血便の記事一覧

ラグビー・五郎丸

毎日、人と一緒に散歩する犬の場合は、血便からの病気が発見しやすいものです、然し、記をつけて見てないと、意外と見落としやすいものでも有りますので、大人が健康管理に十分注意し、観察して置く必要です。

犬の血便や病気は、排便時に直ぐ発見されやすいものですが、子供が散歩する場合もあることでしょうから、大人が常に注意して観て置く必要があります。

 

 
★☆ 犬の血便から、予測される病気は、どんなものがあるか。

犬の病気で比較的多いとされるのは「大腸性下痢」です、これは粘り気のある血便
などで容易に判断できるそうです。

この病気の原因は、”食事によるもの”・”ウイルスや細菌によるもの”・”ストレス
によるもの” 等があり、特に”食事によるもの”は、過食・高脂肪食が原因だそうで
まるで人間と同じですね。

“ウイルス・細菌によるもの”には、ジステンバー・コロナウイルス・パルボウイル
スがありますが、こちらは予防注射などで予防は可能とされています。

また、「コロナウイルス感染症」などの子犬は、下痢・おう吐・食欲不振と血便が
出ることで解りやすいのですが、成犬になると、そういった症状が現れにくくなる
そうで、命にかかわる場合も稀にある様ですから注意が必要です。

「鞭虫症」は、下痢や血便で発見できますが、必ずしも下痢・血便の症状は現れるとは限らない場合もある様ですので、食欲・体力・脱水には、十分気を付けて、
観察することが大切です。

最近、多く発病しているのが「神経性ストレス」です、特に吠えやすい小型犬は、
ストレスを感じやすいので、環境の変化にも注意が必要です。

このように犬も人間と同様、定期健康診断と日ごろの健康チェックで、より良いパートナーシップを保ちたいものです。

他に「レプトスピラ菌」による、血便が挙げられますが、この場合の多くは、
特に症状も現れないまま、自然治癒することが多いようです。
然し出血型と言われる『犬型レプトスピラ』や、黄疸型と言われる『黄疸出血性レプトスピラ』に感染すると、重い症状となり、死に至ることがあるようです。

犬が「出血型」に感染した場合、40℃前後の高熱・結膜の充血・、嘔吐や血便・
食欲不振 等の症状の病気となり、最後は尿毒症や脱水で死に至るようです。

また、犬が「黄疸型」に感染すると、「出血型」よりも症状が重くなり、酷い場合は病気発覚後、数時間から数日という早さで死に至ってしまうようです。

ラグビー・五郎丸 ★☆ ラグビー五郎丸選手の真似をする愛犬

 

★☆ 犬の血便の原因はなにか、その治療法は。

犬が「レプトスピラ菌」に感染し、血便などの病気になる原因としては、
「レプトスピラ菌」に感染した、ネズミや犬の尿に触れたり、それらに汚染された土や水溜まりの上を歩いたり、汚染された食べ物を食べることで、感染します。

犬が「レプトスピラ菌」に感染していた場合、抗菌薬の投与で治療するそうです、
但し、愛犬家であるなら、可愛い愛犬の為には、「レプトスピラ菌」に感染し、
血便などの病気にならないよう、定期的にワクチン接種を心掛けるようにしるのが
飼い主の義務と考えます。

血便

胃潰瘍

食べ過ぎや飲みすぎで胃腸炎になると、胃が痛くなるだけで、胃薬を飲めば治る、
と軽く考えている方が多いようです。

然し、胃腸炎を放って置いてしまうと、「胃潰瘍」となって血便が出たり、最悪の
場合は胃に穴があいてしまうこともある様です。

胃腸炎には、「ウイルス性」と「細菌性」の2種類があり、下痢・腹痛・悪心・
おう吐・発熱 等々の、症状が出ること多いのですが、必ずしも血便が伴うという
ことではないらしいです。

ここでは、胃腸炎になると血便になるのについて、詳しく説明しております。

 

 
★☆ 胃腸炎になると、必ず血便が出ることはない様です。

『消化器症状を伴う感染症』の総称である胃腸炎とは、その多くは、下痢・腹痛・悪心・おう吐・発熱の症状が出ること多いが、その症状も原因病原体によっては、若干の違いがあるようです。

胃腸炎になる原因としては、「ウイルス」と「細菌」によるものが大部分であり、
「ウイルス」には、アデノウイルス・ノロウイルス・ロタウイルス 等があり、
「細菌」には、サルモレラ・コレラ・大腸菌 等があります。

