百日咳の記事一覧

百日咳の潜伏期間は、5~14日と言われておりますが、一方発症してから、
完治までの、治療期間はどの位、掛かるのでしょうか。、
ここでは、百日咳の治療期間と、治療に関する事ついて、詳しく見ていきます。

 
★★ まず、百日咳の症状について、簡単に解り易く説明します。

百日咳は、症状の経過によって、大きく、次の3期に、分けられています。

①カタル期
鼻水・咳・くしゃみ・微熱 等の風邪と同じような、初期症状があらわれます。
咳は、徐々に酷くなり、1~2週間で、痙咳期に移行します。

②痙咳期(けいがいき)
初期症状の発症から、1~2週間で、痙咳期に移行します。
この痙咳期は、百日咳特有の、特徴的な咳が見られるようになります。

エホエホ・コンコンと短い間隔で、5~10回以上連続した咳(スタッカート)
の後に、咳の最後に息を吸うときに、ヒューと笛を吹くような音の呼吸音、
(フーピング)が聞こえます。

これが百日咳の、一番の特徴といえるものです。

咳発作の時に、一緒に粘度の高い痰がでることが多い様で、このような咳発作は、
夜間に出ることが多く、咳き込みによって、チアノーゼ・嘔吐・眼瞼浮腫・
結膜充血 等が起こることがあります。この発作は2~3週間程、継続します。

但し、6ヶ月未満の乳児の場合は、息を吸い込む力がまだ発達していないため、
咳発作のあとの息を吸う際に、フーピングが、出ない場合が多く、
チアノーゼ・痙攣・無呼吸発作などが起こります。

③回復期
この時期は、咳発作は次第に弱くなり、時折、咳発作を起こしつつ、徐々に、
回復していきます。

だいたい、全経過2~3ヶ月で回復し、完治まで3か月未満と見てください。

但し、大人の場合は、子供よりも軽症で終わることが多く7日以上続く咳が、
主な症状で、息を吸い込むときのフーピングが出ないことが、多いです。

そのため、診断や治療が遅れてしまうことがあり、乳幼児への感染源となって、
しまう事があり、十分な注意が必要です。

 
★★ 抗生物質が、百日咳の治療に、力を発揮する薬です。

百日咳に罹ったとしてもも、治療薬が開発されているために、すぐに病院へ、
行き、薬の処方を受けることによって、感染を防ぐことが出来ます。

百日咳の治療薬としては、 ミノマイシンや ジスロマックと言うの、抗生物質で、
細菌に対し直接効果を与え、細菌が生存できなくさせる、効果を持つ物質です。

この、抗生物質の場合は、細菌の、タンパク質合成活動を、阻害することにより、
細菌の増殖を防ぎます。

高濃度の抗生物質になると、細菌を死滅させる程の、効果もありますが、
反面、安全に使用できるようにと、基本的には造られてはおりますが、稀に
副作用が生じることも、有りうるのです。

然し、 ある程度までに、進行している症状の場合には、症状を治せませんが、
細菌の増殖は、防ぐことができるため、それでも、使用する意味はあります。

基本的には、百日咳の感染は、四種混合ワクチンの接種を、受けたことのある方
については、感染はしませんので、安心してください。

また、大人の場合の症状は、軽症の場合が多いため、自分でも 気がつかないで、
居る場合が多いですし、軽い症状の場合は、自然治癒することができるのです。

但し 周りには、菌を感染させてしまうことになるので、完全に治癒するまでは、
きちんと治療をすべきですし、出来れば仕事を休んだ方が良いと思います。

 
★★ 治療の前に、大切な百日咳の予防、定期的なワクチン接種です。

ワクチン接種をしたとしても、10年ほどで効果が消滅してしまうため、
それ以降でも、定期的にワクチン接種を受ける必要も、有ると思います。

百日咳に罹ってしまうと、咳はずっと、出続けることになりますので、
他人に、菌をうつしてしまわないように、マスク着用は義務と言えます。
マスクで、菌が、空気中に飛び散ってしまうのを、防ぐことができるのです。

体内に、細菌増殖するのを抑えるためにも、きちんと薬を飲むことが大切です。

咳が出始め、それが何日も続き、一向に治らない場合は、病院へ行って、
診断してもらう事が大切です。
若しかして、百日咳にかかっている可能性が、あるかも知れないのです。

百日咳の診断は、素人判断で悩んでいるよりも、病院へ行き検査を受けることで、
確定診断をしてもらえるのです。

百日咳

百日咳は、最近では、年令には関係無く、誰でも罹る病気の様です。
大人が百日咳にかかると、咳をした時に、子供が感染する、危険性があります。
ここでは、百日咳に罹った、大人の症状と熱について、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳は、大人の患者も多くなり、子供の病気では無くました。

