アキレス腱の記事一覧

歩くときに、踵の後ろの靴の履き口の、辺りの位置より下に痛みを感じるのが、
アキレス腱付着部症の典型的な症状です。

座ることが多い生活・肥満・運動による酷使 等により、ふくらはぎの筋肉が、収縮していると、発症のリスクは高くなります。
ここでは、アキレス腱付着部症のことについて、詳しく紹介しております。

 
☆★☆ アキレス腱付着部症の原因と症状について。

アキレス腱付着部症の原因は、踵骨上のアキレス腱が、慢性的に牽引される、
ことで起こり、肥満・着座の多い生活習慣・運動での酷使 等から起こる、
収縮または短縮した腓腹筋が、要因となっております。

アキレス腱付着部症の症状としては、靴のヒールカウンター最上部の、
下に対応する位置、踵後方部位の、歩行中に感じる痛みが特徴的であって、
その付着部の、アキレス腱の触診は、診断に有効であります。
触診中に、足関節を手で背屈させると、通常痛みは増悪します。

 
☆★☆ アキレス腱付着部症には、どんな治療があるか。

アキレス腱付着部症の、治療方法としては、
ふくらはぎの筋肉の、ストレッチ運動を、3回/日、10分程行うと良いです。
両腕を伸ばして、壁に向かって立ち、両膝を伸ばしたままの姿勢で、
つま先側を上げ、足部を背屈させると、ふくらはぎを伸ばすことができます。

歩行の際、アキレス腱へのストレスを、最小にするために、
長時間休憩後に、活動を再開するときは、足部や足首の関節を、可動域の範囲で約1分間、活発に動かすべきです。

就寝時に、夜間用スプリントを使用して、アキレス腱を伸ばしておくことも、
アキレス腱の短縮を防ぐのに有効です。
さらには、ヒールリフト装具を使用すると、歩行時のアキレス腱の痛みと、
アキレス腱へのストレスを、一時的に軽減することができます。

 

 

☆★☆ アキレス腱付着部症の発症を、予防するために。

アキレス腱付着部症の発症は、普段履いている靴を原因とするのが多いことを、
意外と気付き難いという特徴があるようです。
運動もしてないのに、かかと部が痛いという時は、靴が原因かもしれません。

また、浮き足や偏平足の人も、アキレス腱付着部症を起こしやすい傾向にあり、
注意が必要と言えるでしょう。

余り、自分の足を意識して、見ることは少ないかもしれませんが、
原因不明の痛みが起こっているようであれば、一度、病院で足を見てもらうと、
足の変形など色々と発見が出来で良いかもしれません。

アキレス腱

スポーツの怪我で、アキレス腱断裂ということを、良く聞くと思います。
アキレス腱断裂は、足首にあるアキレス腱が、過度な衝撃によって切れること、
であって、スポーツ以外でも、中高齢者に多い怪我です。
ここでは、アキレス腱断裂の後遺症について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂は、何が原因でおこるのでしょう。

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉の、アキレス腱部分で、踵骨という、踵の骨に
付着しており、足首を足底側に曲げるはたらきをします。

アキレス腱断裂は、ふくらはぎの筋肉が、強く収縮することによって、発生することがほとんどですが、直接加わった外部からの力や伸ばしすぎにより、耐えき
れずに断裂してしまうこともあります。
いわゆる老化現象が、基盤にあるものと考えられています。
この、アキレス腱断裂は、スポーツ選手だけではなく、30~50歳のスポーツ
愛好家、レクリエーション中の一般人にも、受傷が多いのが特徴です。

この怪我の原因は、アキレス腱に過度な衝撃を与え続けてしまったことなので、
よく運動されている中高齢の方は、特に注意が必要なようです。

アキレス腱断裂を起こす前ぶれとして、アキレス腱炎と呼ばれる、アキレス腱に
痛の症状があります。
アキレス腱そのものが、傷ついてしまっているために、痛みを発症するのです。

アキレス腱炎の初期症状としては、指で押したときに、痛みを感じ始め、
それが進行し、運動時や日常の動作の中でも、痛みを感じるようになります。
これらの症状をアキレス腱断裂の予兆して、確りと認識する必要があります。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂の、処置と治療方法について。

