ベル麻痺の記事一覧

◆ ベル麻痺に自然治癒することはあるのかについて調べてみました。

まず、自然治癒するかの前に、ベル麻痺とはどんな症状かを知る必要があります。
顔面神経麻痺で原因を明確に特定できないものをベル麻痺と言っていますが、その具体的症状としては顔面神経が麻痺することで、顔面筋のコントロールができない状態を言います。

顔半分が意のままに動かない、いわゆる顔面のどちらか半分に顔面神経マヒがおこり、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなる・涙の出が悪くなる、などがこの病気の症状です。

顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ていますが、いずれにしても何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられておりますが、はっきりした原因は未だ不明ですが循環障害による神経の腫れによると考えられています。

◆ 原因が明確に特定できないのがベル麻痺です。

顔面神経が麻痺する原因として、「脳腫瘍」「脳卒中」「ライム病」等々の病気が考えられておりますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおり、特定できないながらも「ベル麻痺の原因」として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあるそうです。

さて、ベル麻痺の症状・原因を知ったら、自然治癒はあるのかについてです。
不全麻痺の患者の場合、予後(予想される医学的な状態(健康状態)に関する経験にもとづいた見解)はきわめて良好であるため、治療の必要は普通ないと言われます。

◆ 研究事例を3例紹介します。

■1例、発症後最初の3週間以内で85%の患者にで回復の兆候が見られ、3ヶ月から6ヶ月後に残り15%の患者に回復が始まったそうです。回復するまで1年以上の経過観察では、約70% の患者に完全回復がみられたが、12%は中等度・4%はごくわずかな回復しか見られなかったとされています。

■2例、不全麻痺の場合では、ほぼ1ヶ月以内に麻痺が完全に消失し、完全麻痺の場合、最初の2週間以内に改善が見られた患者はほぼ完治したが、改善が3週間以降にみられた患者、または改善が見られない患者の場合は、多くの患者に後遺症が残ったと発表されています。

■3例、10歳以下の若い患者は予後がよく、一方60才を超える患者の場合は相対的予後は悪い様です。

◆ よって、ベル麻痺にかかったら自然治癒を期待せず、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があると思います。

やはり原因の調査が重要で、原因が分かればその治療を的確に行うことができます。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません、治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。

ベル麻痺

◆ ベル麻痺の原因の一つにストレスがあります。

ベル麻痺の原因はウイルス性が3割、ストレスなど原因不明が7割だといわれいます。顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでいるのです。

原因を明確に特定できないベル麻痺は、どんな症状になるのでしょうか、通常、顔面神経マヒは顔面のどちらか半分に発生します。顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。
その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いことなどがこの病気の症状です。

ベル麻痺と診断された患者は時に顔面の異常知覚・頭痛や頸部痛・記憶障害・平衡障害、上下肢の異常知覚や筋力低下・動作のぎこちなさなど、顔面神経機能不全としては説明のつかない多彩な神経学的症状を呈するので、いまだベル麻痺における原因不明で難問であるのです。

◆ 原因が特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがありストレスも原因の一つです。

顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ているのが顔面神経です、いずれにしてもストレスなど何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられておりますが、はっきりした原因は未だ不明です。
本態は循環障害による神経の腫れによると考えられています。

ベル麻痺の治療には、まず原因を明確に特定できないものではあっても、原因の調査が重要で、原因が分かればその治療を的確に行えます。同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。
この病気にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。

軽症のベル麻痺は、2~4週間程度で回復するといわれています。重症のマヒでも最近は、大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。然し、回復には相当な時間がかかることと、100%の完治率ではありません。

2、3ヵ月を経過しても、まったく回復の兆しのないマヒの場合は、投薬治療だけではでなく顔面神経減荷術といわれる手術療法を行う様です。
顔面神経減荷術とは、循環障害により顔面の神経が腫れた場合、なかなか治りにくいものです。

マヒの回復を助けるために、耳の骨を削って顔面神経を露出させ、腫れを消退しやすくするのがこの手術の内容ですが、2週間程の入院が必要なようです。

ベル麻痺

ベル麻痺は、回復後の再発率は約3~6%とされ、糖尿病患者における顔面神経麻痺の場合は再発率は8%ぐらいですから、決して高くはありません。
しかし、免疫力低下に係わる疾患を持っている患者の場合は、複数回の再発もありうるとされています。

◆ 再発防止のためには、ベル麻痺とはどんな症状かを知る必要があります。

顔面神経麻痺で原因を明確に特定できなものをベル麻痺と呼んでいます。その症状としては顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態を言います。

顔面のどちらか半分が神経マヒし、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。
その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いこと、などがこの病気の症状です。

顔面神経が麻痺する原因としては、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。
特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

◆ ベル麻痺の症状・原因を知ったら、その回復方法と再発防止です。

原因を明確に特定できないものとは言っても、ベル麻痺の回復・治療にはやはり原因の調査が重要です、原因が解かればその治療を的確に行うことができるのです。それと同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。
ベル麻痺にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるのです。

