないもの、
であるということです。

 

■ 脱水症の危険に晒す事の無いようにするため。

身体の中の水分は、以下の役割を果たしております。

・血液として、酸素・栄養素を運ぶ。
・老廃物を集めて、体外に排出する。
・汗をかくことで、体温を調整する。

然し乍ら、身体の水分量が低下すれば、これらの働きが正常に行われなくなり、
脱水症として様々な症状が現れるます。

目眩・吐き気・痙攣などがその代表であり、最悪、死に至ることもあります。

脱水症のサインとしては、以下のようになります。

・口の渇き
・目がくぼむ
・皮膚がカサカサになる
・尿が濃くなり、回数が減る
これらの症状が出ているときには、水分補給を行う必要があります、
一度に飲むのではなく、少量ずつこまめに飲むようにする事は大切です。

水分

 

 

◆◇ スポーツ時の水分補給は、冷たい水で良いのか。

スポーツにおける水分補給の必要性は、ご理解いただいたものと思います、
それでは、は「何を飲めばよいか」「冷たい水で良いのか」ということです。

沢山のスポーツ飲料が市販されておりますが、基本的には「水」で構いません、
汗の殆どは水ですから、失われた汗の分を補うためには水を飲めば充分です。

ただし、気を付けることとして、次の2点があります。

■ 温度に注意する・・・冷たすぎるは内臓に負担をかける。

スポーツをして汗をかいた後は、冷たい水はとてもおいしく感じられます、
然し、冷たすぎるのは、内臓に負担をかけますので、11~15℃位が理想です。

■ 水道水?、スポーツ飲料?・・・飲みやすい水を選べば良い。

水分補給の水は、これでなければならない、ということはありません、
自分にとって飲みやすい水を選べばよいと思います。
ミネラルが多く含まれている、硬度の高い水をいきなり飲むとお腹をこわして
しまうこともあるので注意しなければなりません。

