アイシングの記事一覧

アイシング

やり方が難しそうに見える、アイシングdすが、コツを覚えれば簡単です。

とは言ってもアイシングの期待効果を知らなくてはいけません、
コツは、氷嚢・三角巾・テーピングテープを常備しておくことです、
そして、出来れば小さいビニール袋もあれば、良いでしょう。

ここでは、アイシングの簡単なやり方を、詳しく説明しております。

 

 
◆◇ アイシングの期待効果は何でしょう。

先に、期待効果について述べて置きます。

アイシングには、患部の冷却効果はもちろんのこと、
別の効果として、反発反応があります、それを期待して患部を冷やすのです。

外傷・障害のある部分は、血行が悪くなっております、
アイシングで、毛細血管を収縮させると、患部の体温が低下してきます、
そうすることで、人間の生理的作用として体温を上げようとする働きがでます。

この時に、アイシング前よりも毛細血管が拡張して、
体温も上がり、血液循環がよくなり、酸素や栄養の供給が増大しだして、
患部の組織の修復が早くなるのです。

 

 
◆◇ アイシングで、意外と知らない人が多い重要な事。

前項で説明しました、期待効果を知っていれば、やり方は簡単です。

但し、意外と知らない方が多いことが一つあります、
効果を最大限に発揮させるためには、とても重要なことなのです。

それは、製氷機の0℃の氷を使用することです、
氷から水に変わる時に、熱を奪う力が一番強く、冷却能力に優れているのです。

意外と知らないとても重要な事ですので、
言葉を変えて、整理しますと、ただもの冷たく冷やせば良い、
と言うわけではないという事です。

スポーツの後のアイシングは、
コールドスプレー・湿布薬よりも、0℃の氷を使用することが、
最大の効果を発揮する、と言うことを覚えてください。

このことが解らない、選手や指導者が多いので、
何か負傷が有れば、直ぐコールドスプレーで、「シュッ」と吹き付け、
安心している光景を良く見かけます。

従って、一流のスポーツ選手であればあるほど、、
「氷嚢」と「氷」を常に持ち歩き、
運動後は、時間を空けずにアイシングをしていると言えましょう。

時間があれば、水で数分冷やしておくことも、良いと思います。

アイシング

 
◆◇ アイシングの仕方は簡単です。

そのアイシングのやり方としては、十分な冷却効果を得るためには
運動後なるべく早く(5~10分以内)開始することが大切です。

時間が経過すればする程、効果は低くなります、
例えば、受傷してから8時間以上も経ってから行った場合には、
ほとんど効果は得られないとされています。

プレー中に違和感が感じたら、いったんプレーを中断して、
負傷部位を確認することが重要です。

そのまま何とか続けられれば、プレー再開しても構いませんが、
決して無理をするべきではありません。

選手生命にも影響することなので、確りと自覚しなくてはなりません。

さて、その簡単なコツですが、
氷嚢・三角巾・テーピングテープを常備して、
出来れば小さいビニール袋もあればなお良いでしょう。

これらを上手に使用して、
ずれ落ちないように、確りと患部にあてがうことが大切です。

アイシング

サポーター

スポーツ用品店にいくと、アイシングの用品として沢山の品物が展示され、
さらには接骨院や整形外科医院では、色々と勧めらると思います。

でも、アイシングを行う上で、最低限必要なアイシング用品があるはずです。

ここでは運動後の筋肉疲労防止のための最低限必要なアイシング用品について、
詳しく説明しております。

 

◆◆ アイシングを行う必要性

アイシングが何故必要かを改めて確認したいと思います。

長年スポーツを継続してますと、同部位への痛みが生じることがあります、
これは持病ともいえるようなもので、特定の関節や筋肉に繰り返し負荷が、
かかることから起こる現象で慢性障害といわれるものです。

この慢性障害を治療するするのに、アイシングは大変有効なのです、
痛みのある部位をアイシングで冷やすことで、痛みとそれに伴う、
筋肉の硬直を軽減解消することが出来ます。

アイシングをするコツで重要なのは、ただ冷たく冷やすことではなく、
氷から水に変わる時の熱を奪う力が、一番強く冷却能力にすぐれていることです。

そうした意味では冷却材についてですが、
コールドパックや家庭での氷は、0℃以下になるので適しているとは言えません、
製氷機の0℃の氷を使用することに気を配ってください。