軽症のベル麻痺の場合は、2~4週間程度で回復するといわれています。重症のマヒでも最近は、大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。然し、回復には相当な時間がかかることと、100%の完治率ではないことを知っておいてください。

2、3ヵ月を経過しても、まったく回復の兆しのないマヒの場合は、投薬治療だけではでなく顔面神経減荷術といわれる手術療法を行う様です。
顔面神経減荷術とは、循環障害により顔面の神経が腫れた場合、なかなか治りにくいものです。マヒの回復を助けるために、耳の骨を削って顔面神経を露出させ、腫れを消退しやすくするのがこの手術の内容ですが、2週間程の入院が必要な様です。

◆ ベル麻痺を一回一回治療したら、一回一回確実に治っていくのですが、場合によっては再発を繰り返す例もあります。

軽度で治ったとしても、放置してたらいけません、おかしいなと思ったら直ちに耳鼻科もしくは脳神経外科などいつも治療してる所に行き『また、顔の動きがおかしくなった』と診断を受けてください。

寒風にさらされるとベル麻痺が再発すると言う人もいますので、そういう『誘因』が解る方なら寒風にさらされるのを避けるのが一番です。
しかし、常に『ストレスを避け・疲労を避け・寒気を避け』るわけにも行きません、再発しそうな場合は早めに耳鼻科もしくは脳神経外科に行くことです。

ベル麻痺

ベル麻痺になったら、リハビリはどのようにしたらよいのでしょうか。

◆ まず、リハビリの前にベル麻痺の症状をを知る必要があります。

原因を明確に特定できないベル麻痺と言っていますが、その症状としては顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態を言います。

いわゆる顔面のどちらか半分に顔面神経マヒが起こって、顔半分が意のままに動かせなくなり、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなどは容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いこと、などがこの病気の症状です。リハビリで何とか早く直したい思うののが当たり前の考えと思います。

◆ 原因が明確に特定できないのがベル麻痺ですが。

顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられます、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。

特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

◆ さて、ベル麻痺の症状・原因を知ったら、その回復方法です。

ベル麻痺の回復・治療には、まず原因を明確に特定できないとは言っても、やはり原因の調査が重要で、原因が分かればその治療を的確に行うことができます。
それと同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。

ベル麻痺にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めることが大切です。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。リハビリは大切なのです。

◆ ベル麻痺のリハビリの時期について簡単に説明します。

1、発症期(発症1ケ月間)は温熱療法のみでマッサージ等は行いません。
2、急性期(発症2ケ月目から)は、バイオフィードバックをソフトに行います。
3、慢性期(発症4ケ月目から)は、バイオフィードバックを確りと行います。

バイオフィードバックとは、意識してコントロールされていない生理的な変化を、意識的にコントロールする事をいいます。

ベル麻痺

ここでは、ベル麻痺とヘルペスとの関係について説明します。

◆ 水ぶくれが集まった状態のことをヘルペスとよんでおります。

これは、「ヘルペスウイルス」による感染症によるもので、8種類のヘルペスウイルスが人間に感染するといわれております。

その症状は感染するヘルペスウイルスによって様々な違いがあり、「単純ヘルペスウイルス」による口唇ヘルペス、性器ヘルペス、「水痘・帯状疱疹ウイルス」による水ぼうそうや帯状疱疹が代表的なものです。

ベル麻痺の症状として顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態のことを言います。

顔面のどちらか半分に顔面神経マヒが発生し、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いことなどがこの病気の症状です。

◆ 原因が明確に特定できない顔面神経麻痺をベル麻痺と呼びます。

顔面神経麻痺は、顔面筋の運動麻痺で急性あるいは亜急性に発症します。

原因疾患が明らかな症候性(しょうこうせい)顔面麻痺「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気と、明らかな原因が不明な特発性顔面神経麻痺を「ベル麻痺」と呼んでおります。

特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

原因疾患として多いのが、「ヘルペスウイルス感染症」で、口唇ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症します。他には腫瘍や代謝疾患が原因となる場合もあります。

ベル麻痺

 

ベル麻痺が軽症の場合は、2~4週間程度で回復するといわれています。重症マヒでも最近は、大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。然し、回復には相当な時間がかかり、完治率は100%ではないことです。

◆ ベル麻痺の回復方法を知るには、ベル麻痺とはどんな症状なのかを知る必要があります。

原因を明確に特定できないベル麻痺ですが、その症状としては顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態を言います。
顔面のどちらか半分に顔面神経マヒがおこり、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いこと、などがこの病気の症状です。

顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ているのが「顔面神経」ですが、顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられます。
その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。

特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

◆ ベル麻痺の症状・原因を知ったら、その回復方法はステロイド剤の投与です。
ベル麻痺の回復・治療には、まず原因を明確に特定できないとは言っても、やはり原因の調査が重要で、原因が分かればその治療を的確に行うことができます。それと同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。
ベル麻痺にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。