アキレス腱断裂の怪我を起こしてしまったときは、患部を刺激しないようにし、
状態によっては、内出血を発症している可能性もあるので、アイシングをして、
足を伸ばした状態で固定し、整形外科病院へ搬送するようにして下さい。

アキレス腱断裂の治療には、大きく分けて、2つの治療法があります。
それぞれ、長所・短所があるので、医師とよく相談して決めることが大切です。

■ 温存療法
アキレス腱に、刺激を与えないよう安静にし、アキレス腱が自然と、
繋がるのを待つ方法です。
関節が硬くなる後遺症を残すことが有ります。
■ 外科療法
手術で、切れたアキレス腱を縫合することで、温存療法に比べて、短期間で、 回復ができ、現状ではほとんどが手術による治療が多いです。
手術の後が残ります。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂で、考えられる後遺症

温存療法・手術療法、それぞれに、次の様な後遺症が考えられます。

■ 温存療法で、アキレス腱断裂の回復した場合の、後遺症。
・再断裂するかの制が高い。
・筋力の極度の衰えが生じる。
・回復までかなりの時間を要する。

■ 手術療法で、アキレス腱断裂を治療した場合の、後遺症。
・手術跡が残る。
・寒さによる、腱の痛みがのこる。
・階段の昇り降りのときに、アキレス腱が痛む。
・アキレス腱が癒着を起こし、機能低下を起こすことがある。
・他には、手術の傷口の痛み・引きつり・疲れやすくなる 等々です。

■ その他に、良く有ること
①再断裂する危険性があります。
完全に繋がる前に、アキレス腱に強い力が加わると、再断裂を起こします。  手術療法で1.7~5.4%程度、温存療法で10.7~20.8%程度です。

②もう片方の、アキレス腱断裂の可能性かある。
アキレス腱断裂すると、もう片方の足に負担がいくため、アキレス腱断裂の
可能性が高くなります。

アキレス腱

アキレス腱断裂となると、スポーツ選手だけではなく、普通の人もほとんどが、
手術による治療を選択されますが、手術のデメリットが、メリットを上回ると判断されたら、固定期間が長くなっても温存療法をお勧めします。
ここでは、アキレス腱断裂の固定する期間の長い、温存療法について説明です。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂には、2種類の治療方法があります。

アキレス腱断裂は、踏み込み・ジャンプ・ダッシュなどの、スポーツ活動で
ふくらはぎの下腿三頭筋が、急激に収縮した時や、急に筋肉が伸ばされたり
した時に、アキレス腱に強いストレスが加わることで起こりけがです。

大きく分けて、次2つが、アキレス腱断裂した時の治療方法です。

■ 温存療法
アキレス腱に、刺激を与えないよう安静にし、自然にアキレス腱が繋がるのを
待つ方法で、長期間の固定や免荷を必要となります。
固定する期間が長くなり、筋力や、関節の可動域の、回復が悪くなります。

■ 手術療法
温存療法に比べて、短期間で回復でき、筋力の低下・可動域制限・痒み等の、
二次的障害を、最小限に抑えることができるため、選択者は多いようです。

 
☆★☆ アキレス腱断裂で、温存療法を行うことの、メリットについて。

アキレス腱断裂を起こしたときの治療は、一般的には手術療法が多いですが、
温存療法にも、手術療法に無いメリットがあります。

ネットで調べて見ますと、やはり手術療法が多い感じもしますが、温存療法で、
治療治している人も増えているようです。
保存療法を選ばれる患者さんの、いくつかの理由を挙げてみました。

①手術の傷ができてしまう。
②焦って治す必要性がない。
③予後はそんなに変わらない。
④入院する金銭的余裕がない。
⑤手術が、怖いし痛そうである。

というところで、何といっても、①が最大の理由の様です。

手術療法は、温存療法とは異なり、後遺症と言うデメリットがあるのです。

手術療法での、アキレス腱断裂の後遺症には、様々なものがあります。
例えば、切開による傷跡が残る・違和感を感じる・冷えが酷くなる、等々です。
もちろん、これら症状が、起きない場合もあります。

