不整脈の記事一覧

不整脈とは、心拍数や心拍のリズムが、一定でない状態の事を言います。
また、心拍や脈拍が正常であっても、心電図に異常が認められる場合は、臨床的には不整脈であります。

「心房細動」は、頻脈性不整脈に分類され、心房の筋肉の各部分が、無秩序・不規則に興奮している状態であり、この興奮状態が心室へと伝達されることで、頻脈となるものです。

ここでは、そんな「心房細動」と言う不整脈について、少し詳しく説明したいと思います。

 
◆◇ はじめに、心房細動の原因・症状について、知りましょう。

心房細動となる原因には、どの様なものがあるのでしょうか。
この病気は、心臓のなかの「心房」と呼ばれる部分の、異常によって不整脈が起こります。

心臓は電気信号で動いていますが、この電気信号が心房内で旋回したりして、過度に流れてしまうことで、無秩序・不規則に興奮し頻脈となり、心房細動を起こしてしまうのです。

の症状としては、息ぎれ・動悸・めまい・立ちくらみ などがあります。
特に,動悸はかなり強く、自覚症状がありますので、動揺の症状が出たら注意が必要ですが、この病気は致死性が少ないので、危険ということはありません。

心房細動を引き起こす人の特徴として、共通性があるようです。
共通原因の一つに、過度の喫煙・飲酒・肥満・高血圧などの、生活習慣の乱れがあります。どれをとっても心臓に負担がかかるものであり、心房細動を誘発することが考えられます。

心臓の電気信号の異常によって起きますが、それを誘発するのは、日常生活の不摂生が原因とされるのが多いようで、一般人以上に心臓に無理りををかけていれば、当然異常は出るものです。

それには、普段から、動悸などが出る様な人は、不摂生な生活習慣を見直す必要があります。運動をし、食べ物にも気を使い、より良い生活習慣に改善する努力も必要となります。

また、心房細動は、60歳からの患者数が増え、80歳以上の方は10人に1人と、高年齢になることに伴い、発症率が高くなるのもこの病気の特徴で、年齢も原因の一つであるのは間違いありません。

 
◆◇ 「脳塞栓症」の原因にもなる、「心房細動」は怖い

「心房細動」で一番怖いのは、これが原因となって引き起こす「脳塞栓症」です。
「脳塞栓症」とは、血液の塊が、脳の血管に詰まることで「血栓」が起き、脳の血液不足状態を発症させる病気です。最悪の場合、死に至ることもあるので、特に注意の必要生が高い病気です。

「心房細動」症状が発生しているときは、一時的に、心臓は身体に血液を送りにくい状態になるために、心房内に小さい血液の塊を作ってしまう事が有ります。

血液の塊が、何かの拍子に血管へ流れ出し、やがて脳へと到達し、その結果、脳血管内に詰まることで「脳塞栓症」を発症するのです。

「心房細動」を起こしてしまった場合は、「脳塞栓症」を予防するために、血液の凝固を抑制する薬の服用をすることがあります。

動悸が継続的に続いている人は、病院で診察を受け、薬の処方を受けることも大切です。

致死性は低い「心房細動」ではあるものの、やはり死に至る可能性のある「脳塞栓症」誘発防止のためには、強い動悸・脈拍の急上昇の症状が出た場合はすぐに病院に行くようにして下さい。

不整脈

心筋梗塞で死亡する人の多くは、発症後の不整脈に原因している言われています。

ここでは、そんな怖い危険な「心筋梗塞」と「不整脈」との関係について、説明しております。

 

 

◆◇ 心筋梗塞 とは、どの様な病気かを知る

心臓の筋肉に血液を送る、冠動脈の動脈硬化が進んだり、何かの原因で血管内のプラーク(脂肪などの固まり)が破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって、心筋に血液が送れなくなった状態を「心筋梗塞」と言います。

心筋に血液が行かなくなると言うことは、その部分が壊死してしまうことであり、壊死の部分が大きくなると、心臓の収縮・拡張ができなくなるため、命にかかわる大変危険な状態となり、緊急治療が必要となります。

