肺気腫の記事一覧

肺気腫と言う病気は、「肺胞」の壁が破壊することにより、「呼吸細気管支」が異状に拡張して、息切れや呼吸困難などの症状が起こる病気です。

「肺胞」は、肺の中で直接酸素と二酸化炭素の交換をしている、大切な部位であるのですが、一度破壊されると回復することができなません。

そのため、肺気腫は完治不能の病気とされています、現状においては、早期発見・早期治療が求められる病気のひとつです。

中年以降の男性に多く、喫煙との関連が大きく左右される病気ですが、残念ながら、ある程度病気が進行しないと、自覚症状が現れ無いので注意しなければなりません。

最近では、アスベストとの関係が問題になっておりますし、大気汚染物質なども肺気腫の原因の一つであるとされています。

ここでは、肺気腫の症状と、その治療について、学びましょう。

 

■□ 肺気腫の症状を詳しく

肺気腫の主な症状は、息切れや息苦しさですす。

これは、「肺胞壁」の破壊により、一つ一つの小さい「肺胞」が合体・拡張され、しだいに進行していくと、肺の中が風船のような、空気だけの大きな部屋(気腫性嚢胞と言います)が沢山出来てしまいます。

この、肺の中に出来た「気腫性嚢胞」は、中が空気だけなので、簡単に潰れそうですが、実際には膨らんだままの状態であり、息を吐いても小さくならず、息を吸うのが困難となり、呼吸が苦しくなりのです。

この病気の問題なのは、ある程度進行しないと、自覚症状が現れないことと、完治不能であることです。

最初は、運動の時り、階段や坂を上る時に、息切れがあり自覚されますが、進行すると、平地を歩いているだけでも、安静にしていても、息切れしやすくなり、日常生活がままならなくなります。

さらに進行すると、呼吸不全や心不全を起こすと言う、命にも関わる病気ですので、早期発見、早期治療が最も重要です。

また、肺だけではなく、全身にも影響を及ぼし、骨粗鬆症・全身性炎症・血管疾患、糖尿病などの病気を併発し易くなります。

特に、40歳以上で喫煙歴のある方は、さらに注意が必要と思います、決して軽くは考えず、早めに専門医を受診してください。

 

■□ 肺気腫の進行程度による症状

肺気腫は、進行程度により、「軽度」「中度」「重度」の3段階に、分けて管理しております。

【 軽 度 】・咳・痰が出やすい・軽い運動でも、息切れがする

【 中 度 】・咳や痰が出て止まらない・日常的な動作をしただけで、息切れがする

【 重 度 】・身体が動かせず、寝たきりになる・重大な病気を併発してしまうする

 

 

■□ 肺気腫の治療法

症状の所でも書きましたが、肺気腫は、一度発病してしまったら、病気の進行を止めることも、回復させることもできません。

そのため、病気の進行を遅らせることが、治療の目的となるのですが、最大の治療法は『 禁 煙 』といえるでしょう。

肺気腫の初期の治療は、肺への空気の出入りをし易くするため、気管支を拡張するために、「β刺激薬」や「抗コリン薬」等を併用することや、痰を出しやすくする薬を内服します。

また、規則正しい日常生活をして、体力を落とさないことが大切であり、軽い運動で身体を鍛えて、呼吸を楽にする「運動療法」や「呼吸トレーニング」は、症状の緩和に効果的とされています。

風邪は、肺炎になり易い要因となるため、早めの治療が大切で、インフルエンザの予防接種も、毎年受けることも一種の治療法でしょう。

 