また、アキレス腱断裂の手術療法というのは、高度な施術であるがため、
整形外科医の技量によって、その後の回復にも、違いが出るともいわれており、
そういったリスクを承知の上で、医師の選択にも慎重な判断が必要です。

手術療法は、入院による費用負担も気になるところです。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂で、温存療法を行った場合の、デメリット。

アキレス腱断裂で、温存療法を行うことの、最大のデメリットと言われるのは、
復帰までの固定期間が長いことです。

つぎに、復帰までの固定期間が長いために、当然固定している期間も長く、
入院の必要はありませんが、筋力や、関節の可動域の、回復が悪くなります。

アキレス腱断裂治療は、温存・手術の二者択一で判断すべきではありません。
温存療法・手術療法、どちらを選ぶかについては、生活背景をしっかりと、
考えた上で判断しなければいけません。

手術には、お金もかかりますし、リスクも伴います、一方で回復が早いという、
メリットもあります。

スポーツ選手の場合には、選手生命という、スパンだけで考えるのではなく、
その後の生活も含めて、考えるようにしなければなりません。

一人暮らしのお年寄りは、歩行困難になるので、自宅生活が難しいでしょう、
本人と担当医が、十分な相談をした上で、最終決定をするべきと思います。

アキレス腱

剣道

剣道と言うスポーツは、移動は“すり足”で、打突時は、後方足で床を蹴って、
前方足で前方に力強く、踏み込む動作を繰り返します。

そのような競技の特性から、障害が四肢の末梢側に集中することや、他の競技
に比べて、アキレス腱断裂がやや多いことが報告されております。

ここでは、剣道選手のアキレス腱断裂に関して、詳しく見ていきます。

 

 
☆★☆ 剣道のアキレス腱断裂 等の障害に関する調査

アキレス腱断裂 等の障害に関する調査を行った、大学の剣道部があります。

剣道で、アキレス腱断裂を経験がある、剣士32名を対象とし、
アキレス腱断裂時の状況・断裂後の治療・競技復帰までの経過などを、質問し
調査した結果としては、以下の通り。

・2回の断裂経験は7名、1回のみが25名
・断裂した足は、全員が後方足で、床をける瞬間。
・断裂前の違和感や痛みを抱えた状態で稽古参加は、約60%。

・練習前のストレッチ実施者は、半数以上。
・治療については、保存的治療は2名のみ。
・再断裂者7名中、3名が保存的治療に変更。
(但し、初回断裂から再断裂迄の経過日数が不十分で、手術が困難)
・再断裂者は非再断裂者よりも、競技復帰が2ヶ月早かった。

まとめとして、以下の様に締くくっている。

剣道選手には、アキレス腱障害を経験する者が多い。
アキレス腱断裂および再断裂を減らすため、競技者・指導者ともに、
アキレス腱障害についての正しい知識を持つことが重要である。
断裂予防として行っている対策は、現場で簡便に行える、ストレッチ・
サポーター・マッサージが多かったが、ストレッチだけで、は断裂を予防する、ことは難しいと考えられるので、稽古前の有効なウォーミングアップ方法の、
検討が必要である。

 

剣道

 

☆★☆ 剣道のアキレス腱断裂の調査結果を整理しますと。

■ 特徴的な踏み込みの動作が、断裂の要因です。
剣道で競技で、アキレス腱障害を起こしてしまう、原因の一つは、踏み込み、
の動作といわれています。
前方へ体を移動する際に、片方の足で、思い切り地面を蹴る動作ですが、
この時、アキレス腱に多大な衝撃が、加わってしまうのです。

剣道は、衝撃が左右にバランスよく加わるのではなく、効き足によって
常に片方の足に衝撃が加わるために、一方のアキレス腱だけが、
損傷していってしまうのも特徴です。

■ 剣道選手の知識不足も断裂の要因です。
アキレス腱の怪我に対する、選手の知識不足も、問題として挙げられます。
足の踏み込みをした時に、痛みを感じるものの、知識不足で、その症状が、
どういう状況なのか分からず、練習を続けてしまうことが怪我を起こします。