百日咳と言う病気は、百日咳菌という、細菌の感染によって、、引き起こります。

然し、咳などの症状発作は、この百日咳菌が、どのように作用しているか等の、
発症の仕組みは、未だもって、明確には解明されてい無いのが実情です。
百日咳に罹った症状は、苦しく・長く、「咳」が続くですが、乳幼児の場合は、
肺炎や脳症を併発し、重症化するので、大人と違った症状に注意が必要です。

今は、百日咳は、子供だけではなく、年令に関わらず、誰でも罹る病気です。
従来は、1才未満の乳児に、罹患者が多く見られましたが、大人も増えています。

四種混合ワクチンの予防接種で、百日咳の予防は、可能なんですが、
年月の経過につれて、予防接種したとしても、ワクチンの予防効果は減弱して、
接種してから、数年後に、百日咳に罹ってしまう、ことがあるのです。

長期に渡り続く、という、”特徴のある咳 ”で、
百日咳と診断がつくのですが、

特徴のある咳 「発作性痙攣性咳嗽」は、大人では、見られることが無いために、
百日咳の診断が出される前に、周囲への感染を広げてしまうこともあります。

診断の難しい百日咳は、長引く風邪・蓄膿症・喘息・結核 等の疑いで、
治療されてしまう場合も、ありますので、大人の症状には、特に注意が必要です。

最近は、大人に多い病気とはいっても、その割にあまり話題にならないのは、
大人の場合、百日咳に罹っても咳が長引く程度で、重症化例が少ないからです。

然し、深刻なのは、大人から子どもへの感染です。
乳幼児に感染してしまうと、咳がひどくなり、時には死にいたるまでに、
子供は重症化しやすいのです。

また、肺炎や脳症などの、合併症も起こし易く、危険な病気でありますので、
子供たち、周囲の弱者には、うつさないためにも、配慮が必要です。

 
★★ もっと詳しく知ろう、百日咳の症状について。

大変特徴的な、百日咳の咳の症状は、気管支が痙攣するような咳が出ることです。

どのな咳かと申しますと、一度聴いたら、忘れられ無い程、特徴的な音です。

①短い間隔で、エホ、エホ、コン、コンと言う咳が、 「スタッカート」です。
②息を吸い込んで、ヒューと、笛の音のような呼吸音が、「フーピング」です。

この②のフーピングが、百日咳の咳の一番の特徴といえるものです。

・喘息の場合の発作は、息を”吐く”時に、ヒューという呼吸音が聞こえます。
・百日咳の場合は、息を”吸い込み”ながら、ヒューという呼吸音が聞こえます。

①②のような咳嗽発作を繰り返すことを、「発作性痙攣性咳嗽」と言い、数分~30分も、続きます。

この「発作性痙攣性咳嗽」は、しばしば、嘔吐を伴うことがあります。

「発作性痙攣性咳嗽」が見られれば、ほぼ、百日咳の診断は簡単ですが、
年長児や成人であっても、「発作性痙攣性咳嗽」は、明確には見られません、

「咳が長く続いて苦しそう」というくらいの症状しか見られず、
「特徴のない咳が永く続く」のが、特徴かもしれません。

★★ 百日咳菌の、感染を防ぐには、定期的な予防接種が一番良い方法です。

前述しましたように、過去にワクチン接種の、経験があったとしても、
10年以上経過すると、予防効果は消滅してしまいます。

不安のある方は、定期的にワクチン接種を受けて置くべきと思います。
自分の過去の、接種歴を確認しておき、抗体が減少する時期に合わせて、

ワクチンを再接種することにより、常に抗体を、体内に保つことができます。

尚、大人の百日咳は、初期に38~39℃程度に発熱することが有りますが、
一般的には、熱は比較的軽いか、全く見られない事が多い様です。

百日咳

百日咳とは、世界中に見られる病気で、多くは、1歳未満の乳児に多い病気と、
されていましたが、然し、最近の日本では、大人の百日咳が増加しています。

百日咳は、生後6ヶ月未満の乳児は、特に重症化しやすく、
最悪の場合は、死に至る危険性が高いため、感染には十分な注意が必要です。

ここでは、百日咳の感染期間と、その関連事項について、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳は、いつまで他人にうつります(感染期間)か?

