アキレス腱の記事一覧

人間の身体は、色んな部位から、色んな音を発します。
口からは言葉として、心臓や動脈からは、血液の流れを 等々、
医師は、身体の異常を知るために、聴診器を当てて、聴き診断します。

この様に、人間の身体は、音を発することで、異常を知らせているのです。
ここでは、アキレス腱の発する、音について、詳しく見ていきます。

 
☆★☆ アキレス腱から、音が聞こえるのは、どんな時にですか。

身体からは、色んなところから、音を発っして、異常を知らせていますが、
脚部の、アキレス腱から発せられる音は、とても特徴的な音として聴こえます。

アキレス腱から音がなるのは、主に、以下に記す2つの原因がありますが、
どちらも、異常音として捉えるべき、注意が必要な場合の、音が多い様です。

■ アキレス腱断裂時に、発生する「断裂音」
アキレス腱が、断裂する時の音は、周囲も気付く程の、とても大きな音を、
発するといわれています。アキレス腱というのは、太ももと踵の骨を、
結び付けている腱ですが、断裂する原因は、瞬間的に、過度の負荷が、
かかるからといわれています。

不思議なことに、受傷した時は、あまり痛みを感じないようですが、
大きな音を聞いた後に、歩き出したときに、歩けず倒れてしまい、この時に、
初めてアキレス腱が、切れたことを知る事が多いのです。

どんなに鍛えているスポーツ選手でも、ある弾みで、簡単に切ることがあり、
切れる時は、切れるものなのでしょう。

アキレス腱断裂の特徴としては、腱のある部分が、くぼんでしまうこと、
歩行することが、非常に困難となることです、その後、内出血による腫れが、
出ることもある様です。
■ アキレス腱炎で、発する「握雪音」
アキレス腱炎は、アキレス腱が断裂する、前段階の状態といわれています。
アキレス腱が、過度な衝撃によって損傷し、炎症を起こしている状態で、
、腫れや、痛みなどを訴えることがあります。

新雪を踏みしめながら歩くと、ギシギシと鳴る、特有の音を「握雪音」と、
言いますが、アキレス腱に炎症を発症している時も、これと同様の
「握雪音」が、聞こえることがあります。

よく運動をする人に見られますが、準備運動の不足・ストレッチ不足のまま、
急に激しい運動をしてしまうことが原因としてあげられます。
柔軟性が低下している状態なために、アキレス腱が耐えきれないダメージを、
直接受けてしまうのです。

常識とされる、運動をする前には、また運動終了時には、入念なストレッチを、
実施して、明日へ疲労を残さないようにする工夫が必要です。

蓄積した疲労によって、アキレス腱が硬くなり、ある瞬間に力が加わると、
断裂する恐れがあるので、十分注意するようにして下さい。

 
☆★☆ もし、アキレス腱から、音が聞こえたらやるべきこと

アキレス腱から「握雪音」が聞こえる様な場合は、早い段階で運動を中止し、
専門の整形外科医院に行いくべきです、気付かないままに、目に見えない炎症が、
すでに進行している、可能性があるためです。

怖いのは、アキレス腱の断裂は、ある瞬間に突然襲ってくるところです。
軽い運動中でも、チョットした衝撃で、一瞬に切れてしまうため、予測出来ない
のです、しかし身体はアキレス腱炎として「握雪音」として、確りとサインを、
送ってくれているのです。

長い治療を要し、日常生活にも不自由をきたす、アキレス腱断裂です、
予防のためには、しっかりと足の状態を管理しておく事が必要でしょう。

アキレス腱

『 最近、アキレス腱に、何となく違和感を感じている、何でもなければ良いが、
大きな病気の予兆ではと、何か不安を覚える毎日です。』
これが、70歳に近い初老男性、現在の自分自身のことです、
ネットで色々と、調べてみましたので、以下に整理してみました。

 