■□ 肺気腫の予防の基本は禁煙です

肺気腫の最大の原因は、喫煙と言われています、習慣となった喫煙を絶つことが、肺気腫の発症を遅らせる最大の対策です。

ニコチン依存症の状態になると、禁煙すること自体が難しくなりますので、一刻も早く「禁煙外来」のある病院で、専門医の禁煙治療を受診してください。

とにかく、認識して戴きたいことは、喫煙者で肺気腫の症状が認められる人は、そのまま喫煙し続けると、確実に肺気腫は進行し、大事に至るということです。

従って、喫煙者は、年に一度か、数年に一度はCTスキャン検査を受けるべきでしょう、肺気腫だけでなく「肺がん」などの、早期発見に貢献できるでしょう。

それと、「受動喫煙」の怖さのことを考えれば、吸わない人への十分な配慮をお願いしたいものです。

肺気腫

急な坂や、階段の上り下り、また運動で、身体を動かしたときに息切れを感じたり、風邪をひいてもないのに、咳きや痰が続いたりすることが有ります。
これが、肺気腫の主な症状です。

肺気腫の症状は、見過ごしてしまいがちな、ありふれた症状のため、多くは、肺気腫の発見が遅れてしまいます。

ここでは、肺気腫に罹った症状について学び、その対策について、考えてみましょう。

 

■□ 喫煙歴があり、40歳以上の方は、要注意です。

肺気腫が進行が進むと、少しの行動しただけでも息切れし、日常生活がままならなくなります。

さらに進行すると、呼吸不全や心不全を起こすと言う、命にも関わる病気ですので、油断をしてはいけません。
早期発見、早期治療が重要です。

また、肺だけではなく、全身に影響をもたらし、骨粗鬆症・全身性炎症・血管疾患、糖尿病などの病気を併発しやすいことは知られてい様です。

特に、喫煙歴のある方は、40歳以上になられたら、さらに注意が必要と思います。

ですので、以下のような症状が出たことがある方は、決して、軽くは考えず、早めに専門医を受診してください。

 

■□ 肺気腫の進行程度による症状と、その違い

肺気腫は、進行具合により、「軽度」「中度」「重度」の3段階に、分けて管理しております。

【 軽 度 】
・咳・痰が出やすい
・軽い運動でも、息切れがする

【 中 度 】
・咳や痰が出て止まらない
・日常的な動作をしただけで、息切れがする

【 重 度 】
・身体が動かせず、寝たきりになる
・重大な病気を併発してしまうする

 

■□ 肺気腫の病態はどんな状態でしょう。

肺には、無数の「肺胞」と呼ばれる、小さい部屋があります。
大きな肺を、この小さい部屋「肺胞」に分けていることで、肺の表面積を増やし、たくさんの毛細血管を分布させ、効率の良い、酸素と二酸化炭素の交換を行っています。

肺気腫になるとこの「肺胞」の境が壊れ、合体してやや大きな1個に、さらにそれがまた合体して、さらに大きな1個にというように、どんどん進行し、しだいに肺の中が、風船のように空気だけの、大きな部屋(気腫性嚢胞と言います)がたくさんできていきます。

肺の中にできたこの「気腫性嚢胞」というのは、中が、空気だけですので、簡単に潰れそうに感じますが、実際には膨らんだままなので、息を吐いても小さくならず、息をすうことができなくなり、呼吸が苦しくなりのです。

 
■□ 肺気腫の予防の基本は禁煙です

肺気腫の最大の原因は、喫煙です、習慣となった喫煙を絶つことが、肺気腫の進行を大幅に遅らせる最大の対策です。

最悪、ニコチン依存の状態になってしまうと、禁煙すること自体も難しくなります、とにかく一時も早く禁煙外来のある病院で、専門医の「ニコチン代替療法」などの禁煙治療を受信してください。。

とは言っても、全ての人に対し、肺気腫になるからといって、禁煙を強要するというのは、無理があると言うものです。
現実には、肺気腫になり易い人と、肺気腫になり難い人がいるのですから。

そこで、喫煙者は、遅くとも40歳ごろまでに、肺のCTスキャンで検査を受けることをお勧めです、この検査で肺気腫の、比較的早期の像を、捉えることができます。

喫煙者に、確りと認識して戴きたいことは、肺気腫の症状が認められる人は、そのまま喫煙し続けると、確実に肺気腫は進行し、大事になることです。

従って、喫煙者は、年に一度か、数年に一度はCTスキャン検査を受けるべきでしょう、肺気腫だけでなく「肺がん」などの、早期発見に貢献できるでしょう。

肺気腫

肺気腫は、完治できない、しかも進行性の病気と言われています、もし、罹ってしまったらどの様に対処すればよいのでしょうか心配です。
そして、肺気腫の患者さんは、その寿命が気になると思います。

ここでは、肺気腫に罹った場合の寿命について、いろいろ調べたので紹介します。

 

■□ 肺気腫に罹った場合の寿命は、あと何年?