百日咳菌の感染力は、非常に強力ですので、感染機関が気になります。

発症後の、約3週間は、菌の排出が最も強い時期ですので、他人への感染に、
気を付けなければならない、感染時期となります。

然し、大人の場合は、「発作性痙攣性咳嗽」 が、謙虚に出ないこともあって、
気が付かないままに、長期間に渡って、感染源になっていたと言う事例が、
数多くあります。

特に、初期症状から、2週間経つ迄の「カタル期」には百日咳と診断することが、
とても難しく、百日咳菌の免疫が無い場合は、7割以上の確率で、感染します。

 
★★ 何故、大人が百日咳に、感染し易いのか。

ワクチンの接種によって、百日咳は、未然に感染を防ぐことが出来る病気ですが、
残念ながら、ワクチン接種後の、予防効果は10~12年しかありません。

ワクチン接種後、3~5年で、百日咳菌の抗体が、徐々に減少始めていく事が、
今の医学では、そんな現象を、解っているからです。

その上、生後3ヶ月以降に行われる、四種混合ワクチンの、3回目の予防接種を、
受けた以降は、定期的にこの予防接種を、受ける人が少ないのです。

というより、成人用のワクチンは、欧米では認可されているものの、
日本では実用化に至っていないのが現状なのです。

さらに、『 なんだか、咳が、何時もより長引くなぁ 』と思っているうちに、
実は、百日咳に感染していた等と、後で、気付くことが良くあるのです。

これも、大人の百日咳の症状の、診断を、困難にしている現状です。

この様に事が、百日咳に、感染する大人が多い、現実でもあるのです。

感染機関が過ぎても、決して油断のできないのが、百日咳でもあるのです。

 
★★ 百日咳は、マスクで感染と悪化を防ぐ事が出来ます。

百日咳の細菌は、咳・くしゃみ 等による、飛沫感染と、口に当てた手からの、
接触感染が、良くある感染経路です。

細菌の排出が最も多いのは、発症開始から2~3週間程度の「カタル期」です。

従って、まずやるべきことは、咳が出たら、感染予防策として、
・家族など、患者との濃厚接触者は、感染予防投与として、10日~2週間
マクロライド系抗菌薬を投与する。
・もし、濃厚な接触があった場合は、百日咳の、症状が無い場合であっても、
3週間は、百日咳の発病が無いかを、観察をする。

このような対策で​百日咳の発病を防ぐことが勧められます。

さらに、日常生活での、注意点としては
・マスク着用で、咳からの飛散感染を防ぐ。
・咄嗟に出る、咳やくしゃみは、手ではなく、袖や衣服の内側で覆う。
・使用したティシュには、病原体が付着しているため、すぐゴミ箱に捨てる。
・手洗いは、石鹸やアルコール消毒などで、病原体を広げないようにする。

咳は、油断していると、ちょっとした刺激でも、出やすいものです、
タバコの煙・ほこり・冷風・乾燥 等に誘発されて、咳き込むことが多いので、

自分自身が禁煙をするのは当然ですが、咳が出ている様な時は、人ごみなどを、
さけるようにするのがエチケットであります。

マスクを着用することは、他人への感染防止の、配慮だけではなく、
冷風・乾燥による刺激から、自分自身の病気の悪化防止の役割もします。

高齢者の場合は、尚更のこと、咳の症状をこじらせると、肺炎や気管支炎 等を、
併発することに繋がりますので、確りとマスク着用をするべきです。

出来れば、他人へ感染するのを防ぐためには、咳が軽くなるまでの、カタル期は
仕事を休むの様に心がけるべきでしょう。

百日咳

授乳中

大人は、通院で治る、百日咳ですが、6か月未満の赤ちゃんが罹った場合は、
呼吸が止まる可等特に重症化しやすく、死に至る危険が高い病気です。

ここでは、赤ちやんが、百日咳荷か方時の症状について、詳しく見ていきます。

 
★★ 赤ちゃんが、百日咳に罹った時の、症状について。

百日咳と言う病気は、生後6ヶ月未満の赤ちゃんには、大変怖い病気です。
肺炎や脳症を併発する場合があり、重症になるので、特に注意が必要です。

赤ちゃんに多く見られる、百日咳の初期症状は、風邪に似てとても間違いやすい、
くしゃみ・鼻水が出始め、この状況が、1週間~2週間位、継続するのです。

その後は、咳が出始めて、苦しそうに顔を真っ赤にして、
エホ・エホ・コン・コンと、短いくて、長く、咳込みすることです。
これを、スタッカートと、言っております。

続いて、急に息を吸い込んで、笛の音の様な音の、
ヒューヒューと呼吸音が出る様子が現れます。
これを、フーピングと、言っております。

このフーピングが百日咳特有の発作なのです。
これを「発作性痙攣性咳嗽」と言っております。

然し、特に生後6ヶ月未満の乳児では、
気管支が弱いため、息を吸い込む力が、弱いので、スタッカートやフーピング、
すなわち、「発作性痙攣性咳嗽」は、良く聴かれません。
「よく咳をする」程度にしか、見えないこともありますので、要注意です。

この苦しそうな咳は、夜中や明け方に多く見られて、2~4週間位も長く続く、
こともある上に、嘔吐を伴ってくる事もあるのです。

1歳に満たない赤ちゃんの場合ですと、痰をうまく出す事が出来ない上に、
長く続く激しい咳の為に、呼吸困難に至ることが多いので、とても危険です。
できるだけ目を離さないように、気をつけて看病して下さい。

