不整脈の記事一覧

稀なこと、ではありますが、
『失神で倒れ、救急車で病院に運ばれた』などと、耳にすることがあります。
この、失神とは、血管運動神経の調節障害によって起こるもので、
ごく短時間ですが、意識を失なう危険があります。

一般的な失神は、緊張した時・精神的興奮時・ショック時に、発症します、
また、急に立ち上がったり・長時間の起立などで、血圧の急激降下によっても起こります。

主な原因としてあげられるは、「自律神経」の調節障害があるのですが、
中枢神経系・末梢神経系の障害、心臓の障害などによっても起こります。

心臓が原因となる場合には、
「大動脈弁狭窄症」と不整脈が問題であり、特に不整脈による失神発作は、
突然死につながる恐れがあり、深刻な病態と言わぎるを得ません。

めまいであっても、失神であっても、不整脈が原因で発症する場合には、
脳への血行途絶時間が、長い・短い、だけで、本質的には同じことです。

ここでは、「失神」と「不整脈」との関連性について説明しております。

 

◆◇ 徐脈性不整脈と頻拍性不整脈

失神発作を起こす原因となる不整脈を、大別すると、徐脈性不整脈と頻拍性不整脈とがあります。
このうち、失神発作を起こすのは「徐脈性不整脈」であり
洞房ブロック・心房停止・徐脈頻脈症候群・Ⅱ度モービッツ型房室ブロック があります。

極端に脈拍が遅くなり、脳への血流が十分に保つことが出来なくなるため、
脳貧血になるのがその病態です。

次の症状は、いずれも脳貧血の症状です。
一瞬、目の前が暗くなっる・気が遠くなる感じになる・
急にフワーとして倒れる・ふらつく感じがしたり、
これらの症状は、いつでも、どこでも予告なく急に、発症するものです。

大衆の目前で起こっても困りますが、誰もいないところで起こった場合、
大変危険な状況となり得ます。

本人は徐脈に気づかず、
突然失神発作で病院にかつぎこまれるケースがほとんどです。

これらの徐脈性不整脈では、
ペースメーカーの埋め込み手術により、何の不安もなく日常生活に戻れます。

頻拍性不整脈では、脈が速くなり、一回の心拍出量が低下して、
血圧も低くなるため、失神発作を起こすものです。
前兆として、動悸や頻脈の前に、めまい・失神 に気づく場合が多いので、
診断の参考になります。

頻拍性不整脈よる失神発作は、突然死につながる心房細動や心室頻拍のほか、
上室性頻拍、さらに心室応答性の高い心房細動、WPW症候群の心房細動
による偽心室頻拍など、上室性および心室性不整脈の両方が含まれています。

これらの治療は、その病態により多彩です。薬剤による治療のほか、カテーテルによる焼灼術、特殊なペースメーカーの植え込みによる治療などが可能です。これらの治療によりかなり不整脈による突然死が減少してきています。

◆◇ 不整脈の原因について知りましょう

不整脈の原因は、必ずしも心臓疾患というわけではありません。
不整脈と判断された5割以上の人が、心臓疾患ではない病気によって、
不整脈を発症しております。

高血圧症・肺疾患・甲状腺異常疾患 等々を抱えている方の多くは、
不整脈を誘発しやすい状態にあることが解っており、
不整脈で訪れた患者であるにも関わらず、不整脈以外に、
他の病気も発見された方は、決して少なくありません。

また、不整脈が見つかった時点では、心臓疾患は見つからなかったが、
不整脈の治療を怠ったことで、心臓疾患を誘発してうという事例もあります。

不整脈そのものは、大きな影響を与えるものではないと、
考えられていますが、二次的・三次的な、危険を招いてしまう、
重大な病気であることを、不整脈の発症した患者は、自覚しなければなりません。

不整脈は、自己診断がとても難しく、体調の変化を感じていても
『 疲れのせいかな 』等と、簡単に片付けてしまいがちで、
気づいた時は、入院を要する重篤な状態に、陥ってしまうことも、少なくは無いのです。

早期発見、早期治療という観点から、『 体が疲れやすい 』など、
体調の変化を感じている方は、不整脈について正しく理解しておくことが大切です。

参考までに、女性よりも男性の方が、「不整脈」になる可能性が高いので、
男性の方は特に要注意です、「不整脈」決して甘く見てはいけないのです。

不整脈

健康相談で、○○○○ と診断されたら、
病院は何科に掛かれば良い?? どこの病院が良い?? 医者は名医??
等々、いろいろと不安が現れ、頭の中が混乱した経験は有りませんか。