現に、怪我を起こす前から、アキレス腱の違和感や痛みを訴えていることが、
多かった貯砂で解っています。

■ ストレッチだけでは改善できない
アキレス腱障害の予防には、ストレッチが大事であることは認識してますが、
怪我を起こした剣道選手は、練習の前に、しっかりとストレッチを行って、
いたことがわかったようですが、それでも怪我を起こしてしまいます。

そのためには、ストレッチ以外にも、違和感や痛みを感じたら、無理をせず、
休憩を取る環境を作るとかの、アキレス腱障害の知識を備えらなければ、
怪我を減らすことはできないことを理解することです。

アキレス腱

アキレス腱断裂とは、足首にあるアキレス腱が、過度な衝撃に耐えきれず、
切れてしまう怪我のことをいいます。
この場合の治療は、完治までに、約半年もかかるという、重大な怪我です。

ここでは、アキレス腱断裂をしてしまい、完治するまで、治療の内容などを、
詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂後、運動復帰までには、約6ヶ月が必要

読者の周りに、アキレス腱断裂の経験を持つ方はいらっしゃいますか。
この怪我は、若い方やスポーツ選手に、起こるイメージが強くありますが、
実は、中高年の方にも、高い割合で起こるとも言われています。

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉の腱で、足首の後方にあります。
若者のアキレス腱には、柔軟性があるのですが、中高年になると少しずつ、
硬くなり、もろくもなります。

スポーツで、急にダッシュしたり、ジャンプしたりすると、アキレス腱に、
無理な力がかかってしまい、それに耐えきれず、断裂することがあります。

断裂したアキレス腱は、ギプスで固定し、安静にして自然治癒力で治す方法が、
ありますが、長期間の不自由な生活を虐げられます。
もう一つの選択としては、アキレス腱を手術で縫合して治す方法があります。

手術での治療のメリットは、断裂したアキレス腱を、確実に修復できることと、
ギプスでの固定と安静の期間を、短縮出来るために、歩行開始も早く可能に、
為るため、下肢の筋肉や骨の衰えを減少できるということです。

それでも、完治し運動復帰までには、約6ヶ月が必要となります。
☆★☆ アキレス腱断裂の際の、 縫合手術治療について

アキレス腱縫合手術の方法とは、
まず、アキレス腱のある部分の、皮膚上に、約6~10cm程度を切り開いて、
断裂したアキレス腱を、確認して縫合していきます。

縫合方法は、非常に難解であり、技術を必要とするため、限られた医師にしか、出来ないものでありますので、病院選びには、慎重な対応が必要です。
を選ぶ必要があるようです。

手術後には、ギプスを巻いて、約2週間の固定と安静が必要です。

 

 

☆★☆ アキレス腱断裂手術後の、リハビリについて。

手術後、2週間も、ギブスで固定し安静にしていると、その部分の機能低下が、
起こります、血流機能・筋肉の機能・関節機能 等は、機能が低下した場合に、手術前までに回復するには、相当な期間と苦労を要してしまいます。

そのため、手術後の状態が許されるのなら、リハビリは、出来るだけ早い内に、
開始して、機能回復をはかり、完治を早て行きます。

松葉杖であれば、手術の翌日から、リハビリは可能ですし、ギプスで固定状態で
あれば、装具を装着して、少しずつ体重をかけながら、歩行訓練を行います。
約1ヶ月後には、装具が外れます。

日常生活に、支障がなくなり完治と言われるには、手術後約2ヶ月程度であり、
スポーツなどの、本格的な運動を始められるのは、約6ヶ月後とされています。

 

 

☆★☆ アキレス腱断裂をした場合の、後遺障 等について。

アキレス腱断裂し、手術治療後の足関節は、治療後に多少の関節可動域減少と、筋力低下が残ることもあるとのことです。

リハビリの際は、早く復帰しようと、完治を焦って患部に無理をさせてしまい、状態を悪化させてしまうことがあります。

アキレス腱のリハビリにおいても、手術後6ヶ月以内の時期に無理がかかれば、再び断裂してしまい、再手術が必要になるケースも意外と多いようです。

リハビリは、プロである作業訓練士の方の、メニューを守り、一日一日を、
じっくり向き合っていく必要があると思います。

アキレス腱

スポーツとは、危険を伴うものである、という意識をもた無い方が多いです。
皆さんは、怪我の予防を考慮して、スポーツに参加しておられますか?

