狭心症の記事一覧

もし、胸に痛みや圧迫感があったときには、狭心症の前兆かも知れません、
こんな場合は、放置せずに、早めにに医師の検査と診察を受ける様にして下さい。

たとえ、狭心症でなかったとしても、肺梗塞・自然気胸・解離性大動脈瘤 等の、
他の病気の可能性も、十分考えられますので、注意してください。

ここでは、狭心症の症状について、詳しく説明しております。

 

 

◆&◆ 狭心症とはどういう病気でしょうか?

心臓と言う臓器は、筋肉でできており、1秒たりとも休むことなく、働き続け、
身体中に新鮮な血液を送る、ポンプの様な役割をしております。

このように、働き者の臓器でありますので、非常に多くの、酸素を必要とします。
そのために、心臓の周りには、冠動脈という3本の動脈が走っておりまして、
そこから常に血液が供給されています。

この冠動脈が何らかの原因で狭くなり、十分に酸素が行き渡らないのが狭心症で、
狭心症には、冠動脈硬化により冠動脈が狭くなり生じる「労作性狭心症」と、
冠動脈の痙攣により、血流が低下してしまう「冠れん縮性狭心症」があります。

医者の診察と検査で、具体的なことが診断されて、治療を行います。

 

 
◆&◆ 狭心症には、どのような症状が見られますか。

狭心症は、胸が締めつけられる・胸が抑えつけられる・胸が重苦しいといった、
漠然とした痛みが、代表的な症状です。

これらの症状は、数分~長くても15分程度で治まり、ニトログリセリンを投与
することで、症状は数分で良くなります。左前胸部が典型的な痛みの場所です。

然し、他にも以下に記した様に、様々な部分にも、起こることがあります、
胸の中央 ・左胸部 ・左肩・ 首・下顎・ 後頭部 みぞおちなどです。

また、糖尿病患者や高齢者の方は、痛みがはっきりと出てこないこともあります。さらには、痛みに伴って、動悸・呼吸困難・めまい等の、症状が現われることも、
少なくありません。

「冠れん縮性狭心症」の場合ですと、夜中から早朝にかけて胸が苦しくなります。

このような症状が見られた場合は、早めに医師の診察と検査を受けてください。

 

CT検査  CT検査

 
◆&◆ 狭心症の検査には、どのようなものがありますか。

まずは問診が行われます。
どんな時に、どんな症状が起き、どの位続いたか、どの位頻度で起きるか、
を漏らさずに医者には伝えることです。

今までに罹った病気、家族のなかで心臓病の方がいるのか、などについても、
聞かれますのでもれなく本当のことを伝えてください。

一般的な検査として、胸部レントゲン写真・心電図・心臓超音波検査・血液検査、等を行い、必要に依っては、ホルター心電図という、24時間連続記録する、
心電図検査を行うことがあります。

検査結果により、狭心症が疑われる場合には、
さらに、より詳しい検査として、運動負荷心電図・心筋シンチグラフィー・
CTT検査・心臓カテーテル検査を行うことがあります。

狭心症

肩凝り

胸が締め付けられるような感じ・胸が圧迫されるような痛み・胸の奥の痛み・
胸が焼けつくような痛みがあるのが、狭心症の特徴です。

さらに、背中にかけての痛み・胃の辺りの痛みも、感じることもあって、
痛む場所がはっきりしないのも、狭心症の特徴と言えるでしょう。

多くの日本人が感じている肩こりは、意外と狭心症の前兆ということもあります。
ここでは、狭心症の前兆について、詳しく説明しております。

 