心筋梗塞の、症状について説明します。、

胸痛があります、この胸痛は焼けつくような、激しい痛みや圧迫感が特徴で、時間も15~30分以上も、長時間継続します。

狭心症のように、「ニトログリセリン」の飲用も、全く効果がありませんので、このような状態になったら、一刻も早く救急車を呼場無ければなりません。

急性期を過ぎた心筋梗塞を「陳旧性心筋梗塞」といいます。
また、痛みがなく、知らないうちに心筋梗塞になっていたという、診断を受ける場合がありますが、「無痛性心筋梗塞」といいます。

「陳旧性心筋梗塞」「無痛性心筋梗塞」は、定期健康診断の際に、心電図検査で偶然に発見される、ことも多いですので、定期健康診断は毎年欠かさず受信することが大切です。

 
◆◇ 心筋梗塞と不整脈との、関係を知る

「心筋梗塞」の発症が原因で、心室細動という不整脈を起こし、心停止状態になることが良くあります。
このような場合には、救命率の向上が1分1秒を争う事態ですので、周囲の気づいた人が救急車を呼ぶと同時に、救急車が来るまでの間、心臓マッサージやAEDによる救急蘇生を続けるkとが大切です。

通常、心筋梗塞とは、急激に発症する「急性心筋梗塞 (AMI)」のことを指します。
「虚血性心疾患」の一つで、冠動脈の血流量が減少して、心筋が虚血状態に陥り、壊死してしまった状態を言います。

冠動脈の血流量が、減少を起こす原因は、動脈硬化によって、血管が狭窄を起こすのが、主なものです。

狭心症というのは、心筋が虚血状態に陥っても、壊死までには至らない場合であって、心筋梗塞が起こる前段階と言えます。

狭心症の発症から、急性心筋梗塞に至るまでの一連の病態を、総称して『急性冠症候群』とすることもある様です。

心筋梗塞の発症によって、不整脈が発生することが多くなり、急性期における心筋梗塞の、死亡の多くは不整脈によるものす。
心筋梗塞の急性期の24時間以内が、最も危険な状況であり、心筋梗塞の死因の第1位とされております。

心筋梗塞に至る前に、何度か繰り返されて、狭心症の発作が起こるのが、通常ですので、患者本人も簡単に自覚することができます。
医師の診察を、この段階で受けておれば、適切な治療を受ける事ができ、心筋梗塞までには、至ることはまずありませんが、狭心症の段階で兆候を気づかずに、見逃してしまうと、「急性心筋梗塞」で突然死するという、結果を招くことがあります。

心筋梗塞が発症してからは、完全回復を望むのは大変難しくなり、完治することはあまり考えられません。
特に、発作が起きた場合は、一刻も早く対処しないと、最悪の結果になる可能性が極めて高い病気なので、そうなる前に治療を行うことが重要と言えます。

不整脈

人間の生活の基本は「食事」と「運動」です。食事をバランス良くとることで、健康を守ることができるといっても過言ではないです.
また、食事の後に不整脈が出るのは、心房性の期外収縮タイプのもので、危険度は低く心配はいりませんです。

ここでは、食後に起こる不整脈について、説明してみようと思います。

 
◆◇ 食事の後に起こる不整脈は、について

食後や、腹一杯食べた後に、不整脈が出るのは「心房性期外収縮」というものです。

これは、心電図には明瞭に表れますが、医者から見れば問題がないと判断される、タイプの不整脈ですので、敢えて医者から告げられなかったら、本人も気づかない程度の不整脈であって、特に治療する必要もありません。

良く、定期健康診断の時に「心房性期外収縮」と医師から指摘され、妙に心配される方も多いようですが、医師の診断で治療の必要なしと言われたのなら、大丈夫ですから気にしない事です。

医師は心電図だけを診て、判断したわけではありません、問診や診察、あるいは検査の結果を含めて、総合的に判断しているわけなので、本人がよく判らないのに、心配しても何にも成りません。

食後に不整脈が出る原因については、実はよく判っていないのです、「食べたものを消化するために、神経系が興奮しているから」とか、「満腹感が、脈拍に影響を与えるから」などの説があるようですが、現状の医学では未解決なのです。

食後の不整脈があったとしても、その状態で悪化したり、重症化したり、しないことが、経験的に大多数であったからこそ、治療はしないという方針になっているのです。

 
◆◇ 参考までに、食後の動機について

食事後、いつも以上に心臓の音が気になり、一気に息苦しくなるという症状をお持ちの方は多くいらっしゃいます。

これは、次のメカニズムによるものです。

①食事を取ると、少しずつ血圧が上がります。
②早く食べたり、炭水化物を最初に食べると、血糖値が上がります。
③血糖値を抑えるためインスリンが分泌されます。
④インスリンで分泌で、血糖値が下がり始めます。
⑤血糖値の、下がり過ぎを防ぐため調整するホルモンが分泌されます。
⑥結果、交感神経が作用し、動悸、息切れとなって症状として表れるのです。

