血便の記事一覧

胃潰瘍

血便が出た場合は「痔」と思っても、大腸がんの可能性が多いにありますので、
素人判断をしないで、病院で内視鏡検査で、医師の正しい診断を仰ぎましょう。

ここでは、大腸がんと越弁との関係について、詳しく説明しております。

 
◆◇ 血便は、痔だろうと思わず、大腸がんの疑いを持つべし。

貴方に、もしも血便があったら、大腸がんの疑いを持って、対応してください。

検査・診断の結果が、「大腸がん」で無いと言い渡されたら、それはそれで大変良
かったことでありますが、必ず他の病気があるので、決して「痔」だろうなどとは
過信してはいけません。

例えば「痔」と決めつけて、長年我慢してきたところ、出血が見つかり、初めて
病院で検査と診察をしたら「大腸がん」が見つかり、大慌てしたという話は良く
聞きます、「がん」でなくとも「ポリープ」が発見されたりもします。

また、血便はストレスからくる場合もあり、「潰瘍性大腸炎」の場合があるので、血便を甘く見てはいけません

「大腸がん」は、がんの出来た部位によって、症状は違ってきます、「直腸がん」には下痢が出る特徴があり、「結腸がん」は症状が出にくいのが特徴です。

また、血便の色でも出血の部位が想定できます、血液の色は時間の経過に伴い、
赤 → 紫→ 黒 へと変わります、すなわち、血便の色が黒ずんでいるほど、出血後の肛門までの時間がかかったということで、出血の部位が想定されるのです。

「痔」と思っていると「大腸がん」が発見されるケースが多いので、血便があった場合は「痔」などと、素人が勝手にと決めつけないで、内視鏡検査と医師の診断を受けることが大切です。

胃潰瘍 ◆◇ 腹痛に悩む女性

 
◆◇ 大腸がん特有の、と排便障害について。

「大腸がん」の初期症状としての、代表的なものとしては血便がですが、「痔」を患っている素人にとっては、非常に区別のつき難いものです。
ここでは、大腸がんの、便通異常について説明しております。

■ 毎年の定期検診が、早期発見の第一歩。
がんの発生部位によっても異なりますが、血便や便通障害、腹部の膨満感などが
大腸がんの代表的な症状です。
然し、肛門から遠ければ遠いほど初期症状が少ない傾向があるので、定期検査を
毎年受けることが、もっとも確実な早期発見につながります。

■ 下痢・便秘の繰り返しは、必ず診察。
大腸は、小腸から運ばれた食べ物を、肛門へと運び送る器官ですので、がんの
症状としても、便通異常と排便障害は大きなポイントとなります。
然し、もともと下痢や便秘気味の方にとっては、見逃しやすいため、「下痢と便
秘が、長く続くようであれば受診する」といった習慣をつけることが大切です。

血便

笑う3

ストレスが長く続くと、身体に色々な異常を引き起こします。
この、ストレスが溜まった時は、血便が出ることが良くありますし、自律神経や、
ホルモンバランスにも影響してきます。

その場合は、仕事を休んだり、遊びに出かけたりして、気分転換しストレス解消を
はかることで、自然と血便がなくなることが多いのですが、再発する場合もあり、
決して油断はできません。

ストレスと胃腸の働きには、密接な関係があるものと思って下さい。
ここでは、ストレスがもたらす、血便について、詳しく説明しております。

 

 
◆◇ 血便は、ストレスと思っても、専門医の診察は必要です。

仕事などでストレスがたまり、その結果、消化器管に障害が生じ(いわゆる潰瘍)血便が出る事が良くあります。

この場合の便の色は、鮮血ではなく黒っぽい色となりますが、必ずしもそうとは
限りませんので注意が必要です。

一方、潜血の血便であったら、ストレス障害で無い、他の病気が考えられますが、どちらにしても、素人判断には危険が伴いますので、専門医の精密検査と健診を
受け、正しい判断と治療を行なってください。

もし、ストレスが要因の場合であれば、若い人は潰瘍性大腸炎も考えられますし、しばらく放っておき、ストレスが解消すると自然と治っている場合もあります。

然し、これで完治したとは思わないことが大切です、ストレスが再び溜まると、
簡単に血便が再発することが、良くあるのです。
毎朝の排便後には、努めて便を観察することをお勧めします。

このような場合は、ストレス解消が一番の治療となるので、会社から休暇をとるな
り、気分転換に旅行に行くなりをして、リラックスすることが重要と思います。

リラックスが効果大とは言っても、あくまでも素人による、判断と治療ですので、
早めに時間を見つけ、専門医の診察を受ける事が、絶対に必要と言えます。

診察の結果、他の病気が見つかることも多々あるので、専門医の診察は必須です。

笑う3 ◆◇ 笑う門には福来る

 

