就寝中に、足首がつる症状 こむら返りは、成人の3割の人が、月に1回以上、
起こっているそうです。自分も経験がありますが、こんなに多いとは驚きです。
この、こむら返りには、危険な病気が潜んでいるそうで、軽視はできません。

ここでは、足首がつる症状 こむら返りについて、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首がつる症状 こむら返りの、起こる原因は何でしょう。

私も含め、足首をつる経験をした人は、意外と多いのではありませんか、
足首がつる症状は、ある条件のときに、起きてしまうことがある様なのです、

それは、足首の筋肉が凝り固まっている時だそうで、いたって単純です。
足首の筋肉が、凝り固まる条件と言うのは、「冷え」「運動」「脱水」です。

つるという症状は、筋肉の急な収縮によって引き起こされるとされており、
筋肉が急に収縮すると、凝り固まった筋肉が、一気に引き伸ばされてしまい、
痛みを生じさせる事になるそうです。

就寝中に起こりやすい理由は、
アキレス腱の中に存在する、ふくらはぎの筋肉が収縮しないように指令を担う、
「腱紡錘」は、長時間刺激がない状態ですと、働かなくなる性質があるために、
夢とか、寝返りとかで、ふくらはぎの筋肉が収縮すると、ブレーキが利かず、
暴走して”足がつる”というのだそうです。

症状の予防には、足首を含めた足全体の柔軟性が、重要なポイントとなります。

① しっかりとしたストレッチによる、予防法
足首をよくつると言う人は、足首・ふくらはぎを中心とした、
ストレッチを積極的にするといいでしょう。

ミネラル分の摂取による、予防法
神経の伝達には、ミネラルが必要です、しかし、つる症状を起こす人は、
ミネラル不足で、あることが多いようです。
スポーツドリンクなどの、ミネラルを豊富に含むものを摂取することが、
予防の一つになるでしょう。

 

 
★☆★ 足首がつる症状が、起きてしまったら、その対策は何でしょう。

足首が突然をつってしまったら、まずは痛みが引くのをジッと待ちことです。
痛みが引いたら、ゆっくりと足裏を押しながら、足を回し筋肉を伸ばします。
強くたたいたりしてしまうと悪化してしまうこともあるので注意してください

それでも治らない時は、神経系の異常や血管に関する、何か怖い病気が
潜んでいる可能性があります。
この様な場合は、なるべく早めに病院に行くようにしましょう。
この様な場合は、なるべく早めに病院に行くようにしましょう。

もしかして、足以外にも症状が、出てはおりませんか?
あまり放置しておくと、症状が悪化してしまうので注意してください。

治療法は、手術で詰った血管のバイパスを、作るのが通常らしいですが、
最近は、手術なしで、簡単に治す、画期的な方法が行われているそうです。

その方法とは、「1分歩き、3分休みの、散歩」です。
これを、1日に10回、週に3回行う事で、3週間位で、8~9割の人に、
詰った動脈の近くに新たな血管ができるということです。

どちらにしても、、短期間のうちに、度々こむら返りが起こる様な場合は、
病院で診察を受ける方が、ま違いなく安全だです。