この様な百日咳ですが、咳があっても、発熱することは、あまり有りません。

百日咳の抗体は、母親から十分に移行しないために、百日咳には罹り易いです。
特に生後6ヶ月未満の乳児は、前述の様に「発作性痙攣性咳嗽」良く見られず、
突然と、呼吸停止しそうになったり、顔色が悪く、チアノーゼがでたり、痙攣を
起こしたりする事がありますので、この乳児の時期が一番と要注意となります。

授乳中の、お母さんと赤ちゃん 授乳中
★★ 赤ちゃんの、百日咳の治療について、詳しく知りたい。

通常、百日咳の治療は、抗生物質を服用します。
ただし、6ヶ月未満児や、重症の百日咳患者は、入院しての治療が必要です。

どんな病気にも当てはまりますが、早期発見・早期治療が大切です。
そのためには、赤ちゃんの様子を、普段から観察しておくことが必須です。

①普段とは違う、咳をしている。
②呼吸の様子が、ちょっと変。
③顔色がすぐれない。
④乳の飲みが悪い
⑤何となく、元気が無い。

等々、普段から気を配って、赤ちゃんを観察し、お母さんにしか感じられない、
赤ちゃんからの些細な、SOS信号を見逃さないようにしましょう。

百日咳

047163m

百日咳菌に、感染して起きる、呼吸器官の感染症が、百日咳です。

百日咳は、1歳未満の乳児に、よく見られる病気だと、されていましたが、
現在は、四種混合ワクチン接種の普及が進み、感染の確率は下がってきています。
それでも、子供の感染した百日咳の場合は、大人とは違った恐ろしさが有ります。

ここでは、百日咳に罹った、子供の症状ついて、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳は、大人の患者も多くなり、子供特有の病気では無くなりました。

百日咳は、
従来は、1才未満の乳児に、罹患者が多く見られましたが、大人も増えています。
今では、子供特有の病気ではなく、年令に関わらず、誰でも罹る病気と言えます。

最近の統計では、
以下の様に、大人に罹患者が、多く見られるようになってきています。
20才以上大人:38.2%
10~14才子供:15.0%、
1才未満乳児:13.6%、

百日咳の、初期症状としては、軽い風邪と変わらない症状の、
軽い咳、鼻水、くしゃみ 等が出る程度で、早期発見は難しい病気です。

初期症状から、2週間ほど経ってくると、
( この期間を「カタル期」と言い、その後の期間を「痙咳期」といいます。)
短くて激しい、エホッエホッ、コンコンコンと、異様な咳が出始めます。

その咳は、何時までも、止まることなく、息を吸い込むときに、笛のような、
「ヒュー」という高い呼吸音が鳴って、苦しそうに息を吸う様にになります。

長くて、苦しい、「咳」が続くのが、百日咳に罹った症状ですが、大人と違って、
乳幼児の場合は、肺炎や脳症を併発し、重症化するので、注意が必要です。

然し、咳などの症状発作は、この百日咳菌が、どのようあ作用しているのか、
発症の仕組みについては、未だもって、明確には解明されてい無いのが実情です。

子供は、四種混合ワクチンの予防接種で、百日咳の予防は、できるのですが、
年月の経過につれて、接種したとしても、ワクチンの予防効果は減弱して、
接種後、数年してから、百日咳に罹ってしまう、ケースもあるのです。

最近は、大人に多い病気と、述べましたが、その割にあまり話題にならないのは、
大人の場合、百日咳にかかっても咳が長引く程度で、重症化例が少ないからです。

然し、深刻となるのは、大人から子どもへの感染で、乳幼児に感染してしまうと、咳がひどくなり、
ときには死にいたるほどに、重症化しやすいのが百日咳です。

また、百日咳は、肺炎や脳症などの合併症も起こし易く、とても危険な病気です。

自分の健康のためだけではなく、子どもや孫たち、周囲にうつさないためにも、
長引く咳の症状には、特に注意が必要でしょう。

 

047163m
★★ 百日咳の検査・診断と治療法について。

前述の症状が出た場合や、百日咳が流行している場合は、百日咳が疑われますが、
確定診断の方法としては、鼻汁から菌を培養する方法と、血液検査があります。

特徴的な、百日咳の咳の症状は、気管支が痙攣するような咳が出ることです。
どのな咳かと言うと、一度聴いたら、忘れられ無い程、特徴的な音です。

①まず、「スタッカート」と言っています。
短い間隔で、エホ、エホ、コン、コンと言う咳が、連続的に出ます。
②次に、「フーピング」と言っています。
急に息を吸い込んで、ヒューと、笛の音のような呼吸音が聞こえます。

この②のフーピングが、百日咳の咳の、一番の特徴といえます。

喘息の場合の発作は、息を”吐く”時に、ヒューという呼吸音が聞こえますが、
百日咳の場合は、息を”吸い込み”ながら、ヒューという呼吸音が聞こえます。

①②のような咳嗽発作を繰り返すことを、「レプリーゼ」と言っており、
日本語では「発作性痙攣性咳嗽」と訳し、数分~30分も、続きます。
この「発作性痙攣性咳嗽」には、しばしば、嘔吐を伴うことがあります。

