足首の記事一覧

私の様な扁平足の人は、長時間立ったり、歩いたりすると、足裏がだるくなり、
しまいには、足裏に、引き伸ばされるような、痛みが走ります。

放っておくと、進行してしまい、外反母趾を引き起こしやすく、骨が変形したり、
靴を履かなくても痛むようになることもあります。
今の私がまさに、このことを証明しているようなものです。

ここでは、私の様な、偏平足・外反母趾のなやみから、解消するために、
足首の筋肉を鍛えることについて、詳しく見ていきます。

 
★☆★ 足首の筋肉を、鍛えていないと、偏平足になり易い。

足首の前に、足の裏のことをお聞きします、偏平足になってはいませんか?

外反母趾で悩む女性は、結構多いと思います、その前段階として、土踏まずが
ちゃんと足裏にありますか、まずは、扁平足のチェックをしてみて下さい。

あなたの土踏まずには、ボールペンが入りますか? チェックは簡単です。
このチェックによって、扁平足のカギとなる、舟状骨(しゅうじょうこつ)
という骨が落ちているかどうかがわかります。

土踏まずの、真上にある骨のことを、舟状骨と言っておりますが、この骨は、
足の甲で“船底”のようなアーチを描いて位置しております。

この骨のアーチが崩れ、地面の方向に落ちてしまってる状態が、扁平足であり、
こうなると、出っ張った部分が、靴に当たって痛む人もでてきます。

扁平足は、成長期の子どもに、実は多く見られます。

子供の時に、裸足で走り回るなど、足底の筋肉を、鍛える動きが足りないと、
成長によって、体重の負荷が増える際に、足底が伸び、扁平足となります。

もちろん大人でも、運動不足で足底の力が弱い方に、同様のことが起こります、
X脚の人は、ひざが内側に入っているために、土踏まず部分に、重心の重みが
かかりやすく、舟状骨が落ちやすい状態にあるのです。

一方、O脚の人は、重心が外側にかかるので、若い時はなりにくいのですが、
加齢によって筋肉がおちて、足底を支える力が不足してくると、重力に勝てず、
結局扁平足になることが、多いにあります。

X脚でも、O脚でも、偏平足には、なり易いと言えるのです。
まさに、今の私自身のことであるのです。

 

 
★☆★ 足首の筋肉を鍛えていない、扁平足は、外反母趾を誘発します。

扁平足の人は、重心が、土踏まずの部分にかかるために、親指側への負担が増え、
足底の親指の内側についている、母趾内転筋(ぼしないてんきん)が、
硬くなり、縮んでしまいます。

そのうえ、幅の狭い靴・つま先が細くなった靴、合わない靴を履いている人は、
親指が内側に圧迫されて“くの字”になり易く、足の甲から親指の付け根に、
かかる、第1中足骨(だいいちちゅうそくこつ)が内側に折れ、痛みます。

これ状態が、いわゆる外反母趾です。
これが酷くなると、母趾外転筋(ぼしがいてんきん)も、骨と同時に、
小指側に入り込んでしまい、親指を開かなくなってしまいます。

面白いことに、親指を開こうとすると、親指を外側に開く働きを持つはずの、
母趾外転筋までも、反対に「内転」方向に働いて、親指を閉じるようになり、
結果的にどんどん外反母趾を増強してしまうのです。

そのため、外反母趾が酷い人は、足の親指を開く運動には要注意です。

 

 
★☆★ 足首の筋肉を鍛えて、偏平足と外反母趾から解消しよう。

最初は、足指を動かし、足裏筋を鍛えることから始めます。

・足裏のエクササイズで、扁平足を改善します。
①タオルを床の上に置き、椅子に座ります。
②足指5本を使って、タオルを掴み、握る・持ち上げる・離すを繰り返す。

とってもシンプルですが、3動作をだけで、舟状骨を引き上げる筋肉を
まんべんなく鍛えることができます。

X脚やO脚気味の人は、常にひざが正面に向いているかチェックしながら行いましょう。

・エクサイズを行う際のポイントと、期待される効果としては、
握  る・・・伸びてしまっている、長母趾屈筋と長趾屈筋を使い、
足底をぎゅっと縮めます。
持ち上げる・・舟状骨を引き上げる、後脛骨筋が働きます。
弓を引くようにして、前脛骨筋を働かせることで、
足のアーチを高くするように、タオルを持ち上げます。
離  す・・・母趾外転筋本来の「親指を開く」という働きを刺激します。
右足で離しながら、左足で、シワが寄ったタオルを、
元の位置に戻します。