 
◆◇ 何時でも、何処でも、可能なストレス解消法

誰でも簡単に出来る、ストレス解消法を紹介します、試してみてください。

■ 泣くこと
テレビや映画を見て、思いっきり泣いてみてください、涙を流すことにより、
一時的にストレスがリセットされて、すっきりした気分になりますよ。

■ 笑うこと
笑顔は、免疫力のアップと、病気の予防につながります。
笑うことで得られる、α波の効果は、ストレス解消にもつながります。

■ 大声をだすこと
大声を出すことにより、呼吸量が増え沢山の酸素を吸収しますので、身体の
活性化に役立ちます。
たまには大声を出して、気分も開放・ストレス解消をして下さい。

血便

腹痛1

血便があった場合、医師の診察に行く前に、それまでの症状をきちんと整理して、メモを持って医師の問診を受けることが、正確な判断材料になります。

 

 
◆◇ 血便を見たら、慌てずに、医師に行く前にやるべきこと。

血便を見たり聞いたりしただけで、誰しも何となく心が沈むものです。

然し、そこで慌てふたむいてはいけません、その症状を確りと掌握して整理のメモが必要であり、それを医師に全てを伝えることによって、正しい診断を受けます。

案外、取り越し苦労であったりしますので、決して動揺せずに落ち着いて、出血の状況を整理することです。
血便の症状を整理するにあたり、注意する事を以下の5項目にまとめてみました。

・前日の食事で、何を食べたか。(特に肉類は忘れない)。
・日頃の便通はどうなのか。
・いつ頃から、血便の症状があったか。
・定期健康診断時に、潜血があると言われなかったか。
・潜血が有った時、二次健診結果はどうだったか。

等々を、きちんと整理し、メモしておくことです。

そのメモと、先に受けた健康診断結果を5年分位持参し、医師の診断を受ける様に
してください。
過去の健康診断結果は、医師にとって、貴重な資料となります。

医師の診断時で注意すべきことは、血便の事を恥ずかしがってはいけません、
先にメモした症状を、包み隠さず話をすることで、医師は正しい診断ができ正しい治療方法で処置できるのです。

腹痛1 ◆◇ 腹痛

 
◆◇ 血便を伴う、主な疾患のご紹介。

血便が有った場合に、想定される疾患を6つを、以下に紹介します。
■ 裂肛(切れ痔)・痔核(イボ痔)
排便時・排便後に、真っ赤な血が出ている様な時は、痔が考えられます。
痔は、排便によってうっ血した肛門や、直腸の粘膜が傷つけられることで、
起こります。
痔による血便の場合では、便の表面に少量の血がついていたり、排便後に、
ポタポタ落ちたり、噴射状にピューっと出血したり、おしりを拭いた紙に、
血が付着していたりするのが特徴です。

■ 胃潰瘍
胃の消化酵素と強い胃酸より、胃の粘膜が傷つけられ、粘膜の一部が欠ける
のが胃潰瘍です。
ピロリ菌・ストレス・非ステロイド性消炎鎮痛剤・ステロイド薬 等が、胃粘膜
に傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が、胃粘膜や胃壁を消化する
ことにより起こります。
血液が、食べたものと一緒に、長い腸を経て排出されるため、真っ赤ではなく、
コールタールのような黒い血が、混じった血便になります。
他には、食事の後にシクシクとみぞおち辺りに痛みを感じたり、吐血などの、
自覚症状もみられます。

■ 十二指腸潰瘍
胃の消化酵素と強い胃酸より、十二指腸の粘膜が大きく傷つけられ、粘膜の一部
が欠けるのが十二指腸潰瘍です。
ピロリ菌・ストレス・非ステロイド性消炎鎮痛剤・ステロイド薬 等が、粘膜に
傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が、十二指腸の粘膜や壁を消化
することにより起こります。
便の色は黒く、コールタールのように見え、胃酸の分泌が活発な若者に多くみら
れます、夜間や早朝など空腹時に、持続的な腹部の痛みを感じることが、大きな
特徴です。

■ 潰瘍性大腸炎
大腸の粘膜に、潰瘍やただれができる炎症性の疾患のことで、ここ数年患者数が
急増している病気が潰瘍性大腸炎です。
2020代の若い人に多く発症し、非常に再発しやすいという特徴があります。
症状の主なものとして、下痢にともなう粘血便があらわれ、重症になると発熱や
腹痛を生じて、ときには緊急手術が必要となります。