ここでは、『不整脈の名医とは、どんなお医者さん』
について、説明しておりますので、参考にあれば幸いです。

 

 

◆◇ 不整脈の、概要・原因・症状について、簡単に説明

不整脈とは病名では有りません。
心臓の脈拍が、乱れたり・速くなったり・遅くなったりする症候をさします。

期外収縮が、もっとも多いです節脈ですが、特に心配はありません。

徐脈性不整脈(拍動のリズムが遅くなったり、一時的に止まったりする)は、
心臓から送り出される血液量が減り、
息切れ・だるさ・めまいがあり、失神することもあるので要注意です。

徐脈性不整脈のなかでも、心室細動は、もっとも恐い不整脈であり、
皇族の急死がきっかけとなり、自動体外式除細動器(AED)が、
一気に全国に普及した。(使いこなせない人が多いのが現状)

頻脈性不整脈(拍動が速くなる)は、
動悸(頻脈感)、心不全(頻脈がつづくと心臓の働きが弱まるため)、
脳虚血によるめまい・失神などの症状があり、
突然死や脳梗塞を起こし、生命を脅かす可能性があり危険です。

 
◆◇ ドクター(名医)・病院選びのポイント

『不整脈専門医認定制度』が、名医・病院を選ぶ指針としては役に立ちます。
これは、2012年から、「日本不整脈学会」と「日本心電学会」が共同で、
スタートさせた制度です。

病院の実力を推定するには、
カテーテル・アブレーションの手術件数が、参考になると思います。
この手術は、習熟に一定以上の経験が必要な、高度な技術を要するためです。

手術件数が多い程、入院診療計画も確立されていることですから、
不慣れが原因となる、事故リスクも減と推測されるのです。

 
◆◇ 名医の条件

名医とは、評判の良いことも、条件の一つではないでしょうか。
評判が良い医者であることは、患者からの信頼にもつながります。
その条件として必要なのは、以下の様なものではないでしょうか。

・患者の痛み辛さを理解した、言葉で話せる。
・レントゲン写真等は、患者に解るように見せながら説明出来る。
・今後の見通しを、数字を入れて患者に説明出来る。
・治療の方法について、どうしたいかを患者に選択させられる。
・患者に言いにくいことも、曖昧にせずはっきりと言える。

この様に、少なくとも人間を相手にする医者にとって、
医療・マスコミ側ではなく,患者側から「名医」だと認められる条件は、

確かな知識や技術もさることながら、患者のために自分の力を還元できる、
技量と能力を持ち合わせた総合力ではないでしょうか。

不整脈

不整脈の治療法には、徐細動、ペースメーカー、カテーテル、薬物治療、
等々があります、ペースメーカーなどを使用しますが、
ここでは、そんな心臓の病気の不整脈の治療法について説明しております。

 
◆◇  徐 細 動

直流電流を心臓に与えて、不整脈を正常な洞調律リズムに戻す治療法です。

「心室頻拍」で血行が破綻・血圧が低下しショック状態になっている時や、
「心室細動」が起こったときに使用します。

重篤な不整脈が発生した時に、
強い電流を心臓に流して、不整脈を起こしている電気的な活動を停止させ、
心臓のリズムをもとにもどす方法です。

心臓が正常なら、心筋全体が規則正しいリズムで、収縮と拡張を繰り返すが、
弱った心臓の場合は、心筋の各部分が「細動」状態になることがあり、
「心室細動」が起こると、血液が流れず、放置すれば数分で死に至ります。

「細動」を停止させるには、心臓に瞬間的に強い電流を流すことが必要で、
そのための装置を除細動器といいます。
体外から除細動を行うためには、心臓を挟むような位置に一対の電極を当て、
2~7千ボルトの電圧を、千分の2秒程度加えます。

 
◆◇  ペースメーカー

重症の不整脈があり、細動が起こる危険性が大きい場合には、
ペースメーカーと言う装置を、手術で胸に埋め込みます。、
心臓の拍脈の異常を検知して、人工的に規則正しい電気信号を作り、
自動的に除細動を行う治療法です。

