花粉症の記事一覧

スギ林

毎年春先になると、花粉症に悩まされる人が出てきます、50年前頃ではあまり
耳にもしなかった病名ですが、今では、何処も彼処もマスクをした、花粉症患者が目立つようになりました。

花粉症の症状には、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが有るのですが、意外と見逃されがちな症状は、「鼻づまり」です。
「鼻づまり」の症状は、花粉症患者の約9割の方に、あるといわれています。

ここでは、花粉症をよく理解し、早めの対策で、シーズンを快適に乗り切って
頂くための知識として、詳しく説明しております。

スギ花粉
☆★ 花粉症の原因と、原因植物の飛散時期について。

花粉症は、スギなどの花粉が原因となって起こる、アレルギー疾患の一つです。
特に、スギ花粉症は、毎年冬の終わりから春先ににかけて、くしゃみ・鼻みず・
鼻づまり 等の症状を起こし、多くの方を悩ませています。

花粉症とは、スギの花粉だけが 原因で、起こる病気ではありません。
日本での「抗原」としては、スギの他にも、ヒノキ・イネ・ヨモギ・ブタクサ 等
約50種類もの多くの植物が、花粉症を引き起こすとされています。

花粉症の原因となる、花粉の飛散時期は、植物によって違いがあります。

・スギ ・・・・・ 2月中~6月初頃
・ヒノキ ・・・・ 3月中~7月初頃
・イネ ・・・・・ 5月中~9月末頃
・ヒノキ ・・・・ 8月末~9月中頃
・ブタクサ ・・・ 9月初~9月末頃

花粉症原因植物と、花粉が飛散する時期を把握して、早めに対策をして下さい。

花粉症の患者は年々増加しており、1998年と2008年で比較すると、
この10年間で、有病率は19.6%から、29.88%へと、1.5倍に増加したと
言う資料もあります。

近年、花粉症患者が増えた理由には、スギ花粉飛散が増加したことによります。

スギは、植林後40年程で成木になり、花粉飛散し始めると言われておりまして、
この花粉が盛んに生産されるのは、30年生以上と言われています。

平成24年の林野庁の調べでは、現在、植林されているスギの大半が、
樹齢40年~60年となり、花粉が活発に、飛散する時期を迎えているからで、
外材の輸入量増加に居り、スギの伐採が行われていないのも原因となっています。

スギ林

☆★ 花粉症を避けるために、気をつけたい日常生活。

飛散時期のピークになると、原因となる花粉は空気中に沢山含まれています。
症状が起こるのを予防するには、或いは悪化を防ぐには、花粉を吸い込むことを、できるだけ避けるように、日常生活の中で注意することが大切です。

以下に、肘上生活で注意することを、上げてみました。

■ 花粉情報に注意する。
今では、天気予報の中で、花粉予報をTV放送されております。

■ 飛散の多い時の外出を控える。
外出時には、マスクやメガネを使うと良いです。。

■ 外出する際の、衣類にも注意をする。
花粉が付着しやすい、表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける。

■ 帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。
合わせて、洗顔・うがいを・鼻をかむ、事も忘れずに。

■ 飛散の多い日は、窓・戸を閉めておく。
どうしても開ける必要があるときは、小さく開け、短時間にとどめる。

■ 飛散の多い日は、洗濯物の外干しは避ける。
夕方、摂り込む時は、一度振り払ってからにする。

■ 部屋の掃除は、小まめに行う。
特に、窓際は花粉が付着しているので、念入りに掃除する。

☆★ 花粉症を避けるために気をつけたい日常生活。

飛散時期のピークになると、原因となる花粉は空気中に沢山含まれています。
症状が起こるのを予防するには、或いは悪化を防ぐには、花粉を吸い込むことを、できるだけ避けるように、日常生活の中で注意することが大切です。

以下に、日常の生活の中で注意することを、上げてみました。

■ 花粉情報に注意する。
今では、天気予報の中で、花粉予報をTV放送されております。

■ 飛散の多い時の外出を控える。
外出時には、マスクやメガネを使うと良いです。。

■ 外出する際の、衣類にも注意をする。
花粉が付着しやすい、表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける。

■ 帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。
合わせて、洗顔・うがいを・鼻をかむ、事も忘れずに。

■ 飛散の多い日は、窓・戸を閉めておく。
どうしても開ける必要があるときは、小さく開け、短時間にとどめる。

■ 飛散の多い日は、洗濯物の外干しは避ける。
夕方、摂り込む時は、一度振り払ってからにする。

■ 部屋の掃除は、小まめに行う。
特に、窓際は花粉が付着しているので、念入りに掃除する。

花粉症