 
◆&◆ 狭心症とは、どんな症状の病気でしょうか。

心臓に血液を送る、冠動脈の病気を、狭心症と言っております。
冠動脈の血管が詰まり、狭くなってしまうと、血液の流れが悪くなってきて、
胸に発作的な痛みが生じます。

血管が完全に塞がっているわけではないので、血液が流れてくれば良くなります、
痛みの時間は、数十秒~数分で消えますし、長くても、15分程度で快復します。

狭心症の原因は、高脂血症・糖尿病・高血圧により、動脈硬化が起きるてくると、
血管の壁が脆くなり剥がれ落ち、それが、血管に詰まって狭くしてしまうのです。

狭心症の症状の特徴としては、急な胸の痛みがあることです。
胸が圧迫される様な痛み・胸が焼けつく様な痛み・胸の奥の痛み・胸のしめつけ感
があります。

胃の辺り・背中の痛みも感じる様で、痛む場所がはっきりしないのも特徴です。

激しい運動をした時・ひどく興奮した時・急に寒いところへ出た時 等々で、
痛みが発症します。

 

 
◆&◆ 狭心症の前兆に肩こりは、何故関係がありますか。

背中の痛みや肩こりが酷いので、病院で診察すると、医者からは狭心症ですと、
診断されることが、よくある様です。

肩・背中・腕の痛みと思っていたら、狭心症の発作だったということであり、
「たかが肩こり」などと、軽く見ていると、大変なことになります。

現在の社会を取り巻く環境は、きわめて厳しく、ストレスがたまるばかりで、
肩こり・背中の張り・腰痛などは当り前になっており、肩こりの場所や痛みの、
様子によっては、狭心症の前兆になっていることが有ると言えるのです。

誰でも多かれ少なかれ、肩こりに悩んでいるものです。
特に、左の肩や背中の、こりや痛みは、狭心症の前兆であることが多いので、
放って置かずに、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。

 

肩凝りに苦しむ ☆☆ 肩凝り

 
◆&◆ どの様な肩こりが、狭心症の前兆となっていますか。

狭心症の前兆とされる、肩凝りや痛みは、以下のとおりです。

・左側に、腰痛がある。
・常に、左肩が凝っている。
・左肩が、痺れた様に感じる。
・左脇が痛み、肋間神経痛と言われたことがある。
・背中の左側や、左の肩甲骨の周りが凝っている。
・左腕の、内側から小指にかけて、痛みや痺れを感じる。

このような、凝り・張り・痛み・痺れがあれば、狭心症を疑ってみて下さい。
他に、顎や歯が痛い・物が飲み込み難い等の、症状も、狭心症の前兆となります。

特に、四十代以上の男性で、高コレステロール血症・高血圧・糖尿病の持病があり
運動不足で、肥満ぎみ・タバコを吸う習慣がある人は、肩こりの症状には、
特に注意ししてください。

狭心症

ジョギング

胸に、痛みや圧迫感があったときには、放置はせずに、早めにに医師の診察を受けて下さい、もしかして狭心症かも知れません。
もし、狭心症でないとしても、肺梗塞・自然気胸・解離性大動脈瘤 等といった、
ほかの病気が原因の可能性がありますので、注意する必要があります。

ここでは、狭心症の原因について、詳しく説明しております。

 

 
◆&◆ 狭心症という疾患は、ストレスが原因となる病気です。

体内には、絶え間なく血液が循環して、身体の隅々まで、栄養や新鮮な酸素を、
届けています。

全身を巡り回って、栄養や酸素を届けて戻ってきた血液を、再度受け入れて、
また、栄養や新鮮な酸素を全身に送り出す、ポンプの様な働きを担っているのが、心臓なのです。

心臓は、起きている時も、寝ている時も、24時間365日、ポンプのように、
全身に血液を循環させています。

このように、休みなく働く心臓は、当然、十分な栄養や酸素を必要としています。
栄養や酸素を心臓に送る働きをしているのが、冠動脈というものですが、
何らかの原因によって、この冠動脈が、硬化したり細くなってしまって、
心筋に十分な酸素や栄養が、行き渡らなくなってしまう症状を狭心症といいます。

狭心症になると、胸・背中などの広範囲で、圧迫されるような痛みが発症して、
くり返し起こるのが特徴です。

この病気には、安定性狭心症と不安定性狭心症の二つがあり、安定性狭心症は、
発作の周期が一定のサイクルでありので、運動したあと、決まった時間帯など、
ある程度、発作の予測が立つのが特徴です。