ベースメーカーには、
普通知られる「ベースメーカー」とICDと言われる「植込み型徐細動器」、
CRTといわれる「心臓再同期療法用ペースメーカー」、
CRT-Dの「両室ペーシング機能付き植込み型徐細動器」4種類あります。

・・一般的な普通のペースメーカー
徐脈性不整脈で完全房室ブロックや洞機能不全が適応となります。

詳しくは、別ページ『不整脈とペースメーカーとの関係』で、
説明しておりますのでそちらをご覧ください。

・・植込み型徐細動器(ICD)

ICDは、突然死予防を目的として、「心室頻拍」「心室細動」を感知して、
自動的に徐細動を行うペースメーカーです。

以下のような場合に適応します。
・繰り返し「心室頻拍」が発生し、薬物治療の効果がない場合。
・カテーテル治療を行っても、完全に抑え切れない場合。
・「心室細動」や、その既往症がある場合。

・・心臓再同期療法用ペースメーカー(CRT)

右心室・左心室を同時にペーシングし、収縮の同期性を回復させる方法です。
拡張型心筋症で薬物療法を行っても、頻繁に心不全になってしまう場合に適応となります。

・・両室ペーシング機能付き植込み型徐細動器(CRT-D)

CRTとICDの両機能を、併せ持つペースメーカーです。
重度の心不全・「心室細動」や「心室頻拍」が発症しした上に、、
めまい・失神などの症状の既往があり、EPSで心室細動が誘発された場合に適応になります。

 

◆◇ カテーテル治療

カテーテル治療は、不整脈の原因の心筋組織を焼灼する治療法です。

直流通電法と高周波通電法の2種類があり、
最近は、侵襲が穏やかな高周波通電法が主流となっています。

頻脈性不整脈(WPW症候群・心房粗動・心房頻朴・心室頻拍)の、
根治治療として評価されています。

 

◆◇  薬物治療

不整脈の薬物療法としては、次の3種類に分類できます。

・・不整脈を抑制する、抗不整脈薬
・・不整脈を発生させない、環境を整える薬剤
・・不整脈に関連して発生する、疾患に対する薬剤

抗不整脈薬それ自体が不整脈の原因となる可能性もありますので要注意です。

不整脈

ペースメーカーとは、手術して胸に埋め込む医療機械のことです。
心臓の脈拍を監視し、異常が起きた場合に、電気ショックを流すことで、
脈拍のリズムを、正常に戻す役割をするものです。

ここでは、この「ペースメーカー」を、埋込む必要のある「不整脈」について、
詳しく説明しております。

 

◆◇ ペースメーカーと不整脈(心房細動)との関係

一般的には、
心房細動に対しては、ペースメーカー治療を行うことは有りません。

心房部の異常である「心房細動」と言う、不整脈の基本的な治療は、
「投薬治療」と「カテーテル療法」があげられます。

「投薬治療」は、脈拍を下げる効果のある薬を服用、症状改善を狙います。
「カテーテル療法」は、心臓の原因箇所を直接治療するという方法です。

然しながら、「心房細動」の症状が進行し、慢性化してくると、
疲労状態の心臓になり、脈が遅くなるという状態になることがあります。
これが、「徐脈性心房細動」という不整脈です。

この徐脈状態では、発作時に、脈拍の一時的停止・めまい・たちくらみ、
最悪、失神ということもあり、特別に注意が必要な状態といえます。

ペースメーカーは、胸に埋め込まれ、常に心臓の動きを監視していますが、
異常が出た時には、心臓に直接電気を流して、ショックを与えることで、
脈拍を正常に戻すことを、役割としておるのです。

「心房細動」が慢性化してくると、徐脈症状が出る事が多くなり、この際は、
投薬治療やカテーテル療法ではなく、ペースメーカーを身体に埋め込み、
発作時の症状を緩和していく、治療方法が主流となるのです。

 
◆◇ ペースメーカーの、埋め込み手術について

ペースメーカーを使用しての、治療となった場合は、
外科的手術により、胸に、ペースメーカー埋め込む手術を行います。
手術に要する時間は、一般的には、1~2時間程度で終わるようです。
手術後は、1週間程度で退院はできます。

但し、ペースメーカーの電池交換のために、再手術の必要もあるのです。
電池交換の時期は、作動頻度により消耗が違うで、個々によって異なります。

 