■ 大腸ポリープ
大腸の粘膜が盛り上がって、いぼのような塊ができる疾患です。
大腸下部のS字結腸や直腸に、良く見みられ、ポリープが小さいうちは、殆どが
無症状ですが、大きくなるにつれて腸の内容物が、ポリープの表面を刺激する為
出血と腹痛を感じることがあります。
大部分は良性のポリープですが、時に、がん化する危険性がありますので、
定期的な検査が重要になります。

■ 大腸がん
自覚症状が、排便の後に出血することが多いために、痔と誤解しやすいのが、
「大腸がん」です。
然し、大腸上部の結腸に発生するがんの初期は、殆ど症状がなく、血便も肉眼
では確認できないので、詳しい検査を受けないとわかりません。
進行すると目で見てわかる血便となり、さらに腹部にしこりを感じたり、
便が細くなったり、便秘や下痢、腹痛といった便通異常などの症状が現れる
ことがあります。

血便

トイレ

毎日の排便のチェックが「大腸がん」の早期発見には、とても肝心なことです。
ふき取ったトイレットペーパーに血が付いていたとき、その血便の原因が痔なのか
「大腸がん」なのかは悩むところです。
血便の色が真っ赤な潜血だからと言って、痔と決めつけてはならないです、発熱・腹痛が有るか?、便秘・下痢は無いか?、等を専門医に診てもらい、総合的に判断してもらうことが大切です

ここでは、血便の原因が痔であるか、否かの、判別方法を詳しく紹介しましょう。

 

 
◆◇ 鮮血は痔の疑い有りと、決めつけるのは危険です。

いわゆる、鮮血と言われる、真っ赤な血が付着した便の場合、「痔」が原因の、
血便の可能性が高いですが、「痔」とするには、発熱・腹痛が無く、肛門に痛み
や違和感があることが、前提になります。

中でも、トイレットペーパーに鮮血が付く様な状況ですと、「切れ痔」である可能
性が高いようです。

然し、必ずしも「痔」であるかと言う訳ではなく、肛門に近い直腸からの出血も、
考えられますので、素人判断は禁物で、専門医の診断を受ける事が大切です。
特に、血便が続く様な場合で、下痢や便秘の症状も続く様ですと、尚更です。

長い間「痔」の病気を患って居られる方は、慣れっこになってしまい、あまり気にしない事がありますので、油断は禁物であり、むしろ要注意と言えます。

血便の色も、判断材料となりますが、絶対ではありません、直腸からの出血は、
鮮血に近いので、直腸がんの疑いを持つことも必要ですし、茶褐色だったり、黒ずんでいる様でしたら、「痔」よりはむしろ別の病気と考える方が良いと思います。

また、肉眼では解らない潜血の場合もありますので、年一回の定期検診は必ず受け
てください。
朝の排便後には、便を観察する習慣を、身につけて置くことも大切です。

トイレ ◆◇ トイレで確認

 

 
◆◇  便の色や形を、毎日チェックする事が、早期発見に繋がる。

「大腸がん」は、その名とおり長さが2mもある、大腸に発生するがんで、早期に発見できれば、ほぼ1000%完治する病気です。しかし、一度発症してしまい、
肝臓や肺に転移してしまうと、5年生存率が、20%ほどになってしまいます。

「食欲不振」や「便秘」等が、大腸がんの前兆と思われていますが、それは大きな間違いであります。
「大腸がん」には、自覚症状は殆どありませんし、症状が出る迄にはかなりの時間がかかるために、症状が出た時にはもう手遅れ、という事例が多々にあります。

そんな「大腸がん」を早期に発見する方法は「毎日、大便を見ること」です。
便の色や形を、毎日チェックすることにより、病気がわかることがあるのです。

今のトイレは、温水洗浄便座の普及などで、便を良く見る人が減少したうえに、
便を拭き取ったトイレットペーパーを、見ない人も増えています。
せっかくの身体からの、メッセージを見逃してしまうことに、なっているのです。

トイレでの、血便から判別するめやすとしては、
「赤い便」のときは要注意です、便の周りに赤い血がつくことその原因は、大腸と考えて間違いありません。

「黒い便」の場合は、胃や十二指腸などからの出血で、「白い便」は肝臓や胆のうの病気の可能性があるのです。

但し「赤い色」の便であっても「痔」の場合は、肛門廻りに痛みを伴うことが多いので、そういった場合は市販の痔薬を、1週間ほど使用して見てください。。
それでも出血が続くようであれば、必ず専門医に見てもらうべきです。

血便

子ども

小さな子供は、血便が出ることが良くあるものです。
臓器が未発達な為、ちょっとした原因で、出血し血便として出る場合が多いです。

お尻、肛門の粘膜も弱いので、かたい便が肛門を切ってしまい、出血することも、良くあります、この場合は便秘になっている場合が多く、病気ではないのですが、お尻が痛く、トイレにいくのが嫌になってしまうので、精神的なケアは必要です。

