顔面神経痛の記事一覧

★ 顔面神経痛の治療の方法には、顔面神経の麻痺する原因を調べることが重要です。

原因が分かればその適切な治療なるべく早期に開始することが必要です。

顔面神経痛の治療の前の原因調べについては 専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

★ 顔面神経痛の治療法については

ベル麻痺やウイルス性のマヒなどの急性の顔面神経マヒには、ステロイドとよばれるホルモン剤を早期に使用するそうです。ヘルペスウイルスの特効薬であるゾビラックスという抗ウイルス剤を併用するそうす。

軽症のマヒの場合は2週間から4週間程度で回復するそうで、最近では重症のマヒであってもステロイドの大量点滴でかなり高率に回復することが分かってきております。ただし、回復に費やす時間がかかり、100パーセント完治率ではないそうです。

2、3ヵ月を経過しても、まったく回復の兆しのないマヒの場合、顔面神経減荷術といわれる手術療法を行うことがあるそうです。

顔面神経減荷術とは、顔面神経は硬い骨に囲まれて走っているので、炎症や循環障害により神経が腫れた場合、なかなかよく治らないと考えられています。このような状態のマヒの回復を助けるために、耳の骨を削り顔面神経を露出させて、腫れを消退しやすくするというのが、この手術で2週間程の入院が必要だそうです。

★ 参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。

脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

顔面神経痛とは言わないまでも、目の上まぶたや下まぶたがピクピクしてしまう事を多くの人は経験したことはあると思います。多くはパソコンなどによる眼の疲れやストレスが原因だそうです。

まぶたが痙攣する時に、だるい感じがしたり、首のこりや頭痛などが同時にあったりする時もあると思います。

そのような場合は睡眠をしっかりとり、目を休めたりストレスを解消する事が大切ですが、目のまぶたの痙攣が原因で病気になるのもあるようです。

★ まぶたが痙攣をおこす顔面神経痛の原因はなんなのでしょうか。

まぶたのけいれんやピクピク等は、たいした症状ではなく悪い病気では無いとする人も多くみられますので安心しがちちですが、まぶただけではなく、顔全体がけいれんするなど、顔面神経痛などの病気が考えられる場合は、注意しなくてはいけません。

然し疲れからくるものがほとんどですので、まぶたがピクピクして痙攣する症状が長くは続かないなどの場合は、疲労と寝不足などが原因と考えられます。

また、ストレスもまぶたの痙攣の原因の一つとなっていることがあるようです。誰にもあることですが、疲れやストレスでまぶたのけいれんが起こってきている場合、もちろん、睡眠をとることが一番ですが、神経を昂るカフェインが含むお茶やコーヒーなどは控えることで、症状が改善される場合があります。

まぶたの痙攣だけではなく、耳が痛い・頬が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない等の症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。

坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

★ 然し、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。

「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

発症の初期は、たまにしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつる症状にもなり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。また就寝中にまで及ぶこともありますので苦痛な生活を送ることになります。

40代以降の中高年齢層に発症が多く、男性よりも女性に多くみられようです。初期症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談することをお勧めします。

★ まぶたへの顔面神経痛の初期症状についてもう少し詳しく書きましょう。

目の初期症状としては片方のまぶたが軽くピクピクと痙攣する程度ですが、目だけではなく、同じ側の頬、額、口、顎へと次第に範囲が広がってきます。症状がさらに進行すると、片眼瞼がつぶったままになったり、顔が引きつったりゆがんだりします。さらには、耳鳴りがしたりする場合もあります。

専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。
脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

★ 顔面神経痛の初期症状として、耳にはどのように出るでしょうか。

笑う・目をつむる・口を尖らせる等、さまざまな顔面の表情を作る筋肉「表情筋」を動かす顔面神経がなんらかの原因で障害されることにより起こる病気が「顔面神経麻痺」です。

これらの麻痺は多くの場合、片側だけに起こるもので、顔面が変形して表情筋の動きも悪くなります。原因の一つに中耳炎による麻痺などがあります。

顔面神経は脳から出て、耳の奥にある骨の中を通って顔の筋肉へ分布するため、耳鼻咽喉科の病気が原因で顔面神経麻痺が起こることがよくあるのです。

★ 顔面神経は側頭骨(耳がついている頭の骨)の中を走っています。

中耳や内耳とは近接して走行っていますの中耳や内耳の病気が原因となってしばしば顔面神経痛が起こることがあります。

耳が痛い・頬が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない等の症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。

坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

然し、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

発症の初期は、たまにしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつる症状にもなり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。また就寝中にまで及ぶこともありますので苦痛な生活を送ることになります。

40代以降の中高年齢層に発症が多く、男性よりも女性に多くみられようです。初期症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談することをお勧めします。

★ それでは、耳の顔面神経痛の初期症状についてもう少し詳しく書きましょう。

片方の耳が痛い・顔が引きつる・頬がピクピクスルするといった、軽い症状から始まることもありますので、顔の動きがいつもと違ったら顔面神経痛の初期症状かも知れません。重い症状になってくると引きつったり、瞼を閉じたりしゃべったりができなくなるという風な症状が現れる人も多います。

顔面神経の麻痺は、急に顔の片方が動かなくなるのが特徴的ですが、例えば、目はつむれるしお茶も飲めるが、「い」の口をすると片方だけ」「い」にならないとか、食べ物が口からこぼれる症状が出る前に、そんな初期症状あると思います。

耳だけではなく、同じ側の口、額、目、顎へと次第に範囲が広がってきます。症状がさらに進行すると、片眼瞼がつぶったままになったり、顔が引きつったりゆがんだりします。さらには、耳鳴りがしたりする場合もあります。

専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

★ 参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。

脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

★ 顔面神経痛の頬への初期症状としては、顔の片側が自分の意志とは関係なく、ピクピクと痙攣したり引きつったりする症状が現れることです。

発症の初期は、たまにしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつる症状にもなり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。また就寝中にまで及ぶこともありますので苦痛な生活を送ることになります。

40代以降の中高年齢層に発症が多く、男性よりも女性に多くみられようです。初期症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談することをお勧めします。

頬が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない等の症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

然し、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

★ 頬(顔)への顔面神経痛の初期症状についてもう少し詳しく書きましょう。

片側の頬(顔)と肩のこりがきついとか、瞼や唇の端がピクピクしするといった、軽い症状から始まることもありますので、顔の動きがいつもと違ったら顔面神経痛の初期症状かも知れません。重い症状になってくると引きつったり、瞼を閉じたりしゃべったりができなくなるという風な症状が現れる人も多います。

顔面神経の麻痺は、急に顔の片方が動かなくなるのが特徴的ですが、例えば、目はつむれるしお茶も飲めるが、「い」の口をすると片方だけ」「い」にならないとか、食べ物が口からこぼれる症状が出る前に、そんな初期症状あると思います。

頬(顔)だけではなく、同じ側の口、額、目、顎へと次第に範囲が広がってきます。症状がさらに進行すると、片眼瞼がつぶったままになったり、顔が引きつったりゆがんだりします。さらには、耳鳴りがしたりする場合もあります。

専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

顔面には痛い、熱いなどを感じる知覚神経の三叉神経と、顔面にある筋肉を動かす運動神経の顔面神経があります。

★ 顔面に起こる病気としては、次の3つが挙げられます。

  ①顔が痛い、三叉神経痛唇
  ②瞼が動かない、顔面神経麻痺唇
  ③瞼がピクつく、顔面痙攣

この三叉神経が帯状疱疹(ヘルペス)などのウイルスによって炎症したり、らかの原因で血管が圧迫されたり、脳・耳・鼻の病気などの理由で顔面が痛くなるのが三叉神経痛です。洗顔・髭剃りなどで顔に触った時に、針で刺された様な痛みを感じる病気です。

麻痺している側が健康な側に引っ張られるため、顔が歪む・瞼が閉じにくい・喋りにくい・食べ物が口からこぼれるなどが顔面神経麻痺の症状といえます。

顔面麻痺は一般的には、顔面の片側だけに起こりますが、疲れやストレスなどに大きく左右されます、瞼がピクピクしていると、本人はかなり気持ち悪いですよね。

参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。
脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

★ 口への顔面神経痛の初期症状は、口の周りの変化でよくわかります、口の開閉などの動作時に最もよくわかると思います。
例えば、口がしっかり閉じられずく食べたものが口からこぼれてしまったり、食べ物が片側にたまり易くなることがあるのを自分でも認識できます。また、筋肉が緩み閉じないために空気が漏れ、口笛が良く吹けなくなることもみられます。

このような口周りが麻痺する症状が出る前に、目の周りがピクピクする初期症状が現れると顔面神経痛を疑う必要があります。

顔が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない、等のの症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