スポーツである以上、日常の生活よりも、強い負荷とストレスが、掛かります。
この意識をもたずに、気軽に参加すると思いがけず怪我をすることになります。

日頃、身体を動かしていない人が、運動会に参加して、アキレス腱を切ったり、
ウォーキングで、ひざの靭帯損傷を起こしたりして、気楽な気持ちで参加した、
運動会で怪我をしてしまっては、元も子もありません。

ここでは、アキレス腱断裂の予防について、詳しく説明しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂は、アキレス腱の老化が原因、予防は可能

秋は、運動会シーズンです、会社や子供の運動会に参加する機会も増えます。
若者には柔軟性があるので、アキレス腱断裂の様な事は、あまりありません。

■ 老化による衰えが、アキレス腱断裂の原因
30歳を過ぎれば、どなたも全身の筋肉の衰えが始まり、
それ以上に、アキレス腱の柔軟性が落ちている自覚が必要です。
急に運動してある瞬間に、という事になりかねません。

■ 人間の二足歩行が、アキレス腱断裂の根本原因
アキレス腱はギリシャ神話の英雄アキレスの弱点であり、
同時に、二足歩行を始めた人間の、解剖学的弱点でもあるのです。

人間の二足歩行は、歩行時には、大腿部前面の筋肉を主に使うので、
本来は、アキレス腱についている筋肉は、退化しても良いはずでしたが、
ところがあまり退化していません。

そのために、アキレス腱を引っ張る下腿三頭筋が、最大に収縮があると、
強度を越えた力が、アキレス腱に加わり、怪我する可能性があります。

 

 
☆★☆ 壁と机を使って、アキレス断裂の予防のストレッチ。

再三述べてきましたが、アキレス腱断裂の予防には、ストレッチが大切です。

急に競技に参加する様なことに、なりがちな運動会では、突然呼び出された、
競技にたいして、十分にストレッチをして、参加するのは難しいと思います。
そのために、カレンダーを見て、1週間以上前からストレッチを始めましょう。

アキレス腱のストレッチは、前後に足を開く事が必要ですので、転倒防止のため
に肩まで手を上げて、壁に手をつき、この状態で前後に足を開いてください。
足の踵を上げず、前の足の膝を壁に近付ければ、後ろの足のアキレス腱が延び、
この状態を30秒継続したら、足を代えて同じ動作をしましょう。

適当な壁がない場合は、事務机に両手をついて行いましょう、これだけでも、
アキレス腱の十分なストレッチになります。

スキー靴を使った、アキレス腱のストレッチの、裏ワザのご紹介します。
スキー靴は履くだけで、両足首の前傾状態で固定し、持続的にアキレス腱を、
伸ばしたことになります、家庭内でしたら、何時でも出来ると思いませんか。

アキレス腱

固いアキレス腱ですと、足腰負担が大きく、最終的には、身体全体に悪影響を、
及ぼすことになり、その弊害はとても大きいです。
日頃から、アキレス腱の柔軟性を高めておくことの重要性を、意識しながら、
生活して戴きたいものです。

中高齢の方は筋肉も腱も固くなるので、尚更ですし、若い方でも、今は大丈夫
と思っていても、歳をとったら、一気に身体に影響が来るかもしれません、
毎日継続して、ストレッチや軽運動を行い、将来の健康を手に入れて下さい。

ここでは、アキレス腱の固いことの悩みの、解消について見ていきます。

 

 
☆★☆ アキレス腱が固いと、起こる影響とは何でしょう。

固い、アキレス腱であるがために、身体には大きな影響が起こってきます。
いずれも、日常の些細な悩みの原因、となっていることが、多い様です。
身体への影響とは、具体的に以下の様なものです。