このように、子供の血便は、必ずしも重い病気が原因ではない場合が多いので、
焦らず落ち着いて対処して下さい。

とは言っても、子供の血便は油断できません、正しい診察と治療を受けるためにも
色々と医院を転医することを止め、小児科の主治医を決めて、専門に診てもら事が
大切です。

 

 
◆◇ 子供の血便が確認されたら、早急な医師の診断が必要です。

そのためにも、かかりつけの小児科医を決めて置くことが必要です。
そうすることで主治医には、診察記録・検査記録が、大切なその子の「個人情報」
として蓄積され、所謂、正しい見立てと正しい処置ができることになるのです。

子供の血便の有無に関わらず、正しい医療行為・正しい保険請求のためにも、
主治医を決めて置くことをお勧めします。

さて、子供の血便についてですが、どのような時にその症状が出るのでしょうか?

序文で、子供の血便は、必ずしも重い病気が原因でない場合が多いと書きました、
とは言っても、血便が子供の身体の異常のアラームの場合もあります。

子供の血便は、食道から消化器官まで間での出血であり、原因として多いのが、
細菌性やウイルス性の腸炎です。
子供の腸は大人と違って、細菌やウイルスへの耐性が低く、こうした腸炎になって
しまうことがとても多いのです。

細菌性腸炎は有名な「O-157」等、命に関わることもあるので、緊急な主治医の
診察が大切になるのです。
腸炎の場合は、血便だけでなく嘔吐や発熱など、複合的な症状が出てくるので、そうした症状が出てきたら急いで病院に行ってください。

 

 
◆◇ 子供の血便の原因として考えられる病気。

血便の色やや状態で、出血部位や病気の原因が、ほぼ特定出来ると言われており、またその原因は、年齢別にも違いがあると言われます。

然し、年齢とは関係の無い、以下の様な病気もあるので、注意が必要です。

・肛門炎 ・肝疾患 ・ポリープ ・急性大腸炎 ・食道静脈瘤
・感染性腸炎 ・消化性潰瘍 ・血管拡張症 等々です。

子供の血便の主な原因とされる、病気は次のようです。

幼児の場合としては、
・溶解性尿毒症・アレルギー性紫斑病・重複腸管・メッケル憩室炎・腸重積症

小中学生の場合では、
・異物挿入・クローン病・潰瘍性大腸炎・溶解性尿毒症・アレルギー性紫斑病

何れしても、子供の出血は放置せず主治医の診察で正しい治療をすることです。

さらに、便秘が出血の要因となる場合が多いので、食物繊維が多い野菜などを多く取る様、(特に青汁)日常生活に取り入れてください。

子ども ◆◇ 子供は国の宝

 

 
◆◇ 子供でも、ストレスに悩んでいる、現代です。

昔では殆ど無かったのに、最近になり急激に増加している、子供の血便の原因は、
胃潰瘍や十二指腸潰瘍です。
十二指腸潰瘍は、先天的なものもありますが、最近多いのはストレスが原因です。

子供の頃から、ストレスに晒されているなんて、可哀想ではありますが、
子供の潰瘍は、適切な処置を施せば完治できますんで、ストレスの原因をきちんと取除いてあげることが重要です。中途半端では、元の黙阿弥となってしまいます。

ストレスが原因となって、血便が出る様な状態に、子供を追い込む事のない様に、伸び伸びと元気に育つ環境を作って行くのが、大人の義務と思います。

血便

病院・CT検査

トイレで血便を発見してビックリた経験は有りませんか?
鮮血に近い血便もあれば、タールのような真っ黒い血便がある様で、色によっても原因は違うのでしょうか。また、検査方法も違うのでしょうか。

まず血便が出たら素人判断せずに、専門医の診察を受け検査してもらいましょう、また、40歳を過ぎたら毎年の定期健診時には、必ず便検査を受けましょう。

ここでは、血便の場合の、検査方法と料金を紹介したいと思います。

 

 
◆◇ 毎年の定期健康診断は、検査の基本です。

検査なしでも、血便は色と量でおおよその、悪い部位の見当が付くと言われます。

然し乍ら、確りとした診察と検査による判断が必要菜のは言うまでもありません、
素人判断は絶対に禁物です、取り返しのつかないことになりかねません。

血便のことは、大腸や肛門専門の医院(消化器科・肛門科)を受診し検査すること
をお勧めします。
血便に限らず、下痢や便秘 等の便通異常時も、検査が有効です。

また、痔と思われる様な場合でも、独自の素人判断はしないで、検査による専門医
の診断が大切な事ですし、40歳過ぎの中年になったら、毎年の定期健診で便検査
を受けることが、身体に潜む怖い病気の、早期発見につながります。