◆◇ ペースメーカー埋め込みのための費用と寿命

ペースメーカーは、高額な器具ですが、

費用は健康保険にて、負担されますので、余り心配は要らない様です。
特に、病院の中でも『更正医療認定施設』で手術を受けますと、
費用は安くなりますので、良く医者と相談されて手術を受けて下さい。

ペースメーカーの電池の寿命

現在使われているペースメーカーの寿命は最低6年はあります。
このため電池交換は、特に異常がない限り、手術後6年目となりります。

ペースメーカー植え込み後の日常生活

一般的に、特別な日常生活での制限はありません。
このため、飛行機での旅行、スポーツ等も問題はありません。
ただし、空港の金属探知器で探知される可能性がありますので、
あらかじめ、空港係員にお知らせしていたほうがよろしいと思います。

但し、ペースメーカーを必要とする元の病気の種類により、
日常生活の内容は異なりますので、あくまでも主治医にご相談された上で、
日常生活の制限の範囲を決めてください。

不整脈

健康診断で不整脈と言われたことがありますか?
不整脈にも様々な種類のものがあり、全てが危険なものではないですが、
死に至る危険な不整脈も存在します。
今回は、放っておくと危ない不整脈についてお話しします。
ここでは、「めまい」「動悸」「危険な不整脈」について説明しております。

 
◆◇ 放っておくと怖い不整脈とは、「めまい」などの症状がある。

心臓の役割は、身体全体に血液を送り出すポンプの機能を担っています。
この役割を担うには、心臓内に存在する“刺激伝導系”と呼ばれる電気信号を伝える、経路が必要不可欠です。

この経路に大きな異常を生じさせる、「不整脈」も中には存在するのです。
この様な「不整脈」があると、心臓が十分に血液を送り出せなくなって、
身体全体に血流や酸素が行き渡らず、「めまい」などの症状が出てきます。

「十分な血液を、送り出せなくなる、心臓の状態」を作り出す、
または「作り出す可能性のあるもの」が、放っておくと怖い不整脈なのです。、

次項から、怖い不整脈を具体的に見ていきましょう。

 

◆◇ 具体的な、放置できない「めまい」がある、怖い不整脈

①心室細動
心室細動と言う不整脈は、突然死につながるので、緊急な治療が必要です。
心室筋が無秩序に興奮して、心臓のポンプ機能が破綻した状態です。
めまい・失神があり、脈をふれません。
急性心筋梗塞・心筋症・QT延長症候群などは、
基礎疾患がある人にみられやすいので、十分な注意が必要です。

②心室頻拍
心室頻拍は、心室細動に移行することもあり、突然死にもつながります。
心室から、規則的な、速いペースの興奮が発生して、脈が速くなります、
動悸や息切れ、めまいなどを生じます。
緊急治療が必要な、不整脈の一つでもあります。

③心房細動
心房細動は、心臓の上側(心房という)のいろいろなところが無秩序に興奮し、
この興奮が、正常に心筋全体に、伝わらない状態での不整脈です。
加齢とともに増加するといわれており、動悸・胸痛・胸の違和感 などの、
症状が見られることもありますが、無症状の場合が多くあります。

この不整脈が、怖いとされろのは、心房内に血栓が生じ易くなって、
この血栓が、脳などの血管に飛んで塞栓症をきたす可能性があることです。
心疾患がない人でも、高齢者や高血圧、糖尿病などの人は塞栓症の頻度が高くなります。

④QT延長症候群
これは、他の不整脈と比べると異質な不整脈と言えます。
脈拍が正常なために、症状がなければ通常は気づかれません。
心電図で、QTと呼ばれる部分が、通常より長くなっているのが特徴です。
無症状の場合は、健康診断でもないと、指摘されることがありません。

症状がある場合は、失神発作を繰り返すことで気づかれます。
この不整脈は、心室細動に移行して突然死する可能性があります。

⑤その他の怖い不整脈
脈の、早い遅いにかかわらず、心臓が十分に血液を体内に、送れなくなると、
脳などの組織に、酸素を供給できず、めまいなどの症状が生じます。
脳は、酸素欠乏に陥ると、大きなダメージを受けてしまいますので、
症状がある不整脈の場合は、早急に治療が必要です

 

◆◇ 病院に行くべき人はどんな人?