どうしても使用しなければ成らない場合は、、
そのままですと、0度以下になっていますので、凍傷を起こす可能性があります、
水を混ぜて使用するかタオルを皮膚との間に挟んで使用する必要があります。

また、安易に使用されておるようですが、
コールドスプレーは、皮膚の表面が冷却されるだけで、深部にまで伝わりません、
従って、アイシング効果は期待できないと考えるべきです。
表面が冷えることで、気持ちが良くなるだけの精神的な効果しかありません。

アイシングの用品として必要なのは、氷嚢・三角巾・テーピングテープと、
小さいビニール袋があれば、なお良いでしょう。
これらを上手に使用して、患部に確りとあてがうことが大切です。

アイシング効果が充分に得られれば、それで良いことなので、
用品よりも、アイシングのやり方に気を配ってください。

私の、サッカークラブの子供達には、全員に氷嚢を持たせています、
暑い時には、頭も冷やせますので、熱中症予防にも、効果を発揮しています。

 
◆◆ アイシング効果をより一層良くするサポーター。

肘・膝・踝・肩などは、三角巾やテーピングでは、氷嚢を固定し難いです、
その時に、サポーターで確りと、氷嚢を患部に抑えつけて置くことができます。

また、運動によってずれるようでは冷却能力は、必要な部位には伝わらないので、アイシングとしての効果は期待できないと考えるべきで、
こんな時にサポーターは、大きな力を発揮するのです。

サポーターには2種類があります、
固定するサポーターと保温するサポーターで部位の痛み具合により、
使い分けられるのです。

サポーター

 

 

固定するサポーターは、
強い痛みを感じる事の無い場合に使用しますと、
軽い運動や、外出時の階段や歩行時にはとても便利で、
固定するサポーターとは言っても、調整も可能な物がありますから、
痛みの部位にサポーターを身につける際は一度専門医に相談して、
自分にあった物を求めてください。

保温するサポーターは、
痛みの軽減のために装着するものです、
在宅時や勤務中に使用できる、軽めで毛糸素材の糸で編んだ商品が多く、
クーラーを使用している室内での使用は、十分に保温効果を発揮します。

痛みによっては、接骨院・整形外科医から固定タイプか保温タイプか、
自分にあつたサポーターの処方を受ける事も、場合によっては必要です。

痛むからといって、ずっとサポーターを付けた生活をし続けてしまうと、
筋肉が衰えてしまいますので、サポーターに頼り切らずに適度な運動を行う事も、
大切です。
理学療法士・整形外科医師と良く相談しながらサポーターを選んで下さい。

アイシング

アイシング

筋肉疲労に対しては、アイシングを施すのが、とても効果があると聞きます。

簡単で、且つ確実に、運動後の疲労した筋肉の、アイシング(冷却治療)により、
その日の内に筋肉疲労を消し去り、翌日からの運動に支障なく専念できることは、
運動選手にとっては、欠くことのできないとても重要な要素です。

ここでは、筋肉疲労に対しアイシングは、どのような効果をもたらすかについて、
詳しく説明しております。

 

 
◆◇ 筋肉疲労に対する、アイシングの期待効果。

永くスポーツをやっている人にとり、筋肉疲労は持病とも言えるようなものです、それも同部位に偏って、痛みが生じることが良くある様です。

これは、特定の関節や筋肉に、繰り返し負荷がかかることでおこる現象であり、
慢性障害とも言われるものです。

この慢性障害のメンテナンスには、アイシングが大変有効的なのです。
痛みのある部位を冷やすことによって、痛みとそれに伴う筋肉の強張りを軽減し、翌日の運動が支障なく再開する事が出来ます。

期待効果について述べますと、
冷却効果だけではなく、冷却効果の反発反応を期待して患部を冷やします。

外傷・障害を受けた部分は、確実に血行が悪くなっておりますので、
アイシングを施すことで、毛細血管が収縮しだして、患部の体温が低下します。

この場合に、人間の生理的作用として、体温を上げようとする働きがあります、
この時、アイシングする前よりも、毛細血管が拡張して体温も上がり血液循環が、良くなり、酸素や栄養の供給が増大し、患部の組織の修復が早くなるのです。