水分補給

私は水を飲むのが好きです、

朝起きがけにまずコップ一杯、入浴前と入浴後にそれぞれ一杯、
これが日課になっております。

そのせいでしょうか、トイレ回数は、人よりも多い気がしますが、
決して異常(頻尿)とは思いませんし、むしろ健康には大変良い
ことと自負しております。

ここでは、寝る前の水分補給について、詳しく述べております。
◇◇ 健康維持に大切な、起きがけのコップ一杯の水分補給。

朝、起きがけに、コップ一杯の水を飲むことは、健康生活には、
とても良いということを、昔から耳にしてきました。

私は、これを何十年も実行してきております。

確かに、朝起きて飲む水は、身体をシャキッとしてくれますから、
本当によいことなのだと思います。

夏の冷たい水は、胃袋も眼も、目覚めさせてくれて、
とても気持ちが良いものです。

但し、冬は冷たい水とは行きませんが、飲むことは良いことです。

寝る男2
◇◇ 健康維持には、寝る前のコップ一杯水分補給も大切。

朝起きがけだけのコップ一杯だけではなく、寝る前にも、
ミネラルウォーターのような、水をコップ一杯飲んでから、
寝るという習慣も、健康にはとてもよいことなのです。

というのは、睡眠中であっても、結構な量の汗をかいているから
なので、このこともどこかで聞かれたことがあると思います。

睡眠中、汗とかくいうのは、深い睡眠に導くために体温を下げる、
人間の生理的現象なのです。

現に私は、冬でも「電気毛布」「電気あんか」は使用しておらず、
代わりに、薄手の「スペース暖シート」と呼ばれる物を、
毛布と布団の間に挟み、寝ております。

翌朝は、毛布とこのシートが、じっとりと濡れておりますので、
就寝中も発汗していることが解ります。

その量は、約コップ一杯分とも言われていますので、毎朝これを
タオルで拭き取るのですが、本当に結構な量なのです。

 
◇◇ 寝る前の水分補給は、快眠の為だけではない。

快適な睡眠のために、寝る前にコップ一杯の水を飲むという、
だけではない、別の理由も実はあるのです。

脳梗塞予防いう意味でも、寝る前の水分補給は、必要なことです。

就寝中も汗をかくことを説明しました、
と言うことは、血液濃度が高くなっておるということです。

そうすると、血管が詰まり易い状態になってしまい、
脳梗塞を起こし易い状況になっていることでもあるのです。

脳梗塞などを防ぐという意味でも、寝る前の水分補給は必要です。

サッカー2
◇◇ 間違いではなかった、私の水分補給生活。

以上の様な事なので、私の生活にますます自信がわいてきました。

但し、冬の寒い時はトイレに起きますので、多少煩わしい面も、
無い訳ではありませんが、血液サラサラの生活を送り、脳梗塞の
病気にならない為にもけていくつもりです。

合わせて、私が運営しするサッカークラブの少年たちにも、
い習慣としてこれからも勧めて行くつもりです。

多少 ”おねしょ ”の心配があることがが欠点かなとは、
思いますが、高学年であれば出来ないことは無いと思います。

水分補給

早朝に、散歩やジョギングしている姿が、たくさん見かますが、
皆さん、しっかりと、水分の補給をされているか心配です。

水分補給は、喉が渇く前に摂ることが大切で、少しずつ少しづつ、
気を付けて摂る様に気遣うことです。

ここでは、ジョギングでの、水分の上手な取り方に関して、
詳しく説明してゆきたいと思います。
◆◆ 安全なジョギングのための、水分補給とは。

勿論、ジョギングのみと捉えず、散歩も同様に考えて戴いた方が、
知識の習得のためには、必要な事で有ることをご理解下さい。

健康のために始めた散歩やジョギング、水分不足の事故等には、
絶対に成らないよう十分注意して実行して下さい。

散歩・ジョギングの前には、必ずコップ1杯を飲んでおくことで、
身体の安全のために、安心して取り組むことができます。

また、水分補給とは言っても、身体にはそうは吸収される訳では、
ありません。

日頃から、水分摂取を積極的に行う努力は、欠かせません、
標準値としては、1日1リットル程度は飲んでほしいものです。

さて、運動中のその水の摂り方ですが、喉が渇く前に摂ることが、
特に大切で、量も少しずつに、付けて摂る様に気遣うことです。

500ミリの小さいペットボトルなら、携帯は簡単ですが、
運動中の量としては、それではまだまだ足りないと思いますので、
少し大きめのボトルを、背中に背負って動けば良いと思います、

今では、スポーツ用品店に行けば、色々な用具が並んでおります、
足を運んで、一度見られたら良いと思いますし、
関連グッヅも一緒に、手にとって見ることもお勧めします。
◆◆ ジョギング中の水分補給は ”よい練習  ”の決め手です。

水分補給で、足を止めるのを嫌う人がいます、それは間違いです。

運動によって体温が上がだしてくると、体温を下げようとして、
汗がでてきます、これよって、身体の中の筋肉や血液の水分が、
失われます。

途中々で、水分補給をすればよいのですが、水分補給をせずに、
そのまま運動を続けていると、身体はどうなるかと言いますと、
血液はドロドロ、筋肉もいつものように動いてくれなくなります。

その結果、酸素・老廃物・疲労物質などが、上手に運搬されずに、
身体は、以上な状態となってしまいます。

水分補給をしなければ、身体の水分がなくなってしまい、
脂肪は燃えません。

だから、走り始めたら、15~30分に1度は水分補給してください。

さらに、『喉が渇いた!』という様な状態のときには、
身体の中では脱水が始まっていまっているのです。

ペットボトルを身につけて走り、こまめに補給してあげましょう。

ジョギング

 

◆◆ 水分補給以外に、気をつけなければならないこと。

ジョギングで、欠かしてはいけない事は水分補給と解りましたが、
決してそれだけではありません。

例えば、安全と健康に留意し、楽しいジョギングを行うことです。

 ■通気性の良いシャツを、重ねて着します。
(暑ければ、脱いで背中のリックに、収納できます)
 
 ■靴は、正しいサイズの物を履くようにします.。

■交通事故には、十分な注意します。
(夜間はやらない、やる場合は、反射する物を着用する)

水分補給

毎年のことですが、5月ともなると、老人が熱中症で病院に搬送されたという、
ニュースが、テレビ・ラジオから流れだします。

これが、真夏のピーク時になると、毎日のように報道されるようになります。

私自身、何故? こんなにも毎年起こるのかと不思議でなりません、
大人が確りと熱中症対策を取りさえすれば、とは思うんですが・・・・・。

ここでは、熱中症はどんな時に起こるのか? 熱中症と水分補給について、
水分の上手な取り方についてを、学んでみたいと思います。

水
◆◆ 熱中症は、運動中の水分不足にだけ起こるとは限らない。

熱中症は、運動中の水分補給不足にだけ、起こるものと考えてはいけません。

もちろん、炎天下、長時間に亘り、屋外にいることでも起きますが、
室内でも起きる可能性は、十分ありま得すので、その予防対策の十分な知識を、
身につけておくことが必要となります。