心臓に持病のある人
狭心症・心筋梗塞・心筋症 などの持病の方は、めまい・動悸などの症状が、
少しでも見られる様なら、病院へ行きましょう。

高齢者の方、
動悸が長引く、胸になんとなく違和感がある、という方は、
心房細動の可能性があるため、病院に行って精査を受けましょう。

大きな病気をしたことのない人
脈が1回飛んだ、一瞬動悸がした、程度であるならば
この程度は、生理的にも見られる現象ですから、心配はありません。

問題は、動悸が長引いたり、目の前が真っ暗になったりする場合です。
この場合はすぐに病院に行きましょう。

また、健康診断で心電図異常を指摘された人は、無症状であっても
大きな病気が隠れている可能性がありますので、必ず精査を受けましょう。

以上の様な不整脈は、発見し治療するまでの時間が、生死を分けるのです。
不安に感じる症状、健康診断で心電図異常などがあれば、
時間が勝負の危険な不整脈です、ためらわずに病院で診察をうけましょう。

不整脈

生活するうえで、欠かすことのできないホルモンを、分泌する「甲状腺」。
「甲状腺」に関する病気では、「バゼトウ病」が有名です。

ここでは、「甲状腺」の病気と「不整脈」の関連について説明しております。

 

◆◇ 甲状腺の働きとは、どんなことですか。

甲状腺は、首の前側の、「喉仏」のすぐ下にあります。

形状としては、『蝶が羽を広げた様』な形で、気管を包み込むようにあり、
大きさは、縦4cm、厚さ1cm、重さ15g位の、小さな臓器です。

甲状腺は、柔らかいので、通常は、外から手で触れても解りにくいですが、
腫れると、手で触ることができ、首を見て直ぐに、腫れているのがわかります。

甲状腺の機能は、
食べ物に含まれている、ヨウ素を材料として、「甲状腺ホルモン」を作り、
血液中に分泌するところです。

「甲状腺ホルモン」には、
体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにする機能があります。
つまり、人間が毎日活動するための、必要なエネルギーを生産する、、
快適な生活を送るために、無くてはならないのが「甲状腺ホルモン」です。

「甲状腺ホルモン」は多くても、少なすぎても体調が悪くなってしまいます。

 

◆◇ 甲状腺に関する病気の不整脈の症状

心臓の鼓動(心拍)は、一般的には、
身体の左側を、、下にして横なれば誰でも感じることができるものです。

然し、不整脈の症状と言うのは、心拍の感じ方には個人差があるために、
自覚症状が、解る人もいれば、そうでない人もいます。

不整脈の、原因とされている病気には、

「冠動脈疾患」「心臓弁障害」「心不全」といった心疾患がありますが、
一方、この心疾患の治療に用いられる処方薬の中にも、
不整脈を誘発する作用のある薬もありますので、要注意と言えます。

他には、先天性心疾患・加齢による変化によっておこる不整脈もあります。

さらに、甲状腺ホルモンが、多く分泌される病気である、
「甲状腺機能亢進症」では、心拍が増える「頻脈性不整脈」が起こります。

逆に、甲状腺ホルモンの分泌量が少ない病気の、
「甲状腺機能低下症」では、心拍が減る「徐脈性不整脈」が起こます。

これらの病気の治療の際は、不整脈について十分注意が必要です。

 

 

◆◇ バセドウ病とその症状

バセドウ病と言うのは、
特殊な「抗体」が作られ、この「抗体」甲状腺を刺激して、
過剰に「甲状腺ホルモン」を分泌させてしまう「甲状腺機能亢進症」です。

この病気は、女性に多く発症が見られ、、2~5百人/人位が患者数です。
甲状腺ホルモンが、過剰に作られるために、新陳代謝が盛んになりますので、
バセドウ病で現れる症状は、次のようなものです。

眼球が出てくる・髪の毛が抜ける・排便の回数が増える
疲れやすだるい・汗が異常に多い・暑がりになる・不整脈(頻脈)・動悸
手足がふるえる・甲状腺が腫れる・食欲が旺盛である
イライラする・眠れない・かゆみがある
口が渇く・微熱が続く・息切れがする

これら症状には個人差があります。
また、心臓病や更年期障害と勘違いしないよう、注意が必要です。

不整脈

「不整脈」と聞くと、病気が原因で起きると、考える人が殆どと思います。
実は、「自律神経失調症」が原因で、不整脈が起きてしまう
という可能性も十分考えられるのです。

