血便が出た時には、ものすごく動揺しがちになりますが、慌てる事無く肛門科の
設置された病院へ行き、専門医の診察を受けましょう。

とは言っても、田舎の場合になると、肛門科などは無いと思います。。
その際は、内科の胃腸消化器科で受診してください、「痔」の症状があっての血便
ならば、外科・内科どちらでもいいですが、「痔」の症状が無い血便であるなら、
「大腸内視鏡検査」が必要になるので、内視鏡検査が出来る病院に、行かれた方が
良いと思います。

ここでは、血便があった場合の病院は何科に行くかについて、説明しております。

 

 
◆◇ 血便は何科で検査するか、迷わないために。

血便の時には、何科に行くかなどを迷っていると、手遅れとなり重大な問題を抱え
てしまうかもしれません。

理由は、血便に関係すると思われる病気は数多くあって、それらの中には、時間を
かければ、重大な病気に発展してしまうものがあるからです。

血便のときには、何科を受診するかということを決めておき、身体の変化に対応で
きるようにして置くことが大切です。

血便に対応する適切な、診療科は何かについて、以下に説明します。

まず、血便が痔のような肛門付近の症状と関係していることが考えられますので、「肛門科」と呼ばれているところへ診察を受けにいくことができるでしょう。

総合病院のような大きな病院であれば、何科かわかっていないとしても症状を伝えれば判断してくれるところもありますが、まずは「肛門科」を受診することが、
必要ということを覚えておきましょう。

然し、血便の原因が痔ではなく、内臓に起因する症状によって引き起こされているのであれば、肛門科を受診するのは適切ではありません、その場合には、何科を
受診するのが適切でしょうか。

一般的には、消化器系臓器に起きている問題となりますので「消化器科」「内科」を受診することが必要です。

その際の注意事項として、
血便を持っていくことは、難しいかもしれませんので、血便の色や状態を確りと、報告出来る様にして、受診することが大切です。

問診と検査によって、詳細な診察を受けることで、血便の原因を明確に知ることが
できるので、確りと治療も行う事が可能です。

病院2 ◆◇病院受付・何科?

 

 
◆◇ 血便などは、家族全員の主治医を決めておく事が大切。

突然に、血便が出た時は、びっくりする事と思います、然し決して慌てる必要は
ありません、適切な診療科のある病院に行くことが、最初の対応となります。

血便は、肛門科や消化器科が設置された病院で、診てもらうことをお勧めします。

真っ赤な潜血の場合は「痔」の可能性もありますが、赤黒い場合は、腸内の出血が
考えられますが、素人判断は禁物です。
まずは どんな場合でも、血便の時は専門病院と決めつけて、一日でも早い診察を
することが肝心です。

初めの血便であればある程、血便を専門とする肛門科や消化器科のある、病院なら間違いありません。
血便を発見した時、本当にどうしたら良いものかパニックになりがちですし、血便というだけで恥ずかしいものです、初めての病院ならば尚更と思います。

所謂、何時もかかり付けの、主治医であれば、羞恥心は相当軽減されるはずです、
だからこそ、家族の主治医を決めて置くことが大切になるのです。

専門医でなくとも、素人で無い訳ですから、血便の色から大凡の判断はできます、
その結果、主治医が専門の病院を紹介することがあるし、主治医自身が治療する
こともあるでしょう、何科が良いかは、主治医にまかせるしかありません。

病気になってからではなく、健康である内から主治医をきめておいて、自分の健康状態をデーターとして、カルテに纏めて、一か所の病院に記録しておけば、いざという時、特に血便などの時は、大いにその威力が発揮されます。

このことは自分自身だけではなく、家族全員の主治医としても、決めて置くことが非常に大切です。