検査結果を見て、良く勘違いされておられる方が居ますが、あくまでも、検査結果
は検査を受けた時点での、健康状態を現わしたもので、今後も健康で安心できます
と言ういう、保証をするものではありません。

だからこそ、毎年の定期健康診断が重要となるのです。

血便の精密検査は、内視鏡を肛門から挿入して行う「内視鏡検査」があります、
この検査は、初めての方にとって、非常に不安を持たれますが、医療技術は進歩
しており、痛くて我慢する必要はないので、安心して受診してください。

肛門から指を入れ、医師が直接(ゴム手袋をします)触れてみる、「直腸指診」も
ありますし、さらに肉眼では血便とは解らない微量の出血を調べる、潜血検査もあります。

何れにしても、ポリープやガンが早期に発見できることは、その後の治療に大きく影響しますので、命にかかわることと理解し、毎年の定期健診を受けて下さい。

病院・CT検査◆◇ CTでの検査

 

 
◆◇ 精密検査の方法のまとめと、検査費用

先に説明しました、精密検査を整理しますと以下のようになります。

■ 大腸内視鏡検査
肛門から内視鏡を挿入して、直腸から盲腸までの粘膜の状態を、直視観察して、 血便の原因を探します。胃カメラと違い、検査前の前処置)が必要です。
苦痛が少ないように、熟練した先生から検査を受けることをおすすめします。

■ 直腸指診
これは、言葉通り指を肛門から挿入し、診察する方法ですが、直腸癌の約半数は
指が届く範囲に発生しますので、この直腸指診だけでも十分な診断ができます。
この検査は、心理的に抵抗が大きいですが、直腸がんの約8割は、この方法で
見つかると言われています。
検査時間は、1~2分で、痛みはほとんどありません。

■ 注腸造影検査
下剤を飲んで大腸の中を空にして、尻からバリウムを注入し空気をいれて、
レントゲンを撮影し、血便の原因を探ります。
内視鏡と同じ手間をかけた検査ですが、平坦型病変はまず発見できず 苦痛が
大きいなどの理由から、今はあまり行われていません。
内視鏡の専門家がいないなどの理由から、行われている検査方法です。
■ 胃内視鏡検査、腹部超音波検査、CT検査
血便が黒色でタール便の場合、食道・胃・十二指腸からの出血が考えられます、
この場合は、「胃内視鏡検査」をし、必要に応じて、「腹部超音波検査」や
「CT検査」 等も行います。

これらの検査は、保険診療で行われますので、3割負担の場合は、千円程度の費用
がかかります。
治療が行われたり、様々な検査を組み合わせた場合は、この限りではありません。

血便がでたら、まずは外科・消化器科・肛門科を受診して、検査を受けましょう。何事も早期発見、早期治療が大切です。

血便

胃潰瘍

病気の症状として現れるサインの一つに血便があり、日本人の食生活の変化から、
腸への負担が増加していることが、最近の原因と言われています
血便の症状が現れたら、その原因は何かを知る事が、治療を施すうえで、とても
大切な事と言えます。

ここでは、血便の原因で考えられる病気は何かについて、詳しくご紹介します。

 

 
◆◇ 血便は定期検診でも解るので、欠かさず受診しておくこと。

読者の皆さんは、血便が出たら何を連想されますか?
痔・いぼ痔・きれ痔? ポリープ、それも良性・悪性? この様々なことが連想
されるでしょう、しかも悪いことばかりではありませんか?

然し、血便の原因が解らずに、あれこれ悪く考えても、仕方が無いことであり、
まずは、早急に医者に行って、診察を受けることが先決です。

医者では、問診で色々と聞かれることが、沢山有ります、血便のあった日時や、
前日に何を食べたかを、整理しメモして置くことが大切です。
肉類特に馬刺・牛刺・レバ刺 等を食べた翌日は、多少の血便があるものです。

痔の病の方も血便がありますが、目に見えない潜血もありますので、定期健診で、
便検査をしておくことは、大切な健康管理の一つです。
定期健診で潜血が発見された場合は、即、精密検査を受けなくてはなりません。

私も、20年程前に定期健診で血便が見つかり「大腸ガン」では、と勝手に思い、
最悪のことが脳裏に浮かんだことが有りました。
然し、精密検査で痔が血便の原因であることが解り、安心した覚えがあります、

只、悪いことにそのまま放っておいたために、15年前にいぼ痔の摘出手術をする
羽目になってしまいました、切る前は下痢と便秘の繰り返しでしたが、今では痔で
悩むことは無くなり、大変快適なお通じで喜んでおります、