ここでは、「不整脈」と「自律神経」との関連性について説明しております、
是非参考にされて、健康管理の知識を高めてください。

 
◆◇ 「自律神経」は、意識していなくても、自然に働いています

生命維持に必要な、呼吸・心臓の動き・血液循環・消化吸収活動など、
すべての機能をコントロールしている、神経のことをいいます。
自分が意識していなくても、自然に働いているのです。

この自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2種類があり、
お互い、対照的な働きをしており神経です。
「交感神経は」は、心身の活動をさせるための神経で、主に昼間働きます。
「副交感神経」は、昼間の緊張をゆるめ、心身を休息させるための神経で、
リラックスしたり、夜眠っているときに働いています。

『昼は活動 夜は眠る』という生活のリズムが、健康の基本と言うのも、
この自律神経のリズムに合わせて、暮らそうという意味なのです。
交感神経と副交感神経が、互いにバランスをとりながら働き、
また、そのスイッチが自然に切り替わることで、疲れた身体と心に休息でき、
機能が修復されるからこそ、私たちの健康は保持されているのです。

 

◆◇ 自律神経失調症とは、どの様な病気か。

自律神経失調症とは、「交感神経は」「副交感神経」の切り替え機能の、
低下が生じ、バランスをとることができなくなる病気のことです。

自律神経失調症になるとこの命令がうまく伝わらなくなることから、
心身にトラブルが起きるようになってしまいます。

たとえば、
頭痛・耳の閉塞感・のどの渇き・動機・めまい、などの症状が起き、
心の方にも、ダメージが起き出してきて、
理由もないのに、落ち込む・不安に苦しむ、等に悩むようになります。

大きな特徴は、「症状はひとつではない」ということです。
いろいろな症状が、一気に同時に現れるのが、自律神経失調症の特徴です。

みなさんは、自律神経失調症という病気を御存知でしたでしょうか。
このように、自律神経失調症は、
心身に、いろいろな病気を引き起こすことが、問題なのでありますので、、
診断された場合は、十分に注意しなければなりません。

 

◆◇ 自律神経失調症と、不整脈との関係について

心臓は、正しい速度でリズミカルな、鼓動をうつからこそ、
健康な状態を維持していけるのです。

自律神経失調症になると、リズミカルな鼓動の、維持ができなくなり、
不規則な鼓動となって、いろいろ悩まされることが増加します。
この場合は、不整脈よりも早く、自律神経失調症の治療が求められます。

自律神経失調の状態で、不整脈の治療をしたとしても、
根本的な原因である「自律神経失調症」を治さない限り、
繰り返し、似たような症状で苦しむことになってしまうからです。

 

◆◇ 自律神経失調症の治療はどの様にして

通常は自律神経失調症の病気は、
ストレスなどの原因が多いことなので、その治療から実施していきます。
心療内科の診察を受け、投薬治療を行いながら、
心の休息を、確りととれるような状態にもっていくことが大切です。

自律神経失調症の治療は、簡単なことではありませんが、
気長に時間をかけて行っていけば、必ず完治できます。

 

◆◇ 自律神経からくる、不整脈に対する治療の紹介

日常の生活環境条件を整え、自然治癒力を発揮させることが重要です。

不整脈には、特に酸素を多く取り込ませることがポイントとなるので、
そのためのドックブレスと言う、早呼吸法が簡単です。
つまり、犬が早く呼吸する方法を、数を数えながら500回行うと、
不整脈がよくなってきますので、試してみてください。

不整脈

食べ過ぎの生活習慣は、肥満をもたらし、現代病予防には、特に要注意です。
この食べ過ぎが、度を過すことで、身体の負担が増し、
心臓に負担をかけることになり「不整脈」を起こすことも有り得るのです。

生活習慣に関しては、「高血圧」も有名な病気です。
血圧が変動するのは、「不整脈」の発症かれ、ということではありませんが、
逆に「高血圧」のために「不整脈」が出る事が有りますので、
血圧の管理には十分な注意が必要です。

ここでは、「不整脈」と「高血圧」との関連性について説明しております、
是非参考にされて、健康管理の知識を高めてください。

 

◆◇ 「不整脈」と「高血圧」とは、関連性が有ります。

不整脈と血圧は、無関係のように思いがちですが、
実際は、高血圧が不整脈を発症させるという、事例が沢山有るのです。

血圧が不整脈を、直接発症させているのではありませんが、
『 強い圧力で、身体内に、血液を送る 』と言うのが、高血圧であり、
このことが、不整脈の一つの原因となるのです。