これに対し、不安定性狭心症は、発作の時間や周期が、バラバラで予測しにくく、
安静にしていても、発作が起こる事があるが特徴で、安定性に比べ、注意をする
必要があります。

また、労作性狭心症と安静狭心症という、発生する状況による分類もあります。

労作性狭心症とは、激しい運動をしたり興奮すると、血液の循環が急激に良くなっ
てきて、心臓に負担がかかる原因で起こる、狭心症のことです。

安静狭心症は、労作性狭心症とは逆に、安静時に起こる発作で冠動脈が痙攣して、起こると考えられています。

発症する頻度としては、労作狭心症が多いのですが、日本人は欧米人に比べると、
安静狭心症も決して少なくは無いようです。

狭心症の症状は、強い痛みです、胸の表面がチクチクとするような痛みではなく、胸の奥から締め付けられるように痛むのが特徴であり、それが数十秒から数分間、
程度続く様ですが、痛みの具合には個人差があるようです。

このような痛みが、30分以上も続くような場合には、さらに症状が進んで、
心筋梗塞になることも考えられるため、早急な手当が必要にななります。

症状が悪化した場合、大動脈と冠動脈をつなぐ、手術が必要となる場合もあり、
軽く考えず、早急に診断してもらう事が重要です。

狭心症を防ぐには、日頃から過労を避け、ストレスを溜めないようにして、
疲れたと思ったら、早めの休息をとることが大切るで、規則正しい生活を送って、
心身をいたわることが、最高の予防となります。

ジョギングでストレス解消 ☆☆ジョギング

 
◆&◆ 狭心症の予防と治療は、どの様にするか。

狭心症のタイプのうち、「労作狭心症」は冠動脈の動脈硬化が、原因の大半を、
占めていますから、その予防と治療は、動脈硬化の進行を抑えることが基本です。

具体的には、禁煙・高脂血症・糖尿病・高血圧 等々の生活習慣病の治療です、
肥満の場合には、所謂動脈硬化の危険因子と呼ばれる、肥満の防止です。

狭心症は、動脈硬化抑制をベースにしながら、治療を進めてゆきます。

例えば、ニトログリセリン等の血管を拡張する薬や、心臓の働き過ぎを抑制する、
薬を用いたりしいます。

また、外科的手術では、細くなった血管内部に、ステントという金具を入れて、
血管を拡張する、血管内手術や、バイパス手術で血液の迂回路を作ることも、
行っています。

一方「安静狭心症」の場合は、血管拡張作用薬で発作を予防することになります。また、動脈硬化が関係することも有るので、「労作狭心症」の治療も大切です。

狭心症

日本心臓学会会場

胸に、痛みや圧迫感があったときには、狭心症かも知れません、放置はせずに、
早めにに医師の診察を受けて下さい。
狭心症でなかったとしても、肺梗塞・自然気胸・解離性大動脈瘤 等といった、
ほかの病気の可能性もありますので、注意してください。

ここでは、狭心症の症状について、詳しく説明しております。

 

 

 
◆&◆ 狭心症という疾患は、どのような病気でしょうか。

狭心症は、心臓の左右の壁に冠状に、はしっている冠動脈の動脈硬化や痙攣 等で、一時的に、血流が減少することで起こる病気です。

心臓と言うのは、全身に血液を送り出す、ポンプのような役割を担っており、
心筋と言う、特殊で丈夫な筋肉で出来ております。

この心筋に、沢山の酸素を含んだ、新鮮な血液を送る血管を、冠動脈といって、
心臓の表面を、冠の様に覆っております。

運動をしたりすると、心筋は、酸素を平常よりも、より多く必要とするのですが、もし、冠動脈に狭く細くなった所があったりすると、血液の流れが制限されて、
心筋が酸素不足状態になってしまいます。

この酸素不足で起こるのが、胸が締めつけられた様な、痛みや圧迫感があります、
こレが狭心症の狭心症です。

狭心症は、冠動脈の強い痙攣が原因でも、起こることがあります。

冠動脈が、完全に閉塞または著しい狭窄が起こり、心筋が壊死してしまう様な場合
には、狭心症とは呼ばず、心筋梗塞と呼んでおります。

発作が頻繁に起こり、安静時でも良く起こる様な場合には、注意が必要です、
冠状動脈が完全に詰まった状態の、心筋梗塞になってしまう危険があるためです。

 