また、食後の動悸は不整脈が原因の場合もあるので、不安があるなら早めに受診する事をお勧めします。

食後の動機発生の予防方法としては、血糖値の急激な上昇を抑えることです。

それには、食べ方に次の2つの工夫が必要です。

①炭水化物は血糖値をあげるので、食事途中や最後に食べるだけでも変わってきます。
②早食いは血圧を急激にあげてしまうので、ゆっくり噛んで味わって食べましょう。

噛む事で満腹中枢も刺激され、ダイエット効果にもつながりますし、「良く噛む」事は、あごの筋肉の強化や素材が本来持っている味を味わう事ができます。

食事の方法や順番を少し変えるだけで、変わってきますので、ぜひ試してみてください。

食後の動機は、安静にしていればおさまりますので、気にしなくても大丈夫です。

不整脈

心不全が悪化すると、不整脈の一種「洞性頻脈」が発症する場合があります。

実は「洞性頻脈」は、身体の起きる生理現象の一つで、全ての人の身体に備わっている、普通の反応と思ってください。
緊張したり、酒を飲んだり、こんな時には、脈拍が上がりドキドキしますね、運動をすると、心臓がバクバクしますね、これらは全て、身体の反応なので病気ではありません。

ここでは、そんな「洞性頻脈」と「心不全」の関係について、説明しております。

 
◆◇ はじめに、不整脈の原因について説明します。

不整脈になる原因で、もっとも多いと言われるのが「加齢」なのです。
「加齢」で現れてくるのが、心肺機能の衰えです、この心肺機能の衰えが「不整脈」の主な原因となっており、誰もが年齢とともに、少しずつ「不整脈」の症状が出てくると言えるのです。

次に多い不整脈になる原因が、日常生活における「ストレス」となのです。

不整脈の症状が出た方の半数以上は、心不全などの、心臓に何らかの障害をお持ちですが、残りの半数の方は、日常生活の「ストレス」が原因となっているそうです。

 
◆◇ つぎに、不整脈の症状について説明します。

一般人には良く知られていない、不整脈の症状にですが、主に次の3タイプに分けられます。

「頻脈性不整脈」・・・脈拍が速くなる症状で、100回/分以上を「頻脈」と言います。

この症状は、脈拍が早くなって動悸がします。めまいなどの脳貧血症状をともなうこともあります。
重い場合は1分間に240回から250回も脈拍を打つこともあり、血圧が低下し、失神してしまうこともあります。

「徐脈性不整脈」・・・脈拍がゆっくりになる症状で、60回/分以以下を「徐脈」と言います。

この症状は、、脈拍が1分間に40回、または40回より少ない状態になります。
重い場合は、数秒間、心臓が停止する状態が起こることもあり、脈拍が5秒以上もとぎれると、目の前が真っ暗になりめまいを起こし、7秒~10秒も停止状態では失神や痙攣を引き起こします。

期外収縮・・・脈拍が不規則になる症状です

この症状は脈拍が飛ぶ状態のことで、不整脈のなかで最も多い症状です。、
喉が詰まった感じ・胸がぎゅっとなる・胸に不快感を感じる・胸にチクリとした痛みを感じる、というのが主な症状です。

心不全などの、心臓に何の異常もない方にも、不整脈は起こります。
これは、ストレスによる「自律神経の乱れ」が原因ですが、一過性のものであり、一瞬または数十秒以内でおさまるのが特徴です。

 

 

◆◇ 洞性不整脈二は2つの種類がある

洞性不整脈には「洞性徐脈」と「洞性頻脈」の、2つの種類がありますが、どちらも日常生活で見られる不整脈です。

洞性徐脈(心拍が遅くなる状態)

洞性徐脈の原因には、様々なものがあり、高齢者の多くに、この不整脈が見られますが、これは、加齢によって心拍が低下しているためです。
また、遺伝的要素も関係している場合があり、成人でなく幼児などに、この不整脈が見られることもあります。

洞性頻脈(心拍が早くなる状態)