さらに、7年前に定期健診で見つかった潜血が、精密検査でポリープと解り、7個
も摘出しましたが、全て良性だったので胸をなでおろしたことがあります。

この様なことから、血便がなくとも毎年の定期検診は欠かせませんし、例え、痔と
分かってはいても放置せず、真の原因を突き止め早めの治療が大切です

そもそも日本人は草食人種であり、明治時代になって肉を食う習慣がついてきて、
それが原因で腸への負担が増え、ガンになり易い身体になったのではないかとも
思います。

それと、、毎朝の便通もおろそかにできません、朝の一杯の飲水と、野菜から多く
の食物繊維をを摂取することで便通が良くなります、今、流行りの「青汁」は、
簡単に野菜の栄養を摂取できるので、ぢ苦心の方には、簡単な解決策になります。

胃潰瘍 ◆◇その腹痛、胃腸炎では?

 

 
◆◇ 血便の原因となる病気と、その治療方法は。

血便で考えられる病気としては、痔・十二指腸潰瘍・胃腸炎 等で、大腸がんでも血便が出る事もありますが、初期の症状では殆ど、裸眼では確認できない程です。

排便時や排便後に鮮血が出た場合は、が想定されます。
便の表面に付着したり、排便後に噴射状に出血する事もありますが、尻を拭いた紙
に血液が付着するのが特徴です。

胃潰瘍では食後に、十二指腸潰瘍では空腹時に、みぞおちの辺りが痛み出します。
大腸ポリープでは、ポリープの小さいうちは、症状はありませんが、大きくなるにつれ、出血と腹痛が現れます。
大概が良性ポリープですが、がん化する危険性もあります。

大腸がんは進行すると目で確認できる血便になり、便秘・下痢・腹痛が起きます。
自覚症状の現れにくい大腸がんの早期発見のためには、定期健診を欠かさない事が
とても重要で大切なことになります。

血便

腸2

下痢ぐらいは、大丈夫だよと侮っていけません、血便が伴ったら大腸がんの疑いを持つこと、ストレスによる潰瘍性大腸炎も考えられますし、ポリー部が発見される場合もあります。

下痢に血便が伴ったら、比較的重篤な病気と考えていいかもしれません。進行や病状は検査しないとわからないため、安易に自己判断はせず、すぐに病院に行くようにして下さい。

ここでは、血便を伴う下痢の原因について、詳しく説明しております。

 

 
◆◇ 決して侮ってはいけない、下痢 大腸がんかもしれません。

下痢は、決して侮ってはいけません、血便に気付かない場合、所謂、潜血があるか
もしれないのです、その場合には「大腸がん」の可能性がないとも言え無いので、
素人判断をしないで、専門医に診てもらう方がいいです。

検査の結果、「大腸がん」ではなくとも、ポリープが発見されたり、ストレスから
「潰瘍性大腸炎」が見つかり治療に至った例が、過去には幾つももあるので、
専門医の診断は大切です。

「大腸がん」が直腸に出る場合は、強い便意と下痢があるのが特徴で、残便感も残
りますし、結腸に出るがんの場合の症状は、比較的謙虚に現れ無いのが特徴ですの
で、進行してから腹痛が起こり、そこで発見される事が数多くあります。

このように、下痢の場合に血便があると、大きな病気が潜んでいるものと思い、
必ず専門医の診察をするようにしましょう

また、血便の色でも出血の部位が想定出来ます。
血液の色は、出血してからの時間の経過とともに、赤から紫に、そして黒く変色し
てきます、すなわち色が黒くなるほど、肛門から遠い部位で出血したことが想定で
きるのです。

只の軽い下痢だろうと思っても、検査の結果では、「大腸がん」と診断された例が
良くあります、血便が伴ったら内視鏡による専門医の検査を行ってください。

腸2 ◆◇ 下痢は侮ってはいけない

 

 

◆◇ 血便を伴う、下痢の原因とは何か。

血便を伴う下痢の原因には、幾つかの病気の可能性がある様ですが、一体どのような病気なのでしょう?