一般的な治療方法としては、抗生物質の服用です。
マクロライド系抗生物質や、エリスロマイシン、クラリスロマイシンなどが、
治療薬として使用されています。

早期発見して、一刻でも早く、治療を始められたらいいのですが、
百日咳の発見は、難しいために、症状が出てからの抗生物質の服用に
なってしまうことが、多いのです。

なお、百日咳は、一般の咳止めでは治りづらいため、ただの咳だと勘違いして、
咳止め薬を飲んでも治らない様な場合は、百日咳を疑ってください。

強い咳止め薬には、
呼吸制御作用を伴うことがあるので、乳幼児には絶対に飲ませない様に
大人が注意しておくことも大切です。

百日咳

苦しい咳が長く続く百日咳、最近は、年令に関係無く、誰でも罹る病気の様です。

ここでは、百日咳に罹った、大人の症状ついて、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳は、子供の病気では無く、大人の患者も多くなりました。

百日咳菌という細菌の、感染によって、百日咳と言う病気が、引き起こります。

然し、咳などの症状発作は、この百日咳菌が、どのように作用しているかの、
発症の仕組みは、未だもって、明確には解明されてい無いのが実情です。
苦しく、長く、「咳」が続くのが、百日咳に罹った症状ですが、大人と違って、
乳幼児の場合は、肺炎や脳症を併発し、重症化するので、注意が必要です。

百日咳は、子供だけではなく、年令に関わらず、誰でも罹る病気です。
従来は、1才未満の乳児に、罹患者が多く見られましたが、大人も増えています。

最近の統計では、
以下の様に、大人に罹患者が、多く見られるようになってきています。
20才以上大人:38.2%
10~14才子供:15.0%、
1才未満乳児:13.6%、
四種混合ワクチンの予防接種で、百日咳の予防は、できるのですが、
年月の経過につれて、接種したとしても、ワクチンの予防効果は減弱して、
接種後、数年してから、百日咳に罹ってしまう、ことがあるのです。

長期に渡り続く、「発作性痙攣性咳嗽」という、”特徴のある咳 ”で、
百日咳と診断がつくのですが、

この、”特徴のある咳 ”は、大人では、見られることが無いために、
百日咳の診断が出される前に、周囲への感染を広げてしまうこともあります。

診断の難しい百日咳は、長引く風邪・蓄膿症・喘息・結核 等の疑いで、
治療されてしまう場合も、ありますので、大人の症状には、特に注意が必要です。

最近は、大人に多い病気と、述べましたが、その割にあまり話題にならないのは、
大人の場合、百日咳にかかっても咳が長引く程度で、重症化例が少ないからです。

然し、深刻となるのは、大人から子どもへの感染で、乳幼児に感染してしまうと、咳がひどくなり、
ときには死にいたるほどに、重症化しやすいのです。

また、百日咳は、肺炎や脳症などの合併症も起こし易く、とても危険な病気です。

自分の健康のためだけではなく、子どもや孫たち、周囲にうつさないためにも、
長引く咳の症状には、注意が必要です。

 
★★ もっと詳しく知ろう、百日咳の症状について。

大変特徴的な、百日咳の咳の症状は、気管支が痙攣するような咳が出ることです。

どの様な咳かと申しますと、一度聴いたら、忘れられ無い程、特徴的な音です。

①まず、スタッカートと言っています。
短い間隔で、エホ、エホ、コン、コンと言う咳が、連続的に出ます。

②次に、フーピングと言っています。
急に息を吸い込んで、ヒューと、笛の音のような呼吸音が聞こえます。
この②のフーピングが、百日咳の咳の一番の特徴といえるものです。

喘息の場合の発作は、息を”吐く”時に、ヒューという呼吸音が聞こえますが、
百日咳の場合は、息を”吸い込み”ながら、ヒューという呼吸音が聞こえます。

①②のような咳嗽発作を繰り返すことを、レプリーゼと言いまして、
日本語では、「発作性痙攣性咳嗽」と言い、数分~30分も、続きます。

この「発作性痙攣性咳嗽」は、しばしば、嘔吐を伴うことがあります。

「発作性痙攣性咳嗽」が見られれば、ほぼ、百日咳の診断は簡単ですが、
年長児や成人であっても、「発作性痙攣性咳嗽」は、明確には見られません、

「咳が長く続いて苦しそう」というくらいの症状しか見られず、
「特徴のない咳が永く続く」のが、特徴かもしれません。
 

 