洞性頻脈の原因は、生理的な現象と、飲食に起因とするもの、心臓以外の臓器の異常があります。
生理現象とは、緊張や外部のストレスが上げられます。飲食が起因とするものとは、飲酒、薬などの副作用もあげられます。
「洞性頻脈」は、心不全が悪化すると発症する場合があります。

 

◆◇ 「心不全」と「洞性不整脈」との関係を知ろう。

心不全は、色々な原因で発症しますが、併発症として不整脈を発生させることがあります。

洞性不整脈の一種である「洞性頻脈」のほとんどは、心臓以外の身体の調子を反映した、機能的なものであり、治療の必要は基本的にはありません。
原因は、運動・精神的緊張・酒、発熱 等々で、健康な人にも普通に見られる症状ですが、「心不全」や「甲状腺機能亢進症」に併発して、発症することがあります。

心不全とは、心臓の血液拍出が不十分で、身体の各部位が必要とする血液の循環量を保てない、病態の総称です。
その原因は、まちまちで、心臓の収縮力が低下した状態ならば、結果としてそれを「心不全」と呼んでおります。

心不全には、左心と右心、どちらかに異常があるケースが多く、これによって体循環系と肺循環系のどちらに鬱血が発症するのかが決まります。
ただし、病態が進行すると両心に異常が広がり、両心不全となることもあります。

「心不全」は、心臓の動きが悪くなることで発症するため、不整脈を招きやすいと考えられますが、実際にはあまり問題視されません。
何故かと言うと、心不全が発症すると、それが治療の最優先になってしまい、不整脈は後回しになるのが殆どです。

不整脈は余程の悪化でない限りは、生命の危険はまずありませんが、心不全は悪化すると、「死」という最悪の事態にまで至る場合があるのです。

不整脈

医額が進歩している現在、不整脈はそれほど恐ろしい病気では無くなっては来てますが、出来る事ならば不整脈にかかりたくないです。

不整脈そのものは、食べ物とはあまり関係はありませんが、不整脈発症の原因となる疾患は、食べ物が原因となり、発症したり、悪化したりするものがあります。

ここでは、不整脈予防に効果的な食べ物と、口にしない方が良い食べ物、についてご紹介しています。

 
◆◇ 不整脈を予防するに、効果的がある食べ物を知ろう。

自律神経の乱れとストレスが、不整脈がおこる大きな原因です。
他にも原因となるものは、様々ありますが、自律神経の乱れとストレスは、不整脈を起こす、特に大きな要因と言われています。

自律神経の乱れとストレス対策になる、食べ物を食べることが、不整脈の予防には効果的なのです。
自律神経の乱れの予防や、ストレス対策に効果のある食べ物について以下に紹介します。

「ビタミンA」を多く含む食べ物です。
たとえば、緑黄色野菜や乳製品などです、緑黄色野菜は、好き嫌い多い食べ物と言われていますが、自律神経の乱れ改善には効果的なのです。

自律神経の乱れがなくなれば、不整脈改善の可能性も高くなりますので、カボチャ・ニンジン・キャベツ・ブロッコリー 等の、緑黄色野菜を積極的に食べるようにして下さい。
ケール青汁 等は、簡単にたっぷり摂取できる食品と思います。

「カルシウム」の多い食べ物が、次に最もお勧めする食品です。
カルシウムは、イライラの抑制用がある事で、良く知られています、イライラを抑える事が、ストレス対策につながるのです。

カルシウムは牛乳や小魚などに豊富に含まれています。
ただ、良いのは解っているが、「牛乳や小魚は苦手」と言う方も多いです、苦手な方は、サプリメントを上手に取り入れ、カルシウムを補給して下さい。

カルシウムは、不整脈予防だけでなく、健康には様々な効果がありますので、カルシウム不足にならないよう注意しましょう。

 
◆◇ 不整脈を予防するに、控えた方がいい食べ物を知ろう。

不整脈の予防に、控えるべき食品とは何でしょうか。
それは、自律神経の乱れを誘発する食べ物です。

具体的には、「砂糖」や「カフェイン入り」の食べ物です。
「砂糖」は、煮物やスイーツなど殆どの食べ物に、必ず入っていると思っても間違いではありません、また、「カフェイン」も、コーヒー・紅茶・緑茶などの、ドリンク類には多く含まれていますよね。