私達の便には水分を含んでおり、健康な方の場合、少し軟らかな便が多い様です。
逆に、便が固い方の場合は、便秘などで便が腸内に留まっている間に、水分が腸に
吸収される為、硬くなってしまうそうです。

ところが、病気や炎症などの何らかの異常が起きてしまうと、腸内の水分吸収機能
や腸の働き方に異常が生じ、下痢を伴う血便になってしまうそうです。

血便を伴う下痢が続く場合は、その出血が鮮血に近い色なのか、タール状の黒い色なのかを観察して下さい。
その色が、鮮血に近い場合は「痔」の可能性が高く、タール状の黒い色の場合は、食道・胃・十二指腸 等、消化器系からの出血の場合が多いようです。

主な血便を伴う下痢の原因は以下のものがある様です。

■ 感染性腸炎
細菌やウイルス、食中毒や動物の寄生虫 等の病原体が、腸に感染して発症する
病気です。
激しい腹痛・血便を伴う下痢・吐き気・発熱・嘔吐 等の症状が出る様です。

■ 虚血性大腸炎
何らかの原因により、大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養素が
不足する為に大腸が虚血となり、潰瘍や炎症を生じる病気です。
主な症状は、突然の腹痛や下痢、血便を伴う下痢などが見られる様で、高齢者や
便秘がちな女性に、多く発症する様ですです。

■ クローン病
クローン病の原因は不明ですが、小腸や大腸を中心に炎症を起こし、びらんや
潰瘍が生じる病気で、難病と指定をされている、完治しにくい病気です。
症状は腹痛や下痢、血便を伴う下痢や体重減少、発熱 等が見られ、20代の
方に多く発症する様です。

■ 潰瘍性大腸炎
大腸の粘膜が炎症により、ただれ・びらん・潰瘍を形成する病気です。
症状は、粘着質の血便や下痢、腹痛などで、クローン病と似ているために、
誤診されてしまうことが良くある様です。
20~30代の方に多く発症しますが、50~60代でも多く発症する様です。 良くなったとしてても、数か月から数年後に悪化してしまうこともある様です。

■ 薬剤性出血性腸炎
この病気は、他の病気の為に服用している抗生物質の副作用が、原因で発症する
ことが多いです。
主な症状は、水の様な下痢や血便・下腹の鈍痛・膨満感・発熱が見られます。

 

血便

医師5

血尿は、腎臓・膀胱・尿管の異常のアラームです、一方血便は肛門・腸・胃の消化
器管の異常のアラームです。
双方には、直接の因果関係は無いように思いますが、どちらにしても、身体に異常
があり何らかの病気でありますので、専門医に診てもらう事が必要です。

 

 

◆◇ 同じ出血でも、血尿と血便には、因果関係は無い。

血尿も血便も、とても心配な症状ですが、これには因果関係があるのでしょうか、逆にいえば、血尿があったら血便の心配を、しなければならないのでしょうか。

洋式トイレが普及して、血尿・血便は、比較的発見しやすくなってはいますが、
まだまだ自覚症状としては気づかずに、定期健診などで発見されるケースが多い様
です、特に潜血検査での発見が多く、大切な検査ともいえる様です。

素人目にも、普段の色とは違う様な時は、身体には何らかの異変がある訳ですし、
何かの病気が潜んでいる可能性は十分考えられると思います。
血尿も血便も、身体の異常を知らせる、アラームと認識しなければなりません。

まず、血尿の症状です、健康診断ではなくて、自分で認識が出来る様な場合には、
相当の濃い血が混じっている場合が多く、腎臓の損傷が考えられます、色が混じったり混じってなかったりしている場合は、尿道・尿管の損傷、全て血尿の場合は、膀胱・腎尿管からの出血と考えられます。

一方、血便の場合は、肛門から消化器管までの病気が考えられます、こちらも色や量によって病気の部位が想定できるそうです。

このように、同じ出血とは言っても、尿の場合と便の場合は、違う器官の異常ですので、因果関係は無いと言われています。

何れにしても、身体のどこかに異常があるから、出血がある訳でありますので、
早急な専門医の診察と治療が第一です、素人判断で放って置くことの無いように、
しっかりとした管理をしましょう。

医師5 ◆◇ 家族全員の主治医は必要です

 
◆◇ 血尿と血便の共通する根本原因とは何か。

血便と血尿は、同時に発症することは、稀ではありますが、根本原因としては、
共通ものがあると考えられています。

その根本原因とは「ストレス」です。
『ストレスは万病の元』と言われているように、ストレスには、環境的な要因や、精神的な要因、蓄積した疲労による肉体的な要因など、様々な要因があります。

これらのストレスを、極度に感じる様ですと、体の抵抗力が弱まり、簡単に血便や血尿などをもたらす病気を発症させてしまうのです。

例えば、血尿を起こす「膀胱炎」は、大腸菌などの細菌が原因であり、身体に正常な抵抗力があれば、簡単に病原体を撃退する力があるものです。
然し、ストレスによって抵抗力が落ちると、外的や病気に対する撃退力が下がり、結果として「膀胱炎」や「腎臓病」となり、血尿が出てしまうのです。