☆★☆ 違和感に先立ち、まず、アキレス腱のことを知りましょう

アキレス腱には、「ヒラメ筋」「ひふく筋」の、2つの筋肉が関与しています、

ヒラメ筋が深部に存在し、膝下の外側の骨の上部から伸びて、アキレス腱に
繋がり、踵に付着しています。
機能としては、足関節を底屈(つま先を下に向ける)させることです。

ひふく筋は、ヒラメ筋に覆い被さる様に存在し、膝上の大腿骨下部の、
内側と外側2ヶ所から始まって、アキレス腱に繋がり、踵に付着しており、
ヒラメ筋との大きな違いは、膝関節をまたいで存在するという点です。
足関節を底屈させる働きと、膝関節を屈曲させる働きの、2つを担います。

アキレス腱は、人体で最大で最も強靭な、腱組織だと言われています。
最も強靭な腱組織と言われながら、違和感を覚えたり、痛めやすいのが特徴で、、
痛めては治し、治しては痛める、再発を繰り返す人も少なくはありません。

その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、アキレス腱は、全てのスポーツに関わる、重要な組織であると同時に、
日常生活においても、酷使する組織の一つだからです。

2つ目は、アキレス腱に限った事ではありませんが、全ての腱組織は老化に伴い、
徐々に柔軟性を失っていくからです。

スポーツの性質上、或いは日常生活での、疲労蓄積によって、酷使される、
アキレス腱は、常に小さな断裂と再生を繰り返しています。

 

 

☆★☆ アキレス腱と、それに係わる違和感の、緩和・解消には

いつもの感じとなんだか違う? ふと、アキレス腱に違和感を感じる様なとき、
アキレス腱に何かしらの異常が起こっている可能性があります。

アキレス腱に違和感を感じる、主な原因は、腱の使い過ぎで、引き起こされる、
周囲炎や滑液包炎といった疾患が考えられます。
このため、この症状を緩和・治療するためには、次の様なことに気をつけます。

■ 安静にして、回復を待つ。
長く違和感がある時は、炎症の疑いがあります、 基本的に、これら炎症は
刺激さえ与えなければ、自己治癒力で回復できるので、安静にすることです。
よく歩く人は靴を替えてみるのも、一つの手かも知れません。。

■ 病院へ行って、診察する。
長期間、違和感に悩まされている、その症状はもしかしたら、アキレス腱が、
部分的に断裂している可能性がありますす。
これは、完全に断裂する、一歩前の状態なので、医師に相談して下さい。

■ サポーターやテーピングを使用する。
サポーターやテーピングには、衝撃の吸収と患部の固定の、目的があります。
違和感といった症状がある時は、腱への刺激はなるべく控え、そんなとき、
これらの用品は、とても効果を発揮します。

 

 

☆★☆ アキレス腱に、違和感が有ったら、絶対に無理をしないことです。

アキレス腱の怪我は、ちょっとした痛みや違和感程度で、初期症状は些細です、
そのために、ほとんどが見過ごされてしまうことが、多いかもしれません。
とは言っても、どんな場合でも、絶対に無理をしないようにしてください。

少しでも違和感があるときは、身体が異変を訴えている証拠なのです、
ある日、突然アキレス腱断裂という危険性もあるので、特に注意が必要です。

違和感を感じたら、ストレッチなどの、日々のメンテをしっかりと行う 等、
なるべく早い段階で、手を打つことが大切であり、専門医に診察にいくにも、
忙しさにかまけて後回しにせず、早め早めに行うことです。

アキレス腱

アキレス腱に、何となく違和感を感じ、押したら、痛いしこりが出来ていた、
何てことはありませんか、『 たかが、アキレス腱、たかが、しこり だよ 』と、
甘く見ていると、大変な病気が引き起こされることもあるようです!