以上のことから、「砂糖」や「カフェイン」の入った食べ物を、口にする機会がとっても多い現代となっています。
だからと言って、これらの食べ物を摂り過ぎてしまうことは、自律神経が乱れ、不整脈の発症リスクを高めることに連動します。

対策としては、砂糖控えめの料理を心掛けたり、ローカフェインやノンカフェインのドリンクを選んで摂取するようにすることです、これだけでも、自律神経の乱れを防止し、不整脈予防の期待がができるかもしれません。

不整脈に悪影響を及ぼす食べ物、7つ紹介します。
動物性脂肪・砂糖・お菓子・果物(バナナ、マンゴ、パイナップル、メロン、グレープフルーツ)・塩分・酒・外食 です。

これでは、何も食べる物が無くなってしまいます、食べないというのではなく、食べ過ぎに注意しましょうということになります。

以上、不整脈予防に、効果的な食べ物とそうでない物があります。不整脈を予防したいという方は、ぜひ参考になさって下さい。

不整脈

カリウム摂取量は、多すぎても少なすぎても不整脈の原因になります。

野菜・果物・豚肉をはじめ、水にも多く含まれるカリウムはですが、身体のカリウム濃度が、高すぎても低すぎても、不整脈の原因となってしまうのです。

ここでは、カリウム摂取と不整脈の関係について、説明したいと思います。

 
◆◇ サプリメントや薬に頼ってはならない、カリウムの摂取

カリウムは、体の代謝を促すほか、電気信号を細胞内に伝えるための、大切な働きをしています。

カリウムの血中濃度が、高すぎても低すぎても、不整脈を発症しますので、サプリメントや薬に頼らず、毎日の食事から上手に、カリウムを摂取する必要があります。

食物から摂取したカリウムは、どんなに多く摂取しても、胃酸や内分泌の影響で、適度なカリウム濃度に中和してくれるため、気にする必要はありません。

特に、旬の野菜には、多くのカリウムが含みますので、体内のカリウム摂取量を調整するには、どんなに良いサプリメントや薬よりも、食物から摂取する事が効果的です

 
◆◇ カリウムが、多過ぎても少な過ぎても、不整脈に良くないか。

「高カリウム症」とは、カリウムの血中濃度が、異常に上がりすぎた場合に発症するもので、身体に重篤な悪影響を及ぼします。

主な症状としては、不整脈・頻脈・筋力低下・四肢の痺れ・吐き気 などがあり、高カリウム症を放置すると、致死性不整脈から心停止に至る可能性があります。

高カリウム症は、短時間で重篤な症状に陥りやすく、しかも迅速に血中のカリウム濃度を下げる事は困難です。致命的な症状は致死性不整脈の発生ですから、それさえ阻止できればとりあえずの対処にはなります。

「低カリウム症」とは、カリウムの摂取不足、細胞内カリウムとの平衡の細胞側への傾き、腎臓からのカリウム排泄の亢進、などの理由で発症します。

主な症状としては、高血圧・疲労・筋力低下・神経機能低下・不安・抑鬱症・睡眠障害・虚弱・便秘・乾燥肌 などです。

低カリウム症で、不整脈を起こす場合がありますが、大抵は無症状です。
然し、中程度の低カリウム症は、筋力低下・筋肉痛・痙攣・便秘 などの症状が現れ、重症な低カリウム症になると、麻痺・自律神経失調・強度の筋肉痙攣等が発症します。

高カリウム症のときにのみ、不整脈に注意すれば良いと思いがちですが、低カリウム症でも、不整脈の症状が出ることがあります。

普段から、カリウムの摂り過ぎや不足がちにならないように、食生活などに注意を払う事が大切です。

不整脈

加齢が、不整脈のもっとも多い原因としてあげられます。
然し、毎日の何気ない行動でも、不整脈の原因があるのです。その一つがコーヒーを飲むことです。

ここでは、コーヒーと不整脈の関係について、説明したいと思います。

 
◆◇ 不整脈の原因となるカフェインは、コーヒーに含まれています。

何気ない毎日の行動にも、不整脈の原因になることがあ有ります。。

その一つが、毎日飲むコーヒーです。
コーヒーには、多くのカフェインが含まれており、そのカフェインが、興奮作用をもたらし、不整脈の原因になるのです。

コーヒー好きな方であれば、1日に4~5杯は飲むでしょう。
不整脈のある方・心臓に病気をお持ちの方は、もちろんのこと、妊娠されている方・中高年の方は、特に飲み過ぎには注意したいものです。

