もし、私たちの身体に、免疫力がなかったとしたら、どうなると思いますか。

裸眼では見えませんが、空気中には沢山の病原体が漂っております、病原体とは、俗にいう「バイ菌」のことで、病気を引き起こす、細菌・ウイルス・カビ 等が、病原体にあたります。

こうした病原体は、常に身体の中に侵入しようとしており、この病原体が身体の中に侵入してしまうことを『感染』といっております。
然し『感染』したとしても、外敵から身体を守る、『免疫力』を備えているため、直ぐに病気になることはありません。

免疫力とは、体に侵入する病気から身を守ったり、回復したりする力です。
免疫力を維持するために必要なのは、規則正しい生活・適正な食事・適度の運動・ストレスの発散・薬物接種の制限、など個々人の意識した努力が大切なのです。

 

 
◆◇ 免疫力とは、「非自己細胞」を排除する働きのこと。

普段何気なく使っている言葉に「免疫」「免疫力」がありますが、実際に「免疫」「免疫力」とは何かをご存知でしょうか。
その言葉の意味を知り、生活面でのその働きについて勉強してみたいと思います。

「免疫」の、言葉の意味としては、国語辞書には「疫病(病気)を免れる」こととありますが、医学的には、ある病原菌に一旦感染することにより、その病気に対する抵抗力ができて、次からはその病気に罹患しにくく、なることを言います。

つまり免疫とは、「自己細胞)」と「非自己細胞」を区別し、時には生命そのものを脅かすこともある「非自己細胞」を排除する働きのことで、このような働きをする力を「免疫力」と呼んでいます。

言葉を変えて申しますと「免疫」とは、「自分と違う異物」の侵入に対し、それをを攻撃・排除しようとする、人間の身体の防御システムです、人間外の動物にも、この様なシステムは備わっております、

例えばウイルスや、細菌など病気の原因となる、病原体が体内に侵入したときも、身体は『自分とは違うものが侵入した』と判断して、排除しようとします。

特定の「はしかのウイルス」など対しては、細胞が「これは、はしかウイルス」と覚えており、次に「はしかウイルス」が入ってきたときは、記憶していた細胞が、「はしかウイルス」だけ反応する、「対抗物質(抗体)」を沢山作り撃退します。

一度罹れば、2度は罹らない病気があるのはこのためです。予防接種もこの免疫システムを利用したもので、病気の原因となるウイルスの毒性を弱めたり活動しないように処理したワクチンを、体内に入れ、抗体をつくるのです。

この「免疫力」を維持するためには、即ち「免疫力の低下」を防ぐためには、
規則正しい生活・適正な食事・適度の運動・ストレスの発散・薬物接種の制限等、個々人の意識した努力が必要となるのです。

3腸◆◇免疫細胞が多く存在する「腸」

 
◆◇ 全身をくまなくパトロールする免疫細胞。

私たちの身体は、多くの細胞が集まってつくられています。免疫力も、免疫細胞という専門の細胞の働きによって、成り立っているのです。

免疫細胞は、身体のどの部分に存在しているのでしょうか?
免疫細胞とは、血液中に含まれる白血球のことで、血液を通じて至る所に存在し、くまなく全身をパトロールしており、病原体から常に身体を守っているのです。

免疫細胞には、色々な種類と役割がありますが、代表的なものをご紹介します。

免疫細胞は、種類毎に、「外敵の発見」「その情報の伝達」「外敵を攻撃」など、異なった役割をもっております。
状況に応じて、複雑に組み合って密接に連携しながら働いています。
その数は、身体の中で何千億個にもおよぶとされ、あらゆる病原体と戦って、
私たちの身体を守ってくれているのです。

さて、全身をパトロールするこの免疫細胞ですが、健康にとても重要であり、外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官である、「腸」に免疫細胞の、
実に全体の60%が存在し、侵入者と闘うために待機添ておるのです。