ここでは、アキレス腱のしこりの病気について、アキレス腱が腫れたときの、症状 等について、詳しく見ていきます。

 

 

☆★☆ アキレス腱のしこりは、炎症が原因です。

何気なく、足を見てみたら、アキレス腱にしこりが出来ている。
この様な事に、心当たりがある人は、長い間のうち、アキレス腱にダメージを、
受け続けてきた、可能性があります。

■ 悪さの原因、その1、アキレス腱炎

アキレス腱に、しこりができる原因の一つは、アキレス腱炎と呼ばれる疾患が、
悪さをしているもので、この疾患はその名前の通り、アキレス腱に炎症が、
出来てしまっている状態の病気です。

アキレス腱自体が過剰な負荷により酷使された結果、アキレス腱の弱い部分に、
細かな亀裂が出来たことが原因だと言われています。

この、アキレス腱の細かな亀裂を修復する為に、筋組織が増えたために、
押すと痛い「しこり」が出来てしまうそうです。
アキレス腱に出来た亀裂を守るため、筋組織のしこりでガードしていた訳で、
身体の防御本能と言えるものです。

しこりの原因は、アキレス腱の小さな亀裂ですから、過度の負荷が掛かると、
しこりだけでは守りきれず、アキレス腱が切れることもあるようです。
アキレス腱の断裂の前に、しこりが出来たら、病院を受診することが大切です。

■ 悪さの原因、その2、アキレス腱周囲炎

もう一つのしこりの原因は、
アキレス腱周囲炎と言う病気で、特に長距離ランナーに、多く見られるように、
過激な運動量の増加や、練習方法の変更が、原因と言われています。

これは、アキレス腱を包んでいる、パラテノンという膜が、炎症を起こす為で、
この膜の炎症から守ろうとして、しこりが出来てしまうようです。

急な発症の場合は2週間、慢性的に痛い場合は6週間程度の期間、安静にして、
アキレス腱の湿布やアキレス腱の衝撃を吸収するインソールを入れるなどし、
アキレス腱の、しこりや痛みの、自然治癒を待ちます。

もし、これでも治らない場合は、パラテノンを全部切除するという外科手術を、
行わなければならなくなりますし、大きな傷が、痛々しい残るようです。

外科手術という、最悪な事態にならないよう、アキレス腱にしこりが出来たら、
すぐに医師の診断を仰ぎ、治療をするようにすることが大切です。

 
☆★☆ アキレス腱のしこりと、上手に付き合うことが大切。

しこりが出来て、何年も症状が取れなくて、悩んでいる人も多いようです。
運動時には、痛みや違和感を感じたりするために、しこり解消に必要な運動も、
なかなか身が入らないという、悪循環が現実のようです。

アキレス腱炎が起きる、一番の原因は、運動のし過ぎといわれており、
このためこれが起きてしまったら、それ以降、足への負担をしっかりと意識した、
運動が大事であり、次のようなことを、意識して行動するといいと思います。

■ 自分の足に、合った靴を履く
しこりが出来る人の中には、靴が足と合っていないことが想定されます、
靴を交換したり、緩衝材をはさむなどして、対策を取るようにしてください。

■ 入念にストレッチを確り行う
アキレス腱の柔軟性が乏しい人は、アキレス腱へのダメージが大きくなり、
この状態が続くことで、アキレス腱が損傷し、しこりを作ってしまいます、
柔軟性を高めるために、入念なストレッチを、確りと行って下さい。
■ テーピングを面倒がらずに行う。
運動する人とっては、テーピングをすることは、とても効果的です。
患部への衝撃を吸収し、余分なダメージを受け流すことが、期待できます、
少々手間がかかりますが、運動する都度、巻いてみて下さい。
■ 運動後はアイシングを行う。
運動後は、アキレス腱は熱を持っていたり、損傷していることがありますので、
アイシングを行うことで、これを沈静化することが可能です、軽い運動程度
であれば、水道水を足に当てるだけでも、効果があるのでやってみて下さい。

 

 