それには、熱中症の起こるシステムを知る必要があります。

まず「熱中症」というのは、外気においての高温多湿等が原因となって起こる、
症状の総称であります。

過去には、高温障害の程度により「熱射病」「熱疲労」「熱失神」「熱痙攣」に、
分類されておりました。

今は、臨床医療現場での混乱を招くために、熱中症I度・II度・III度と記す様に、
熱中症検討委員会(日本神経救急学会)により改定されております。

熱中症に罹り易い原因には、環境面においても次の点があげられます。

・前日より、急に温度があがった日。
・作業日程の初日から、数日間が発症しやすい。
・温度が低くても、多湿であれば起こりやすい。
・室内作業をしている人が、急に外に出て作業した場合。

尚、統計的に、かかりやすい時間帯も有るようで、
午前中では10時頃、 午後では13時~14時頃に発症する事が多いです。

素因の面から見てみますと、次の方が熱中症にかかり易いです。
・肥満者
・睡眠不足
・5歳以下の幼児
・65歳以上の高齢者
・下痢等脱水傾向にある人

これら、環境面・素因が重なり合って、熱中症というものが起きるのです。

もちろん、細やかな水分補給と塩分の補給、そして確りとした休息が、
発症を予防できますので、十分注意して管理することが重要です。

 
◆◆ 「日射病」と「熱射病」とは、異なる病気です。

「日射病」と「熱射病」、よく似た名前の病気なので、同じと思われていた方も、
多いようですが、実は全く違うものですので詳しく説明します。

 ①日射病 
日射病とは、炎天下にスポーツや激しい労働をしたようなときに、
発汗量が多くなり、身体が水分不足なってしまい、
心臓に戻る血液量が少なくなって、心臓が空打ちをしてしまう病気です。

簡単に言えば、「脱水状態」と考えればと思います。

水分補給が充分に必要です、倒れた場合は直ぐに木陰など涼しい場所に移し、
水を飲ませ休ませて下さい。

意識が亡くなっている様な、重症の場合は、直ちに病院へ運んで下さい。

②熱射病 
体の熱を十分に発散できずに、身体に熱がこもってしまって、
高い体温に身体が対処し切れなくなった状態の病気です。

冬期間、暖房の良く効いた部屋で、厚着をしたりするときに起こり易いです。

これは身体から、十分に熱を逃がしてやれば良いわけですので、
冷たいタオルで身体を拭いたり、扇風機で風を送ったりして対処します。

夏の暑い盛りに、激しいスポーツをすると、身体は高くなった体温を、
冷やすために、たくさんの汗をかきます(熱射病の防止です)。

沢山の汗をかいて、失った身体の水分を、補給をしてあげないと
日射病になるというプロセスな訳です。

運動の最中は、水分なんてもっての他だとされたのは、昔の事あって、
適度な水分は絶対に必要です。
サッカーの試合での選手は、良く細目に水分補給しているのはそのためです。

 

水分補給

水

高齢者は、かんたんに脱水症状に成り易い、体質にあるということから、
水分の上手な取り方で、高齢者に対し認識して置く必要なことがあります。

水分摂取に際しては、水分をどのように摂取するかも考えなければなりません、
一度に水分を摂り過ぎると、過剰な水を処理するために腎臓に負担がかかります。

ここでは「高齢者の水分摂取」について詳しく説明しております。

 

 
★☆ 高齢者の体質は、容易に脱水症状に成り易いことです。

高齢者が、容易に脱水症状に成り易い体質であるというのは、
どなたも高齢になると、筋肉や皮下組織などの細胞内水分が減るためです。

身体の恒常性を保つ機能が低下し、環境や病気の影響を受けやすくなるために、
体内の水分や電解質のバランスを、保ちにくくなる。

それで、高齢者は容易に脱水症状に至る傾向が強いと言われるのです。
私たちの身体の水分量は、体重の60%程度と言われており、
常時血液や筋肉の中に蓄えられております。

高齢になると基礎代謝量が減少し、代謝によって生成される水分が減少します、
細胞内水分も少なくなり、筋肉・皮下組織などの備蓄水分量が減少します。

さらに、加齢に伴い口渇中枢の感受性が低下して、喉の渇きを感じにくくなます、
そのために水分補給の機会が減少して、ちょっとしたことで脱水状態になります。

水

 
★☆ 高齢者が、脱水症状になるのを予防するに注意することは。

軽度の脱水程度では、症状が明らかになりにくいのも、高齢者の特徴といえます。

脱水を予防するために注意することは、
日常の生活の中で、『 適度の水分摂取を心がける 』ことが大切です。

然も、周囲の人もその事を知って置くことと、気遣いも大切なことです。

水分摂取に際しては、
水分をどのように摂取するかも考えなければなりません。

一度に水分を摂り過ぎると、過剰な水を処理するために、
腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなってしまいます。