百日咳

百日咳は、予防接種を受けていない、子供が感染します。
長く続く特有の咳が特徴で、小さな赤ちゃんにとっては、危険な病気です。

ここでは、子供の百日咳感染と、その症状・治療について、詳しく見ていきます。

 
★★ 子供が、百日咳に感染する原因について。

百日咳菌の感染によって、発症するのが、百日咳です。

感染経路は、百日咳の患者の発する、咳による飛沫感染ですが、この菌自体は、
抗生物質には弱い上に、治療療せずに放っておいても、感染して1週間もすれば、
百日咳菌は、喉からいなくなります。

然し乍ら、菌が持つ毒素は、長く血液中に残るために、特有の咳が長く続きます。
百日という位、長く続くと言うことです。

成人や年長児がかかっても「しつこい咳の風邪」程度で済むのが、多いのですが、
年少児や乳児がかかると、これは大変危険な病気となります。

 
★★ 子供の、百日咳に感染した症状について。

百日咳に、感染した時の症状の特徴としては、
発作的に、コンコンコンと、長く連続する咳(スタッカート)です。

子供の顔は、真っ赤になるまで咳き込み、最後にヒューッと言う笛を吹くような、
音をたてて息を吸います。

生後6ヶ月未満の子供では、咳込んだあと息が吸えずにチアノ-ゼになったり、
息がとまって、命を落とすことがありうるのです。

特に、生後1ヶ月未満の赤ちゃんは、無呼吸を起こし易いので、大変危険です。
さらに、百日咳脳症といって、痙攀や意識障害を、起こしてしまうともあり、
この場合には、百日咳は治ったとしても、脳障害が残ることがあります。

 

★★ 子供の、百日咳に感染した時の治療について。

医者は、百日咳に有効な抗菌薬しては咳止めを処方します。

服薬後5日目頃には、マクロライド系抗菌薬により、排菌されなくなりますが、
2週間は投与する必要があるとされています。

現在の医療薬には、百日咳の「咳」そのものを、効果的に押さえこめる薬は、
無い状況でありますが、通常の咳止めでも、無効というわけではありませんので、
気休め程度と思って、飲んでおいた方が良いようです。

家庭内に於いての看護の要点は、
咳き込が激しく、食べたものを、吐くことが多くなりますので、
1回の食事の量を少なくし、回数を多くして、消化のよい食べ物をあげましょう。
咳が軽くなり、食欲が普通になり、機嫌が良くなってくれば、入浴は構いません。

学校や幼稚園・保育園では
百日咳特有の咳が、消えるまで休ませる様に、決められています。
その期間は、診断から3週間ぐらいと、思って置いた方が良いようですので、
時折、家庭訪問などで、子供を励ましてあげることが、望ましい事と思います。

百日咳

ウイルス

百日咳に、乳児が罹ると、合併症を起こし、重篤になる場合があります。
重篤な病気は予防接種によってかからないようにすることがとても重要です。

ここでは、百日咳に対しての、予防接種の実態について、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳には、四種混合ワクチンを、接種することになっています。

四種混合ワクチンとは、百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオの、
四種類の病気に対して、予防するワクチンです。

平成24年11月より、三種混合ワクチンに、あらたに不活化ポリオを加えて、
4種混合ワクチンとなりました。

百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオはともに、死亡したり、後遺症を残したり、
重篤な病気でありますので、国が法律の基づき、予防接種する様定めております。

接種方法について
三種混合ワクチン・四種混合ワクチン、ともに、
1期初回接種・・・3~8週間の、間隔をあけて、3回接種します。。
1期追加接種・・・1期初回の3回目の接種から、1~1年半後に、1回接種。
2期接種・・・・・百日咳、ポリオを除いた二種混合ワクチンを、
11歳~13歳未満で、1回接種します。

接種対象者について
生後3ヶ月~7歳6ヶ月(90ヶ月)なる日の前日までです。
生後3ヶ月を過ぎた乳児は、できるだけ早く接種を受けることを推薦します。
対象者には、生後2ヶ月頃、住所のある区市町村から、予診票を郵送されます。

注意点について
①ワクチン接種後は、アナフィラキシーなどの、重篤な副反応に対応するために、
すぐには帰宅しないで、接種した医療機関で、30分以上は、安静待機です。
②三種混合ワクチンで開始された方であっても、
ポリオワクチンが、同回数残っている場合は、四種混合ワクチンを受けます。

怖ろしいウイルス ウイルス
★★ 4種の病気について、詳しく見てみましょう

■百日咳
・風邪のような症状が、1~2週間続いた後、連続性の激しい咳発作が出始めます、
この咳は、息を吸う間もないほどの激しいものです。
・咳発作の後に、息を吸ったときに、笛の鳴るような音が聞かれます。
・咳は、2ヶ月程残りますが、咳発作の無い時は、全く正常の状態に戻ります。
・乳児がかかると、呼吸ができないため、チアノーゼ・けいれん・肺炎を、
起こしやすくなります。
・脳症を起こし、重い後遺症が、残ることがあります。