高血圧が続いている事は、心臓の肥大や負荷の増大が重なっていることであり、
その結果として、不整脈が発症しやすい事になるのです。

不整脈のうち、「心室細動」とは、
心臓の動きに乱れがあり、正常に血液をに送り出せない状況です。
つまり、それはポンプ圧がゼロになることなので、急激に血圧が下がります、
放置してたら、数分で死に至りことになります。

この状態は、「低血圧」と言う病気では無いので、
心臓病発作から、発症した不整脈による、血圧の低下という、
捉え方をは、すべきではありません。

「心室細動」が発症するときは、同時に「心不全」に陥ってしまいます、、
そして、ほとんどの患者が亡くなってしまうからです。

つまり不整脈とは、脈拍が有るという条件の下で、発する症状であります。
とは言っても、脈拍が乱れるとしたら、血液の圧力に無関係ではありません。

「不整脈」は「症状」で、「血圧」は「状態」としてとらえるべきです。
「不整脈」「血圧」どちらも、それ自体が何らかの「異常」というよりは、
「原因」による「結果」ですから、
「原因」を抜きにして、関連性を語ることは出来ません。

 

◆◇ 高血圧を治すには、生活習慣を治す事からスタートです。

不整脈の患者は、高血圧の症状も患っていることが多く見られます。
高血圧を放っておく事は、致死性の不整脈を引き起こしたり、
最悪の場合には、死に至ることもあるますで、注意が必要です。

高血圧患者は、生活習慣の改善をすることが大切です。

「血圧」とはその名の通り、血液を身体内に送り出す際の圧力を指しており、「心拍出量」と「血管抵抗」という医学用語があります。

「心拍出量」とは、心臓が送り出す血液の量のこと、
「血管抵抗」とは、血流に対する抵抗のことをいうのです。

「高血圧」の状態は、
この「心拍出量」や「血管抵抗」が高い状態の事を指しているのです。

「高血圧」状態が恒常的に続いていると、
心臓は疲弊するだけではなく、動作にも異常が生じてきます。
この動作の異常が「不整脈」の症状になって現れて来るのです。

致死性の不整脈には「心室細動」などがありますが、
「心室細動」を引き起こすことで、心機能の低下が生じ、
身体へ血液を送ることができなくなり、死亡するケースもあるのです。

不整脈や高血圧という症状は、大体が生活習慣の中に原因が隠れています。
アルコール・喫煙・暴飲・暴食・運動不足 等々、これらは以前から、病気を引き起こす大きな原因といわれています。

定期健康診断で「不整脈」「高血圧」と診断された場合の、
今までと同様の生活していては、治る事はまずありません。
今の生活行動を変える以外、健康への道はないと思わなければなりません。

不整脈

朝起きたら、何となく、息苦しいと感じることがあると思います、もしかして不整脈の初期症状かもしれません。

ここでは、そんな「息苦しいと感じる」事と、不整脈との関連をについて、みてみようと思います。

 
◆◇ 不整脈の有無の確認は、深呼吸で

不整脈の自覚症状は、なかなか、解らないのが多いものですが、見つける方法もあることも事実です

『大きく深呼吸をすること』これが、不整脈は簡単に見つけるには、大切な行動になります。

不整脈に関わる、肺・心臓 等の、全て臓器を使って行われる行動が、深呼吸ですので、この深呼吸が、うまく出来ない場合は不整脈の可能性があります。

深呼吸は、空気をゆっくりと鼻から吸い込んで、ゆっくりと口から息を吐き出す、一連の行動です。
運動の後、無意識に良くやる行動ですし、ラジオ体操では有名ですね。

空気を鼻からを大きく吸い込んだ際、肺を通り、心臓に酸素を供給します。

しかし中には、次のような症状の方も居られます。
空気をを吸い込んでも、酸素を上手に、肺から心臓へ送りこむことが難しかったり、
心臓に酸素を送ることが出来たとしても、口から息を吐き出す時に、上手に二酸化炭素を出せなかったり、吐き出す際、胸が息苦しい感じがする事があるのです。

このような症状がある場合には、心臓の病や不整脈を疑ってみる必要があります。

 

