難病(特定疾患)に指定されている、ベーチェット病は、全身の病気です。
失明のリスクが高いので、眼症状には、特に注意が必要な様です。

ここでは、ベーチェット病に使用される、治療薬について、見ていきます。

 
★◇★ ベーチェット病の症状毎の治療法について

ベーチェット病は、原因が未だ解明されておらず、根本的な治療法も、
確立されてい無いので、今のところの、治療の中心は、対処療法となります。

部位別に、具体的な治療法を、見てみますと、

眼の症状・・・先にステロイド点眼薬で炎症を抑えます。
炎症が治まったら、再発予防のために、コルヒチンを使います。
潰瘍や口内炎・・・外用薬を使用します。、
関 節 炎・・・・コルヒチンと鎮痛剤を使用します。
血管型ベーチェット・・・ステロイド内服薬と、免疫抑制薬を併用します。
腸管型ベーチェット・・・ステロイド内服薬と、抗炎症薬を使用します。
神経ベーチェット・・・・ステロイド内服薬の大量療法を行います。

ベーチェット病は、特定疾患にも指定されている、難病なのですが、
眼の症状、血管型ベーチェット・腸管型ベーチェット・神経ベーチェット が、

見られない場合は、慢性的に繰り返しを続けてて、症状が出現はするものの、
生活的には、殆どが大きな支障はありません。

眼の症状の場合は、シクロスポリンと言う薬で、再発を抑える様になって、
0.1以下になる、視力の悪化率が、20%程度までに、改善されてきました。

血管型ベーチェット・腸管型ベーチェット・神経ベーチェット の場合は、
未だ、治療の経過が長くなり、後遺症を残してしまうこともあります。

ストレスを溜め込まないことも、大切な治療薬であることも、ご理解下さい。

 

★◇★ ベーチェット病に使用される、治療薬の紹介

・コルヒチン
眼病変・症状全般に効果があります。
白血球の機能を抑制する作用があり、痛風の薬としても用いられます。
下痢・腰痛・脱毛・血管障害、などの副作用が有ります。

・非ステロイド抗炎症薬
炎症を抑える・痛みを鎮める・血小板凝集を抑える 等の作用が、あります。
関節炎・結節性紅斑・陰部潰瘍・血栓などに効果があります。
胃腸障害、腎障害、肝障害、発疹などの副作用が知られています。
今は、眼病変への使用は、できる限り避けるべきとされています。

・副腎皮質ステロイド薬
炎症を抑える作用・免疫を抑制する作用があります。
眼病変には点眼薬、身体の表面・口内の潰瘍には軟膏薬、
特殊型ベーチェット症状には、内服薬 か、パルス療法で使用します。
感染誘発・骨粗しょう症・体重増加・ムーンフェイス・白内障・眼圧上昇
等々の副作用があります。

・シクロスポリン
免疫を抑制する作用があり、主に眼病変に使用します。
神経症状・腎障害・肝障害・発疹・歯肉が腫れる 等の副作用が有ります。
グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、血中濃度が上昇したり、
コルヒチンと併用で筋力低下がおこる事があるので、特に注意が必要です。

・シクロフォスファミド
免疫を抑制する作用があり、主に眼病変に使用します。
腎障害・肝障害・出血性膀胱炎 等の副作用があります。
抗がん剤ペントスタチンとの、併用は禁止されているので、特に要注意です。

・アザチオプリン
免疫を抑制する作用があり、主に眼病変に使用します。
骨髄抑制や感染症にかかり易くなる、副作用があります。

・ミゾリビン
免疫を抑制する作用があり、主に眼病変に使用します。
肝障害・骨髄抑制 等の副作用があります。
 
・サラゾスルファピリジン
炎症を抑える作用があり、主に腸病変に対して使用されます。
皮疹・腰痛・肝障害・腎障害・白血球の減少 等の副作用があります。

・メサラジン
炎症を抑える作用があり主に腸病変に対して使用されます。
皮疹・腰痛・肝障害・腎障害・白血球の減少 等の副作用があります。

・インターフェロン
主に抗ウイルス作用、抗腫瘍作用があります。
ベーチェット病では、ぶどう膜炎に対して使用されます。
食欲不振・悪寒・吐き気・血液障害 等の副作用があります。

・インフリキシマブ(レミケード)
TNF-αと言う原因物質と結合して炎症を抑える作用があります。
ベーチェット病では、ぶどう膜炎に対して使用されます。
点滴中や点滴後に、発熱・頭痛・発疹 等の症状がでる事があります。
免疫の働きが低下し、肺炎・結核・敗血症・日和見感染に罹り易くなります。

・アダリムマブ
遺伝子組換えにより作られた、ヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体製剤で、
関節リウマチや乾癬の治療に使われています。
TNF-αと結合してTNF-αが受容体に結合するのを防いだり、
受容体と結びついたTNF-αを抜き去ることで、炎症を抑えます。
現在では、未だ治験の段階にあります。

・サリドマイド
2005年頃からサリドマイドを使った治療が、一部で開始されました。
この方法がどの程度、確立するかはこれからの課題です。

以上、これらのベーチェット病の治療薬は、罹りつけ主治医の治療方針に従い、
良く相談し、副作用等を理解の上で、服用する事が一番大切なことです。