日本心臓学会会場 ☆☆ 日本心臓学会会場

 
◆&◆ 狭心症の発作と、症状について説明します。

発作の感じかたは、人によってそれぞれ違いがあります。

軽い息つまり感から、焼け火箸を胸につっ込まれたような、激しい痛みまであり、
痛みの強さと、病気の重さは、必ずしも一致しませんし、痛みが弱い・少ない、
からといっても安心はできません。

前述してますように、狭心症の主な症状は、締め付けられるような、
胸痛や圧迫感がであり、痛みは前胸部が最も多いのですが、他の部位にも、
生じる事があります。

大体15分程度で、この発作はで消失しますが、他には動悸・不整脈・呼吸困難・

頭痛・嘔吐 等が生じることもあります。

これらの症状を放置して置きますと、心筋梗塞や心室細動 等を、引き起こして、
しまう場合があるので、身体の変化に注意することは、言うまでもありません。

日常生活上の、注意すべき点は、発作を引き起こすような行動を避けることです。暴飲暴食・無理な運動・急に走る 等を避けて、もし発作が起こったら、騒がずに
安静にすることです。

禁煙・肥満・過度な飲酒を、避けることも大切であり、動物性脂肪や塩分の摂り過ぎには注意し、特に、高血圧・糖尿病のある人は確りと治療することも大切です。

狭心症

心不全

狭心症は、冠動脈の血流が不十分な段階で、胸痛が起きますが、安静にしていると
15分程度で胸痛は治まり、心筋には傷みありません。
然し、病気の場所に血栓ができて内腔を塞ぎ、血流が完全に途絶えると、心筋に、傷害が起きてきます。
これが心筋梗塞で、不整脈や血圧低下 等の合併症で、命に関わることがあります。

ここでは、狭心症と心筋梗塞との関係について、詳しく説明しております。

 

 
◆&◆ 心筋梗塞 とは、どの様な症状の病気でしょか。

心筋梗塞とは、心筋(心臓の筋肉)に新鮮な血液を送る冠動脈の、動脈硬化が進み、
何らかの原因で、血管内のプラーク(脂肪などの固まり)が破れてしまって、
血栓ができて冠動脈が完全に詰まり、心筋に血液が送れなくなる状態を言います。

心筋に血液が流れなくなると言うことは、その部分が壊死してしまうことであり、壊死の部分が大きくなってくると、心臓の収縮・拡張が上手くできなくなるため、命にかかわる大変危険な状態となります、病院での緊急治療が必要となります。

心筋梗塞の、症状について説明します。

胸痛があることです、この胸痛は焼けつくような、激しい痛みや圧迫感が特徴で、時間も15~30分以上も、長時間継続します。

狭心症のように、「ニトログリセリン」を飲用しても、全く効果がありません、
このような状態になったら、一刻も早く救急車を呼場無ければなりません。

急性期を過ぎた心筋梗塞を「陳旧性心筋梗塞」といいます。
また、痛みがなく知らないうちに、心筋梗塞になっていたという様な事を、
診断で受ける場合がありますが、これを「無痛性心筋梗塞」といっております。

「陳旧性心筋梗塞」「無痛性心筋梗塞」は、定期健康診断の際に、心電図検査で、
偶然に発見されることが多いですので、定期健康診断は、毎年欠かさずに受信する
ことが大切です。

 