それぞれの動きは丁寧に、一動作につき5秒は止めましょう。
最初は、左右で10回1セット、目標は3セットです。

2週間も続ければ、足のアーチが高くなり、偏った足指の骨の並びも修正され、
扁平足が改善されたことを、実感できるはずです。

その後は、タオルの上に、ペットボトルの重しを置き、少しづつ負荷を掛け、
て行きましょう、500ml入り、1本から始めて、2本・3本と少しづつ、
目標を高くして下さい。

足首

ランニング

スポーツの怪我は、一般的に次の2つに分けられます。

①スポーツ外傷・・一度の衝撃によって起こる、急性の怪我です。
痛みや腫れが、症状として、明らかに現れます。

②スポーツ障害・・繰り返し負荷がかかることでおこる、慢性の怪我です。
徐々に痛みの症状がが増してきます。

ここでは、スポーツで起きる、足首の怪我について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首の怪我に関係する、骨や筋肉や靭帯の、構成について。

足首は、脛の骨と踵の骨で構成され、踝周りの靭帯で、安定性を高めています。

脛(すね)の骨は、脛骨・腓骨、踵(かかと)の骨は、距骨・踵骨で、
踝(くるぶし)は、内踝・外踝で、構成されています。

靭帯は、外側に3つ、前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯があり、
内側に1つ、三角靭帯があり、4つの靭帯があります。

 

 
★☆★ 足首の怪我で、一番損傷し易い、靭帯について少し詳しく。

足首の外側には、外踝・前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯が、あります。

足首の外側は、比較的小さな靱帯が、分散して配置されておりますので、
個々の靱帯が、ダメージを受けやすい、構造になっています。

内反捻挫をした場合は、前距腓靱帯が損傷する、ケースが比較的に多いです。

一方、足首の内側には、 内果、三角靱帯が、ありますと前述しました。

足首の内側にある、三角靱帯は、深層・浅層の、2層で構成されており、
密集して付着しているために、外側に比べて怪我をすることは少ないです。

ランニング

 
★☆★ 足首の怪我で、捻挫が最も多い、スポーツ傷害です。

スポーツをする人にとり、足首の捻挫は、最も多いスポーツ傷害の怪我です。

飛び跳ねた際の、着地の失敗や、横への動きや、相手選手との接触 等々で、
足首の動きが強制され、靭帯が伸びたり・切れたり、所謂、靭帯損傷です。

靭帯は、外側の靭帯が、比較的損傷しやすいと言われております。
それは、骨の構造や、足首の関節可動域(動く範囲)によるもので、
その中でも、外踝の前側にある、前距腓靭帯が、一番多く損傷してしまい、
前距腓靭帯を中心に腫れがみられます。

このように、内側にひねる捻挫のことを、内反捻挫と呼び、外側にひねる捻挫を、
外反捻挫と呼んでおります。

脛骨と腓骨を結ぶ、脛腓靭帯は外踝の上にありますが、これが損傷してしまうと、
足を踏み込む時に痛む症状が、長引くことがあります。

内反・外反どちらの捻挫も、再発を予防するためには、バランストレーニング・
テーピングやサポーターによる安定性強化と筋力強化を行うことが重要です。

足首の捻挫を、何度も繰り返してしまうと、靭帯だけではなく、骨への影響も、
出てくる場合もあるので、注意なければなりません。

特に、内反捻挫の場合、足首を外側に動かすための筋肉、腓骨筋を強化すると、
再発予防につながりますので、強化に努めてください。

足首

足首の軟骨がすり減ったことで、関節間の隙間が狭くなり、こすれ合うために、
腫れや痛みを生じる病気が、変形性足関節症で、関節が変形してしまい、
普通は何でもない様な坂道でも、歩行が困難となってしまいます。

ここでは、足首の軟骨が、すり減ることについて、詳しく見ていきます。

 
★☆★ 足首の軟骨が すり減ってしまう、その原因は何でしょう。

足首の軟骨が、すり減ったとされる、自覚症状としては、
歩くときの痛み・正座ができない・足首が腫れると言ったことでしょう。

我慢強い方は、末期になり、どうしようも無くて、医師の診察を受けますが、
違和感があれば、ぜひ早めに診察を受けていただきたいですね。

足首の軟骨が すり減ってしまう、主な原因は加齢です。
年齢を重ねるにつれ、靭帯がゆるみだし、足が内側へと倒れてきてしまい、
内側の関節の隙間が狭くなり、徐々に全体の関節の間が狭くなってきます。