然し、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

★ 口への顔面神経痛の初期症状についてもう少し詳しく書きましょう。

顔面神経の麻痺は、急に顔の片方が動かなくなるのが特徴的ですが、例えば、目はつむれるしお茶も飲めるが、「い」の口をすると片方だけ」「い」にならないとか、食べ物が口からこぼれる症状が出る前に、そんな初期症状があったと思います。

他には、片側の顔と肩のこりがきついとかといった、軽い症状から始まることもありますので、顔の動きがいつもと違ったら顔面神経痛の初期症状かも知れませんので、専門医にすぐ診てもらってください。

口だけではなく、同じ側の頬、額、目、顎へと次第に範囲が広がってきます。症状がさらに進行すると、片眼瞼がつぶったままになったり、顔が引きつったりゆがんだりします。さらには、耳鳴りがしたりする場合もあります。

専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

★ 口だけではありませんが顔面神経痛の症状は、40才代以降の中高年齢層に発症が多く、男性よりも女性に多くみられようです。

発症の初期は、たまにしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつる症状にもなり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。また就寝中にまで及ぶこともありますので苦痛な生活を送ることになります。
★ 初期症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談することをお勧めします。

参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。
脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

★ 目の周りがピクピクする症状が現れると顔面神経痛を疑ってしまいます。

その他に、顔が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない、等のの症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

然し、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。
だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

★それでは、目への顔面神経痛の初期症状についてもう少し詳しく書きましょう。

目の初期症状としては片眼の周囲が軽くピクピクと痙攣する程度ですが、目だけではなく、同じ側の頬、額、口、顎へと次第に範囲が広がってきます。症状がさらに進行すると、片眼瞼がつぶったままになったり、顔が引きつったりゆがんだりします。さらには、耳鳴りがしたりする場合もあります。

専門医にいくと問診や視診などにより詳しく診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開く動作・口を真一文字に引き伸ばす動作等をすることによって、瞼下の痙攣を誘発する確認を実施する診断を行います。

さらに詳しい検査としては、CT・MRI・MRAなどの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を詳しく調べます。

目からくる顔面神経痛の症状は、40代以降の中高年齢層に発症が多く、男性よりも女性に多くみられようです。

発症の初期は、たまにしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつる症状にもなり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。また就寝中にまで及ぶこともありますので苦痛な生活を送ることになります。

初期症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談することをお勧めします。

★ 参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。

脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

★ 顔面神経痛かなと思ったの場合、何科に行けば適切な診断を受けられるのでしょうか。

何科の医師の診断を受ければ良いかを知る前に、まず顔面神経痛についてどんな病気なのかを知る必要があります。
顔面神経痛は坐骨神経痛や肋間神経痛ももともと病名ではないのです。「〇〇神経痛」という病名ではなく、あくまでも痛みの症状に対する名称であり、具体的には顔面神経の支配域が痛むこと事を言っております。
すなわち、顔面神経痛を起こすのは、他の病気があるということで、「○〇病や□□症が原因で顔面神経痛が起こった」と言うのが正確な言い方なのです。
顔面には、「顔面神経」以外に「三叉神経」が通っており三叉神経痛と言ってはおりますが、これも顔面神経痛と同様に「顔面痛」というカテゴリーの中で、神経痛を引き起こす他の原因があるということになります。

もう少し詳しく説明しますと、目の周りがピクピクする・顔が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない、これらの症状は顔面神経痛の症状かもしれませんが原因が他にあるのです。
顔面神経痛とは、名称で表す通り顔面に走る神経に異常があって痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。
皆さんが「これは顔面神経痛でしょうか」とよく言われますが、この世に「顔面神経痛」という病気はないのですから、医師は何科を受診するにはその原因を突き止めることが専門の医師が居ります。

★ それでは顔面神経痛の場合は何科の医師にかかればよいのでしょうかを、詳しく説明していきます。

顔面神経痛は「顔面神経」の圧迫が原因です、神経を圧迫することで痛みや麻痺などの機能傷害を引き起こしているのですから、この神経の圧迫要因を探る必要があります。

要因はは様々ですが、一つはウイルス感染による炎症が要因となる場合があります、次に脳腫瘍や動脈瘤が要因となる場合があります、他にもストレスも原因となる場合もあります。

ストレスで緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり血流が滞ります。この血流が滞ることで細胞に溜まった老廃物や有害物質が排泄されなくなり、神経を刺激して神経痛を引き起こすと考えられています。

以上のことから顔面神経痛の場合は神経内科の医師の診断を受け、原因を突き詰め治療にあたるのが大切と考えられます。

顔面神経痛

★ 目の周りがピクピクする・顔が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない、これらの症状が顔面神経痛と呼ばれるものです。

