美容師・理容師の方は、手荒れになりやすい仕事と言えます。
洗剤・リンス液・お湯どれをとっても、シャンプー時の水仕事は、手荒れの大敵でこの対策は、本人のみならず、店のオーナーの重要な任務の一つでもあります。

お肌に優しい、洗剤・リンス液・パーマ液 等への配慮や、ハンドクリームの配慮も、店員確保の重要な福利厚生施策となります。
ここでは、理容師・美容師さんの、手荒れ予防対策について、説明しております。
☆★ 理容師・美容師さんは手、荒れになりやすい仕事です。

シャンプーの水仕事は、理・美容師にとって、手荒れに対する気遣いとケアが、
重要な日課であり、理・美容師生命にもかかわる、職業病とも言えるでしょう。

手身近な、対策としましては、

・シャンプー作業は、難しいですが、直接水に触れない様に工夫をする。
・ぬるま湯を使い、水滴はタオルで、丁寧に拭き取る。
・保湿クリームをたっぷり塗り、空気との接触を避ける
・寝るときは、たっぷり保湿クリームを塗り、綿手をつける。
・手を冷たくならないように、保温に気を配る。

☆★ 手2

☆★ 理・美容室オーナーの、努力義務として。

前文でも書きましたが、理・美容室の一番の職業病と言えば手荒れです。

今でも多くの、理・美容師さん達は、手荒れに悩んでおり、
せっかく美容師を目指したのに、途中で美容師を辞めてしまう、原因の中でも、
上位にあり、手荒れは深刻な悩みで、ハンドクリームが手放せません。

色々なメーカで、理・美容師の手が荒れないハンドクリームのサンプルを持って、
色々と試しているようです。

試してみて、理・美容師の手荒れに効くハンドクリームならば、どんな方にでも、
効果がある事になるので、メーカも試供には必死の様です。

ここでは、手荒れ対策のハンドクリームについて、知識を高めておきましょう。
色々なことをを知識として、解っていると、自分に適したものを選べるように、なりますので、是非参考にしてください。

ハンドクリームには「尿素」と「ワセリン」の、有効な二大成分があります。

■ 尿 素
尿素とは、尿のことではありませんので、勘違いされない様にお願いします。
とは言っても、尿素と言う名前を聞くと、あまり良い印象を、浮かばない方が、 多い事と思います。

尿素の、手荒れ効果となる、主なものは2つです
・「保湿効果」で、乾燥した肌に潤いを与えてくれます。
・「タンパク質を分解する効果」で、ガサガサと硬くなった角質層を、
しっとりとさせ、皮膚を正常な状態に戻してくれる効果です。

■ ワセリン
ワセリンとは、石油から生成された作られた油分を、ベースにして作られた、
クリーム状の物質です。
肌にワセリンを肌に塗ることで、肌の水分が逃げにくくなる効果があります。

クリームとして使う場合は、「手荒れ治療」というよりは、「手荒れを予防」と
して、大きな効果を発揮します。