固いアキレス腱ですと、足腰負担が大きく、最終的には、身体全体に悪影響を、
及ぼすことになり、その弊害はとても大きいです。
日頃から、アキレス腱の柔軟性を高めておくことの重要性を、意識しながら、
生活して戴きたいものです。

中高齢の方は筋肉も腱も固くなるので、尚更ですし、若い方でも、今は大丈夫
と思っていても、歳をとったら、一気に身体に影響が来るかもしれません、
毎日継続して、ストレッチや軽運動を行い、将来の健康を手に入れて下さい。

ここでは、アキレス腱の固いことの悩みの、解消について見ていきます。

 

 
☆★☆ アキレス腱が固いと、起こる影響とは何でしょう。

固い、アキレス腱であるがために、身体には大きな影響が起こってきます。
いずれも、日常の些細な悩みの原因、となっていることが、多い様です。
身体への影響とは、具体的に以下の様なものです。

■ 足に負担が掛かりすぎる影響。
ふくらはぎと足首の骨を繋ぐのが、アキレス腱です、この部分が固いことは、
地面からの衝撃を吸収することが、うまくできなくなってしまいます。
そのために、ふくらはぎや、足の甲といった、他の部分へ力が加わり、
そこにダメージを受けてしまいます。

歩くと、すぐに疲れたり、足が痛むという人は、慢性的にアキレス腱が固い、
ということが疑われますので、普段から症状を訴えるようであれば、
ストレッチ 等で、柔軟性を高めることが大切です。

■ 血行不良になる影響
アキレス腱が固いと、他の部分へ力が加わり、そのにダメージが出るとの、
説明をしましたが、ふくらはぎを始めとする、筋肉が凝り固まってしまう、
ことがあります。
そうると、血行不良を起こし、冷え性などの原因となることがあります。

冷え性 等を、発症しているのであれば、その部分を温めることで、簡単に
解消することができますが 然し、それでは根本的な解決にはなりません。
アキレス腱の柔軟性を高めることが重要で、日々行うストレッチ等で、
柔軟性を高めていくようにしましょう。

■ 体のバランスが偏る影響
足の力に、偏りが出てしまうことは、自然と、身体が上半身でバランスを、
取る様になります。
すると、身体の軸が傾くようなことが起こり、肩こりや、首の凝り 等が、
起こってきます。

慢性的な肩こりに悩んでいる人が居られますが、そのような方は、歩き方に、
に問題があり、アキレス腱で、力を吸収できていないことが多いのです。
そしてその原因はアキレス腱が固いために起こるのです。

 

 
☆★☆ アキレス腱が固い原因には、何かあるか。

アキレス腱が固い原因は、次のとおりですが、あなたも該当する様であれば、
柔軟性を向上させる努力が必要と思います。

■ 加齢が原因
加齢によって、アキレス腱そのものが、固くなることがあるよります。
中高年の方は腱の柔軟性が低下しているため、急な運動をすると断裂を起こし
てしまうので、十分な準備運動は欠かすことはいけません。

■ 運動不足が原因
運動不足の場合は、アキレス腱繊維が伸縮しないため、固くしてしまいます。 普段、座り仕事をしている人にも、多いといわれています。

■ 石灰化症が原因
アキレス腱への、度重なるダメージが原因で、アキレス腱が石灰化し、
固くなってしまうことがあると言われています。
このような場合は、すぐに医者の診察を受けてください。

 

 

☆★☆ 固いアキレス腱の悩みは、どういった対策で解消可能か。

アキレス腱は、運動時の衝撃を、吸収する役目を持ちますが、それを受けきれず
ふくらはぎを始め、足の様々な部分にダメージを伝えてしまいます。

アキレス腱腱を柔らかくすることを、いつも「意識」して、対応していれば、
身体のあらゆる疾患の、予防にも繋がるのです、

アキレス腱が、硬いままでおりますと、アキレス腱断裂を起こすこともあり、
以下のことを、出来れば毎日意識して行うようにして下さい。

■ ストレッチをする。
運動の前後は、当然のことですが、運動を特にやってない方でも、習慣化
して行うことをおすすめします。
ストレッチは、作業しながらでも出来るので、実践してみるといいですよ。

■ 適度な運動をする。
ウォーキングやラジオ体操のような、比較的始めやすい運動でも、
十分な効果が期待できます。
適度な運動をすることで、アキレス腱を積極的に使うことは、柔軟性を
向上させるとても良い方法です。