足の甲や、くるぶしの周りに、痛みや、腫れがあれば、腱鞘炎かもしれません、
手首の腱鞘炎は、良く見御井しますが、実は、足首にも腱鞘炎は起こるのです。
足首の腱鞘炎は、症状がひどくなると、痛みで苦しむ事が多いそうです。

ここでは、足首の腱鞘炎について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎とは、そもそも、どんな症状の病気でしょうか。

筋肉というのは、骨に付着する手前で、腱 になります。
筋肉の収縮する力が 腱 に伝わり、関節を動かし、腱鞘の中を通過します。
さらに、腱鞘に包まれた腱が、浮いてこないように、支帯と呼ばれる、
バンドの様な靭帯によって、上から抑えられています。

厳密に区別する必要はないでしょうが、腱や腱鞘への刺激が、繰り返すことで、
腱が肥厚すると腱炎、腱鞘が腫れると腱鞘炎となるのです。

炎症をおこす場所によって、呼び方が以下の様に違います。

・内くるぶしの後ろや下は→後脛骨筋腱鞘炎・長母趾屈筋腱鞘炎
・足の甲の親指側は   →前脛骨筋腱鞘炎・長母趾伸筋腱鞘炎
・足の甲の小指側は   →長趾伸筋腱鞘炎
・外くるぶしの後ろや下だと→腓骨筋腱鞘炎

足首の腱鞘炎の症状としては、以下の様なものが有ります。
・押すと痛い。
・走ると痛くなる。
・痛みのない足と比べて、少し腫れている。
・足の甲の場合は、足首を底屈(下に曲げる)と、突っ張り感がある。
・痛みのある場所を軽く触れながら、足首を底背屈すると、握雪音を感じる。

ただし、足首の痛みを引き起こす疾患は、他にも沢山ありますので、
安易に、腱鞘炎と判断してしまうのことは、危険と言えます。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎は、なにが原因で起こるのでしょうか。

身近な例としては、
歩きすぎや、運動のし過ぎによって、起こります
そのために、足首の腱鞘炎は、ごく身近な怪我であると、言えるでしょう、
夏休みなどに学校で良く行われている、ウオークラリーなどは、要注意ですね。

スポーツ選手の例としては、
陸上競技のランナー等は、走りすぎが一番の原因となります。

それ以外にも、靴の紐を強く締めすぎた状態で、ランニングをした場合とか、
マラソンなどは、スタート時と比べ、ゴール時では、足が随分むくみますから、
それが原因で、腱や腱鞘が圧迫されて、発症することもあります。

またバスケットボールなどの着地に衝撃が大きいスポーツをしている人も、
発症しやすいといわれています。

スポーツ全般に言えますが、足の甲が高い選手は、合わないシューズによって、
慢性的に、靴と甲がぶつかっていることも原因となります。

日常の生活においても、
男性の場合は革靴、女性の場合はブーツなどを履くと、足の甲が圧迫され、
腱鞘炎になる事があると、良く聞きます。

そしてもう一つは、偏った歩き方です。
人の足というのは、力を上手く分散して活動する構造になっているものですが、
しかし、年をとったり、疲労していると歩き方が変化してしまい、
力の加わり方に偏が出て、足の腱のダメージで、腱鞘炎を起こしてしまうのです。

 

 
★☆★ 足首の腱鞘炎が起きたとき、どんな対処方法がありますか。

腱鞘炎の場合の対処法は、何といっても安静第一です。
熱感があったり腫れていたりする場合はアイシングをおこないます。

スポーツ選手は、ランニングはもちろん中止ですし、
ウォーキングも長時間行ことは、症状をさらに悪化させてしまいます。

消炎鎮痛剤で湿布を張ったり、消炎鎮痛剤を塗り込む事も、多少は有効です、
また、患部を包帯で巻き固定することで、衝撃を和らげることができますし、
スポーツをしている人であれば、サポーターを付けることも効果的です。

とにかく、足に合った靴やシューズに、変更することもお忘れなく。

繰り返しますが、まずは安静、そして無理をしないことが第一です。
無理は禁物で、無理すれば、怪我の悪化に繋がってしまうことは確かです。

一番気になる治癒期間ですが、人によってさまざまで難しいところです。
2週間程度で、痛みが引く事もあれば、3~6ヵ月位、要する事も有ります。