ある記事では、4~6割が5年の生存率がといわれていますが、その一方、若年性肺気腫の場合は、15年生とか、30年とかの情報もあるようです。
そして、在宅酸素になってからであれば、平均5年の生存率ともされています。

この様に様々な情報が氾濫するのは、肺気腫を発覚した時点での、症状・環境・治療などの、予後の有り方で、大きな差が出てくるものと思います。

何といっても、肺気腫にならないように、健康管理に注意して生活することが、一番大切な事です。
然し、もしも医者から「肺気腫」ですと告げられたら、寿命を延ばす絶対条件は、肺気腫の最大原因の、タバコをやめて禁煙生活をすることです。

たばこ1本で、寿命が5分半も短くなるそうで、喫煙者はタバコを吸わない人よりも、5・6年も寿命が短いと言われて居るのです。

禁煙にしてから、5~9年経つと、肺疾患のリスクは、喫煙者のなんと36%まで、低下するそうです。

肺気腫の予防や、病気の進行を遅らせるのは、禁煙が大切ということです。長生きしたければ、なにがなんでも禁煙です。

 

■□ 肺気腫になる人、ならない人

面白いことに、タバコを吸わない人も、同じ量のタバコを吸っていても、肺気腫になる人と、ならない人が、いるという現実です。
これは何故なのか気になるところです。

とは言っても、全て喫煙者は、間違いなく肺気腫になるというのが結論です。
その進行が、早い人と遅い人が、先天的に体質に違いが有る、ということだけであり、もし、寿命が永遠であれば、喫煙者はいずれ間違いなく、肺気腫の症状が現れてくるということです。

逆に、その進行が遅すぎる人であれば、症状となって現れる前に、他の疾患で亡くなってしまうということになるのです。

進行が遅く、症状が現れるのが遅い人は、今は大丈夫でも、肺気腫が実はある程度まで、進行している可能性もありますから、遅くても40代前半までには、CT検査を受けるようにしたいものです。
レントゲン検査では見つかりにくいので、必ずCT検査で診察を受けて下さい。

一方、喫煙していないのに、肺気腫になってしまった人も中にはおられますが、その方は、副流煙による受動喫煙が原因と考えられます。

「若年性肺気腫」の方は、若いうちから喫煙している人に多く、喫煙していない人で、もし「若年性肺気腫」と言われた方は、残念ながら、受動喫煙してしまう環境にあったと考えられます。

肺気腫になりやすい人であっても、進行は遅く、症状が現れるまで、30年くらいかかる方もいるそうで、基本的には受動喫煙を避ける環境に、進んで身を置くように努めることが大切と言えます。

 

■□ どうして、禁煙は失敗する方が多いのでしょう。

それでは、何故、禁煙に挑戦しても失敗するのかを、タバコの依存性について考えてみたいと思います。

『 タバコが吸いたい 』と思う気持ちになるのは、ニコチンによる快楽物質がでることと、手持無沙汰などからくる精神的な依存によるものになのですす。

とくに、ニコチン依存は中毒性が高く、ニコチンの依存の原理は、以下のようなサイクルだそうです。

①脳には、ニコチンが結合すると快感が生じる受容体があります。
②タバコを吸う → ニコチンが肺から血中に入る → 血液が直ぐ脳に到達。
③脳は、快感を生じさせる物質である「ドパミン」を放出。
④イライラなどの、禁断症状から避けるため、喫煙をやめられなくなる。

肺気腫