アキレス腱断裂とは、足首にあるアキレス腱が、過度な衝撃に耐えきれず、
切れてしまう怪我のことをいいます。
この場合の治療は、完治までに、約半年もかかるという、重大な怪我です。

ここでは、アキレス腱断裂をしてしまい、完治するまで、治療の内容などを、
詳しく紹介しております。

 

 
☆★☆ アキレス腱断裂後、運動復帰までには、約6ヶ月が必要

読者の周りに、アキレス腱断裂の経験を持つ方はいらっしゃいますか。
この怪我は、若い方やスポーツ選手に、起こるイメージが強くありますが、
実は、中高年の方にも、高い割合で起こるとも言われています。

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉の腱で、足首の後方にあります。
若者のアキレス腱には、柔軟性があるのですが、中高年になると少しずつ、
硬くなり、もろくもなります。

スポーツで、急にダッシュしたり、ジャンプしたりすると、アキレス腱に、
無理な力がかかってしまい、それに耐えきれず、断裂することがあります。

断裂したアキレス腱は、ギプスで固定し、安静にして自然治癒力で治す方法が、
ありますが、長期間の不自由な生活を虐げられます。
もう一つの選択としては、アキレス腱を手術で縫合して治す方法があります。

手術での治療のメリットは、断裂したアキレス腱を、確実に修復できることと、
ギプスでの固定と安静の期間を、短縮出来るために、歩行開始も早く可能に、
為るため、下肢の筋肉や骨の衰えを減少できるということです。

それでも、完治し運動復帰までには、約6ヶ月が必要となります。
☆★☆ アキレス腱断裂の際の、 縫合手術治療について

アキレス腱縫合手術の方法とは、
まず、アキレス腱のある部分の、皮膚上に、約6~10cm程度を切り開いて、
断裂したアキレス腱を、確認して縫合していきます。

縫合方法は、非常に難解であり、技術を必要とするため、限られた医師にしか、出来ないものでありますので、病院選びには、慎重な対応が必要です。
を選ぶ必要があるようです。

手術後には、ギプスを巻いて、約2週間の固定と安静が必要です。

 

 

☆★☆ アキレス腱断裂手術後の、リハビリについて。

手術後、2週間も、ギブスで固定し安静にしていると、その部分の機能低下が、
起こります、血流機能・筋肉の機能・関節機能 等は、機能が低下した場合に、手術前までに回復するには、相当な期間と苦労を要してしまいます。

そのため、手術後の状態が許されるのなら、リハビリは、出来るだけ早い内に、
開始して、機能回復をはかり、完治を早て行きます。

松葉杖であれば、手術の翌日から、リハビリは可能ですし、ギプスで固定状態で
あれば、装具を装着して、少しずつ体重をかけながら、歩行訓練を行います。
約1ヶ月後には、装具が外れます。

日常生活に、支障がなくなり完治と言われるには、手術後約2ヶ月程度であり、
スポーツなどの、本格的な運動を始められるのは、約6ヶ月後とされています。

 

 

☆★☆ アキレス腱断裂をした場合の、後遺障 等について。

アキレス腱断裂し、手術治療後の足関節は、治療後に多少の関節可動域減少と、筋力低下が残ることもあるとのことです。

リハビリの際は、早く復帰しようと、完治を焦って患部に無理をさせてしまい、状態を悪化させてしまうことがあります。

アキレス腱のリハビリにおいても、手術後6ヶ月以内の時期に無理がかかれば、再び断裂してしまい、再手術が必要になるケースも意外と多いようです。

リハビリは、プロである作業訓練士の方の、メニューを守り、一日一日を、
じっくり向き合っていく必要があると思います。