他の、原因としては、
①骨折や捻挫などの怪我。
②関節にばい菌が入って化膿性の関節炎を起こした後。
③先天性の内反足などの手術をした後。
④血友病・関節リウマチ・痛風といった全身の疾患。

等々、変形性足関節症の、発症要因は多岐にわたります。

 
★☆★ 足首の軟骨が すり減って起こる、変形性足関節症の治療方法

変形性足関節症の、診断は、年齢や病歴・関節の腫れや内反変形などの、
見た目・痛みの部位・足関節の動き・触った際の骨の変形具合、等々で、
最終的には、レントゲン検査で確定します。

変形性足関節症の治療方法は、症状によって、いろいろな選択肢があります。

足が軽く内側に傾いている程度でしたら、
足底挿板と言う、外側に傾斜をつけた靴の中敷を作り、歩行の際に利用します。
体重が内側にかかるのを避けて、外側に分散させるれば痛みが和らぎます。

その際は、足の外側、腓骨の後ろの筋力トレーニングを並行して行うことで、
効果的はさらにアップします。
また、関節軟骨の保護のために、ヒアルロン酸の関節内注射もよく行います。

以上の様な、治療を続けても、効果が薄い場合は、
内反変形の矯正のために外側靱帯の再建術を行うことも稀にあります。

それでも変形が進行し、関節軟骨の損傷が激しくなると、
保存療法によって、痛みが取れにくくなる場合は、外科的手術となりますが、

一般的には、以下の、3種類の手術が行われています。

・下位脛骨骨切り術(脛骨の骨切りを行って傾きを矯正する方法)、
・足関節固定術(足関節を固定してしまう方法)、
・人工足関節置換術(人工関節に変えてしまう方法)

それぞれ長所と短所があり、軟骨損傷や傾きの程度・年齢・活動性 等々の、
様々なことを考慮しながら、手術方法を決定します。

足首

就寝中に、足首がつる症状 こむら返りは、成人の3割の人が、月に1回以上、
起こっているそうです。自分も経験がありますが、こんなに多いとは驚きです。
この、こむら返りには、危険な病気が潜んでいるそうで、軽視はできません。

ここでは、足首がつる症状 こむら返りについて、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首がつる症状 こむら返りの、起こる原因は何でしょう。

私も含め、足首をつる経験をした人は、意外と多いのではありませんか、
足首がつる症状は、ある条件のときに、起きてしまうことがある様なのです、

それは、足首の筋肉が凝り固まっている時だそうで、いたって単純です。
足首の筋肉が、凝り固まる条件と言うのは、「冷え」「運動」「脱水」です。

つるという症状は、筋肉の急な収縮によって引き起こされるとされており、
筋肉が急に収縮すると、凝り固まった筋肉が、一気に引き伸ばされてしまい、
痛みを生じさせる事になるそうです。

就寝中に起こりやすい理由は、
アキレス腱の中に存在する、ふくらはぎの筋肉が収縮しないように指令を担う、
「腱紡錘」は、長時間刺激がない状態ですと、働かなくなる性質があるために、
夢とか、寝返りとかで、ふくらはぎの筋肉が収縮すると、ブレーキが利かず、
暴走して”足がつる”というのだそうです。

症状の予防には、足首を含めた足全体の柔軟性が、重要なポイントとなります。

① しっかりとしたストレッチによる、予防法
足首をよくつると言う人は、足首・ふくらはぎを中心とした、
ストレッチを積極的にするといいでしょう。

ミネラル分の摂取による、予防法
神経の伝達には、ミネラルが必要です、しかし、つる症状を起こす人は、
ミネラル不足で、あることが多いようです。
スポーツドリンクなどの、ミネラルを豊富に含むものを摂取することが、
予防の一つになるでしょう。

 

 
★☆★ 足首がつる症状が、起きてしまったら、その対策は何でしょう。

足首が突然をつってしまったら、まずは痛みが引くのをジッと待ちことです。
痛みが引いたら、ゆっくりと足裏を押しながら、足を回し筋肉を伸ばします。
強くたたいたりしてしまうと悪化してしまうこともあるので注意してください

それでも治らない時は、神経系の異常や血管に関する、何か怖い病気が
潜んでいる可能性があります。
この様な場合は、なるべく早めに病院に行くようにしましょう。
この様な場合は、なるべく早めに病院に行くようにしましょう。