アイシング

 
◆◇ 筋肉疲労を解消する、アイシングの仕方。

十分な冷却効果を得るためには、アイシングのやり方が重要です。

運動終了後は、なるべく早く(5~10分以内)開始することが大切です、
時間が経過すればするほど効果は低くなり、受傷後8時間以上も経ってから、
行ったアイシングには、ほとんど効果は期待出来ないと言われています。

これは、運動終了後の時間管理が、選手個々に重要となる訳で有ります、
これが問題なく、出来ている選手がいるチームと、そうでないチームとでは、
おのずと選手の筋力に差が出てくるし、試合結果にも現れて来ると思っています。

以上の様に、筋肉疲労を残さず、翌日からの運動に支障なく専念可能という風に、
やり方の正しいアイシングには、効果が期待できるのです。

決して今からでも遅くはありません、指導者・選手は運動に氷嚢と氷は常備する、義務感を持って、日頃の練習のやり方を工夫してください。

アイシング

野球の投手にとって、運動後の肩と肘の治療には、アイシングは欠かせません。

長期間ピッチャーをしていると、怪我ではないけれど、持病ともいえるような、
痛みが肘と肩に生じてしまいます。

特定の関節や筋肉に、繰り返し負荷がかかることでおこる現象であり、
投手にとっては、慢性障害といわれるものです。

メジャーリーグ投手の、試合後のインタビューをテレビで見ると、
アメフト選手とも思わせるような物を、肩に巻き、アイシングをしています。

ここでは、アイシング治療が命と言われる、野球投手のアイシングから学びます。

 

 
◇◆ アイシング、そもそも冷やす必要はあるの?

簡単に言うと、痛みを早く解消するためにアイシングをします。

野球の中継などで、先発投手が降板してから、べンチでアイシングをしながら、
試合を見ている様子を、見たことがあると思います。

Jリーグ中継でも、試合後に多くの選手達が、足首や膝をアイシングしている、
光景も見たことも有るでしょう。

捻挫や打撲の怪我などでもそうです、
捻挫をした際にその患部を触ると、他の皮膚より赤く熱を持っているものです。

これは捻挫した部分の中の組織が傷つき、炎症が起きていることを表しており、
炎症が現れると痛みも現れます。

傷ついた細胞で、ブラジキニンと呼ばれる物質が放出されて、痛みを感じます、
傷ついた組織からは色々な物質が細胞から出ていきます。

その中には、水分などが含まれているために、傷ついた場所は「腫れ」ます、
この様な、身体の異常信号は、傷ついた細胞だけに起これば良いのですが、

その周りにある正常な細胞にまで「
活発になっている血流」の影響を受けてしまい、「腫れ」が大きくなるのです。
アイシングは、まず冷やす事によって、痛みを最小限にしてくれます。

ある一定の温度までに、冷やされると神経が麻痺して、
痛みを感じにくくしてくれるからです。

さらに冷やすことによって、冷やした部分の血流が悪くなって、
炎症が抑えられて「腫れ」もそれほど酷くならないという仕組みです。

アイシングというのは、傷ついた部分の損傷をを最小限にしたうえ、
傷ついてない細胞に、影響を与えないようにするためのものなのです。

野球の投手もJリーグ選手も一緒です。
野球であれば肘や肩に、サッカーであれば膝や足首に、
運動後は、大なり小なり傷ついている細胞があるものです。

他の細胞に影響を与えさせずに最小限に食い止めるために
アイシングをしているのです。

 

 
◇◆ 効果的な、アイシングは、何時やるか。

効果的なアイシングをやる時期は、練習後・試合後ただちに行うことです。

捻挫などの場合は、最低でも30分以内に行うとべきです。

早く行うに、越したことは無いので、
遠慮せずにチームから離れてすぐ実行して下さい。

冷やす時間は、10~20分間冷やすのが良いとされており、
短すぎては、効果は薄くなりますし、長すぎては、逆効果となります。

長すぎて逆効果となるのは、血流が悪い状態が長くなってしまい、
炎症は抑えられますが、正常な細胞が血流不足により壊死してしまうからです。

捻挫など重傷の場合は、およそ三日間断続的に冷やすことが必要です。

 

野球3

 