1日に3杯以上飲むのは、余り良くはありません、上記の方は、むしろ危険と思うべきです。

カフェインの有害性は、まだ日本では大きく言われていませんが、欧米では「カフェインは健康にも美容にもよくない」これが常識になっています。

それに、日本での「たばこへの表示義務」と同様に、欧米では、カフェインの規制や表示義務も始まっています。

健康な方でも、不整脈や他の病気の原因にもなる、カフェインが多く含むコーヒーは、飲みすぎないように注意しましょう。

 
◆◇ 何故、コーヒーが不整脈に良くないかを知ろう。

休み無く心臓は、ドックンドックンと規則正しく鼓動してます。
一般成人のこの鼓動は、60~100回/分(高齢者は60~80回/分))、一定のリズムで休みなく脈拍をうっています。

「不整脈」とは、この脈拍が、飛ぶ・遅くなる・速くなる・乱れる、といった、不規則な状態になることを、総称した呼び方です。

不整脈を患っているかたは、コーヒー摂取を控えべきです。
その理由とは、はコーヒーに含まれるカフェインが、不整脈の一つである「頻脈」の原因となり、さらに悪化させる可能性があるためです。

「頻脈」とは、脈拍が速くなってしまう不整脈の一つです。
原因は、心臓に疾患があったり、甲状腺に異常があったりと、様々ありますが、コーヒーに含まれる「カフェイン」の血圧上昇効果や頻脈効果が関係しているのです。

脈拍の回数の多い、頻脈状態では、普段から常に心臓に負担をかけていることになります。
それ上に、コーヒーを飲むことは、カフェインの摂取で、血圧が上昇を招くことになり、不整脈はさらに悪化し、心臓への負荷が掛かり過ぎに、なってくることになるでしょう。

だから、カフェインが多く含むコーヒーの、飲みすぎには注意し無くてはならないのです。

不整脈

心臓の鼓動は、1分間に60回~70回、一定のリズムで規則正しく脈拍をうっています。

この脈拍が、遅くなる・速くなる・飛ぶ・乱れる、といった不規則な状態の総称を「不整脈」と呼んでいます。

不整脈の検査には心電図、心臓超音波検査、心臓電気生理検査、血液検査、胸部レントゲン検査などがあります。
ここでは不整脈の検査の一つ、「心電図」について、少し詳しく説明したいと思います。ます。

 
◆◇ 「心電図」による、不整脈の検査を知ろう

不整脈の検査の基本は「心電図」です。
心電図にも色々あって、普通の人が一番馴染みがあるのは、定期健康診断の時のものと思います。

仰向けに寝ている状態で、身体の数カ所に電極をつけて、ほんの一分間ほど心電図をとるというものです。
これを「安静時12誘導心電図検査」と言い、最も一般的で基本的な検査で、定期健康診断で行う方法です。

これは、不整脈を含む、心臓の詳細な異常を、検査するというものではなく、何か異常の有無を、ざっとチェックするためのものです。

不整脈などがあった場合は、それだけの心電図からでも、特徴的な波形を読みとれるため、異常が見つかった人には、再検査を受診させ詳細を検査します。

当然、再検査では、もっと詳しい心電図をとりますが、それでもまた、異常が見つかれば、本格的な検査になります。
「ホルター心電図」と呼ばれる方法は、
1日分(24時間)の心電図をとるもので、一日の状況をチェックすることができます。

「運動負荷心電図」というものは、
安静時以外での心電図をとるもので、ルームランナーで走ったり、階段昇降を行ったりして、負荷をかけた後の心電図をとります。

安静の時には見られない不整脈が、運動時に悪化したり、それとは逆に、安静時に発症する不整脈が、運動時には解消する場合があり、それらをチェックするものです。

「心臓電気生理検査」は、
電極カテーテルを、足の付け根や肩の下にから、静脈に挿入して行います。

以上の外にも、「心臓超音波検査」「心臓電気生理検査」「血液検査」「胸部レントゲン検査」などを、必要により、医師の判断で行う場合があります。

 

 