心臓疾患 ☆☆ 心不全

 
◆&◆ 狭心症とは、どのような症状の病気でしょうか。

心臓は、全身に血液を送り出す、ポンプのような役割を担っておりまして、
心筋と言う特殊で丈夫な筋肉で出来ております。

この心筋に、沢山の酸素を含んだ新鮮な血液を送る血管を、冠動脈といっており、
心臓の表面を冠の様に覆っております。

運動等をしたりすると、心筋は酸素を多く必要とするのですが、もし、冠動脈に
狭くなった所があると、血液の流れが制限され、心筋が酸素不足状態になります。

この酸素不足で起こる、胸の締めつけられる様な、痛みや圧迫感が狭心症ですが、
他にも、狭心症は、冠動脈の強い痙攣が原因で起こることもあります。

狭心症とは、冠動脈の異常による、一過性の心筋の虚血のために、胸部圧迫感・
胸痛 等が、主症状で「虚血性心疾患」の一つでもあります。

完全に冠動脈が、閉塞または著しい狭窄が起こり、心筋が壊死してしまう様な場合
には、狭心症とは呼ばず、心筋梗塞と呼びます。

狭心症の症状について説明します。

前述してますように、狭心症は締め付けられるような、胸痛や圧迫感が主症状で、
痛みは前胸部が最も多いのですが、他の部位にも生じる事があります。

大体15分程度で、この発作はで消失しますが、他には動悸・不整脈・呼吸困難・頭痛・嘔吐 等があります。

これらの症状を放置して置きますと、心筋梗塞や心室細動 等を、引き起こして、
しまう場合があるので、十分に注意する必要があることは言うまでもありません。

狭心症

心臓

胸部に、締め付けられるような、痛みが見られたら、狭心症を疑ってください。
その痛みは前胸部が最も多いのですが、その痛みは他の部位にも生じる事があり、
大体15分以内には消失します。
この症状を放置した場合、心筋梗塞・心室細動などを引き起こす場合があります。

ここでは、狭心症と言う病気について、詳しく説明しております。

 
◆&◆ 狭心症とは、どのような病気でしょうか。

心臓の役割は、全身に血液を送り出すポンプのようなもので、心筋と言う特殊な
筋肉で出来ております。
その心筋に、血液を送る血管を冠動脈といい、心臓の表面を冠の様に覆ってます。

運動などで、心筋に酸素必要量が増えた際、冠動脈に狭くなっている所があると、血液の流れが制限され、心筋が酸素不足状態になります。

この時に起こる、胸が締めつけられるような痛み、圧迫感などが狭心症ですが、
他にも、冠動脈の強い痙攣が原因で起こる、狭心症もあります。

狭心症とは、冠動脈の異常による一過性の、心筋の虚血のための、胸部圧迫感・
胸痛 等が主症状で、「虚血性心疾患」の一つでもあります。

なお、完全に冠動脈が、閉塞または著しい狭窄が起こり、心筋が壊死してしまう、
様な場合には心筋梗塞と言います。

 
◆&◆ 狭心症とは、何が原因でどんな症状でしょうか。

狭心症とは、心臓の冠動脈にプラークという固まりができ、血管を狭くすることに
よって起こるのが一般的であり、その誘因としては、高血圧・高脂血症・肥満・
高尿酸血症・ストレス 等が考えられております。

冠攣縮型狭心症は、心臓の血管そのものが異常収縮をきたし、極度に狭くなってしまうために起こる。
微小血管狭心症は、心臓内の微小血管の狭窄及び攣縮によって起こるもので、
誘因としては、閉経・喫煙などが考えられる。

狭心症の症状としては、締め付けられるような、胸の痛みや圧迫感が主な症状で、
痛みは前胸部が最も多いのですが、他の部位にも生じる事があります。

発作は、大体15分ていどで消失し、他には動悸・不整脈・呼吸困難・頭痛・
嘔吐 等があり、これらの症状を放置して置きますと、心筋梗塞、心室細動 等を、引き起こす場合があるので、十分に注意する必要があります。

心臓 ☆☆ 心臓
◆&◆ 狭心症の、治療の基本は何でしょうか。

狭心症の治療には、共通してアスピリンなどの、抗血小板剤の投与が検討され、
高血圧や喫煙などの、危険因子のコントロールも重要な治療の基本です。

東洋医学の治療については、日本の場合、心臓病は直接生死に関わる疾患なので、
ほゞ100%が西洋医学による治療が行われております。

狭心症