これらの「ウイルス」「細菌」に侵された病気を、胃腸炎と言うのでありますが、必ずしも血便が出るということは無いらしいです。

胃腸炎で、血便が出た場合には、鮮血ならば痔とか大腸炎を想定し、黒ずんだ血便
ならば小腸・胃の病気と想定するのが一般的な様です。

従って、もし血便があった場合は、一切素人判断はせずに、専門医の診断を仰ぐ
ことが間違いないく、一番の健康管理であります。

胃潰瘍 ★☆ 胃腸炎出苦しむ男性

 

 
★☆ 胃腸炎になた場合の、治療方法について

胃の痛みや血便などをもたらす胃腸炎の治療法は、胃酸を押さえる薬と粘膜の抵抗力を強くする薬を服用することだそうです。

それには、整腸剤による腸内細菌叢の調整が、有効である様ですが、細菌性胃腸炎が想定される場合、又は、症状が強い場合や遷延するような場合には、抗生物質の
内服が有効とされております。

然し、ウイルス性腸炎の場合は抗生物質の効果は、あまり期待できない様です。

また、検査でピロリ菌が検出された場合は、ピロリ菌の除菌を徹底して行います。

ピロリ菌の除菌には、2種類の抗生物質を、毎日2回・1週間、服用する必要が
あるそうで、例え、症状が緩和されたとしても、医師の処方した薬は必ず飲み切る
ことが、ピロリ菌の治療には大切な事なのだそうです。

少し胃腸炎の症状が良くなったからと言って、処方薬の服用を中止してしまうと、
ピロリ菌は抗生物質に対する耐性菌を作ってしまい、再度血便や胃痛などの症状が
復活してしまうと言われます。

ピロリ菌の除去治療に、医師の了解が出るまでは、きちんと治療に専念するように
して下さい。。
健康保険も適用されますので、金銭面の心配は少ないでしょう。

血便

体調不良

あまりインフルエンザには血便は伴わないものですが、稀にある時があります。

インフルエンザの症状は、38度を越える高熱・腹痛・下痢 が多く見られます、実は、稀に血便が出ることも多くなってきたことをご存じですか?
特に、新型インフルエンザの場合は、70%の方が下痢や血便の症状が起こると、言われております。

ここでは、血便とインフルエンザの関係について、詳しく説明しております。

 

 
◆◇ インフルエンザは、血便にも注意が必要です。

突然の発熱・強い倦怠感・筋肉痛・関節痛が起こる、インフルエンザは38度を
超える高熱の発症があります。

のどの痛み・鼻・咳・腹痛 等々の症状が起こりさらに、激しい咳・呼吸困難 等があり、急激に肺炎になることもあります。
ほかには下痢・鼻血・歯肉出血・血便・血痰などが起こることも考えられます。

インフルエンザの疑いがあった場合は、直ぐに医師の診断を仰ぎ場合によっては、保健所に連絡する必要があります。

特に気をつけなければいけないのは、感染力が特に強いので、医院に行ったり、
外出したりすることによって、他人に移す可能性があることです。

少し気になる様なら外出を控え、電話で医院に連絡し診察の予約をしたうえで、
診てもらうことをお勧めします。

何といっても、このインフルエンザ予防は、流行時期が来る前に、早めの予防接種を受けることが一番です。
然し、それでも絶対安全とは言えないのが、この病気ですので、手洗い・うがい・洗顔はこまめに実施するよう習慣づけましょう。

 

 
◆◇ インフルエンザでも、血便がある理由は、何でしょうか?

インフルエンザの症状は、ノロウイルス同様にウイルス感染の為、症状も同じで、
下痢・腹痛・血便・高熱・喉の痛み・鼻水・咳、等々が見られます。

その中でも、インフルエンザによる血便は「切れ痔」「胃腸炎」という、
2種類の原因が考えられる様です。

「切れ痔」が原因の血便は、インフルエンザウイルスの影響で、腹痛と下痢が
繰り返され、何度もトイレに行くことにより、肛門にダメージが与えられる為で、
切れて血便になってしまうと言われています。

鮮血のような真っ赤な血が、便・トイレットペーパーに付き、排便時に痛みがある
場合は、血便の原因は「切れ痔」の可能性があるようです。

「胃腸炎」が原因の血便は、インフルエンザウイルスにより、胃腸の働きが弱り、胃液が異常に出てしまうことで、胃腸の壁を溶かしてしまい、出血することから、
血便になってしまう様です。