◆◇ 不整脈には、どんな症状がでるかを、知ろう。

不整脈の症状には、主に次の3タイプがありますす。

脈拍が速くなる症状・・・この症状は「頻脈性不整脈」と言います。頻脈と合わせ動悸もあり、めまいなどの脳貧血症状をともなうこともあります。

脈拍がゆっくりになる症状・・・この症状は「徐脈性不整脈」と言います。数秒間、心臓が停止する状態が起こることもあり、脈拍が5秒以上もとぎれると、目の前が真っ暗になりめまいを起こし、7秒~10秒も停止状態では失神や痙攣を引き起こします。

脈拍が不規則になる症状・・・この症状は「期外収縮」と言い、喉が詰まった感じ・胸がぎゅっとなる・胸に不快感を感じる・胸にチクリとした痛みを感じる、というのが主な症状です。

 

 

◆◇ ストレスの解消が、不整脈の一番の治療になります。

心臓の病気や、脳梗塞からくる「不整脈」は、当然に医師による診察が必要です。

喫煙・深酒・不規則な食事・長時間労働・人間関係・運動不足 等々の、生活習慣・プレッシャー・転職・将来への不安など、ストレスは、精神的なものだけではなく身体的なものも、不整脈の大きな原因となります。

ストレスからくる不整脈を解消するには、ストレスをなくすことが大切であり、うまくストレス発散を行うことです。

ストレスが原因である不整脈は、「期外収縮」であって、
ほとんどが精神的ストレスや、身体的ストレスによって、交感神経が優位に働くようになり、全身の筋肉が緊張し、体に負担がかかっていることが原因であり、これは年齢に関係なくあらわれます。

ストレスでの不整脈の治療は、ストレスを解消すること、すなわちストレスの発散が一番です。

生活習慣の乱れは、往々にして、身体のストレスになりがちで、食生活の改善・睡眠時間の充実 等の、生活習慣の見直しが重要であり、健康体である生活に努めることが大切です。

食生活の改善については、脂質の多い食べ物・カフェイン含有の飲み物などは、日頃からあまり摂らないように、気をつけるべきです。

ストレス発散には、マッサージ・ストレッチ・軽運動・入浴なども、効果的な不整脈の治療法と思います。

不整脈

心臓の鼓動は、規則正しくドックンドックンと動いて、60回~70回/分の一定のリズムで脈拍をうっています。

この脈拍が、飛ぶ・遅くなる・速くなる・乱れる、といった不規則な状態を、総称して「不整脈」と呼んでいます。
「不整脈」の疑いがある場合は、何科と言わずに、は心臓外科ということになるのですが、一般人には「不整脈」がどういうもので、どんな症状なのかは、ほとんど知られていない状況が真実です。

ここでは、そんな不整脈治療の病院ついて、詳しく説明しております。

 
◆◇ はじめに、不整脈の原因を知ろう。

病院での治療について知る前に、不整脈になる原因を知ることが大切です。

不整脈になる原因で、もっとも多いと言われるのが「加齢」だそうです。
「加齢」で現れるのが、心肺機能の衰えです、この心肺機能の衰えが「不整脈」の主な原因となっており、誰もが年齢とともに、少しずつ「不整脈」の症状が出てくる、傾向があると言えるのです。

不整脈になるの原因で次に多いのが、日常生活における「ストレス」と言われています。

不整脈ななった方の半数以上は、心臓に何らかの障害をお持ちですが、残りの半数の方は、日常生活の「ストレス」が原因となっているそうです。

 
◆◇ つぎに、不整脈の症状を知ろう。

一般人にはあまり良く知られていない、不整脈の症状については、主に次の3タイプがあるそうです。

頻脈性不整脈・・・脈拍が速くなる症状です。

この症状は、脈拍が早くなって動悸がします。めまいなどの脳貧血症状をともなうこともあります。
重い場合は1分間に240回から250回も脈拍を打つこともあり、血圧が低下し、失神してしまうこともあります。

徐脈性不整脈・・・脈拍がゆっくりになる症状 です

この症状は、、脈拍が1分間に40回、または40回より少ない状態になります。
重い場合は、数秒間、心臓が停止する状態が起こることもあり、脈拍が5秒以上もとぎれると、目の前が真っ暗になりめまいを起こし、7秒~10秒も停止状態では失神や痙攣を引き起こします。

期外収縮・・・脈拍が不規則になる症状です

この症状は脈拍が飛ぶ状態のことで、不整脈のなかで最も多い症状です。、
喉が詰まった感じ・胸がぎゅっとなる・胸に不快感を感じる・胸にチクリとした痛みを感じる、というのが主な症状です。