◇◆ 効果的な、アイシングは、どうやって冷やすのか?。

簡単に冷やすには、冷却スプレーなどがありますが、
冷やす時間が足らず、といって長時間当てていると皮膚が凍傷になります。

最も良いのは、氷嚢やビニール袋に氷を入れて患部当てる事です。

氷嚢などが無い場合は氷をタオルで包んで冷やすなどがあります。

然し、ビニールに氷と一緒に水を入れてしまいますと、氷で直接皮膚を冷やせず、それによって自分が感じてる割には、患部は冷やされていません。

空気も抜いたほうがいいので、ビニールの口を縛る際には、
なるべく空気を抜いてから縛って下さい。

アイシングの時間は、10~20分といいましたが、
冷やし始めて2,3分過ぎると冷やしている個所に痛みが出てきます。

痛みでやめてしまう方も居る様ですが、やめずに冷やし続けることが大切です。

アイシング

アイシングとは、怪我の緊急手当てとしての、一つの方法としか考えていない、
指導者がまだまだ多いのが、正直なところではないでしょうか。

アイシングは、確りした方法でやらないと、折角の効果は発揮できません、そのたここでは、効果のあるアイシングの方法を、詳しく説明しております。

 

 

◇◆ 効果的な、アイシングは、二次的損傷を起こりにくくする。

運動することは、筋肉を使っている以上、常にに筋繊維にストレスがかかり、
それによる筋繊維の破壊が、少なからず起こっております。

この筋繊維の破壊が起こるということは、筋紡錘の各所に損傷が起こっており、
筋紡錘の所々に、小規模な「外傷性損傷」が起こっていると考えるべきです。

アイシングを行うことで、局部的な損傷のみで済み、
他部位への二次的損傷が起こりにくくし、効果的な超回復を得られます。

この二次的損傷が最小限に押さえられることや、局部的な新陳代謝の低下により、運動による過剰なストレスによる、疲労骨折や慢性的な捻挫などの
慢性的な傷害の予防にもなるのです。

 

 

 
◇◆ 効果的な、アイシングの方法とは。

アイシングの効果的な方法としては、
十分な冷却効果を得るために、運動後なるべく早く開始することが大切で、
その時間は、5~10分以内とされています。

時間が経過する程、アイシング効果は低くなり、
受傷後8時間以上経った場合には、ほとんど効果は得られないとされています。

と言うことは、スポ少や部活動終了後の時間管理が重要となるわけで、
これが出来ている学校(選手)と、そうではない学校(選手)とでは、
当然に選手の筋力に差が生じ、試合結果にも現れてくるのではないでしょうか。

長期間運動をやっている選手にとって、
スポーツ後の筋肉疲れは持病ともいえる痛みが生じることがあります、
この慢性障害をメンテナンスするのにアイシングは有効です。

 

 
◇◆ アイシングによる効果と期待について。

アイシングによる効果としては何が期待できるのでしょうか。

長期間運動をやってきた者にとり、運動後の筋肉疲れは持病ともいえます。

この様な慢性障害の、メンテナンスにはアイシングはとても有効です、
然し、正しいやり方を知らず、只単に冷やせばいいと思っている人が多く、
この様な場合、障害予防効果どころか、逆に障害を引き起こすことがありので、
注意が必要です。

さらには、
怪我をしていない者に、なぜアイシングをしなければならないのかと、
疑問を持つ方もおられるようです。

選手・指導者はアフターケアとしての、アイシングの重要性をわかって欲しく、
筋肉というのは、怪我をしなかったとしても、日々のトレーニングで、
多少なりとも損傷し、それによる炎症が起きているのが当たり前なのです。

それを、そのまま放置しておくことが、慢性障害を引き起こしかねないのでです。

効果について詳しく述べますと、
アイシングには、患部の冷却効果とは別に、冷却効果の反発反応があります。

その反発反応を期待して患部を冷やすのです。

外傷・障害の有る部分は、血行が悪くなっており、
アイシングをすることで、毛細血管が収縮して患部の体温が低下すると、
人間の生理的作用として体温を上げようとする働きがあります。

そうすると、
アイシングする前よりも、毛細血管が拡張し体温も上がり、血液循環がよくなり、
酸素や栄養の供給が増大し、患部の組織の修復が早くなるのです。

 

 

このように、
筋肉疲労として残らずに、翌日からの運動にも支障なく専念できる、
この効果が期待できるのです。

今からでも遅くはありません、
指導者・選手は、氷嚢と氷は常備する心構えを持って練習に専念してください。

アイシング