■ジフテリア
・ジフテリア菌の感染により起こる感染症で、咽頭と鼻のジフテリアがあります。
咽頭ジフテリアは、発熱・嘔吐・頭痛・咳 等の症状があり、扁桃に偽膜がみられ、。
鼻ジフテリアは、鼻炎・鼻汁に血液が混じり、鼻孔周囲にびらんが、みられます。
・ジフテリア毒素によって、心筋炎・神経麻痺がおきます。
心筋炎は発病2~3週間後に発症し、突然心筋炎で死亡することがあります。
神経麻痺は、呼吸筋及び手足の筋肉に、麻痺が起きます。
■破傷風
・破傷風菌によって起こる感染症で、土の中に広く分布する、破傷風菌が、
怪我や火傷などの傷口から人間の体内に侵入します。
・潜伏期は、4~12日で、潜伏期が短いもの程、予後が悪く、中枢神経を、
侵していきます。
・症状としては、口が開きにくくなる・顔の筋肉のけいれん・体幹のけいれん、
等で、日光や騒音などの刺激で、全身性の硬直が発症し、次第に激しくなり、
死に至ることもあります。

■ポリオ
・感染者の便の中に存在する、ポリオウイルスによって感染する感染症です。
・ウイルスに触れることによって、口や咽頭を経て、人から人に感染します。
・殆どの場合は、感染しても軽症で済みますが、感染者の千人~2千人に1人は、
マヒが生じることが有り、一部の人は永久的にマヒが残ります。
・ウイルスの侵入部位によっては、呼吸不全を起こし、死に至ることもあり、
潜伏期間は、4~35日程度です。

百日咳

普通は通院で治る、百日咳ですが、1才未満の赤ちゃんが罹った場合は、
呼吸が、止まる可能性が高いので、入院して治療することが多い様です。

ここでは、赤ちやんへの、百日咳の対処の仕方について、詳しく見ていきます。

 
★★ 赤ちゃんが、百日咳に罹った時の、症状について。

百日咳と言う病気は、生後6ヶ月未満の赤ちゃんには、大変怖い病気です。
場合によっては、肺炎や脳症を併発して、重症におなるので、注意が必要です。

百日咳の初期症状で、赤ちゃんに多く見られる症状は、風邪と間違いやすい、
くしゃみや鼻水などが出始め、こんな状況が、1週間~2週間位継続するのです。

その後は、咳が出始めて、苦しそうに顔を真っ赤にしたり、エホ・ヘホ・コン・コンと、
短い咳(スタッカート)が長く咳き込みがあります、続いて、急に息を吸い込んで、
笛の音の様な、ヒュ-ヒューという呼吸音(フービング)が出る様子が現れます。

この症状、吸い込んだ時に、音の出る(フービング)が百日咳特有の発作なのです。
これを「発作性痙攣性咳嗽」と言っております。

然し、特に生後6ヶ月未満の乳児では、気管支が弱いため、息を吸い込む力が、
弱い-ので、スタッカートやフーピング、すなわち、「発作性痙攣性咳嗽」が、
良く聴かれません。

「よく咳をする」程度にしか、思えないこともありますので、注意が必要です。

夜中や明け方に、この苦しそうな咳が、多く見られ、2週間~4週間位も、
長く続くこともあり、しばしば嘔吐を伴う事もあるのです。

この様に百日咳は、発症すると何日も、何時までも、咳が治まることなく、
長く続きますが、発熱が認められることは、あまり有りません。

然し、1歳に満たない赤ちゃんの場合ですと、痰をうまく出す事が出来ない上に、
長く続く激しい咳の為に、呼吸困難に至ることが多いので、とても危険です。
できるだけ目を離さないように、気をつけて下さい。

百日咳の抗体というのは、母親から十分に移行しないために、百日咳に罹ります。
特に生後6ヶ月未満の乳児は、前述の様に「発作性痙攣性咳嗽」良く見られず、

突然と、呼吸停止しそうになったり、顔色が悪く、チアノーゼがでたり、痙攣を
起こしたりする事がありますので、この乳児の時期が一番と要注意となります。

 
★★ 百日咳の予防接種について、詳しく知りたい。

百日咳の診断は大変に難しく、長引く風邪・蓄膿症・喘息・結核 等々の、
疑いで治療されているケースが良くあります。

抵抗力のない赤ちゃんにとっては、とても怖い病気の一種とされております。

四種混合ワクチンの接種で、予防は出来ますから、生後3ヶ月~4週間の間隔で、
この、四種混合のワクチンを、3回接種しておくことをお勧めします。

十分な免疫の獲得ができますので、結核のBCGよりも先に受けておくべきです。

基本的には、三種及び四種混合ワクチンを受ける時期は、
生後90ヶ月が、定期予防接種期間となりますので、その間に受けた場合の、
予防ワクチンの料金は、公費負担となりますので、無料で受けることが出来ます。