黒い便や、タール状の黒っぽい便が出た場合は、肛門から遠い臓器からの出血であるために、胃腸炎の可能性が高くなります。
胃腸炎を放置しておくと、胃潰瘍になてしまい、更に胃に穴があくという大病になってしまいます。

インフルエンザに感染し、黒い便やタール状の黒っぽい便が出た場合には、すぐに医師に相談し、精密検査を受けるようにしましょう。

体調不良 ◆◇ インフルエンザには、要注意

 
◆◇ 新型インフルエンザの場合は、特に要注意。

新型インフルエンザに罹った場合は、高い確率で血便や下痢が発症し、脱水症状になることが多いようです。

新型インフルエンザは、文字通り新型であるがため、大半の方には免疫が無く、
多くの方が新型インフルエンザに感染してしまいます。

また、新型インフルエンザは、ワクチンが無い為に重症化しやすく、下痢や血便が続く場合は、医者に行く前に保健所に連絡し、症状を説明する様にしてください。

血便

赤ちゃん5

赤ちゃんに血便が有った場合は、素人判断は大変危険なので、罹り付けの小児科医へ直ぐに駆け付け、診察してもらって下さい。

又、母乳で育てる赤ちゃんには、多少の血便は有るものです。
ここでは、赤ちゃんの血便について、詳しく説明しております。

 

 

★☆  赤ちゃんの血便が確認されたら、早急な医師の診断です。

早急な医師診断のためにも、かかりつけの小児科医を決めて置くことが必要です。

かかりつけの小児科医は、その子の診察記録・検査記録 等々が、大切な個人情報
として蓄積されており、それらの情報を基にした、正しい見立てが可能となって、
正しい処置ができることになるのです。

赤ちゃんの血便の有無に関わらず、正しい医療行為・正しい保険請求のためにも、
主治医を決めて置くことが大切です。

血便は、食道から消化器官までの間の、出血が主な原因となります、さらには、
便の色や状態で出血部位や病気の原因が、ほぼ特定出来ると言われてます。
また、その原因にも年齢別に、違いがあると言われてます。

但し、年齢とは関係のない、次の様な病気もありますので、注意してくださおい。

「ポリープ」「急性大腸炎」「食道静脈瘤」「感染性腸炎」「消化性潰瘍」
「血管拡張症」「肛門炎」「肝疾患」 等々の病気です。

 

 
★☆  赤ちゃんの、血便時の、症状について。

赤ちゃんの血便ですが、どのような時にその症状が出るのでしょうか。
赤ちゃんは、「新生児」「乳児」に分けて、診断する必要があります。

「新生児」の血便の原因としては、壊死性腸炎・肛門裂乳児・牛乳アレルギー・
腸軸捻転・新生児出血素因が、考えられます。、

「乳児」の場合については、牛乳アレルギー・肛門裂乳児・腸重積症・重複腸管・
メッケル憩室炎が、考えられます。

どちらにしても、赤ちゃんがお尻から出血した場合は、素人判断で放置せずに、
主治医の診察のもとで、正しい治療をすることが肝心です

また、便秘も出血の要因となる場合が多いので、食物繊維の多い野菜(特に青汁) などを、沢山与える様、日常生活の中に習慣として取り入れてください。

赤ちゃん5 ★☆ 元気な赤ちゃん

 

 
★☆  母乳で育てる赤ちゃんには、血便のときがある。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんを、母乳で育てている場合は、便に血が混じることは、
時々かたまにはある様です。

便には、スジ状、若しくは点状の血液が混ざっておりますが、生後5~6ヶ月程で
症状はなくなります。

お母さんにとっては、とても心配でしょうが、赤ちゃんがいつも通りの様子なら、
大抵は問題はありません。

見極めどころとしては、以下の様な時は大丈夫です。いつも通りで構いません。

・母乳がよく出る。
・下痢はしていない。
・便に血が混じるのは、時々で少し。
・赤ちゃんが、機嫌良く元気にしている。

但し、以下の兆候が見られる場合は、他の原因が考えられますので、主治医の
診察を受けてください。てください。

・嘔吐する。
・下痢がある。
・発熱している。
・お腹を痛がり、激しく泣く。
・不機嫌・赤ちゃんの元気がない。
・いちごジャムの様な血便である。
・便に混じる血の量が増えてきた。
・便に混じる血が、ずいぶんと多い。
・いつまでも、血便がおさまらない。
・母乳を飲む量が、少なくなってきた。

血便