◆◇ 深呼吸で、息苦しさを感じた場合

深呼吸をした際に、息苦しさを感じる場合、そうでない場合でも息苦しさを感じる場合は、心臓疾患の疑がいがあります。

この息苦しさを、放っておくと不整脈の原因となってしまいますし、

さらに、放置してしまうと、肺に血液が溜まったり、その結果、意識を失い痙攣を起こしたり等、心筋梗塞の誘発を促進することになます。

息苦しさを感じるようであれば、早めに医院で、できれば循環器科を受診することをお勧めいたします。

息苦しさの応急処置として、
もし、息苦しいと感じた場合には、身体を横にして息苦しさがおさまるまで待ちます。

10分程度で、通常の状態に戻れば、問題ありませんが、10分経っても通常に戻らない様な場合は問題です。

無理に起きたり、歩いたりすることで、症状を進行させることになるので、この場合は、直ぐに救急車を呼んで下さい。

『息苦しい』と言って、不安がつのると、一層『息苦しい』状況を感じてしまい、呼吸困難になってしまいます。

本人も・周りの人も、慌てず、冷静さを保って、対処することが重要です。

不整脈

ミスタージャイアンツと呼ばれた、長嶋さんの脳梗塞は、不整脈がが起因していると言うことですが、心臓の病気と「脳梗塞」とどんな関わりがあるのですしょうか?

ここでは、そんな「脳梗塞」と「不整脈」との、関係について、少し詳しく見ていきたいと思います。

 
◆◇ 「脳梗塞」は「脳卒中」と言う病気の、一種です。

脳に関係する病気に、『脳卒中』『脳梗塞』『脳塞栓』等々、いろいろ聞きますが、整理すると次のようになります。

・・・『脳卒中』 ・・・『梗塞脳』・・・『脳梗塞』
・・・『脳塞栓』

・・・『脳出血(脳溢血)』

・・・『くも膜下出血』

「脳梗塞」とは、『脳卒中』の『梗塞脳』の一種とすることが出来ます。

脳の動脈が詰まり、血液が脳に流れ無くなる病気ですが、脳梗塞にはいくつかの種類があります。

「心原性脳塞栓症」では、心臓の中で血栓(血の固まり)ができ、これが何かの拍子に、脳に流れ出して、脳の動脈が詰まる事でおきます。

不整脈にも色々種類がありますが、「心房細動」という不整脈が、心臓の中に血栓が出来易くするといわれています。

「心房細動」があれば、血栓が必ずできる、訳ではなく。
「心房細動」が有る人のなかでも、高血圧・糖尿病・心不全などの持病があったり、脳梗塞・一過性脳虚血発作を起こした経験者、75歳以上のご高齢の方、などの幾つかの要素が重なるとことで、血栓ができる危険性が増すことなのです。

心房細動に対する治療には、外科手術や、カテーテル治療などが行われています。

心房細動が治れば、脳梗塞は発症しにくくなりますが、心房細動が治らなくても、血をサラサラにするお薬を飲む「抗凝固療法」でも脳梗塞は発症しにくくすることはできます。

 

 

◆◇ 「心房細動」と「脳梗塞」の関係をもう少し詳しく

前項では、『 心原性脳塞栓症が、不整脈が原因して起きるもので、

全体の3割弱程度を占めます 』と、説明しました。

ここのところを、もう少し詳しく説明します。

心房細動は、比較的軽度な不整脈と判断されがちですが、心房細動が持続すると心房内に血液の流れがよどみ、血液の塊(血栓)ができ、特に左房で形成された血栓が、脳にとびこみ、脳の主要な血管(脳動脈)が閉塞されると心原性脳梗塞を引き起こすことになるのです。

これ以外の脳梗塞は、生活習慣が原因して、動脈硬化が起き、脳動脈が徐々に狭くなるもので、ラクナ梗塞・アテローム血栓脳梗塞 と呼んでいます。

「心原性脳梗塞」は、何の前触れも無く、突然脳動脈を塞いでしまい、主要な血管が詰まることが多いので、重い症状の場合が多くなります。

この場合、発生後5時間前後で、死に至る事がが多々ありますので、すぐに救急車を呼び、病院で処置する必要があります。

心房細動そのものは、致死的な不整脈ではありませんが、脳梗塞になると非常にリスクが高くなり、死に至るケースも多くなりますので、心房細動の治療、未然の予防が必要です。

不整脈