もしかして、足以外にも症状が、出てはおりませんか?
あまり放置しておくと、症状が悪化してしまうので注意してください。

治療法は、手術で詰った血管のバイパスを、作るのが通常らしいですが、
最近は、手術なしで、簡単に治す、画期的な方法が行われているそうです。

その方法とは、「1分歩き、3分休みの、散歩」です。
これを、1日に10回、週に3回行う事で、3週間位で、8~9割の人に、
詰った動脈の近くに新たな血管ができるということです。

どちらにしても、、短期間のうちに、度々こむら返りが起こる様な場合は、
病院で診察を受ける方が、ま違いなく安全だです。

足首

女性に多い冷え性の方は、真夏でも足首の冷えを感じる人がいるらしいです。
足首の周りは、脂肪が少ないために、冷えやすく、足首が冷えてくると、
足先の血行が悪くなり、冷えた血液は足首にが溜まり、足の冷えを感じます。

ここでは、冷え性の方に、足首の冷えの対策について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 冷え性になる原因を、足首にポイントを当てて、見てみましょう。

冷え性の方の”冷え”は、年齢と共に、悪化が進行するとされ、
日常生活での、冷えの蓄積や加齢による、代謝低下が、原因となっております。

この”冷え”に対して、我慢したままで、何も対策もせずに、そのまま長い間、
放置していると、”冷え”の症状は、加齢と共に、どんどんと悪化していく
傾向がありますので、決して無関心では居れません。

足首が、冷えてしまう原因は、数多くありますが、主として次の3点でしょう。

① 自律神経の乱れが、体温調節機能をうまくいかなくする。
② 下着・衣服で、体を締めつけてしまい、血流を妨げる。
③ 別の病気に原因あり、足先の冷えが生じている

考えられる原因は、他にも、沢山ありますが、主な原因としては以上です

日頃から、”冷え”を意識し、早め早めの、対策を行っていくことが
”冷え”の悪化の悪循環に、陥らない様するためは大切です。

また、冷えからくる体調変化は、年代別でも、次のようにありる様す。
20代は、 血行不良
30代は、 むくみ
40代は、 自立神経失調
50代は、 血行不良・むくみ・自立神経失調、の全てです。

 

 
★☆★ 冷え性の対策は、足首などを温めること、そのポイントは?

冷えの主な原因には、胃腸・代謝・自律神経の機能低下・締め付け、です。
記録的な猛暑が続いている、近年の日本では、春~夏、夏~秋にかけて、

やってくる日替わりの温度差に身体が対応しきれず、自律神経が不調をきたし、
夏バテになって、胃腸虚弱となってしまう人が、増えている傾向にあります。

『冷えやすい生活』を、知らず知らずに、気づかないまま、送ってしまい、
秋・冬になって、”冷え”がつらいと感じる人が、多くなってきている様です。

身体の冷えならば、身体を温めれば良いと、単純に考える人は多いと思いますが、
今、直ぐに始められる「冷え対策」の、身体を温めるポイントを紹介します。

どこを温めることが、効果的なのか?

①、 足首を温める
足首の周りは、脂肪が少ないため、足首が冷えると、足先の血行が悪くなり、
冷えた血液がたまってしまいます。
足が冷える人は、足首を温めるのが効果的です。

②、 腹を温める
お腹の温度が、37℃位に保たれていると、臓器の働きが活発になって、
さまざまな、代謝機能がより活性化します。
身体の中心が温かいと、全身に温かい血液を、行き渡らせることができます。

③ 首の後ろを温める
薄い皮膚の下を太い血管が通っている首は、首の後ろを温めることで、
全身に温かい血流が廻り、手足の血行が良くなります。
温めるべきポイントは、以上3ヵ所です。早速、実践してみましょう。

足首

足首や、手首・首をこね、音が鳴るのを楽しんでおられる方が、多い様ですが、
この様な、音が鳴る症状は、身体にバランスの崩れが、起きている証拠です。

ここでは、足首が鳴る、原因・症状・対策 等々について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 頻繁に、足首が鳴る原因は、関節の障害ですか?

