女性に多い冷え性の方は、真夏でも足首の冷えを感じる人がいるらしいです。
足首の周りは、脂肪が少ないために、冷えやすく、足首が冷えてくると、
足先の血行が悪くなり、冷えた血液は足首にが溜まり、足の冷えを感じます。

ここでは、冷え性の方に、足首の冷えの対策について、詳しく見ていきます。

 

 
★☆★ 冷え性になる原因を、足首にポイントを当てて、見てみましょう。

冷え性の方の”冷え”は、年齢と共に、悪化が進行するとされ、
日常生活での、冷えの蓄積や加齢による、代謝低下が、原因となっております。

この”冷え”に対して、我慢したままで、何も対策もせずに、そのまま長い間、
放置していると、”冷え”の症状は、加齢と共に、どんどんと悪化していく
傾向がありますので、決して無関心では居れません。

足首が、冷えてしまう原因は、数多くありますが、主として次の3点でしょう。

① 自律神経の乱れが、体温調節機能をうまくいかなくする。
② 下着・衣服で、体を締めつけてしまい、血流を妨げる。
③ 別の病気に原因あり、足先の冷えが生じている

考えられる原因は、他にも、沢山ありますが、主な原因としては以上です

日頃から、”冷え”を意識し、早め早めの、対策を行っていくことが
”冷え”の悪化の悪循環に、陥らない様するためは大切です。

また、冷えからくる体調変化は、年代別でも、次のようにありる様す。
20代は、 血行不良
30代は、 むくみ
40代は、 自立神経失調
50代は、 血行不良・むくみ・自立神経失調、の全てです。

 

 
★☆★ 冷え性の対策は、足首などを温めること、そのポイントは?

冷えの主な原因には、胃腸・代謝・自律神経の機能低下・締め付け、です。
記録的な猛暑が続いている、近年の日本では、春~夏、夏~秋にかけて、

やってくる日替わりの温度差に身体が対応しきれず、自律神経が不調をきたし、
夏バテになって、胃腸虚弱となってしまう人が、増えている傾向にあります。

『冷えやすい生活』を、知らず知らずに、気づかないまま、送ってしまい、
秋・冬になって、”冷え”がつらいと感じる人が、多くなってきている様です。

身体の冷えならば、身体を温めれば良いと、単純に考える人は多いと思いますが、
今、直ぐに始められる「冷え対策」の、身体を温めるポイントを紹介します。

どこを温めることが、効果的なのか?

①、 足首を温める
足首の周りは、脂肪が少ないため、足首が冷えると、足先の血行が悪くなり、
冷えた血液がたまってしまいます。
足が冷える人は、足首を温めるのが効果的です。

②、 腹を温める
お腹の温度が、37℃位に保たれていると、臓器の働きが活発になって、
さまざまな、代謝機能がより活性化します。
身体の中心が温かいと、全身に温かい血液を、行き渡らせることができます。

③ 首の後ろを温める
薄い皮膚の下を太い血管が通っている首は、首の後ろを温めることで、
全身に温かい血流が廻り、手足の血行が良くなります。
温めるべきポイントは、以上3ヵ所です。早速、実践してみましょう。