■ 足に負担が掛かりすぎる影響。
ふくらはぎと足首の骨を繋ぐのが、アキレス腱です、この部分が固いことは、
地面からの衝撃を吸収することが、うまくできなくなってしまいます。
そのために、ふくらはぎや、足の甲といった、他の部分へ力が加わり、
そこにダメージを受けてしまいます。

歩くと、すぐに疲れたり、足が痛むという人は、慢性的にアキレス腱が固い、
ということが疑われますので、普段から症状を訴えるようであれば、
ストレッチ 等で、柔軟性を高めることが大切です。

■ 血行不良になる影響
アキレス腱が固いと、他の部分へ力が加わり、そのにダメージが出るとの、
説明をしましたが、ふくらはぎを始めとする、筋肉が凝り固まってしまう、
ことがあります。
そうると、血行不良を起こし、冷え性などの原因となることがあります。

冷え性 等を、発症しているのであれば、その部分を温めることで、簡単に
解消することができますが 然し、それでは根本的な解決にはなりません。
アキレス腱の柔軟性を高めることが重要で、日々行うストレッチ等で、
柔軟性を高めていくようにしましょう。

■ 体のバランスが偏る影響
足の力に、偏りが出てしまうことは、自然と、身体が上半身でバランスを、
取る様になります。
すると、身体の軸が傾くようなことが起こり、肩こりや、首の凝り 等が、
起こってきます。

慢性的な肩こりに悩んでいる人が居られますが、そのような方は、歩き方に、
に問題があり、アキレス腱で、力を吸収できていないことが多いのです。
そしてその原因はアキレス腱が固いために起こるのです。

 

 
☆★☆ アキレス腱が固い原因には、何かあるか。

アキレス腱が固い原因は、次のとおりですが、あなたも該当する様であれば、
柔軟性を向上させる努力が必要と思います。

■ 加齢が原因
加齢によって、アキレス腱そのものが、固くなることがあるよります。
中高年の方は腱の柔軟性が低下しているため、急な運動をすると断裂を起こし
てしまうので、十分な準備運動は欠かすことはいけません。

■ 運動不足が原因
運動不足の場合は、アキレス腱繊維が伸縮しないため、固くしてしまいます。 普段、座り仕事をしている人にも、多いといわれています。

■ 石灰化症が原因
アキレス腱への、度重なるダメージが原因で、アキレス腱が石灰化し、
固くなってしまうことがあると言われています。
このような場合は、すぐに医者の診察を受けてください。

 

 

☆★☆ 固いアキレス腱の悩みは、どういった対策で解消可能か。

アキレス腱は、運動時の衝撃を、吸収する役目を持ちますが、それを受けきれず
ふくらはぎを始め、足の様々な部分にダメージを伝えてしまいます。

アキレス腱腱を柔らかくすることを、いつも「意識」して、対応していれば、
身体のあらゆる疾患の、予防にも繋がるのです、

アキレス腱が、硬いままでおりますと、アキレス腱断裂を起こすこともあり、
以下のことを、出来れば毎日意識して行うようにして下さい。

■ ストレッチをする。
運動の前後は、当然のことですが、運動を特にやってない方でも、習慣化
して行うことをおすすめします。
ストレッチは、作業しながらでも出来るので、実践してみるといいですよ。

■ 適度な運動をする。
ウォーキングやラジオ体操のような、比較的始めやすい運動でも、
十分な効果が期待できます。
適度な運動をすることで、アキレス腱を積極的に使うことは、柔軟性を
向上させるとても良い方法です。

 

アキレス腱

「風に当たっただけでも痛い」という症状から、名付けられたのが、痛風です。
この病気の最初は、足の親指周辺に発症し、次いで、足の甲・踝・アキレス腱、といった場所に次々と痛みが発症してくるのが痛風の特徴です。

痛風と言うのは、身体の尿酸値が上がりすぎてしまい、発症する病気であり、
身体に蓄積した尿酸が、結晶化して、患部に刺さることによって痛みを感じる、
という病気です。