何か動作をする度に、回したり、こねたりすると、足首が「コキコキ」と鳴る、
この様な症状は、足首の骨に、何かの異常があるために起こるもので、
もしかしたら、足関節不安定症と呼ばれる、疾患の可能性があります。

足首が鳴る音、それは足首の関節が、緩んでいることが考えられるのです。
足首を捻挫すると、足首の靭帯が伸ばされ、痛みや炎症を発症すします、
この時に、靭帯が正常に戻らないままで、回復したと思うことがあります。

所謂、靭帯が伸びきったままの状態です、すると体のバランスが悪くなるため、
何かの動作の際に捻挫を起こしやすくなってしまいます。
すると、また靭帯が伸びてしまう、この様に捻挫を何度も繰り返してしまう、
癖が付いてしまう悪循環なのです。

他にも、靭帯が伸びきって、緩くなると考えられる、原因が有ります。
それは、歩き方が悪いこと・小さい靴を履いてること 等、日常の些細なことの、
積み重ねの結果で、引き起こされてしまう様なのです。

自分の、足に合わない靴・外反母趾・浮き足、等々、全て足首の靭帯を伸ばし、
「コキコキ」と、足首から鳴るの音の原因となっています。

足首が鳴る、という症状が見られるときは、軽視すること無く、しっかりと、
医師に相談することが大事です。

 

 
★☆★ 足首の鳴る音が、首や肩に併発する、恐ろしい病気。

人間の身体は、身体全体でバランスを取る、という性質があります。
即ち、足首に起こった、バランスの崩れは、他の部分でそれを補いながら、
身体全体の動作を、柔軟に維持してしているのです。

足首が鳴る音は、足首のバランスの崩れであり、首や肩といった他の骨格にも、
影響を与えてしまい、肩・首の痛み・頭痛 等の症状を引き起こします。

それに、血流低下も起こるため、酷くなると、自律神経失調症・打つ病といった
病気を引き起こすことにもなります。

足首を「コキコキ」と鳴らして、楽しんでいる余裕など、何処にもありません。

 

 
★☆★ 足首の鳴る、足関節不安定症の治療法で、注意すべきこと。

足首から音の鳴る症状は、個人で治すことは、なかなか難しいものですので、
専門の医師に相談し、診察を受けることをおすすめします。

基本的には回りの筋肉を鍛え、靭帯のサポートをする治療を行っていきますが、
あまりにも、重度である場合には、手術を行うことがあるようです。
手術は、靭帯を縫い合わせるという方法です。

日常生活での対処法としては、自分に合った、靴を履くことが一番大事です。
踵が高い、ハイヒール 等の靴は、外反母趾を誘発し、足の力の分散を阻害し、
骨格が曲がってしまい、症状を悪化してしまうかもしれません。

歩き方にも注意が必要です、かかと・足の甲・指先と、この順番で力を移して、
歩く様な構造に出来ている、足なのですが、足の外側だけで歩く人や、
足の中央で地面を受け止める人もいるようです、

この様な歩き方は、力の分散が出来ず、そのまま足首の骨に衝撃を受けます。

歩くという動作は、毎日していますが、足に合わない靴・踵の磨り減った靴は、
正しい歩き方が出来なくなり、身体へのダメージを増長してしまいます

足首が鳴るのは、一つのサインとして、自分の歩き方をチェックして見ましょう。

足首

足首をねじってしまい、痛みが有るので、捻挫と思って医者に診てもらったら、
剥離骨折と診断されたと、サッカーの少年団の保護者がが言ってきました。
足首の捻挫・骨折・剥離離骨、いったいどのように違うのでしょうか。

ここでは、足首の剥離離骨について、他の怪我と一緒に、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首の剥離骨折とは、捻挫や骨折と、何が違いますか。

剥離骨折とは、骨折の一種で、筋肉の瞬間的な収縮により、発生する骨折です。

足首の場合の、剥離骨折は、足首を強く殴打したり、捻ってしまったときに、
起こりやすいといわれており、幹部が腫れたり、歩く際に痛んだたします。

剥離骨折と、普通の骨折とは、そもそも何が違っているのかと言いますと、
骨には、靭帯と呼ばれる組織が、接続されており、靭帯の役割は、骨と骨を結び、
滑らかな体の動作をサポートする事を、担っております。

捻挫というのは、この靭帯が、過度に引っ張られた事によって伸びてしまい、
損傷した怪我のことで、重症の場合は内出血や、赤く腫れることもあります。

剥離骨折というのは、靭帯と骨が繋がったまま、骨が剥がれてしまった状態で、
捻挫とは全く異なます、骨が折れるというよりは、靭帯に引っ張られて、
骨が剥がれてしまう状態なのです。

なかなか、骨折のイメージには結びつかないと思います。

 