軽症ベル麻痺の場合は、2~4週間程度で回復するといわれています。重症のベル麻痺でも最近は、入院集中治療による大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。
然し、回復には相当な時間がかかることと、100%の完治率ではないことを知っておいてください。
入院が困難な場合でも、ステロイド投与量が少なくなりますが、2週間程度の「ステロイド内服漸減療法」がありますし、発症の早期には短期間の抗ウイルス剤も併用します。

◆ ステロイドには様々な副作用がありますので、医師からの用量・用法を正しく守ることが重要です。

ベル麻痺

ベル麻痺になったら、回復方法はどのようにしたらよいのでしょうか。

◆ 回復方法を知るには、ベル麻痺とはどんな症状かを知る必要があります。

原因を明確に特定できないベル麻痺ですが、その症状としては顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態を言います。

顔半分が意のままに動かない、いわゆる顔面のどちらか半分に顔面神経マヒがおこり、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いこと、などがこの病気の症状です。

◆ 原因が明確に特定できないのがベル麻痺です。

顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。

特定できないながらもベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ていますが、いずれにしても何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられておりますが、はっきりした原因は未だ不明です。
本態は循環障害による神経の腫れによると考えられています。

◆ さて、ベル麻痺の症状・原因を知ったら、その回復方法です。

ベル麻痺の回復・治療には、まず原因を明確に特定できないものとは言っても、やはり原因の調査が重要で、原因が分かればその治療を的確に行うことができます。それと同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。
ベル麻痺にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。

◆ ベル麻痺が軽症マヒの場合は、2~4週間程度で回復するといわれています。

重症のマヒでも最近は、大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。然し、回復には相当な時間がかかることと、100%の完治率ではないことを知っておいてください。
2、3ヵ月を経過しても、まったく回復の兆しのないマヒの場合は、投薬治療だけではでなく顔面神経減荷術といわれる手術療法を行う様です。
顔面神経減荷術とは、循環障害により顔面の神経が腫れた場合、なかなか治りにくいものです。マヒの回復を助けるために、耳の骨を削って顔面神経を露出させ、腫れを消退しやすくするのがこの手術の内容ですが、2週間程の入院が必要なようです。

ベル麻痺

ベル麻痺とは、どんな症状なのかを紹介します。

◆ 原因はを明確に特定できませんが、ベル麻痺の症状として顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態のことを言います。

顔面のどちらか半分に顔面神経マヒが発生し、顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じられなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。

その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いことなどがこのベル麻痺の症状です。

◆ 原因が明確に特定できないベル麻痺。
顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。

特定できないながらもベル麻痺の症状が現れる原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。

顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ていますが、いずれにしても何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺症状が現れると考えられておりますが、はっきりした原因は未だ不明です。
本態は循環障害による神経の腫れによると考えられています。

ベル麻痺

◆ ベル麻痺とは、顔面神経が麻痺することによって、顔面筋のコントロールができなくなった状態のことを言います。
顔面神経が麻痺する原因として、「脳卒中」「脳腫瘍」「ライム病」等々の病気が考えられますが、その原因が明確に特定できない場合に「ベル麻痺」(特発性顔面神経麻痺)と呼んでおります。

◆ 特定はできませんがベル麻痺の原因として考えられるのは、局所浮腫・ウイルス感染・寒冷曝露・アレルギーなどがあります。
顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ていますが、いずれにしても何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられております。
はっきりした原因は未だ不明ですが、循環障害による神経の腫れによると考えられています。

◆ 原因を明確に特定できないベル麻痺は、どんな症状なのかを紹介します。

通常、顔面神経マヒは顔面のどちらか半分に発生します。

顔半分が意のままに動かないということで、その結果として眼を閉じることができなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、などの症状がみられます。眼が閉じられない・口角が下がるなど容貌に関わることなので本人にとってに非常にストレスになると思います。
その他に、マヒした側の舌半分の味覚がなくなることや、涙の出が悪いことなどがこの病気の症状です。

◆ ベル麻痺の治療には、まず原因を明確に特定できないものではあっても、原因の調査が重要です。

原因が分かればその治療を的確に行えます。同時に麻痺に対する治療はできる限り早期に開始することが必要です。

この病気にかかったら、まづ耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。そして早急にマヒと原因疾患の治療を始めなければなりません。治療が遅れるほどマヒの回復が悪くなるからです。

◆ 軽症のベル麻痺は、2~4週間程度で回復するといわれています。

重症のマヒでも最近は、大量のステロイド点滴でかなり高率に回復することが解ってきています。然し、回復には相当な時間がかかることと、100%の完治率ではありません。

2、3ヵ月を経過しても、まったく回復の兆しのないマヒの場合は、投薬治療だけではでなく顔面神経減荷術といわれる手術療法を行う様です。

◆ 顔面神経減荷術とは、循環障害により顔面の神経が腫れた場合、なかなか治りにくいものです。

マヒの回復を助けるために、耳の骨を削って顔面神経を露出させ、腫れを消退しやすくするのがこの手術の内容ですが、2週間程の入院が必要なようです。

ベル麻痺