心臓に何の異常もない方にも、不整脈は起こります。
これは、ストレスによる「自律神経の乱れ」が原因ですが、一過性のもので、一瞬または数十秒以内でおさまるのが特徴です。

 

 

◆◇ 不整脈は、病院は何科にお世話になるかについてか

不整脈が出た場合に、患者本人が、病院は何科に行けばいいのか、と悩むことはまずありえません。

不整脈だと、本人が悩む以前に、健康診断で異常が見つかるか、別の病気で医者にかかったときに偶然「不整脈」が発見される、というのが殆どだからです。

それは、不整脈がどういうもので、どんな症状なのかは、一般人にはほとんど知られていないからです。

健診等で、不整脈の疑いが発覚すると、医師は本人に再検査の指示を出します。
医師の指示に、従がって再検査をするかどうかは、患者本人の判断で決定しますが、放置して致命的な結果になるよりは、再検査を受けた方がいいのではないでしょうか。

特に、心臓の疾患は尚更で、対処が遅れれば手遅れになることがあります。

再検査で心電図をとり、それでも不整脈の疑いが消えない場合は、入院検査となります。
はっきり言って、この段階では、何科などと言っている暇は無く、病院から一方的に指示されるので、それに従うだけです。

もちろん、その際の病院では、内科もしくは心臓外科でしょう、然し、大抵の総合病院には、心臓外科がありませんので、内科で受信することになります。

検査入院するほどの、重症の疑いがある場合は、やはり専門である心臓外科がある病院を紹介してくれるでしょうし、致命的な症状が発見されれば、そのまま入院治療となるでしょう。

ちょっとした心電図の検査程度は、大抵はどこの病院でも可能ですが、やはり最後のチェックは専門の心臓外科で行うべきと思います。。

不整脈

不整脈の治療は、まずは電気ショックやペースメーカーなどの「物理的療法」を行い、それでも良くならない場合には、「薬物療法」を併用します。
さらには、「外科手術」があります。

ここでは、そんな心臓の病気の「外科手術」の中で、心臓に不整脈の原因がある場合の、カテーテルアブレーション治療、について説明します。

 

 

◆◇ 「カテーテルアブレーション治療手術」とは

不整脈の原因は、心臓以外の異常や疾病が多いとされています。
それでも、心臓が原因となって発症する不整脈もあるのです、その場合には、カテーテルを使用して治療を行うことがあります。

不整脈とは、脈が乱れる症状の総称のことです、その脈が乱れる原因には、様々なものがあるのです。

神経系の異常や感染症などの病気によって発症する、不整脈の場合は、不整脈の原因を治さないと回復できません

で治療することもありますが、不整脈というのは、神経系の刺激伝達に深く関連していることなので、「薬物療法」を行った場合、その薬物自体の副作用で、不整脈が発症することもありうるため、不整脈治療薬と呼ばれる薬の使用は、できるだけ控えるのが鉄則となっています。

「物理的療法」の治療にはペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)があります。
しかし、心臓そのものに、不整脈の原因がある場合は、「カテーテルアブレーション治療手術」を行います。

「カテーテルアブレーション治療手術」とは、
血管からカテーテルと呼ばれる直径2ミリ程度の細い管を挿入し、その先端についている電極を、問題部位に当てがって高周波電流を流して、問題部位の異常な細胞を電気で焼切るという方法です。

薬の副作用が心配な、不整脈治療の「薬物療法」である以上、まずは、「物理的療法」や「手術療法」などを考慮し、それだけでは治療できないと判断された時点で、薬物療法を行うことになります。

「カテーテルアブレーション治療手術」については、手術そのものは、それほど難しいものではなく、比較的簡単に実施でき、危険も少ないと言われております。

 

 

◆◇ 「カテーテルアブレーション治療手術」の問題点

カテーテルを血管に入れ、その先端を心臓の問題の部位に、高周波電流を流して、そこを焼き切る「カテーテルアブレーション治療手術」です。

この手術そのものは、さほど難しくはなく、危険も少ないと言われておりますが、問題点が無いわけではありません。

この手術は、心臓に異常部分が特定さされる場合に行われるもので、多くの不整脈の原因は、心臓以外の箇所にありますので、単独では、なかなか治療しきれない現状がある様です。

不整脈