 
★☆★ 足首に見られる、剥離骨折発生の特徴。

足首の剥離骨折は、運動や事故などに伴って、発生する怪我なので、若年者に、
比較的多く発生しますが、家庭内の事故などでは高齢者にも発生します。
何故か、男性に多い怪我ですが、もちろん女性にも発生し、腸骨・脛骨・膝蓋骨・
第5中足骨 等々に、高い頻度で発生します。

剥離骨折は、通常の骨折とは異なり、靭帯が繋がったまま、骨が剥がれてしまう、
のが剥離骨折で、意外と治療期間が長いという特徴があります。
このため、怪我が解った時点で、すぐに医者の治療を受ける様にして下さい。

普通は、骨折した部位の腫脹と疼痛があり、初期から激痛となることが多く、
救急車で病院に搬送されることも多いです。

また、適切な治療を行わなかった場合、後遺症が残ってしまうことも特徴です、
足首の靭帯は、骨の動作を行うためには、とても重要な組織です、誤った治療は、
骨の動作機能を下げてしまう危険もある様で注意が必要です。

レントゲンでも分かりにくく、時間が経ってから、怪我が分かるということも
あるので注意深く診察することが大事です。

 

 
★☆★ 足首が剥離骨折したときに、気をつけるべきこと。

どんな怪我にも当てはまることですが、2つの気をつけるべきことがあります。

①安静にすること

剥離骨折をしたら、ギブス等で固定し、松葉杖で生活する、治療になりますが、
完治と医者から判断されるまでは、歩くといった動作も含めて、
当然、外部から刺激を与えてはなりません。

②あせらないこと

ある程度、足首の痛みが引き、ギブスが取れるようになると、リハビリを、
行い始めます、しかし、この時にこそ、あせってはいけ無いのです。
早まる気が、怪我を再発させてしまう可能性があるためで、あせらずに、
ゆっくりと、自分のペースで行うことが大事です。

以上の2点は、治療を円滑に進めるために、また早期回復を促すために、
とても大事なことなので、しっかりと意識して行っていきましょう。

 

 

★☆★ 足首の日頃と違う、症状に疑問を持つこと。

足首を捻ってしまったとき、そのまま処置せずに放置することは、危険ですと、
行ってきました、後日痛みが出て、捻挫だと自己判断することもまた危険です。
皮膚の上からでは分かりませんが、剥離骨折の可能性は、十分にあるからです。

足首に、長く続く痛みや腫れがある様なら、まずは、剥離骨折を疑う事です、
後遺症となることもあるので、なるべく早い段階で病院で診察しましょう。

足首

足の甲や、くるぶしの周りに、痛みや、腫れがあれば、腱鞘炎かもしれません、
手首の腱鞘炎は、良く見御井しますが、実は、足首にも腱鞘炎は起こるのです。
足首の腱鞘炎は、症状がひどくなると、痛みで苦しむ事が多いそうです。

ここでは、足首の腱鞘炎について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎とは、そもそも、どんな症状の病気でしょうか。

筋肉というのは、骨に付着する手前で、腱 になります。
筋肉の収縮する力が 腱 に伝わり、関節を動かし、腱鞘の中を通過します。
さらに、腱鞘に包まれた腱が、浮いてこないように、支帯と呼ばれる、
バンドの様な靭帯によって、上から抑えられています。

厳密に区別する必要はないでしょうが、腱や腱鞘への刺激が、繰り返すことで、
腱が肥厚すると腱炎、腱鞘が腫れると腱鞘炎となるのです。

炎症をおこす場所によって、呼び方が以下の様に違います。

・内くるぶしの後ろや下は→後脛骨筋腱鞘炎・長母趾屈筋腱鞘炎
・足の甲の親指側は   →前脛骨筋腱鞘炎・長母趾伸筋腱鞘炎
・足の甲の小指側は   →長趾伸筋腱鞘炎
・外くるぶしの後ろや下だと→腓骨筋腱鞘炎

足首の腱鞘炎の症状としては、以下の様なものが有ります。
・押すと痛い。
・走ると痛くなる。
・痛みのない足と比べて、少し腫れている。
・足の甲の場合は、足首を底屈(下に曲げる)と、突っ張り感がある。
・痛みのある場所を軽く触れながら、足首を底背屈すると、握雪音を感じる。

ただし、足首の痛みを引き起こす疾患は、他にも沢山ありますので、
安易に、腱鞘炎と判断してしまうのことは、危険と言えます。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎は、なにが原因で起こるのでしょうか。