☆★☆ アキレス腱のしこりは、休ませることが大切です。

アキレス腱の使いすぎが、しこりの出来る原因です、しこり・痛み・腫れ、
等々が出てきた場合は、すぐに運動を止め、アキレス腱をやすませます。

無理して運動を行ってしまうと、症状が悪化するほか、断裂する可能性もあり、
かえって困ったことになります、
確りと、アキレス腱を休ませながら、解消していく事が、大切なのです。

『 しこりが出来てしまったら、使いすぎなんです 』それを治すためには,
『 安静にし、休ませることが一番なのです 』運動量を考えたり、
いっそのこと、思い切り休ませてあげる事が得策と考えます。

アキレス腱

アキレス腱の腫れは、繰り返す負荷により、アキレス腱に微細な変性が認められ、
スポーツ障害としては頻度の高いものです。
アキレス腱は、パラテノンという薄い膜で覆われており、
この部分に、炎症が生じた場合を、アキレス腱周囲炎とい言っております。
ここでは、アキレス腱が腫れたときの、症状 等について、詳しく見ていきます。

 

 

☆★☆ アキレス腱が、腫れる原因は何からくるのでしょう?

『 あれ、アキレス腱が腫れている!! 』こんな経験はありませんか?
何かに、ぶつけた訳でもなく、赤く腫れている様な場合は、その原因は、
「アキレス腱炎」「アキレス腱周辺炎」「アキレス腱滑液包炎」の、
大きく、3つに分けて考えられます。

■ アキレス腱炎
繰り返し重なる、激しい運動によって、アキレス腱に、傷がついてしまい、
炎症を起こしてしまう症状であり、不十分な準備運動や、運動後のストレッチ、
クールダウンなどを怠ると、起こりやすいといわれるのが原因です。

■ アキレス腱周辺炎
アキレス腱炎と、ほとんど変わりませんが、アキレス腱を覆う膜に、
炎症が出来てしまう症状であり、過度な運動や、運動前後のストレッチ不足で、
発症するのが原因です。
■ アキレス腱滑液包炎
かかとにある緩衝材の、役割を担う滑液包に、炎症が出来てしまう症状です。
かかと部の、アキレス腱を守る役割をしている滑液包が圧迫や刺激によって、
炎症を起こしてしまうことが原因です

アキレス腱の腫れは、加齢変化のひとつである、腱の変性がベースにあるため、
中年以上の、市民ランナーやウォーキングをしている人に多く発症します。

原因は、使いすぎであるがゆえに、運動量と発症には、相関関係があるとされ、
トレーニング方法が、不適切であることが、原因していることもあります。
それと、靴の不適合や、扁平足なども、原因のひとつになっております。

アキレス腱炎・アキレス腱周辺炎の2つは、放っておくと、アキレス腱断裂に、
繋がることがよくあり、歩行時や患部を押した際、痛みを感じるようであれば、
病院で診察を受けて、運動を控え局所の安静を保ち、腱が修復されるのを、
待ツことが大切です。

 

 
☆★☆ アキレス腱が、腫れたらどうすればいい、治療の方法について

腫れは、往々にして熱を持っていたり、内出血を起こしていることがあり、
この腫れを抑えることが、治療の第一歩ですので、具体的には、運動を控えて、
患部のアイシングを行います、湿布や一時的な消炎鎮痛薬の内服も有効です。

腫れが引き始めたら、今度は温熱療法を行います。
血液循環を促進して、栄養を細胞に行き渡らせ、回復を促すのが目的です。
入浴や温タオルなどを用いて患部を温めるようにしてください。

歩けないほどに、腫れてしまう、症状になり場合がありますので、
安易な自己判断をせず、医師に相談しながら、治療を進めていった下さい。

スポーツ選手が行う、局所注射は、
腱の変性や断裂を生じる可能性があり、慎重を要します。

症状の改善が認められれば徐々にスポーツを始め、運動前のストレッチングや、
運動後のアイシングを励行するようにします。

アキレス腱

準備運動

サッカー等の、スポーツ選手は、アキレス腱が切れることは、良くあることを、
聞きますが、然し、普段は、あまり運動をしていない人が、急にスポーツしたり、
坂道を駆け上ったりしたときに、アキレス腱を切ることも、起こりやすい様で、
30~40歳代の人に、よくみられるそうです。
ここでは、アキレス腱が切れるときの、症状 等について、詳しく見ていきます。

 

 

☆★☆ アキレス腱が切れると、どうなるの?

