スポーツ活動中に、アキレス腱を切るというのは、良く起こる怪我です。
この治療には、切らずに自然治癒を待つ「保存療法」もあるのですが、
スポーツ選手などは、治療期間を考慮し、手術を選択するのが多い様です。
それでも、最低でも約6ヶ月も完治するまでに、掛かってしまうようです

ここでは、アキレス腱を切った時の手術について、注意点を紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱を切った時の、治療には2種類が有ります。

アキレス腱を切るのは、主にスポーツ活動中が多いです。
踏み込み・ジャンプ・ダッシュなどの、急激な動作をすることによって、
アキレス腱に強いストレスが加わることで起こります。

アキレス腱を切ってしまったら、治療方法は、次2つです。

☆ 温存療法
アキレス腱に刺激を与えないよう安静にし、アキレス腱の繋がりを待つ方法。 入院の必要はないが、長期間の固定や免荷を必要とし、回復が遅くなる。

☆ 手術療法
短期間で回復でき、筋力の低下・可動域制限・痒み等の、二次的障害を、
最小限に抑えることができ。
ほとんどの、整形外科医は、手術療法を選択するのが多い。

 
☆★☆ アキレス腱を切った時に、手術で治療するメリット。

アキレス腱の手術には、主に2つの方法があります。
・・直接断裂した、アキレス腱を繋ぐ方法
・・皮膚と一緒に、アキレス腱を縫合する方法

それぞれ長所と短所があるので、医師と、よく相談して決めることが大切です。

アキレス腱断裂で、手術を行うことの、最大のメリットは、
復帰までの期間が短いことですが、それでも、半年はかかってしまいます。

動けるようになっても、あと2ヶ月程のリハビリの期間が必要とするので、
最短でも、短くても6ヵ月はかかると思ってください。

 

 
☆★☆ アキレス腱を切り、手術を行った場合の、デメリットについて。

アキレス腱断裂を起こしたときは、手術で治すことが多いです。
手術での最大のメリットは、復帰までの期間が短いということですが、
それでも、リハビリを含めて、約半年はかかります。

比較的早めに復帰したい、スポーツ選手が、良く手術を実施してます、
然し、温存療法と異なり、「後遺症」と言うデメリットがあるのです。

アキレス腱断裂の後遺症には、様々なものがあります。
・切開による傷跡が残る。
・違和感を感じる。
・冷えが酷くなる。 等々ですが、これら症状が、起きない場合もある。

アキレス腱断裂の手術は、高度な施術であるので、整形外科医の技量によって、その後の回復にも、違いが出るともいわれており、医師の選択にはそういった、
リスクを承知の上で、慎重な判断が必要です。

手術・入院による費用負担も、デメリットの一つとも言えます。