身近な例としては、
歩きすぎや、運動のし過ぎによって、起こります
そのために、足首の腱鞘炎は、ごく身近な怪我であると、言えるでしょう、
夏休みなどに学校で良く行われている、ウオークラリーなどは、要注意ですね。

スポーツ選手の例としては、
陸上競技のランナー等は、走りすぎが一番の原因となります。

それ以外にも、靴の紐を強く締めすぎた状態で、ランニングをした場合とか、
マラソンなどは、スタート時と比べ、ゴール時では、足が随分むくみますから、
それが原因で、腱や腱鞘が圧迫されて、発症することもあります。

またバスケットボールなどの着地に衝撃が大きいスポーツをしている人も、
発症しやすいといわれています。

スポーツ全般に言えますが、足の甲が高い選手は、合わないシューズによって、
慢性的に、靴と甲がぶつかっていることも原因となります。

日常の生活においても、
男性の場合は革靴、女性の場合はブーツなどを履くと、足の甲が圧迫され、
腱鞘炎になる事があると、良く聞きます。

そしてもう一つは、偏った歩き方です。
人の足というのは、力を上手く分散して活動する構造になっているものですが、
しかし、年をとったり、疲労していると歩き方が変化してしまい、
力の加わり方に偏が出て、足の腱のダメージで、腱鞘炎を起こしてしまうのです。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎が起きたとき、どんな対処方法がありますか。

腱鞘炎の場合の対処法は、何といっても安静第一です。
熱感があったり腫れていたりする場合はアイシングをおこないます。

スポーツ選手は、ランニングはもちろん中止ですし、
ウォーキングも長時間行ことは、症状をさらに悪化させてしまいます。

消炎鎮痛剤で湿布を張ったり、消炎鎮痛剤を塗り込む事も、多少は有効です、
また、患部を包帯で巻き固定することで、衝撃を和らげることができますし、
スポーツをしている人であれば、サポーターを付けることも効果的です。

とにかく、足に合った靴やシューズに、変更することもお忘れなく。

繰り返しますが、まずは安静、そして無理をしないことが第一です。
無理は禁物で、無理すれば、怪我の悪化に繋がってしまうことは確かです。

一番気になる治癒期間ですが、人によってさまざまで難しいところです。
2週間程度で、痛みが引く事もあれば、3~6ヵ月位、要する事も有ります。

足首

足首に限らず、手首や他の部位であっても、骨のひびは、医者でさえも、
レントゲンを撮らないと、詳細の判断は難しいと言われています。
また、骨折とひびとは、全く別物と思っている方も、多くいると思いますが
ヒビも、骨折と一緒に分類され、取扱われております。

ここでは、足首のひびに関することについて、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首の、ひびの症状は、骨折と何が違うのか。

足首を、何かにぶつけたり、 足首の上に何かをを落としたりして、
痛み・腫れ・皮膚の変色 等が、足首に起こった場合、骨折しているのか、
ひびが入っでいるのかは、素人では、まずもって解りません。

専門医でさえも、レントゲンを撮り、詳しく診ないと、判断は難しいそうです。
この様な実態で有るのですから、素人判断で、通院せずにで放置しておくのは、
大変危険な行為と言わざるを得ません、必ず病院で診てもらいましょう。

ひびであったとしても、骨折であったとしても、症状はほとんど同じで、
皮膚が紫色に変色し、腫れと痛みを伴います。

ひびと骨折を、全く別物の怪我と思っているかたは、意外と多いようですが、
実は医学上では、ヒビも骨折も同じ分類で、不全骨折や亀裂骨折に当たります。

医学上からも、ひびを軽くは見てはいけない、ということになります。

 

 
★☆★ もし、足首のひびを、放置しておいたら、どうなりますか

ひびではあっても、不用意に動かせば、隙間がドンドンと、開いていきます。

完全に完治していないままで、放置しておくと、ひびの入った骨の部分が、
ずれたり、変形したりして、外科手術することに至ることもありません。

ヒビを甘くみて、放置したばっかりに、後遺症が残る可能性があります。
ひびではあったとしても、骨折と同様に、ひびが入ったと思われる足首を、
きちんと冷やして固定し、動かさないようにしましょう。

応急処置が終わったら、早めに、整形下科医院を訪ねてください。

 