顔面神経痛とは、名前の通り顔面に走る神経に異常があり、痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

然し、皆さんが「これは顔面神経痛でしょうか」とよく言われますが、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから顔面神経に傷害があっても顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

★ 症状を知ったら、次に顔面神経痛とはどんな病気なのかを調べてみましょう。
まず、顔面神経痛という病名はありません。坐骨神経痛や肋間神経痛なども「〇〇神経痛」という病名ではなく、あくまでも痛みの症状に対する名称であり、具体的には顔面神経の支配域が痛むこと事を言っております。

すなわち、顔面神経痛を起こすのは、他の病気があるということで、「○〇病や□□症が原因で顔面神経痛が起こった」と言うのが正確な言い方です。

顔面には、「顔面神経」以外に「三叉神経」が通っており三叉神経痛とは言っておりますが、これも顔面神経痛と同様に「顔面痛」というカテゴリーの中で、神経痛を引き起こす他の原因があるということになります。

★ 参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。

脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

顔面神経痛

顔面神経痛の原因を知る前に、まず顔面神経痛とはどんな病気なのかを知る必要があります。

★ まず、顔面神経痛という病名はありません。

坐骨神経痛や肋間神経痛なども「〇〇神経痛」という病名ではなく、あくまでも痛みの症状に対する名称であり、具体的には顔面神経の支配域が痛むこと事を言っております。

すなわち、顔面神経痛を起こすのは、他の病気があるということで、「○〇病や□□症が原因で顔面神経痛が起こった」と言うのが正確な言い方でしょう。

顔面には、「顔面神経」以外に「三叉神経」が通っており三叉神経痛と言ってはおりますが、これも顔面神経痛と同様に「顔面痛」というカテゴリーの中で、神経痛を引き起こす他の原因があるということになります。

目の周りがピクピクする・顔が引きつる・頬がピクピク動く・顔の表情が何となくぎこちない、これらの症状は顔面神経痛の症状かもしれませんが原因が他にあるのです。

顔面神経痛とは、名称で表す通り顔面に走る神経に異常があって痛みや痙攣を引き起こす症状です。坐骨神経痛や肋間神経痛と並んで、日本でも発症例の多い神経痛の一つと言えます。

皆さんが「これは顔面神経痛でしょうか」とよく言われますが、この世に「顔面神経痛」という病気はないのです。

「顔面神経」という神経は、脳から顔面の筋肉に向かっております、その筋肉を動かすための命令を伝える運動神経です。

だから「顔面神経が傷害されても」顔に痛みを起こすことはありません。この病気は顔面筋の麻痺を生じ顔の筋肉の動きが悪くなる「顔面神経麻痺」という病気です。

★ 参考までに「顔面神経」とはどんな神経なのか、もう少し詳しく説明します。

脳神経の末梢神経は12本あり、「顔面神経」は脳神経の末梢神経の一つで顔面神経は7番目の神経です。

「顔面神経」は主に「笑顔」などの表情を作り出す筋肉、表情筋の運動をつかさどっています。この筋肉が顔の表情を作っているのですから、異常が生ずれば思うような顔の表情は作れなくなってしまいます。

★ それでは顔面神経痛の原因について、詳しく説明しましょう。

顔面神経痛は「顔面神経」の圧迫が原因です、神経を圧迫することで痛みや麻痺などの機能傷害を引き起こしているのです。

神経の圧迫要因は様々です、一つはウイルス感染による炎症が要因となる場合があります。このウイルスとは主にヘルペスウイルスのことです、ヘルペスウイルスが神経節に潜伏感染して各末梢神経へと運ばれます。

通常は自己免疫によりウイルスの活動が活発になることは少ないのですけれでも、演繹力が低下しているとウイルスの活動が活発になり炎症を起こします。これが神経を圧迫し痛みに繋がてくるのです。
次に脳腫瘍や動脈瘤が要因となる場合があります。脳の腫瘍や動脈瘤が神経を圧迫し、神経痛を引き起こすことが考えられます。脳以外にも髄膜などの腫瘍もあり、髄膜腫によって脳神経が圧迫される場合もあるようです。
★ 他にもストレスも原因となる場合もあります。

ストレスで緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり血流が滞ります。この血流が滞ることで細胞に溜まった老廃物や有害物質が排泄されなくなり、神経を刺激して神経痛を引き起こすと考えられます。

顔面神経痛