ここでは、痛風とアキレス腱の深い関係について、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ 何故、痛風が、アキレス腱に痛みを、生じさせやすいのか

足というのは、人間が行動動すれば、常に動いている部位となりますから、
その分、どこかにぶつけることも多い、部位でもあるのです、然し、何処にも
ぶつけた記憶が無いにもかかわらず、不意に強い痛みが襲ってきたという場合、
であったら、まさしく、この痛風が疑われることになります。

何故、痛風がアキレス腱に、痛みを生じさせやすいのか、と言いますと、
尿酸結晶が、たまりやすい部位の特徴、というものが関係しています。

尿酸結晶の、蓄積しやすい部位が存在し、
・「温度が低い部位」
・「負荷がかかりやすい部位」
・「酸性度合いが高い部位」
・「タンパク質が少ない部位」  という傾向があります。

アキレス腱は、身体の中でも、歩行するたびに伸縮運動が行われ、
負荷がかかりやすい部位となっているのです。

この様に、負荷が非常にかかりやすい、部位であるアキレス腱なため、

尿酸結晶が蓄積し、
動いたりすることを、きっかけとして尿酸結晶が突き刺さることとなるのです。

この部位に痛風が発症した場合、通常の痛風と同様の治療を行うこととなり、
すなわち、生活習慣の改善が、最も有効な治療となります。

 
☆★☆ 痛風発作が、アキレス腱に出た場合の症状。

歩こうと一歩前に踏み出すごとに激痛が走ります。全く歩け無くなります。

この様な人は、痛風の発作が出てから、10年以上は経ってる方と思います。

アキレス腱に、痛みがでれば、次は足の甲に痛みや晴れが移動し、
踝・足首・・・順々と身体を移動していくので、とても始末が悪く厄介です。

治療には、①痛め止め薬を飲み、安静にしておくこと。
②生活習慣の改善をすること。

以上の2点しかありませんが、
①の場合は、一生薬を飲みつづけることになりますので、②を選択し、
根本から治すことが良いでしょう。

アキレス腱

スポーツ活動中に、アキレス腱を切るというのは、良く起こる怪我です。
この治療には、切らずに自然治癒を待つ「保存療法」もあるのですが、
スポーツ選手などは、治療期間を考慮し、手術を選択するのが多い様です。
それでも、最低でも約6ヶ月も完治するまでに、掛かってしまうようです

ここでは、アキレス腱を切った時の手術について、注意点を紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱を切った時の、治療には2種類が有ります。

アキレス腱を切るのは、主にスポーツ活動中が多いです。
踏み込み・ジャンプ・ダッシュなどの、急激な動作をすることによって、
アキレス腱に強いストレスが加わることで起こります。

アキレス腱を切ってしまったら、治療方法は、次2つです。

☆ 温存療法
アキレス腱に刺激を与えないよう安静にし、アキレス腱の繋がりを待つ方法。 入院の必要はないが、長期間の固定や免荷を必要とし、回復が遅くなる。

☆ 手術療法
短期間で回復でき、筋力の低下・可動域制限・痒み等の、二次的障害を、
最小限に抑えることができ。
ほとんどの、整形外科医は、手術療法を選択するのが多い。

 
☆★☆ アキレス腱を切った時に、手術で治療するメリット。

アキレス腱の手術には、主に2つの方法があります。
・・直接断裂した、アキレス腱を繋ぐ方法
・・皮膚と一緒に、アキレス腱を縫合する方法

それぞれ長所と短所があるので、医師と、よく相談して決めることが大切です。

アキレス腱断裂で、手術を行うことの、最大のメリットは、
復帰までの期間が短いことですが、それでも、半年はかかってしまいます。

動けるようになっても、あと2ヶ月程のリハビリの期間が必要とするので、
最短でも、短くても6ヵ月はかかると思ってください。

 

 
☆★☆ アキレス腱を切り、手術を行った場合の、デメリットについて。

アキレス腱断裂を起こしたときは、手術で治すことが多いです。
手術での最大のメリットは、復帰までの期間が短いということですが、
それでも、リハビリを含めて、約半年はかかります。