 
★☆★ 足首のひびと、それに対しての治療方法

外部から強い衝撃を、足首にひびが入ることが有った場合は、痛みで歩行困難、
となるのが殆どのケースです、当然、日常生活には、支障が出ると思います。

スポーツやをしている人は、足首の ひび のために、練習が出来なくなり、
とてもに辛い思いをして、へし折れてしまうことも、あるかもしれません。

だからと言って、急いた気持ちは、かえって症状を悪化させてしまう事にも、
なりかねません。
足首にひびが入った際に、気をつけることの、2点を具体的に説明します。

・・とにかく安静にすること。

病気とは異なり、ひびの治療には、身体の自己治癒力を用いて回復を待ちます、
この回復のためには、安静にしている事が、絶対の条件と言えます。

痛みは軽いからと言って、我慢して練習を続けていると、こんどは、
疲労骨折を起こしてしまう、こともあるので注意が必要です。

日常においても、ギブスを装着して、松葉杖での移動になるかもしれませんし、
治療期間も、症状によっては、長期になることもあります。

小さな刺激だからと言って、おろそかにしておくと、怪我の悪化に繋がることが、
ありますので、注意しながら、根気強く治療していくようにして下さい。
・・まずは、気持ちを急がない

患者は、どうしても怪我の最中は、気持ちが落ち着かず、イラオラします、
然し、このように気持ちを急いでいると、つい無理をしてしまい、
症状が悪化してしまうこともあるのです。

足首のひびは、約1ヶ月程度で完治すると、だいたい目安としていわれており、
痛みがなくなってきても、医師と相談した上で、運動再開することが大切です。
まずは、気持ちを落ち着け、「長い人生、一か月の骨休み」と思っている方が、
気は楽で、治りも早くなるものと思います。

足首

首をひねったら、靭帯に損傷が生じやすく、甘く考えがちですが、
初期処置として大切な、RICEを確り施すと治りも早くなります。
然し、これを怠ると、大変なことになる可能性も有るので、注意してください。ます。

ここでは、足首をひねったら行う、RICEについて、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首をひねった、と言う、言葉の意味について。

ひねる も、ねじる も、感じでは「捻る」と書きますが、言葉上の違は、
実際にあるのでしょうか。

「足首をひねる」と言った場合には、通常動く方向に、曲げることを言い、
「足首をねじる」と言った場合には、通常の動作で、は曲げない方向に、
回してしまった時に言っております。
従って、
「足首をひねると痛い」というのは、
骨や筋などに、何かしらの問題がある、と考えられますが、
「手首をねじると痛い」というのは、
何らかの障害が、生じるので、痛いのは当然のことです。

実際、日常生活では、こんなふうに使い分けしては、いないでしょうが、
言葉と言うのは、深く難しいものですね。

ここでも、区別して使ってはおりませんので、ご了承願います。

 

 
★☆★ 足首をひねったら、悪化防止に、まずRICEです。

足首をひねったら、まず心配されるのが、捻挫であり、靭帯損傷です。

損傷の状態から、3段階に分けて、靭帯損傷の程度を区分しております。

・第1度・・・わずかに伸びた状態の靱帯
・第2度・・・部分的に切れた状態の靱帯
・第3度・・・完全に、切れた状態の靱帯

この判断をするのは、素人では大変難しいので、専門医者の判断で決定します。

素人が、目安として、判断するとすれば、「立てるか」「歩けるか」を、
怪我の動きから観たり、聴いたりすることと思います。
足首を捻ってしまい、少し痛みはあるようだが
「立てる」し、「歩ける」と言った場合は、比較的軽い捻挫でしょうし、
「立てる」けど「歩けない」場合は、重症の捻挫、となるでしょう。

捻挫の、応急処置には、RICE が、とても重要で効果を発揮します。
「立てる」し「歩ける」ときの、軽度の場合は、暫くは様子を見てみましょう。
「立てない」「歩けない」ときは、早急に整形外科で診てもらって下さい。

この様な時、(ライス)は、捻挫の、初期処置の基本として重要です。

RICEとは、 ・Rest ・・・・・・(安静)
・Ice ・・・・・・・(冷却)
・Cnpression ・(圧迫)
・Elevation・・(挙上) の頭文字をとったもので、

RICEによる応急処置は、スポーツ関係者にとっては、常識となっています。

この処置は、スポーツ以外でも、足首 等をひねったり、打撲には、
とても有効ですので、学校や幼稚園でも、是非覚えておいてほしいものです。

RICEは、内出血・腫れ・痛みを、抑える目的にも、大変効果的を示し、
初期処置が、早ければ早いほど、怪我の回復は早くなるのです。、

但し、RICE処置は、あくまでも「応急処置」であり「治療」ではありません、
RICE処置の後は、必ず専門医を受診し、適切な治療をしてください。

足首