当サイトについて

病人目線の病気解説

このサイトについて説明いたします。

なかなか治らない病気(ベル麻痺 顔面神経痛 リンパ浮腫など)に罹かってしまい、思い悩んでおられる方やご家族の方に、その悩み事を少しでも解消できればと思い作成しました。

何故か解らないまま、右または左半分の神経が麻痺し、顔面筋がコントロールができなくなったりした経験はありませんか? もしかして「ベル麻痺」という病気なのかもしれません。

原因がわからず、顔半分が意のままに動かないことから、片方の眼を閉じられなかったり、片方の口角が下垂したり、口から水がこぼれたり、等がみられたら、「ベル麻痺」を疑ってみる必要があるようです。

ピクピクと目の周りや頬が動いたりする経験はありませんか? 他にも顔が引きつったり・顔の表情が何となくギコチなくなる経験はありませんか? こんな時は人と話したり会ったりすることがとても億劫ですね。これらの症状は一般に「顔面神経痛」と呼ばれる病気の症状です。

しかし、正式には「顔面神経痛」という病名はないのです。坐骨神経痛や肋間神経痛なども「〇〇神経痛」という病名ではなく、あくまでも痛みの症状に対する名称であって、顔面神経痛を起こすのは、他の病気があるということで、「○○病や□□症が原因で顔面神経痛が起こった」と言うのが正確な言い方のようです。

手足の「むくみ」が気になることありませんか? 一度この病気に罹患してしまったら、完治することがなく一生のお付き合いになると言われるやっかいな病気「リンパ浮腫」かもしれません。
「リンパ浮腫」は、特に女性特有の癌(乳癌・子宮)癌患者が手術後に発症することが多いと言われております。

他には「十二指腸潰瘍」について、さらには「絶食」「手首」の病気についても詳しく説明しております。

このような病気かなと思われたら、専門医で受診することが大切ですが、どの様な医療機関が良いか、症状の程度によってどのような治療があるか、自然と回復する病気なのか、手術で治せるのかその方法は、再発はしないのか、等々について最低限の説明をしております。

そして、回復のためのリハビリの方法、等も知識として必要なことを、簡単ですが説明しております。さらには、家庭での治療方法そして専門医にかかるための注意点について説明させてもらいました。

また、療養中の「洗髪」の知識についても、簡単ですが説明しております。

病気は早期発見が大切と言われます、ストレスも病気の要因と聞きます、そのためには日頃の日常生活をどのように注意して過ごすか、そして重症にならないためにはどのような日常生活を過ごしてゆくか等についても説明しています。

不安解消の一助としてお役に立てれば幸いです、いつまでも健康で明るく笑顔の絶えない家庭でありますことをお祈りして筆をおきます。

尚、このサイトに載せました、病気に関する説明記事は、医療に関係する者の作成ではありませんので、詳しくは専門医の診察を受け詳しい説明を受けられ適切な治療を受けられることをお勧めし、重症にならないことをお祈りいたします。