その期間以外での接種は、任意接種となりますので、料金は自費負担となります。
その場合の費用は、1回接種につき、概ね4千~4千5百円程度となります。

副作用のことが、心配にありますが、
症例としては、注射部位が赤くなる・腫れる・痛む・しこりが出来ることが、
良く挙げられています。

発熱や不機嫌なども、副作用ではないかと見られる症状もありますが、
これは、2~3日で消失すると言われています。

但し、接種後24時間以内に、37.5℃以上の発熱を起こす様な、
副作用が起きる確立は、6%程度認められています。

発熱・腫れが、目立つ様な場合には、激る限り医師に相談をして下さい。

百日咳は赤ちゃんにとっては、とても怖い病気です。
赤ちゃんへの感染源としては、大人からが5割以上ですので、まずは大人から、
手洗い・うがい・マスク着用などを、確りと心がけて実践することです。

泣くことでしか症状を訴えられない、赤ちゃんへの感染だけは、絶対に回避する、
このこころがけは、 大人としての義務と、言えましょう避けましょう。

 

百日咳

咳

苦しい咳が長く続く百日咳、最近では、年令に関わらず、誰でも罹る病気です。

ここでは、百日咳の診断ついて、どんな基準があるかを、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳の診断には、病原体である百日咳菌の検出が必要です。

病原体である百日咳菌の検出が、百日咳の診断となりますが、発症後3週間での、
検出率は1~3%と低く、特に成人の百日咳例は2.2%と極めて低いことから、
発症後4週間以上の場合は、百日咳抗体検査を行います。

従来から、細菌凝集反応による百日咳抗体検査が、汎用されてきましたが、
試薬の製造中止に伴って、現在では検査受託していません。

百日咳抗体で、EIA検査は、

・百日咳菌毒素(PT抗体)・・・・・・・百日咳から分泌される、
・繊維状赤血球凝集素(FHA抗体)・・・菌体表面に存在する、

それぞれのIgG抗体価を測定します。

百日咳感染後、90%以上の確率で、PT抗体およびFHA抗体が検出でき、
咳などの症状が現れた、2~3週間後からは、抗体価の上昇が認められる様です。

PT抗体は、
百日咳菌に、最も特異性が高い検査であり、
感度76%、特異度99%、感染後平均4ヵ月半で、著明に減少し始め出し、
1年以内には、82%は陰性化すると報告されています。

このため、単血清でPT抗体価が、100EU/mL 以上であれば、
4週間以内の、百日咳感染の指標となります。

FHA抗体は、
パラ百日咳菌 等、他の菌体にも存在するために、交差反応があり、
ワクチン接種を行った健常者では、高力価での保有率が高いことから、
百日咳診断には用いておりません。

ジフテリア・百日咳・破傷風の、DPT三種混合ワクチンに含まれる、
百日咳ワクチンには、PTとFHAが、主要抗原として使用されているため、
ワクチン接種の効果判定には、とても有用です。

咳
★★ 百日咳の診断のために、症状について良く知りたい。

百日咳にでる、咳の症状は、
大変特徴的であって、気管支が痙攣するような咳が特徴のあるでることです。

どの様な咳かと申しますと、一度聴いたら、忘れることのできない音です。

①まず、短い間隔で、エホ、エホ、コン、コンと言う咳が、連続的に出ます。
これを、『スタッカート』と言っています。

②次に、急に息を吸い込んで、ヒューと、笛の音のような呼吸音が聞こえます。
これを、『フーピング』と言っています。

百日咳の咳の一番の特徴が、この『フーピング』といるでしょう。

息を”吐く”時に、ヒューという呼吸音が聞こえますのが、喘息発作の場合で、
息を”吸い込み”ながら、ヒューという呼吸音が聞こえるのが、百日咳です。

①②のような咳嗽発作を繰り返すことを、レプリーゼと言い、日本語では、
「発作性痙攣性咳嗽」と言っており、数分~30分も、続くことがあります。

この咳嗽発作には、嘔吐を伴うことが、しばしばあるのです。

「発作性痙攣性咳嗽」を、確認できれば、百日咳の診断は簡単ですが、
乳児の場合は、気管支が弱いために、息を吸い込む力が弱いので、
「発作性痙攣性咳嗽」は、聴かれず「よく咳をする」程度にしか、
思えないこともある様です。

年長児や成人であっても、「発作性痙攣性咳嗽」は、明確には見られません、
「咳が長く続いて苦しそう」というくらいの症状しか見られず、
「特徴の無い、咳が永く続く」のが、特徴と言えるかもしれません。

「発作性痙攣性咳嗽」の、よく見られる年令層は、幼児ですが、
とは言っても、百日咳に罹ったから、全員に見られるわけではないので、
症状だけから、百日咳を診断することは、とても難しいことが多い様です。

百日咳