アキレス腱は、運動する上でとても大事な、腱の一つです。

急に足を踏み込んだ瞬間に、なにか強い衝撃を受け、かかとの少し上の辺りに、
後ろから棒で叩かれたような、ショックが有り、踏み込む力が弱くなってしまい、
つま先立ちができなくなります。

切れた瞬間には、痛みはありますが、その後は、あまり強い痛みを感じることが、
ないようで、アキレス腱が切れても、全く歩けなくなる様なことはないので、
切れていることに気付かない人もいます。

この時、アキレス腱には、どういった症状が現れるのでしょうか?

大きい音がします。

アキレス腱が、切れる時の特徴の一つですが、
アキレス腱を切った多くの人は、その瞬間大きな音を聞くことがあるそうです、
人によっては、周りの人も聞こえる位、大きな音がなることもあり様です。

その後、立てなくなって初めて、アキレス腱が切れていることに気付きます、
痛みは、人それぞれで、あまり感じない人も要るようです。
踵の、少し上辺りが、切れてへこんでいるのを、皮膚の上から確認できます。

■強い衝撃があります。

切れる時の衝撃の方が、痛みよりも、印象に残っていることが多いようです。
アキレス腱を、鈍器で強く殴られたように感じる、と言うほどの衝撃が、
腱を襲うために、印象に残るのかもしれません、無理のないことです。

一般的には、アキレス腱が切れるとつま先立が、出来なくなってしまいます、
周りの人の手を借りながら、すぐに病院に行くようにしてください。

 

準備運動

 
☆★☆ アキレス腱が切れる、その後の治療について

アキレス腱が切れれば、足を支える機能が低下する事に会ってしまいますので、
残念ですが、松葉杖や車椅子を使用する生活が、余儀なくされると思います。

保存療法といって、身体の治癒力で、自然回復するといった方法があります、
然し乍ら、アキレス腱を切ってしまう人の、多くは運動をしている人なので、
早く復帰できるという面から、外科手術で治すケースが多いようです。

それでも、受傷後から歩くようになれるまでは、4ヶ月前後の期間が必要で、
走れる様になるまでには、さらに2ヶ月要すると思います。
この間、苦しいリハビリも必要となるので、かなり根気がいる時期と言えます。

どちらにするかは、医師とよく相談して決めるようにして下さい。

 
☆★☆ アキレス腱が切れる、ことに対しする予兆と予防について

アキレス腱は、普段、運動をしない人や、運動に自信のある人が急にやる場合、
突然切れることが特に多いですが、予兆ともいえる症状が、以外にあります。
アキレス腱炎と言う症状です、アキレス腱に炎症が、出来てしまっている状態、
これが切れる予兆なのです。

歩く際に、痛みがあったり・違和感を感じたり・足首が腫れていたり、が、
しているようでしたら、アキレス腱炎である、可能性が高いでしょう。
無理して放置しますと、いずれアキレス腱が切れることになってしまうのです。

当然、予防にも繋がりますが、これら症状が見られた際は、休息が大事です。

アキレス腱炎と言う、サインをしっかりと受け止めて、しっかりと休息を取り、
一定期間、アキレス腱を休ませることで、切れることの予防が可能なのです。
機械にも定期点検が有る様に、身体にも無理は禁物なのです、

また、アキレス腱が切れる、経験者の1/3程度は、準備運動をほとんどが、
行っていなかったことがわかっています。
運動前には十分なストレッチやウォーミングアップをする事が大切です。

アキレス腱