そのために、少量ずつ細目に、水分補給をこころがけることで、
コップ一杯程度を、何度かに分けて摂取することが、望ましいと思います。

 

 
★☆ 介護施設が高齢者に行う、水分補給の実際。

高齢者には、細目に水分補給を行うことは非常に大切ですが、
施設の利用者には、嚥下機能が低下している高齢者の方などがおられ、
健常者のように簡単に水分補給ができないのが多く見られます。

そのような状態の高齢者は、常に体内の水分不足になりがちなため、
脱水症・脳梗塞・心筋梗塞等に至るリスクが高くなります。

この様な理由から、施設で注意している水分補給の実際を紹介します。

■ 水分を摂る姿勢

前傾姿勢で、接種することが望ましいです。
理由は、仰け反った姿勢で水分を摂ってしまうと、
自分で飲み込むという、意識がないままに水分が流れ込むので
気道に入ってしまう誤飲の可能性が高くなります。

■ 嚥下障害がある方に対しては

嚥下障害のある方は、むせ込む頻度があり、水分が摂り難くなります。
そのような方には、トロミをつけて対応する場合と、
ゼリー状にして対応する場合があります。

水分補給

水分

喉の渇きを感じた時は、身体が水分不足を訴えている状態と言えます。

汗をかいて、喉が渇いたままでいることは、水分不足だけではなく、
「熱中症」の原因ともなり大変危険な状態なのです。

「熱中症」は運動中だけでなく、風呂上がり・早朝起きてすぐ・通気の悪い室内 でも要注意です。
ここでは、「水分の不足は、危険信号」について、詳しく説明しています。

 

 

◆◇ 水分の上手な摂取方法は、喉が渇く前に水分補給すること。

先に、喉が渇いたと感じた時は、身体が水分不足を訴えている状態と述べました。

「むくみ」というのは、どうして起こるとお思いでしょうか?
多くの人の答えは、水を飲みすぎるから体に水がたまり「むくみ」が出る、
ものと思っておられる様です。

然し、それは大きな誤りであることを、認識してください、、
水の飲み過ぎとは反対に日頃の水分不足が「むくみ」を引き起こしているのです。

体内の水分が不足してくると、
水分を体外に排出しないよう、尿を出さないように、ホルモンが分泌されて、次第々に水分を溜め込みやすい、尿の出が悪い体質になってしまいます。

こんな時に、水分を補給したとしても、余分な水分は汗や尿として排泄されず、
身体に残留して「むくみ」を引き起こしてしまうのです。

このような、尿が出にくい体質になってしまいますと、代謝機能も低下して、
冷え性・便秘の症状を引き起こすことになります。

身体の水分が不足しない様に、普段から適宜に水を飲む習慣をつけて、
水分不足にしない身体にして置くことで、むくみ・冷え・便秘といった、
身体の悩みからも、解消されることになるのです。
水分

 

◆◇ 「熱中症」の原因ともなる、水分不足。

次に「熱中症」のことについて述べてみたいと思います。

先に、汗をかいて、喉が渇いた状態のままでいることは、
水分不足だけでなく「熱中症」の原因ともなり大変危険ですと述べました。

これは、運動中に限らず、風呂上がり・寝起きの早朝・風通しがの悪い室内も、
同様に要注意なのです、高齢者に多い「熱中症」の原因ですね。

年齢にかかわらず、水分不足を引き起こさないよう、少しずつ小まめに、
水分補給に勤める様に心がけて下さい。

注意しなければならない事は、水分とは言っても、甘いジュース・炭酸飲料・
アルコール飲料等々は、水分補給としてはお勧めできません、危険です。

ジュースなどに含まれる、糖分は血糖値を高めますし、
アルコールは利尿作用が高く、逆に水分不足を促進させてしまいます。
また、スポーツ飲料も糖分には十分注意が必要で、良く注意書きを観るべきです。

良い水を、適度に飲むよう日頃から習慣づけて置くことが、健康生活の第一歩ですし、冷たい水は美味しいのですが、冬はぬるま湯がお勧めです。

水分補給