身体と精神のバランスが崩れると、病気は必ず引き起こされます。
投薬 等で治療ことも可能ではありますが、根本的な解決にはならず、簡単に、
再発する可能性も高い様です。

血尿や血便が出ることは、ストレスの原因は何か、その為には何が必要かを、
考えてくれと言う、体内からのメッセージなのかもしれません。

こんな時には、家族全員の罹り付けの医師がいれば、とても助かります、健康管理には、家族全員の主治医を決めて置くことが、とても大切です。

血便

看護師1

血便とは「便に血液が混じった状態」を指しており、血便があった場合は、その色で大抵の病気の部位が判断できます。
肛門から遠い消化器管での異常ほど、血便の色が黒ずんでくるものですが、素人の勝手な判断をしないで、専門医の診察を受け正しい判断と治療を受けて下さい。

ここでは、血便の色と病気に関する事について、詳しく説明しております。

 

 
◆◇ 血便の色や混ざり具合で、その特徴と以上部位を推定できる。

一口で血便とは言っても、その色には微妙に違いがあります、「真っ赤な鮮血」で
あったり「黒みがかって」あったりと、本当に様々です。

何故この様に違うのでしょうか。
それは肛門から排泄されたときに、便についた血液(これを血便と言います)が、
出血してからの時間が、どれだけ経過したかに因るのです。

すなわち、出血した血液は時間経過とともに、赤から紫そして黒色と変色(酸化)
してくるので、だから、血便の色で肛門から消化器管迄の距離を推定し、出血部位
を判断できるのです。

「鮮紅色」は肛門に近いところ、「黒ずみが少ない」と大腸・「黒ずみが多いと」小腸・十二指腸・胃 等と、異常部位を推定するのです。

また、血と便が混ざりあっている場合は、判断しにくいのですが、肛門近くの異常
であれば、大抵は便の表面に血液が付着していることが多いのです。

血便に付いた血液の量でも、おおよその判断は可能と言われています。
量が少ない時は、痔やポリープ・がん 等の疑いがあり、大量でしかも回数が多い場合は大腸憩室症・薬剤性大腸炎・潰瘍性大腸炎 等どの疑いが持たれます。

とは言っても、素人判断は禁物です、血便は必ず専門医の診断によって正しい治療
を受けてください。

看護師1 ◆◇優しく説明する看護師さん

 

 
◆◇ 血便の色で疑われる病気の具体例について。 

以下に、具体的な血便の色によって疑われる、病気について見てみましょう。

■ 鮮血に近い赤い便
「鮮血に近い色の赤い血便」は、出血場所が肛門から近く、血液が腸内に居る
時間が短いことを意味し、S状結腸・直腸・痔で肛門からの出血が疑われます。
血便に付着する血が大量の場合は、いぼ痔を大きく傷つけた可能性があります。

■ 褐色がかった赤い便
「褐色がかった赤い色の血便」は、主に、S状結腸・直腸・右側の大腸からの、
出血の可能性が高いようです。
便が、S状結腸や直腸辺りに来ると、便の水分が腸管で吸収されるために、硬く
なり、便と血液が混ざることが少ない為、血が便に付着する形になるそうです。
直腸・S状結腸・大腸からの出血が便に付着し、体内に留まる時間が長いと、
鮮血のような赤色ではなく、酸化して褐色がかった、赤色になるようです。
このような血便で疑われる病気は、食中毒・赤痢・潰瘍性大腸炎・大腸がん 等
のようです。

■ 黒っぽい赤い便に、粘液が混じっている
「黒っぽい赤色で、粘液が混じっている血便」の場合は、潰瘍性大腸炎・クロー
ン病・風邪薬などの薬害による大腸炎 等が、疑われるようです。
薬害が原因の場合は、服用する薬を変えたり・飲み合わせを変える 等で治るよ
うですが、クローン病の場合は難病指定されるほどの完治が難しい病気です。
いずれにしても、血便だけではなく、粘液が混じっているのかも重要ですので、
きちんと医師に説明するようにしましょう。

■ 黒い便・タール便
「黒い便・タールのような黒色の血便」は、身体に重大な病気の場合が多い為、
要注意です。すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。
黒い便は、胃酸と血液が混じることによって出来ますが、特に、タール便は胃や
十二指腸からの大量出血が疑われるようです。
このような色の血便で疑われる病気は、急性胃粘膜病変・大腸がん・胃がん・
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・食道動脈瘤、等のようです。

異常、赤から黒にかけての便は血便であり、黒に近くなる程病状が重症化したり、重大な病気が原因であることが疑われます。

血便が出たら、勝手な素人判断は絶対にせず、血便の色・血の量・付着した粘液
などの有無を確認し、医師に正確に伝えるようにしましょう。

 

血便