比較的早めに復帰したい、スポーツ選手が、良く手術を実施してます、
然し、温存療法と異なり、「後遺症」と言うデメリットがあるのです。

アキレス腱断裂の後遺症には、様々なものがあります。
・切開による傷跡が残る。
・違和感を感じる。
・冷えが酷くなる。 等々ですが、これら症状が、起きない場合もある。

アキレス腱断裂の手術は、高度な施術であるので、整形外科医の技量によって、その後の回復にも、違いが出るともいわれており、医師の選択にはそういった、
リスクを承知の上で、慎重な判断が必要です。

手術・入院による費用負担も、デメリットの一つとも言えます。

アキレス腱

肥厚とは、肥えて厚くなることでありまして、家族性の高脂血症の場合は、
肥厚が代表的な自覚症状となっています。

特に多いのが、アキレス腱肥厚で、アキレス腱が盛り上がってきます。
横から見ると、足首から、かかとにかけての曲線は、普通は滑らかですが、
アキレス腱肥厚の方は、足首からかかとにかけて、段がついたような状態に、
なっています。

ここでは、アキレス腱肥厚に関する事ついて、詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱肥厚には、痛みはともないますか。

アキレス腱肥厚に、感じられる痛みは、歩けなくなる程に、痛む訳ではなく、
足を怪我したかな、と思う程度の痛みと感じる方が多いようです。

アキレス腱に痛みがあり、何となく盛り上がってきているような気がして、
黄色い出来物あり、いつまでも消えない、といった自覚症状がある場合は、
痛みが軽くても放置せずに、病院で検査を受けることをお勧めします。

家族性高コレステロール血症の可能性だけではなく、ほかの病気の可能性も、
り、とても心配なのです。
なお、家族性とは親から遺伝的な要素を引きついているという意味です。

 

 
☆★☆ 高脂血症は、アキレス腱肥厚の様な、体中に様々な影響を与えます。

家族性高コレステロール血症を、患っている人は、悪玉コレステロールを
破壊する細胞の機能が低下しているために、アキレス腱肥厚を始め、体中に
様々な影響を与えてしまいます。具体的には、次の様なものがです。

■ 血管を損傷し易くなる
悪玉コレステロールは動脈硬化の原因とされ、血管に悪影響を与えまます。
それは、心臓に血液供給する冠動脈を細めたり、心筋梗塞を引起すことです。

■ 生活の管理・改善が必要となる。
動脈硬化の原因である、高血圧・糖尿の予防に努めなければなりません。
具体的には、糖分・塩分・脂肪分などの食事制限や、喫煙です。

■ 一生継続した治療が必要となる。
血中に溢れているコレステロールを、医療器具を用いてろ過することが必要。
これは1~2週間に毎に、、一生続ける必要があります。

自覚症状がなく、知らないうちに進行していく病気です。
自覚症状もないのだし、それほど困る病気ではないと思うかもしれませんが、合併症が引き起こされたときがもっとも大変なのです。

 

 

☆★☆ 一番危険言われているのが動脈硬化です

高脂血症の合併症の中でも、一番危険言われているのが動脈硬化です。
動脈硬化は、『ドロドロ血液』『サラサラ血液』などと表現される状態です。
そして、高脂血症の合併症である、動脈硬化を引き起こす合併症は、
以下の通りです。

■ 脳梗塞、脳出血の症状
脳梗塞も脳出血も脂質異常症(高脂血症)から引き起こされます。
命にかかわる病気で、突然めまいや頭痛の症状でて、中には、急性症状で、
脳梗塞や脳出血の発作を起こし、そのまま目覚め無いという場合もあります。
めまいや頭痛は起き上がっていられないほど、意識を失うほどです。

■ 心筋梗塞の症状
高脂血症の合併症は、脳にだけではなく、体のさまざまな部位に出ます。
そのひとつが心筋梗塞で、急性症状を伴う病気で、呼吸困難や胸痛が症状で、
脳梗塞、脳出血ほどの酷苦はないですが、迅速な治療が必要です。

アキレス腱